中小型株専門銘柄レポート『相場のキューピッド』

相場のキューピッド  大当たり速報

最終更新:2012年12月21日18:45 PM

 

12/21長大+23.3%(11/15推奨)

12/21電算+20.8%(11/16推奨)

12/21きもと+13.9%(11/21推奨)

12/21日本輸送+13.4%(11/30推奨)

12/21ソフトブレーン+13.3%(11/6推奨)

12/21じもとHD+13.3%(11/30推奨)

11/30山田コンサル+38.3%(11/20推奨)

11/30ハナテン+36.4%(11/26推奨)

11/30インタースペース+15.2%(11/27推奨)

11/30シノケンG+8.8%(11/28推奨)

11/30C&R +5.3%(11/20推奨)

11/30ショーエイコーポ-1.8%(11/27推奨)

11/27陽光都市+67.1%(11/20推奨)

11/27サニーサイド+23.1%(11/22推奨)

11/27日本エスコン+15.2%(11/22推奨)

11/27ベルマーク+10.9%(11/12推奨)

11/27モブキャスト-9.6%(11/11推奨)11/27Topixベア-12.2%(6/4推奨)

11/20ランドビジネス+123.9%(11/12推奨)

11/20アーバネット+28.8%(11/8推奨)

11/20アイフル+27.3%(11/14推奨)

11/20MDNT+11.2%(11/15推奨)

11/20オムロン+6.9%(11/8推奨)

11/20きちり-58.5%(6/18推奨)

11/20ドーン-59.6%(6/5推奨)

10/11ポールトゥウ+13.9%(6/27推奨)

10/11コスモバイオ+12.8%(6/12推奨)

9/20ヒューリック+19.8%(6/26推奨)

9/20ベネワン+7.6%(6/20推奨)

8/24ウェザーニュ+25.5%(6/19推奨)

8/24タカキュー+22.4%(6/19推奨)

8/24スタートトゥ+9.9%(6/15推奨)

7/18アストマックス+68.3%(6/29推奨)

7/18A&T+27.4%(6/12推奨)

7/18ライトオン+9.1%(6/25推奨)

7/18ニトリHD+6.3%(6/27推奨)

6/26アビックス+59.5%(6/21推奨)

6/26ロジコム+16.0%(6/22推奨)

6/26サニックス+11.0%(6/20推奨)

6/25ワンダー+16.8%(6/21推奨)

6/21ぱど+24.69%(6/11推奨)

6/21グラウンド+20.44%(6/11推奨)

6/19プラット+34.79%(6/11推奨)

6/19アビックス+17.79%(6/15推奨)

6/19オービス+10.08%(6/13推奨)

6/19リブセンス+8.05%(6/13推奨)

6/13テンプHD+13.46%(6/5推奨)

6/13光通信+6.91%(6/7推奨)

2/8ジオスター+1.36%(1/30推奨)

2/8インタースペース+1.98%(1/30推奨)

2/8インターアクション+0.74%(1/29推奨)

2/8リブセンス-1.36%(1/29推奨)

2/8イーブックイニシアティブジャパン+0.10%(12/16推奨)

2/8テラプローブ-1.60%(1/26推奨)

2/8KLab+6.36%(1/23推奨)

2/8ドリコム+9.85%(1/23推奨)

2/8日本道路+16.18%(1/16推奨)

2/8鐘崎+3.75%(1/12推奨)

2/8テンポスバスターズ-22.12%(1/9推奨)

2/8夢真ホールディングス+8.65%(1/9推奨)

2/8日東ベスト+0.12%(12/21推奨)

2/8ホリプロ-0.19%(12/21推奨)

2/8日本アビオニクス+9.52%(12/19推奨)

2/8パーク24-1.99%(12/16推奨)

2/83Dマトリックス-11.66%(12/15推奨)

1/19日本橋梁51.1%(1/16推奨)

1/19ナノキャリア+18.1%(1/12推奨)

1/19東京計器+13.2%(12/19推奨)

1/19東京リスマチック-9.0%(12/20推奨)

1/19ルック-10.0%(12/20推奨)

1/11 ダイユーエイト28.1%(12/27推奨)

1/11 やまや12.1%(12/15推奨)

1/11 GCジョイコ5.9%(12/18推奨)

1/5 シスウェーブ32.5%(12/27推奨)

12/27 エイジア37.1%(12/22推奨)

12/27 ワオコーポ12.4%(12/21推奨)

12/22 エイジア21.8%(12/20推奨)

12/22 スリープロ+18.8%(12/20推奨)

12/22 C-ノア+17.0%(12/20推奨)

12/22 ヤマナカ+15.4%(12/20推奨)

12/16免疫生物+39.7%(12/12推奨)

12/16 山王+30.9%(12/14推奨)

12/16 ピクルス+24.3%(12/13推奨)

12/16 ネプロ+16.6%(12/8推奨)

12/16 日本管理+10.6%(12/14推奨)

12/16 コナカ+10.4%(12/12推奨)

12/16 薬王堂+9.7%(12/13推奨)

12/16 キッセイ薬品+5.0%(12/12推奨)

12/15 日本管理+38.9%(12/12推奨)

12/15 共立メンテ+9.6%(11/16推奨)

12/15 梅の花+8.2%(12/8推奨)

12/15 協和キリン+2.4%(11/15推奨)

12/15 プロミス+1.8%(10/2推奨)

12/14 ドワンゴ+27.7%(11/15推奨)

12/14 スリープロ+29.8%(12/11推奨)

12/14 ガイヤHD+20.2%(12/12推奨)

12/14 あさひ+4.9%(11/28推奨)

12/14 アルインコ+6.2%(10/23推奨)

12/14 ツガミ-0.7%(11/28推奨)

12/13 市進HD-0.8%(11/20推奨)

12/08 フジプレアム+48.3%(12/06推奨)

12/08 省電舎+43.5%(12/06推奨)

12/08 きちり+41.9%(12/06推奨)

12/08 NPC +26.1%(12/06推奨)

「相場のキューピッド」及び「レポート会員」に掲載の銘柄、並びに「プレミアム会員 」及び「特別会員」に推奨の銘柄から、抜粋しています。

相場のキューピッド

究極の売買プログラムハイパーキューピッド

ハイパーキューピッド1号の運用パフォーマンス

最終更新:2018年2月19日19:25PM

0219


さあ皆様こんにちは、02月19日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、日経平均先物、Topix、Topix先物、及び日経平均は続伸した。新興株19日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション3月物では続伸し某情報ベンダーによるとドル建て日経平均では外為市場でドル安円高一服となり日経平均ボラティリティ―指数は一時21ポイント台まで低下し、2月5日以来の低水準を付け65㌣上昇の265.15㌦で寄付後9:02に最安値205.59㌦をつけ巨大機関投資家の中で「リバーサル戦略」を実施する者もいる事から11:09に前場高値207.50㌦を付けこの時点で節目207㌦を上回り利益確定が入り、11:30には前日比1㌦81㌣高の207.31㌦を付け、前場引けには前日比1㌦79㌣高の207.29㌦になり、後場12:30にには、207.13㌦で開始後、日本銀行の新たな正・副総裁人事が国会で同意されれば、リフレ政策が進み更に米国経済の強さに着目する巨大機関投資家としては債券の需要と供給量により米国債券入札時に資金が必要ではあるがFRBはバランスシート縮小も同時進行義務があり買付予算限削減による価格下落から米国債金利上昇に繋がり日本相場が下落したが、本日は無い為為替も一服した事で安心感が持直され裁定買を誘う先物買による「リバーサル戦略」が大幅に行われ13:32に最高値208.16㌦を記録後、「コンバージョン戦略」が入り揉合、14:49に208.02㌦を付後、米国市場が休みなのとアジア市場が休みのため買い控えられ「コンバージョン戦略」が入り、15:00に前日比2㌦51㌣高の208.01㌦を付け、オプション3月物では、大引けにかけてコールは総じて買いが優勢となりプットは軒並み下落した為、15:15では前日比2㌦49㌣高の207.99㌦を記録し日経平均先物上昇相場展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦57㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽0.89%、騰落レシオは88.00%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0216


さあ皆様こんにちは、0216日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0216日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、日経平均先物、TopixTopix先物、及び日経平均は続伸した。新興株16日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション3月物では某情報ベンダーによると昨日まではNY市場で大幅上昇、市場マインド改善し円高のため米国並みの反発は難しかったが続伸を迎えた。ドル建て日経平均では寄付が900203.14㌦をつけその後米側赤字財源による減税で財政赤字のため悪い金利上昇が発生しリスク通貨である円買ドル売りが発生し為替では小幅ストップロスを含め底打ち感を消したため908に最安値202.58㌦を記録後、政府は衆参の議院運営委員会に総裁と副総裁2人の候補者リストを提示。黒田東彦総裁は再任し、副総裁には、雨宮正佳・日銀理事と若田部教授を候補者とした。緩和政策の継続期待は高まりコールや裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」を打つ巨大機関投資家もいる事で大幅に買戻され1004に前場高値204.98㌦を記録後、行過ぎの株上昇に訂正が入り円高による輸出関連企業の懸念から「コンバージョン戦略」が入り1036204.00㌦を付けドルベース日経では急上昇に見え円高ドル安株買い優勢で中国春節中に日本株に資金が集中する経験則から業績良好な値嵩銘柄に買いが入り1100204.67㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り、11:30には前日比303㌣高の204.59㌦を付け、前場引けには前日比303㌣高の204.59㌦で三尊底を記録し「リバーサル戦略」が入り、後場12:30205.20㌦で開始後、日本株は主要国の中で直近安値からの戻りが最も鈍いことから出遅れ修正の裁定買が入り、1248に最高値206.03㌦を付け揉合、1500に前日比383㌣高の205.39㌦を付け、オプション3月物では、大引けにかけてコールが買われプットは総じて下落の為、15:15では前日比394㌣高の205.50㌦を記録し日経平均先物上昇相場展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅345㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽6.83%、騰落レシオは78.76%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

0215


さあ皆様こんにちは、0215日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0215日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、日経平均先物は続伸し、TopixTopix先物、及び日経平均は反発した。新興株15日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション3月物では某情報ベンダーによると昨日までは経済が勢いを増し続けるなら、物価上昇率がFRBの2%目標にさらに近づく可能性がある。だが、個人所得税の税率だけでなく法人税率の大幅引き下げを含むトランプ政権の税制改革によって、すでに完全雇用に近づいているとみられる経済を過熱させ、現在予想されているよりも積極的な利上げをFRBに強いる可能性があり一部の市場参加者は、パウエル新議長の下でFRBがどれだけ迅速にインフレや市場の混乱に反応するかについて、確信を持てずにいて、米国の赤字財政支出と、各国中銀による金融緩和脱却の動きに加え、健全な経済成長が、米国債利回りを4年ぶりの高水準に押し上げている。これにより悪い金利上昇(不況下でのインフレ上昇懸念)が発生し利回り上昇は、高配当株の魅力を失わせ、米国の企業と世帯の借り入れコストを増加させる可能性がある。そうなれば、経済成長を妨げる恐れがある。それで「カバードコール戦略」が打たれていた。しかし米CPIが市場上回る良好差から米株高になりドル建て日経平均では12%下落波動後押目買場現存という経験則通りの株高を背景とするリスクオンとなり、麻生財務大臣の発言にも左右されず結局、ドルが全面安となった。これを受け寄付900200.71㌦で開始後914に前場寄付高値200.98㌦と高寄り後、ドル安を受けて934に最安値199.80㌦を付け騰落レシオでも70%台と底を打つためSOX指数上昇や半導体銘柄も良好決算から急落時にプットオプションを割高に買っていたものを先物売却しヘッジして先物買戻し利益得てVixSkew指数なども下落したのを受けコールや裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」を打つ巨大機関投資家もいる事で大幅に買戻され1031に前場高値201.75㌦を記録後、利益確定を主とする「コンバージョン戦略も入り、11:30には前日比365㌣高の201.09㌦を付け、前場引けには前日比378㌣高の201.22㌦を記録し、後場12:30200.91㌦で開始後、米国CPIが市場予想を上回ったことが評価され米国成長が見直され債券から株式へのグレートローテーションが再度発生しさらに3か月物国庫短期証券入札結果で強めの結果で海外勢ニーズに加え国内勢の担保需要を観測したことから「リバーサル戦略」が入り139に最高値202.60㌦を付け更に日銀人事の懸念や不況下でのインフレ上昇懸念増大から「カバードコール戦略」が入り1500に前日比41㌣高の201.45㌦を付け、オプション3月物では、大引けにかけてコールが軒並み上昇し、プットは総じて下落した為、15:15では前日比412㌣高の201.56㌦を記録し日経平均先物上昇相場展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅280㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽15.05%、騰落レシオは71.81%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

0214


さあ皆様こんにちは、0214日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0214日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均は続伸し日経平均先物は反発したが、TopixTopix先物、及び日経平均は続落した。新興株14日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション3月物では某情報ベンダーによると欧州CPIがインフレ懸念増加により欧州株は全面安で米国は小幅高、為替が小動きで値頃感からの買戻しでドル建て日経平均では寄付900197.22㌦で開始後907に前場最高値198.21㌦を付けFRBパウエル議長発言で利上げ速度加速という報道を受け米国内経済利益圧縮のため経済がある程度減速させる利上げという懸念(インフレ懸念)や日銀黒田総裁人事について首相から人事について白紙といったことが円高に拍車をかける材料と見られ中国ロボット産業の注文が危うくなり台湾IT企業のモメンタム下落などを受け為替が1年3カ月ぶりの水準までドル安・円高が加速し、企業業績への悪影響が懸念され、巨大機関投資家によるこの処の持高整理が継続しバランスシート縮小を継続しながら利上げ軌道を継続しこれらを受け巨大機関投資家の中で「カバードコール戦略」を行者もいる事から1122に前場最安値196.01㌦を付け、11:30には前日比2㌣高の196.38㌦を付け、前場引けには前日比7㌣高の196.43㌦を記録し、後場12:30196.77㌦で開始後、利上加速懸念から円高懸念より下落局面準備をするものや、米国と違い円高が派生する来期の業績悪化懸念も踏まえることにより巨大機関投資家が行ってきた円持高解消売りやドル売りによる円高加速説に加えさらに高いボラティリィティとなりこれの御蔭でオプションが組まれる懸念から再度「カバードコール戦略」を組むところも出るため1305に最安値195.99㌦をつけ14日には1月の消費者物価指数(CPI)が発表される予定で、債券市場反転の引き金になる可能性もあり、巨大機関投機家の賭けが逆風に直面することもあり得るため「リバーサル戦略」を実施する者も中に入るため反発し1419に最高値198.56㌦を付けFRBのインフレファイター的な姿勢を警戒して「カバードコール戦略」が入り1500に前日比11㌣高の197.37㌦を付け、オプション3月物では、大引けにかけてコール、プットともに売られた為、15:15では前日比18㌣高の197.44㌦を記録し日経平均先物上昇相場展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅357㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽15.05%、騰落レシオは71.81%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0213


さあ皆様こんにちは、0213日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0213日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均は反発したが、TopixTopix先物、日経平均及び日経平均先物は続落した。新興株13日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション3月物では某情報ベンダーによると低ボラティリティーを前提とする上場投資信託が突然の相場変動で価値がゼロになるとみてポジションを構築し巨大機関投資家の中でプロシェアーズ・ショートVIX短期先物というETFのオプションを購入していたものがいた。先週ボラティリティー指数は倍以上の水準に上昇し、インフレ高進が経済に波及するとの懸念で米国株が急落した。ここでボラティリティーを売却する、一方ヘッジで株式先物を購入していた向きやボラティリィティ-上昇で恩恵を受けるためVIXのコールスプレッドを大量に取引しながらプットを売っていたが、差引の利益を得るため全てのポジションを閉じた向きの為、欧米中の株高を受けて仕掛けの裁定解消を行い仕掛けの解消をし、利益確定も発生するとの考えで上値が重くなり巨大機関投資家によるこの処の持高整理が継続しNYでは千ドル超下幅後ボラティリィティが低下し欧米中株が上昇したのを受け、ドル建て日経平均では900199.00㌦と寄付後、バランスシート縮小を継続しながら利上げ軌道を継続し赤字拡大に対応して国債を増発する。賃金の伸びがついに加速の兆候を示し始めており、インフレ高進の可能性から金利急上昇に繋がるため、CFTCによれば米10年債先物のショート(売り持ち)ポジションを過去最大の939351枚に増やした。これらを受け巨大機関投資家の中で「カバードコール戦略」を行者もいる事から1001に前場最安値19775㌦を付け、日銀黒田総裁発言報道を受け「リバーサル戦略」を実施する者も出て1126に前場引前高値199.44㌦を付け11:30には前日比313㌣高の199.33㌦を付け、前場引けには前日比321㌣高の199.41㌦を記録し、後場12:30199.11㌦で開始後、利上加速懸念からスキュー指数やVix指数上昇より下落局面準備をするものや、米国と違い円高が派生する業績上振れ不信により巨大機関投資家が行ってきた円持高解消売りやドル売りによる円高加速説に加えさらに高いボラティリィティとなりこれの御蔭でオプションが組まれる懸念から再度「カバードコール戦略」を組むところも出るため1455に最安値195.87㌦をつけ14日には1月の消費者物価指数(CPI)が発表される予定で、債券市場反転の引き金になる可能性もあり、巨大機関投機家の賭けが逆風に直面することもあり得るため「リバーサル戦略」を実施する者も中に入るため反発し1500に前日比4㌣安の196.16㌦を付け、オプション3月物では、大引けにかけてコールが総じて下落し連休明けでコールとプット共に、オプションの時間的価値の低下を意識した売りが出てプットも軟調だった為、15:15では前日比16㌣高の196.36㌦を記録し株式下落相場展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅357㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽14.22%、騰落レシオは76.49%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

0209


さあ皆様こんにちは、0209日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0209日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物、日経平均及び日経平均先物は反落した。新興株09日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによると米上院指導部が連邦予算の上限引上で合意し国債増発懸念で米国金利上昇し金利高止懸念と政府機関閉鎖懸念より円高になりボラテリティ指数も上昇し指数連動型デリバティブ商品解約で上値が重くなり巨大機関投資家によるこの処の持高整理が継続しNYでは千ドルを超す下げとなりドル建て日経平均では900198.13㌦と安く寄付後最高値198.16㌦を付け巨大機関投資家の中で「カバードコール戦略」を行う者もいる事から910に前場安値194.48㌦を付け「リバーサル戦略」を実施する巨大機関投資もいる事から1015に前場高値196.02㌦をつけ海外亜細亜市場の下落動向報道を受け「カバードコール戦略」が実施され1115に最安値194.12㌦を付け、11:30には前日比5㌦17㌣安の194.54㌦を付け、前場引けには前日比5㌦08㌣安の194.63㌦を記録し3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロスし、後場12:30195.02㌦で開始後、Grobex米先物が時間外で強含みのため踏ん張り裁定買を誘う先物買である「リバーサル戦略」を打つ巨大機関投資家もいる事から1340195.85㌦を付け政府機関の閉鎖懸念や金利上昇による自動車・住宅・学生ローン等への波及懸念に加えトランプ減税による成長期待によるPERの伸張による米株上昇が剥がれ米株調整期を2度迎える2番底の怖さから「カバードコール戦略」を取ることで1420に後場安値194.68㌦を付け日本はEPSが牽引し株価が上昇したが10%調性しかしておらず日米共に時期調性として乖離率では15%は必要なため警戒はあるが実績で上昇し一方で米株に連安となっただけなので見直しが入り総合乖離率-10%超えた後1回は跳ね返すため「リバーサル戦略」を実行する者が多いことから1500に前日比349㌣安の196.22㌦を付け、オプション2月物では、大引けにかけてコールに売りが出てプットは軒並み上昇したため15:15では前日比351㌣安の196.20㌦を記録し株式下落相場展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅404㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▲12.70%、騰落レシオは80.91%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

0208


さあ皆様こんにちは、0208日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0208日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均は反発したが、TopixTopix先物、日経平均及び日経平均先物は続伸した。新興株08日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによると米上院指導部が超党派の予算合意成立を発表、政府機関の閉鎖が回避される見通しとなり、ドルが上昇に転じた。日本時間8日午後は、米国株先物がプラスに浮上し、さらにドル高・円安が進んだ。これらを受けドル建て日経平均において前日のチャートポイントを見ても分かるように「三空叩込に買迎」の試行後、900198.95㌦で前日比65㌣高にて寄付、900寄付後高値199.02㌦を付け「リバーサル戦略」を試行する巨大機関投資家もいる事から932に前場高値200.26㌦を付け後一時円高になり1030に前場安値1999.20㌦を付け後「リバーサル戦略」が入り1053199.65㌦をつけドル安方向をつけ時間外で米国先物が下落すると「カバードコール戦略」が施行する者も現れたことから1116に前場安値198.14㌦を付け、11:30には24㌣高の198.54㌦を付け、前場引けには19㌣高の198.49㌦を記録し3本移動平均線が12本移動平均線をデッドクロスし、後場12:30198.71㌦で開始後、日経平均ボラタリティ指数は前日比低下して始まった後、大引けにかけ約5p高い30p台後半迄水準をジリジリと切上げ続けた事で亜細亜株やドル建て日経平均等が伸び悩み、巨大機関投資家の中では先行き不透明感から仕掛けやすいと捉えられ昼休みから引けにかけ米株先物が時間外で裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」が再度時間差を置いて日米株式先物に入り1243に最安値198.11㌦を記録後、時間外で米国先物上昇を受けドル高になり「リバーサル戦略」が入り14:27に最高値200.44㌦を付け前日迄のグローバルショートストラテジーやリスクパリティショックを回復するための裁定解消売を含む「カバードコール戦略」を受け1456に大引直前安値199.56㌦を付け1500に前日比134㌣高の199.64㌦を付け、オプション2月物では、大引けにかけてプットが売られ、コールもさえないため15:15では前日比141㌣高の199.71㌦を記録し株式上昇相場展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅604㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽6.14%、騰落レシオは91.68%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0207


さあ皆様こんにちは、02月07日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均は続落したが、Topix、Topix先物、日経平均及び日経平均先物は反発した。新興株07日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによると前日のチャートポイントを見ても分かるように「三空叩込に買迎」の試行は正解で反発となった。これは下落過程で出た場合は底入れを示す場合もある陰線です。事実、パウエル新議長発言でボラティリティーに連動するシステムトレードが継続する一方で9日のオプションSQ算出に向けたポジション取りも重なり「火曜日が荒れ、水曜が落付」と経験則通りの流れを迎え急落後の米株が上昇に転じたのを受けドル建て日経平均は9:00に200.70㌦と高寄りし9:02に前場最安値200.66㌦を記録後、「リバーサル戦略」を試行する巨大 機関投資家が中にはいる事から1回目9:06203.50㌦、二回目9:44に最高値204.16ドルを記録し、三回目が10:43に204.09㌦を付けた三尊天井となり「カバードコール戦略」が入り、11:30には4㌦91㌣高の203.49㌦を付け、前場引けには4㌦97㌣高の203.55㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をデッドクロスし、後場12:30に201.80㌦で開始後、日経平均ボラタリティ指数は前日比低下して始まった後、大引けにかけ約5p高い30p台後半迄水準をジリジリと切上げ続けた事で亜細亜株やドル建て日経平均等が伸び悩み前場プラス圏で引けた事で日銀ETF買期待も持ちづらくなったことを受け、巨大機関投資家の中では先行き不透明感から仕掛けやすいと捉えられ昼休みから引けにかけ米株先物が時間外で裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」が再度時間差を置いて日米株式先物に入り15:00に最安値198.12㌦を付け、15:00に前日比29㌣安の198.29㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけてプットが軒並み下落し相場が伸び悩んだため、権利行使価格2万1750円以上のコールも総じて売られ15:15では前日比28㌣安の198.30㌦を記録し株式上昇相場展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅6㌦04㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽9.46%、騰落レシオは88.53%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください 。

0206


さあ皆様こんにちは、0206日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0206日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、Topix先物、ドル建日経平均、Topix、日経平均及び日経平均先物は続落した。新興株06日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによると米景気過熱やインフレ上昇にFRBが利上げで対応し米国債相場の展望は突然大きく変わり、米国も含め世界的に借り入れコストが上昇するとの見通しが強まるとの見方が巨大機関投資家の中で総意を得た事で米短期国債の利回り上昇に賭ける取引を拡大させ、グローバルショートストラテジーを実践し チャートポイント上に来た時にオプションでアルゴニズム式が作動し裁定解消売を誘う「カバードコール戦略」も含む先物売や巨大機関投資家の持高外しや急落した損失が多いビットコインを売却し追証売を避けるための持高調整による換金売で返済し金利上昇を避ける方法をとる処も出て大幅下落に繋がった。背景には今年の利上げは少なくとも2回とみられていた。だが、2日に2017年の米賃金上昇率が2.9%と2009年以来の高水準だったことが発表されると、のどかな雰囲気が一変した。CFTCのデータによると、130日までの1週間でヘッジファンド等,巨大機関投資家の2年債先物に対する売越は329,066枚と過去最高を記録し前週から27,980枚増えた。過熱への警戒感は金融市場全体に広がっている。世界の株式市場でも、過去最高値を更新した後に下落局面に転じる動きが始まっている。しかもオバママジック下での適温相場条件ではボラティリティショートをロングにして保持するとなると、一方デルタヘッジで買って株が下がらないようにしてボラティリティも低下状態保存可能となっていた。しかしトランプ税制効果で適温相場条件が崩壊し3%付近迄の金利上昇を迎えるとボラティリティショートをロングで保持継続すると下落すると損出発生のため出口戦略を探すことになり買戻で持高終了にし買返済で米 の株・債券・ユーロ売りで下落幅拡大した後も金利上昇し今迄ユーロ円を積上、株価上昇も終わりとなり事実上の適温相場終焉となり、高価過ぎたユーロ円を取り崩す局面即ちあるべき局面に戻そうとしているためアルゴニズムがチャートポイント上で動き「低流動性市場ほど株相場はよく下がる」という経験則通り米株需給整理時期を切欠とした世界同時株安を迎えた。ドル建て日経平均では900204.20㌦で寄付、寄付後高値204.33㌦を付後、上記理由から「カバードコール戦略」が入り、1057に前場引け直前安値197.12㌦を付け買戻され、11:30には868㌣安の197.68㌦を付け、前場引けには865㌣安の197.71㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をデッドクロスし、後場12:30197.56㌦で開始後、再度「カバードコール戦略」が入り1348に最安値194.32㌦を付け、売手仕舞いの買戻しが入り「リバーサル戦略」を実施する巨大機関投資家もいる事から15:00に前日比787㌣安の198.49㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけてコールが下落、プットは軒並み上昇し権利行使価格が節目となる21,000円や2万円のオプションの売買が膨らみ15:15では前日比778㌣安の198.58㌦を記録し株式相場急落展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1001㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安圏の▽10.00%、騰落レシオは84.69%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください 。

0205


さあ皆様こんにちは、02月05日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、Topix先物は反落したが、ドル建日経平均、Topix、日経平均及び日経平均先物は続落した。新興株05日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによると米国雇用統計は上昇修正や失業率も予想通りとなり賃金上昇も予想以上であることから利上げペース加速が観測され、金利上昇相場から適温相場終了懸念も加わりインフレ懸念が発生しリスク回避の裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」が入りバランスシート縮小化時期による米国調整局面入りを迎えた。ドル建て日経平均では9:00に208.31㌦を付け9:00に最高値208.65㌦を付け上述で述べた理由から「カバードコール戦略」が入り10:56に206.30㌦を付け買戻しに値する「リバーサル戦略」が入り、11:30には5㌦63㌣安の206.55㌦を付け、前場引けには5㌦61㌣高の206.57㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロスし、後場12:30に206.36㌦で開始後、再度「カバードコール戦略」が入り13:04に最安値206.09㌦を付け、売手仕舞いの買戻しが入り「リバーサル戦略」を実施する巨大機関投資家もいる事から13:36に後場高値207.00㌦を形成し再度の円高で持高調整外しの利確が入り13:50に206.27㌦を付け日銀による上場投資信託買いへの思惑が支援した他、好調な決算や業績予想の上方修正を午後に発表した銘柄が買われ、改めて業績期待を織込む動きが発生したのを受け「リバーサル戦略」が実行され1415に後場高値207.30㌦を記録後、バランスシート縮小による適温相場週延期を迎え、米株第三期調整局面を受け原油下げを受けアルゴニズムが働き「カバードコール戦略」が入り15:00に前日比5㌦91㌣安の206.27㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけてコールが軒並み売られプットは総じて大幅に上昇し15:15では前日比5㌦82㌣安の206.36㌦を記録し株式相場下落展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦56㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲4.27%、騰落レシオは95.49%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください 。

0202


さあ皆様こんにちは、0202日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0202日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、Topix先物は続伸したが、ドル建日経平均、Topix、日経平均及び日経平均先物は反落した。新興株02日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによるとドル建て日経平均では9:00213.56㌦で寄付後、1㌦寄付下落で展開直後に最高値213.60㌦を記録し米金利の上昇を受けた米国債券安や日銀がタカ派化する思惑や現在の官制相場でドル安転換させる状況になく想定以上に米国金利上昇があったので適温相場による円安進行の終焉を受け警戒しリスク回避の株安・円高を行う巨大機関投資家の中では「カバードコール戦略」を採用する者もいて下げ幅広げ10:44に最安値211.51㌦を付け、雇用統計の手控えを受け揉合、11:30には279㌣安の211.77㌦を付け、前場引けには134㌣高の213.89㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロスし、後場12:30211.73㌦で開始後、日銀が指し値オペを通告しドル/円はいったん円安に振れ、売手仕舞いの買戻しが入り「リバーサル戦略」を実施する巨大機関投資家もいる事から12:39に後場高値211.89㌦を形成し再度の円高で持高調整外しの利確が入り13:00211.73㌦を付け日銀による上場投資信託買いへの思惑が支援した他、アイシン精機、三菱電機や双日等、好調な決算や業績予想の上方修正を午後に発表した銘柄が買われ、改めて業績期待を織込む動きが発生したのを受け「リバーサル戦略」が実行され14:27に後場高値212.70㌦を記録後、今夕の雇用統計での時間当たり賃金の伸張を確認したいため「カバードコール戦略」が入り15:00に前日比230㌣安の212.26㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけてコールが売られ、プットは買われ15:15では前日比238㌣安の212.18㌦を記録し株式相場下落展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅209㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲12.38%、騰落レシオは100.90%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください 。

0201


さあ皆様こんにちは、0201日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0201日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物、日経平均及び日経平均先物は反発した。新興株01日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによるとFOMC声明がタカ派的と採られられ長期国債先物は反落で引けを迎え、米商品先物取引委員会の資料で投機筋の建玉を見ると、主要10通貨に対するドルの空売持高は110億ドルを超え、投機筋が明確にドル弱気に傾向し持高一方向に傾斜過剰の場合、持高外し後の利益追求目的で大規模巻戻発生を企てる巨大機関投資家もいるため、ドル高に振れ前日の米市場は主要3指数が反発したのを受け昨日迄のドル建て日経平均(日足)が三空形成後下落を受け巨大機関投資家の中では30日世界同時株安でロシアがオーバーウェートに無いため他の株が売却されヘッジ系ファンドで短期が長期に近づく利回の標準化が起こり、持高買戻が発生し30日株と債券が下がった。即ち株と債券が下がる特有の持高調整入りとなり月初はファンドマネージャーのボーナス決定後一斉に開始するため買戻し株を基準に用意し東京市場で再稼働を行う事で「三空叩込に買迎え」と捉え9:00には213.17㌦と反発開始を迎え寄付後、913に最安値212.69㌦を付け「リバーサル戦略」を行う者もいる事から926213.81㌦を一旦つけ一時的なドル安で950212.97㌦を付け後ドル高に戻るや否や「リバーサル戦略」を打つ者もいる事から11:13に前場高値214.31㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り揉合、1130には138㌣高の213.93㌦を付け、前場引けには134㌣高の213.89㌦を付け後場12:30214.36㌦で開始後、「カバードコール戦略」を実施する巨大機関投資家もいる事から1307に後場最安値213.34㌦を形成し時間外での米国金利上昇や米国経済指標が良好等を受け、金融等バリュー銘柄に裁定買を誘う先物買に値する「リバーサル戦略」が再度試行され1455に最高値214.88㌦を付け日経平均ボラティリティー・インデックスは約2カ月ぶりに一時18に乗せた前日からは低下したが、1月16日の14.7を直近の底に上昇トレンドにあるため「コンバージョン戦略」が入り15:00に前日比224㌣高の214.79㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけてコールが買われ、プットが下落し15:15では前日比201㌣高の214.56.㌦を記録し株式相場の反発上昇展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅219㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲15.54%、騰落レシオは101.82%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0131


さあ皆様こんにちは、01月31日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月31日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、Topix、Topix先物、日経平均及び日経平均先物は続落した。新興株31日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによると米国長期金利の上昇による金利負担への懸念から減税・適温相場による台本崩壊と捉えられ相場節目215㌦を割りNY原油価格も下落した事等を受けドル建て日経平均は売先行で開始し9:00に213.42㌦で寄付後、寄付安値を9:04に213.12㌦で迎えた後、鉱工業生産や一般教書演説を受け巨大機関投資家の中では「リバーサル戦略」を実施する者もいる事から9:41に前場高値214.05㌦を付けたが円相場が1ドル108円台で高止まりしていることから、半導体関連、FA関連などテクノロジーセクター中心に売りが先行し「コンバージョン戦略」を実施する者もいる事から10:30に、213.65㌦を付け業績良好報道等が支えとなり巨大機関投資家の中で「リバーサル戦略」を行なうものも現れ10:47に前場高値214㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り揉合、11:30には84㌣安の213.59㌦を付け、前場引けには78㌣安の213.65㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロス後に日銀が長期国債の買いオペを300億円増額したことから、市場にくすぶっているテーパリングへの懸念が後退し、為替が一時1ドル109円台に下落したことで買戻の動きが出たほか、日銀によるETF買いへの期待感も加わり、後場12:30に214.07㌦で開始後、「リバーサル戦略」が実施され12:56に最高値214.72㌦を形成し時間外での米国株急落や円が再度場中に円高になったのを受け、再度米金利の上昇で『適温相場』のシナリオが崩れ、資金が株式から債券に流れ、今の株価は維持できなくなり国内企業の決算についても、概ね良好だが、計画線上の実績は織り込み済みで買い上がるには力強さが足りず日本株への資金流入に伴う円買いなどによるドル・円の上値の重さは変わっていないために懸念がファンド筋に派生しオプション市場では23,000円(212㌦)建玉プットが建玉横這で増加している。このことからSQが23,000円(212㌦)より下落着地の場合、損失拡大に繋がり、損失解除のために株の原資産を売るか買決済を行う事を意味するプットを買う行為を行い、建玉をそのままにし買決済後株式を売却して利益確定を行う「プット外し」が連続して巨大機関投資家の中で行われた事で最高値から「カバードコール戦略」が実施され14:09に214㌦迄下落し更に14:32には213㌦迄下落し、下げ幅1%大幅下落となり15:00に前日比1㌦97㌣安の最安値21246.㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけてコールが売られ、プットは買われ15:15では前日比1㌦88㌣安の212.55.㌦を記録し株式相場の下げ幅拡大展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦.26㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲10.70%、騰落レシオは96.59%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0130


さあ皆様こんにちは、0130日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0130日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物は反落したが、日経平均及び日経平均先物は続落した。新興株30日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによるとニューヨークの反落を受けてドル安となり米金利上昇となりドル建て日経平均では900216.25㌦と寄付、さらに901に寄付後最高値216.33㌦を記録後、日本での業績上振れ期待無く市場が織り込むため「コンバージョン戦略」が入り930215.70㌦を付け巻き戻され940216.23㌦を付け後ドイツ金利が上昇しユーロ高になり米金利上昇に対し米株下落を受けドル安になり日本株に売りが出てアイフォン10減産観測問題が報道され米国でのアップル下落も影響しアップルショックを迎えたことから短期天井となり巨大機関投資家の中で裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」を実施する者もいることから1036に前場引直前安値215.26㌦を記録後揉合、1130には198㌣安の215.24㌦を付け、前場引けには200㌣安の215.22㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をデッドクロス後に後場12:30214.95㌦で開始後継続して「カバードコール戦略」が実施され円建日経平均の25日移動平均線である23,500円に相当するドル建て215㌦付近にプットオプションの建玉が貯蓄したがこの水準より下落した為、23,500円(215㌦)を切ると際限なく損失が発生するためプットの持高調整を行い損失回避の先物売りを出して損失回避に回るヘッジを行ったためにさらに下落し、クレジットカード金利上昇にも波及し実際には陰線が出てさらに陰線が出てきて大陰線が発生し持高外しのため分投げる需給主導の下、下幅拡大し大幅下落となり1316に最安値213.74㌦を付け、今週決算内容 が良ければ押目入期待から買戻である「リバーサル戦略」が入り下げ幅1%下落となり15:00に前日比293㌣安の214.29.㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけてプットが軒並み上昇し、コールは軟調となり15:15では前日比279㌣安の214.49.㌦を記録し株式相場の下げ幅拡大展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2.59㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲13.61%103.54%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0129


さあ皆様こんにちは、0129日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0129日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、TopixTopix先物は反発したが、日経平均及び日経平均先物は続落した。新興株29日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによると前週末の米国市場で主要株価3指数が過去最高値を更新し先週の要人発言に振らされ保護貿易主義的話でドル安円高中心であったがその後、米10年債利回は時間外取引で一時2.8bp高と20145月以来の水準に上昇したのを支えにドル建て日経平均では900218.33㌦と高値寄付後、巨大機関投資家の中で好決算銘柄であるファナック、信越化学等バリュー銘柄に「リバーサル戦略」を実施する者もいる事から952に最高値218.88㌦を付けた。さらに米フィラデルフィア半導体指数.SOXが3%を超す上昇を背景に、国内半導体関連株が堅調に推移し日経平均ボラティリティ―指数は一時17.28ポイント迄上昇し、取引時間中としては12月6日以来の高水準を付けた。 この円高調整で日経平均先物売を仕掛け証券自己勘定で日本に持ち込み今までの空売の買戻で現物に変換して買う即ち証券優遇制度等を使い予期せぬ配当と他の損益を当てて処理し減損処理の形で売り残は多いが株式数は動かない現象が起きる「証券自己勘定売買減損処理」を使い準備した処で、裁定解消を誘う先物売である「カバードコール戦略」が実施され1130には179㌣高の218.02㌦を付け、前場引けには187㌣高の218.10㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をデッドクロス後に後場12:30217.48㌦で開始後継続して「カバードコール戦略」が実施され1247に最安値216.98㌦を付け、米国時間外取引で原油価格が上昇した流れを受け原油銘柄を含む大型グロース銘柄に「リバーサル戦略」が入り1406に後場最高値217.69㌦をつけ改正資金決済法に基づくコインチェック等を含む仮想通貨業者への調査厳格化を嫌気し「カバードコール戦略」が入ると同時に今月は米株は上昇しドル安になったが月末のリバランス調整でドル買戻期待があることから買戻しも含み15:00に前日比99㌣高の217.22.㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけてコールとプットがともに売られ15:15では前日比99㌣高の217.22.㌦を記録し株式相場の方向性が欠ける展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1.90㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲18.50%11.37%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

0126


さあ皆様こんにちは、0126日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0126日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均及びTopixTopix先物は続落した。新興株26日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによるとダボス会議でのㇺニューシン財務長官のドル安誘導発言を受け円高日米株安を模索したが米国実質金利が上昇しないため失敗したのを受け巨大機関投資家は資源価格上昇から来る時間外取引の円高調整で日経平均先物売を仕掛け証券自己勘定で日本に持ち込み今までの空売の買戻で現物に変換して買う即ち証券優遇制度等を使い予期せぬ配当と他の損益を当てて処理し減損処理の形で売り残は多いが株式数は動かない現象が起きる「証券自己勘定売買減損処理」を使い準備した処で、トランプ大統領から「ドル高望む」という報道を受け実行し、これにより原油価格が下がり米国債価格が上昇し金利が安くなることから米債高を手掛かりとした買戻が優勢となり中期と超長期を対象にした日銀の国債価格が上昇し、日銀の国債買入オペが想定通りに通告され市場参加者の心理を強気にさせドル安に歯止めをかけ円高一服を受けドル建て日経平均では900216.60㌦と高値寄付となり905に最高値216.92㌦を付けボラテリティの上昇を受け「カバードコール戦略」が入り10:03に前場最安値215.95㌦を付け一方米国では減税相場に加えドル高だと貿易赤字が解消できず減税効果が薄れるためドル安誘導をし規制緩和をすることで設備投資や人件費に資金が回りやる気が出て米国に進出する日本企業にも増収増益期待があることから「リバーサル戦略」が入り、11:30には88㌣安の216.57㌦を付け、前場引けには88㌣安の216.57㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をデッドクロス後に後場12:30216.43㌦で開始後1245に後場高値217.68㌦を付け、米国時間外取引で原油 価格が下がりSOX指数が下落した流れを受けゴルディロックスバイアスが強化され持合解消も手伝い半導体、金融、機械等の大型グロース銘柄に「カバードコール戦略」が入り1340に後場最安値217.01㌦をつけ経常収支見込改善期待から「リバーサル戦略が入り逆三尊底を確認し「リバーサル戦略」が入り15:00に前日比57㌣安の217.31.㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけて買う権利である「コール」が下げ、売る権利である「プット」も権利行使価格が2万3750円以下の銘柄には下げが目立ち15:15では前日比49㌣安の217.45㌦を記録し株式相場下落展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅98㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均er14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲18.98%107.50%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0125


さあ皆様こんにちは、0125日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0125日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均は反落したが、日経平均先物、日経平均及びTopixTopix先物は続落した。新興株25日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによるとダボス会議でのㇺニューシン財務長官のドル安誘導発言及び米独10年債利回の差が無くなるとドイツ債券が上昇することを起因としてドイツ安定政権からユーロ強含みとなり、ユーロ高が発生するメカニズムであることからユーロ高・ドル安になり夜間取引では裁定解消売りが当社分析通り発生した為、ドル建て日経平均では217.29㌦に寄付し寄付後安値216.80㌦を付けた後、裁定買を誘う先物買戻が入り1001に最高値217.78㌦を記録後、米国の中間選挙や政治リスクによる保護主義台頭再懸念よりボラティリティインデックスが上昇し金利が上昇するドル安加速が起こり10:20217.60㌦を付け一時下落し「リバーサル戦略」が入り1031に前場高値217.68㌦を付け日本では朝から若干円高傾向になりボラティリティが上昇しクイックコンセンサスより下回るという事で巨大機関投資家のアルゴニズムが働きボラが高くなり裁定解消売即ち「カバードコール戦略」がソニーや東京エレクなどに入りロングが日本電産、安川、等に入るボラティリィティを使った「ロングアンドショート戦略」が降られて下落し、11:30には58㌣安の217.30㌦を付け、前場引けには58㌣安の217.30㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロス後に後場12:30217.52㌦で開始後、世界がグロース状況で同時経済拡大によりバリューシクリカルに「リバーサル戦略」が入ったが夜間取引時間でのドラギ総裁のユーロ高牽制発言への注意手控えやIOT・ハイテク関連銘柄決算に関し楽観視し過ぎたためにマーケットのハードルが高くなっている。このコンセンサスに届かないことが多い事に加えEU引締が実行されると価格下落が発生し債券売却で金利上昇に繋がる流れからドル安を加速しㇺニューシン発言の妬き直しで、米金利上昇し過ぎると金利に対し株の割安感が無くなりアセットアロケーションに大幅変化が発生するため、「カバードコール戦略」を行う巨大機関投資家が出るため1445に後場最安値217.01㌦を付け企業業績改善傾向から巻戻しが先物で入り15:00に前日比57㌣安の217.31.㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけてコールが売られ、プットは買われ、15:15では前日比43㌣安の217.45㌦を記録し株式相場下落展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅98㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均er14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲19.94%109.23%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0124


さあ皆様こんにちは、01月24日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均は続伸したが、日経平均先物、日経平均及びTopix、Topix先物は反落した。新興株24日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによるとドル安になり米トランプ政権の保護主義に対する警戒感も浮上し、輸出関連株の売りにつながった。ドル建て日経平均では218.20㌦に寄付し寄付後高値218.39㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り9:06に218.05㌦を付けた後裁定買を誘う先物買戻が入り9:38に最高値218.41㌦を記録後、強力ユーロに対し円が買われ米期待インフレ率上昇で円高になり以前の様なリスクをショートすることで儲かる仕組みであるボラティリティを売却後Vix指数を上昇させ利益出させる形式が減っているため「カバードコール戦略」を行う巨大機関投資家が多い傾向により10:27に前場最安値217.86㌦をつけ買戻され、11:30には36㌣高の218.14㌦を付け、前場引けには26㌣高の218.04㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロス後に後場12:30に218.09㌦で開始後、世界同時景気回復良好で日本の業績修正で収益の質・リビジョンインデックス・ROE・マージンも改善し「リバーサル戦略」が入り13:06に後場高値218.25㌦を付けた後、米金利上昇し過ぎると金利に対し株の割安感が無くなりアセットアロケーションに大幅変化が発生するため、「カバードコール戦略」を行う巨大機関投資家が出るため13:58に最安値217.66㌦を付け企業業績改善傾向から巻戻しが先物で入り14:28に後場大引け直前高値218.04㌦を付け米国の期待インフレ率が上昇するが実質金利が上昇しないドルが売却され逆のユーロが購入後、ビットコイン等の逃避先としての円が買われ「コンバージョン戦略」が入り15:00に前日比同値の217.78.㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけてコールが売られ、プットは買われ、15:15では前日比10㌣高の217.88㌦を記録し株式相場下落展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅75㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均er14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲24.12%、114.36%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0123


さあ皆様こんにちは、0123日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0123日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、 日経平均先物は反発したが、 ドル建日経平均、日経平均及びTopixTopix先物は続伸した。新興株23日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによると米政府機関の一部閉鎖が解除される見通しとなり、前日の米国株が最高値を更新しアジア株も総じて堅調に推移する中、ドル建て日経平均は900に寄付215.59㌦を付け巨大機関投資家の中で財政の崖解除を受け国内外を含め裁定買を誘う先物買を行い1056に前場引け直前高値217.00㌦を行け揉み合い、11:30には181㌣高の216.73㌦を付け、前場引けには181㌣高の216.73㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロス後に後場12:30216.98㌦で開始後、ただ韓国総合株価指数や香港ハンセン指数が一時1%を超す上昇となるなどアジア株が強含みで推移を見るや否や日銀は今回の金融政策決定会合で、市場の想定通り金融政策の現状維持を決定。展望リポートでは中期的な予想物価上昇率を前回10月の「弱含み」から「横ばい圏内」に上方修正した一方、物価の政策委員見通しの中央値は18、19年度とも据え置いたためドル円が崩れず、増収を基にした増益が日本企業であるため見直し更に巨大機関投資家の中で裁定買を誘う先物買である「リバーサル戦略」を行うものが多いため1349に最高値217.49㌦を付け揉み合い15:00に前日比274㌣高の217.66㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけて、コールが買われ、プットが下落し、15:15では前日比286㌣高の217.78㌦を記録し株式相場上昇展開(大相場前触)となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅224㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均er14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲27.13%114.36%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0122


さあ皆様こんにちは、0122日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0122日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、 日経平均先物は反落したが、 ドル建日経平均、日経平均及びTopixTopix先物は続伸した。新興株22日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによるとNYダウやナスダック総合指数など米国株価が上昇したが、米連邦政府機関閉鎖による経済悪影響が警戒され暫定予算が失効した米国で政府機関が一部閉鎖される中、前場は900215.01㌦と高く寄り付き為替も円高傾向な上、911から「米政府機関、22日も閉鎖継続の見通し」と報道され917に最高値215.09ドルを付けるも「カバードコール戦略」を実施する巨大機関投資家もいる事から950に前場最安値を付け952に「米政府閉鎖に関し上院共和・民主の穏健派議員らが打開に向け前進」という報道を受け「リバーサル戦略」が入り11:20に前場引け直前に高値214.78ドルを付け「コンバージョン戦略」が入り、11:30には21㌣安の214.66㌦を付け、前場引けには25㌣安の214.56㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロス後に後場12:30214.53㌦で開始後、増収を基にした増益が日本企業であるため見直し裁定買を誘う先物買を示す「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家もいることから13:02に後場高値214.64㌦を付け23日の安川電から始まる国内主要企業の17412月期決算を見極めようとのムードも強く、全般は膠着感の強い展開に終始し原油高によるバーナンキ・イエレンがゴルディロックスを完成しこれを意識しての米金利上昇利払い増で米格付け下落による財政悪化を懸念し「コンバージョン戦略」が打たれ13:47に最安値を付けた後打開に向けた協議が提案され裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が大幅に入り15:00に前日比17㌣高の214.98㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけて、コール、プットともに売りが目立ち15:15では前日比11㌣高の214.92㌦を記録し株式相場上昇展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅9㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均er14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲23.63%106.80となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0119


さあ皆様こんにちは、01月19日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均及びTopix、Topix先物は反発した。新興株19日の日経ジャスダック平均は反発したが、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション2月物では某情報ベンダーによると昨日は200日移動平均乖離率が15から20%だと外資系証券先物システムに調整が入る体系を取る処もありこれも含め上昇速度持高調整が昨日入り下落激化に繋がったが本日は夜間取引でこれらの思惑も消化され母国市場である日本相場においても確認が入った。214.1㌦から215.01㌦のボックス圏を形成し3本移動平均線が12本移動平均線を下から上に貫くゴールデンクロスを形成後、大引けでは反発で引けた。ドル建て日経平均では9:00に214.86㌦で寄付き後、18日の米国債は10年債利回りが2.63%と4b上昇、昨年3月以降で初めて2.6%を上回り米国金利が上昇し裁定買を誘う先物買が即ち「リバーサル戦略」が銀行などを含むバリュー銘柄に入り9:07に最高値215.0㌦を付け一時円高になり「カバードコール戦略」が入り9:53に前場安値214.53㌦を付け半導体主要企業で構成されるフィラデルフィア半導体株指数(SOX)は0.5%高と5日続伸し、連日で最高値を受け、「リバーサル戦略」が大型グロース銘柄に入り10:30に前場2番高の214.96㌦を記録後、米政府機関が閉鎖する可能性への警戒に加え、アップルの国外滞留資金の回帰方針に伴う米国債売却の観測も相場に影響し「カバードコール戦略」が入り10:50に前場安値214.43㌦を付け「リバーサル戦略」が入り11:30には88㌣高の214.68㌦を付け、前場引けには85㌣高の214.70㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロス後に後場12:30に214.65㌦で開始後、米国では現行の暫定予算が19日深夜に失効、政府機関閉鎖の回避期限が迫っている。米下院は18日夜の本会議で暫定予算案を可決したが、上院民主党は同案阻止に十分な票を確保と主張されていることから「カバードコール戦略」が入り13:38に最安値214.10㌦をつけ増収を基にした増益が日本企業であるため見直し裁定買を誘う先物買を示す「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家もいることから15:00に前日比88㌣高の214.73㌦を記録し、オプション2月物では、大引けにかけて、コール、プットともに売りが目立ち、15:15では前日比96㌣高の214.81㌦を記録し株式相場が方向感を欠く展開となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅91㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均er14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲24.03%、105.09%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0118


さあ皆様こんにちは、01月18日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均及びTopix、Topix先物は続落した。新興株18日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション18年2月物では某情報ベンダーによると米国税制改革による翻刻還流政策によりアップルとアマゾンが恩恵を受け更に雇用創出を行う等大統領政策に併せ恩恵を受けたことなども幸いし米国株高になりこれを受けドル建て日経平均では朝方買先行になり9:00に216.24㌦で開始され9:04に前場高値216.46㌦を付け26年2か月ぶりに216.46㌦円建てでは24,000円台に乗せる事が出来、一方でダボス会議の年次総会前公表による「グローバルリスク報告書」で「カリスマ的強権政治による国家間の軍事衝突リスク」が高まると報告され危機が高まり、豪雇用統計で豪ドルで上値を買っていしまった為対ドル円では円高になり米時間外取引で米株価指数が下落し短期的なっ目標達成が出て「コンバージョン戦略」を行う巨大機関投資家も現れ10:55に前場安値214.89㌦を付け買戻され11:30には1㌣安の215.42㌦を付け、前場引けには1㌣高の215.44㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロス後に後場12:30に215.45㌦で開始し、経済の力強さから「リバーサル戦略」が入り、12:36に後場高値216.00㌦を付け11月鉱工業生産・確報値が市場予想通りを受けさらに中国貿易摩擦再燃や来週の日銀政策決定会合への持高調整で裁定解消を誘う先物売による「カバードコール戦略」等が巨大機関投資家の中でも行なわれた為に、最安値213.23㌦を記録後裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が打たれ15:00に前日比1㌦58㌣安の213.85㌦を記録し、オプション18年2月物では、大引けにかけて、コールが売られプットが買われ、15:15では前日比1㌦58㌣安の213.85㌦を記録し株式相場下落に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅3㌦23㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均er14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲23.93%、104.98%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0117


さあ皆様こんにちは、01月17日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均及びTopix、Topix先物は反落した。新興株17日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション18年2月物では某情報ベンダーによると米国財政の崖問題で政策停滞懸念が発生し巨大機関投資家の原油先物買が過去最高水準になる中、調整局面入りの機会と成った為、裁定解消を誘う先物売りが入り商品先物下落を受け米国株安に加えドル安になりこの流れからドル建て日経平均での前場では9:00に215.46㌦で寄付後9:06に瞬間高値215.70㌦を記録後、これまでの急上昇に対する利益確定に該当する「コンバージョン戦略」を実施する巨大機関投資家もいることから9:37に前場安値215.22㌦を付け日銀が午前に実施した買い入れオペでドルが戻り好感し裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家もいることから10:18に最高値216.11㌦を記録し揉み合い11:21に三回目の高値215.79㌦を、形成後三尊天井を確認したことから「カバードコール戦略」が入り11:30には36㌣安の215.61㌦を付け、前場引けには40㌣安の215.57㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をデッドクロス後に後場12:30で215.54㌦で寄付、景況感の良さと比較し資金量が大量であるが物価上昇が見込めない事で金融引き締めが出来ないことを見越して景気の熱狂的陶酔感が継続しており短期的急上昇に対するモメンタムに対する警戒感がある上に財政の崖に陥れば利確切欠に歯止めが付か無くなる事より「カバードコール戦略」を行う巨大機関投資家がいることから13:26に最安値214.94㌦を付け押目買好機を生み出し小売や卸売などの省力化投資が出ており、非製造業が強い事から「リバーサル戦略」が入り15:00に前日比63㌣安の215.34㌦を記録し、オプション18年2月物では、大引けにかけて、プットが総じて上昇し、コールは下落が目立ちオプション価格を元に算出し相場の予想変動率を示す日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)は、前日比0.74p(5.02%)高い15.48だった為、15:15では前日比54㌣安の215.43㌦を付け株式相場下落に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦17㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲25.88%、114.15%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0116


さあ皆様こんにちは、0116日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0116日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、TopixTopix先物、ドル建日経平均、日経平均先物、及び日経平均は続伸した。新興株16日の日経ジャスダック平均 は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション18年2月物では某情報ベンダーによると前場では今期業績予想の上方修正を粗方織込む水準は円建で2万4000円当り、ドル建て217㌦と見ている。ただ、日銀による上場投資信託(ETF)買支えもあって、ドル建てでは900に高値寄付214.45㌦を形成後910に前場高値214.55㌦を付け中国貿易摩擦や北東亜細亜地政学的危機及び米国暫定予算問題を引き金に「コンバージョン戦略」を行う巨大機関投資家がいることから9:30に最安値214.11㌦を形成し為替相場でドル安・円高の進行が一服したことで買い安心感が広がり、先物で買戻が「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家が現れ1114に前場高値215.06㌦を形成後空売筋の中でもNT倍率で利益を出したりドル安に賭けていた向きが買戻しに迫られ裁定買を誘う先物買である「リバーサル戦略」が入り11:30には85㌣高の214.97㌦を付け、前場引けには97㌣高の215.09㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロス後に後場12:30215.30㌦で寄付、後場には一時、取引時間中として1300に後場高値215.45㌦を付け米国税制改革法に残る邦銀を含む非米銀本店が本支店勘定により米国支店に資金を送金した場合、これまでは事実上非課税だった借入金利費用に課税されるBEATによる国際租税に関する項目により隠れていた増税が明確化されこれによる米債投資減思惑から「コンバージョン戦略」を行う巨大機関投資家も出て1330に後場安値215.33㌦を付けた一方で、短期筋の19911118日以来、約26年2カ月ぶりの高値2万3962円07銭、ドル建てでは最高値21610㌣を付け15:00に前日比197㌣高の216.09㌦を記録し、バブル崩壊後の高値を更新し、オプション18年2月物では、大引けにかけて、コールが買われ日経平均が2万4000円の心理的節目に接近する局面で、コールを売っていたトレーダーから買戻が入り特に2万4000~2万4500円コール買が目立ち一方、プットは全般に下落した為、15:15では前日比185㌣高の215.97㌦を付け株式相場上昇に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅70㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲25.07%118.22%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0115


さあ皆様こんにちは、01月15日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、Topix、Topix先物、ドル建日経平均、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株15日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション18年2月物では某情報ベンダーによると前場では米国三指数上昇を受け9:00に高値寄付214.41㌦を形成後「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家がいることから9:24に最高値214.68㌦を形成しドイツが連立政権発足を受けドイツ10年国債が上昇しユーロ高・ドル安・円高になりこれにより為替が円高水準と受止められ9:25に「カバードコール戦略」を行う巨大機関投資家も見られることから10:17に最安値213.98㌦を付けた後、先物で買戻が「リバーサル戦略」111円を割り込む円高だと来期業績に影響が出やすいという見方が出てきたため高安揉み合い11:30には1㌦50㌣高の214.15㌦を付け、前場引けには1㌦42㌣高の214.07㌦を付け3本移動平均線が12本移動平均線をゴールデンクロス後に後場12:30に214.59㌦で寄付、市場では米長期金利の上昇を予想する向きが多い上、昨年まで投資家の持高が軽かったことによる影響、例年12月から2月半ばまでバリューファクターが強い季節性が背景でバリュー銘柄中心の金融株に裁定買を誘う先物買である「リバーサル戦略」が入り13:30に後場高値214.56㌦を付け揉み合い三尊天井を形成後、為替の円高が改めて警戒されると、じりじりと上げ幅を縮小し14:40に後場高値214.56㌦を再度つけると「カバードコール戦略」が入り14:59に後場最安値214.19㌦を付けた後、世界的に景気が良好で、世界の中央銀行が出口に向かう中、出口から最も遠いとみられていた日本銀行も予想より早く動かざるを得なくなるとの観測もあり、ブラックロックが運営する「IシェアーズMSCI Japan ETF」に630億円資金流入後、現物を購入しETF化しブラックロックに買ってもらうためこの時点で市場に資金供給が多いためETFと株式相場が上昇した形となり「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家も見られ15:00には前日比1㌦59㌣高の214.24㌦を付け、オプション18年2月物では、大引けにかけて、プットが軒並み下落し、コールは権利行使価格が現在の水準に近いオプションを中心に買いが入る為、15:15では前日比48㌣高の212.65㌦を付け株式相場上昇に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅70㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲25.07%、118.22%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 東証マザーズ指数先物3月物は続伸した。清算値は17ポイント(1.31%)高の1312だった。1625枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0112


さあ皆様こんにちは、0112日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0112日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、TopixTopix先物、ドル建日経平均は反落したが、日経平均先物、及び日経平均は続落した。新興株11日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は 反発した。日経平均オプション18年2月物では某情報ベンダーによると米国でインフレ的な見通しが急に強まった訳ではなく、米長期金利の持続的な上昇は見込みにくい。日銀のオペ減額を契機とした円高なら一時的な反応と捉えられ、前日のダウは200㌦を超す上昇となったが1月限日経平均オプションのSQ算出日だったものの、東証1部の売買代金は大発会の水準には至らず3日続落した。前場ではドル建て日経平均で900213.15㌦と寄付後、926に最高値213.59㌦を付け企業の今期想定レートに近づく為替の円高進行で業績期待が後退し「カバードコール戦略」を打ち、1008に前場安値212.57㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1130に前日比89㌣高の213.06㌦を付け、前場引では前日比89㌣高の213.06㌦で引け、3本移動平均線が12本移動平均線とデッドクロスを確認し、後場1230には213.06㌦で開始し年初からの大幅高で、短期的な過熱感を冷やす調整売りに加え、ドル・円が企業の今期想定レートである1ドル=110円に近づき、業績への影響を懸念する動きから輸送用機器や精密機器など輸出株の一角や情報・通信や電気・ガスなどディフェンシブ株等直近の株高で配当利回りの魅力が低下しているとの見方等が出て「カバードコール戦略」をさらに行う巨大機関投資家も出たことから1412に最安値212.08㌦を付け、米物価連動債Tipsに資金が集中したことで、ドル安が一服し大引けにかけ「リバーサル戦略」が入り、15:00には前日比46㌣高の212.63㌦を付け、オプション18年2月物では、大引けにかけて買う権利である「コール」に値下がりが目立ちただ、相場の下値も堅いとの見方は根強く、売る権利である「プット」も全般に下げた為、15:15では前日比48㌣高の212.65㌦を付け株式相場下落に繋がった。ボリンジャーバンドでも3σに達した為本日は急落になった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅151㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲24.77%117.51%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 東証マザーズ指数先物3月物は反発した。清算値は3ポイント(0.23%)高の1295だった。769枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0111


さあ皆様こんにちは、0111日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0111日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、TopixTopix先物、ドル建日経平均は反落したが、日経平均先物、及び日経平均は続落した。新興株11日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション18年1月物では某情報ベンダーによると前場では中国の米国債購入の停止観測を受けた為替のドル安・円高進行が嫌気され、SQ週最終売買日には、ドル建て日経平均で900212.27㌦と寄付後、ドル安を受け921に寄付後安値211.88㌦を付け前日の中国の米国債投資削減報道直後に米国債売り・ドル売りとなったが日銀債券介入期待等を受けドル買になり「リバーサル戦略」が入り1002に最高値212.85㌦が付きその後米国債購入の停止観測を受けた為替のドル安・円高進行が再度嫌気され、「カバードコール戦略」が入り1130に前日比65㌣高の212.43㌦を付け、前場引では前日比70㌣高の212.48㌦で引け、3本移動平均線が12本移動平均線とデッドクロスを確認し、後場1230には211.97㌦で安く開始しグローバルな株高環境の中で日本株のウエートを落とす理由はないが、為替が1ドル110円を超える円高に進むと、足元で原材料価格が上昇していることもあり、企業決算への期待が後退懸念を発生するため、「カバードコール戦略」を打つ巨大機関投資家もいることから13:58に最安値211.48㌦を付け中国政府筋が米国債購入の縮小などに関する報道を否定し、米金利急上昇からインフレが進行すると有利となる米物価連動債Tipsに資金が集中したことで、ドル安が一服し大引けにかけ「リバーサル戦略」が入り、15:00には前日比31㌣高の212.09㌦を付け、オプション18年1月物では、大引けにかけてコールが売られた。プットはさえない為、15:15では前日比39㌣高の212.17㌦を付け株式相場下落に繋がった。ボリンジャーバンドでもに達した為本日は急落になった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅113㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲26.05%117.84%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 東証マザーズ指数先物3月物は清算値が前日比1ポイント(0.07%)安の1292だった。売買高は1730枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0110


さあ皆様こんにちは、01月10日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、Topix、Topix先物、ドル建日経平均は続伸したが、日経平均先物、及び日経平均は反落した。新興株10日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション18年1月物では某情報ベンダーによると前場では米国三指数は上昇したがSOX指数が下落したことも受け前日、超長期国債の買い入れオペが減額された「余韻」が残り、10日の市場では円高・株安・債券安が週末SQ前巨大機関投資家による仕掛的円ショート巻き戻し等持高調整調整を入れ明日売買最終日に併せ1月限を安くさせたい処もあり、ドル建て日経平均で9:00に211.33㌦と安く寄付後、先物主導で前日に一時24000円台を回復し日米金利差拡大を受けたこと等を受け9:15に寄付後高値211.66㌦を付けSOX指数の下落からグロース売り即ち「コンバージョン戦略」が打たれ9:31に最安値211.15㌦を付け、大型バリュー買いが発生し前場高値11:18に212.15㌦を付け11:30に前日比22㌣高の211.93㌦を付け、前場引では前日比26㌣高の211.97㌦で引け、3本移動平均線が12本移動平均線とゴールデンクロスを確認し、後場12:30には211.61㌦で開始し12日オプションSQで2400円コールで見ると先日調整のコール割高なものを買っていてオプション買戻しが入り日経VIが上昇しプットが増えている。SOX指数が下落を受け半導体が下落し1月物の日経平均は買い上がれす2月物コールに買いが入り買戻しが入っていない状況で1月物を安くし先行きは上がるとみて「リバーサル戦略」が入り最高値13:51に212.28㌦を付け「カバードコール戦略」がディフェンシブ銘柄に入り調整し14:56に211.74㌦を付け後買戻され、15:00には前日比4㌣高の211.75㌦を付け、オプション18年1月物では、大引けにかけてコールとプットともに売りが目立った為、15:15では前日比7㌣高の211.78㌦を付け株式相場方向感が無い状況に繋がった。ボリンジャーバンドでも3σに達した為本日は急落になった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦13㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲27.62%、118.20%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 東証マザーズ指数先物3月物は5日続伸した。清算値は14ポイント(1.1%)高の1293だった。1542枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

019


さあ皆様こんにちは、0109日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0109日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、TopixTopix先物、ドル建日経平均、日経平均先物、及び日経平均は続伸した。新興株09日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション18年1月物では某情報ベンダーによると前場では日本の連休中 米国市場が上昇しS&P500やナスダックも昨日上昇しダウ平均では昨日までに200㌦以上上昇し強い雇用統計・SOX指数を受け米国景気は堅調との見方が広がり、ドル建て日経平均で900211.67㌦で寄付後高値9:00211.69㌦を付け北東亜細亜における地政学的リスク継続や非農業部門雇用者数増加が予想を下回る報道を受け巨大機関投資家の中でバリュー買を行い持高調整も入りグロース銘柄に「カバードコール戦略」を行うものもいることから0934に最安値211.01㌦を付け一息つき、一部報道を材料に海外巨大機関投資家マネーの流入観測が強まったことを受けグロース銘柄でもある不動産株に資金が集中したことから「リバーサル戦略」が行われ11:28には前場高値211.84㌦を付け1130に前日比191㌣高の211.75㌦を付け、前場引では前日比191㌣高の211.75㌦で引け、3本移動平均線が12本移動平均線とゴールデンクロスを確認し、後場1230には211.50㌦で開始し日本銀行が長期国債買い入れオペの減額を発表し、為替が急速にドル安・円高方向に振れたことが響いて「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家も出たことで1254に最高値212.01㌦を付けこの流動性相場において日銀が金融引き締め検討にはいい時期でもありチャート上で三尊天井形成を確認後「コンバージョン戦略」が起こり1458に後場安値211.55㌦を付け、15:00には前日比182㌣高の211.66㌦を付け、オプション18年1月物では、大引けにかけてプットが下落しコールは買いが目立ったものの、権利行使価格2万4000円以上では売りが優勢であった為、15:15では前日比187㌣高の211.71㌦を付け株式相場強含みに繋がった。ドル建て日経平均は昨年11月9日高値からの調整局面で上値が一定で下値を切り上げる上昇三角形を形成していたが、上値抵抗線となっていた200㌦を突破した。上昇三角形は9割方上に抜けるという過去の傾向通りになったとし、今後は「簡単には下がらない」と見る巨大機関投資家が出てきている。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲29.04%119.33%となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 東証マザーズ指数先物3月物は4日続伸した。清算値は29ポイント(2.32%)高の1279で、売買高は1702枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0105


さあ皆様こんにちは、0105日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0105日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、TopixTopix先物、ドル建日経平均、日経平均先物、及び日経平均は続伸した。新興株05日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション18年1月物では某情報ベンダーによると前場ではドル建て日経平均で2018年は好調な滑り出しで正月休みに発表された米中景況感指数の良好さから世界景気が安定し金利も急上昇せず株式相場には好循環のため900209.61㌦で寄付後9:14に前場高値209.82㌦を付け緊急地震速報を受け巨大機関投資家の中でバリュー買を行い三連休前控え持高調整も入りグロース銘柄に「カバードコール戦略」を行うものもいることから1103に最安値208.55㌦を付け一息つき、11:30には前日比4㌣安の208.77㌦を付け前場引では前日比4㌣安の208.77㌦で引け、前日にドル建て日経平均が200㌦節目を一気に突破したことで、「貯まっていたコールオプションの売り玉が全てひっくり返され、踏み上げ相場になっている」と指摘され3本移動平均線が12本移動平均線とゴールデンクロスを確認し次期節目の209㌦を抜切ったため、後場1230には209.21㌦で開始し来週SQ週も控えその後世界的規模の多角的経営企業に米国税制改革が有利な政策ゆえインデックスファンドのリバランス売買や23月期インバウンド関連での期待感に加えPER15.5倍やEPS1520円と日本株の割安感から巨大機関投資家の中で大型グロース及びバリュー銘柄に大幅買戻に当る「リバーサル戦略」を実行する者も見られたため1412に最高値210.11㌦を記録後、「コンバージョン戦略」が入り揉合後、14:57に後場安値209.71㌦を付け15:00には前日比107㌣高の209.88㌦を付け、オプション18年1月物では、大引けにかけてコールは買われ、プットは売られ、15:15では前日比103㌣高の209.84㌦を付け株式相場の大幅反発に繋がった。ドル建て日経平均は昨年11月9日高値からの調整局面で上値が一定で下値を切り上げる上昇三角形を形成していたが、上値抵抗線となっていた200㌦を前日に突破した。上昇三角形は9割方上に抜けるという過去の傾向通りになったとし、今後は「簡単には下がらない」と見る巨大機関投資家が出てきている。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅156㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲27.79%、騰落レシオで122.48%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は7ポイント(0.56%)高の1250と3日続伸した。売買高は1101枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0104


さあ皆様こんにちは、01月04日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。改めて新年おめでとうございます。01月04日大発会の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、Topixは、続伸したが、Topix先物、ドル建日経平均、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株04日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション18年1月物では某情報ベンダーによると前場ではアラムコの子会社上場により原油引上げとなり公共投資を抑える強い中国によって商品が上昇するという流れを受け日本でも欧米株価堅調を受け、9:00に204.84㌦と高く寄付き、9:00に寄付高値204.91㌦を付け節目205㌦を目前にし地政学的リスクも限定的であることから、「カバードコール戦略」の巻戻しに迫られた巨大機関投資家がいるため、商品上昇や私募投信の形で「リバーサル戦略」が入り、10:56に207.03㌦を記録後、「コンバージョン戦略」が入り11:13に前場安値を206.73㌦をつけ2018年企業価値増大や米税制改革が日本企業に及ぼす長所からグロース値嵩銘柄中心に先物を通して投資信託を買入、11:30には前日比5㌦7㌣高の207.06㌦を付け前場引では前日比5㌦5㌣高の207.04㌦で引け3本移動平均線が12本移動平均線とゴールデンクロスを確認し節目の200㌦を抜切ったため、後場12:30には207.17㌦で開始し更に米ISMの発表値が予想を上回り中国非製造業PMIが上昇したのを受け年末NT倍率低下で一揆に逆流し陽線をつけ北東亜細亜圏による地政学的リスクが年末無かったために海外勢の先物大幅買戻即ち大幅な「リバーサル戦略」の実行から「ドル建て日経平均が大きな節目200㌦を一気に窓を開けて上抜けた。チャート上では逆三尊底を形成し今までたまっていた買いのエネルギーが爆発した大発会になった。」と指摘するものもいることから裁定買を誘う先物買が仕掛けられ15:00には前日比6㌦67㌣高の208.66㌦を付け、オプション18年1月物では、大引けにかけてプットは総じて下落しコールが軒並み上昇し、15:15では前日比6㌦82㌣高の208.81㌦を付け株式相場の大幅反発に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅3㌦97㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲25.50%、騰落レシオで116.97%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 東証マザーズ指数先物3月物は続伸した。清算値は前営業日比11ポイント(0.89%)高の1243だった。1562枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1226


さあ皆様こんにちは、1226日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1226日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、Topix先物、Topix、ドル建日経平均、日経平均先物、及び日経平均は反落した。新興株26日の日経ジャスダック平均は反発したが、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション18年1月物では某情報ベンダーによると前場では米株式・債券市場と、ブラジル、英独仏などの株式市場が休場の中900202.33㌦で寄付き、914に寄付高値202.59㌦を付け地政学的リスクで上げも限定的で、日本企業不祥事問題やナイトセッションを含めた小口利益確定や、ビットコイン急落事件等を引き金にこれらを嫌気した売りが先行し巨大機関投資家の中で「カバードコール戦略」を採用し母国市場で確認するアルゴニズムが働き日経VI先物も上昇し裁定解消を誘う先物売が行われた為、1013に最安値202.12㌦を記録し、ドイツ国債発行即ち欧米金利上昇となりリーマン時に発行してきた10年物国債を返済する金利正常化の過程を経た事により債券の借換えが発生し金利上昇と繋がる事や北米で稼いでいる日本企業は多く、大和総研の試算では米国税制改革法案で4千億円の純利益押上効果があり日銀ETF買期待で維持との日本成長神話分析から巨大機関投資家の中で「リバーサル戦略」を採用し、11:30には前日比04㌣安の202.45㌦を付け前場引では前日比04㌣安の202.45㌦で引け3本移動平均線が12本移動平均線とゴールデンクロスを確認し節目の205㌦を抜けきれず、更に個人投資家の節税対策売買や日銀ETF買期待剥落分下げて巨大機関投資家の中で「カバードコール戦略」を採用したことで1406201.93㌦を付け受渡しベースでの利益確定後持高調整で国内巨大機関投資家が裁定買を誘う先物買戻を行い1420に後場高値202.15㌦を付け後、「コンバージョン戦略」が入り1445に後場安値201.94㌦を付け後、巨大機関投資家の中では米国の減税は「日本企業への直接的な恩恵だけでなく、米金利の上昇や為替のドル高・円安などの効果が今後じわじわ効いてくる」と指摘するものもいることから裁定買を誘う先物買が仕掛けられ15:00には前日比41㌣安の202.08㌦を付け、オプション18年1月物では、大引けにかけてコールが売られ、プットは上昇し、15:15では前日比41㌣安の202.08㌦を付け株式相場の下落に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅66㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲18.64%、騰落レシオで114.81%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物18年3月物は横ばいだった。清算値は前日と同じ1196だった。998枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1225


さあ皆様こんにちは、12月25日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、Topix先物、Topix、ドル建日経平均、日経平均先物、及び日経平均は続伸した。新興株25日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション18年1月物では某情報ベンダーによると前場では米国大統領調印後米国三指数さえない中、欧米市場が今夜休場でクリスマス時に空いている市場に資金が集まり、年末上げ仕掛が入る時期でもあるため「ドル安が円安より強い仕掛」を解消する動きが出た。ドル建て日経平均では202.18㌦と寄付後、9:00の寄付後高値202.21㌦を記録後、日本企業不祥事問題やナイトセッションを含めた小口利益確定や、ビットコイン急落事件等を引き金にこれらを嫌気した売りが先行し巨大機関投資家の中で「カバードコール戦略」を採用し母国市場で確認するアルゴニズムが働き日経VI先物も上昇し裁定解消を誘う先物売が行われた為、9:18に最安値20183㌦を記録し、ドイツ国債発行即ち欧米金利上昇となりリーマン時に発行してきた10年物国債を返済する金利正常化の過程を経た事により債券の借換えが発生し金利上昇と繋がる事や北米で稼いでいる日本企業は多く、大和総研の試算では米国税制改革法案で4千億円の純利益押上効果があるとの日本成長神話分析から巨大機関投資家の中で「リバーサル戦略」を採用し10:06に前場高値202.10どるをつけ日銀ETF買期待からグロース銘柄に裁定解消を誘う先物売即ち「コンバージョン戦略」が入り10:40に前場安値201.88㌦を記録後、家計調査に代表される経済統計が良好で商品市況が高いことから商社株に代表される一部大型グロース銘柄に加え、米国長期金利上昇を受け若干ドル高になり「リバーサル戦略」を打つ巨大機関投資家が現れたため下値限定で切返し、11:30には前日比06㌣安の202.02㌦を付け前場引では前日比07㌣安の202.01㌦で引け3本移動平均線が12本移動平均線とゴールデンクロスを確認し節目の205㌦を抜けきれず、更に個人投資家の節税対策売買や日銀ETF買期待に加え大統領署名後の金利上昇期待からランチタイム時に受渡しベースでの利益確定後持高調整で国内巨大機関投資家が裁定買を誘う先物買戻を行い12:30後場では202.34㌦を付け後、巨大機関投資家の中では米国の減税は「日本企業への直接的な恩恵だけでなく、米金利の上昇や為替のドル高・円安などの効果が今後じわじわ効いてくる」と指摘するものもいることから裁定買を誘う先物買が商品市況の上昇を受けた資源セクターである大型グロース銘柄等に仕掛けられ13:46に後場高値20259㌦を記録し決算が悪化したセクターや悪材料の発表報道に対する対応が何もなかったことで揉み合い後「リバーサル戦略」が巨大機関投資家の中で行われ15:00には前日比41㌣高の202.49㌦を付け、オプション18年1月物では、大引けにかけてプットは売られコールは横這となり、15:15では前日比41㌣高の202.49㌦を付け株式相場は前週末終値近くでの推移に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅76㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲19.73%、騰落レシオで119.68%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物18年3月物は反落した。清算値は11ポイント(0.91%)安の1196だった。1221枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1222


さあ皆様こんにちは、12月22日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、Topix先物及びTopixは続伸し、ドル建日経平均、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株22日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション18年1月物では某情報ベンダーによると前場ではドル建て日経平均では201.66㌦と寄付後、9:02に寄付後高値202.01㌦を記録後日本企業不祥事問題や韓国でサイバーテロやカタルーニャ選挙によるスペイン危機でユーロ売りドル買になり、米税制改革の輸出企業向け税制優遇がEUとの貿易摩擦の火種となり7-9月GDP確報値がやや下方修正による上値が限定的になることよりナイトセッションで売却等に加えビットコイン急落事件等を引き金にこれらを嫌気した売りが先行し巨大機関投資家の中で「カバードコール戦略」を採用し母国市場で確認するアルゴニズムが働き日経VI先物も上昇し裁定解消を誘う先物売が行われた為、9:24に最安値201.21㌦を記録し、ドイツ国債発行即ち欧米金利上昇となりリーマン時に発行してきた10年物国債を返済する金利正常化の過程を経た事により債券の借換えが発生し金利上昇と繋がる事や北米で稼いでいる日本企業は多く、大和総研の試算では米国税制改革法案で4千億円の純利益押上効果があるとの日本成長神話分析から巨大機関投資家の中で「リバーサル戦略」を採用し10:20に前場高値201.97㌦を付け日銀政策変更無報道のためグロース銘柄に裁定解消を誘う先物売即ち「コンバージョン戦略」が入り11:20に前場安値201.66㌦を記録後、家計調査に代表される経済統計が良好で商品市況が高いことから商社株に代表される一部大型グロース銘柄に加え、米国長期金利上昇を受け若干ドル高になり「リバーサル戦略」を打つ巨大機関投資家が現れたため下値限定で切返し、11:30には前日比11㌣高の201.76㌦を付け前場引では前日比11㌣高の201.76㌦で引け3本移動平均線が12本移動平均線とゴールデンクロスを確認し節目の205㌦を抜けきれず、12:30後場では201.75㌦を付け後、亜細亜株高を受け巨大機関投資家の中では米国の減税は「日本企業への直接的な恩恵だけでなく、米金利の上昇や為替のドル高・円安などの効果が今後じわじわ効いてくる」と指摘するものもいることから裁定買を誘う先物買が商品市況の上昇を受けた資源セクターである大型グロース銘柄等に仕掛けられ13:36に後場高値202.17㌦を記録し決算が悪化したセクターや悪材料の発表報道に対する対応が何もなかったことで失望感が広がり「カバードコール戦略」が巨大機関投資家の中で行われ14:39に後場安値201.39㌦を形勢し15:00には前日比47㌣高の202.12㌦を付け、オプション18年1月物では、大引けにかけてプットは売られコールは高安まちまちとなり、15:15では前日比43㌣高の202.08㌦を付け株式相場反発に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅96㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲19.64%、騰落レシオで120.86%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物18年3月物は反発した。清算値は8ポイント(0.67%)高の1207だった。1216枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1221


さあ皆様こんにちは、1221日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1221日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、Topix先物及びTopixは続伸し、ドル建日経平均は続落したが、日経平均先物、及び日経平均は反落した。新興株21日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション18年1月物では某情報ベンダーによると前場では米税制改革法案は成立見通となったが、超富裕層を除き増税の見通から前日の米国株は小幅安となり材料難で日銀イベントリスクよりこれらを嫌気した売りが先行しドル建て日経平均では201.80㌦と寄付後、900に寄付時高値201.88㌦をつけ自動車検査関連試験漏えい問題やリニアに関する企業不祥事等を引き金に投資家心理でマイナスになり、巨大機関投資家の中で「カバードコール戦略」を採用し母国市場で確認するアルゴニズムが働き日経VI先物も上昇し裁定解消を誘う先物売が行われた為、954に最安値200.72㌦を記録し、ドイツ国債発行即ち欧米金利上昇となりリーマン時に発行してきた10年物国債を返済する金利正常化の過程を経た事により債券の借換えが発生し金利上昇と繋がる事から巨大機関投資家の中で「リバーサル戦略」を採用し1057に前場高値201.49㌦を付け膠着の強い状況や日銀政策報道待ちのためバリュー銘柄に裁定解消を誘う先物売即ち「コンバージョン戦略」が入り1120に前場安値201.14㌦を記録後、米国長期金利上昇を受け若干ドル高を受け「リバーサル戦略」を打つ巨大機関投資家が現れたため下値限定で切返し、11:30には前日比141㌣安の201.20㌦を付け前場引では前日比138㌣安の201.23㌦で引け3本移動平均線が12本移動平均線とゴールデンクロスを確認し節目の205㌦を抜けきれず上値の重さを嫌気した売りが優勢となり、12:30後場では20152㌦を付け後、日銀会合期待や韓国・台湾半導体銘柄による裁定解消を誘う先物売に対し日本半導体銘柄による裁定買を誘う先物買が仕掛けられ1414に後場高値201.83㌦を記録し日本銀行のイベントリスクを通過後、「金融政策決定会合で、長短金利操作付き量的・質的金融緩和の枠組み維持を決定。」と報道され銀行収益やマイナス金利の副作用に対する対応が何もなかったことで失望感が広がり「カバードコール戦略」が巨大機関投資家の中で行われ「コンバージョン戦略」が引かれ1450に後場安値を形勢し15:00には前日比58㌣安の201.65㌦を付け、オプション18年1月物では、大引けにかけてプットとコールがともに下落となり、15:15では前日比58㌣安の201.65㌦を付け株式相場下落に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦16㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲19.55%、騰落レシオで124.93%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物18年3月物は清算値が前日比3ポイント(0.25%)安の1199だった。売買高は429枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1220


さあ皆様こんにちは、12月20日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は反落したが、Topix先物及びTopix、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株20日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション18年1月物では某情報ベンダーによると前場では前日の米国株安を嫌気した売りが先行しドル建て日経平均では202.09㌦と安く開始され、9:10に寄付時高値202.16㌦をつけリニアや自動車検査関連試験漏えい問題やリニアに関する企業不祥事を引き金に投資家心理でマイナスになり、巨大機関投資家の中で「カバードコール戦略」を採用し母国市場で確認するアルゴニズムが働き日経VI先物も上昇し裁定解消を誘う先物売が行われた為、9:21に最安値201.86㌦をを記録しドイツ国債発行即ち欧米金利上昇から巨大機関投資家の中で「リバーサル戦略」を採用し9:43に最高202.89㌦を付け膠着の強い状況から税制改革法案の行方や米国でのエレクトロニクス株売でグロース銘柄に裁定解消を誘う先物売即ち「コンバージョン戦略」が入り11:13に後場安値202.31㌦を記録後米国長期金利上昇を受けドル高を受け「リバーサル戦略」を打つ巨大機関投資家が現れたため下値限定で切返し、11:30には前日比76㌣安の202.43㌦を付け前場引では前日比77㌣安の202.42㌦で引け3本移動平均線が12本移動平均線とゴールデンクロスを確認し節目の205㌦を抜けきれず上値の重さを嫌気した売りが優勢となり、12:30後場では202.47㌦を付け後、日銀会合期待で巨大機関投資家の中で「コンバージョン戦略」を採用し13:26に後場安値202.44㌦を付け後、フェデラルレートが上昇しバランスシートの縮小で金利上昇を迎え債券供給増になる。更に欧州即ちドイツ金利上昇となりリーマン時に発行してきた10年物国債を返済する金利正常化の過程を経た事により債券の借換えが発生し金利上昇と繋がり金融が含まれるバリュー銘柄に裁定買を誘う先物買が行われた事より「リバーサル戦略」が行われ14:46に最高値202.89㌦を付け「コンバージョン戦略」を含む持高調整が入り、15:00には前日比52㌣安の202.67㌦を付け、オプション18年1月物では、大引けにかけてプット(売り権利)がおおむね下落し、コール(買う権利)は上昇が目立事となり、15:15では前日比58㌣安の202.61㌦を付け株式相場上昇に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦01㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲2035%、騰落レシオで113.80%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物18年3月物の清算値は前日比7ポイント高の1202だった。売買高は1201枚となった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1219


さあ皆様こんにちは、1219日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1219日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、Topix先物及びTopix、日経平均先物、及び日経平均は反落した。新興株19日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション18年1月物では某情報ベンダーによると前場では米税制改革法案が成立する公算が大きくなったことを受け、前日の米ダウは最高値を更新になり、ドル高の動きが好感されドル建て日経平均では900寄付204.12㌦迄買先行で寄付き高となり、リニア新幹線工事の不正で大手ゼネコン4社の談合観測が広がりこれが引金となり投資家心理でマイナスになり、巨大機関投資家の中で「カバードコール戦略」を採用し母国市場で確認するアルゴニズムが働き日経VI先物も上昇し裁定解消を誘う先物売が大幅に行われた為、1119に前場安値203.19㌦を付け「リバーサル戦略」が行われ、11:30には前日比9㌣高の高の203.42㌦を付け前場引では前日比14㌣高の203.47㌦で引け3本移動平均線が12本移動平均線とゴールデンクロスを確認し節目の205㌦を抜けきれず上値の重さを嫌気した売りが優勢となり、12:30後場では203.55㌦を付け後、日銀会合期待で巨大機関投資家の中で「リバーサル戦略」を採用することから1246に後場高値203.55㌦を付け税制改革法案が通過するまでの様子見が入り裁定解消を誘う先物売り即ち「カバードコール戦略」が行われ1429に最安値203.04㌦を付け、史上最高値からバブル後安値までの下げの半値戻し水準である250㌦付近では売りが出やすく、三菱マテリアルの子会社不正事件の報道も後場あり年末特有の個人による損益通算の売りも出ており、上値を抑えてはいるが減税期待もあることから「リバーサル戦略」が入り、年末特有のアノマリーによる様子見から「コンバージョン戦略」を行う巨大機関投資家も見られ、15:00には前日比21㌣安の203.12㌦を付け、オプション18年1月物では、大引けにかけてコールが売られ、プットは高安まちまちとなり、15:15では前日比14㌣安の203.19㌦を付け株式相場下落に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦08㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲20.43%、騰落レシオで109.22%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物18年3月物は3営業日ぶりに反発した。清算値は13ポイント(1.1%)高の1195だった。720枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1218


さあ皆様こんにちは、12月18日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、Topix先物及びTopix、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株18日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション18年1月物では某情報ベンダーによると前場では税制改革法案可決成立で年内纏めを受け前日米国株高になり、ドル高の動きが好感され買先行で9:00に202.00㌦で寄付、9:10に最安値201.66㌦を記録後、巨大機関投資家の中で「リバーサル戦略」を実行した事から9:47に前場高値202.51㌦を付け、リニア中央新幹線工事関連の入札にからむ独占禁止法違反の疑い等の入札不祥事を受け嫌気され「為替・日経VI・株式先物」で操作するアルゴニズムが働きだし日経Viが上昇し裁定解消を誘う先物売が巨大機関投資家の中で実行され10:15に前場安値201.94㌦を付け後、自動車の電動化報道を受け巨大機関投資家の中で「リバーサル戦略」を行うものもいることから11:12に前場高値202.70㌦を付け「コンバージョン戦略」が入ることで、11:30には前日比1㌦55㌣高の202.59㌦を付け前場引では前日比1㌦55㌣高の202.58㌦で引け3本移動平均線が12本移動平均線とゴールデンクロスを確認し12:30後場では202.65㌦を付け後、米国税制改革法案で即時償却も含め可決成立との報道から「リバーサル戦略」が入り13:40に後場高値203.22㌦を付け、税制改革法案可決成立後米景気加速で長期金利上昇によるドル高に加え、スマートフォンの高性能化や任天堂などにも多く半導体が採用されSOX指数が上昇し、中国景気減速懸念をはねのける数値が報道され同価格が上昇した事等を受けさらに巨大機関投資家の中で「グロース・シクリカル銘柄」に「リバーサル戦略」を行うものも出たため14:43に最高値203.52㌦が記録され、15:00には前日比2㌦24㌣高の203.28㌦を付け、オプション18年1月物では、大引けにかけてコールが概ね上昇し、プットは総じて下落し、15:15では前日比2㌦29㌣高の203.33㌦を付け日経平均とTopixの現物と先物及びドル建て日経平均が大幅反発に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦86㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲21.32%、騰落レシオで108.26%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物18年3月物は続落した。清算値は前週末比4ポイント(0.3%)安の1182だった。918枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1215


さあ皆様こんにちは、1215日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1215日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は反落し、Topix先物及びTopix、日経平均先物、及び日経平均は続落した。新興株15日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション18年1月物では某情報ベンダーによると前場では前日の株安や、ドル安の動きが嫌気され中国の引締め政策で株価が下がり、競争激化による通信株下落等を受け、ドル建て日経平均では22㌣安201.29㌦で寄付後901に前場高値201.50㌦を記録し、上記で指摘した問題から大型バリュー銘柄に裁定解消売りを誘う先物による「コンバージョン戦略」を打つ巨大機関投資家もいることで1026に最安値200.25㌦を付けグロース銘柄に「リバーサル戦略」が入り、11:30には前日比96㌣安の200.55㌦を付け前場引では前日比96㌣安の200.55㌦で引け12本移動平均線を一時割り込み3本移動平均線とゴールデンクロスを確認し、12:30後場では200.60㌦を付け後1239に後場寄付安値200.67㌦を形成し、半導体が強いことから半導体等グロース銘柄に裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り持ち直し1401に最高値202.44㌦を付け後、日銀買期待は有るがドル安について中国元小幅高や米国税制改革の不透明感等が引金となりバリュー・シクリカル銘柄に「カバードコール戦略」や手仕舞い売りも敷かれ1456に後場安値200.75㌦を付け、15:00には前日比60㌣安の200.91㌦を付け、オプション18年1月物では、大引けにかけてコールが売られ、プットは買われ、15:15では前日比47㌣安の201.04㌦を付け日経平均とTopixの現物と先物及びドル建て日経平均が下落に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅219㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲16.80%、騰落レシオで102.43%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物18年3月物は7営業日ぶりに反落した。清算値は10ポイント(0.84%)安の1186だった。877枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1214


さあ皆様こんにちは、1214日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1214日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は反発したが、Topix先物及びTopix、日経平均先物、及び日経平均は続落した。新興株14日の日経ジャスダック平均は反発したが、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション18年1月物では某情報ベンダーによると前場ではFOMCで低インフレについて継続注視で据え置きから米国長期金利低下に繋がりドル安円高になった。ドル建て日経平均では48㌣高201.32㌦で寄付後900に前場安値201.32㌦を記録し、FOMC利上を受け「リバーサル戦略」が入ったがFOMCで低インフレについて継続注視で据え置きから944に最高値202.13㌦を付け「コンバージョン戦略」を打つ巨大機関投資家もいることで1000に前場引直前安値201.57㌦を付け揉み合い、11:30には前日比88㌣高の201.72㌦を付け前場引では前日比88㌣高の201.72㌦で引け、12:30後場では201.88㌦を付け後1236に後場寄付高値202.10㌦を形成し、米国の長期金利低下を嫌気し11月の米コア消費者物価指数(CPI)の伸びが鈍化し東証一部銘柄に不祥事等が発覚しさらに東証一部上場企業で新規携帯参入組が現れ競争激化懸念が発生したことで銀行、保険などの金融セクターが所属する「バリュー・シクリカル銘柄」に、先物を使用して行う裁定解消売や「カバードコール戦略」や「コンバージョン戦略」を行い、為替変動させる三位一体のアルゴニズムが発動され1420に最安値201.07㌦を形成し日経Viが下落させられ、米税制改革の進展が伝わったことは支援材料になり米国インフラ投資報道を受け日本側でもトヨタやパナソニックに代表されるように期待され「リバーサル戦略」が入り1457に後場高値201.59㌦を付け15:00には前日比74㌣高の201.58㌦を付け、オプション18年1月物では、大引けにかけてプットが冴えなく、一方、コールは軒並み下落し、15:15では前日比67㌣高の201.51㌦を付け日経平均とTopixの現物と先物が下落に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅16㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲19.03%、騰落レシオで104.38%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物18年3月物は6日続伸した。清算値は前日比9ポイント(0.76%)高の1196だった。677枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1213


さあ皆様こんにちは、12月13日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりTopix先物及びTopixは反落したが、ドル建日経平均、日経平均先物、及び日経平均は続落した。新興株13日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション18年1月物では某情報ベンダーによると前場ではドル建て日経平均では5㌣安201.52㌦で寄付後9:02に最高値201.54㌦を記録し、日経VIも上昇し米国のSOXが弱く、日本株は調整地合のため半導体等「グロース・ディフェンシブ銘柄に裁定解消売」が入り、10:40に前場安値200.98㌦を付け揉合、11:30には前日比55㌣安の201.02㌦を付け前場引では前日比55㌣安の201.02で引け、12:30後場では200.89㌦を付け後、「アラバマ州上院補選で民主党候補勝利」報道で日経VIが上昇し、先物を使用して行う裁定解消売や「カバードコール戦略」や「コンバージョン戦略」を行い、為替変動させる三位一体のアルゴニズムが発動され12:36に最安値200.60㌦を記録し日経Viが下落させられ、「リバーサル戦略」が入り13:30に後場高値201.08㌦を付け「高裁による伊方原発再稼働停止仮処分決定」という報道で電力行政見直しやエネルギー政策遣り直し等から来る経済先行き懸念から巨大機関投資家の中では「カバードコール戦略」を打つ者もいたため13:15や13:45に後場安値200.61㌦と200.65㌦とそれぞれ下落し酒田五法の逆三尊底を形成し200.8㌦が抵抗線となり二本の差込線も確認できたため先物で大幅「リバーサル戦略」が入り14:16の200.85ドルで入り15:00には前日比73㌣安の200.84㌦を付け、オプション18年1月物では、大引けにかけてプットが軒並み買われ、一方、コールは総じて下落し、15:15では前日比73㌣安の200.84を付け両建て日経平均が下落に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅94㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲20.18%、騰落レシオで101.83%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物18年3月物の清算値は3.0ポイント高の1181だった。665枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1212


さあ皆様こんにちは、1212日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1212日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりTopix先物及びTopixは上昇したが、ドル建日経平均、日経平均先物、及び日経平均は反落した。新興株12日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると前場では昨日米国でのテロ事件受けドル建て日経平均では9㌣安202.01㌦で寄付き利益確定が先行して入り9:10に前場安値201.82㌦を記録し前日の米国株高等良好な外部環境を支援材料に先物で「バリュー・シクリカル銘柄に裁定買」を含む「リバーサル戦略」が入り切返し米長期金利が若干上昇し9:43に最高値202.48㌦を記録し昨日高値を上回るもFOMCやアラバマ州補欠選挙等控え様子見姿勢となり「グロース・ディフェンシブ銘柄に裁定解消」が入り揉合持高調整を入れる巨大機関投資家がいることで、11:30には前日比8㌣高の202.80㌦を付け前場引では前日比12㌣高の202.22㌦で引け、12:30後場では202.14㌦を付け、世界同時景気拡大が漸く、緩やかながらインフレを押し上げるのに十分な力強さを得たことが背景にあり金融市場が金融政策に十分に対応できている現在の軌道のままで進みただ、恐らく来年の後半や19年には金融政策が物事をややこしくする要因の一つになり大幅金利上昇に繋がる恐れがあり日銀によるデフレ脱却に向け債務負担が最大化する懸念からの一部政策転換懸念から「グロース・ディフェンシブ銘柄に裁定解消」や「カバードコール戦略」を巨大機関投資家の中で執行する者もおり一時マイナス圏に陥り14:03に最安値201.25㌦を記録後、裁定買を誘う先物買による買戻が入り15:00には前日比55㌣安の201.55㌦を付け、オプション18年1月物では、大引けにかけて「日経平均が2万3000円の節目を上回れず、今後も狭い範囲での相場推移が続くとみる投資家が増え、オプションに売りが出た」(あおぞら銀行の新村昌寛市場商品部次長)との声も聞かれコールとプットがともに総じて下落し、15:15では前日比53㌣安の201.57㌦を付け両建て日経平均が下落に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦23㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲22.00%、騰落レシオで106.40%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物18年3月物の清算値は3.0ポイント高の1181だった。665枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1211


さあ皆様こんにちは、12月11日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりTopix先物及びTopix、ドル建日経平均、日経平均先物、及び日経平均は続伸した。新興株11日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると前場では堅調な雇用統計受けてドル高円安になり米国株式上昇し米長期金利の上昇を受け銀行等金融株で形成するバリュー銘柄、アナリストが個別銘柄に対し強気の見方を示した石油やガラス株にも「リバーサル戦略」が入りドル建て日経平均では9:00で201.60㌦と寄付後201.69㌦と寄付高になり、東証1部銘柄で不祥事問題もあり米国税制改革では上院で株式損益通算により先入先出法を加えることで後で購入した割高株を返済し利がある安く以前購入した株式を残しながら売る節税対策が打てなくなってから、徐々に利益確定売に加え先物を通して「コンバージョン戦略」を打ち日経Viや為替変動させる三位一体のアルゴニズムが発動されマイナスに一時甘んじ10:56に最安値200.59㌦を記録し企業業績の堅調さ等から「リバーサル戦略」が入り、11:30には前日比29㌣安の200.90㌦を付け前場大引では前日比36㌣安の200.83㌦で引け、12:30後場では201.10㌦を付けFOMC前で買い控えたいいのに対しグローバル景気の先行きに楽観的な見方が広がり、アジア株や為替のドル堅調も投資家心理にプラスに働いた事等を受け日銀のETF買いへの思惑などを支えに裁定買を誘う{リバーサル戦略}が値嵩銘柄中心で「グロース買バリュー戻売」で行われ電機や金融株に資金が入り15:00には前日比82㌣高の最高値202.01㌦を付け、オプション12月物では、大引けにかけてコールが強含み、一方、プットは軒並み売られ、15:15では前日比91㌣高の202.10㌦を付け両建て日経平均が上昇に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦51㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲22.02%、騰落レシオで105.32%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 東証マザーズ指数先物18年3月物は清算値が前週末比9ポイント(0.77%)高の1178だった。売買高は535枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

128


さあ皆様こんにちは、128日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。128日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりTopix先物及びTopix、ドル建日経平均、日経平均先物、及び日経平均は続伸した。新興株8日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると前場ではドル建て日経平均で199.92㌦で寄付後、寄付後最安値を900199.90㌦と記録しメジャーSQ向けの先物による仕掛売後のロールオーバー後買戻し、米国大統領によるインフラ投資報道、GDP改定値上方修正で裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が巨大機関投資家の中で行う事から「グロース売却後バリュー買」になり931に前場高値200.88㌦を形成し税制法案の行方や経団連所属企業子会社不正等から為替がドル安・日経VI上昇で株先物売から三位一体のアルゴニズムが起き、「カバードコール戦略」が惹かれ、1015に前場安値200.36㌦を付け企業業績の堅調さ等から「リバーサル戦略」が入り1125に前場高値200.94㌦を付け、1130には前日比96㌣高の200.90㌦を付け前場大引では前日比98㌣高の200.92㌦で引け、12:30後場では200.82㌦を付け米国雇用統計控え様子見や米国税制改革行方懸念、米国のクアドプルウィッチング、メジャーSQ、中東・北東亜細亜地域での地政学的危機等による先物による仕掛売りに加え、経団連の子会社不祥事等における「日本を代表する企業が会計不祥事等を起こした場合、為替と寄与度高(景気敏感株)又はグロース銘柄をセットで売却し日経平均VIが上昇しEPSが下落または横這いになる」状況等報道によりボラティリティが上昇するのを嫌い「コンバージョン戦略」を打つ巨大機関投資家もいるので1325に後場安値200.67㌦を付け、企業業績好調に加え日銀ETF買による緩和縮小に対する経済効果に加えビットコインマイニング効果、米国半導体関連上方修正情報、「賃上げと設備投資後後押しする新経済対策」を政府が閣議決定報道や暫定予算と債務上限問題による政府機関閉鎖回避や中国輸入増等を期待して「リバーサル戦略」が値嵩銘柄中心で「グロース買バリュー売り」で行われ電機や半導体銘柄に資金が入り1447に最高値201.15㌦を付け「リバーサル「戦略」が入り15:00には前日比126㌣高の201.20㌦を付け、オプション12月物では、大引けにかけてコールが軒並み上昇し、プットは総じて下落し、15:15では前日比125㌣高の201.19㌦を付け両建て日経平均が上昇に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦30㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲22.02%、騰落レシオで101.48%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 東証マザーズ指数先物18年3月物は続伸した。清算値は10ポイント(0.86%)高の1169だった。791枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

127


さあ皆様こんにちは、127日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。127日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりTopix先物及びTopix、ドル建日経平均、日経平均先物、及び日経平均は反発した。新興株7日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによるとメジャーSQや米国のクアドプルウィッチング向けの先物による仕掛売り、米国大統領によるイスラエル首都をエルサレムで署名というイスラム諸国反発による中東危機問題や世界的ハイテク株安即ちグロース売がポートフォリオのリバランスを通して発生し重しとなり割高グロース売却後割安内需・バリュー買が発生し昨日は下落した一方で本日はメジャーSQ算出に向けた先物のロールオーバーが発生し需給懸念が後退し、巨大機関投資家の中では「来年の半導体市場は需要の伸び率が鈍化する。成長セクターにとってグロースに疑問符が付きやすく、上値が重くなるのは仕方がなく、利益は増加する。株価が下がれば割安感が出て、下値を拾う動きになりやすくフィラデルフィア半導体株指数(SOX)は0.3%高と堅調。」と捉え、ドル建て日経平均では900198.72㌦で寄付後、裁定買を誘う先物買即ちインデックス買である「リバーサル戦略」が内需ディフェンシブ等裁定買を誘う先物を通して「バリュー買グロース売」に入り954199.86㌦と寄高になり世界的ハイテク株安の流れから日経Vi上昇し巨大機関投資家の中では「コンバージョン戦略」を先物で行う事で1026に前場安値199.34㌦を記録し、「為替・日経Vi・株式先物の三位一体のアルゴニズム」が発動され買戻し10:45に後場高値199.78㌦を付け、1130には前日比188㌣高の199.71㌦を付け前場大引では前日比190㌣高の199.73㌦で引け、12:30後場では199.56㌦を付け「リバーサル戦略」が入り、メジャーSQ、中東・北東亜細亜地域での地政学的危機等による先物による仕掛売りロールオーバーの動きに加え、経団連の子会社不祥事等における「日本を代表する企業が会計不祥事等を起こした場合、為替と寄与度高(景気敏感株)又はグロース銘柄をセットで売却し日経平均VIが上昇しEPSが下落または横這いになる」状況等報道によりボラティリティが上昇するのを嫌い「カバードコール戦略」を打つ巨大機関投資家もいるので1336に後場安値19*.50㌦を付け、企業業績好調に加え日銀ETF買による緩和縮小に対する経済効果を期待して「リバーサル戦略」が外需中心で「グロース買バリュー売り」で行われ電機や半導体銘柄に資金が入り1458に最高値200.16㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り15:00には前日比213㌣高の199.96㌦を付け、オプション12月物では、大引けにかけてコールが上げ、プットは下げ、15:15では前日比211㌣高の199.94㌦を付け両建て日経平均が上昇に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦44㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲18.00%、騰落レシオで100.17%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 東証マザーズ指数先物12月物は4営業日ぶりに反発した。清算値は22ポイント(1.9%)高の1159だった。1246枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

126


さあ皆様こんにちは、12月6日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月6日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりTopix先物及びTopixは反落したが、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均は続落した。新興株6日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると明日のメジャーSQや米国のクアドプルウィッチング向けの先物による仕掛売り、米国大統領によるイスラエル首都をエルサレムで署名というイスラム諸国反発による中東危機問題や世界的ハイテク株安即ちグロース売がポートフォリオのリバランスを通して発生し重しとなり割高グロース売却後割安内需・バリュー買が発生しドル建て日経平均では9:00に200.29㌦で寄付後、裁定買を誘う先物買即ちインデックス買である「リバーサル戦略」が入り9:15に200.34㌦と寄高になり世界的ハイテク株安の流れから日経Vi上昇し巨大機関投資家の中では「カバードコール戦略」を先物で行う事で11:18に前場安値199.35㌦を記録し、「為替・日経Vi・株式先物の三位一体のアルゴニズム」が発動され下落し、英国でソフトブレグジットに向けメイ首相暗殺計画が未推移で終了を受けユーロ安ドル高と報道され「リバーサル戦略」が入り11:30には前日比1㌦42㌣安の199.50㌦を付け前場大引では前日比1㌦42㌣安の199.50㌦で引け、12:30後場では198.60㌦を付け、メジャーSQ、中東・北東亜細亜地域での地政学的危機等による先物による仕掛売りロールオーバーの動きに加え、経団連の子会社不祥事等における「日本を代表する企業が会計不祥事等を起こした場合、為替と寄与度高(景気敏感株)又はグロース銘柄をセットで売却し日経平均VIが上昇しEPSが下落または横這いになる」状況等報道によりボラティリティが上昇するのを嫌い「カバードコール戦略」を打つ巨大機関投資家もいるので14:05に最安値197.29㌦を付け、企業業績好調に加え日銀ETF買による緩和縮小に対する経済効果を期待して「リバーサル戦略」が入り15:00には前日比3㌦4㌣安の197.88㌦を付け、オプション12月物では、引けにかけてコールが売られ一方、プットは全面高になり権利行使価格2万2000円や2万1750円、2万1500円の売買高が膨らみ、15:15では前日比3㌦9㌣安の197.83㌦を付け両建て日経平均が下落に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅3㌦1㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲13.84%、騰落レシオで95.22%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 東証マザーズ指数先物12月物は続落した。清算値は6ポイント安の1137だった。3341枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

125


さあ皆様こんにちは、125日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。125日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりTopix先物及びTopixは反発したが、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均は続落した。新興株5日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると世界的ハイテク株安即ちグロース売がポートフォリオのリバランスを通して発生し重しとなり割高グロース売却後割安内需・バリュー買が発生しドル建て日経平均では900200.86㌦で寄付後、裁定買を誘う先物買即ちインデックス買である「リバーサル戦略」が入り906201.01㌦と寄高になり世界的ハイテク株安の流れから日経Vi上昇し巨大機関投資家の中では「カバードコール戦略」を先物で行う事で950に前場安値200.28㌦を記録し、「為替・日経Vi・株式先物の三位一体のアルゴニズム」が発動され下落し、英国の欧州連合離脱交渉後EUルールをアイルランドに適用することを英国政府とアイルランド政府暫定合意に反発しユーロ安ドル高と報道され「リバーサル戦略」が入り1116に前場高値201.13㌦を付け1130には前日比22㌣安の201.08㌦を付け前場大引では前日比21㌣安の201.09㌦で引け、12:30後場では201.36㌦を付け、日銀ETF買による緩和縮小に対する経済効果やメジャーSQによるロールオーバーの動きで23,500円コール建玉が上昇していることから押目コール買に繋がりバリュー銘柄中心に「リバーサル戦略」を打つ巨大機関投資家がいることで1241に後場高値201.53㌦を付けた一方で、原油安や経団連の子会社不祥事等における「日本を代表する企業が会計不祥事等を起こした場合、為替と寄与度高(景気敏感株)又はグロース銘柄をセットで売却し日経平均VIが上昇しEPSが下落または横這いになる」状況に加え、「EU統合深化はEU全体の統合結束強化伴うべき」とする欧州委員発言報道よりボラティリティが上昇するのを嫌い「カバードコール戦略」を打つ巨大機関投資家もいるので15:00には前日比34㌣安の200.96㌦を付け、オプション12月物では、引けにかけてコールが総じて売られた。権利行使価格が2万2625円以上のプットはおおむね上昇し、15:15では前日比38㌣安の200.92㌦を付け両建て日経平均が下落に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅125㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲2042%、騰落レシオで101.54%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 東証マザーズ指数先物12月物は続落した。清算値は13ポイント(1.12%)安の1143だった。1618枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

124


さあ皆様こんにちは、12月4日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月4日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりTopix先物は続落したが、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均、及びTopixは反落した。新興株4日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると米国税制改正進展でドル高・円安・株高になり米上院税制改革案可決、時間外での米国先物高でVix指数も下落しドル建て日経平均では9:00に202.35㌦で寄付後、裁定買を誘う先物買即ちインデックス買である「リバーサル戦略」が入り9:06に202.68㌦と寄高になりロシアゲート疑惑再燃でトランプ大統領ツイーと自粛促され日経Vi上昇し巨大機関投資家の中では「カバードコール戦略」を先物で行う事で9:41に前場安値201.78㌦を記録し、「為替・日経Vi・株式先物の三位一体のアルゴニズム」が発動され下落し、法人減税恩恵に加え「米国防総省が新迎撃ミサイル配備に向け西海岸を調査」という報道を受け「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家もいることで9:51に最高値202.69㌦を付け、「米供給管理協会(ISM)が1日に発表した11月の製造業景況指数は前月の58.7から58.2へ低下、2カ月連続で前月比マイナス」、「北東亜細亜危機により在韓米軍の家族等を退避させるべき」との共和党グラム上院議員発言を受けて「カバードコール戦略」が入り10:33に前場安値201.82㌦を付け「リバーサル戦略」が入り11:30には前日比81㌣安の202.02㌦を付け前場大引では前日比同様に202.02㌦で引け、12:30後場では202.15㌦を付け、日銀による緩和縮小に対する経済効果やメジャーSQによるロールオーバーの動きで23,000円コール建玉が上昇していることから押目コール買に繋がりバリュー銘柄中心に「リバーサル戦略」を打つ巨大機関投資家がいることで12:45に後場高値202.35㌦を付けた一方で、原油安や経団連の子会社不祥事等における「日本を代表する企業が会計不祥事等を起こした場合、為替と寄与度高(景気敏感株)又はグロース銘柄をセットで売却し日経平均VIが上昇しEPSが下落または横這いになる」状況や「英国有権者の半数、ブレグジットで再投票実施を支持」や「新興国の債券、需要拡大で入手困難に一部ファンドは投資縮小売傾向」よりボラティリティが上昇するのを嫌い「カバードコール戦略」を打つ巨大機関投資家もいるので14:55に最安値201.17㌦を付け15:00には前日比1㌦53㌣安の201.30㌦を付け、オプション12月物では、引けにかけてコールが売られプットは高安まちまちになり、15:15では前日比1㌦53㌣安の201.30㌦を付け両建て日経平均が下落に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦52㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲22.02%、騰落レシオで106.11%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は反落した。清算値は13ポイント(1.11%)安の1156だった。693枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1201


さあ皆様こんにちは、1201日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1201日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は反発しTopix先物は反落したが、日経平均先物、日経平均、及びTopixは続伸した。新興株01日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによるとMSCI等イベント無く米株高受けてドル建て日経平均も900203.57㌦で寄高になり米税制改革通過期待で裁定買を誘う先物買即ちインデックス買である「リバーサル戦略」が入り916に最高値204.23㌦を記録後「税収減ると自動的に税率上昇するトリガー条項負担」の意見が聞かれ日経VI18p以上になり巨大機関投資家の中では「カバードコール戦略」を先物で行う事で1052に最安値201.72㌦を記録し、為替・日経Vi・株式先物の三位一体のアルゴニズムが解かれ、1130には前日比55㌣安の202.02㌦を付け前場大引では前日比同様に202.02㌦で引け、12:30後場では202.37㌦を付け、1253に「法人企業統計・79月設備投資は前期比増、2次QEでも上振」、「歳入トリガーに見直しの機運で米金融緩和期待から日本への恩恵再評価」や事前予想と実数値のギャップを示すシティグループ米経済サプライズ指数は約4年ぶりの高水準と米経済の実勢は極端な上振れ状態にあり、景気は底堅いと再認識する可能性が出てきたことやオペック総会での減産上昇維持による原油価格維持で週末SQ高期待等を受け巨大機関投資家の中で「リバーサル戦略」を行うものも出て、15:00には前日比19㌣高の202.76㌦を付け、オプション12月物では、引けにかけてコール(買う権利)は行使価格2万2625円以下は買われたが、同2万2750円以上は横這又は小幅安でプット(売る権利)は売られた為相場値動きが激動上昇になり、15:15では前日比26㌣高の202.83㌦を付け両建て日経平均が反発に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅251㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲24.07%、騰落レシオで110.28%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は続伸した。清算値は2ポイント高の1169だった。877枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1130


さあ皆様こんにちは、1130日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1130日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は反落したが、日経平均先物、Topix先物、日経平均、及びTopixは続伸した。新興株30日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると半導体の調整や北東亜細亜地政学的リスクに加え経団連の子会社不祥事等における「日本を代表する企業が会計不祥事等を起こした場合、為替と寄与度高(景気敏感株)銘柄をセットで売却」し日経平均VIが上昇しEPSが下落または横這いになる状況よりドル建て日経平均で900に前日比84㌣安の201.80㌦と寄付後901に寄付後最高値201.86㌦を形成後巨大機関投資家の中では「カバードコール戦略」を先物で行う事で0912に最安値200.97㌦を記録し、一方で税制改革法案が米国上院通過・審議入りし米国金融規制撤廃の流れから「金融や鉄等銘柄から構成するバリュー銘柄を先物で裁定解消売即ち売却後半導体や任天堂含む機械銘柄等から構成するグロース銘柄を先物で裁定買」が止まりパウエル次期FRB議長による金融緩和維持を受け「バリュー銘柄に先物買(裁定買)が入りグロース銘柄に先物売(裁定解消)」に資金変更が行われ「リバーサル戦略」を打つ巨大機関投資家もいることから1015に前場高値202.09㌦を付け継続した北東亜細亜地政学的危機から「コンバージョン戦略」を打つ巨大機関投資家も現れ1106に前場安値201.45㌦を付け日経Vi18pを下廻り円相場下落に安堵感が出て「リバーサル戦略」が打たれ日経Viが下落し為替・日経Vi・株式先物の三位一体のアルゴニズムが解かれ、1130には前日比18㌣安の201.56㌦を付け前場大引では前日比18㌣安の201.56㌦で引け、12:30後場では201.59㌦を付け、明日のオペック総会に向けて材料出尽くしによる日本売りの「コンバージョン戦略」によるアグレッシブ売りも手伝い長短金利差縮小問題も加わり世界で拡大し1236に後場安値201.50㌦を付け後日経Vi17p迄下落を記録し、日銀ETF買観測期待に加えMSCIリバランスによる入替報道を受け鉄鋼銘柄を含む裁定買(バリュー買)により1445に後場高値202.88㌦を記録し、15:00には前日比8㌣高の202.72㌦を付け、オプション12月物では引けにかけてコールがおおむね上昇し、プットは軒並み下落した為相場上昇になり、15:15では前日比7㌣安の202.57㌦を付け円建て日経平均が反発に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅191㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲23.26%、騰落レシオで106.52%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物の清算値は1ポイント(0.09%)高の1167だった。1127枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1129


さあ皆様こんにちは、11月29日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は続伸したが、日経平均先物、Topix先物、日経平均、及びTopixは反発した。新興株29日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると北朝鮮弾道ミサイル発射による北東亜細亜地政学的リスクに加え経団連の子会社不祥事等における「日本を代表する企業が会計不祥事等を起こした場合、為替と寄与度高(景気敏感株)銘柄をセットで売却」し日経平均VIが上昇しEPSが下落または横這いになる状況よりドル建て日経平均で9:00に202.59㌦と寄付後9:04に寄付後最高値202.92㌦を形成後巨大機関投資家の中では「カバードコール戦略」を先物で行う事で10:00に最安値202.04㌦を記録し、一方で税制改革法案が米国上院通過し米国金融規制撤廃の流れから「金融や鉄等銘柄から構成するバリュー銘柄を先物で裁定解消売即ち売却後半導体や任天堂含む機械銘柄等から構成するグロース銘柄を先物で裁定買」が止まりパウエル次期FRB議長による金融緩和維持を受け「バリュー銘柄に先物買(裁定買)が入りグロース銘柄に先物売(裁定解消)」に資金変更が行われ「リバーサル戦略」を打つ巨大機関投資家もいることから10:26に前場高値202.75㌦を付け継続した北東亜細亜地政学的危機から「コンバージョン戦略」を打つ巨大機関投資家も現れ11:06に前場安値202.26㌦を付け日経Viが18pを下廻り円相場下落に安堵感が出て「リバーサル戦略」が打たれ日経Viが下落し為替・日経Vi・株式先物の三位一体のアルゴニズムが解かれ、11:30には前日比13㌣高の202.39㌦を付け前場大引では前日比11㌣高の202.37㌦で引け、12:30後場では202.38㌦を付け、明日のオペック総会に向けて材料出尽くしによる日本売りの「コンバージョン戦略」によるアグレッシブ売りも手伝い長短金利差縮小問題も加わり世界で拡大し13:10に後場安値202.19㌦を付け後日経Viが17p迄下落を記録し、中国の鉄生産抑制報道を受け鉄鋼銘柄を含む裁定買(バリュー買)により14:59に後場高値202.66㌦を記録し、15:00には前日比31㌣高の20257㌦を付け、オプション12月物では引けにかけてコールが軒並み上昇し、プットは総じて下落したため相場上昇になり、15:15では前日比36㌣高の20264㌦を付け両建て日経平均が反発に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅88㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲21.93%、騰落レシオで11043%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は横ばいだった。清算値は前日と同じ1166だった。782枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1128


さあ皆様こんにちは、11月28日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は反発したが、日経平均先物が横這、Topix先物、日経平均、及びTopixは続落した。新興株28日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると米国新築住宅販売良好な報道を受け市場三指数高値取るが北朝鮮ミサイル発射兆候報道で北東亜細亜地政学的危機が意識されドル売り円高になり円高抵抗力が試される日に突入した。更に前日モルガンスタンレー証券韓国系アナリストによる「来年のメモリー事業がピークアウト感で下落」という指摘からSOX指数下落に結び付き半導体メモリー銘柄で構成する「シクリカル売却後内需ディフェンシブ買のアルゴニズムが先物で仕掛けられドル建て日経平均では9:00に202.23㌦で開始後寄付高値を9:03に形成し202.53㌦を記録後「カバードコール戦略」を試みる巨大機関投資家もいることから9:46に前場安値201.58㌦を付け、その後米国公聴会での発言の準備原稿の内容それによると「FRBの政策を景気動向に応じて調整するには柔軟性を保たなければならない」、「米国の金融安定性と経済的繁栄への新たな予想外の脅威に対し、FRBは適切な力をもって断固として対応する準備を進めておく必要がある」とFRBパウエル次期議長が指摘している。これらを受け巨大機関投資家の中でイエレン路線継続と読まれ「リバーサル戦略」が入り11:00に最高値202.90㌦を付け後日経Viが17pに下落し為替・日経Vi・株式先物の三位一体のアルゴニズムが解かれ、11:30には前日比50㌣高の202.56㌦を付け前場大引では前日比52㌣高の202.58㌦で引け、12:30後場では202.18㌦を付け、上海株の底堅さはあったが昨日の半導体報告書が再度脚光を浴び日本売りのアグレッシブ売りも手伝い長短金利差縮小問題も加わり世界で拡大し「カバードコール戦略」が入り12:57に最安値20147㌦を付け後日経Viが18pを記録し、上海に加え中国PMIも若干悪化で韓国市場が反発から「リバーサル戦略が入り」14:06に202.13㌦と14:27に202.18㌦台と高値形成でOECDから世界経済成長率見通で 上方修正されたという報道を受け二本の差込線形成が確認され反発し、15:00には前日比20㌣高の202.26㌦を付け、オプション12月物では引けにかけてコールもプットも総じて売られたため方向感なく15:15では前日比20㌣高の202.26㌦を付けドル建て日経平均が反発に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦43㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲20.81%、騰落レシオで111.81%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は反落した。清算値は7ポイント(0.6%)安の1166だった。1519枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1127


さあ皆様こんにちは、11月27日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり日経平均先物、Topix先物、ドル建日経平均、日経平均、及びTopixは反落した。新興株27日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると米国先物高で資源高より寄付高値となりドル建て日経平均では202.92㌦を付け9:02に寄付高値202.98㌦を付け為替でドル安を付け後、米国債務縮小が呼び水になり亜細亜主要指数先物が下落したのを受け日経Viが18p以上となり株式先物に裁定解消を誘う先物売りが入り「カバードコール戦略」が入り下落したのを受け10:45に201.48㌦を付け亜細亜安が嫌気され買戻に当る「リバーサル戦略」が入るが、11:30には前日比52㌣安の201.82㌦を付け前場大引では前日比56㌣安の201.78㌦で引け、12:30後場では201.76㌦を付け、「リバーサル戦略」が入り12:43に後場寄付安値201.67㌦を付け後、日銀の「25年超」オペ減額受け債券先物が入り12:45に201.98㌦を付け欧州巨大機関投資家等が下落を受け手仕舞い売り中心で「コンバージョン戦略」が入り売買代金が低迷していることから14:00に最安値201.39㌦を付け「リバーサル戦略」が入り、15:00には前日比35㌣高の201.99㌦を付け、オプション12月物では引けにかけてコールとプットともに売りが目立ったため15:15では前日比28㌣安の202.34㌦を付け方向感無く両建て日経平均が反落に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦59㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲21.41%、騰落レシオで113.29%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物の清算値は前週末比10ポイント(0.85%)高の1173だった。売買高は655枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1124


さあ皆様こんにちは、1124日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1124日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均先物は横這、Topix先物、ドル建日経平均、日経平均、及びTopixは続伸した。新興株24日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると中国株大幅下落による中国発の世界株安リスクや米連邦公開市場委員会議事要旨でハト派的な内容で低インフレの懸念が指摘されたことなどがドルの重しとなりドル安・円高が進行を受けドル建て日経平均では900201.25㌦と安く開始された。さらに欧州での政治リスクや欧州でのアプリ内 課金問題で「カバードコール戦略」が行われ917に最安値200.99㌦を付け世界景気回復や16連騰後の 日柄・価格調整の必要性は有るが、為替での円債券先物売却に関するこの処の持高解消により輸出統計でも為替に依存なく高付加価値商品が売れることから見直され「リバーサル戦略」が施行され941に前場高値201.73㌦を付け、揉み合い後1115201.65㌦を付け、1130には前日比75㌣高の201.61㌦を付け前場大引では前日比84㌣高の201.70㌦で引け、12:30後場では前日比94㌣高の201.80㌦を付け、「コンバージョン戦略」が入り1243に後場寄付安値201.67㌦を付け後、日銀の「25年超」オペ減額受け債券先物が裁定解消売即ち「カバードコール戦略」を行い資金が発生し、内需関連は円高でも価格抵抗力があり、7年振同時企業回復や12年振世界同時回復、第4次産業革命等による高性能半導体や個体電池等が評価されITバブルピーク時にSOX指数が迫ったことを受け、これらの資金で巨大機関投資家の中では「リバーサル戦略」を行うものが多く1356に最高値202.43㌦を記録し揉み合い後、1449に後場高値202.39㌦を付け結果、15:00には前日比140㌣高の202.26㌦を付け、オプション12月物では引けにかけてコールもプットも総じて売られたため15:15では前日比148㌣高の202.34㌦を付け方向感無く両建て日経平均が反発に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅144㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲22.65%、騰落レシオで112.23%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は続伸した。清算値は9ポイント(0.8%)高の1163だった。554枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1122


さあ皆様こんにちは、11月22日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、Topix先物、ドル建日経平均、日経平均、Topix、及び日経平均先物は続伸した。新興株22日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると米国の中古住宅統計の堅調に加え、税制改革による一段の米景気刺激の可能性に期待感も根強く、さらに、設備投資の一括償却を認める項目が盛り込まれた米国の税制改革が実施されれば、「これまで先送りされてきた設備投資の回復が期待でき、一段と日本企業の収益が伸びる可能性もある」との見方も示したため米国3指数最高値をつけ長期金利が上昇しVix指数が下落し長短金利差縮小で前場ではグロース買後バリュー売に先物が使われヘッジファンドの調整後の儲け仕掛のためにファング等に繋がる第四次産業革命的グロース系銘柄に裁定買を誘う先物買が入りドル建てでは9:00にシカゴ日経平均に鞘寄せして201.20で寄付き開始後「リバーサル戦略」が入り9:10に最高値201.86㌦を付け19p以上を付けるとアルゴニズムが作動し「カバードコール戦略」を仕掛ける巨大機関投資家が中にはいることからバリュー銘柄から資金が逃避し9:41に手操線が出現し前場最安値200.96㌦となり日本経済指標の強さから「リバーサル戦略」で買戻され10:36に前場高値201.44㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り。11:30には前日比1㌦90㌣高の201.19㌦を付け前場大引では前日比1㌦88㌣高の201.17㌦で引け、12:30後場ではさらに前日比2㌦高の201.29㌦を付け、日本企業の業績改善期待から「リバーサル戦略」が入り12:38に後場高値201.36㌦を付け明日23日が祝日休場、米国も感謝祭の休場を控え、持高を一旦整理する売りも出やすいためグロース銘柄に巨大機関投資家による「カバードコール戦略」、ショートカバーや、それを見越したCTAのトレンドフォローが一巡し、13:28に最安値200.69㌦を付けこれらを受けTDKや金融の様なバリュー銘柄に先物で「リバーサル戦略」が入り、揉み合い14:47に後場高値200.96㌦を付け後、「コンバージョン戦略」が入り安値で仕込める日柄調整時期に突入模様で反発し15:00には前日比1㌦48㌣高の200.77㌦を付け、オプション12月物では引けにかけてコールが総じて上昇しプットは軒並み売られたため15:15では前日比1㌦57㌣高の200.86㌦を付け両建て日経平均が反発に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦17㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲22.75%、騰落レシオで108.22%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は清算値が前日比1ポイント高の1154だった。売買高は616枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1121


さあ皆様こんにちは、1121日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1121日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、Topix先物、ドル建日経平均、日経平均、Topix、及び日経平均先物は反発した。新興株21日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによるとドイツ問題に対し冷静で、リスクオンの状態が維持された上、米国の景気データが良く、安心感が広がった事からドル建て日経平均では前日比79㌣高の199.52㌦で199.52㌦とシカゴ先物にサヤ寄せして始まり「コンバージョン戦略」が入り918に前場安値199.20を記録後「リバーサル戦略」が入り937に最高値200.36㌦迄上げ幅を広げたが最終的に再選挙か、大連立を組直す動向がドイツから発生する危惧等も含め「カバードコール戦略」が入り1030に前場引間際安値199.57㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1130には前日比1㌦7㌣高の199.80㌦を付け前場大引では前日比1㌦6㌣高の199.79㌦で引け、12:30後場ではさらに前日比99㌣高の199.72㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1244に後場寄付後安値199.72㌦を付け20日発表の米民間調査機関のコンファレンス・ボードが10月の景気先行指標総合指数は、前月比1.2%上昇と市場予想(0.8%上昇)を上回った。これらを受け「リバーサル戦略」が入り1356に後場高値199.74㌦を付け後、トランプ米大統領は20日、北朝鮮をテロ支援国家に再度指定し、また同国に対する追加制裁を発動すると発表した。北朝鮮情勢が緊迫化するとの見方から、防衛関連株の一角に買いが入り裁定解消売りを誘う先物が仕掛けられ「カバードコール戦略」が打たれ15:00には前日比43㌣高の199.16㌦を付け、オプション12月物では引けにかけてけてコールが買われプットは売られたため15:15では前日比56㌣高の199.29㌦を付け両建て日経平均が反発に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅12㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲21.71%、騰落レシオで107.54%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は4日続伸した。清算値は8ポイント(0.70%)高の1153だった。822枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1120


さあ皆様こんにちは、11月20日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、Topix先物は続落したがドル建日経平均、日経平均、Topix、及び日経平均先物は反落した。新興株20日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると米国税制改革に取組時間が過大傾向となり米景気減速となりダラス連銀カプラン総裁発言で「高GDP継続不可能で税制改正期待萎縮」から米国長期金利低下を受けドル安となり日経Viが9:13に20p以上になりロシアゲート疑惑・ドイツ連立協議決裂や中東問題からドル建て日経平均が9:00に2㌣安い198.02㌦を付けシカゴ先物に鞘寄せして開始し「リバーサル戦略」が9:02に前場安値198.75㌦で入り9:14に最高値199.84㌦を付け為替・日経Vi・株式先物三位一体のアルゴニズム取引が働き日経VIが20pを超えドル安が仕掛けられ裁定解消を誘う先物売即ち、巨大機関投資家による委託先注文で現物予約し上昇時のヘッジのためTopix型裁定解消(バリュー銘柄中心にTopix先物売越)を誘う先物売りからコールを売り現物手当てをして行い即ち「割高先物売後割安現物買」後「割高現物売却後割安先物買」の仕組体系売買で裁定取引を行い下落させ現物を委託先に渡したり目標Vix指数に到達するや否や、コール先物買を米国や母国市場で売リ直すヘッジを行う巨大機関投資家などの動きを示す即ち日本株にも買貯蓄済みコールに対する買ヘッジ外しに当る調整が入りアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である為替のドル安を受けた決算売り仕掛による「カバードコール戦略」が入り10:55に前場安値198.63㌦を付け「リバーサル戦略」が入り10:42前場大引前高値198.96㌦をつけ「カバードコール戦略」が入り11:30には前日比0円の198.94㌦を付け前場大引では前日比2㌣安の198.92㌦で引け、12:30後場ではさらに前日比7㌣安の198.87㌦を付け「リバーサル戦略」が入り12:41に後場寄付後高値198.95㌦を付けNAFTA最高賞の溝が埋まらない可能性の報道や日銀黒田総裁発言による金融の深堀政策を行ってもリバーサルレートにより円高に対して歯止めがきかない事から12:53に日経Viが20p以上をつけ「カバードコール戦略」が入り13:03に最安値198.35㌦を記録し英国予算案での自動運転車や電気自動車の開発促進・円高抑止に繋がる中国人民元大規模資金供給や日銀金融政策緩和維持に加えトランプ大統領が「オバマケア一部撤廃に拘らず」や日本での東芝問題でGSによる増資の報道から東芝CDSが上昇高から一服しヘッジ可能性が増大したことから「リバーサル戦略」が再度投入され14:25に後場高値199.18㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り15:00には前日比30㌣安の198.64㌦を付け、オプション12月物では引けにかけてコールが軒並み下落し、プットは総じて上昇したため15:15では前日比21㌣安の198.73㌦を付け両建て日経平均が小幅反落に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦49㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲19.96%、騰落レシオで10563%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は続伸した。清算値は12ポイント(1.06%)高の1145だった。798枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1117


さあ皆様こんにちは、1117日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1117日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、Topix先物は反落したがドル建日経平均、日経平均、Topix、及び日経平均先物は続伸した。新興株17日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると米国バランスシート縮小や中東問題によるサウジアラビア解約、FRBや中国金融政策失敗等により10月から開始され巨大機関投資家がハイイールド債を10月から益出、損切等兼ね合せ相場を行いブラジルやメキシコ等新興市場相場も10月から同様の動きを見せこれらを受け消費者物価指数が弱い上昇を見せた一方で、小売売上高等が強い即ち長短金利差が上昇するのかの疑問のみが残ったこと等を受け、日本株の均衡点を探す必要に迫られたことからドル建て日経平均では900199.97㌦と寄付後、902に最安値199.74㌦を付けドル高になり、昨日同様に継続して「リバーサル戦略」が打たれ1036に最高値201.36㌦を付け後、FRBや中国金融政策失敗等各国政治問題地政学的リスクにより為替・日経Vix指数・株式先物における三位一体のアルゴニズムが働き日経VIが20を超えドル安が仕掛けられ裁定解消を誘う先物売即ち、巨大機関投資家による委託先注文で現物予約し上昇時のヘッジのためTopix型裁定解消(Topix先物売越)を誘う先物売りからコールを売り現物手当てをして行い即ち割高先物売後割安現物買の裁定取引を行い現物を委託先に渡したり目標Vix指数に到達するや否や、コール先物買を米国や母国市場で売リ直すヘッジを行う巨大機関投資家などの動きを示す即ち日本株にも買貯蓄済みコールに対する買ヘッジ外しに当る調整が入りアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である為替のドル安を受けた決算売り仕掛による「カバードコール戦略」が入り1128に前場安値199.08㌦を付け1130には前日比166㌣高の199.31㌦をつけ前場引けでは162㌣高の199.27㌦を付け、後場12:30には199.92㌦を付け米国ではもらー特別捜査官によるトランプ政権の閣僚を起訴との報道や13日の会議での黒田総裁発言による「リバーサルレート」等が引金となり金融緩和やり過ぎで副作用が発生し金融機関が利益を出し難くなることでリストラへ繋がるマイナス金利の良くない方向に流れが行き日経VIが事実上昇し国債買入オペが多少変更となり日銀がオペをしなくても金利が下がる状況に陥ってしまった。さらに中国ではバブル警戒感から金融引締を行い金利上昇が発生し経済悪化したことから中国金融政策懸念が発生しこれもボラティリティ上昇に繋がり巨大機関投資家が使うアルゴニズム調整式が発動しドル売りをお越し割高株式先物を売るため「カバードコール戦略」がさらに入り1432に最安値198.40㌦を付け「リバーサル戦略」が入り15:00には前日比129㌣高の198.94㌦を付け、オプション12月物では引けにかけてプットは高安まちまちでコールは総じて買戻されたため15:15では前日比129㌣高の198.94㌦を付け両建て日経平均が続伸に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅32㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲22.36%、騰落レシオで105.29%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は続伸した。清算値は12ポイント高の1133だった。1403枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1116


さあ皆様こんにちは、1116日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1116日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、日経平均、及びTopix、日経平均先物、及びTopix先物は反発した。新興株16日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると米国バランスシート縮小や中東問題によるサウジアラビア解約等が10月から開始され巨大機関投資家がハイイールド債を10月から益出、損切等合わせ相場を行いブラジルやメキシコ等新興市場相場も10月から同様の動きを見せこれらを受け消費者物価指数が弱い上昇を見せた一方で、小売売上高等が強い即ち長短金利差が上昇するのかの疑問のみが残ったこと等を受け、日本株の均衡点を探す必要に迫られたことからドル建て日経平均では900194.88㌦と寄付後、同時刻に最安値194.87㌦を付け、巨大機関投資家による委託先注文で現物予約し上昇時のヘッジのためTopix型裁定解消を誘う先物売りからコールを売り現物手当てをして行い即ち割高先物売後割安現物買の裁定取引を行い現物を委託先に渡したりVix指数を買コール先物を米国や母国市場で売リ直すヘッジ系巨大機関投資家などの動きが一巡しその後の大量買戻しとしての同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」を巨大機関投資家の中で採用したものもいたので935に前場高値196.42㌦を記録し「カバードコール戦略」が打たれ945に前場安値195.59㌦を付けヘッジファンド決算対策など終了していたためさらに「リバーサル戦略」が入り1130には前日比196㌣高の196.55㌦をつけ前場引けでは23㌣高の196.62㌦を付け、後場12:30には196.39㌦を付けイールドカーブのフラット化による逆イールドの疑いから派生する景気後退の前兆を受け巨大機関投資家による利食、益出、損切併せ相場の意味合いを持つ調整局面対策で大引前売買で既存のコール裁定買に対する売ヘッジに値する「カバードコール戦略」等が継続投入され1244に後場安値195.97㌦を付け後ヘッジ玉が解消され、米国大統領が減税法案について議会で話すとの報道を受け「リバーサル戦略」が立て続けに入り、1446に最高値198.06㌦を形成後「調整底値終了探究期間」入りとなったため「カバードコール戦略」が入り、15:00には前日比38㌣高の197.67㌦を付け、オプション12月物では引けにかけてプットは軒並み売られコールは総じて買戻されたため15:15では前日比36㌣高の197.65㌦を付け両建て日経平均が反発に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅319㌣となり昨日下げ幅を完全に埋め、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲22.22%、騰落レシオで106.47%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物の清算値は24ポイント(2.19%)高の1121だった。1193枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1115


さあ皆様こんにちは、11月15日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、日経平均、及びTopixは続落したが、日経平均先物、及びTopix先物は反落した。新興株15日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると米国バランスシート縮小が10月から開始され巨大機関投資家がハイイールド債を10月から益出、損切等合わせ相場を行いブラジルやメキシコ等新興市場相場も10月から同様の動きを見せこれらを受け消費者物価指数が上昇する一方で、小売売上高等が弱い即ち米国内消費が弱いと信用リスク悪化懸念に加えレバレッジが必要な危険な国が相場下落の注意傾向が見られ米金利は上昇しドル高になったものの、亜細亜や欧州株は軟調に対しSOX指数下落を受け米株が下落し中国経済・中東懸念が発生し日経リンク債の償還や11月決算ヘッジファンド最終期日を本日迎えたこと等を受け、日本株の均衡点を探す必要に迫られたことからドル建て日経平均では9:00に196.23㌦と寄付後、9:10に前場安値195.75㌦を付け9:16に寄付後高値(山)196.20㌦となり、日本のGDPが予想より弱かったことを受け同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」等が入り9:37に前場安値の(谷)195.34㌦を付け上昇分解消が終了し、MSCI採用銘柄の発表等も影響し同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」を巨大機関投資家の中で採用したものもいたので9:59に最高値196.57㌦を記録し(山)、バブル崩壊後の選挙前の裁定買を誘う先物買に値するオプション市場でコール買後の手仕舞即ちレバレッジファンドを含む巨大機関投資家の調整売買中心で下落する事を示すレバレッジを効かせたファンド調整により、急騰するテクニカル市場での短期過熱感や高値警戒感及び米税制改革案早期可決懸念をトリガーに日本株にも買貯蓄済みコールに対する買ヘッジ外しに当る調整が入りアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である為替のドル安を受けた決算売り仕掛による「カバードコール戦略」が入り10:15に前場引け間際に195.60㌦と安値を形成し、その後アベノミクス再挑戦、今後発表される自民党政策を買う相場やトランプ低下規模による減税政策期待、米高経済指標報道等で日本企業の大半が上方修正を受けCTA等を含む巨大機関投資家によって権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入る「バーティカル・ブル・スプレッド」や「ブルコールスプレッド」を含む「リバーサル戦略」等も含め省力化投資銘柄株や半導体を示す大型グロース銘柄買を行い10:50には前場高値196.26㌦(山)をつけ「カバードコール戦略」が打たれ11:30には前日比96㌣安の195.56㌦をつけ前場引けでは同様値を付け三尊天井形成し下落印発生をうけ、後場12:30には195.95㌦を付けイールドカーブのフラット化による逆イールドの疑いから派生する景気後退の前兆を受け巨大機関投資家による利食、益出、損切併せ相場の意味合いを持つ調整局面対策で大引前売買で既存のコール裁定買に対する売ヘッジに値する「カバードコール戦略」即ちTopix型を通して銀行株のバスケット売り等が継続投入され12:53に最安値194.56㌦を付け後大幅下落し、ヘッジ玉が解消され上昇分解消後、「リバーサル戦略」が入り、14:33に後場高値195.47㌦を形成後「調整底値探究期間」入りとなったため「カバードコール戦略」が入り、15:00には前日比2㌦33㌣安の194.59㌦を付け、オプション12月物では引けにかけてコールは売却後プットが上昇したため15:15では前日比2㌦33㌣安の194.59㌦を付け両建て日経平均が下落に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦1㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲18.08%、騰落レシオで101.15%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は続落した。清算値は26ポイント(2.31%)安の1097だった。1706枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1114


さあ皆様こんにちは、1114日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1114日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、日経平均、及びTopixは続落したが、日経平均先物、及びTopix先物は反発した。新興株14日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると米国バランスシート縮小が10月から開始され巨大機関投資家がハイイールド債を10月から益出、損切等合わせ相場を行いブラジルやメキシコ等新興市場相場も10月から同様の動きを見せこれらを受け消費者物価指数が上昇する一方で、小売売上高等が弱い即ち米国内消費が弱いと信用リスク悪化に加えレバレッジが必要な危険な国が相場下落の注意傾向が見られ米金利は上昇しドル高になったものの、欧州株は軟調に対しSOX指数上昇を受け半導体銘柄に資金流入し米株が3日ぶりに反発したことを受け、日本株の均衡点を探す必要に迫られたことからドル建て日経平均では900196.69㌦と寄付後、900に最安値196.52㌦を付け910に寄付後高値197.53㌦となり、欧州や中東問題を受け同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」等が入り945に前場安値196.68㌦を付け、MSCI採用銘柄の発表等も影響し同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」を巨大機関投資家の中で採用したものもいたので1053に最高値198.22㌦を記録し、バブル崩壊後の選挙前の裁定買を誘う先物買に値するオプション市場でコール買後の手仕舞即ちレバレッジファンドを含む巨大機関投資家の調整売買中心で下落する事を示すレバレッジを効かせたファンド調整により、急騰するテクニカル市場での短期過熱感や高値警戒感及び米税制改革案早期可決懸念をトリガーに日本株にも買貯蓄済みコールに対する買ヘッジ外しに当る調整が入りアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である為替のドル安を受けた決算売り仕掛による「カバードコール戦略」が入り1129に前場引け間際に197.52㌦と安値を形成し、その後アベノミクス再挑戦、今後発表される自民党政策を買う相場やトランプ低下規模による減税政策期待、米株高好業績等で日本企業の大半が上方修正を受けCTA等を含む巨大機関投資家によって権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入る「バーティカル・ブル・スプレッド」や「ブルコールスプレッド」を含む「リバーサル戦略」等も含め省力化投資銘柄株や半導体を示す大型グロース銘柄買を行い11:30には前日比16㌣高の197.54㌦をつけ前場引けでは前日比11㌣高の197.49㌦を付け、後場12:30には、31㌣高の197.69㌦を付け「リバーサル戦略」がVix先物も含め継続投入され1310に後場高値198.09㌦を付け後、香港ハンセン指数下落や110月固定資産投資伸張鈍化を受け巨大機関投資家による利食、益出、損切併せ相場の意味合いを持つ調整局面対策で大引前売買で既存のコール裁定買に対する売ヘッジに値する「カバードコール戦略」が投入され15:00には前日比43㌣安の最安値196.95㌦を付け、オプション12月物では引けにかけてコールは権利行使価格2万2250円以上で上昇が目立ったがプットに売りが優勢したため15:15では前日比46㌣安の196.92㌦を付け両建て日経平均が下落に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅17㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14.7倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲23.59%、騰落レシオで112.97%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は清算値が9ポイント(0.79%)安の1123だった。売買高は759枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1113


さあ皆様こんにちは、1113日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1113日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均、日経平均、日経平均先物、Topix、及びTopix先物は続落した。新興株13日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると米国バランスシート縮小が10月から開始されブラックロックやCTA等巨大機関投資家がハイイールド債を10月から益出、損切等合わせ相場を行いブラジルやメキシコ等新興市場相場も10月から同様の動きを見せこれらを受け消費者物価指数が上昇する一方で、小売売上高等が弱い即ち米国内消費が弱いと信用リスク悪化に加えレバレッジが必要な危険な国が相場下落の注意傾向が見られ米金利は上昇したものの、米株が弱かったことを受け、日本株の均衡点を探す必要に迫られたことからドル建て日経平均では900198.85㌦と寄付後最高値となり、バブル崩壊後の選挙前の裁定買を誘う先物買に値するオプション市場でコール買後の手仕舞即ちレバレッジファンドを含む巨大機関投資家の調整売買中心で下落する事を示すレバレッジを効かせたファンド調整により、急騰するテクニカル市場での短期過熱感や高値警戒感及び米税制改革案早期可決懸念をトリガーに日本株にも買貯蓄済みコールに対する買ヘッジ外しに当る調整が入りアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である為替のドル安を受けた決算売り仕掛による「カバードコール戦略」が入り940に最安値197.83㌦を記録しその後アベノミクス再挑戦、今後発表される自民党政策を買う相場やトランプ低下規模による減税政策期待、米株高好業績等で日本企業の大半が上方修正を受けCTA等を含む巨大機関投資家が省力化投資銘柄に「リバーサル戦略」を入れ権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入る「バーティカル・ブル・スプレッド」や「ブルコールスプレッド」を含む「リバーサル戦略」等も含め省力化投資銘柄株買を行い1045に前場高値198.57㌦を記録し中東危機を織込み「カバードコール戦略」等が、Vix先物も含め再投入され1125に前場安値198.05㌦を付け「リバーサル戦略」が入り11:30には前日比191㌣安の198.19㌦をつけ前場引けでは同様安の198.19㌦を付け、後場12:30には、194㌣安の198.16㌦を付け「リバーサル戦略」がVix先物も含め継続投入され14:01に後場高値198.37㌦を付け後巨大機関投資家による利食、益出、損切併せ相場の意味合いを持つ調整局面対策で大引け前売買で既存のコール裁定買に対する売ヘッジに値する「カバードコール」が投入され15:00には前日比288㌣安の最安値197.22㌦を付け、オプション12月物では引けにかけてプッは上昇したがコールが概ね売られたため15:15では前日比272㌣安の197.38㌦を付け両建て日経平均と日経平均先物及びTopix先物が下落に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅163㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per15倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲24.19%、騰落レシオで116.57%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は清算値が前週末比12ポイント(1.04%)安の1132だった。売買高は627枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1110


さあ皆様こんにちは、1110日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1110日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均が反落し、日経平均、日経平均先物、Topix、及びTopix先物は続落した。新興株10日の日経ジャスダック平均は反発したが、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると前日米国三指数下落や米長期金利低下を背景に900安値寄付199.24㌦で開始し、巨大機関投資家によるイベントトリブンの日本総選挙からの上昇相場仕掛けにより前場では空売りを振っていると青天井の損失故、買戻して売却分の損失埋めを行うデルタヘッジで本日のオプションSQに向け損失回避し、実力に伴う良好な企業業績拡大による評価買や好業績で出遅れ評価買戻による「円債券売後割安株式先物買戻」で「リバーサル戦略」等が入り908に前場高値200.09㌦を付け、急騰するテクニカル市場での短期過熱感や高値警戒感及び米税制改革案早期可決懸念をトリガーに日本株にも買貯蓄済みコールに対する買ヘッジ外しに当る調整が入りアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である為替のドル安を受けた決算売り仕掛による「カバードコール戦略」が入り941に最安値198.70㌦を記録しその後アベノミクス再挑戦、今後発表される自民党政策を買う相場やトランプ低下規模による減税政策期待、米株高好業績等で日本企業の大半が上方修正を受けCTA等を含む巨大機関投資家が省力化投資銘柄に「リバーサル戦略」を入れ権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入る「バーティカル・ブル・スプレッド」や今週SQに向けた1101日組成して1110日解消する「ブルコールスプレッド」を含む「リバーサル戦略」等も含め省力化投資銘柄株買を行い1033に前場高値200.16㌦を記録しレバノン緊張高等による中東危機を織込み「カバードコール戦略」等がVix先物も含め再投入され1129に前場安値198.94㌦を付け「リバーサル戦略」が入り11:30には前日比230㌣安の198.95㌦をつけ前場引けでは221㌣安の199.04㌦を付け後場12:30には189㌣安の199.36㌦を付け「リバーサル戦略」がVix先物も含め継続投入され14:28に最高値200.30㌦を付け後来週からの調整局面対策で大引け前売買で売りヘッジに値する「カバードコール」が投入され15:00には前日比138㌣安の199.87㌦を付け、SQ確定値としては日経平均型が22,531.10円でTopix型が1787.30pとなりオプション12月物では引けにかけてプッは上昇したがコールが売られたため15:15では前日比115㌣安の200.10㌦を付け両建て日経平均と日経平均先物が下落に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅86㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per15倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲29.16%、騰落レシオで116.57%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は清算値が前日比11ポイント(0.97%)高の1144だった。売買高は1212枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

119


さあ皆様こんにちは、1109日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1109日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均が反発したが、日経平均及び日経平均先物は続落したが、TopixTopix先物は反落した。新興株09日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると巨大機関投資家によるイベントトリブンの日本総選挙からの上昇相場仕掛けにより前場では900に寄付高値201.82㌦を付け空売りを振っていると青天井の損失故、買戻して売却分の損失埋めを行うデルタヘッジで12月のオプションSQに向け損失回避し、実力に伴う良好な企業業績拡大による評価買や好業績で出遅れ評価買戻による「円債券売後割安株式先物買戻」で「リバーサル戦略」等が入り1128に前場高値205.05㌦を付け極端な踏上相場化し日米親密相場化し11:30には前日比373㌣高の204.92㌦を付け、11:35には375㌣高の204.94㌦を記録し、後場にはギャップダウンし1230204.02㌦で開始し継続して デルタヘッジを含む「リバーサル戦略」が入り1318に後場高値204.80㌦を形成後、日銀では ステルステーパリング政策の疑義や史上最高値からの下げ幅半値戻による1時205㌦台即ち約2%台の前場一段高を迎え日経ボラティリティインデックスが3割上回る21p以上まで急騰するテクニカル市場での短期過熱感や高値警戒感をトリガーに日本株にも買貯蓄済みコールに対する買ヘッジ外しに当る調整が入りアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である為替のドル安を受けた決算売り仕掛による「カバードコール戦略」が入り1432に最安値198.52㌦を記録しその後アベノミクス再挑戦、今後発表される自民党政策を買う相場やトランプ低下規模による減税政策期待、米株高好業績等で日本企業の大半が上方修正を受けCTA等を含む巨大機関投資家が省力化投資銘柄に「リバーサル戦略」を入れ権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入る「バーティカル・ブル・スプレッド」や今週SQに向けた1101日組成して1110日解消する「ブルコールスプレッド」を含む「リバーサル戦略」等も含め省力化投資銘柄株買を行い15:00には前日比13㌣高の201.32㌦を付け、明日のミニSQで清算されるオプション11月物では引けにかけてコールとプットの両方が売られ、11月物で最も取引が多かったのは権利行使価格が2万3500円のコールで、前日比2円高の4円で始まった後に相場上昇に合わせて先物の売り方などによる損失拡大を回避するための買いが集まり、一時75円まで上昇する場面があったため15:15では前日比6㌣高の201.25㌦を付け日経平均と日経平均先物が下落に繋がったがドル建て日経平均は反発した。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅853㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per15倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲32.58%、騰落レシオで118.96%と中立圏となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は続伸した。清算値は3ポイント(0.27%)高の1133だった。2241枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

118


さあ皆様こんにちは、1108日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1108日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均、日経平均及び日経平均先物は反落したが、TopixTopix先物は続伸した。新興株08日の日経ジャスダック平均は反発したが、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると米税制改革案が木曜日に出されるが懸念され中東問題も加わり米金利安で900に安値寄付200.89㌦で開始し910に前場高値を付け9月景気一致指数低下等の報道を受け、米国税制改革案が先延ばし懸念から来る米国金利低下や相場での高値警戒感をトリガーに日本株にも買貯蓄済みコールに対する買ヘッジ外しに当る調整が入りアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が入り955に最安値200.19㌦を記録しその後アベノミクス再挑戦、今後発表される自民党政策を買う相場やトランプ政策期待即ち米株高好業績に加え木曜発表予定の減税案通過等で日本企業の大半が上方修正を受けCTA等を含む巨大機関投資家が「リバーサル戦略」を入れ前場引け11:30には前日比13㌣安の201.19㌦を付け、11:35には11㌣安の201.11㌦を記録し、通期利益上昇で需給主導により後場においても12:30寄付200.84㌦で開始し更なる稼ぐ力から派生する業績連動相場期待からヘッジ買戻に加え新規資金が入り「リバーサル戦略」が入り1458に最高値201.41㌦を形成し15:00には前日比9㌣高の201.31㌦を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買が行われ、権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入る「バーティカル・ブル・スプレッド」や今週SQに向けた1101日組成して1110日解消する「ブルコールスプレッド」を含む「リバーサル戦略」等も含めバリュー銘柄株買を行ったためコールが売られプットも下げたことで15:15では前日比3㌣安の201.19㌦を付け両建て日経平均下落に繋がった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅122㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per15倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲33.99%、騰落レシオで122.32%と過熱感が発生したが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は続伸した。清算値は3ポイント(0.27%)高の1130だった。451枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

117


さあ皆様こんにちは、1107日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1107日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均及びTopixは反発したが、日経平均、Topix先物、及び日経平均先物は続伸した。新興株07日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると小幅反発で900197.94㌦で寄付開始し904に最安値197.89㌦を付けたが1030に米株高好業績で日本企業の大半が上方修正を受けCTA等を含む巨大機関投資家が「リバーサル戦略」を入れ前場引け11:30には前日比232㌣高の199.61㌦を付け、11:35には233㌣高の199.62㌦を記録し、21年3ヶ月ぶりに200ドル突破し円建てでは1992年1月以来の高値形成し21年ぶり高値をつけ通期利益上昇で需給主導により後場においても12:30寄付199.79㌦で開始したが米国大統領によるサウジ問題支持が伝わり不透明要因払拭で金と原油が上昇し更にヘッジ買戻に加え新規資金が入り「リバーサル戦略」が入り1457に最高値201.41㌦を形成し15:00には前日比395㌣高の201.24㌦を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買が行われ、権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入る「バーティカル・ブル・スプレッド」や今週SQに向けた1101日組成して1110日解消する「ブルコールスプレッド」を含む「リバーサル戦略」等も含めグロース・バリュー銘柄株買を行ったためコールが軒並み上昇し23000円のコールの日中取引の売買高が1万253枚と商いが多く、プットは売られたことで15:15では前日比393㌣高の201.22㌦を付けた。円建て日経平均と円建日経平均先物及びTopix先物が上昇しTopix型売後日経平均型買が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅352㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per15倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲35.14%、騰落レシオで122.96%と過熱感が発生し巨大機関投資家の観測通り業績相場上昇に陥り即ち20011月に匹敵する上昇を演じ、NT倍率も上昇しアベノミックス継続、クリスマス商戦以降の景気拡大を見通した先物による裁定買を誘う先物による裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は反発した。清算値は8ポイント(0.71%)高の1127だった。589枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

116


さあ皆様こんにちは、1106日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1106日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均及びTopixは反落したが、日経平均、Topix先物、及び日経平均先物は続伸した。新興株06日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると連休明け世界模型機拡大期に入り米景気良好と米購買力増の流れから日米8週続伸を受け米株高ドル相場・長期金利上昇で「リバーサル戦略」が入り一時買戻がバブル時付近に接近し上昇後、輸入企業のドル手当て不足やサウジ国内の王子逮捕等有事問題でのドル買でドル上昇し910に最高値198.10㌦を付け後、高値警戒感をトリガーに日本株にも買貯蓄済みコールに対する買ヘッジ外しに当る調整が入りアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が入り1128に前場最安値196.82㌦を記録後、「リバーサル戦略」が入り11:30には前日比98㌣安の196.93㌦をつけ11:35には197.14㌦になった。後場12:30197.12㌦で寄付後、「リバーサル戦略」が入り1232に後場高値197.15㌦を付け後「コンバージョン戦略」も加わり1316に最安値196.31㌦を付け日銀による買いオペで金利下落で価格上昇や日銀による強力な金融緩和継続発表報道を受けてからドル高になり決算発表で上昇修正銘柄が多いことを受け海外巨大機関投資家による大幅な「リバーサル戦略」が入り15:00には最高値前日比57㌣安の197.34㌦を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買が行われ、権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入る「バーティカル・ブル・スプレッド」や今週SQに向けた1101日組成して1110日解消する「ブルコールスプレッド」を含む「リバーサル戦略」等も含めグロース・バリュー銘柄株買を行ったためプットは下落したがコールは高安まちまちに買いが入ったことで15:15では前日比62㌣安の197.29㌦を付け、円建て日経平均と円建日経平均先物及びTopix先物が上昇しTopix型売後日経平均型買が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅188㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per15倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲30.29%、騰落レシオで118.36%と中値圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は続落した。清算値は13ポイント安の1119だった。1094枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

112


さあ皆様こんにちは、1102日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1102日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均は続伸したが、日経平均、Topix先物、日経平均先物及び、Topixは続伸した。新興株02日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は 反落した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによるとドル建て日経平均では寄付197.19㌦で寄付、連休を前にした利益確定売りが重しとなってマイナス圏に下落する場面もあり919に最安値196.50㌦を付けたが、良好なファンダメンタルズを背景とした先高観は根強く、一進一退となった。市場では「前日にソニーなどの業績期待から上げ幅を広げたものの、業績改善はいいところまで織り込まれており、目先は一服感が出やすい。ただ、リスクオンムードが続くなら、押し目買いも入りやすく高値圏でのもみ合いが続きそう」との声も聞かれ「リバーサル戦略」が入り11:30には前日比29㌣高の197.26㌦をつけ11:35には197.19㌦になった。後場12:30197.38㌦で寄付後、「コンバージョン戦略」が入り1300に後場安値197.09㌦を付け後、「リバーサル戦略」が入り1345に高値圏での利益確定売りをこなして高値警戒感をトリガーに日本株にも調整が入りアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が入り1358197.01㌦を付け「リバーサル戦略」が入り15:00には最高値前日比92㌣高の197.89㌦を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買が行われ、権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入る「バーティカル・ブル・スプレッド」や1001日組成して1101日解消する「ブルコールスプレッド」を含む「リバーサル戦略」等も含めグロース・バリュー銘柄株買を行ったためコールが買われプットは下落が目立ったことで15:15では前日比94㌣高の197.91㌦を付け、両建て日経平均が上昇し日経平均Topix型売後日経平均型買が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅141㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per15倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲30.88%、騰落レシオで12511%と高値圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は清算値が前日比9ポイント(0.78%)安の1132だった。売買高は1805枚となった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。

ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

111


さあ皆様こんにちは、1101日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1101日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均は続伸したが、日経平均、Topix先物、日経平均先物及び、Topixは反発した。新興株01日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると株価が前営業日比で250円を超える上昇となっていることや、米長期金利の上昇を好感し海外勢を中心に株買い/円売りが機能しているという。前日の米国株が消費関連やハイテク株が牽引して小幅高となったほか、ドル/円が113円後半と為替はドル高基調。引き続き良好な外部環境が相場を支援している。ドル建て日経平均では日本企業の中間決算も好調な結果が多く伝わっており、続伸して9:00194.88㌦で寄付開始し901に最安値194.72㌦を付けた後「リバーサル戦略」が入り幅広く買いが先行した。石油輸出国機構加盟国の協調減産順守率が高まり、ロシアも合意を堅持している処からアジア時間の原油先物は、北海ブレント価格が2年ぶり高値に接近。10年債が上昇すると金融関係の金利収入増で金融株上昇へと繋がった。ハイテクを中心とする大型株に買い注文が集まった。国内外の機関投資家による月初の買い観測も支えになり1105に前場高値196.33㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り11:30には前日比143㌣高の196.08㌦をつけ11:35には196.08㌦になった。これで毎月第1営業日の株高は17カ月連続となる。後場12:30196.08㌦で寄付後、「コンバージョン戦略」が入り12:40に後場安値195.89㌦を付け後、「リバーサル戦略」が入り高値圏での利益確定売りをこなしてスマートフォン向けイメージセンサーなど半導体事業が好調なことなどを反映させ、日銀金融緩和継続期待や三月期増収見込みから上方修正や好決算銘柄に「リバーサル戦略」が入り上げ幅を拡大し1449に最高値197.11㌦を記録後、高値警戒感をトリガーに日本株にも調整が入りアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が入り15:00には前日比217㌣高の196.82㌦を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買が行われ、権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入る「バーティカル・ブル・スプレッド」や1001日組成して1101日解消する「ブルコールスプレッド」を含む「リバーサル戦略」等も含めグロース・バリュー銘柄株買を行ったためプットは軒並み売却されコールは大幅に買戻されたことが目立ったことで15:15では前日比232㌣高の196.97㌦を付け、両建て日経平均が上昇し日経平均Topix型売後日経平均型買が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅239㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per15倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲29.86%、騰落レシオで125.77%と高値圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証1部の売買代金は3兆7557億円で今年2番目の高水準だった。 東証マザーズ指数先物12月物は5日続伸した。清算値は7ポイント(0.62%)高の1141だった。1184枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1031


さあ皆様こんにちは、1031日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1031日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、ドル建日経平均は続伸したが、日経平均が反落し、Topix先物、日経平均先物及び、Topixは続落した。新興株31日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによるとFRB後任人事がハト派報道を受け前日の米国株安やドル高・円安基調の一服が相場の重しとなる中ドル建て日経平均では900に寄付高として193.78㌦を付けたが、連日の神戸製鋼等の問題報道から日本を代表する企業が会計不祥事等を起こした場合、為替と寄与度高(景気敏感株)銘柄をセットで売却する代表例としてのソフトバンクグループをトリガーに日本株にも調整が入りアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が入り910に最安値193.24㌦を付け8-9月に大量の先物主導による裁定解消売や「カバードコール戦略」等が引起す先物による買戻が発生し「リバーサル戦略」が入り11:30には前日比29㌣高の194.00㌦をつけ11:35には194.03㌦になった。後場12:30に日銀の金融政策決定会合で政策の現状維持が決まったと伝わり、ドル/円が若干ドル高に反応し後場高値194.13㌦で寄付「コンバージョン戦略」が入り1240に後場安値193.98㌦を付け片岡委員の金利誘導に関する報道も含み産油国が貯蓄した資金再投入した為、「リバーサル戦略」が入り1356に後場高値194.61㌦をつけ「コンバージョン戦略」が入り1420に後場安値194.48㌦を記録し「リバーサル戦略」が入り15:00には前日比85㌣高の194.56㌦を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定解消を誘う先物売が行われ、権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入る「バーティカル・ブル・スプレッド」や930日組成して1031日解消する「ブルコールスプレッド」を含む「リバーサル戦略」等も含めバリュー銘柄株買を行ったためコールが売られプットは高安まちまちだったたことが目立ったことで15:15では前日比94㌣高の最高値194.65㌦を付け、ドル建て日経平均が上昇し日経平均Topix型売後日経平均型買が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅141㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per15倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲24.52%、騰落レシオで125.33%と高値圏で巨大機関投資家の観測通り裁定解消となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は4日続伸した。清算値は5ポイント(0.44%)高の1134だった。711枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1030


さあ皆様こんにちは、1030日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1030日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、日経平均、ドル建日経平均は続伸したが、Topix先物、日経平均先物及び、Topixは反落した。新興株30日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると米国株高やNY原油8か月ぶりの高値に加え、TOPIX浮動株比率変更に伴うリバランスの需要の影響もあり、これらのことからドル建て日経平均では900に寄高193.87㌦を付け、東証1部売買代金は4兆0373億円と2016年2月12日以来の高水準となった。調整が出易いが企業業績が良く米国主要テクノロジー株も高いことを背景に日本においても同様のグロース銘柄に買戻の同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」が入り906に最高値194.20㌦を付け休日の時にFRB議長後任人事がハト派になるとの見方が広まり母国市場を試す方法で同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り948に前場安値193.66㌦を付け米原油上昇などから来る工業株見直し買戻に当る「リバーサル戦略」が仕掛けられ1030に残場高値194.03㌦を付け中国上海指数が前週比で1%を超す下げとなり上海株安をトリガーに日本株にも調整が入りアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買から1110に最安値193.03㌦を付け「リバーサル戦略」が入り11:30には前日比84㌣高の193.57㌦をつけ11:35には193.52㌦になった。後場12:30後場最高値193.97㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1310に後場安値193.45㌦を付け「リバーサル戦略」が入り15:00には前日比103㌣高の193.76㌦を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定解消を誘う先物売が行われ、権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入る「バーティカル・ブル・スプレッド」や組成して解消する「ブルコールスプレッド」を含む「リバーサル戦略」等も含めグロース銘柄株買を行ったためコールとプットは軒並み下落したことが目立ったことで15:15では前日比98㌣高の193.71㌦を付け、円建・ドル建て日経平均が上昇しTopix型売後日経平均型買が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅117㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per15倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲2505%、騰落レシオで130.07%と高値圏で巨大機関投資家の観測通り裁定解消となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は続伸した。清算値は15ポイント(1.3%)高の1129だった。1532枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

1027


さあ皆様こんにちは、1027日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1027日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、日経平均先物、Topix先物、ドル建日経平均、日経平均及び、Topixは続伸した。新興株27日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると伊弉諾景気の次で景気拡大となりFRB次期議長がテイラー氏優勢で税制改革法が下院通過から米国長期金利上昇をうけドル高になり選挙で与党圧勝による日本緩和政策維持で米国は引締めでECBがテーパリング決定しユーロロング10万枚売戻材料(持高解消売)がでてユーロ売りドル買が発生した。これにアベノミクス経済再生に加えバブル経済破綻清算を受け欧州投資家ユーロ売分日経買が行われ欧州株も上昇となった。これらを受けドル建て日経平均も900に高値寄191.94㌦で開始となりアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買から931に最安値191.30㌦を付け同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」が入り1114に前場高値192.35㌦を付け同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」をうけ11:30には前日比84㌣高の192.24㌦をつけ11:35には192.31㌦になった。後場12:30では192.43㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1350に後場安値192.43㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1455に最高値192.90㌦を記録し「コンバージョン戦略」が入り15:00には前日比147㌣高の192.87㌦を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入る「バーティカル・ブル・スプレッド」や927日組成で1027日解消する「ブルコールスプレッド」を含む「リバーサル戦略」等も含めバリュー・グロース銘柄株買を行ったためコールが軒並み上昇し、プットは総じて下落が目立ったことで15:15では前日比133㌣高の192.73㌦を付け、円建・ドル建て日経平均が上昇しTopix型売後日経平均型買が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅16㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per15倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲25.26%、騰落レシオで125.49%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定解消となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は続伸した。清算値は12ポイント(1.08%)高の1114だった。622枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1026


さあ皆様こんにちは、1026日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1026日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、日経平均先物、Topix先物、ドル建日経平均、日経平均及び、Topixは反発した。新興株26日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると前日の米国株安を受けてドル建て日経平均では900191.07㌦と安寄し最安値190.97㌦を記録後、先日は世界的株高調整で加熱調整が入り国内巨大機関投資家が引けのギャランティーで先物売りを行い後で裁定解消を買戻し解消するグロース銘柄売りで下落が目立ったが、本日は海外巨大機関投資家による足元の好調な企業業績を評価する買戻に当る先物を通して「リバーサル戦略」を行い、0914に前場高値191.76㌦をつけ「コンバージョン戦略」を行い1015に前場安値191.43㌦を記録後「リバーサル戦略」が入り1051に前場高値191.71㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1103に安値191.53㌦を付けた後「リバーサル戦略」が入り1124に前場高値191.69㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り11:30には前日比101㌣安の191.66㌦をつけ11:35には191.66㌦になった。後場12:30では191.48㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1255に最高値191.86㌦を付け前日の通期業績予想の上方修正銘柄が伸び悩み「カバードコール戦略」が入り1315に後場安値191.41㌦を付け、海外勢の先物買いに国内勢が売り向かう構図であり、バブル崩壊前の1988年頃に酷似し短期調整が入っても押し目買い需要は多く、好調な企業決算を受け金利上昇に強い銘柄に「リバーサル戦略」が入り景気敏感グロース銘柄買となり1419に後場高値191.70㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1459に後場安値191.56㌦ををつけ「リバーサル戦略」が入り15:00には前日比97㌣高の191.62㌦を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」等も含めバリュー・グロース銘柄株買を行ったためプットとコールでともに下落が目立ったことで15:15では前日比75㌣高の191.40㌦を付け、円建・ドル建て日経平均が上昇し日経平均型売後Topix型買が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅69㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per15倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲22.12%、騰落レシオで119.07%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定解消となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は清算値が前日比8ポイント(0.73%)高の1102だった。売買高は401枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1025


さあ皆様こんにちは、10月25日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり、日経平均先物、Topix先物、ドル建日経平均、日経平均及び、Topixは反落した。新興株25日の日経ジャスダック平均 は反落したが、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると米国市場でダウ平均上昇から期待が大きくなりシカゴ先物に鞘寄せして市場開始を迎えドル建て日経平均では9:00に192.22㌦で開始し9:19に最高値192.46㌦を記録後、先高観が強い相場でモルガンが昨日NTショート売買を実施し日経平均型中心の地合いに変化が生じる可能性が出たため、先物での反対売買や持ち高調整によるコールの売り即ち、国内巨大機関投資家によるイベントトリブン方式の解除や利益確定も手伝い、米朝直接対話問題も受けアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行い又は10月20日手仕舞を目標に権利行使価格が安いコールを買後、権利行使価格が高いコールを売る「バーティカル・ブル・スプレッド」の解消や、9月8日組成で10月8日解消する「ブルコールスプレッド」を仕掛ける巨大機関投資家もいることでさらに割高現物を売後、割安先物を買う裁定取引やNT倍率の巻戻の反対売買による日経平均売り後割安Topix買に加えオプション・デリバティブで上昇させ特にオプションによる裁定買の手当てで買われ権利行使価格を越え手当てしなくて良くなったため反対売買が入った後、大幅に下落し10:46に前場安値191.50㌦を付け、国内巨大機関投資家が先物を通して「リバーサル戦略」を行い、11:21に前場高値191.81㌦をつけ「コンバージョン戦略」をつけ前場引け11:30には前日比33㌣安の191.73㌦をつけ11:35には191.71㌦になった。後場12:30では191.87㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り13:03に後場安値191.47㌦を付け「リバーサル戦略」が入り13:59に後場高値191.62㌦を付け米国税制改革の危うさや米国長期金利下落から欧州勢巨大機関投資家による「カバードコール戦略」等が入り14:38に最安値190.31㌦を付け後、好調な企業決算を受け「リバーサル戦略」が入り15:00には前日比1㌦28㌣安の190.78㌦を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定解消を誘う先物売を含む「カバードコール戦略」等も含めバリュー・グロース銘柄株売を行ったためコールが売られ、プットは買われたことで15:15では前日比1㌦41㌣安の190.65㌦を付け、円建・ドル建て日経平均が下落し日経平均型売後Topix型買が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦15㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per15倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲22.12%、騰落レシオで116.78%と高値圏で巨大機関投資家の観測通り裁定解消となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は反落した。清算値は4ポイント(0.36%)安の1094だった。1055枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1024


さあ皆様こんにちは、10月24日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、日経平均先物、Topix先物、ドル建日経平均、日経平均及び、Topixは続伸した。新興株24日の日経ジャスダック平均 は反発したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると日経平均は16連騰、Topixは12連騰となりNY小幅反落やドル高一服で反落の9:00寄付191.21㌦で開始となったが9:06に最安値190.99㌦を記録後、選挙後アベノミクス継続と世界景気動向改善や持たざるリスクを背景に日経平均先物を売後、Topix先物を買越していて選挙を迎え与党圧勝や小選挙区勝利を受け利益出し辛く買戻して売った分の正常化をし業績相場に移るため、国内巨大機関投資家によりPER高で値嵩・業績良好グロース銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」が行われ11:11に前場高値191.86㌦を付けNT倍率の縮小による利益出しで11:30に前場安値191.75㌦を付け11:35には前日比84㌣で191.73㌦をつけ前場引けた。後場では12:30に191.83㌦を付け、国内巨大機関投資家によるイベントトリブン方式や利益確定も手伝い、米朝直接対話問題も受けアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行い又は10月20日手仕舞を目標に権利行使価格が安いコールを買後、権利行使価格が高いコールを売る「バーティカル・ブル・スプレッド」や、9月8日組成で10月8日解消する「ブルコールスプレッド」を仕掛ける巨大機関投資家もいることでさらに割高先物を売後、割安現物を買う裁定取引やNT倍率の巻戻の反対売買によるTopix売り後割安日経平均買に加えオプション・デリバティブで上昇させ特にオプションによる裁定買の手当てで買われ権利行使価格を越え手当てしなくて良くなったため反対売買が入り13:22にに最安値191.51㌦を記録後、国内巨大会館投資家が先物を通して「リバーサル戦略」を行い、15:00には前日比1㌦22㌣高の192.11㌦を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」も含め中小型グロース銘柄売後、大型バリュー・グロース銘柄株買を行ったためコールが軒並み上昇し、プットは総じて下落、さらに権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入ったために、「バーティカル・ブル・スプレッド」が行われた状況に酷似となり入ったことで15:15では前日比1㌦17㌣高の192.06㌦を付け、円建日経平均が上昇し割高先物株式売後、割安現物株式を買う裁定取引やTopix売後日経平均買が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅75㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per15倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲24.04%、騰落レシオで128.01%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は反落した。清算値は1ポイント安の1098だった。988枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1023


さあ皆様こんにちは、10月23日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月23日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、日経平均先物、Topix先物は反発したが、ドル建日経平均、日経平均及び、Topixは続伸した。新興株20日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると税制改革期待から米国3指数揃って最高値更新し与党圧勝でアベノミクス信任に加えアベノミクス仕上げと見なされ安心感が出て高寄り開始となりドル建てでは9:00に190.36㌦を付け9:03に前場高値190.44㌦を付け後、国内巨大機関投資家によるイベントトリブン方式や利益確定も手伝い、米朝直接対話問題も受けアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行い又は10月20日手仕舞を目標に権利行使価格が安いコールを買後、権利行使価格が高いコールを売る「バーティカル・ブル・スプレッド」や、9月8日組成で10月8日解消する「ブルコールスプレッド」を仕掛ける巨大機関投資家もいることでさらに割高先物を売後、割安現物を買う裁定取引やNT倍率の巻戻の反対売買によるTopix売り後割安日経平均買に加えオプション・デリバティブで上昇させ特にオプションによる裁定買の手当てで買われ権利行使価格を越え手当てしなくて良くなったため反対売買が入り9:33に最安値189.78㌦を記録後、同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」が行われ10:42に前場高値190.59㌦を付け同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」を取り、11:30に前場安値190.40㌦を付け11:35には前日比93㌣で190.38㌦をつけ前場引けた。後場では12:30に欧州割安感で割安感の再評価買が入り190.56㌦を付け心理的達成感からコール利食やコール押目買に当る「リバーサル戦略」をつけ13:24に最高値190.98㌦を付け「コンバージョン戦略」を取り、13:50には190.59㌦を付け「リバーサル戦略」が入り14:20に190.97㌦を付け「コンバージョン戦略」を取り15:00には前日比1㌦37㌣安の190.82㌦を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」も含め中小型グロース銘柄売後、大型バリュー株買を行ったためコールが軒並み買われ、プットは総じて売られ、さらに権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入ったために、「バーティカル・ブル・スプレッド」が行われた状況に酷似となり入ったことで15:15では前日比1㌦44㌣高の190.89㌦を付け、円建日経平均が上昇し割高先物株式売後、割安現物株式を買う裁定取引やTopix売後日経平均買が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅75㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per15倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲22.99%、騰落レシオで126.79%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物の清算値は14ポイント(1.29%)高の1099だった。460枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1020


さあ皆様こんにちは、1020日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1020日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均は続落したが、日経平均先物、Topix先物は反落したが、日経平均及び、Topixは続伸した。新興株20日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると欧州政治問題によりドル安をうけ米国長期金利安となり円建てでは安く始まり一時上昇するものの、後場アイフォン減産報道からアップル関連グロース銘柄売りを受け下落し米国税制改革法案通過見通で時間外取引により金利上昇で『ドル高になり11月決算好感期待に加え米国為替報告書で地政学的リスクがあるが構造改革重視の指摘があることにより22日衆院選投開票で与党優勢と見るや先物を通して中型銘柄に買戻が入りアベノミクスが所得倍増計画に勝つ戦後最長56年ぶり9か月の小幅上昇で大引けとなった。為替分が無いドル建てで確認するとIMF世銀総会で景気拡大期にありFRB次期議長人事報道でドル安になり900寄付きでは189.87㌦を付けアップル問題で利益確定中心で「コンバージョン戦略」が入り9:00前場安値189.68㌦を付け米国で予算決議案通過で税制改革法案通過を受け時間外取引で米国金利上昇、ドル高に戻り941に最高値190.04㌦を付けスペイン政情不安や中国問題等も含め、国内巨大機関投資家によるイベントトリブン方式や利益確定も手伝い、米朝直接対話問題も受けアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行い又は1020日手仕舞を目標に権利行使価格が安いコールを買後、権利行使価格が高いコールを売る「バーティカル・ブル・スプレッド」や、98日組成で108日解消する「ブルコールスプレッド」を仕掛ける巨大機関投資家もいることでさらに割高先物を売後、割安現物を買う裁定取引やNT倍率の巻戻の反対売買によるTopix売り後割安日経平均買に加えオプション・デリバティブで上昇させ特にオプションによる裁定買の手当てで買われ権利行使価格を越え手当てしなくて良くなったため反対売買が入り1130に前場安値189.53㌦を付け1135には前日比30㌣で189.50㌦をつけ前場引けた。後場では1230189.64㌦を付け継続して手口が入り1335に最安値189.23㌦をつけ、心理的達成感からコール利食やコール押目買に当る「リバーサル戦略」が超お長期債に買いが入り将来の金利上昇期待があり海外での実績期待や11月決算好感期待で入り15:00には前日比15㌣安の189.65㌦を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」も含め中小型グロース銘柄売後、大型バリュー株買を行ったためコールは高安まちまち、プットは買、さらに権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入ったために、「バーティカル・ブル・スプレッド」が行われた状況に酷似となり入ったことで15:15では前日比35㌣安の189.45㌦を付け、円建日経平均が上昇し割高先物株式売後、割安現物株式を買う裁定取引やTopix売後日経平均買が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅75㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per15倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲20.00%、騰落レシオで116..99%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は反落した。清算値は2ポイント(0.18%)安の1085だった。709枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1019


さあ皆様こんにちは、1019日 木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1019日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり、ドル建日経平均は続落したが、日経平均先物、Topix先物は反発したが、日経平均及び、Topixは続伸した。新興株19日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによるとNYダウが最高値更新とドル高、GDP市場予想上回り資源価格が戻りを背景にドル建て日経平均では高く寄付き900には189.82㌦を付け912に前場安値189.68㌦を記録し「リバーサル戦略」が入り1123に最高値をつけ「コンバージョン戦略」が入り1130190.28㌦を付け、11357㌣高の190.28㌦を付け、前場がインデックスに絡んだコール急買戻で上昇するも後場では1230190.19㌦を付け、国内巨大機関投資家によるイベントトリブン方式や利益確定も手伝い、米朝直接対話問題も受けアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行い又は1020日手仕舞を目標に権利行使価格が安いコールを買後、権利行使価格が高いコールを売る「バーティカル・ブル・スプレッド」を仕掛ける巨大機関投資家もいることでさらに割高先物を売後割安現物を買う裁定取引やNT倍率の巻戻の反対売買によるTopix売り後割安日経平均買に加えオプション・デリバティブで上昇させ特にオプションによる裁定買で手当てで買われ権利行使価格を越え手当てしなくて良くなったため反対売買が入り1318に前場安値189.40㌦を付け心理的達成感からコール利食やコール押目買に当る「リバーサル戦略」が入り1426に後場高値189.83㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1437に後場安値189.60㌦を付け後「リバーサル戦略」が入り15:00には前日比41㌣安の189.80㌦を付け上げ幅無く大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」も含め中小型グロース銘柄売後、大型バリュー株買を行ったためコールが軒並み買われ、プットは売られ、さらに権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入ったために、「バーティカル・ブル・スプレッド」が行われた状況に酷似となり入ったことで15:15では前日比41㌣安の189.80㌦を付け、円建日経平均が上昇し割高先物株式売後、割安現物株式を買う裁定取引やTopix売り後日経平均買が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅75㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍強で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲20.85%、騰落レシオで121.40%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は反発した。清算値は6ポイント(0.56%)高の1087だった。1015枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1018


さあ皆様こんにちは、1018日 水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1018日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均先物は変わらず、ドル建日経平均、Topix先物は反落したが、日経平均及び、Topixは続伸した。新興株18日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると米国3指数そろって上昇しNYダウが最高値更新とドル高を背景にドル建て日経平均では高く寄付き900には26㌣高190.35㌦を付け907に最高値190.77㌦を記録し国内巨大機関投資家によるイベントトリブン方式や利益確定も手伝い、米朝直接対話問題も受けアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行い又は1020日手仕舞を目標に権利行使価格が安いコールを買後、権利行使価格が高いコールを売る「バーティカル・ブル・スプレッド」を仕掛ける巨大機関投資家もいることでさらに割高先物を売後割安現物を買う裁定取引やNT倍率の巻戻の反対売買によるTopix売り後割安日経平均買に加えオプション・デリバティブで上昇させ特にオプションによる裁定買で手当てで買われ権利行使価格を越え手当てしなくて良くなったため反対売買が入り937に前場安値190.09㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1100190.50㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1130190.41㌦を付け、113511㌣高の190.35㌦を付け、後場では1230190.35㌦を付け、継続して入り1410に最安値190.02㌦を記録した後、企業業績の予想PER40倍から14倍と改善され安定し米国は18倍でこれを負い始めている。25日移動平均線では8%乖離が無く即ち高値圏でなくバブル時での信用創造も発生していなくEPS強く仮需比率も1%以下であるため来週の決算発表で下期上昇修正期待があり、世界経済良好で量的金融緩和政策期待から「リバーサル戦略」が入り1430に後場高値190.56㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り15:00には前日比0㌣の190.24㌦を付け上げ幅無く大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」も含め中小型グロース銘柄売後、大型バリュー株買を行ったためコールもプットも総じて売られ方向感が無く、さらに権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入ったために、「バーティカル・ブル・スプレッド」が行われた状況に酷似となり入ったことで15:15では前日比3㌣安の190.21㌦を付け、円建日経平均が上昇し割高先物株式売後、割安現物株式を買う裁定取引やTopix売り後日経平均買が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅75㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲19.57%、騰落レシオで128.44%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物の清算値は5ポイント(0.46%)安の1081だった。687枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1017


さあ皆様こんにちは、1017日 火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1017日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均、日経平均先物、ドル建日経平均、Topix及び、Topix先物は続伸した。新興株17日の日経ジャスダック平均は反発したが、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると米国3指数最高値をつけドル高を背景にドル建て日経平均では高く寄付き900には190.35㌦を付け910に最高値190.62㌦を記録し国内巨大機関投資家によるイベントトリブン方式や利益確定も手伝い、アルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行い又は1020日手仕舞を目標に権利行使価格が安いコールを買後、権利行使価格が高いコールを売る「バーティカル・ブル・スプレッド」を仕掛ける巨大機関投資家もいることで1057に最安値189.45㌦を付け「リバーサル戦略」が入り113039㌣安の189.71㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り113541㌣安の189.69㌦を付け、後場では1230189.68㌦を付け日本再評価によるオイルマネー等の「リバーサル戦略」が入り1330に後場高値190.30㌦を記録し「コンバージョン戦略」が入り1400に後場安値189.97㌦を付け後「リバーサル戦略」が入り1500に前日比14㌣高の190.24㌦を付け上げ幅広げ大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」も含め中小型グロース銘柄売後、大型バリュー株買を行ったためコールは権利行使価格2万0500円から2万1500円の間ではおおむね上昇し、プットは総じて下落し買戻しに拍車がかかり、さらに権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入ったために、「バーティカル・ブル・スプレッド」が行われた状況に酷似となり入ったことで15:15では前日比14㌣高の190.24㌦を付け、円・ドル建日経平均が上昇し割高株式先物売後、割安現物株式を買う裁定取引が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅112㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲19.68%、騰落レシオで138.63%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は続落した。清算値は1ポイント安の1086だった。626枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1016


さあ皆様こんにちは、1016日 月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1016日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均、日経平均先物、ドル建日経平均、Topix及び、Topix先物は続伸した。新興株16日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると地政学的リスク無く円建日経平均は10日続伸で12連騰Topix6日続伸で世界的景気拡大期で選挙を使用したイベントドリブンと見なされアベノミクス進まないのではないかと見て与党弱いとみて、アルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行い又は1010日手仕舞を目標に権利行使価格が安いコールを買後、権利行使価格が高いコールを売る「バーティカル・ブル・スプレッド」を仕掛ける巨大機関投資家もいることで下げていたが日本の希望の党の排除宣言で与党優勢となりヘッジとしてのコールオプションが買われこれにより損失限定のオプションを使うため上昇し易くボラティリティが上昇して株上昇し金融緩和できるとみられ政策運営がしやすくなるだろうと考え大幅に22000円建玉のコールオプション1万枚以上を使って大量に買って投資した為本日も急騰した。ドル建日経平均では900189.72㌦で寄付き最安値189.41㌦を付け「リバーサル戦略」が入り958に最高値190.53㌦を付け「カバードコール戦略」が入り1130に前日比123㌣高の189.98㌦を付け「リバーサル戦略」が入り11:35に前日比1㌦25㌣高の190.00㌦を付け、後場では1230190.21㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1300に後場安値190.18㌦を記録し「リバーサル戦略」が入り1400に後場高値190.35㌦を付け後「カバードコール戦略」が入り1443に後場安値190.06㌦を付け後「リバーサル戦略」が入り1500に前日比135㌣高の190.10㌦を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」も含め中小型グロース銘柄売後、大型バリュー株買を行ったためプットが軒並み下落しコールは権利行使価格2万2000円以下のオプションが上昇し買戻しに拍車がかかり、さらに権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入ったために、「バーティカル・ブル・スプレッド」が行われた状況に酷似となり入ったことで15:15では前日比135㌣高の190.10㌦を付け、円・ドル建日経平均が上昇し割高株式先物売後、割安現物株式を買う裁定取引が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅112㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲971.73%、騰落レシオで135.06%と高値圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は清算値が前週末比11ポイント(1.00%)安の1087だった。売買高は885枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1013


さあ皆様こんにちは、1013日 金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1013日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均、日経平均先物、ドル建日経平均、Topix及び、Topix先物は続伸した。新興株13日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション12月物では某情報ベンダーによると米国株式市場が小幅反落で小安く開始となり世界景気や企業業績に対する安心感が強く、緩やかに上値を試し10月限日経平均オプションの最終決済に関わる日経平均のSQ値は2万0957円62銭となり21年ぶりの高値となる中、アルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行い又は1010日手仕舞を目標に権利行使価格が安いコールを買後、権利行使価格が高いコールを売る「バーティカル・ブル・スプレッド」を仕掛ける巨大機関投資家もいることで先物による買戻に当る「リバーサル戦略」により前場大幅上昇し1130に前日比85㌣高の187.49㌦を付け11:35に前日比84㌣高の187.48㌦を付け、後場では1230187.76㌦と高値寄付後リバーサル戦略が入り1315に最高値189.11㌦を記録後、NT倍率の売り仕込に対する買戻がヘッジ買戻として入り方向転換が加わり「コンバージョン戦略」が入り、1440では188.68㌦を付け後、北東亜細亜地域危機への過度な懸念が後退したことからドル安一服でボラティリティが低いため先物がSQ日までに踏み上げられて上昇してきたのに対し懸念後退による急劇的な買戻が大型バリュー株に発生しグロース株売に変化し発表などを受け与党優勢の情報がもたらされ以前2倍の先物売却によりダブルインバースで仕込んでいた筋が買戻し上昇に追いやられ、損失覚悟の買戻に追い込まれコールを含む先物上昇即ちリバーサル戦略に繋がった。それゆえNT倍率においても日経平均型が有利になりNTの買戻即ちヘッジ買戻と傾向が変化した。これにより指数が強くなり選挙終焉までは需給要因で上昇する形になり21年ぶりの高値越えをドル建て円建て共に達成し21,000円建玉が1万枚以上となりドル建て円建て共に急騰したという報道を受け再認識され「リバーサル戦略」が入り1450に後場高値を付け後「コンバージョン戦略」が入り1500に前日比2㌦09㌣高の188.73㌦を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」も含め中小型グロース銘柄売後、大型バリュー株買を行ったためコールが総じて買われ、プットは軒並み下落、さらに権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入ったために、「バーティカル・ブル・スプレッド」が行われた状況に酷似となり入ったことで15:15では前日比211㌣高の188.75㌦を付け、円・ドル建日経平均が上昇し割高株式先物売後、割安現物株式を買う裁定取引が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅252㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲18.02%、騰落レシオで137.90%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物の清算値は8ポイント(0.72%)安の1098だった。売買高は1002枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1012


さあ皆様こんにちは、1012日 木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1012日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均、日経平均先物、ドル建日経平均、Topix及び、Topix先物は続伸した。新興株10日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション10月物では某情報ベンダーによると日本の品質神話崩壊で米株高で上昇し寄付が900186.41㌦と高く922に前場高値186.67㌦を付け後、アルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行い又は1010日手仕舞を目標に権利行使価格が安いコールを買後、権利行使価格が高いコールを売る「バーティカル・ブル・スプレッド」を仕掛ける巨大機関投資家もいることで1006に最安値186.11㌦を付け衆院選与党優位、自民単独過半数で昇進を受け、大型バリュー銘柄に「リバーサル戦略」が入り前場大幅上昇し1130に前日比79㌣高の186.64㌦を付け11:35に前日比80㌣高の186.65㌦を付け、後場では1230186.73㌦と高値寄付後リバーサル戦略が入り1259に最高値186.83㌦を記録後、NT倍率の売り仕込に対する買戻がヘッジ買戻として入り方向転換が加わり「コンバージョン戦略」が入り、1444では186.60㌦を付け後、北東亜細亜地域危機への過度な懸念が後退したことからドル安一服でボラティリティが低いため先物がSQ日までに踏み上げられて上昇してきたのに対し懸念後退による急劇的な買戻が大型バリュー株に発生しグロース株売に変化し発表などを受け与党優勢の情報がもたらされ以前2倍の先物売却によりダブルインバースで仕込んでいた筋が買戻し上昇に追いやられ、損失覚悟の買戻に追い込まれコールを含む先物上昇即ちリバーサル戦略に繋がった。それゆえNT倍率においても日経平均型が有利になりNTの買戻即ちヘッジ買戻と傾向が変化した。これにより指数が強くなり選挙終焉までは需給要因で上昇する形になり2015624日を上回る終値ベースでアベノミクス高値越えをドル建て円建て共に達成し21,000円建玉が1万枚以上となりドル建て円建て共に急騰したという報道を受け再認識され「リバーサル戦略」が入り1500に前日比79㌣高の186.64㌦を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」も含め中小型グロース銘柄売後、大型バリュー株買を行ったためプットが総じて下落しコールは上昇が目立、さらに権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入ったために、「バーティカル・ブル・スプレッド」が行われた状況に酷似となり入ったことで15:15では前日比79㌣高の186.64㌦を付け、円・ドル建日経平均が上昇し割高株式先物売後、割安現物株式を買う裁定取引が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅73㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲15.50%、騰落レシオで137.54%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物の清算値は10ポイント(0.91%)高の1106だった。643枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1011


さあ皆様こんにちは、1011日 水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1011日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均、日経平均先物、ドル建日経平均、Topix及び、Topix先物は続伸した。新興株10日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション10月物では某情報ベンダーによると米国では堅調な経済指標でドル安が重しでドル建てと円建て日経平均では900寄付185.18㌦から上昇し製造業が強く短観が良好なことから中間決算を前に日本企業の業績上振れへの期待が継続し、相場上昇を支援し日本でも機械受注統計なども良いことも追い風となりこれまでのコールロングに対する売りの買戻即ち「リバーサル戦略」や指数組み入れ比率が上昇すると他のファンドを含む巨大機関投資家も買戻に当る「リバーサル戦略」が頻繁に行われたため1100に前場高値185.68㌦を付けNT倍率の売り仕込に対する買戻がヘッジ買戻として入り方向転換が加わり「コンバージョン戦略」が入り、1130では185.43㌦を付け後、前場引けでは前日比65㌣高の185.51㌦となった。後場では某証券会社によると米国株も崩れておらず、円安基調も継続し、外部的なショックがあれば調整地合いになりやすいと見られるものの「北朝鮮の挑発行動でもなければ、来週からの中国の共産党大会が終わるぐらいまで大きく崩れることはないのではないか」との見方から12:46に後場高値185.75㌦を付け後「コンバージョン戦略」が入り、1336に後場安値185.61㌦を付け北東亜細亜地域危機への過度な懸念が後退したことからドル安一服でボラティリティが低いため先物がSQ日までに踏み上げられて上昇してきたのに対し懸念後退による急劇的な買戻が大型バリュー株に発生しグロース株売に変化し発表などを受け与党優位の情報がもたらされ以前2倍の先物売却によりダブルインバースで仕込んでいた筋が買戻し上昇に追いやられ、損失覚悟の買戻に追い込まれコールを含む先物上昇即ちリバーサル戦略に繋がった。それゆえNT倍率においても日経平均型が有利になりNTの買戻即ちヘッジ買戻と傾向が変化した。これにより指数が強くなり選挙終焉までは需給要因で上昇する形になり2015624日を上回る終値ベースでアベノミクス高値越えをドル建て円建て共に達成し21,000円建玉が1万枚以上となりドル建て円建て共に急騰したという報道を受け再認識され「リバーサル戦略」が入り1442に最高値185.87㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1500に前日比99㌣高の185.85㌦を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」も含め中小型グロース銘柄売後、大型バリュー株買を行ったためコール、プットともさえなかったし、さらに権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入ったために、「バーティカル・ブル・スプレッド」が行われた状況に酷似となり入ったことで15:15では前日比99㌣高の185.85㌦を付け、円・ドル建日経平均が上昇し割高株式先物売後、割安現物株式を買う裁定取引が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅73㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲14.81%、騰落レシオで126.68%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は3営業日ぶりに反落した。清算値は3ポイント(0.27%)安の1096だった。1130枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1010


さあ皆様こんにちは、1010日 火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1010日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均、日経平均先物、ドル建日経平均、Topix及び、Topix先物は続伸した。新興株10日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション9月物では某情報ベンダーによると雇用統計悪化で米株が小動きと中、北東亜細亜地域危機への過度な懸念が後退したことからドル安一服で小安く開始した。しかしボラティリティが低いため先物がSQ日までに踏み上げられて上昇してきたのに対し懸念後退による急劇的な買戻が大型バリュー株に発生しグロース株売に変化し前場高値引けし、後場では日銀発表などを受け与党優位の情報がもたらされ以前2倍の先物売却によりダブルインバースで仕込んでいた筋が買戻し上昇に追いやられ損失覚悟の買戻に追い込まれコールを含む先物上昇即ちリバーサル戦略に繋がった。それゆえNT倍率においても日経平均型が有利になりNTの買戻即ちヘッジ買戻と傾向が変化した。これにより指数が強くなり選挙終焉までは需給要因で上昇する形になり21,000円建玉が1万枚以上となりドル建て円建て共に急騰した。このことを受けドル建て日経平均では183.56㌦と寄付安で始まり901に最安値183.39㌦をつけるも、「カバードコール戦略」での先物ヘッジ買と「ショートストラドル戦略」での先物ヘッジ買に加え、1010日手仕舞を目標に権利行使価格が安いコールを買後、権利行使価格が高いコールを売る「バーティカル・ブル・スプレッド」を仕掛ける巨大機関投資家の持ち高調整後の買戻や再投資や「リバーサル戦略」により1113に前場高値184.39㌦を付けNT倍率の売り仕込に対する買戻がヘッジ買戻として入り方向転換が加わり「コンバージョン戦略」が入り、1130では184.32㌦を付け後、前場引けでは前日比115㌣高の184.30㌦となった。後場では1230に前日比131㌣高の184.46㌦に寄付後、「コンバージョン戦略」が入り、1345に後場安値184.36㌦を付け、今日公示された衆院選を巡り、比例の投票先についての一部世論調査で希望の党の比率が前回調査から低下したことで、衆院選の波乱に対する過度な懸念も後退し日銀の景気判断が改善したことに加え日銀大阪支店長による景気後戻りの可能性減少という報道を受け再認識され「リバーサル戦略」が入り1434に最高値184.88㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1500に前日比171㌣高の184.86㌦を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」も含め中小型グロース銘柄売後、大型バリュー株買を行ったためコールが軒並み上昇し、プットは総じて下落し、さらに権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入ったために、「バーティカル・ブル・スプレッド」が行われた状況に酷似となり入ったことで15:15では前日比171㌣高の184.86㌦を付け、円・ドル建日経平均が上昇し割高株式先物売後、割安現物株式を買う裁定取引が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅147㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲14.31%、騰落レシオで118.88%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物の清算値は17ポイント高の1099だった。650枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1006


さあ皆様こんにちは、1006日 金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1006日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均、日経平均先物は続伸したが、ドル建日経平均、Topix及び、Topix先物は反発した。新興株06日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション9月物では某情報ベンダーによると強い経済指標に金利線では短期が長期を上回らないため景気拡大が認識され米国10年債利回り上昇故健全な状況でドル高円安になり欧米株価上昇に繋がった。この流れを受け寄付き高で開始を迎えたがFEB議長後継者問題で金融緩和縮小速まるかでドル円が重く調整感が出て6日に米雇用統計発表、10日には北朝鮮の朝鮮労働党創建記念日を控え、イベントリスクも意識され日米3連休に加え、リフレ政策支持や金融緩和及び財政拡張に衆院選挙の公約では一致せざるを得無いことを受けドル建て日経平均では183.69㌦と寄付高で始まるも、アルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行い又は1010日手仕舞を目標に権利行使価格が安いコールを買後、権利行使価格が高いコールを売る「バーティカル・ブル・スプレッド」を仕掛ける巨大機関投資家もいることで1031に前場安値183.14㌦となり「リバーサル戦略」が入り1130に前場高値183.24㌦になり長期金利が低下しNT倍率が12.21倍を超えたためTopix利益確定や先物による持高調整が入り方向転換が加わり「コンバージョン戦略」が入り、前場引けでは前日比38㌣高の183.22㌦となった。後場では前日比36㌣高の1230に高値183.20㌦に寄付後、上記の理由から持高調整、利益確定売となる売仕組を、小型を含むグロース・ディフェンシブ銘柄にアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行い又は1010日手仕舞を目標に権利行使価格が安いコールを買後、権利行使価格が高いコールを売る「バーティカル・ブル・スプレッド」を仕掛ける巨大機関投資家もいることで1248に後場安値182.06㌦をつけ「リバーサル戦略」が入り1300に後場高値183.18㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1330に後場安値183.06㌦をつけ「リバーサル戦略」が入り1345に後場高値183.25㌦を付け野党の政策に企業の内部留保課税が提出されたのを受け「「コンバージョン戦略」が入り1428183.12㌦を付けTopixCore30銘柄入替等の「リバーサル戦略」が入り1500に前日比34㌣高の183.18㌦を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定解消を誘う先物売を含むカバードコール戦略」も含め小型グロース銘柄に行ったためけてコールが軒並み上昇し、プットは総じて下落し、さらに権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入ったために、「バーティカル・ブル・スプレッド」が行われた状況に酷似となり入ったことで15:15では前日比31㌣高の183.15㌦を付け、円・ドル建日経平均が上昇し割高株式先物売後、割安現物株式を買う裁定取引が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅32㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り週間では59円上昇し総合乖離率では▲12.62%、騰落レシオで117.22%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物の清算値は1ポイント(0.09%)高の1082だった。679枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1005


さあ皆様こんにちは、1005日 木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1005日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり日経平均、日経平均先物は続伸したが、ドル建日経平均、Topix及び、Topix先物は反落した。新興株05日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション9月物では某情報ベンダーによるとNY3指数過去最高値をとりADP雇用統計は想定範囲内に落ち着きISM製造業景況感指数が高水準であったがFEB議長後継者問題で金融緩和縮小速まるかでドル円が重く調整官が出て6日に米雇用統計発表、10日には北朝鮮の朝鮮労働党創建記念日を控え、イベントリスクも意識され日米3連休に加え、リフレ政策支持や金融緩和及び財政拡張に衆院選挙の公約では一致せざるを得ないことを受けドル建て日経平均では183.04㌦と寄付高で始まるも、アルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行い又は1010日手仕舞を目標に権利行使価格が安いコールを買後、権利行使価格が高いコールを売る「バーティカル・ブル・スプレッド」を仕掛ける巨大機関投資家もいることで953に前場安値182.72㌦となり「リバーサル戦略」が入り1130に前場高値183.03㌦になり長期金利が低下しNT倍率が12.21倍を超えたためTopix利益確定や先物による持高調整が入り方向転換が加わり「コンバージョン戦略」が入り、前場引けでは前日比34㌣安の182.99㌦となった。後場では前日比34㌣安の1230に高値182.99㌦に寄付後、上記の理由から持高調整、利益確定売となる売仕組を、小型を含むグロース・ディフェンシブ銘柄にアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行い又は1010日手仕舞を目標に権利行使価格が安いコールを買後、権利行使価格が高いコールを売る「バーティカル・ブル・スプレッド」を仕掛ける巨大機関投資家もいることで1244に後場安値182.89㌦をつけ「リバーサル戦略」が入り1305に後場高値183.1㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1429に後場安値182.89㌦をつけ「」リバーサル戦略」が入り1459に後場高値183.02㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1500に前日比33㌣安の183.00㌦を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定解消を誘う先物売を含むカバードコール戦略」も含め小型グロース銘柄に行ったためプットは軒並み下落しコールもさえなくなり、さらに権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入ったために、「バーティカル・ブル・スプレッド」が行われた状況に酷似となり、さらに材料銘柄に資金が集中しインデックス売買が入ったことで15:15では前日比49㌣安の182.84㌦を付け、円・ドル建日経平均が上昇し割高株式先物売後、割安現物株式を買う裁定取引が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅32㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り週間では59円上昇し総合乖離率では▲11.97%、騰落レシオで119.61%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は清算値が前日比11ポイント(1.01%)安い1081だった。売買高は943枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1004


さあ皆様こんにちは、1004日 水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1003日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix及び、Topix先物、日経平均先物は続伸した。新興株04日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション9月物では某情報ベンダーによると米株連日高値受け寄付き高で開始し世界的好景気・高市況であり日銀短観も4か月連続上昇から来るグロース買・バリュー売りによるリフレトレード復活が意識され長期金利先高期待によるドル高で、新党結成に伴い野党3局に陥り与党優勢によるアベノミクス復活し、金利上昇買傾向が海外報道でも披露された事に対する先物による買戻上昇(リバーサル戦略)も入りドル建て日経平均では183㌦節目越えを寄付後初旬から上昇し最高値になったが、米国金利が若干低下した時縮小し円高になり、アルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行い又は1010日手仕舞を目標に権利行使価格が安いコールを買後、権利行使価格が高いコールを売る「バーティカル・ブル・スプレッド」を仕掛ける巨大機関投資家もいることで10:36に前場安値となり「リバーサル戦略」が入り1120に後場高値になり米国CTA米債売り仕掛一巡で米国長期金利が低下し「コンバージョン戦略」が入り前場引けでは前日比18㌣の183.39㌦となった後場では前日比1ドル19セント高の1230高値寄付183.50㌦となり米国の自動車販売が好調でも、米長期金利が下がったことから為替がドル安・円高に振れ、勢いを鈍らせ、次期FRB議長思惑や国債先物が続伸で前引け、長期金利低下を受け持高調整、利益確定売となる売仕組をグロース・ディフェンシブ銘柄にアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行い又は1010日手仕舞を目標に権利行使価格が安いコールを買後、権利行使価格が高いコールを売る「バーティカル・ブル・スプレッド」を仕掛ける巨大機関投資家もいることで後場大引け間際迄の空売りが行われ1411に最安値183.04㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1500に前日比94㌣高の183.25㌦を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」を大型バリュー銘柄に行ったためプットは下げが目立つがコールがおおむね買われ、さらに権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入ったために、「バーティカル・ブル・スプレッド」が行われた状況に酷似となり15:15では前日比102㌣高の183.33㌦を付け、円・ドル建日経平均が上昇し割高株式先物売後、割安現物株式を買う裁定取引が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅131㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り週間では59円上昇し総合乖離率では▲12.44%、騰落レシオで127.77%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は清算値が前日比10ポイント(0.91%)安の1092だった。売買高は1318枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1003


さあ皆様こんにちは、1003日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1003日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、及び、Topix先物、日経平均先物は続伸したが、Topixは反発した。新興株03日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション9月物では某情報ベンダーによると欧米株価上昇に加え最高値をつけ世界的好景気・高市況であり日銀短観も4か月連続上昇で米国ではISM製造業景況感指数ではハリケーンが到来しても13年ぶりの良好さで強くポジティブサプライズになり米国金利上昇に繋がり金利・株上昇によるインデックス上昇から来るグロース買・バリュー売りによるリフレトレード復活が意識され長期金利先高期待によるドル高になった。一方で日本政局では野党の新党報道、衆議院解散や月末及び期末持ち高調整売も加わり持高調整、利益確定売となる売仕組をグロース・ディフェンシブ銘柄にアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行い又は1010日手仕舞を目標に権利行使価格が安いコールを買後、権利行使価格が高いコールを売る「バーティカル・ブル・スプレッド」を仕掛ける巨大機関投資家もいることで前場中頃迄の空売りが行われた。しかし新党結成に伴い野党3局に陥り与党優勢によるアベノミクス復活し、金利上昇買傾向が海外報道でも披露された事に対する先物による買戻上昇(リバーサル戦略)も入りドル建て日経平均では181㌦節目越えを中頃から後場以降大引け迄行われ大幅高で引けた。これらを受けドル建て日経平均では900181.58㌦で寄付開始直後の927に前場高値181.61㌦をつけ、「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買、さらに某情報ベンダーによると同一限月のオプションのうち、権利行使価格が安いコールを買い、権利行使価格が高いコールを売る「バーティカル・ブル・スプレッド戦略」を巨大機関投資家が行うことで株価が1000に前場安値181.03㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1109に前場高値181.93㌦を記録し1130に前日比99㌣高の前場高値181.78㌦を付け、前場引では前日比101㌣高の前場高値181.80㌦を付け、後場寄付12:30に寄付高値182.02㌦を付け後、「リバーサル戦略」が入り1455に最高値182.34㌦を付け「コンバージョン戦略」が取られ1500に前日比140㌣高の182.19㌦を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」を大型バリュー銘柄に行ったためコールが買われ、プットは売られ、権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入ったために、「バーティカル・ブル・スプレッド」が行われた状況に酷似となり15:15では前日比152㌣高の182.31㌦を付け、円・ドル建日経平均が上昇し割高株式先物売後、割安現物株式を買う裁定取引が行われドル建日経平均上げ幅は高安値幅131㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り週間では59円上昇し総合乖離率では▲12.41%、騰落レシオで128.71%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は5営業日ぶりに反落した。清算値は4ポイント(0.4%)安の1102だった。1375枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1002


さあ皆様こんにちは、1002日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1002日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は続伸し、日経平均、及び、Topix先物、日経平均先物は反発したが、Topixは続落した。新興株02日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション9月物では某情報ベンダーによるとNY市場堅調とドル高や日銀短観改善で高値寄付開始となり日銀短観が四半期改善ではあるが欧米統計、衆院選不透明感、テクニカル指標から見た過熱感から前場伸び悩み野党の新党報道、衆議院解散や月末及び期末持ち高調整売も加わり持高調整、利益確定売となる売仕組をグロース・ディフェンシブ銘柄にアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行い又は1010日手仕舞を目標に権利行使価格が安いコールを買後、権利行使価格が高いコールを売る「バーティカル・ブル・スプレッド」を仕掛ける巨大機関投資家もいることで株価が前場で1128迄下落し、後場では安く寄付後、「リバーサル戦略」がバリュー・シクリカル銘柄に入り後場高値を付け持ち高調整等同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が後場寄付後から取られ大引け直前に後場安値をつけ、ECBの正常化プロセスとカタルーニャ混乱により引き起こされるユーロ圏政治混乱からユーロ売・ドル買が発生しこれに自民党公約公表が加わり米株市場の株高やドル高期待による上昇修正業績連動相場入期待から「リバーサル戦略」がバリュー・シクリカル銘柄に入り大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」を大型バリュー銘柄に行ったため権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入ったために、「バーティカル・ブル・スプレッド」が行われた状況に酷似となり円・ドル建日経平均が上昇し割高株式現物売後、割安先物株式を買う裁定取引が行われ円建日経平均上げ幅は限定的であった。これらを受けドル建て日経平均では900181.12㌦で寄付開始直後に前場高値181.15㌦をつけ、「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買、さらに某情報ベンダーによると同一限月のオプションのうち、権利行使価格が安いコールを買い、権利行使価格が高いコールを売る「バーティカル・ブル・スプレッド戦略」を巨大機関投資家が行うことで株価が1128に前場安値180.54㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1130に前日比01㌣安の前場安値180.61㌦を付け、前場引では前日比01㌣安の前場安値180.61㌦を付け、後場寄付12:30180.63㌦を付け後、「リバーサル戦略」が入り1257に後場高値180.77㌦を付け「コンバージョン戦略」が取られ1455180.47㌦を付け大引け直前1455に最安値180.47㌦ををつけ、ECBの正常化プロセスとカタルーニャ混乱により引き起こされるユーロ圏政治混乱等からユーロ売・ドル買が発生しこれに自民党公約公表が加わり米株市場の株高やドル高期待による上昇修正業績連動相場入期待から「リバーサル戦略」がバリュー・シクリカル銘柄に入り15:00には前日比12㌣高の後場高値180.74㌦を記録し大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」を大型バリュー銘柄に行ったため権利行使価格が実勢の相場水準より低いコールを中心に買いが入ったために、「バーティカル・ブル・スプレッド」が行われた状況に酷似となり15:15では前日比17㌣高の180.79㌦を付け、円・ドル建日経平均が上昇し割高株式現物売後、割安先物株式を買う裁定取引が行われ円建日経平均上げ幅は限定的であった。高安値幅68㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り週間では59円上昇し総合乖離率では▲9.50%、騰落レシオで129.05%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は4日続伸した。清算値は13ポイント(1.19%)高の1106だった。908枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

929


さあ皆様こんにちは、9月29日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は続伸し、日経平均、及びTopixは続落したが、Topix先物、日経平均先物は反落した。新興株29日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション9月物では米国市場の小幅上昇に対しドル高一服となりIAEAの北朝鮮核ミサイルに対する「新たな脅威」とされ日本国債CDS急上昇も加わり米国税制改革案が富裕層優遇と批判されたことから小幅反落で寄付き、日経平均銘柄入替、MSCI入替や政府保有分の需給売出受渡日が原因で、さらに野党の新党報道、衆議院解散や月末及び期末持ち高調整売も加わり持高調整、利益確定売となる売仕組をグロース・ディフェンシブ銘柄にアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行うことで株価が前場で11.24迄下落し、昨日から権利優待欲しさからIPO銘柄で信用売りを行い繋ぎ売を実行しIPOによる新株は頂き翌日に該当する28日に信用売分を買戻して利確したり前もって銘柄を先物買する形式を行う巨大機関投資家もいて、配当優待や配当再投資需要による先物買戻に当る裁定買を誘う先物買戻による「リバーサル戦略」がバリュー・シクリカル銘柄に入り前場前日高値引けし、後場では安く寄付後、「リバーサル戦略」がバリュー・シクリカル銘柄に入り13:35に後場高値を付け持ち高調整等同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が取られ13:52に前場安値をつけ「リバーサル戦略」がバリュー・シクリカル銘柄に入り14:21に最高値を付け「コンバージョン戦略」がグロース・ディフェンシブ銘柄に入り14:36に後場安値を付け「リバーサル戦略」が入り15:00に後場高値を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」を大型バリュー銘柄に行ったためコールが軒並み下落、プットは総じて上昇したために、ドル建が上昇し割高株式現物売後、割安先物株式を買う裁定取引が行われ円建日経平均は下落した。これらを受けドル建て日経平均では9:00に180.64㌦で寄付開始後、9:01に前場高値180.80㌦をつけ、「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行うことで株価が11:24に前場安値180.21㌦を付け「リバーサル戦略」が入り11:30に9㌣高の前場高値180.29㌦を付け、前場引では14㌣高の180.34㌦を付け、後場寄付12:30に180.31㌦を付け後、「リバーサル戦略」が入り13:35に後場高値180.84㌦を付け「コンバージョン戦略」が取られ13:52に180.59㌦を付け「リバーサル戦略」が入り14:21に最高値180.87㌦を付け「コンバージョン戦略」が取られ14:36に後場安値180.44㌦を付け「リバーサル戦略」が入り14:36に後場安値を付け「リバーサル戦略」が入り15:00に後場高値180.67㌦を付け大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」を大型バリュー銘柄に行ったためコールが軒並み下落、プットは総じて上昇したために、ドル建が上昇し割高株式現物売後、割安先物株式を買う裁定取引が行われ円建日経平均は下落した。高安値幅66㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り週間では59円上昇し総合乖離率では▲9.09%、騰落レシオで130.11%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は続伸した。清算値は14ポイント(1.30%)高の1093だった。1117枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

928


さあ皆様こんにちは、928日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。928日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は反発し、日経平均、及びTopixは続落したが、Topix先物、日経平均先物は続伸した。新興株28日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション9月物ではトランプ政権が税制改革法案を通過させたことで米国長期金利利回りが2か月ぶりの上昇で81日の水準に戻し8月耐久財受注が上昇し日米金利差拡大に繋がりドル高を迎え、米債券売却後株3指標買を受け上昇し、金融政策より経済政策の方が新需要を好感することから米国では長期金利が上昇し易いことが判明した。これらにより寄付最高値となり、野党の新党報道、衆議院解散や月末及び期末持ち高調整売から持高調整、利益確定売となる売仕組をグロース・ディフェンシブ銘柄にアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行うことで株価が前場で11.05迄下落し、昨日から権利優待欲しさからIPO銘柄で信用売りを行い繋ぎ売を実行しIPOによる新株は頂き翌日に該当する本日に信用売分を買戻して利確する形式を行う巨大機関投資家もいて、配当優待や配当再投資需要による先物買戻に当る裁定買を誘う先物買戻による「リバーサル戦略」がバリュー・シクリカル銘柄に入り前場安値を1105でつけ、後場では安く寄付後1232に最安値を記録し、「リバーサル戦略」がバリュー・シクリカル銘柄に入り1300に後場高値を付け持ち高調整等同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が取られ1408に前場安値をつけ「リバーサル戦略」がバリュー・シクリカル銘柄に入り1423に後場高値を付け「コンバージョン戦略」がグロース・ディフェンシブ銘柄に入り1500に後場安値を付け「リバーサル戦略」が入り大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」を大型バリュー銘柄に行ったためコールが軒並み上昇し、プットは総じて下落したために、ドル建が上昇し割高株式先物売後、割安現物株式を買う裁定取引が行われ円建日経平均も上昇した。これらを受けドル建て日経平均では900180.74㌦で寄付開始後最高値をつけ、「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行うことで株価が1105に前場安値180.00㌦を付け「リバーサル戦略」が入り11301㌣高の前場高値180.19㌦を付け、前場引では03㌣安の180.15㌦を付け、後場寄付12:30179.95㌦を付け後、「コンバージョン戦略」が取られ1232に最安値179.83㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1300に後場高値180.32㌦を付け「コンバージョン戦略」が取られ1408180.22㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1423に後場高値180.49㌦を付け「コンバージョン戦略」が取られ大引け間際1500に後場安値180.01㌦を付け「リバーサル戦略」が入り大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」を大型バリュー銘柄に行ったためコールが軒並み上昇し、プットは総じて下落したために、前日比2㌣高の180.20㌦をつけドル建が上昇し割高株式先物売後、割安現物株式を買う裁定取引が行われ円建日経平均も上昇した。高安値幅91㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲9.48%、騰落レシオで130.64%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は続伸した。清算値は7ポイント(0.65%)高の1079だった。804枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

927


さあ皆様こんにちは、927日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。927日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は反落し、日経平均、及びTopixは続落したが、Topix先物、日経平均先物は反発した。新興株27日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション9月物ではイエレンFRB議長が利上げに対する肯定発言によりタカ派発言で米長期金利が上昇しドル高円安になったが選挙公約からすると財政悪化懸念で日本長期金利が上昇し日銀金融緩和拡大で資産市場へ流れ過剰流動性相場入に関しても懸念されさらに政治への警戒感への懸念から寄付後、様々なリスク再燃注意から持高調整、利益確定売となる売仕組をバリュー銘柄にアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行うことで株価が前場で954迄下落し、配当優待や配当再投資需要による先物買戻に当る裁定買を誘う先物買戻による「リバーサル戦略」がグロース・シクリカル銘柄に入り前場高値を大引でつけ、後場では高く寄付後持ち高調整等同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が取られ1246に前場安値をつけ「リバーサル戦略」が入り1359に後場高値を付け「コンバージョン戦略」がバリュー銘柄に入り1420に後場安値をつけ「リバーサル戦略」が入り1436に大引間際高値を付け「コンバージョン戦略」がバリュー銘柄に入り1453に後場安値をつけ「リバーサル戦略」が入りドル建は大幅下落したが円建では下落したが配当落ち分を考慮すると実質プラスで引けた。これらを受けドル建て日経平均では900180.41㌦で寄付開始後、「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行うことで株価が954に最安値179.83㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1130191㌣安の前場高値180.39㌦を付け、前場引では186㌣安の180.44㌦を付け、後場寄付12:30180.34㌦を付け後、「コンバージョン戦略」が取られ1246に後場安値180.20㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1310に後場高値180.44㌦を付け「コンバージョン戦略」が取られ1330180.25㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1359に最高値180.46㌦を付け「コンバージョン戦略」が取られ1420に後場安値180.19㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1436に後場高値180.35㌦を付け後「コンバージョン戦略」が取られ大引け間際1453に後場安値180.24㌦という二本の差込線より「リバーサル戦略」が入り1500に前日比206㌣安の180.24㌦を付け、大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定解消を誘う先物売を含む「コンバージョン戦略」を大型バリュー銘柄に行ったためコールが買われ、プットは売られたために、前日比212㌣安の180.18㌦をつけドル建が下落したのに対し割高円建を売後、割安先物を買う裁定取引が行われ円建日経平均は下落となった。高安値幅63㌣となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲8.30%、騰落レシオで126.50%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は反発した。清算値は21ポイント(2.0%)高の1072だった。870枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

926日


さあ皆様こんにちは、926日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。926日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は続伸したが、Topix先物、日経平均先物、日経平均、及びTopixは反落した。新興株26日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション9月物ではNY時間で北朝鮮高官からトランプ大統領発言が「宣戦布告」と指摘報道され北東亜細亜危機やドイツ総選挙で右派台頭を受け欧州に加え米朝両国対立悪化による警戒感からドル安になり米株下落兆候を受け24㌣下で寄付後持ち高調整等同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が取られ底堅く下落し停滞状況となり前場9:42で最安値を記録後、配当優待や配当債投資需要による先物買戻に当る裁定買を誘う先物買戻による「リバーサル戦略」が入り1124に最高値を付け前場引けでは高く引け後場では様々なリスク再燃注意から持高調整、利益確定売となる売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行うことで株価が後場で反落し、12361438に「コンバージョン戦略」が取られ前場安値をつけ、「リバーサル戦略」が入り大引けではプラスで引けた。これらを受けドル建て日経平均では900182.11㌦で寄付開始後、「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行うことで株価が942に最安値181.96㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1124に最高値182.54㌦を記録後113059㌣高の前場高値182.46㌦を付け、前場引では64㌣高の182.51㌦を付け、後場寄付12:30182.48㌦を付け後、「カバードコール戦略」が取られ1236に後場安値182.09㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1400に最高値182.25㌦を付け「コンバージョン戦略」が取られ1438182.13㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1500に前日比38㌣高の182.25㌦を付け、大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」を大型バリュー・シクリカル銘柄に行ったためコールが軒並み下落し、プットは総じて上昇したために、前日比43㌣高の182.30㌦をつけドル建が上昇したのに対し円建が相場下落となった。高安値幅58㌣上昇となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲9.51%、騰落レシオで127.08%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は反落した。清算値は13ポイント(1.2%)安の1051だった。477枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月25


さあ皆様こんにちは、925日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。925日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は続伸したが、Topix先物、日経平均先物、日経平均、及びTopixは反発した。新興株25日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション9月物では24日ドイツ下院議員選挙においてメルケル首相与党勝利で円安・ユーロ高の流れを作り安倍晋三首相が賃上げや設備投資を実行した企業を想定し、減税措置を打ち出す方向で調整していることが判明したと、前週末にロイターが報道した。また25日付の読売新聞朝刊は、首相が2兆円規模の新たな経済対策を年内に策定するよう関係閣僚に指示する方針で、幼児教育無償化や高等教育の負担軽減などの具体的な推進策を盛り込むと伝えた。即ち経済対策を巡る事前報道が相次いだことが支援材料となりこれらのことから寄付天井となり北東亜細亜地政学的リスク再燃注意から持高調整、利益確定売となる売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行うことで株価が前場前半で反落し、1036に最安値181.43㌦を付け大型グロース・シクリカル株に裁定買を誘う先物買戻による「リバーサル戦略」で上昇したのに対し後場では寄付後、同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が取られ1326に後場安値181.52㌦を付け裁定買を誘う先物買戻である「リバーサル戦略」が入り1437に最高値181.88㌦を付け同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が取られ大引けではプラスで引けた。これらを受けドル建て日経平均では高値で寄付開始となった。上記から900に寄付181.78㌦を記録後、「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行うことで株価が1036に最安値181.43㌦を付け「リバーサル戦略」が入り113057㌣高の前場高値181.78㌦を付け、前場引では59㌣高の181.80㌦を付け、後場寄付12:30181.69㌦を付け後、「コンバージョン戦略」が取られ1326に後場安値181.52㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1437に最高値181.88㌦を付け「コンバージョン戦略」が取られ1500に前日比55㌣高の181.76㌦を付け、大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」を大型グロース・シクリカル銘柄に行ったためコールが総じて上昇し、プットは下げたために、前日比66㌣高の181.87㌦をつけドル建と円建が相場上昇となった。高安値幅45㌣上昇となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲10.82%、騰落レシオで125.64%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は反発した。清算値は9ポイント(0.85%)高の1064だった。803枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

922


さあ皆様こんにちは、922日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。922日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は反発したが、Topix先物、日経平均先物、日経平均、及びTopixは反落した。新興株22日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション9月物では21日の米国市場はFOMCの利上げ観測から利食い優勢となったが、日米金利差拡大によるドル買い・円売りや衆院解散を控えた政策期待等もあり、ドル建日経平均は181.55㌦を回復して始まった。北朝鮮外相は、金正恩朝鮮労働党委員長が声明で慎重に考慮するとした「超強硬対応措置」について、太平洋上での水爆実験ではないかと述べたと報道を受け、北朝鮮地政学リスクへの警戒感が高まり利益確定売となる売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行うことで株価が前場前半で反落し、940に最安値180.80㌦を付け大型グロース株に裁定買を誘う先物買戻による「リバーサル戦略」で上昇したのに対し後場では寄付天井となり同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が取られ1330に後場安値181.28㌦を付け裁定買を誘う先物買戻である「リバーサル戦略」が入り1404に最高値181.56㌦を付け同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が取られ大引けではプラスで引けた。これらを受けドル建て日経平均では高値で寄付開始となった。上記から900に寄付181.55㌦を記録後、「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行うことで株価が940に最安値180.80㌦を付け「リバーサル戦略」が入り113031㌣高の前場高値181.33㌦を付け、前場引では34㌣高の181.36㌦を付け、後場寄付12:30181.55㌦を付け後、「コンバージョン戦略」が取られ1330に後場安値181.28㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1404に最高値181.56㌦を付け「コンバージョン戦略」が取られ1500に前日比26㌣高の181.28㌦を付け、大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」を大型グロース銘柄に行ったためコールが下げプットはしっかりだったために、前日比19㌣高の181.21㌦をつけドル建が反発し円建では相場反落となった。高安値幅76㌣下落となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲9.55%、騰落レシオで113.17%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は反落した。清算値は15ポイント(1.4%)安の1055だった。1338枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

921


さあ皆様こんにちは、921日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。921日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は反落したが、Topix先物、日経平均先物は反発し、日経平均、及びTopixは続伸した。新興株21日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション9月物ではFOMC結果発表を受け年内利上げと金利上昇支持により米金利上昇を受けドル高円安になり前場では中古型バリュー株に利益確定売となる売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行うことで株価が反落し大型グロース株に裁定買を誘う先物買戻による「リバーサル戦略」で上昇し上げ幅縮め4日続伸し寄天だったのに対し後場では日銀政策決定会合で政策変更無という報道から想定内のゴルディロックス相場帰りざきと見て日経平均は連日の高値更新で利益確定売となり継続して「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買が入り過熱感を示す日足陰線を形成し解散総選挙をうけ買上げ終了で短期踏み上げが際立つ状況で大引けを迎えた。これらを受けドル建て日経平均では高値で寄付開始となった。上記報道から900に寄付181.78㌦を記録後、900に前場高値18191㌦を付け同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が取られ0945に前場安値181.51㌦を付け「リバーサル戦略」が打たれ1010に前場高値181.85㌦をつけ「コンバージョン戦略」が取られ1100に前場安値181.77㌦を付け「リバーサル戦略」が入り113036㌣安の最高値182.02㌦を付け、前場引では42㌣安の181.96㌦を付け、後場寄付12:30181.93㌦を付け後、利益確定売となる売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行うことで株価が反落し1435に最安値180.81㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1500に前日比139㌣安の180.99㌦を付け、大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」を大型グロース銘柄に行ったためコールが上昇し、プットは下げたために、前日比136㌣安の181.02㌦をつけドル建が反落し円建では相場続伸となった。高安値幅122㌣下落となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲10.52%、騰落レシオで117.71%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は反発した。清算値は12ポイント(1.1%)高の1070だった。1374枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

920


さあ皆様こんにちは、920日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。920日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりTopix先物、日経平均先物は反落したが、日経平均、Topix、及びドル建日経平均は続伸した。新興株20日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション9月物ではFOMC結果発表控えゲームショーの前でもありグロースシクリカル銘柄も含め98日が大転換点で暫定予算を米国大統領が決定したことからディールメイカーとして認知され米国税制改革再推進期待に繋がり災害復興需要から米株連続最高値更新となり日本国では安倍首相による衆院解散で「自民勝利でアベノミクス継続」を受け株価による変則的現象である「選挙は買」を受け裁定買を誘う先物買戻である「リバーサル戦略」でグロースシクリカル買戻が入り年初来高値の180㌦以上になった。円建では2万円以上になった。低いコールをグロースシクリカル中心でヘッジ買「リバーサル戦略」していた巨大機関投資家は安心していただろう。これらを受けドル建て日経平均では高値で寄付開始となった。上記報道から900に寄付181.96㌦を記録後、910に前場安値181.85㌦を付け「リバーサル戦略」が打たれ936に前場高値182.12㌦を付け同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が取られ959に最安値181.76㌦を付け「リバーサル戦略」が打たれ1111に前場高値182.21㌦をつけ「コンバージョン戦略」が取られ113046㌣高の182.10㌦を付け、前場引では39㌣高の182.03㌦を付け、後場寄付12:30182.41㌦を付け後、利益確定売となる売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行うことで株価が反落し1345182.00㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1400182.14㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1352に後場安値182.03㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1459に後場高値182.33㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1500に前日比63㌣高の182.27㌦を付け、大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家によるショートストラドル戦略を実行後ヘッジで裁定買を誘う先物買やカバードコール戦略のヘッジ先物買を行ったためプットとコールで下落が目立ったために、前日比74㌣高の182.38㌦をつけドル建と円建では相場継続反発となった。高安値幅68㌣上昇となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲10.16%、騰落レシオで118.66%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は清算値は前日比6ポイント(0.56%)安の1058だった。売買高は1075枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

919


さあ皆様こんにちは、919日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。919日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりTopix先物、日経平均、日経平均先物、Topix、及びドル建日経平均は続伸した。新興株19日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション9月物では98日が大転換点で暫定予算を米国大統領が決定したことからディールメイカーとして認知され米国税制改革再推進期待に繋がり災害復興需要から米株連続最高値更新となり日本国では安倍首相による衆院解散で「自民勝利でアベノミクス継続」を受け株価による変則的現象である「選挙は買」を受け裁定買を誘う先物買戻である「リバーサル戦略」で年初来高値の180㌦以上になった。円建では2万円になった。低いコールをヘッジ買「リバーサル戦略」していた巨大機関投資家は安心していただろう。これらを受けドル建て日経平均では高値で寄付開始となった。上記報道から900に寄付180.55㌦を記録後、900に最安値180.51㌦を付け「リバーサル戦略」が打たれ1057に前場高値181.18㌦を付け同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が取られ113099㌣高の180.01㌦を付け、前場引では102㌣高の181.04㌦を付け、後場寄付12:30181.10㌦を付け後、「リバーサル戦略」が入り1418に最高値181.77㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1426に後場安値181.49㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1459に後場高値181.68㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1500に前日比151㌣高の181.53㌦を付け、大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家によるショートストラドル戦略を実行後ヘッジで裁定買を誘う先物買やカバードコール戦略のヘッジ先物買を行ったためコールが上げ、権利行使価格2万0625円の商いが膨らみ、プットは下落したために、前日比162㌣高の181.64㌦をつけドル建と円建では相場大幅反発となった。高安値幅126㌣上昇となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲10.17%、騰落レシオで125.55%と中立圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は続伸した。清算値は18ポイント(1.72%)高の1064だった。1222枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

915


さあ皆様こんにちは、915日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。915日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりTopix先物だけが続伸したが、日経平均、日経平均先物、Topix、ドル建日経平均は反発した。新興株15日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション9月物では前日に北朝鮮ミサイル発射兆候が報道され日本時間早朝に北朝鮮がミサイル発射後北海道上空を通過報道受け小幅上昇寄付開始後、小安い水準で上昇後利益確定売となる売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行うことで株価が反落し、英国銀行の利上げ報道で米国利上げも行い易い環境になったと思われこれを切欠に裁定買を誘う先物買戻である「リバーサル戦略」が上方修正を含む光学機器やエレクトロニクス関連向け大型グロース銘柄に発生し、後場高値まで同様のグロース銘柄に裁定買を誘う先物買戻が入り最高値となり三尊天井形成確認後、同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が裁定解消の形で大型バリュー銘柄に入り大引けを迎えた。円建日経平均週間ベースでは634円、ドル建では1.10㌦上昇となった。これらを受けドル建て日経平均では上昇で寄付開始となった。北朝鮮ミサイル発射報道から900に寄付180.09㌦を記録後、909に前場高値180.37㌦を付け同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が裁定解消の形で大型バリュー銘柄に入り920に前場安値180.01㌦を付け裁定買を誘う先物買戻である「リバーサル戦略」が発生し930に前場高値180.36㌦を付け「カバードコール戦略」にヘッジ先物買が打たれ1059に最安値179.86㌦を付け「リバーサル戦略」が打たれ113083㌣高の180.11㌦を付け、前場引では76㌣高の180.04㌦を付け、後場寄付12:30180.12㌦を付け後、「リバーサル戦略」が入り1252に後場高値180.28㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1320に後場安値180.26㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1325に最高値180.59㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1336に後場安値180.35㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1400に後場高値180.54㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1430に後場安値180.25㌦を付後、「リバーサル戦略」が入り1357に後場高値180.44㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1500に前日比102㌣高の180.30㌦を付け、大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家によるショートストラドル戦略を実行後ヘッジで裁定買を誘う先物買やカバードコール戦略のヘッジ先物買を行ったためコールが軒並み上昇し、プットは総じて下落したために、前日比74㌣高の180.02㌦をつけドル建と円建では相場反発となった。高安値幅73㌣上昇となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲4.45%、騰落レシオで112.12%と安値圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は反発した。清算値は10ポイント(0.97%)高の1046だった。1138枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月14日


さあ皆様こんにちは、914日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。914日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりTopix先物だけが続伸したが、日経平均、日経平均先物、Topixは反落し、ドル建日経平均は続落した。新興株14日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション9月物では米国三指数が上昇し長期金利堅調からドル高になり米国税制改革後日発表で大幅買戻後上昇し三空を前日付け日銀決定会合、FOMCへ向けて債券先物売後、株先物買になりオプション市場では2万円建玉コールが多いため寄付き高で開始したが、前場の取引時間中に発表された市場予想を下回る中国経済指標を切欠に利益確定売となる売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」と組合せた先物ヘッジ買と行使価格と満期日が同じプットとコールの両方を売る「ショートストラドル戦略」に加え先物ヘッジ買を巨大機関投資家が行うことで株価が下がり、後場では北朝鮮国連制裁決議反対と報道官が述べたことからさらに継続して上記の政策が打たれ更なる下げに転じた。これらを受けドル建て日経平均では上昇で寄付開始となった。日本企業の底堅さから900に寄付179.74㌦を記録後、前場高値179.9㌦を付け同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が裁定解消の形で大型バリュー銘柄に入り915に前場安値179.67㌦を付け裁定買を誘う先物買戻である「リバーサル戦略」が発生し1008に最高値180.04㌦を付け「カバードコール戦略」にヘッジ先物買が打たれ1130179.86㌦を付け、前場引では76㌣安の179.83㌦を付け、後場寄付12:30179.64㌦を付け後、「コンバージョン戦略」が入り1237に後場安値179.38㌦を付け「リバーサル戦略」が裁定買の形で入り1300に最高値179.58㌦を記録し「コンバージョン戦略」が入り1321に後場安値179.26㌦を付後、「リバーサル戦略」が入り1357に後場高値179.54㌦を付け「カバードコール戦略」が入り1442に最安値179.20㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1500に前日比129㌣安の179.30㌦を付け、大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家によるショートストラドル戦略を実行後ヘッジで裁定買を誘う先物買やカバードコール戦略のヘッジ先物買を行ったためコールが軒並み下落しプットは上昇が目立ったために、前日比131㌣安の179.28㌦をつけドル建と円建では相場下落となった。高安値幅84㌣上昇となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲2.99%、騰落レシオで108.62%と安値圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は反落した。清算値は16ポイント(1.52%)安の1036だった。1612枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

913


さあ皆様こんにちは、913日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。913日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topixは続伸したが、ドル建日経平均は反落した。新興株13日の日経ジャスダック平均は、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション9月物では英国を除き欧米株が上昇し国連決議無事採択により投資家心理が戻り米国と北朝鮮危機に関する過度な緊張が無くなり日米金利差拡大で米国金利上昇を受けドル高になり世界投資が回復し危機以前時の割安銘柄に資金が集まりSQを底にし下値支持にした寄付き高値でドル建・円建日経平均開始となり200日移動平均線、25日移動平均線を戻し75日移動平均線を突っ掛けて抜けている。総合乖離率プラスで早い戻になり三空に叩売後買戻期待状況下に入る。9月法人企業調査がプラスになり国内物価指数上昇で810か月ぶりの大きさ、物価若干毎の上昇やフランクフルト自動車ショーの発表等を受け北朝鮮リスクが遠のくことにより裁定買を誘う先物買戻に加えヘッジ外しの先物買戻と現物も買戻し転換になり売り方の踏み上げが激増し金融や大型グロース・値嵩株にヘッジ先物売による買戻主体のヘッジ外し及び大型の買戻しが入りショートストラドル買のヘッジ先物売りの解消や先物による裁定解消の動き即ち売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」を行なった上でのヘッジ先物売りの買戻が同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」として入ることで金曜日の巻戻しとしてEV、2次電池等銘柄にも急激に継続して行われた。これらを受けドル建て日経平均では上昇で寄付開始となった。日本企業の底堅さから900に寄付180.30㌦を記録後、最安値180.12㌦を付け裁定買を誘う先物買戻である「リバーサル戦略」が発生し1130180.58㌦を付け、同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が裁定解消の形で大型バリュー銘柄に入り前場引では37㌣安の180.55㌦を付け、後場寄付12:30180.61㌦を付け後、「コンバージョン戦略」が入り1250に後場安値180.55㌦を付け「リバーサル戦略」が裁定買の形で入り1327に最高値180.70㌦を記録し「コンバージョン戦略」が入り1423に後場安値180.37㌦を付後、「リバーサル戦略」が入り1445に後場高値180.55㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1456に後場大引け前安値180.46㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1500に前日比41㌣安の180.51㌦を付け、大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家によるショートストラドル戦略を実行後ヘッジで裁定買を誘う先物買やカバードコール戦略のヘッジ先物買を行ったためコールが総じて買われ一方、プットは軒並み売られたために、前日比33㌣安の18059㌦をつけドル建と円建では相場上昇となった。高安値幅58㌣上昇となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲3.94%、騰落レシオで104.94%と安値圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は清算値が前日比2ポイント(0.19%)高の1052だった。売買高は1469枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

9月12


さあ皆様こんにちは、912日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。912日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均、日経平均先物、Topix先物、Topixと、ドル建日経平均は続伸した。新興株12日の日経ジャスダック平均は、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション9月物では北朝鮮による建国記念日追加挑発が無く大型ハリケーンの影響が想定内であったため再保険の心配と警戒感が無くなり先週金曜日のSQ越えをし下値支持になり東証5日移動平均線で空売り比率がピーク時の43.3%越えをしたため金融や大型グロース・値嵩株にヘッジ先物売による買戻主体のヘッジ外し及び大型の買戻しが入りショートストラドル買のヘッジ先物売りの解消や先物による裁定解消の動き即ち売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」を行なった上でのヘッジ先物売りの買戻が同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」として入ることで金曜日の巻戻しとしてEV、2次電池等銘柄にも急激に行われた。これらを受けドル建て日経平均では上昇で寄付開始となった。日本企業の底堅さから900に寄付180.41㌦を記録後、裁定買を誘う先物買戻である「リバーサル戦略」が発生し920に前場高値180.66㌦を付け膠着し同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が裁定解消の形で大型バリュー銘柄に入り956に前場安値180.25㌦を付け後、裁定買を誘う先物買と同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」が入り1103に前場高値180.60㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り、1130180.50㌦を付け、「リバーサル戦略」が入り前場引では19㌣高の180.55㌦を付け、後場寄付12:30180.65㌦を付け後、「コンバージョン戦略」が入り1256に後場安値180.52㌦を付け「リバーサル戦略」が裁定買の形で入り1335に後場高値180.95㌦を記録し「コンバージョン戦略」が入り1346に後場高値180.28㌦を付け膠着後、1429に後場安値180.21㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1438に後場安値180.61㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1500に前日比44㌣高の180.80㌦を付け、大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家によるショートストラドル戦略を実行後ヘッジで裁定解消を誘う先物売やカバードコール戦略のヘッジ先物売を行ったためコールが買われ、プットは下落したために、前日比56㌣高の180.92㌦をつけドル建てでは相場上昇となった。高安値幅70㌣上昇となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▲2.60%、騰落レシオで101.17%と安値圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は続伸した。清算値は21ポイント(2.0%)高の1050だった。1377枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

911


さあ皆様こんにちは、911日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。911日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均、日経平均先物、Topix先物とTopixは反発したが、ドル建日経平均は続伸した。新興株11日の日経ジャスダック平均は反発したが、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション9月物では米国に様々なハリケーンが襲来し手当予算が通過し債務上限問題も先送りされ投資家心理が改善され、このほかに太陽フレア問題が発生し電磁気問題も起こり北朝鮮建国記念日到来で北朝鮮911日の国連決議に対する反発が無い事から今週初め建国記念日後に落ち着き当社見込み通りの上昇となったと考えている。さらに先週金曜日のメキシコ湾地震後に発生した秋田地震への高波が観測されなかったことから、阻害要因が沈着したと受け止められ債券調整相場が一服し長期金利上所に続き金融セクターに裁定買を誘う先物買戻即ち裁定買を誘う先物買と同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」が入ることで金曜日の巻戻しとしてEV、2次電池等銘柄に過剰警戒感からの先物による裁定解消の動き即ち売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」の巻戻しが急激に行われた。これらを受けドル建て日経平均では上昇で寄付開始となった。日本企業の底堅さから911に寄付安値179.47㌦を記録後、裁定買を誘う先物買戻が発生し923に前場高値180.13㌦を付け膠着し同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が裁定解消の形で大型バリュー銘柄に入り940に前場安値179.98㌦を付け後、裁定買を誘う先物買と同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」が入り1126に最高値180.43㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り、1130180.32㌦を付け、「コンバージョン戦略」が継続して入り前場引では132㌣高の180.25㌦を付け、後場寄付12:30180.27㌦を付け後、「リバーサル戦略」が入り1255に後場高値180.40㌦を付け「コンバージョン戦略」が裁定解消の形で入り1320に後場安値180.23㌦を記録し「リバーサル戦略」が入り1346に後場高値180.28㌦を付け膠着後、1429に後場安値180.21㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1500に前日比149㌣高の180.42㌦を付け、大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家によるショートストラドル戦略を実行後ヘッジで裁定買を誘う先物買やカバードコール戦略のヘッジ先物買を行ったためコールが軒並み上昇し、プットは総じて下落したために、前日比143㌣高の180.36㌦をつけドル建てでは相場上昇となりSQを越え幻のSQとなった。高安値幅96㌣上昇となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▽0.93%、騰落レシオで100.44%と安値圏で巨大機関投資家の観測通り裁定買戻となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は反発した。清算値は17ポイント(1.68%)高の1029だった。2220枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご 応募ください。

908


さあ皆様こんにちは、908日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。908日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり日経平均、日経平均先物、Topix先物とTopixは反落したが、ドル建日経平均は反発した。新興株08日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続落した。MSQ確定値は日経平均型が19,278.13円、Topix型が1593.48p。日経平均オプション9月物ではECBドラギ総裁発言を受け金利差縮小で金利低下を呼び株価を下げ信用が落ちる小型株即ち流動性に劣るものが売られ格付けの高い質重視のもの(割安値嵩大型株キーエンス等や債券)に資金が回避しドル安になっている。注意点としてはボラティリティインデックス、米国Vixや日経VI等も多少高く9日に北朝鮮建国記念日到来のため来週初め建国記念日後に落ち着くのではないかと考えられている。先物オプションの特別清算指数でオプション9月物決済、9月先物決済等で取引量は膨らみ無事終了するが持高が売越状況で金利低下をうけ金融株中心に裁定解消が入り米国での10月ファンドマネージャー決算売りも入り、投資家心理悪化により資金が金と債券に回避している。ドル建て日経平均では小幅上昇で寄付開始となった。日本企業の底堅さから寄付き高値後前場前半で下落後裁定買を誘う先物買戻が発生し膠着前場相場から前場引けでは高くなり後場ではメキシコ地震やハリケーン問題でドル建てが買戻され急騰して引けた。円建てでは為替が影響し大型中型と売られたが小型株から資金が逃避しているためJQ平均とマザーズから資金が逃避し下落を迎えた。これらを受けドル建て日経平均では900178.23㌦と寄付後902に前場高値178.64㌦を付け、決算悪化型グロース・バリュー・シクリカル銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が裁定解消の形で大型バリュー銘柄にも入り954に最安値178.22㌦を付け裁定買を誘う先物買と同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がグロース・バリュー値嵩銘柄に入り1121に前場高値178.64㌦を付けると、裁定解消を誘う先物売を含む決算悪化グロース・バリュー・シクリカル銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース・バリュー銘柄にも入り1130178.55㌦を付け、「リバーサル戦略」が割安値嵩大型株キーエンス等・グロース・バリュー値嵩銘柄に入り前場引では71㌣高の178.56㌦を付け、後場寄付12:30178.57㌦を付け後、「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース・バリュー銘柄にも入り1257に後場安値178.45㌦を付け実体経済強さから「リバーサル戦略」がグロース・バリュー値嵩シクリカル銘柄に入り1416に最高値179.07㌦を付け決算悪化型グロース・バリュー・シクリカル銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が裁定解消の形で大型バリュー銘柄にも入り1435に後場安値177.60㌦を記録し「リバーサル戦略」が入り1500に前日比101㌣高の178.86㌦を付け、大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家によるショートストラドル戦略を実行後ヘッジで裁定解消を誘う先物売やカバードコール戦略を行ったためけてコールが軒並み下落した。一方、プットは総じて上昇したために、前日比108㌣高の178.93㌦をつけダル建てでは相場反発となったが日経平均及び日経平均先物は反落した。高安値幅85㌣上昇となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では▽5.14%、騰落レシオで96.51%、空売比率40%以上維持と安値圏で巨大機関投資家の観測通り裁定解消売となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物12月物は、清算値が前日比1ポイント(0.1%)安の1012だった。売買高は1904枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

907


さあ皆様こんにちは、907日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。907日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均、日経平均先物、Topix先物は反発したが、ドル建日経平均は反落し、Topixは続伸した。新興株07日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション9月物ではバランスシート縮小問題、債務上限問題やハリケーンのハービーやイルマ等天候問題に関して10月に影響必至のハービー・イルマ問題と債務上限は12月まで延長されるということの抱合せ救済法案報道に加え、北朝鮮建国記念日懸念と水爆実験及び核搭載ICBM発射準備移動疑惑報道は継続し、米国GDP上昇修正や良好ADP雇用統計に加え雇用統計鈍化等中銀が操作できない時勢やユーロ高牽制に関するECB理事会が139月末や85日のオバマケア法案での出来事に酷似して金利低下を呼び株価を下げ信用が落ちる小型株即ち流動性に劣るものが売られ格付けの高い質重視のもの(割安値嵩大型株トヨタ等や債券)に資金が回避している。注意点としてはボラティリティインデックス、米国Vixや日経VI等も多少高いため今週末SQ後に落ち着くのではないかと考えられている。3連休明け米国議会再開では株安でドル安になったのを受け4日間の米国上昇を打消し日本では2兆円の売買高となり下げ幅縮小にはなった。本日は昨晩の天候災害による救済法案と抱合せ債務上限問題の延期を好感し投資家心理改善により小幅上昇で寄付開始となった。この後韓国高官によるICBMの移動発射問題報道やMSQ問題を受け裁定解消としての「カバードコール」が入り前引けし後場ではフィッシャー副議長辞任問題で正常化が遅延し長期金利が上昇難であることやメキシコ壁問題や為替・ファンダメンタル共に戻れず、資金が流入しない状況になりドル円が買戻されたが戻りきれない現状になりトランプ期待剥落でドル安になった。これらを受けドル建て日経平均では900178.05㌦と寄付後901に前場安値178.00㌦を付け、裁定買を誘う先物買と同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がグロース・バリュー値嵩銘柄に入り931に前場高値178.61㌦を付けると、裁定解消を誘う先物売を含む決算悪化グロース・バリュー・シクリカル銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース・バリュー銘柄にも入り1127に前場安値177.96㌦を記録後、「リバーサル戦略」が割安値嵩大型株トヨタ等・グロース・バリュー値嵩銘柄に入り1130178.14㌦を付け、、「リバーサル戦略」が割安値嵩大型株トヨタ等・グロース・バリュー値嵩銘柄に入り前場引では17㌣高の178.17㌦を付け、後場寄付12:30178.19㌦を付け後、「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース・バリュー銘柄にも入り1311に最安値177.61㌦を付け実体経済強さから「リバーサル戦略」がグロース・バリュー値嵩シクリカル銘柄に入り1359に後場高値17804㌦を付け決算悪化型グロース・バリュー・シクリカル銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が裁定解消の形で大型バリュー銘柄にも入り1405に後場安値177.79㌦を記録し「リバーサル戦略」が入り1500に前日比07㌣安の177.93㌦を付け決算悪化型グロース・バリュー・シクリカル銘柄に「コンバージョン戦略」が入り、大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家によるショートストラドル戦略を実行後ヘッジで裁定解消を誘う先物売を行ったためプットが総じて下落し、SQを意識した売りも出て、コールは高安まちまちだったために、前日比15㌣安の177.85㌦をつけダル建てでは相場下落となったが日経平均及び日経平均先物は上昇した。高安値幅1㌦と上昇となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では▽3.42%、騰落レシオで99.21%、空売比率40%維持と安値圏で巨大機関投資家の観測通り裁定解消売となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は反落した。清算値は15ポイント(1.46%)安の1015だった。2451枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

906


さあ皆様こんにちは、9月06日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり日経平均、日経平均先物、Topix先物は続落したが、ドル建日経平均、Topixは反発した。新興株06日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション9月物ではバランスシート縮小問題・債務上限問題や天候問題に関して10月に影響必至のハービー問題に加え、北朝鮮建国記念日懸念と水爆実験及び核搭載ICBM発射準備移動疑惑は継続し、米国GDP上昇修正や良好ADP雇用統計に加え雇用統計鈍化等中銀が操作できない時勢が13年9月末や8月5日のオバマケア法案での出来事に酷似して金利低下を呼び株価を下げ信用が落ちる小型株即ち流動性に劣るものが売られ格付けの高い質重視のもの(割安値嵩大型株トヨタ等や債券)に資金が回避している。注意点としてはボラティリティインデックス、米国Vixや日経VI等も多少高いため今週末SQ後に落ち着くのではないかと考えられている。3連休明け米国議会再開では株安でドル安になったのを受け4日間の米国上昇を打消し日本では2兆円の売買高となり下げ幅縮小にはなった。これらを受けドル建て日経平均では9:00に177.60㌦と寄付後9:05に最安値177.44㌦を付け、裁定買を誘う先物買と同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がグロース・バリュー値嵩銘柄に入り9:14に前場高値177.95㌦を付けると、裁定解消を誘う先物売を含む決算悪化グロース・バリュー・シクリカル銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース・バリュー銘柄にも入り09:45に前場安値177.47㌦を記録後、裁定買を誘う先物買と同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がグロース・バリュー値嵩銘柄に入り11:06に前場高値177.84㌦を付けると、決算悪化型グロース・バリュー・シクリカル銘柄に「カバードコール戦略」が入り11:27に前場安値177.61㌦を付け割安値嵩大型株トヨタ等・バリュー値嵩銘柄に「リバーサル戦略」が入り11:30に177.77㌦を付け、決算悪化型グロース・バリュー・シクリカル銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り前場引では53㌣高の177.74㌦を付け、後場寄付12:30に177.74㌦を付け後、実体経済強さから「リバーサル戦略」がグロース・バリュー値嵩シクリカル銘柄に入り13:06に後場高値178.16㌦を付け「コンバージョン戦略」が裁定解消の形で割安値嵩大型株トヨタ等・大型バリュー銘柄にも入り13:30に後場安値177.95㌦を記録し「リバーサル戦略」が入り14:50に最高値178.28㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り15:00に前日比83㌣高の178.04㌦を付け決算悪化型グロース・バリュー・シクリカル銘柄に「コンバージョン戦略」が入り、大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家によるショートストラドル戦略を実行後ヘッジで裁定解消を誘う先物売を行ったためコールが売られ、プットは買いが優勢だったために、前日比791㌣高の178.00㌦と相場下落となった。高安値幅84㌣と上昇となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では▽4.13%、騰落レシオで97.18%と安値圏で巨大機関投資家の観測通り裁定解消売となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は3営業日ぶりに反発した。清算値は5ポイント(0.49%)高の1030で売買高は3870枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

905


さあ皆様こんにちは、905日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。905日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり日経平均先物、Topix先物、ドル建日経平均、日経平均、Topixは続落した。新興株05日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション9月物ではバランスシート縮小問題・天候問題の10月に影響必至のハービー問題に加え、北朝鮮建国記念日懸念と水爆実験及び核搭載ICBM発射準備移動疑惑は継続し、米国GDP上昇修正や良好ADP雇用統計に加え雇用統計鈍化等7中銀が操作できない時勢が139月末や85日のオバマケア法案での出来事に酷似して金利低下を呼び株価を下げ信用が落ちる小型株即ち流動性に劣るものが売られ格付けの高い質重視のもの(割安値嵩大型株トヨタ等や債券)に資金が回避している。注意点としてはボラティリティインデックス、米国Vixや日経VI等も多少高いため今週末SQ後に落ち着くのではないかと考えられている。本日の米国議会再開次第で様子が判明するだろう。これらを受けドル建て日経平均では900177.89㌦と寄付、902に最高値178.05㌦を記録後、裁定解消を誘う先物売を含む決算悪化グロース・バリュー・シクリカル銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース・バリュー銘柄にも入り0930に前場安値177.48㌦を記録後、裁定買を誘う先物買と同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がグロース・バリュー値嵩銘柄に入り1010に前場高値177.85㌦を付けると、北朝鮮大陸弾道弾準備移動懸念報道が入る度にスライス型裁定解消売が誘発し決算悪化型グロース・バリュー・シクリカル銘柄に「カバードコール戦略」が入り1118に前場安値177.29㌦を付け割安値嵩大型株トヨタ等・バリュー値嵩銘柄に「リバーサル戦略」が入り1130177.58㌦を付け、前場引では49㌣安の177.63㌦を付け、後場寄付12:30177.55㌦を付け後、「カバードコール戦略」が裁定解消の形で割安値嵩大型株トヨタ等・大型バリュー銘柄にも入り1236に最安値177.18㌦を記録し実体経済強さから「リバーサル戦略」がグロース・バリュー値嵩シクリカル銘柄に入り1315に日本郵政株の政府保有株売り出しによる需給悪化懸念が加わり、後場高値177.61㌦を付け「カバードコール戦略」が裁定解消の形で割安値嵩大型株トヨタ等・大型バリュー銘柄にも入り1457に後場安値177.23㌦を記録し「リバーサル戦略」が入り1500に前日比76㌣安の177.36㌦を付け決算悪化型グロース・バリュー・シクリカル銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り、大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家によるショートストラドル戦略を実行後ヘッジで裁定解消を誘う先物売を行ったため権利行使価格が1万9500円以上のプットは買われコールが軒並み売られたために、前日比91㌣安の177.21㌦と相場下落となった。高安値幅87㌣と下落となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では▽3.80%、騰落レシオで96.69%と安値圏で巨大機関投資家の観測通り裁定解消売となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物の清算値は50ポイント(4.7%)安の1025だった。売買高は4709枚で8月1日の4669枚を上回り過去最大だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

904


さあ皆様こんにちは、904日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。904日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり日経平均先物は反落、Topix先物は続落したがドル建日経平均、日経平均、Topixは反落した。新興株04日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション9月物ではバランスシート縮小問題・天候問題の10月に影響必至のハービー問題に加え、北朝鮮建国記念日懸念と水爆実験及び核搭載ICBM発射準簿疑惑は継続し、米国GDP上昇修正や良好ADP雇用統計に加え雇用統計鈍化等7中銀が操作できない時勢が139月末や85日のオバマケア法案での出来事に酷似して金利低下を呼び株価を下げ信用が落ちる即ち流動性に劣るものが売られ格付けの高い質重視のものに資金が回避している。これらを受けドル建て日経平均では900178.68㌦と寄付、901に最高値178.75㌦を記録後、裁定解消を誘う先物売を含む決算悪化グロース・バリュー・シクリカル銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース・バリュー銘柄にも入り1035に前場安値177.58㌦を記録後、裁定買を誘う先物買と同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がグロース・バリュー値嵩銘柄に入り1101に前場高値177.89㌦を付けると決算悪化型グロース・バリュー・シクリカル銘柄に「カバードコール戦略」が入り1130177.83㌦を付け、前場引では102㌣安の177.83㌦を付け、後場寄付12:30177.86㌦を付け後、「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース・バリュー銘柄にも入り1254に最安値177.48㌦を記録し実体経済強さから「リバーサル戦略」がグロース・バリュー値嵩シクリカル銘柄に入り1500に前日比110㌣安の177.75㌦を付け「リバーサル戦略」がグロース・バリュー値嵩銘柄に入り、大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家によるショートストラドル戦略を実行後ヘッジで裁定解消を誘う先物売を行ったためコールはおおむね売られプットが上昇したために、前日比73㌣安の178.12㌦と相場下落となった。高安値幅127㌣と下落となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では△2.02%、騰落レシオで100.93%と安値圏で円建てでは3日続伸し、週間では7週ぶり上昇に転じ巨大機関投資家の観測通り裁定解消売となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は清算値が前週末比33ポイント(2.97%)安の1075だった。売買高は2549枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

901


さあ皆様こんにちは、901日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。901日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均先物は変わらず、Topix先物は反落したがドル建日経平均、日経平均、Topixは続伸した。新興株01日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション9月物ではバランスシート縮小問題に加え、北朝鮮建国記念日懸念は継続したものの、米国GDP上昇修正や良好ADP雇用統計受け良好雇用統計による金利利上げ継続期待復活や米国財政崖警戒感減少に加えハリケーンハービィー懸念や良好な9月消費者信頼感指数により米国長期金利が上昇しドル高を迎え昨日米国指数上昇したのも加わり、欧米株高となりドル建て日経平均では900179.20㌦と寄付、900に最高値179.23㌦を記録後、裁定解消を誘う先物売を含む決算悪化バリュー・シクリカル銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型バリュー銘柄にも入り1017に前場安値178.62㌦を記録後、PCIデフレーターからインフレ鈍化でナスダック上昇による半導体上昇を受け裁定買を誘う先物買と同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がグロース値嵩銘柄に入り1125に前場高値178.94㌦を付けると決算悪化型バリュー・シクリカル銘柄に「カバードコール戦略」が入り1130178.92㌦を付け、前場引では1㌦22㌣高の178.90㌦を付け、後場寄付12:30178.72㌦を付け後、「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型バリュー銘柄にも入り1245に最安値178.38㌦を記録し保合状況になり1406に後場安値178.51㌦と陽線を形成し二本の差込線を形成し実体経済強さからㇺニューシン発言でリスク資産逆回転買戻が始まり「リバーサル戦略」がグロース値嵩シクリカル銘柄に入り14401446に後場高値178.98㌦を付け決算悪化型バリュー・シクリカル銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り1500に前日比118㌣高の178.86㌦を付け「コンバージョン戦略」がバリュー値嵩銘柄に入り、大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家によるロングストラドル戦略を実行後ヘッジで裁定買を誘う先物買を行ったためコールとプットがともに下落し膠着し週末意識したために、前日比117㌣高の178.85㌦と相場回復上昇となった。高安値幅85㌣と上昇となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では△0.74%、騰落レシオで107.00%と安値圏で円建てでは3日続伸し、週間では7週ぶり上昇に転じ巨大機関投資家の観測通り買戻発生となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物の清算値は7ポイント(0.64%)高い1108だった。1656枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

831


さあ皆様こんにちは、831日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。831日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は反発し、日経平均、日経平均先物、TopixTopix先物は続伸した。新興株31日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション9月物では北朝鮮地政学的リスク低下、米国GDP上昇修正や良好ADP雇用統計受け良好雇用統計による金利利上げ継続期待復活や米国財政崖警戒感減少に加え良好な9月消費者信頼感指数やにより米国長期金利が上昇しドル高を迎え昨日米国指数上昇したのも加わり、ドル建て日経平均では900177.36㌦と寄付、902に最安値177.22㌦を記録後、裁定買を誘う先物買と同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がグロース値嵩銘柄に入り1010に前場高値177.97㌦を付け、裁定解消を誘う先物売を含む決算悪化バリュー・シクリカル銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型バリュー銘柄にも入り1050に前場安値177.48㌦を記録後、中国PMIが強いことから裁定買を誘う先物買と同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がグロース・値嵩景気敏感銘柄に入り1127に前場高値177.82㌦を付け高値膠着を迎え1129177.82㌦を付けると決算悪化型バリュー・シクリカル銘柄に「カバードコール戦略」が入り1130177.81㌦を付け、前場引では28㌣高の177.74㌦を付け、後場寄付12:30177.76㌦を付け後、「リバーサル戦略」がグロース値嵩シクリカル銘柄に入り1325に最高値178.15㌦を付け決算悪化型バリュー・シクリカル銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り1500に前日比33㌣高の177.79㌦を付け「コンバージョン戦略」がバリュー値嵩銘柄に入り、大引を迎えるとオプションでは巨大機関投資家によるロングストラドル戦略を実行後ヘッジで裁定買を誘う先物買を行ったためコールが総じて買われ、プットは売られたために、前日比22㌣高の177.68㌦と相場回復上昇となった。高安値幅93㌣と上昇となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では△0.02%、騰落レシオで104.99%と安値圏で巨大機関投資家の観測通り買戻発生となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は上昇した。清算値は5ポイント(0.46%)高の1101だった。750枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

830


さあ皆様こんにちは、830日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。830日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均だけが反落し、日経平均、日経平均先物、TopixTopix先物は反発した。新興株30日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション9月物では北朝鮮地政学的リスク警戒感が後退しトランプ大統領慎重発言や良好な9月消費者信頼感指数により米国長期金利が上昇しドル・金高を迎え昨日米国指数上昇したのも加わり寄付き高値で開始され、ドル建て日経平均では900177.50㌦と寄付後、過去同様の債務上限問題テクニカルデフォルト再燃問題、金利低下株安から発生した政府閉鎖問題等残存問題や北朝鮮ミサイル着弾問題から裁定解消を誘う先物売を含む決算悪化グロース・シクリカル銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄にも入り0909に最安値177.02㌦を記録後、上記で指摘した警戒感後退から裁定買を誘う先物買と同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がバリュー値嵩銘柄に入り1001に前場高値177.53㌦を付け高値膠着を迎え1038177.52㌦を付けると決算悪化型グロース・シクリカル銘柄に「カバードコール戦略」が入り1120に前場安値177.23㌦を記録し「リバーサル戦略」が円高メリット成長神話含み大型バリュー値嵩銘柄に入り1130177.35㌦を付け、前場引では46㌣安の177.35㌦を付け、後場寄付12:30177.43㌦を付け後、「リバーサル戦略」がバリュー値嵩銘柄に入り1309に後場高値177.47㌦を付け決算悪化型グロース・シクリカル銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り、1303に後場安値177.42㌦を付け「リバーサル略」が円高メリット成長神話含み大型高配当バリュー値嵩銘柄に入ることで、1409に最高値177.94㌦をつけ「コンバージョン戦略」が入り1500に前日比10㌣安の177.71㌦を付け「コンバージョン戦略」がグロース値嵩銘柄に入り、大引を迎えるとオプションではコールが買われ、プットは下落したために、前日比35㌣安の17746㌦と相場回復となった。高安値幅92㌣と下落となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では▼2.11%、騰落レシオで102.97%と安値圏で巨大機関投資家の観測通り買戻発生となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は反発し、清算値は3ポイント(0.27%)高の1096だった。1013枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

829


さあ皆様こんにちは、829日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。829日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり日経平均、日経平均先物は続落したが、ドル建日経平均、TopixTopix先物は反落した。新興株29日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション9月物では米国長期金利ではトランプ大統領人気で一旦上昇したが人種問題に発展したバージニア問題やメキシコ壁建設問題から端を発する債務上限問題への発言等に加え、ジャクソンホールでのイエレン議長とドラギ総裁発言が予想通りでなく金融緩和できず修正できないという事やドラギ総裁ユーロ高牽制無発言を受け格付期間フィッチが米国格下げを検討し金利上昇のはずが下落し8月から米国株も低迷中になり「金利下落後米株上昇」という筋書きが成立しなくなりさらに、北朝鮮ミサイル発射問題による地政学的リスクが発生した。これらを受け米国世界最大ヘッジファンドが強気から弱気に転換しパルマフューチャラルインシュアランス年金基金が大統領自体をリスク化と考え景気不安になり金利が下がると認識し日米株価が下落する流れである米国株での運用比重減額という事態に陥っている。さらに日本株がアルゴニズムによる先物を使用した裁定取引による裁定解消により円買・株売に対する大引にかけ裁定買を誘う先物買戻が発生し、米株価からユーロに資金流入し米株は日本のパッシブ運用で支えられている面も懸念され日本株が更に現金化されている。これらの懸念から現物先物併せて17千億円先物売りが入り4週現物売りで8千億円分日経平均先物売りが巨大機関投資家間において顕著となり巨大機関投資家による円高にしながら株先物を売る買戻しも含めた持高を解消する調整が始まり相場が下落した。ドル建て日経平均では900177.72㌦と寄付後905に前場高値177.91㌦を付け、北朝鮮ミサイル着弾問題から裁定解消を誘う先物売を含む決算悪化グロース・シクリカル銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄にも入り0918に前場安値177.38㌦を記録後、裁定買を誘う先物買と同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がバリュー値嵩銘柄に入り955に前場高値177.93㌦を付け決算悪化型グロース・シクリカル銘柄に「カバードコール戦略」が入り1102に最安値177.36㌦を記録し「リバーサル戦略」が円高メリット成長神話含み大型バリュー値嵩銘柄に入り1130177.65㌦を付け、前場引では55㌣安の177.67㌦を付け、後場寄付12:30177.72㌦を付け後、決算悪化型グロース・シクリカル銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り、1240に後場安値177.59㌦を付け「リバーサル略」が円高メリット成長神話含み大型バリュー値嵩銘柄に入ることで、1412に最高値177.98㌦をつけ「コンバージョン戦略」が入り1436に後場安値177.76㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1500に前日比27㌣安の177.94㌦を付け「コンバージョン戦略がバリュー値嵩銘柄に入り、大引を迎えるとオプションではコールが総じて売られ、プットは買われたために、前日比40㌣高の177.81㌦と相場下落となった。高安値幅62㌣と下落となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では▼4.36%、騰落レシオで96.60%と安値圏で巨大機関投資家の観測通り戻売発生となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は反落した。清算値は6ポイント(0.55%)安の1093だった。904枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

828


さあ皆様こんにちは、828日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。828日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり日経平均、日経平均先物は反落したが、ドル建日経平均、TopixTopix先物は続伸した。新興株28日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション9月物では米国長期金利ではトランプ大統領人気で一旦上昇したが人種問題に発展したバージニア問題やメキシコ壁建設問題から端を発する債務上限問題への発言等に加え、ジャクソンホールでのイエレン議長とドラギ総裁発言が予想通りでなく金融緩和できず修正できないという事やドラギ総裁発言を受け格付期間フィッチが米国格下げを検討し金利上昇のはずが下落し8月から米国株も低迷中になり「金利下落後米株上昇」という筋書きが成立しなくなった。これらを受け米国世界最大ヘッジファンドが強気から弱気に転換しパルマフューチャラルインシュアランス年金基金が大統領自体をリスク化と考え景気不安になり金利が下がると認識し日米株価が下落する流れである米国株での運用比重減額という事態に陥っている。さらに日米株価からユーロに資金流入し米株は日本のパッシブ運用で支えられている面も懸念され日本株が更に現金化されている。これらの懸念から現物先物併せて17千億円先物売りが入り4週現物売りで8千億円分日経平均先物売りが巨大機関投資家間において顕著となり巨大機関投資家による円高にしながら株先物を売る持高を解消する調整が始まり相場が下落した。ドル建て日経平均では900178.37㌦と寄付後903に前場高値178.60㌦を付け、裁定解消を誘う先物売を含む決算悪化グロース・シクリカル銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄にも入り0933に最安値177.96㌦を記録後、裁定買を誘う先物買と同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がバリュー値嵩銘柄に入り956に前場高値178.21㌦を付け決算悪化型グロース・シクリカル銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り1124に前場安値177.99㌦を記録し「リバーサル戦略」がバリュー値嵩銘柄に入り1130178.05㌦を付け、前場引では58㌣高の178.03㌦を付け、後場寄付12:30178.28㌦を付け後、決算悪化型グロース・値嵩銘柄に「カバードコール戦略」が入り、1240に後場安値178.00㌦を付け「リバーサル略」がバリュー値嵩銘柄に入ることで、1426に後場高値178.30㌦をつけ「コンバージョン戦略」が入り1500に前日比74㌣高の178.51㌦を付け「リバーサル略」がバリュー値嵩銘柄に入り、大引を迎えるとオプションではコール、プットともに下落したために、前日比76㌣高の178.21㌦と相場膠着となった。高安値幅64㌣と下落となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では▼3.13%、騰落レシオで98.06%と安値圏で巨大機関投資家の観測通り戻売発生となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は続伸した。清算値は10ポイント(0.92%)高の1099だった。715枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

825


さあ皆様こんにちは、825日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。825日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、日経平均先物、TopixTopix先物は反発した。新興株25日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション9月物ではジャクソンホールでのイエレン議長とドラギ総裁発言の懸念から現物先物併せて17千億円先物売りが入り4週現物売りで8千億円分日経平均先物売りが巨大機関投資家間において顕著となり今晩のジャクソンホールで問題が起きそうにないという観測からこれまでの危機に対するヘッジ大幅買戻が開始となりドル円がドル高に振れ寄付き高で開始し後場堅調で巨大機関投資家による円高にしながら株先物を売る重要主催物前の持高を解消する調整が始まり来週も先物買戻観測があり6週連続連続マイナスの巻戻から本日大引け時ではプレミアムフライデーでの初の上昇反発局面を迎えることになった。即ち先物売持高を買戻で消して行く戻試週の入り口になっていると推測できる。背景には業績伸長が裏付けで下落しがたいため売手仕舞が速まり実体良好さが再評価されているのだろう。ドル建て日経平均では900177.16㌦と寄付後905に前場安値176.93㌦を付け裁定買を誘う先物買の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がグロース銘柄に入り、942に前場高値177.28㌦を付け、裁定解消を誘う先物売を含む決算悪化グロース銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型バリュー銘柄にも入り1028に最安値176.86㌦を記録後、裁定買を誘う先物買と同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がグロース・バリュー値嵩銘柄に入り1130177.32㌦を付け、決算悪化型グロース・シクリカル銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り前場引では08㌣安の177.24㌦を付け、後場寄付12:30177.39㌦を付け後、決算悪化型グロース・値嵩銘柄に「リバーサル戦略」が入ることで、1255に後場高値177.75㌦を付け「カバードコール戦略」が入り、1305に後場安値177.49㌦を付け「リバーサ略」がバリュー及びグロース銘柄に入ることで、1422に最高値177.77㌦をつけ「カバードコール戦略」が入り1500に前日比19㌣高の177.51㌦を付け「コンバージョン戦略」がグロース値嵩銘柄に入り、大引を迎えるとオプションではけてコールが軒並み上昇し、プットは下落したために、前日比13㌣高の177.45㌦と上昇反発となった。高安値幅91㌣と下落となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では▼3.19%、騰落レシオで95.97%と安値圏で巨大機関投資家の観測通り買戻発生となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は反発した。清算値は4ポイント(0.37%)高の1089だった。541枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

824


さあ皆様こんにちは、824日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。824日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、日経平均先物、TopixTopix先物は反落した。新興株24日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション9月物では米大統領がメキシコ国境の壁建設に関する予算確保が出来なければ政府機関の閉鎖も辞さないと言及し政権運営の力懸念や前日の上値の重さから200日移動平均線に向かって巨大機関投資家関係者が同一限月のオプションで、権利行使価格が同じコールとプットを売る「ショートストラドル戦略と同時に先物ヘッジ買戻」が入り、プレミアム狙いのコール売りも観測され、ドル建て日経平均では900177.85㌦と寄付後905に前場安値177.74㌦を付け裁定買を誘う先物買の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り、916に最高値178.04㌦を付け、裁定解消を誘う先物売を含む決算悪化グロース銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄にも入り0954に前場安値177.61㌦を記録後、裁定買を誘う先物買と同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がバリュー値嵩銘柄に入り1020177.93㌦を付け決算悪化型グロース・シクリカル銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り1105に午前安値177.65㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー値嵩銘柄に入り1130177.80㌦を付け、「コンバージョン戦略」が継続入し前場引では13㌣高の177.76㌦を付け、後場寄付12:30177.72㌦を付け1247に後場安値177.66㌦を記録後、決算悪化型グロース・値嵩銘柄に「リバーサル戦略」が入ることで、1245に後場高値177.72㌦を付け、為替が109円台前半での高止まりが嫌気されジャクソンホールでのドラギ総裁やイエレン議長講演控えての手控え様子見により「カバードコール戦略」が入り1434に後場安値177.37㌦を付け「リバーサ略」がバリュー銘柄に入ることで、1445に後場高値177.59㌦をつけ「コンバージョン戦略」が入り1500に前日比22㌣安の177.41㌦を付け「コンバージョン戦略」がグロース値嵩銘柄に入り、大引を迎えるとオプションではコールがおおむね下落し一方、プットは上げ下げまちまちで観測されたために、前日比31㌣安の177.32㌦と相場下落となった。高安値幅72㌣と下落となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では▼4.80%、騰落レシオで98.55%と安値圏で巨大機関投資家の観測通り買戻発生となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は前日比横ばいとなり、清算値は1085だった。1497枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

823


さあ皆様こんにちは、823日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。823日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、日経平均先物は反発し、TopixTopix先物は続伸した。新興株23日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション9月物では前日の米株高やトランプ政権による税制改革推進で米長期金利が上昇しドル高になり投資家安心感の戻りから寄付き高値で開始され米大統領支持者講演で債務上限問題に触れドル安になり5日移動平均線が20日移動平均を下越えしミニデッドクロス状況になり3か月線がピークアウトしたことから調整含みの下落相場入りとなったが昼休み時間中にメキシコ国境との壁建設に前向きなトランプ大統領発言が報道され200日移動平均線に向かって巨大機関投資家関係者が同一限月のオプションで、権利行使価格が同じコールとプットを売る「ショートストラドル戦略と同時に先物ヘッジ買戻」が入り、プレミアム狙いのコール売りも観測され、ドル建て日経平均では900178.17㌦と寄付後900に高値178.20㌦を付け、裁定解消を誘う先物売を含む決算悪化バリュー銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型バリュー銘柄にも入り1118に前場安値177.53㌦を記録後、裁定買を誘う先物買の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がグロース値嵩銘柄に入り1130177.62㌦を付け、「リバーサル戦略」が継続入し前場引では12㌣高の17764㌦を付け、後場寄付12:30177.62㌦を付け1233に後場安値177.40㌦を記録後、決算悪化型グロース・値嵩銘柄に「リバーサル戦略」が入ることで、1336に後場高値177.76㌦を付け、メキシコ国境との壁建設に前向きなトランプ大統領発言が報道され「カバードコール戦略」が入り1434に後場安値177.43㌦を付け「リバーサル戦略」がグロース銘柄に入ることで、1500に前日比1㌣高の177.53㌦を付け「リバーサル戦略」がグロース値嵩銘柄に入り、大引を迎えるとオプションではコールが軒並み買われた一方で、プレミアム狙いのコール売りも観測されプットとも総じて売られたために、前日比11㌣高の177.63㌦となった。高安値幅80㌣と下落となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では▼3.68%、騰落レシオで100.66%と安値圏で巨大機関投資家の観測通り買戻発生となったが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物の清算値は6ポイント(0.56%)高の1085だった。1170枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

822


さあ皆様こんにちは、822日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。822日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、日経平均先物は続落し一方でTopixTopix先物は反発した。新興株22日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション9月物では5日移動平均線が20日移動平均を下越えしミニデッドクロス状況になり3か月線がピークアウトしたことから調整含みの下落相場入りとなった。期待インフレの低下などで米長期金利は低下してきており、方向感はまだ円高で北朝鮮は22日、米国が米韓合同軍事演習への警告を無視したため「無慈悲な報復」に直面するだろうと警告し一方、ハリス米太平洋軍司令官は「米国は北朝鮮のミサイルを破壊する能力に自信」と会見で述べECBによる出口政策におけるテーパトラム再燃回避で北朝鮮による地政学的リスクに加え米国政治不安即ちトランプ大統領レームダックによる政権政策実現難で200日移動平均線に向かって巨大機関投資家関係者が同一限月のオプションで、権利行使価格が同じコールとプットを売る「ショートストラドル戦略と同時に先物ヘッジ買戻」が入り、ドル建て日経平均では900177.75㌦と寄付後906に高値177.95㌦を付け、裁定解消を誘う先物売を含む決算悪化グロース・値嵩銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄にも入り0936に前場安値17749㌦を記録後、裁定買を誘う先物買の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り1024に最高値177.96㌦を付け、決算悪化型グロース・シクリカル銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り1049に前場安値177.47㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り1130177.68㌦を付け、「リバーサル戦略」が継続入し前場引では12㌣高の177.71㌦を付け、後場寄付12:30177.71㌦を付け1237に後場高値177.74㌦を記録後三尊天井を形成し、決算悪化型グロース・値嵩銘柄に「カバードコール戦略」が入り1412に最安値177.23㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入ることで、1445に後場高値177.54㌦を付け「コンバージョン戦略」がグロース銘柄に入ることで、1500に前日比19㌣安の177.40㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り、大引を迎えるとオプションではコール、プットとも総じて下落したために、前日比07㌣安の177.52㌦となった。高安値幅73㌣と下落となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では▼4.54%、騰落レシオで98.68%と安値圏で巨大機関投資家の観測通り下落したが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は3営業日ぶりに反発した。清算値は4ポイント(0.37%)高の1079だった。940枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

821


さあ皆様こんにちは、821日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。821日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、日経平均先物、及びTopixTopix先物は続落した。新興株21日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション9月物では週明け後外部落着き3日続落後小反発で開始したが北朝鮮による地政学的リスクに加え米国政治不安即ちトランプ大統領れーむダックによる政権政策実現難で200日移動平均線に向かって巨大機関投資家関係者が同一限月のオプションで、権利行使価格が同じコールとプットを売る「ショートストラドル戦略と同時に先物ヘッジ買戻」が入り、ドル建て日経平均は900178.49㌦と高値寄付後、裁定解消を誘う先物売を含む決算悪化グロース・値嵩銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄にも入り1008に前場安値177.39㌦を記録後、裁定買を誘う先物買の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り1045に前場高値177.55㌦を付け、決算悪化型グロース・シクリカル銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り1106に最安値177.34㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り1130177.51㌦を付け、「コンバージョン戦略」が入り前場引では64㌣安の177.49㌦を付け、後場寄付12:30178.33㌦を付け1236に後場高値178.42㌦を記録後、決算悪化型グロース・値嵩銘柄に「カバードコール戦略」が入り一陽介在八連陰」を迎え最後の抱き線を形成し1340に最安値177.78㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入ることで、1230に後場高値177.57㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入ることで、1315に高値177.66㌦を付け「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄にも入り1346177.46㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入ることで、1446に後場高値177.72㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1500に前日比1㌦66㌣安の177.47㌦を付け「リバーサル戦略」がグロース銘柄に入り、大引を迎えるとオプションではコールが下げ、プットは上昇したために、前日比54㌣安の177.59㌦となった。高安値幅115㌣と下落となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では▼4.49%、騰落レシオで101.03%と安値圏で巨大機関投資家の観測通り下落したが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は続落した。清算値は10ポイント(0.92%)安の1075だった。864枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

818


さあ皆様こんにちは、818日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。818日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均が反落し、日経平均、日経平均先物、及びTopixTopix先物は続落した。新興株18日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション9月物では継続中の北東亜細亜地政学的リスクやトランプ政権政策不信感による政治的リスクに加えFOMC及びECB議事録が弱いインフレ動向で利上回数減懸念によるものや米国のバランスシート縮小、欧州中央銀行のテーパリング開始から秋以降の世界株の行方に加え米国の経済指標改善を受けて金利上昇による過剰流動性相場への悪影響や米金利上昇による世界株の上値を押が懸念され長期金利低下を招きドル安になり頭が重く欧米株と連動下げを引き起こし、内需及び値嵩テクノロジー銘柄が強く設備投資が日本で増加したため19,000円プット建玉が多いことを受け巨大機関投資家関係者が同一限月のオプションで、権利行使価格が同じコールとプットを買う「ロングストラドル戦略」が打たれた。これらの影響から地政学的リスクを熟しドル建て日経平均は900179.17㌦と高値寄付後、決算悪化型グロース・シクリカル銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り906に最安値178.12㌦を付け決算悪化型グロース・シクリカル・値嵩銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り922に前場安値177.81㌦を記録し、裁定買を誘う先物買の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り1008に最高値178.52㌦に達したが上記で指摘した原因から巨大機関投資家が裁定解消を誘う先物売を含む決算悪化グロース・値嵩銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄にも入り1123に前場安値178.09㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り1130178.24㌦を付け、「リバーサル戦略」が継続して入り前場引では1㌦10㌣安の178.25㌦を付け、後場寄付12:30178.33㌦を付け1236に後場高値178.42㌦を記録後、決算悪化型グロース・値嵩銘柄に「カバードコール戦略」が入り一陽介在八連陰」を迎え最後の抱き線を形成し1340に最安値177.78㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入ることで、1230に後場高値178.07㌦を付け「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄にも入り1440177.97㌦を付け二本の差込線を確認後「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入ることで、1500に前日比1㌦25㌣安の178.10㌦を付け「リバーサル戦略」がグロース銘柄に入り、大引を迎えるとオプションではコールが軒並み売られ、プットは総じて買われたために、前日比1㌦22㌣安の178.13㌦となった。高安値幅74㌣と下落となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では▼3.40%、騰落レシオで99.77%と安値圏で巨大機関投資家の観測通り大幅下落したが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物の清算値は12ポイント(1.09%)安の1085だった。1600枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 817


さあ皆様こんにちは、817日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。817日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均だけは反発したが、日経平均、日経平均先物、及びTopixTopix先物は続落した。新興株17日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション9月物では北朝鮮による地政学的リスクやトランプ政策助言2団体の崩壊に加えFOMC議事録が弱いインフレ動向で利上回数減懸念や金委員長発言による買場発生や米国のバランスシート縮小、欧州中央銀行のテーパリング開始から秋以降の世界株の行方に加え米国の経済指標改善を受けて金利上昇による過剰流動性相場への悪影響や米金利上昇による世界株の上値を押が懸念され頭が重く内需及び値嵩テクノロジー銘柄が強く設備投資が日本で増加したため19,000円プット建玉が多いことを受け巨大機関投資家関係者が同一限月のオプションで、権利行使価格が同じコールとプットを買う「ロングストラドル戦略」が打たれた。これらの影響から地政学的リスクを熟しドル建て日経平均は900179.17㌦と高値寄付後、決算悪化型グロース・シクリカル銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り906に最安値178.97㌦を付け裁定買を誘う先物買の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り1122に一瞬最高値179.64㌦に達したが上記で指摘した原因から巨大機関投資家が裁定解消を誘う先物売を含む決算悪化グロース・値嵩銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄にも入り1130179.59㌦を付け、「カバードコール戦略」が継続して入り前場引では1㌦11㌣高の179.44㌦を付け、後場寄付12:30179.49㌦を付け決算悪化型グロース・値嵩銘柄に「カバードコール戦略」が再び入り1240に後場安値179.36㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入ることで、1250に後場高値179.6㌦を付け「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄にも入り1455179.26㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入ることで、1500に前日比1㌦09㌣高の179.42㌦を付け「コンバージョン戦略」がグロース銘柄に入り、大引を迎えるとオプションではコールが下げ、プットもさえなかったために、前日比1㌦02㌣高の179.35㌦となった。高安値幅67㌣と下落となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では0.09%、騰落レシオで102.57%と安値圏で巨大機関投資家の観測通り下落したが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は3日続伸した。清算値は8ポイント(0.73%)高の1097だった。1464枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

816


さあ皆様こんにちは、816日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。816日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、日経平均先物、及びTopixTopix先物は反落した。新興株16日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション9月物では北朝鮮による地政学的リスクや金委員長発言による買場発生や米国のバランスシート縮小、欧州中央銀行のテーパリング開始から秋以降の世界株の行方に加え米国の経済指標改善を受けて金利上昇による過剰流動性相場への悪影響や米金利上昇による世界株の上値を押が懸念され頭が重く内需強く設備投資が日本で増加したため19,000円プット建玉が多いことを受け巨大機関投資家関係者が同一限月のオプションで、権利行使価格が同じコールとプットを買う「ロングストラドル戦略」が打たれた。この影響から地政学的リスクを熟しドル建て日経平均は900178.60㌦と高値寄付後、決算悪化型グロース・シクリカル・値嵩ハイテク銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り906に前場安値178.28㌦を付け裁定買を誘う先物買の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り925に一瞬最高値178.71㌦に達したが上記で指摘した原因から巨大機関投資家が裁定解消を誘う先物売を含む決算悪化グロース・値嵩銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄にも入り0955に最安値17817㌦をつけ、巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買の「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入ることで、1128に前場高値178.52㌦を付け決算悪化型グロース・値嵩ハイテク銘柄に「コンバージョン戦略」が入り1130178.51㌦を付け、「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り前場引では49㌣安の178.53㌦を付け、後場寄付12:30178.54㌦を付け決算悪化型グロース・値嵩銘柄に「コンバージョン戦略」が入り1236に後場安値178.45㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に日銀ETF買として入ることで、1255に後場高値178.6㌦を付け「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄にも入り1445178.30㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に日銀ETF買として入ることで、1450178.45㌦を付け決算悪化型グロース・値嵩銘柄に「コンバージョン戦略」が入りオプションではコール、プットとも総じて下落し1500に前日比71㌣安の178.31㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り、大引を迎えると前日比69㌣安の178.33㌦となった。高安値幅54㌣と下落となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では0.49%、騰落レシオで106.11%と安値圏で巨大機関投資家の観測通り下落したが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は続伸した。清算値は21ポイント(1.97%)高の1089だった。1583枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

810


さあ皆様こんにちは、810日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。810日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、日経平均先物、及びTopixは続落した一方でTopix先物は反発した。新興株10日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション8月物SQ確定値は日経平均型で19,825.92円、Topix型で1620.91pであった。日経平均オプション9月物では北朝鮮による地政学的リスクからNY続落、ナスダックとS&P500は下落し弱い米国経済指標から単位当たり労働コスト即ち賃金上昇見込めないことによる10年債利回り若干低下に繋がりドル安を迎えた。引続きプットサイド優勢の展開に加え昨日下げた反動で、ドル建て日経平均は900179.91㌦と高値寄付後、裁定買を誘う先物買の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り915に一瞬最高値180.05㌦に達したが上記で指摘した原因から巨大機関投資家が裁定解消を誘う先物売を含む決算悪化グロース・値嵩銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄にも入り1000に前場安値179.38㌦をつけ巨大機関投資家による自己勘定のETF買を含む裁定買を誘う先物買の「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入ることで、1010に前場高値179.74㌦を付け決算悪化型グロース・値嵩ハイテク銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り1124に前場安値179.23㌦を記録し「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り1130179.39㌦を付け、前場引では09㌣安の17945㌦を付け、後場寄付12:3017920㌦を付け決算悪化型グロース・値嵩銘柄に「コンバージョン戦略」が入り1237に最安値179.02㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に日銀ETF買として入ることで、コールとプットともに下落が目立った。連休前の株式相場の小動きを背景に、時間的価値の低下を意識した売りが先行した。ただ先安観から権利行使価格が1万9500円以下のプットの一部は上昇し1500に前日比15㌣安の179.39㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り、大引を迎えると前日比12㌣安の179.42㌦となった。高安値幅103㌣と大幅下落となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では062%、騰落レシオで105.08%と安値圏で巨大機関投資家の観測通り大幅下落したが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は、清算値が前日比12ポイント(1.10%)安の1078で、売買高は1778枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

809


さあ皆様こんにちは、809日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。89日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は続落しTopix先物、日経平均、日経平均先物、及びTopixは続落した。新興株9日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション8月物では米求人労働移動調査の強い結果を受けて、夜間ドル高になったが朝方の北朝鮮による『核弾頭小型化成功』、『北朝鮮がアンダーセン空軍基地を射程圏内に入れグアム攻撃準備』という報道を受け長期金利が下落し日中ドル安進行となり寄付で北朝鮮による地政学的リスクによりアジア株も含め、オプションSQ週でもあり引続きプットサイド優勢の展開で、ドル建て日経平均は900181.00㌦と高値寄付後、901に一瞬最高値181.15㌦に達したが上記で指摘した原因から巨大機関投資家が裁定解消を誘う先物売を含む決算悪化グロース・値嵩銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄に入り0951に前場最安値179.42㌦をつけ裁定買を誘う先物買の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入ることで、1025に前場高値179.79㌦を付け決算悪化型グロース・値嵩ハイテク銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り1130179.69㌦を付け、前場引では118㌣安の179.64㌦を付け、後場寄付12:30179.63㌦を付け決算悪化型グロース・値嵩銘柄に「コンバージョン戦略」が入り1245に最安値179.03㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入ることで、1330に後場高値179.49㌦を形成し決算悪化グロース・値嵩銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含む「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄に入り1416179.16㌦をつけ「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り1436179.49㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り、コールが軒並み下落、プットは総じて上昇し1500に前日比133㌣安の179.49㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り、大引を迎えると前日比128㌣安の179.54㌦となった。高安値幅212㌣と大幅下落となり、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では0.84%、騰落レシオで108.42%と安値圏で巨大機関投資家の観測通り大幅下落したが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は反落した。清算値は28ポイント(2.5%)安の1090だった。3028枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

808


さあ皆様こんにちは、808日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。88日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は続落しTopix先物、日経平均、日経平均先物、及びTopixは反 落した。新興株8日の日経ジャスダック平均は続伸し、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション8月物ではドル安により欧米株が堅調となりドル建て日経平均が180㌦から183㌦処での膠着が続く中、オプションSQ週でもあり引続きプットサイド優勢の展開で、ドル建て日経平均は900181.13㌦と高値寄付後、906に一瞬最高値181.26㌦に達したが中国7月貿易統計伸率予想未達に加え上海総合寄安開始等で前日終値水準での揉合から裁定解消を誘う先物売を含む決算悪化グロース・値嵩ハイテク銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄に入り1050に最安値180.52㌦をつけ裁定買を誘う先物買の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入ることで、1130180.74㌦を付け、前場引では44㌣安の180.71㌦を付け、後場寄付12:30180.74㌦を付け決算悪化型グロース・値嵩ハイテク銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り1249に後場最安値180.63㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入ることで、13254135414:20に後場高値である山を形成しさ尊天井を形成し決算悪化グロース・値嵩ハイテク銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含む「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄に入り1453180.65㌦をつけ「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り、コールは総じて下落しプットは株価水準を上回る権利行使価格の「イン・ザ・マネー」以外は下げが目立ち1500に前日比29㌣安の180.86㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り、大引を迎えると前日比33㌣安の180.82㌦となった。高安値幅58㌣をつけ、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では4.86%、騰落レシオで110.88%と中立圏で世界的契機回復を見越した巨大機関投資家の観測通りとなったために下落したが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は反発した。清算値は8ポイント(0.72%)高の1118だった。2151枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

807


さあ皆様こんにちは、807日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。87日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は反落しTopix先物、日経平均、日経平均先物、及びTopixは反発した。新興株4日の日経ジャスダック平均は続伸した一方で、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション8月物では平均賃金が時間当たりで予想以上の進捗が出たことから週末雇用統計が良好となり9月にバランスシート縮小着手による米国長期債上昇でドル高になった。為替影響分が無いドル建て日経平均が180㌦から183㌦処での膠着が続く中、オプションSQ週でもあり引続きプットサイド優勢の展開になっている。ドル建て日経平均は寄付間際901180.87㌦まで下押す場面もみられ裁定買を誘う先物買の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入ることで、10:45に最高値181.42㌦を記録後、決算悪化型グロース・値嵩ハイテク銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り1106181.24㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り1130181.40㌦を付け、前場引では23㌣高の181.40㌦を付け、後場寄付12:30181.37㌦を付け決算悪化グロース・値嵩ハイテク銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄に入り1425181.16㌦をつけ「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入ることで、後場高値181.33㌦を記録し「カバードコール戦略」が入り巨大機関投資家関係者が同一限月のオプションで、権利行使価格が同じコールとプットを買う「ロングストラドル戦略」が打たれた。この影響から、1500に前日比01㌣高の181.18㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り、大引を迎えると前日比02㌣安の181.15㌦となった。高安値幅135㌣をつけ、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では5.95%、騰落レシオで113.29%と中立圏で世界的契機回復を見越した巨大機関投資家の観測通りとなったために上昇したが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は反落した。清算値は8ポイント(0.72%)安の1110だった。1827枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

804


さあ皆様こんにちは、804日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。84日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は反発しTopix先物は不変であったが、日経平均、日経平均先物、及びTopixは続落した。新興株4日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション8月物では財政拡張政策督促相場入化しハイテク銘柄売を除く米国市場は良好だが政治に対する不透明感、債務上限問題懸念、ダウ輸送株指数下落や経済指標悪化を受け日米金利差縮小し欧米市場金利低下を迎えドル安円高で先物を使用し、決算材料発表後市場及び社内予想下落(下方修正)銘柄、通期計画修正しない銘柄、値嵩主力ハイテク銘柄や大型グロース銘柄に売りが集中し決算良好兼通期計画上昇修正・大型バリュウー銘柄に買戻資金が集中した。これらを受けドル建て日経平均が180㌦から183㌦処での膠着が続く中、引続きプットサイド優勢の展開になっている。ドル建て日経平均は現物の前引け間際に181.29㌦まで下押す場面もみられた。しかし、これにより午後は日銀のETF買い入れへの思惑が高まり、現物の後場寄付間際には181㌦を回復しその後は180.9-182㌦での狭いレンジ取引が継続し、下値の堅さからコールにも関心が向かいやすいが、節目での膠着であり、戻りの鈍さなどから、戻売スタンスでのプットといった処となった。と巨大機関投資家関係者が指摘という観測報道を受け同一限月のオプションで、権利行使価格が同じコールとプットの買う「ロングストラドル戦略」が打たれた。この影響から、9:00に寄付で181.55㌦と開始後、決算悪化型グロース・値嵩ハイテク銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り915に前場安値181.41㌦を付け裁定買を誘う先物買の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入ることで、9:41に最高値181.75㌦を記録後三羽鳥が出現し、決算悪化グロース・値嵩ハイテク銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄に入り1051に前場安値181.20㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り1123に前場高値181.23㌦を付け決算悪化型グロース銘柄に「コンバージョン戦略」が入り1130181.29㌦を付け、前場引では28㌣高の181.27㌦を付け、後場寄付12:30181.34㌦を付け1215に後場高値181.5㌦を記録後、決算悪化型グロース・値嵩ハイテク銘柄に「コンバージョン戦略」が入り1348に後場安値181.32㌦を記録し好決算型大型バリュー銘柄に二本の差込線を確認後「リバーサル戦略」が入り1406に後場高値181.48㌦を付け決算悪化型グロース銘柄に「カバードコール戦略」が裁定解消の形で入り1446に後場最安値181.26㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入りオプション取引では先物を駆使しコールが軒並み売られ、プットは総じて買われた形で入り1500に前日比29㌣高の181.28㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り、大引を迎えると前日比18㌣高の181.17㌦となった。高安値幅55㌣をつけ、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では4.58%、騰落レシオで104.95%と中立圏で世界的契機回復を見越した巨大機関投資家の観測通りとなったために下落したが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物の清算値は8ポイント(0.72%)高い1118だった。1668枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

803


さあ皆様こんにちは、803日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月3日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は続落したが、Topix先物、日経平均、日経平均先物、及びTopixは反落した。新興株3日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション8月物では賃金低下でコアPCE鈍化し2018年以降金利利上上昇速度弱体化懸念が市場にある事からADP雇用統計が市場予想より悪化し米金利水準下落傾向を受けドル安となりドル建て日経平均が180㌦から183㌦処での膠着が続く中、引続きプットサイド優勢の展開になっている。ドル建て日経平均は現物の前引け間際に180.62㌦まで下押す場面もみられた。しかし、これにより午後は日銀のETF買い入れへの思惑が高まり、現物の後場寄付間際には181㌦を回復しその後は180.9-181㌦での狭いレンジ取引が継続し、下値の堅さからコールにも関心が向かいやすいが、節目での膠着であり、戻りの鈍さなどから、戻売スタンスでのプットといった処となった。と巨大機関投資家関係者が指摘という観測報道を受け同一限月のオプションで、権利行使価格が同じコールとプットの買う「ロングストラドル戦略」が打たれた。この影響から、9:00に寄付で181.21㌦と開始後、裁定買を誘う先物買の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入ることで、9:31に最高値181.24㌦を記録後入り首アテ線が出現し、決算悪化グロース・値嵩ハイテク銘柄に売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄に入り1013に前場安値180.74㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り1025に前場高値180.95㌦を付け決算悪化型グロース銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り陽線をつけた処で10:30180.77㌦を付けると二本の差込線となり「リバーサル戦略」が入り1050に後場高値180.96㌦を付け「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄に入り陰の陰孕を迎え「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り1130180.86㌦を付け、前場引では40㌣安の180.86㌦を付け、後場寄付12:30180.96㌦を付け1236に後場高値181.05㌦を記録後、決算悪化型グロース・値嵩ハイテク銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り1345に後場安値180.80㌦を記録し好決算型大型バリュー銘柄に「リバーサル戦略」が入り1430に後場高値181.05㌦を付け決算悪化型グロース銘柄に「カバードコール戦略」が裁定解消の形で入りオプション取引では先物を駆使しコールが総じて下落し、プットは軒並み上昇した形で入り1500に前日比30㌣安の180.96㌦を付け、大引を迎えると前日比27㌣安の180.99㌦となった。高安値幅62㌣をつけ、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では5.89%、騰落レシオで108.49%と中立圏で世界的契機回復を見越した巨大機関投資家の観測通りとなったために下落したが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は反落した。清算値は16ポイント(1.4%)安の1110だった。3459枚の売買が成立した。
この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

802


さあ皆様こんにちは、802日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。82日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は反落したが、Topix先物、日経平均、日経平均先物、及びTopixは続伸した。新興株2日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション8月物では前日米国市場で過去最高値となりナスダックを形成する時間外でのアップルを含むハイテク株が伸長したことや好調な企業決算を受け上昇し円安を受けドル建て日経平均では前日比30㌣高の181.62㌦を付け軟調に開始直後908に最高値180.03㌦を付け、「米アップルの決算効果が大きいが、指数の上値は重くコールサイドはしっかりだが、買い一巡後は伸び悩み、月次ストラテジーは、コールが270円、プットが230円とトータルではマイナス推移となり内閣改造は3日に実施されるとの見方で来週辺りに世論調査の結果などが伝わり海外投資家が反応すると考え現状は据え置きとしたい。」と巨大機関投資家関係者が指摘という観測報道を受け同一限月のオプションで、権利行使価格が同じコールとプットの買う「ロングストラドル戦略」が午前中打たれた。この影響から9:08最高値後、東芝の様な決算悪化銘柄売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄に入り0955に前場安値181.34㌦を付け好決算型大型バリュー銘柄及び値嵩ハイテク銘柄に「リバーサル戦略」が入り1130181.55㌦を付け、前場引では21㌣高の181.35㌦を付け、後場12:30181.67㌦を付け好決算型大型バリュー銘柄及び値嵩ハイテク銘柄に「リバーサル戦略」が入り1240に後場高値181.74㌦を付け決算悪化型グロース銘柄に「カバードコール戦略」が裁定解消の形で入り1344に後場安値181.27㌦を付け好決算型大型バリュー銘柄及び値嵩ハイテク銘柄に「リバーサル戦略」が入り1425に後場高値181.49㌦を付けた後、決算悪化型グロース銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り1455に最安値181.26㌦を記録し大型バリュー銘柄に「リバーサル戦略」が入りオプション取引では先物を駆使しコールが軒並み買われ、プットは総じて売られた形で入り1500に前日比3㌣安の181.29㌦を付け、大引を迎えると前日比6㌣安の181.26㌦となった。高安値幅77㌣をつけ、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では6.85%、騰落レシオで104.12%と中立圏で世界的契機回復を見越した巨大機関投資家の観測通りとなったために上昇したが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物の清算値は17ポイント(1.53%)高い1126だった。1552枚の売買が成立した。
この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

801


さあ皆様こんにちは、801日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。81日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は続伸、Topix先物、日経平均、日経平均先物、及びTopixは反発した。新興株31日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション8月物では好決算から米国株が上昇し原油高だがユーロ高ドル安で長期金利上昇せずで安く寄付き開始され円高気味だがシカゴPMIや中古住宅は限定的でドイツ小売売上高上昇でユーロ高円安になりドル建て日経平均では前日比24㌣高の180.34㌦を付け軟調に開始直後900に最安値180.05㌦を付け、「リバーサル戦略」が入り、0955に高値180.34㌦を付け先物市場で個別の好業績株物色に裁定買を誘う先物買の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」が入ることで、エプソンの様な大型のバリュー株を物色する資金が流入し相場を支え915に前場高値181.06㌦を付け東芝の様な決算悪化銘柄売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄に入り1006に前場安値180.89㌦を付け好決算型バリュー銘柄に「リバーサル戦略」が入り1130181.41㌦を付け、前場引では120㌣高の181.35㌦を付け、後場12:30181.31㌦を付け決算悪化型グロース銘柄に同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り1315に後場安値181.22㌦を記録し大型バリュー銘柄に「リバーサル戦略」が入り1457に後場高値181.47㌦を付けオプション取引では先物を駆使しプットとコールでともに売りが目立った形で入り1500に前日比1㌦9㌣高の181.24㌦を付け、大引を迎えると4-6月決算で上方修正期待が観測されることから前日比1㌦17㌣高の181.32㌦となった。高安値幅1㌦13㌣をつけ、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では5.57%、騰落レシオで104.60%と中立圏で月初高のアノマリーを狙った巨大機関投資家の観測通りとなったために上昇したが、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は清算値が46ポイント(4.0%)安の1109だった。日中の売買高は4669枚に膨らみ、上場初日である16年7月19日の2847枚を大きく上回って過去最高を更新した。
この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

731


さあ皆様こんにちは、731日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。731日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は反発、Topix先物、日経平均、日経平均先物、及びTopixは続落した。新興株31日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション8月物では米国低賃金で成長減速により低インフレでバランスシート縮小を早め金利上昇を出来辛く、前週末発表の米実質国内総生産が市場予想を下回ったことを背景に米長期金利が時間外取引で低下し、日米の金利差縮小を意識した円買い・ドル売りが入りドルが余剰気味に加え月末とあって国内輸出企業による円買い・ドル売りが激化しドル安円高になった。これで先物市場で個別の好業績株物色に裁定買を誘う先物買の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」が入ることで、大型のバリュー株を物色する資金が流入し相場を支えた一方で決算悪化銘柄売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄に入り小幅続落した。ドル建て日経平均では前日比50㌣高の180.39㌦を付け軟調に開始後902に最安値180.05㌦を付け、「リバーサル戦略」が入り、0955に高値180.86㌦を付け寄付前に経済産業省が発表した6月鉱工業生産指数速報は予想をやや下回った事が認識され「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄に入り10:31分に前場安値180.43㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1130180.59㌦を付け、前場引では66㌣高の180.55㌦を付け、後場12:30180.43㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1350に後場高値180.75㌦を付け「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄に最終的にコール、プットとも下落させた形で入り1500に前日比42㌣高の180.31㌦を付け、大引を迎えると前日比26㌣高の180.15㌦となった。高安値幅81㌣をつけ、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では4.80%、騰落レシオで104.74%と中立圏となったために引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は続落。清算値は8ポイント(0.69%)安の1155だった。2196枚の売買が成立した。日中取引の売買高は取引が始まった2016年7月19日の2847枚以来の高水準だった。
この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

728


さあ皆様こんにちは、728日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。728日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は反落、Topix先物、日経平均、日経平均先物、及びTopixは反落した。新興株28日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション8月物では米国市場はハイテク下落受け時間外でもアマゾンが下げ米国長期金利低下によるドル安受けドル建て日経平均においても前日比38㌣安の180.48㌦を付け軟調に開始直後高値180.57㌦を付け、バランスシート縮小開始時期が曖昧であったのを受け円高となりインフレが依然目標値を下回る低水準にあり、米当局は急速な利上は好まずテクノロジーや半導体銘柄悪化との観測から決算悪化銘柄売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型銘柄に入り、10:27に前場安値をつけ、裁定買を誘う先物買の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」が入り、1130179.98㌦を付け、前場引では88㌣安の179.98㌦を付け、後場12:30179.97㌦を付け「カバードコール戦略」が継続して入り1320179.48㌦を付け「リバーサル戦略」が入りコールが軒並み下落し、プットは総じて上昇し1500に前日比97㌣安の179.89㌦を付け、大引を迎えると前日比97㌣安の179.89となった。高安値幅109㌣をつけ、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では5.45%、騰落レシオで106.68%と中立圏となったために引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は続落した。清算値は22ポイント(1.85%)安の1163だった。1160枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

727


さあ皆様こんにちは、727日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。727日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は反発、Topix先物、日経平均、日経平均先物、及びTopixは続伸した。新興株27日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション8月物では米国市場は最高値だがFOMC声明受け米国長期金利低下による当面低金利が続くという『適温相場』化が期待されドル建て日経平均においても前日比98㌣安の180.19㌦を付け軟調に開始直後安値180.09㌦を付け、バランスシート縮小開始時期が曖昧であったのを受けドル安となりインフレが依然目標値を下回る低水準にあり、米当局は急速な利上は好まず4ー6月期の最終増益と自社株買を実行する好決算企業が多いとの観測から裁定買を誘う先物買の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」が入り、1006に後場高値181.01㌦を付け同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入りその後二本の差込線が陰線で入った後「リバーサル戦略」が入り、1130181.08㌦を付け、前場引では189㌣高の181.10㌦を付け、後場12:30181.02㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1330181㌦を付け「民進党蓮舫代表辞任」報道により「リバーサル戦略」が入り1409に最高値181.67㌦をつけし、決算悪化銘柄売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型銘柄に入り、1452に後場安値180.80㌦を付け好決算銘柄に「リバーサル戦略」が裁定買の形で入り1500に前日比163㌣高の180.84㌦を付け「リバーサル戦略」が継続して入り、コールが上げ、プットは下げた為、大引を迎えると前日比165㌣高の180.86㌦となった。高安値幅158㌣をつけ、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では7.42%、騰落レシオで108.49%と中立圏となったために引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は反落した。清算値は5ポイント(0.42%)安の1185だった。512枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

726


さあ皆様こんにちは、726日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。726日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は反落、Topix先物、日経平均、日経平均先物、及びTopixは反発した。新興株26日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション8月物では原油上昇により米国長期金利上昇を受けドル高となり歓迎され海外株高となりドル建て日経平均では前日比54㌣安の179.44㌦で開始後、企業向サービス価格の上昇や電子部品関連企業受注額が過去最高になったことなどを受け裁定買を誘う先物買の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」が入り、0943に最高値179.61㌦を記録しオバマケア代替法案否決や北朝鮮によるリスクの再確認中国鉱工業セクター回復で日本の売がきわめて強化される懸念から材料有グロース銘柄売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄に入り、前場引前で最安値となり1130179.18㌦を付け、前場引では79㌣安の179.19㌦を付け、後場12:30179.22㌦を付け「カバードコール戦略」がグロース銘柄に入り二本の差込線が入り1422に最安値178.95㌦をつけ、買戻印が確認され「リバーサル戦略」が裁定買の形で大型バリュー銘柄に入り、14:40に後場高値179.23㌦を付け「カバードコール戦略」に入り後、1458に後場安値179.11㌦を付けバリュー銘柄に「リバーサル戦略」が裁定買の形で入り1500に前日比79㌣安の179.19㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュウー銘柄に入り、コールがおおむね上がり、プットは下げた為、大引を迎えると前日比77㌣安の179.21㌦となった。高安値幅66㌣をつけ、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では+7.15%、騰落レシオで104.65%と 中立圏となったために引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は続伸した。清算値は3ポイント(0.3%)高の1190だった。157枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

725


さあ皆様こんにちは、725日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。725日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は反発、Topix先物、日経平均、日経平均先物、及びTopixは続落した。新興株25日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション8月物では昨日終値挟んで小動きで自律反発となりドル上昇したが物価上昇の鈍さより米金利上昇せず円高懸念で押下げられドル建て日経平均では前日比13㌣安の179.63㌦で開始後0914180.00㌦と天井高になり、北朝鮮による地政学的リスク報道により、材料有グロース銘柄売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄に入り1125に最安値179.51㌦を記録しバリュー銘柄に裁定買を誘う先物買の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」が入り、前場引前では1130179.60㌦を付け、前場引では20㌣安の179.56㌦を付け、後場12:30179.82㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り1410に後場高値179.95㌦をつけ「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄に入り14:55に後場安値179.73㌦を付け「リバーサル戦略」が日銀によるETF買効果も加わりバリュー銘柄に入り後1456に場最高値179.93㌦を付けグロース銘柄に「カバードコール戦略」が裁定解消の形で入り1500に前日比1㌣高の179.77㌦を付け「リバーサル戦略」がグロース銘柄に入り、プットとコールともに下落が目立った為、大引を迎えると前日比22㌣高の179.98㌦となった。高安値幅49㌣をつけ、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では-5.85%、騰落レシオで108.78%と安値圏となったために引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は、清算値が前日比5ポイント(0.42%)高の1187だった。売買高は773枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

724


さあ皆様こんにちは、724日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。724日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は横這、Topix先物は反落したが、日経平均、日経平均先物、及びTopixは続落した。新興株24日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション8月物では金利上昇開始され欧米株は下落しユーロ高になりドル安から米国株安になり米国 の三指数下落に加え先物指数下落で加速され裁定解消を誘う先物売が巨大機関投資家によってドル建て日経平均でも同様に前日比31㌣高の180.07㌦で開始後天井高となり、材料有グロース銘柄売仕組をアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄に入り1129に最安値179.44㌦を記録しバリュー銘柄に裁定買を誘う先物買の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」が入り、前場引前では1130179.50㌦を付け、前場引では24㌣安の179.52㌦を付け、後場12:30179.59㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り1236に後場高値179.70㌦をつけ「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型バリュー銘柄に入り13:40に後場安値179.51㌦を付け「リバーサル戦略」が日銀によるETF買効果も加わりバリュー銘柄に入り後1430に場最高値180.04㌦を付けグロース銘柄に「カバードコール戦略」が裁定解消の形で入り1450179.71㌦を付けバリュー銘柄に「リバーサル戦略」が入り1500に前日比7㌣高の179.83㌦を付け「カバードコール戦略」がバリュー銘柄に入り、原指数の下落を受けてプットが値を上げ、コールは全般に軟調で立会外取引含む出来高合計は122,817単位となり 、TOPIXオプションの立会内取引は全限月出来ずになった為、大引を迎えると前日比0㌣高の179.76㌦となった。高安値幅63㌣をつけ、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では6.32%となり騰落レシオで117.57%と中立圏となったために引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は反落した。清算値は8ポイント(0.67%)安の1182だった。452枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

721


さあ皆様こんにちは、721日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。721日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、Topix先物は続伸したが、日経平均、日経平均先物、及びTopixは反落した。新興株21日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション7月物では米国株は高安まちまちでドル円上昇から急落し持ち高調整円買があり下落し長期金利が若干下でドル安を迎えた。週末控え国内外巨大機関投資家による取引が控えられ178ドル台を維持し本日ではドル建てでは前日比6㌣安の179.56㌦で開始後、通期上方修正を出した安川電気決算良好等から電気機械等値嵩ハイテクグロース銘柄に裁定買をを誘う先物買の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」が入り0924に前場大引前高値179.86㌦をつけトランプ大統領ロシア関連捜査でドル売りを迎え高値警戒感からトランプ政策暗礁より材料有バリュー銘柄売仕組みをアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型バリュー銘柄に入り1051に前場安値179.38㌦を付け「リバーサル戦略」がグロース銘柄に入り1106に高値179.66㌦を付け同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が取られバリュウー銘柄が下落し前場引前では1130179.59㌦を付け、前場引では1㌣安の179.61㌦を付け、後場12:30179.40㌦を付け「リバーサル戦略」がグロース銘柄に入り1246に後場高値179.66㌦をつけ「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型バリュー銘柄に入り13:14に後場安値179.38㌦を付け今後の企業決算への期待が高まり米国もハイテクやITの決算内容も総じて良好なため「リバーサル戦略」が裁定買を誘う先物買となりグロース銘柄に入り1436に後場高値179.68㌦を付けバリュー銘柄に「カバードコール戦略」が裁定解消の形で入り1454179.44㌦を付けグロース銘柄に「リバーサル戦略」が入り1436179.68㌦を付け膠着状態でバリュー銘柄に「カバードコール戦略」が裁定解消の形で入り1500に前日比3㌣高の179.65㌦を付け「リバーサル戦略」がグロース銘柄に入りオプション市場ではコール・プットとも上げ下げまちまちだった為、大引を迎えると前日比14㌣高の179.76㌦となった。高安値幅48㌣をつけ、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では8.39%となり騰落レシオで119.26%と中立圏となったために引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は3日続伸した。清算値は10ポイント(0.85%)高の1190だった。286枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

720


さあ皆様こんにちは、720日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。720日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは続伸た。新興株20日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション7月物では日銀によるETF買入枠制限と通信社より報道を受け前場膠着し欧米株式市場堅調で米株最高値更新し、米国10年債券利回若干上昇しドル高を迎える流れから178ドル台を維持し本日ではドル建てでは前日比51㌣安の179.23㌦で開始後、46月期の予想収益8.4%増益買より実体経済良好であるため同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り0911に前場大引前高値179.39㌦をつけ同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が取られグロース銘柄が下落し0952に最安値179.15㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り1044に前場最高値179.77㌦を付けオバマケア代替法案通過難から米債務上限問題が迫ってきてトランプ政策暗礁より材料有バリュー銘柄売仕組みをアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型グロース銘柄に入り下落し前場引前では1130179.33㌦を付け、前場引では61㌣高の179.33㌦を付け、後場12:30179.64㌦を付け「リバーサル戦略」がバリュー銘柄に入り1237に後場高値179.81㌦をつけ「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型バリュー銘柄に入り13:06に後場安値179.60㌦を付け日銀金融会合で経済成長率を見直しし、物価見通しを延長する即ちCPI2%達成を2019年度に先送りと情報ベンダーから伝わるや為替がドル高になり「リバーサル戦略」が裁定買を誘う先物買となりグロース銘柄に入り1436に後場高値179.80㌦を付けバリュー銘柄に「カバードコール戦略」が裁定解消の形で入り1455179.51㌦を付けグロース銘柄に「リバーサル戦略」が入り1446179.65㌦を付けバリュー銘柄に「カバードコール戦略」が裁定解消の形で入り1500に前日比86㌣高の179.58㌦を付け「リバーサル戦略」がグロース銘柄に入りオプション市場ではコールが買われた。一方、プットはおおむね下落した為、大引を迎えると前日比90㌣高の179.62㌦となった。高安値幅66㌣をつけ、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では9.32%となり騰落レシオで118.22%と中立圏となったために引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は清算値が前日比3ポイント(0.25%)高の1180だった。売買高は230枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

719


さあ皆様こんにちは、719日 水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。719日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は続伸し、日経平均、日経平均先物、及びTopix先物及びTopixは反発した。新興株19日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション7月物では適温相場化の下、米長期債強烈に強力でないため急速金利上昇せずに済んでいる流れから小康状態で辛うじて178ドル台を維持終了し本日ではドル建てでは前日比13㌣安の178.32㌦で開始後0901に最安値178.18㌦を付け同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」がグロース銘柄に入り1126に前場大引前高値178.81㌦をつけ同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が取られバリューが下落し前場引前では1130178.69㌦を付け、継続して取られ前場引では21㌣高の178.66㌦を付け、後場12:30178.64㌦を付け「リバーサル戦略」がグロース銘柄に入り1242に後場高値178.75㌦をつけ日米欧金融会合控え小動きで米国実質金利下落しナスダックが上昇しドル安を迎えオバマケア代替法案通過難から米債務上限問題が迫ってきてトランプ政策暗礁より材料有バリュー銘柄売仕組みをアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で大型バリュー銘柄に入り下落し1359に後場最安値178.41㌦を記録し催し前の持高調整のため最少分散投資向けグロース銘柄に「リバーサル戦略」が入り1425に後場高値178.66㌦を付けバリュー銘柄に「カバードコール戦略」が裁定解消の形で入り1445178.47㌦を付けグロース銘柄に「リバーサル戦略」が入り1453178.56㌦を付けバリュー銘柄に「カバードコール戦略」が裁定解消の形で入り1500に前日比8㌣高の178.53㌦を付け「コンバージョン戦略」がバリュー銘柄に入りオプション市場ではコール、プットともに下落が目立った為、大引を迎えると前日比27㌣高の178.72㌦となった。高安値幅55㌣をつけ、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では7.65%となり騰落レシオで111.38%と中立圏となったために引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は反発した。清算値は6ポイント(0.51%)高の1177だった。122枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

718


さあ皆様こんにちは、718日 火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。718日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は反発したが、日経平均、日経平均先物、及びTopix先物及びTopixは反落した。新興株18日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション7月物では3連休明けを迎え日米で経済対策督促相場入りで米国低指標受けて債券価格上昇し長期金利が下落しドル安に繋がり日本銀行が年6兆円規模で行っている指数連動型上場投資信託(ETF)の買い入れの持続可能性について、日銀内から懸念の声より割高株式先物売後割安債券先物買戻で金利低下しシカゴ先物よりも戻したがドル安を受け高値警戒感揉合状況で膠着状況ともなり午前09:37より材料無グロース銘柄売に対する材料有バリュー銘柄買を絡める仕組みをアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で入り下落し最安値1040177.77㌦を付け同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」が入り1115に前場大引前高値178.30㌦をつけ同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が取られ下落し1120に前場引前安値178.12㌦を付け「リバーサル戦略」が入り前場引前では1130178.19㌦を付け、前場引では66㌣高の178.18㌦を付け逆三尊底を形成し、後場12:30178.25㌦を付け逆三尊底から「リバーサル戦略」が入り1321に後場高値178.50㌦を付け「コンバージョン戦略」が取られ下落し1345178.33㌦を付けリバーサル戦略」が入り1359178.48㌦を付けマンション動向が25%減少という報道が行き渡るやいなや「カバードコール戦略」が裁定解消の形で入り下落し14:25に後場安値178.25㌦をつけ「リバーサル戦略」が入り1444に最高値178.53㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1500に前日比89㌣高の178.41㌦を付け「リバーサル戦略」が入りオプション市場ではコールが下げ、プットは上昇した為、大引を迎えると前日比93㌣高の178.45㌦となった。高安値幅76㌣をつけ、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では7.51%となり騰落レシオで111.31%と中立圏となったために引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は清算値が2ポイント(0.17%)安の1171だった。275枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

714


さあ皆様こんにちは、714日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。714日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は反落したが、日経平均、日経平均先物、及びTopix先物は続伸しTopixは反発した。新興株14日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション7月物ではイエレンFRB議長上院議会 発言を受け長期金利が上昇し原油高になりドル高を迎え円安になりオプションSQ日でもあり国内3連休が控えたため夏枯相場入りし方向性が見えないためドル建日経平均においても17㌣寄付安で開始となり寄付直後高値177.82㌦を付け円独歩安でもありTopixが有利になるように景気敏感値嵩株式に裁定解消売りを仕掛けNT倍率を低下させ割安大型株に裁定買を仕掛けVWAP取引を低く抑え大型国内割安銘柄の底上げを狙いドル高貢献銘柄が上奏する仕組みをアルゴで仕掛けた裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で入り下落し0931に最安値177.27㌦を記録し半導体や石油株を含むグロース銘柄に先物を使用し同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」が入り1005に前場高値177.50㌦を付け同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が取られ下落し1041に前場安値177.32㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1059に高値177.49㌦を付け「コンバージョン戦略」が取られ下落し1100に安値177.37㌦を付け逆三尊底が確認され「リバーサル戦略」が入り前場引前では1130177.58㌦を付け、前場引けでは28㌣安の177.61㌦を付け7月限SQ20,151.83円が決定し、後場12:30に後場寄付177.53㌦を付け「リバーサル戦略」が継続的に入り1250に後場高値177.65㌦を付け「コンバージョン戦略」が取られ下落し13151415に二本の差込線に値する陰線が入り後場安値1420177.46㌦を付けた後、「リバーサル戦略」が入り1439に後場高値177.63㌦を付け「コンバージョン戦略」が取られ下落し1451177.51㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1457177.61㌦を付け「コンバージョン戦略」が入り1500に前日比34㌣安の177.55㌦を付け継続して入りオプション市場ではプットは軒並み下げ、コールも権利行使価格20,125円以上のオプションを中心に総じて下落した為、大引を迎えると前日比37㌣安の177.52㌦と売優勢となった。高安値幅55㌣をつけ、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では9.51%となり騰落レシオで112.19%と中立圏となったために引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は清算値が前日比5ポイント(0.42%)安の1173だった。売買高は350枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

713


さあ皆様こんにちは、713日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。713日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は続伸し、日経平均、日経平均先物、及びTopix先物は反発したがTopixは続落した。新興株13日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション7月物はプット25,000円建玉が昨日強かったが為替では114円の滞空時間も短く米国政策へ視点が変わりFRB高官による慎重発言及び米国大統領関連のロシアゲート疑惑再燃で揺らぎイエレンFRB議長によるバランスシート調整を含む発言でハト派的と見なされ米長期金利が低下しNY株が新高値更新を受けブラジルを除き世界中が株高傾向であることから貯蓄済円ショートを急遽巨大機関投資家で買戻、ドル安円高傾向で寄付き開始を迎えた。ドル建日経平均においても85㌣寄付高で開始となり寄付直後09:03に高値178.16㌦を付け本日コールプット取引最後という事を受け裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が証券会社自己取引部門が裁定解消の形で入り下落し0953に最安値177.56㌦を記録し半導体や石油株を含むグロース銘柄に先物を使用し同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」が入り1030に前場高値177.98㌦を付け同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が取られ下落し1055に前場安値177.75㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1123に高値177.95㌦を付け前場引前では1130177.86㌦を付け、前場引けでは66㌣高の177.86㌦を付けSQ算出前の持ち高調整が終了し、後場12:30に後場寄付き高値178.09㌦を付け「カバードコール戦略」が裁定解消の形で入り下落し1247に後場安値の177.78㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1330に後場高値178.03㌦を付け「コンバージョン戦略」が取られ下落し13:40に後場安値177.75㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1400177.97㌦を付け「コンバージョン戦略」が取られ下落し逆三尊底を形成した為「リバーサル戦略」が入り1436178.02㌦をつけ「カバードコール戦略」が裁定解消の形で入り下落し1500に前日比62㌣高い177.82㌦を付け「リバーサル戦略」が入りオプション市場ではコールとプットともに売りが目立ったため、大引を迎えると前日比69㌣高の177.89㌦となった。高安値幅60㌣をつけ、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では9.39%となり騰落レシオで108.97%と中立圏となったために引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は続落した。清算値は6ポイント(0.51%)安の1178だった。582枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

712


さあ皆様こんにちは、712日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。712日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は続伸したが、日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは反落した。新興株12日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション7月物はFRB高官による慎重発言及び米国大統領関連のロシアゲート疑惑再燃で長期金利が売られると共に上昇に一服感が見いだされ持高調整売が入り円が買われドル安になったものの原油先物上昇でダウとナスダックが小幅高にはなったが欧州株安になり円建日経平均においてもドル建日経平均においても寄付安で開始となり寄付直後09:06に安値176.90㌦を付け輸出株を含むバリュー株に先物を使用し同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」が入り0915に高値177.23㌦を付け同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が取られ下落し0945に安値176.94㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1129に高値177.42㌦を付け前場引前では1130177.31㌦を付け、前場引けでは81㌣高の177.26㌦を付け、後場12:30に「日銀が入らない」という観測報道や明日がコールプット取引最後という事を受け裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で入り下落し1250176.96㌦をつけEPA大筋合意を受け「リバーサル戦略」が入り1436177.31㌦をつけ「カバードコール戦略」が裁定解消の形で入り下落し1500に前日比56㌣高い177.04㌦を付け「リバーサル戦略」が入りオプション市場ではコールが軒並み下落し、プットは総じて上昇したため、大引を迎えると前日比75㌣高の177.20㌦となった。高安値幅52㌣をつけ、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では9.59%となり騰落レシオで107.19%と中立圏となったために引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は4営業日ぶりに反落した。清算値は2ポイント(0.17%)安の1184だった。241枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

711


さあ皆様こんにちは、711日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。711日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは続伸した。新興株11日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション7月物は上昇相場で先週ミニデッドクロスで買い場だが高値保合状況になり7356日にプットに大商いが入り売込んだが売込めず過去の議事相場では上昇の形になっているが巨大機関投資家は6か月経過した故買ってはいたが全世界的に金利上昇で割高米長期国債等を売却して割安日本国債等を裁定買するため日本国債も上昇してきてはいた。そこで日本では上昇させないという意思を示すために日銀で前場買オペを実行し後場で指値オペを行った後堅調な米国雇用統計を受けて上昇を迎え欧州株高ではあるがダウは高くなりナスダックは安かったが金や油が上昇したこともありイエレンFRB議長議会発言によりリスクテイク向きとなり長期債売りで金利上昇したことからドル高に繋がりETF分配売や日経平均銘柄入替等を熟してドル建て日経平均では11㌣高の175.99㌦で寄付後前場安値を09:17につけバリュー銘柄や値嵩ハイテク株を含むバリュー株に先物を使用し同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同効果が得られる「リバーサル戦略」が入り前場引前では1130176.45㌦を付け前場引けでは55㌣高の176.42㌦を付け、後場12:30に、176.36㌦をつけ「リバーサル戦略」が入り1309に後場最高値である176.81㌦を付け裁定解消を誘う先物売を含むコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が裁定解消の形で入り下落し1406176.42㌦を付け日本企業の景況感が改善による割安感や世界金利上昇に加え金融政策を世界的に中銀が変えてきている動きも反映し米国経済の強さを再認識され巨大機関投資家によるアウトのプットオプションの巻戻しが起こり裁定買を誘う先物買を含む「リバーサル戦略」が入り1500176.61㌦を付け「コンバージョン戦略」が入りオプション市場ではコールの上昇が目立った。プットは総じて下落したため、大引を迎えると前日比58㌣高の176.45㌦となった。高安値幅86㌣をつけ、仮需比率1%以下且つ日経平均per14倍割れで底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整終了に入り総合乖離率では11.27%となり騰落レシオで112.77%と中立圏となったために引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物9月物は清算値が前日比11ポイント(0.93%)高の1186だった。売買高は227枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

710


さあ皆様こんにちは、710日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。710日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、日経平均先物、Topix先物及びTopixは反発した。新興株10日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション7月物は強い雇用統計受け