中小型株専門銘柄レポート『相場のキューピッド』

相場のキューピッド  大当たり速報

最終更新:2012年12月21日18:45 PM

 

12/21長大+23.3%(11/15推奨)

12/21電算+20.8%(11/16推奨)

12/21きもと+13.9%(11/21推奨)

12/21日本輸送+13.4%(11/30推奨)

12/21ソフトブレーン+13.3%(11/6推奨)

12/21じもとHD+13.3%(11/30推奨)

11/30山田コンサル+38.3%(11/20推奨)

11/30ハナテン+36.4%(11/26推奨)

11/30インタースペース+15.2%(11/27推奨)

11/30シノケンG+8.8%(11/28推奨)

11/30C&R +5.3%(11/20推奨)

11/30ショーエイコーポ-1.8%(11/27推奨)

11/27陽光都市+67.1%(11/20推奨)

11/27サニーサイド+23.1%(11/22推奨)

11/27日本エスコン+15.2%(11/22推奨)

11/27ベルマーク+10.9%(11/12推奨)

11/27モブキャスト-9.6%(11/11推奨)11/27Topixベア-12.2%(6/4推奨)

11/20ランドビジネス+123.9%(11/12推奨)

11/20アーバネット+28.8%(11/8推奨)

11/20アイフル+27.3%(11/14推奨)

11/20MDNT+11.2%(11/15推奨)

11/20オムロン+6.9%(11/8推奨)

11/20きちり-58.5%(6/18推奨)

11/20ドーン-59.6%(6/5推奨)

10/11ポールトゥウ+13.9%(6/27推奨)

10/11コスモバイオ+12.8%(6/12推奨)

9/20ヒューリック+19.8%(6/26推奨)

9/20ベネワン+7.6%(6/20推奨)

8/24ウェザーニュ+25.5%(6/19推奨)

8/24タカキュー+22.4%(6/19推奨)

8/24スタートトゥ+9.9%(6/15推奨)

7/18アストマックス+68.3%(6/29推奨)

7/18A&T+27.4%(6/12推奨)

7/18ライトオン+9.1%(6/25推奨)

7/18ニトリHD+6.3%(6/27推奨)

6/26アビックス+59.5%(6/21推奨)

6/26ロジコム+16.0%(6/22推奨)

6/26サニックス+11.0%(6/20推奨)

6/25ワンダー+16.8%(6/21推奨)

6/21ぱど+24.69%(6/11推奨)

6/21グラウンド+20.44%(6/11推奨)

6/19プラット+34.79%(6/11推奨)

6/19アビックス+17.79%(6/15推奨)

6/19オービス+10.08%(6/13推奨)

6/19リブセンス+8.05%(6/13推奨)

6/13テンプHD+13.46%(6/5推奨)

6/13光通信+6.91%(6/7推奨)

2/8ジオスター+1.36%(1/30推奨)

2/8インタースペース+1.98%(1/30推奨)

2/8インターアクション+0.74%(1/29推奨)

2/8リブセンス-1.36%(1/29推奨)

2/8イーブックイニシアティブジャパン+0.10%(12/16推奨)

2/8テラプローブ-1.60%(1/26推奨)

2/8KLab+6.36%(1/23推奨)

2/8ドリコム+9.85%(1/23推奨)

2/8日本道路+16.18%(1/16推奨)

2/8鐘崎+3.75%(1/12推奨)

2/8テンポスバスターズ-22.12%(1/9推奨)

2/8夢真ホールディングス+8.65%(1/9推奨)

2/8日東ベスト+0.12%(12/21推奨)

2/8ホリプロ-0.19%(12/21推奨)

2/8日本アビオニクス+9.52%(12/19推奨)

2/8パーク24-1.99%(12/16推奨)

2/83Dマトリックス-11.66%(12/15推奨)

1/19日本橋梁51.1%(1/16推奨)

1/19ナノキャリア+18.1%(1/12推奨)

1/19東京計器+13.2%(12/19推奨)

1/19東京リスマチック-9.0%(12/20推奨)

1/19ルック-10.0%(12/20推奨)

1/11 ダイユーエイト28.1%(12/27推奨)

1/11 やまや12.1%(12/15推奨)

1/11 GCジョイコ5.9%(12/18推奨)

1/5 シスウェーブ32.5%(12/27推奨)

12/27 エイジア37.1%(12/22推奨)

12/27 ワオコーポ12.4%(12/21推奨)

12/22 エイジア21.8%(12/20推奨)

12/22 スリープロ+18.8%(12/20推奨)

12/22 C-ノア+17.0%(12/20推奨)

12/22 ヤマナカ+15.4%(12/20推奨)

12/16免疫生物+39.7%(12/12推奨)

12/16 山王+30.9%(12/14推奨)

12/16 ピクルス+24.3%(12/13推奨)

12/16 ネプロ+16.6%(12/8推奨)

12/16 日本管理+10.6%(12/14推奨)

12/16 コナカ+10.4%(12/12推奨)

12/16 薬王堂+9.7%(12/13推奨)

12/16 キッセイ薬品+5.0%(12/12推奨)

12/15 日本管理+38.9%(12/12推奨)

12/15 共立メンテ+9.6%(11/16推奨)

12/15 梅の花+8.2%(12/8推奨)

12/15 協和キリン+2.4%(11/15推奨)

12/15 プロミス+1.8%(10/2推奨)

12/14 ドワンゴ+27.7%(11/15推奨)

12/14 スリープロ+29.8%(12/11推奨)

12/14 ガイヤHD+20.2%(12/12推奨)

12/14 あさひ+4.9%(11/28推奨)

12/14 アルインコ+6.2%(10/23推奨)

12/14 ツガミ-0.7%(11/28推奨)

12/13 市進HD-0.8%(11/20推奨)

12/08 フジプレアム+48.3%(12/06推奨)

12/08 省電舎+43.5%(12/06推奨)

12/08 きちり+41.9%(12/06推奨)

12/08 NPC +26.1%(12/06推奨)

「相場のキューピッド」及び「レポート会員」に掲載の銘柄、並びに「プレミアム会員 」及び「特別会員」に推奨の銘柄から、抜粋しています。

相場のキューピッド

究極の売買プログラムハイパーキューピッド

ハイパーキューピッド1号の運用パフォーマンス

最終更新:2019年3月26日18:35PM

326


3月26日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均先物、ドル建日経平均、Topix先物、日経平均、及びTopixは反発した。新興株26日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとCDS指数・Vix指数は上昇し、仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数が上昇し・SOX指数が下落し前日の米国市場ではNYダウが小幅ながら反発したほか、時間外取引での米国株価指数先物の値上がりもあり、市場では「米国発の世界株安は回避される」との指摘が聞かれ、買い安心感に繋がり本日は権利付き売買最終日のため、高配当利回り銘柄や優待銘柄を中心に値上がりする銘柄が増加し、ドル建て日経平均が前日の下げ幅の3分の2戻し水準を突破するなど騰勢を強めたこともドル建てにはプラスに寄与し、ドル建て日経平均では9:00に192.36㌦で寄付後同時間中に192.36㌦を付けこれが最安値更新となり、既述の理由から裁定買を誘う先物買や「リバーサル戦略」が入り11:21に199.25㌦を付け前場高値更新となり、11:30に前日比3㌦19㌣高の194.08㌦迄回復し11:35の前場引では前日比3㌦15㌣高の194.04㌦迄拡大しさらに12:30には194.35㌦で後場寄り付き開始はしたが市場では「短期売買ファンドが買い戻しを急いだ」との見方も出て14:37に194.90㌦と最高値更新となり揉み合い後、15:00には前日比3㌦68㌣高の194.57㌦になり大引けにかけて4月物はコールが買われ、プットは売られた事で15:15には前日比3㌦78㌣高の194.67㌦となった。ドル建日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅2㌦52㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で42.8%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.56倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽0.58%、騰落レシオは102.02%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください

325


325日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0325日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり日経平均先物は続落し、ドル建日経平均、Topix先物、日経平均、及びTopixは反落した。新興株25日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとCDS指数が下落したがVix指数は上昇し、仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数・SOX指数が下落し欧州PMI50%を割り世界景気後退懸念発生したのを受け、ドル建て日経平均では900193.19㌦で寄付後同時間中に193.22㌦を付けこれが最高値更新となり、即ち前週末の欧米市場では、製造業購買担当者景況指数(PMI)が軒並み市場予想を大きく下回ったことをきっかけに世界景気の減速懸念が強まり、主要株価指数は大きく値を下げ長短金利差が逆転する逆イールドカーブも出現し円高になり朝方から売りが優勢と捉えた巨大機関投資家が「カバードコール戦略」や裁定解消売りが入り11:15には190.48㌦を付け、1130に前日比459㌣安の190.55㌦迄下落し1135の前場引では前日比461㌣安の190.63㌦迄下げ幅拡大したがさらに1230には190.57㌦で後場寄り付き開始はしたが上海総合指数などアジアの株価指数がそろって下落したほか、時間外取引で米国株価指数先物が軟調に推移したこともあり、景気の先行きに対する投資家の不安感につながり1234190.88㌦迄回復したが戻り売りに会い1342190.35㌦迄下げ幅拡大後最安値更新となり日米欧で経済指標の発表が予定されているだけに、一つ一つ確認しながらの展開になりそうで、当面は不安定な値動きになる恐れから「リバーサル戦略」が入り、1500には前日比449㌣安の190.75㌦になり大引けにかけて4月物はプットが買われ、コールは売られた事で1515には前日比435㌣安の190.89㌦となった。ドル建日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅287㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で45.0%と悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.26倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽6.92%、騰落レシオは101.40%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください

322


3月22日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均先物は反落し、ドル建日経平均は反発したが、Topix先物、日経平均、及びTopixは続伸した。新興株22日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとCDS指数・Vix指数は上昇し、仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数が下落し、SOX指数が上昇したのを受け、ドル建て日経平均では9:00に195.96㌦で寄付後最高値更新となり、前日の米国市場でハイテク株が上昇した流れを引き継ぎ、値嵩グロース銘柄の半導体関連株や電子部品株が買われたことから、ドル建て日経平均も最高値更新をしたが米連邦準備制度理事会(FRB)は20日、年内の利上げを見送る姿勢を示し、「想定以上にハト派色が強まった」と市場では受け止められ裁定解消を誘う先物売り、「カバードコール戦略」やヘッジ売りが出てマイナスに転じ11:15には194.55㌦と前場引け直前安値を付け11:30に前日比1㌦2㌣高の194.73㌦迄上昇し11:35の前場引では前日比1㌦6㌣高の194.77㌦迄回復したがさらに12:30には194.71㌦で後場寄り付き開始はしたが日米金利差縮小への思惑から円高が進み、投資家心理が悪化したほか、長期金利の低下により金融株の売り圧力も強まり時間外取引での米国株価指数先物安も加わり、先行き警戒感が相場の重しになり裁定解消売りが入り12:35には194.55㌦と最安値更新となり、来週日銀のパッシブ買による配当取りや配当の再投資の買や裁定買での上昇期待から買戻中心の裁定買や「リバーサル戦略」が入り上げ幅回復し、15:00には前日比1㌦48㌣高の195.19㌦になり大引けにかけて4月物はコールが売られ、プットが買われた事で15:15には前日比1㌦53㌣高の195.24㌦となった。ドル建日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦41㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.1%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.58倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▲2.07%、騰落レシオは106.79%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください

320


3月20日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は反落したが、日経平均先物、Topix先物、日経平均、及びTopixは反発した。新興株20日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとCDS指数が下落したがVix指数は上昇し、仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数・SOX指数が上昇したのを受け、ドル建て日経平均では9:00に193.45㌦で寄付後、裁定買が入り9:09に193.69㌦と高値更新後手仕舞い売りに押される場面もあり裁定解消を誘う先物売が入り10:23に192.62㌦を付け最安値更新となり為替相場がやや円安基調をたどったことから、裁定買や「リバーサル戦略」が入り11:30に前日比52㌣安の193.40㌦迄上昇し11:35の前場引では前日比56㌣安の193.36㌦迄回復したがさらに裁定買が入り後場12:30には193.43㌦で寄付はしたが、戻り売りに会い12:31に193.32㌦を付け後、FOMCのハト派発言期待と持ち高調整期待の売買が展開され個別物色や配当権利取りの裁定買が入り14:55に193.80㌦と高値更新となり、15:00には前日比16㌣安の193.76㌦になり大引けにかけて4月物はコールがおおむね上昇し、プットは総じて下落だった事で15:15には前日比21㌣高の193.71㌦となった。ドル建日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦18㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.5%と多少悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.58倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▲1.87%、騰落レシオは103.96%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください

319


3月19日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は続伸したが、日経平均先物、Topix先物、日経平均、及びTopixは反落した。新興株19日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとCDS指数とVix指数は下落し、仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数・SOX指数が下落したのを受け、ドル建て日経平均では9:00に193.55㌦で寄付後、米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に投資家は様子見姿勢により裁定解消を誘う先物売が入り半導体関連など指数インパクトの大きい銘柄が先物で値を消したこともドル建て日経平均売りに繋がり9:16に192.57㌦と安値更新に結び付きその後、最近の米長期金利の低下が米国株の上昇を促してきたことに踏まえれば、FF金利の予想が引き下げられ米長期金利が低下しても金融市場全体がリスク回避の流れにはならないと捉えられ、裁定買いを誘う先物買や「リバーサル戦略」が入り10:36に193.88㌦迄回復し調整売りが入り11:30に前日比14㌣高の193.61㌦迄上昇し11:35の前場引では前日比14㌣高の193.61㌦迄回復したがさらに裁定買が入り後場12:30には193.76㌦で寄付はしたが、戻り売りに会い13:00に193.61㌦を付け後、今回のFOMCでは、経済見通しの引き下げと、FRBのバランスシート縮小停止時期の明確化、もしくは停止までの予定開示なども予想され裁定買を誘う先物買や「リバーサル戦略」が入り、15:00には前日比40㌣高の193.87㌦になり大引けにかけて4月物はコールに売りが目立ったが、プットは高安まちまちだった事で15:15には前日比45㌣高の193.92㌦と後場高値続伸した。ドル建日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦35㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.9%と多少悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.56倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▲1.34%、騰落レシオは103.71%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください

318


318日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0318日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均先物、Topix先物、ドル建日経平均、日経平均、及びTopixは続伸した。新興株18日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は大幅反発した。某情報ベンダーによるとCDS指数が下落したがVix指数は上昇し、仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数・SOX指数が上昇し、前週末に米中通商協議に関して「重要な進展があった」などと中国系メディアが報じた他、米国では半導体企業の好決算もあり、NYダウ等主要指数が揃って上昇。これらを受けドル建て日経平均では900193.42㌦で寄付後これを確認するや裁定買が入り、最高値として904193.74㌦を記録後、その後は利益確定売りや裁定解消を誘う先物売から上げ幅を縮めたものの、1017192.75㌦と最安値を更新したが、中国・上海総合指数の堅調推移を受けて、再度買いが優勢となり裁定買を誘う先物買が始まった。この勢いから裁定買の他に「リバーサル戦略」も入り1130に前日比126㌣高の193.36㌦迄上昇し1135の前場引では前日比126㌣高の193.38㌦迄回復したがさらに裁定買が入り後場12:30には193.35㌦で寄付はしたが、ドル高に加え中国・上海総合指数の堅調推移などを追い風に中国関連で半導体銘柄や機械銘柄の内のグロース銘柄に裁定買や「リバーサル戦略」が入る事で1314193.67㌦と最高値を更新したが、その後、2月の輸出低調との報道から上値の重さが意識されグロース銘柄に資金が入り裁定解消売や「カバードコール戦略」が再度入り巨大機関投資家の中では下値遊びを確認したものもいるため行われ下げ幅拡大し1424に後場引直前安値193.34㌦を確認後、裁定買を誘う先物買や「リバーサル戦略」が入ることで、1500には前日比135㌣高の193.47㌦になり大引けにかけて4月物はコールが買われ、プットは売られた事で1515には前日比135㌣高の193.47㌦と後場高値膠着で伸び悩み、続伸した。両建日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅99㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で41.4%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.57倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▲1.70%、騰落レシオは113.70%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください

315


3月15日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均先物は続伸したが、Topix先物、ドル建日経平均、日経平均、及びTopixは反発した。新興株15日の日経ジャスダック平均は反発したが、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとCDS指数・Vix指数は下落したが、仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数・SOX指数が下落し英国ブレグジットの期限延期で英米株先物買に対しVix・債券先物売で米国金利下落となり株が上昇し世界的金融緩和に加え日本ではTopixリバランスでパイオニアを外しオムロンに入換るのに先物が昨日大量に金融法人を含む巨大機関投資家によって売られたのに対し本日は裁定買入りの背景や米国での堅調な経済統計を背景に投資家心理が改善しドル建て日経平均では9:00に191.29㌦で寄付後、最安値として9:00に191.27㌦を確認するや裁定買が入り9:16の192.10㌦迄上げ幅拡大し利確や決済買を受け9:37に191.75㌦を陽線でつけ、切り返し裁定買が入り10:41に192.05㌦を付け三羽烏を確認後戻り売りに会い10:19に191.66㌦迄下げ幅拡大した所で巨大機関投資家の中では「二本の差込線」が出現と見る者もおり裁定買の他に「リバーサル戦略」も入り11:25には前場引直前高値192.50㌦迄戻り高値となり11:30に前日比1㌦64㌣高の192.41㌦迄下落し11:35の前場引では前日比1㌦66㌣高の192.43㌦迄回復したがさらに裁定買が入り後場12:30には192.44㌦で寄付はしたが、ドル高に加え中国・上海総合指数の堅調推移などを追い風に中国関連で半導体銘柄や機械銘柄の内のグロース銘柄に裁定買や「リバーサル戦略」が入る事で13:14に192.73㌦と最高値を更新したが、その後、北朝鮮が米国との非核化協議停止を検討との報道から上値の重さが意識され軍事関連のグロース銘柄に資金が入り裁定解消売や「カバードコール戦略」が再度入り巨大機関投資家の中では下値遊びを確認したものもいるため行われ下げ幅拡大し、15:00には前日比1㌦37㌣高の192.14㌦になり大引けにかけて4月物はコールが上昇、プットが下落した事で15:15には前日比1㌦35㌣高の192.12㌦と後場安値を付け、反発した。両建日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦46㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で42.3%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.50倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▲0.05%、騰落レシオは101.85%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください

314


3月14日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりTopix先物は変わらず、日経平均先物は小反発したが、ドル建日経平均、日経平均、及びTopixは続落した。新興株14日の日経ジャスダック平均は小幅続落したが、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとCDS指数が上昇でVix指数は下落したが、仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数が上昇し、SOX指数が上昇したことから米国での堅調な経済統計を背景に投資家心理が改善し心理的節目194㌦越えを達成した反動でドル建て日経平均では9:00に193.11㌦で寄付後、裁定買が入り9:15の193.49㌦迄上げ幅拡大し最高値更新後、中国経済の景気減速懸念や194㌦の心理的節目である壁に跳ね返される事などを受けて、3月のSQ値を意識した売り買いが繰り返されており、上海株下落で加速化し巨大機関投資家による決算対策売りや持ち合い解消売りや過去最高の配当であることから配当の再投資で裁定解消を誘う先物売や「カバードコール戦略」が入り10:36には191.72㌦迄下げ幅拡大したが裁定買いが入り11:30に前日比1㌦01㌣高の192.31㌦迄下落し11:35の前場引では前日比1㌦01㌣高の192.31㌦迄回復したがさらに裁定解消売りが入り後場12:30には191.96㌦で寄付はしたが、3月決算期末を前にした国内巨大機関投資家の調整売りも出て前場の勢いを受け「カバードコール戦略」が再度入り英国議会が13日、欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」を拒否する決議案を可決したが、今後の道筋は依然として見えない上、米中貿易協議の行方など不透明要因が山積している状況では、投資マインドは高まりにくいため再度裁定解消売や「カバードコール戦略」が加わる事で、15:00には前日比49㌣安の190.81㌦になり大引けにかけて4月物は総じてコール、プットとも安かった事で15:15には前日比53㌣安の190.77㌦と最安値を付け、続落した。両建日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅2㌦72㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で43.9%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.40倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽2.15%、騰落レシオは94.62%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください

313


3月13日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりTopix先物、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均、及びTopixは反落した。新興株13日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとCDS・Vix指数は下落したが、仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数が上昇し、SOX指数が上昇したことから米株はまちまちで、当社分析通り午場寄り付直後から安く買える機会が到来していた。前日に急騰し節目192㌦越えを達成した反動でドル建て日経平均では9:00に192.48㌦で寄り付後、裁定買が入り9:12の192.87㌦迄上げ幅拡大後、取引開始前に発表された1月の機械受注が市場予想を下回ったことも警戒されるや否や国内機関投資家を含む巨大機関投資家により去年の3月洗替分に当たる3月月中平均を持高が抜けたため3月期末持ち高調整による利食いや決済売りが懸念増幅から一斉に開始され裁定解消を誘う先物売や「カバードコール戦略」が入ることで下げ幅拡大し11:30に前日比2㌦49㌣安の190.71㌦迄下落し11:35の前場引では前日比2㌦47㌣安の190.73㌦迄回復したがさらに小幅高で始まった中国・上海総合指数がマイナスに転じたほか、為替が円高方向に振れたことなどがマイナス材料視され、英国のEU離脱問題の先行き不透明感も手伝いこれらを受け、裁定解消売りが入り後場12:30には190.67㌦で寄付はしたが、前場の勢いを受け「カバードコール戦略」が再度入り12:42に190.59㌦が最安値として更新されたが、日銀によるETF買いへの期待感から押し目買や裁定買が散見され、15:00には前日比1㌦92㌣安の191.28㌦を付け大引けにかけて4月物は総じてコールが売られ、プットが買われた事で15:15には前日比1㌦90㌣安の191.30㌦を付け反落した。ドル建日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅2㌦28㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で45.1%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.41倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽2.11%、騰落レシオは95.75%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください

312


3月12日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりTopix先物、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均、及びTopixは続伸した。新興株12日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとCDS・Vix指数は下落したが、仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数が上昇し・メイ英首相とユンケル欧州委員長が英国の欧州連合(EU)離脱案を見直すことで合意したと伝わり、SOX指数が上昇したことから、当社分析通り前場中盤から安く買える機会が到来していた。前日の米国市場ではNYダウやナスダック総合指数が反発したうえ、東京市場の取引開始前にメイ英首相とユンケル欧州委員長が英国の欧州連合(EU)離脱案を見直すことで合意したと伝わり、朝方からドル建て日経平均では9:00に191.87㌦で寄付直後191.78㌦を付け最安値となり、裁定買いが入ることで9:20に192.99㌦を付け後、ドル高一服から裁定解消売が入り9:39に192.37㌦を付け後、中国などアジアの主要市場や時間外取引での米国株価指数先物も値を上げたため、投資マインドが一段と改善に向かい、裁定買を誘う先物買が入り11:30に193.17㌦迄上げ幅拡大し11:35の前場引では前日比3㌦4㌣高の193.15㌦迄回復した。後場12:30には193.28㌦で寄付はしたが、前場の勢いを受け裁定買いが再度入り12:59に193.63㌦が最高値として更新され前日の米国市場でアップルなどハイテク株が上昇した流れを受け、現物市場で半導体関連株など値値嵩株中心に値を上げる銘柄が増加したこともドル建て日経平均高に寄与し大引け迄「カバードコール戦略」が入り、15:00には前日比3㌦8㌣高の193.19㌦を付け大引けにかけて4月物は総じて「コール」に値上がりが目立ち「プット」は下落した事で15:15には前日比3㌦9㌣高の193.20㌦を付け続伸した。ドル建日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦85㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.3%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.51倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▲0.91%、騰落レシオは102.84%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください

311


311日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0311日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりTopix先物、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均、及びTopixは反発した。新興株11日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとCDSVix指数は上昇したが、仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数が下落し・OECDが世界経済見通しや半導体指数を引下げSOX指数が下落しECBと中国全人代で経済見通しを下げた事から、当社分析通り後場寄付き直後から安く買える機会が到来していた。前週末までの株価下落の反動や中国政府による信用取引規制緩和効果も奏功し中国・上海総合株価指数の上昇からドル建て日経平均では900189.63㌦で寄付直後912に高値190.05㌦を付け後裁定解消売りが入り1000に中国株価指数が上昇という見出報道を受け「国内年金とみられる買いが入った」との観測が聞かれ、裁定買を誘う先物買や「リバーサル戦略」が入り1052に前場引直前高値190.19ドルを記録後、期末に近いため国内機関投資家による利食いや巨大機関投資家による売却分の買戻から派生する決済買等から1017189.59㌦迄下げ幅拡大し、前場引では前日比33㌣高の189.73㌦を記録後、1135の前場引では前日比31㌣高の189.71㌦迄下落した。後場12:30には189.98㌦で寄付はしたが、前場の勢いを受け裁定買いが入り1303190.31㌦が最高値として更新された一方で前週末に発表された2月の米雇用統計で非農業部門就業者数が市場予想を大きく下回っただけに、市場では「米国景気の減速を織り込んでいく展開も想定され、今夜発表の1月小売売上高の内容を見極めたい」との指摘も聞かれ、節目の192㌦を前に上値の重い展開となった。景気減速懸念から裁定解消売りや「カバードコール戦略」が入り、1449には189.36㌦迄下げ幅拡大したが中国株が堅調さ故に裁定買が入り、1500には前日比72㌣高の1490.12㌦を付け大引けにかけて4月物は総じてコールが買われ、プットが売られた事で1515には前日比71㌣高の190.11㌦を付け反発した。ドル建日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅148㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で45.7%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.34倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽4.32%、騰落レシオは102.74%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください

308


 3月08日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりTopix先物、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均、及びTopixは続落した。新興株08日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとCDS・Vix指数は上昇したが、仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数が下落し・OECDが世界経済見通しや半導体指数を引下げSOX指数が下落しECBと中国全人代で経済見通しを下げた事から、当社分析通り後場寄付き直後から安く買える機会が到来していた。前日の欧米株安を背景に朝方から売りが先行して始まり、ドル建て日経平均では9:00に191.17㌦で寄付直後高値の9:00に最高値191.35㌦を更新しドル高一服後、また、2月の中国輸出が市場予想を大きく下回って悪化し、売り圧力を強めたほか、欧州中央銀行(ECB)は前日、ユーロ圏の経済成長予測を大幅に下方修正した。これまで、中国の成長目標引き下げや、経済協力開発機構(OECD)による世界経済見通しの下方修正に続き、国内でも内閣府が景気の基調判断を下方修正し市場では「世界経済の先行き不透明感が改めて意識され、海外ファンドなど巨大機関投資家による手仕舞い売りが膨らんだ」との指摘が聞かれ裁定解消を誘う先物売りや「カバードコール戦略」が入り、11:05に189.34㌦迄下落したが一服後買戻しの裁定買が入り、前場引では前日比2㌦48㌣安の189.57㌦を記録後、11:35の前場引では前日比2㌦39㌣安の189.66㌦迄下落した。後場12:30には189.37㌦で寄付はしたが、このため、1月、2月と続いた株価反発局面はいったん終了し、目先は先行き不透明要因が払しょくされるまでは、下値を模索する動きになりさらに先物売り等が入り13:21には188.64㌦迄下落し最安値を更新後、雇用統計等米国重要経済指標発表による新経済政策督促相場化期待から裁定買や「リバーサル戦略」が入る事で切返し、雇用統計期待から裁定買やショートカバーが入り15:00には前日比2㌦68㌣安の189.39㌦を付け大引けにかけて4月物はコールが売られ、プットは買われた事で15:15には前日比2㌦71㌣安の189.40㌦を付け続落した。ドル建日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅2㌦71㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で50.3%と悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.26倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽5.73%、騰落レシオは98.51%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください

307


 307日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0307日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりTopix先物、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均、及びTopixは続落した。新興株07日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとCDS指数は下落し、Vix指数は上昇したが、仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数が下落し・OECDが世界経済見通しや半導体指数を引下げSOX指数が下落し中国全人代で経済見通しを下げた事から、当社分析通り後場寄付き直後から安く買える機会が到来していた。前日の米国株安を嫌気して朝方から売りが優勢となる展開で、ドル建て日経平均では900192.24㌦で寄付後901に最高値192.36㌦を更新しドル高一服後、時価総額の大きい主力銘柄に巨大機関投資家の注文とみられる売りが目立ち920191.90㌦迄下落後、時間外取引の米株先物や中国・上海総合指数が軟調だったことも市場心理を冷え込ませ裁定解消を誘う先物売りや「カバードコール戦略」が入り1042191.89㌦迄下げ幅拡大し証券自己勘定を使用した配当取りによる税制優遇措置を受け海外に銘柄を戻すため裁定買が入り、前場引では前日比120㌣安の191.99㌦を記録後、1135の前場引では前日比121㌣安の191.98㌦迄回復した。後場12:30には191.96㌦で寄付はしたが、内閣府が本日午後に発表した1月の景気動向指数が3カ月連続の悪化で、景気の基調判断が下方修正され世界各国に分散する海外の大型投資ファンドが今後、シクリ株系の日本株の持ち高を減らしてくる可能性が警戒され先行き警戒感が増幅される」事から「カバードコール戦略」が入り1340には191.63㌦まで下げ幅拡大したがロールオーバーも終了しMSQの水曜日でもありドラギ総裁発言、三鬼商事のオフィス空室率もオフィス需要引締まり、稼働率高く、雇用統計期待から裁定買やショートカバーが入り1500には前日比111㌣安の192.08㌦を付け大引けにかけて3月物は、コールが軒並み売られ、プットが総じて買われた事で1515には前日比114㌣安の192.05㌦を付け続落した。ドル建日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅73㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で47.0%と悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.45倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▲0.25%、騰落レシオは110.60%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください

306


 3月06日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりTopix先物、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均、及びTopixは続落した。新興株06日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとCDS指数は下落し、Vix指数は上昇したが、仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数が下落し・SOX指数が上昇したことから、当社分析通り後場寄付き直後から安く買える機会が到来していた。前日の米国市場では、ポンペオ米国務長官が対中貿易協議について「トランプ大統領は内容が完璧でなければ合意しない」などと発言。米中交渉の先行き不透明感から投資意欲が停滞した。また、市場では「相場は期待先行で、想定される好材料を相当織り込んでいる」とされ、先行き不透明感が再燃する形となったポンペオ発言は、投資家心理に冷や水を浴びせたようだ。これらにより前日の米国株安などを背景にドル建て日経平均では9:00に193.60㌦で寄付後、9:01に最高値193.86㌦を付け、売りが先行し裁定解消を誘う先物売りや「カバードコール戦略」が入り10:30の192.87㌦迄下げ幅拡大し前場引け直前安値更新となり裁定買を誘う先物買が入り、前場引では前日比90㌣安の193.24㌦を記録後、11:35の前場引では前日比90㌣安の193.24㌦迄回復した。後場12:30には193.25㌦で寄付き、北朝鮮によるミサイル報道を受け巨大機関投資家による大量な裁定解消売りや「カバードコール戦略」が入りグロース銘柄が有利となり13:32に192.86㌦迄下げ幅拡大しその後MSQ週の水曜日でもありダブルインバース等の先物売りに対する決済買や買戻開始上昇が入り15:00には前日比95㌣安の193.19㌦を付け大引けにかけて3月物は、プットがおおむね上昇し、コールは総じて下落した事で15:15には前日比95㌣安の193.19㌦を付け続落した。ドル建日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で44.1%と変わらずとなり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.32倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▲2.30%、騰落レシオは108.75%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください

305


3月05日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。03月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりTopix先物、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均、及びTopixは反落した。新興株05日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとCDSとVix指数は下落し、仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数が下落し・SOX指数が上昇し新安値と新高値の関係で反発条件を充足していたことから、当社分析通り後場大引直前から安く買える機会が到来していた。背景には前日の米国株安に加え、日本株は連日上昇した後の短期的な過熱感もありその上に巨大機関投資家の中で景況感を示すリビジョン・インデックスも2月22日時点で-18.2%を示し3月1日時点で-27.3%と悪化しているため、ドル建て日経平均では寄付9:00に194.24㌦で開始後、年明け以降、米国の利上げ休止と米中貿易交渉の進展・合意への期待という2つの材料により裁定買を誘う先物買に加え「リバーサル戦略」が入る事で9:33に194.88㌦を付け最高値更新後、目先の達成感もドル建て日経平均売りにつながり、朝方から利益確定売りや「カバードコール戦略」が先行し下げ幅拡大し11:10に193.71㌦を付けこの時点で最安値更新となり裁定買が入り、前場引では前日比1㌦00㌣安の193.92㌦を記録後、11:35の前場引では前日比1㌦00㌣安の193.92迄回復した。後場12:30には194.06㌦で寄付き、全人代で李克強首相は税金と手数料の大幅削減やインフラ投資の拡大、中小企業に対する一層積極的な融資を通じ、一段の減速が見込まれる中国経済を支援する方針を示した事と同時に3月期末機関投資家配当取の時期も兼ね合さり裁定買を誘う先物買や「リバーサル戦略」が入り13:40に194.18㌦を付けたが「選挙を控え企業不祥事へ幻覚対応」とのヘッドラインを受け「カバードコール戦略」が入り14:06に193.79㌦迄下げ幅拡大後米系グローバルマクロヘッジ系ファンドを含む巨大機関投資家達がダブルインバース等の巻戻による買期待から裁定買が入ったことも買い安心感に繋がり15:00には前日比77㌣安の194.15㌦を付け大引けにかけて3月物は、コールが下落し、プットは総じて上昇した事で15:15には前日比78㌣安の194.14㌦を付け反落した。ドル建日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦17㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.4%と悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per1237倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▲4.22%、騰落レシオは112.22%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください

304


304日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0304日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりTopix先物、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均、及びTopixは続伸した。新興株04日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとCDSVix指数は下落し、仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBISOX指数が上昇し、米中首脳会談が今月末にも開かれるとの観測や、米中両国が通商協議の合意後に追加関税の一部撤回を検討する見通しとWSJ誌が報じた事で前週末の米NYダウが3ケタの上昇となったほか、為替の円安推移になり、ドル建て日経平均では9:00に寄付194.93㌦で開始直後に戻り売りに会い9:13194.45㌦と安値を形勢後裁定買が入り927194.85㌦迄上昇後、上値の重い展開となると、アルゴリズム等が働き裁定解消を誘う先物売りや「カバードコール戦略」が入り10:27194.21㌦と最安値を更新しその後もドル高と堅調推移を受け中国関連銘柄でもあるグロース銘柄に対する仕掛け的な先物買いが入りさらに「リバーサル戦略」が入ったことも買い安心感に繋がり1114194.66㌦と前場引直前高値を更新し、前場引では前日比120㌣高の194.58㌦を記録後、1135の前場引では前日比120㌣高の194.58㌦迄回復した。後場12:30には194.76㌦で寄付き、市場筋では「米国が対中関税を撤廃するなら市場が織り込んでいたより強い合意内容」と受け「撤廃が具体化すれば売り方は踏み上げられる可能性があるため、これまで売られていた銘柄を中心にショートカバーが入っている」との分析を巨大機関投資家の中では考える者もいる事に加え長期金利上昇によるドル高や上海株を含む亜細亜株堅調相場が手掛りとなり、内需戻しに値するグロース銘柄に対する仕掛け的な先物買いが入りさらに「リバーサル戦略」が入ったことも買い安心感に繋がり1258195.21㌦と最高値を更新したが心理的節目である196ドルに達すると商いの薄さから跳ね返されてしまい、市場エネルギーの大幅な回復には至っておらず上値の重い展開となると、アルゴリズム等が働き裁定解消を誘う先物売りや「カバードコール戦略」が入り1500には前日比156㌣高の194.94㌦を付け大引けにかけて3月物は、「コール」に値上がりが目立ち「プット」は下落した事で1515には前日比154㌣高の194.92㌦を付け続伸した。ドル建日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で39.9%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.44倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▲5.72%、騰落レシオは111.26%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください

 

 

301


301日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0301日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりTopix先物、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均、及びTopixは反発した。新興株01日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとCDSが上昇したがVix指数は下落し、仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数が下落の一方でSOX指数が上昇し前日の米国GDPが市場予想以上であったことでドル高になり半面、米中通商協議の期限延長が正式に発表され、貿易問題での緊張緩和
が買い戻しを誘ったほか、米国や中国で発表された経済指標が市場予想を上回ったため、
投資家心理が改善し買い気が強まると、ドル建て日経平均では9:00に寄付192.99㌦で開始直後に最安値192.98㌦を付け裁定買を誘う先物買が入り9:07193.88㌦を付後ドル安一服から「カバードコール戦略」が入り1039193.04㌦を付け即ち為替と連動する先物に買いが入り、指数を押し上げ前日に国家統計局が発表した2月の製造業購買担当者景気指数(PMI)より悪くなかったことも安心感を誘った為、10:45には193.58㌦迄回復した。その後戻り売りに会い、前場引では前日比24㌣高の193.21㌦を記録後、1135の前場引では前日比21㌣高の193.18㌦となった。後場12:30には193.64㌦で寄付き、法人企業統計も良好なため設備投資の本格化を狙いシクリカル且つ外需戻しであるバリュ―銘柄売りに対し内需戻しに値するグロース銘柄に対する仕掛け的な先物買いが入りさらに「リバーサル戦略」が入ったことも買い安心感に繋がり1335に後場大引直前高値193.84㌦を付後ただ、東証1部市場の売買代金は2兆円強にとどまっており、市場エネルギーの大幅な回復には至っておらず、市場では「ここから200ドルを目指すには、業績など経済の基礎的条件の改善が不可欠」との指摘があり、上値の重い展開となると、アルゴリズム等が働き裁定解消を誘う先物売りや「カバードコール戦略」が入り1500には前日比42㌣高の193.39㌦を付け大引けにかけて3月物は、コールが上昇し、プットが下落する事で1515には前日比41㌣高の193.38㌦を付け反発した。ドル建日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅9㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で40.7%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.36倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▲2.80%、騰落レシオは110.14%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会
によりご説明いたしますので奮ってご応募ください

 

 

 

228


228日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0228日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりTopix先物、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均、及びTopixは反落した。新興株28日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとCDSVix指数が上昇し、仮需比率が1%以下であり、EPSが下落しNBI指数とSOX指数が下落し前日の米国市場で主要株価指数がまちまちとなった事から方向感が掴めず、ドル建て日経平均は買見送り気運が拡大した。900194.30㌦で寄付後、裁定解消売を誘う先物売りや「カバードコール戦略」が入り906には193.46㌦と下げ幅拡大した。ドル高一服で買戻しが入り930193.86㌦迄回復後朝から大型株中心に売り物がちとなったが、円相場は1ドル=110円台後半で推移するなど日本株を取り巻く環境は悪化しておらず、下値不安感はない事から揉み合い1039には193.40㌦を付け「リバーサル戦略」が入り1116193.83㌦迄回復後、前場引では前日比123㌣安の193.78㌦を付後、1135の前場引では前日比124㌣高の193.77㌦となった。後場12:30には193.58㌦で寄付き、仕掛け的な買いが入ったことも買い安心感に繋がり1307に後場寄付き直後高値193.83㌦を付後ただ、米朝首脳会談の行方を見極めたいとのムードが強く買い見送り姿勢が強まる事で1426193.62㌦をつけ揉み合いとなり1426193.62㌦が来た時に「米朝交渉決裂」が流れるとアルゴニズム等が働き裁定解消を誘う先物売りや「カバードコール戦略」が入り1456192.81㌦を付け最安値更新となり1500には前日比199㌣安の193.02㌦を付け大引けにかけて3月物は、コールが売られ、プットが買われ1515には前日比24㌣安の192.97㌦を付け反落した。ドル建日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅149㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で41.1%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.30倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽0.09%、騰落レシオは112.19%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください

 

 

227


2月27日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりTopix先物、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均、及びTopixは反発した。新興株27日の日経ジャスダック平均は反発したが、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとCDS指数が下落したが、Vix指数が上昇し、仮需比率が1%以下であり、EPSが下落しNBI指数とSOX指数が下落し米中貿易交渉進展に対する期待感やパウエルFRB議長発言を受けた当面の利上げ見送り観測、中国・上海等アジア株式市場の堅調推移などが支援材料となり、ドル建て日経平均は9:00に194.52㌦で寄付き後、裁定買を誘う先物買や「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家の中にもいる事から9:22に寄付後高値195.05㌦迄回復し揉み合い「カバードコール戦略」が入ると10:42に194.52㌦迄下げ幅拡大したがドル安一服から裁定買を誘う先物買が入り10:48に195.01㌦迄回復し裁定解消売りが入り11:23に194.82㌦迄下落し反転後、前場引では前日比1㌦30㌣高の194.92㌦を付後、11:35の前場引では前日比1㌦29㌣高の194.92㌦となった。後場12:30には194.87㌦で寄付きまた、仕掛け的な買いが入ったことも買い安心感に繋がり12:39に後場寄付き直後高値195.09㌦を付後ただ、円相場が1ドル=110円台半ばへと円安進行が一服しているうえ、日本時間の今夜午後8時半ごろから始まる米朝首脳会議、あす午前0時に予定されているライトハイザー米通商代表部(USTR)代表の議会証言などを控え様子見ムードが強く裁定解消を誘う先物売りや「カバードコール戦略」が入り13:11に194.76㌦迄下げ幅拡大したが、全般は小幅な値動きにとどまるため14:57に195.19㌦迄値を戻したが裁定解消売りが入り15:00には前日比1㌦35㌣高の194.97㌦を付け大引けにかけて3月物は、「コールが上げ、プットは総じて下落した事を受け15:15には前日比1㌦39㌣高の195.01㌦を付け反発した。ドル建日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅75㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で42.8%と悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.40倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立△1.02%、騰落レシオは105.25%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

226


2月26日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりTopix先物、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均、及びTopixは反落した。新興株26日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとCDS・Vix指数が下落したが、仮需比率が1%以下であり、EPSが下落NBI指数とSOX指数が上昇し米中貿易協議の進展への期待から米国株が上昇、為替も1ドル=111円台まで円安が進んだことからドル建て日経平均では9:00寄付で194.12㌦で開始し朝方はグロース中心に買いが先行し、10:15に最高値194.65㌦を更新後、目先の目標達成感などからドル売りや円売りとなり輸出筋の実需の買いが奏功し円相場が下げ一服となったほか、通商協議の先行きを楽観視した買いが一巡し、いったんはガス抜きの利益確定売りが出て10:25にインド軍によるパキスタン側への空爆で地政学的リスクも意識され時間外取引での米国株価指数先物が一時3ケタを超える下げ幅をとなり、戻り売り圧力が強まり追い打ちをかける様に裁定解消を誘う先物売りや「カバードコール戦略」を行う巨大機関投資家が多い事から窓を開けての急落が始まり、前場引では前日比72㌣安193.92㌦を付後、11:35の前場引では前日比72㌣安の193.92㌦となった。後場12:30には193.50㌦で寄付きまた、昼過ぎにインド空軍がカシミール地方のパキスタン実効支配地域を空爆したと正確に伝わったことに加えて、26日に行われるパウエルFRB議長の議会証言や27日からの米朝首脳会談を控え、ポジション調整の売りも出たようで、継続して介入が入り12:51に193.22㌦で最安値を更新し売り仕掛の決済買や「リバーサル戦略」が入る事で14:50には193.64㌦迄回復後、裁定解消を誘う先物売りや「カバードコール戦略」が入り15:00には前日比99㌣安の193.65㌦を付け大引けにかけて3月物は、「コール」が総じて下げ、「プット」は上昇が目立った事を受け15:15には前日比1㌦2㌣安の193.62㌦を付け反落した。ドル建日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦43㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.5%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.35倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立△1.02%、騰落レシオは105.25%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

225


225日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0225日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりTopix先物、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均、及びTopixは反発した。新興株25日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとCDSVix指数が上昇したが、仮需比率が1%以下であり、EPSが若干上昇、NBI指数とSOX指数が上昇し米国全面株高を受け、「トランプ米大統領が31日の交渉期限を延期する意向を改めて示すと共に、3月中に習近平国家主席との首脳会談を開催すると示唆した」事を受け900194.70㌦で寄付、908194.82㌦と寄付直後高値を付後、裁定解消を誘う先物売や「カバードコール戦略」が入り927194.15㌦を最安値として更新した後、上海総合指数の堅調推移も安心材料になり一時4%を超える上昇を迎え、これを受け裁定買を誘う先物買や「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家もいる事から1046194.99㌦を付最高値となり追加の買い材料に乏しいため、1057194.30㌦迄下落したがドル安一服の為、裁定買を誘う先物買が入り、前場引では前日比144㌣高の194.88㌦を付後、1135の前場引では前日比144㌣高の194.88㌦となった。後場12:30には194.63㌦を付け寄付直後1250194.64㌦と後場寄付き直後高値を確認し、今後の動向を見極めたいとの声も出ていたため、裁定解消を誘う先物売や「カバードコール戦略」が入り、1339194.45㌦を付けドル安が一服後また、「2日に予定された中国製品に対する関税引き上げは当面先送りされる見通し」という見出しから裁定買いが入り1445194.75㌦迄回復後全般は様子見姿勢が強まり1441194.46㌦迄「カバードコール戦略」が入り下落後反発して戻り1445には194.75㌦を付けたが裁定買いが入り1500には前日比117㌣高の194.61㌦を付け大引けにかけて3月物は、「コール」が買われ、「プット」は総じて下落した事を受け1515には前日比120㌣高の194.64㌦を付け反発した。ドル建日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅84㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で42.9%と悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.37倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立△2.23%、騰落レシオは110.64%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

222


222日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0222日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりTopix先物は続落したが、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均、及びTopixは反落した。新興株22日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとCDSVix指数が下落し、仮需比率が1%以下であり、EPSが若干上昇、NBI指数が下落しSOX指数が下落し、前日に発表された欧米の経済指標が市場予想を下回り、米国株や英国株が下落したことから、巨大機関投資家の中では900193.10㌦で寄付後先行き不安からダブルインバース等を、裁定買を誘う先物買で手当てする者もいる事から910192.90㌦を付け最安値更新となりドル建て日経平均も2日続伸したあとだっただけに目先の利益を確保する売りが先行して始まった。ただ、東証1部の売買代金も2兆円を下回るなど商いは低調だった。市場では「米中貿易協議が進展するとの期待感があるものの、日本時間の明日早朝に行われるトランプ米大統領と中国の劉鶴副首相の会談を見定めたい」とのムードが強く、全般は様子見姿勢が強まった事で裁定買を誘う先物買が入り1002193.43㌦迄復活した。その後会談の結果が懸念されるため裁定解消を誘う先物売に値する「カバードコール戦略」が入り折角の買い場ではあるが先物売りを可能とするダブルインバース購入や先物売りが目立つため、前場引では前日比84㌣安の193.03㌦を付後、1135の前場引では前日比86㌣安の193.01㌦となった。後場12:30には193.35㌦を付け寄付き後1232193.39㌦と後場寄付き直後高値を確認し市場では「米中貿易協議が進展するとの期待感があるものの、日本時間のあす早朝に行われるトランプ米大統領と中国の劉鶴副首相の会談を見定めたい」とのムードが強く、全般は様子見姿勢が強まり1344193.12㌦迄「カバードコール戦略」が入り下落後反発して1440193.63㌦迄上昇しまた、来週は米国経済指標が相次いで発表されるほか、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言などが予定されていることも買い見送りムードを強め1500には前日比42㌣安の193.45㌦を付け大引けにかけて3月物は、「コール」に売りが優勢で、「プット」は高安まちまちだった事を受け1515には前日比43㌣安の193.44㌦を付け反落した。ドル建日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅73㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で42.5%と悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.31倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立△0.91%、騰落レシオは110.18%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

221


221日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0221日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりTopix先物は反落したが、ドル建日経平均、日経平均先物、日経平均、及びTopixは続伸した。新興株21日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとCDSVix指数が下落し、仮需比率が1%以下であり、EPSが若干上昇、NBI指数が下落したがSOX指数が上昇し、巨大機関投資家の中では週足で140週移動平均が下値ポジションになった為割安に感じ、120週移動平均線で節目192㌦を越えてきた者が先物買の平均コストを上抜いたためショートカバーを誘発する下げからの上昇を演じ、 FOMC議事要旨では利上げについて予想通りであり連日の上昇に対する警戒感や21日からワシントンで始まる米中閣僚級による通商協議の行方を見極めたいとのムードから利益確定売りが先行した事によりドル建て日経平均は900193.44㌦で寄付き後、戻売や利益確定に加え決済買も入り「カバードコール戦略」に押され1032192.65㌦迄一時的に前場引直前安値を付けたが裁定買が入る事で反発し今迄のコンセンサスショートカバーが入り大幅上昇を迎え、前場引では前日比2㌣安の193.33㌦を付後、1135の前場引では前日比5㌣安の193.30㌦となった。後場12:30には193.93㌦を付後「米中貿易交渉で六つの覚書が準備されている」などと複数の海外メディアが報じたことから、米中協議の進展期待感が再び盛り上がり、裁定買を誘う先物買や「リバーサル戦略」が入り1241194.47㌦迄回復し最高値となり揉み合った後、三尊天井形成が発生し「カバードコール戦略」が行われ目先の利益を確保する売りも出て、1500には前日比51㌣安の193.86㌦を付け大引けにかけて3月物は、コールとプットがともに下げが目立った事を受け1515には前日比52㌣高の193.35㌦を付け続伸した。ドル建日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅182㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で42.8%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.35倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立△1.63%、騰落レシオは115.65%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

220


220日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0220日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均先物は反発したが、日経平均、Topix及び、Topix先物は続伸した。新興株20日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとCDS指数が下落したがVix指数は上昇し、仮需比率が1%以下であり、EPSが若干上昇、NBISOX指数が上昇した事によりドル建て日経平均は900193.05㌦で寄付き後戻売、利益確定や決済買に押され939192.92㌦迄一時的に前場引直前安値を付けたが裁定買が入る事で反発し11:03193.82㌦を付け最高値更新となり9日から次官級協議が始まった米中通商交渉の進展期待を背景に、一時前日比13㌣高の193.82㌦と、心理的節目192㌦を越え194㌦目前に迫り引けた。為替市場で一時1ドル=11090銭近辺まで円安が進んだことも買い安心感につながった。前場引では前日比13㌣高の193.55㌦を付後、1135の前場引では前日比15㌣高の193.57㌦となった。為替市場では巨大機関投資家の中ではカバーベースで円ロング巻戻しが始まり急激に円高になり商品投資顧問(CTA)等が裁定解消を誘う先物売や「カバードコール戦略」が入り1242192.48㌦を付けこの段階で最安値を更新したが市場では「商品投資顧問(CTA)など海外ファンドの日経平均先物買いが相場上昇を主導した」との指摘が聞かれた。また、明日21日からは米中の閣僚級協議が行われる予定で、交渉進展への期待が続く間は、株が大きく売られることはないとの見方が大勢となっている。日本株は米国株に比べ出遅れ感が強いこともプラスに作用しており、個人だけでなく他の巨大機関投資家も投資マインドが改善すれば、上値を試す場面も想定され、裁定買が入り1407193.20㌦を付後「人民元安定維持の確約を求める米国要求が裏目に出る可能性」という見出しから米国指数先物の下落やドル高一服を受け戻り売りや利確が入り1439192.94㌦を付けたがFOMC議事要旨発表期待から、債券買が入り金利低下のドル安から為替市場で下落したものをカバーベースで場中後場に買戻してドル高にしたため裁定買や「リバーサル戦略」が入り1500には前日比80㌣高の193.32㌦を付け大引けにかけて3月物は、コールが軒並み上げ、プットは総じて下落した事を受け1515には前日比83㌣高の193.35㌦を付け反発した。ドル建日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅134㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で41%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.35倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立△1.38%、騰落レシオは112%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

219


2月19日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は反落し日経平均先物は変わらずだが、日経平均、Topix及び、Topix先物は続伸した。新興株19日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとCDS・Vix指数が下落し、仮需比率が1%以下であり、EPSが若干上昇、NBI・SOX指数が上昇した事によりドル建て日経平均は反落し、再び192㌦台を回復して引けた。前週末の米国市場では、北京で2日間の日程を終えた米中貿易協議が、18日以降もワシントンで継続されることが決定。米政府機関の再閉鎖が回避されたことも加わり、NYダウは大幅に上昇した。これを受けドル建て日経平均では9:00に192.21㌦で寄付後安値191.92㌦を記録し先物で買戻しが入り9:35に192.76㌦に達しドル高一服から裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール戦略」が入り9:54に192.32㌦を最安値として更新後ドル高を受け裁定買や「リバーサル戦略」が入り10:56に192.97㌦迄回復し前場引直前高値形成となり、前場引では前日比20㌣高の192.74㌦を付後、11:35の前場引では前日比18㌣高の192.72㌦となった。18日の米国市場が休場となるなかでの大幅高で、市場では「海外勢が不在のなか、個人投資家が強気に転じたのではないか」との指摘が聞かれ、「上値余地はまだ残っている」と見方も出ている。NYダウが年初から1割超上昇しているのに対し、日経平均は6%程度高にとどまっていることから、「出遅れ修正局面に入り、196㌦台を目指した動きになるのではないか」と強気な声も聞かれ裁定買いが入り14:41に192.80㌦迄上昇したが「カバードコール戦略」が入り、15:00には前日比6㌣高の192.60㌦を付け大引けにかけて3月物は、コールが高安まちまち。プットは権利行使価格が原資産価格を大きく下回る「アウト・オブ・ザ・マネー」の銘柄中心に上昇が目立った事を受け15:15には前日比2㌣安の192.52㌦を付け反落した。ドル建日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦5㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で43%と悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.27倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽0.26%、騰落レシオは114.44%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

218


218日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0218日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均及び日経平均、日経平均先物、Topix及び、Topix先物は反発した。新興株18日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると米国株の上昇に加えCDSVix指数が下落し、仮需比率が1%以下であり、EPSが若干上昇、NBISOX指数が上昇した事によりドル建て日経平均は反発し、再び192㌦台を回復して引けた。前週末の米国市場では、北京で2日間の日程を終えた米中貿易協議が、18日以降もワシントンで継続されることが決定。米政府機関の再閉鎖が回避され、大統領は壁に対する非常事態宣言をしたが民主党により提訴されたものの長期法廷闘争化したとみなされ限定的となったことも加わり、NYダウは大幅に上昇した。これを受けドル建て日経平均では900191.90㌦で寄付後安値191.87㌦を記録し先物で買戻しが入り903192.49㌦に達しドル高一服から裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール戦略」が入り944191.82㌦を最安値として更新後ドル高を受け裁定買や「リバーサル戦略」が入り1110192.62㌦迄回復し前場引直前高値形成となり、前場引では前日比309㌣高の192.49㌦を付後、1135の前場引では前日比308㌣高の192.46㌦となった。ランチタイム中、米商務省が通商拡大法232条に基づく自動車関税に関する報告書をトランプ大統領に提出したことが明らかになったが、反応は限定的だった事を受け、後場では1230には192.77㌦で寄付き後、中国・上海株式相場が底堅く推移したことで投資家心理が改善し、買いが優勢となり一時的に裁定買いが入り1246192.81㌦迄回復し最高値更新となったが狭い値幅での揉合展開に加え、政策督促相場であることにより裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール戦略」が入り1445192.49㌦迄下落後、18日の米国市場が休場となる中での大幅高で、市場では「海外勢が不在のなか、個人投資家が強気に転じたのではないか」との指摘が聞かれ、「上値余地はまだ残っている」と見方も出ている。NYダウが年初から1割超上昇しているのに対し、日経平均は6%程度高にとどまっていることから、「出遅れ修正局面に入り、196㌦台を目指した動きになるのではないか」と強気な声も聞かれ、裁定買いが入り1249192.72㌦迄上昇したが「カバードコール戦略」が入り、1500には前日比316㌣高の192.56㌦を付け大引けにかけて3月物は、コールが軒並み上げ、プットは総じて下落した事を受け1515には前日比316㌣高の192.54㌦を付け反発した。両建日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅99㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で41.5%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.23倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽0.39%、騰落レシオは114.24%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

215


2月15日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均及び日経平均は続落したが、日経平均先物、Topix及び、Topix先物は反落した。新興株14日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると米国株の下落に加えCDS・Vix指数が下落しEPSが伸び悩み、NBI・SOX指数が上昇した事により12月のクリスマスの時に株を購入した者が2月13日で売却し2月15日で買仕掛すると安価で購入可能になるものも巨大機関投資家の中には存在し、小売売上高ショックにより購入済みの米国債を売却する事で金利が低下する事でドル安にもなりクロス円では円高にもなるため外部環境の悪化を受け、ドル建て日経平均では9:00に190.45㌦で寄付き後最高値更新となり、裁定解消を誘う先物売や「カバードコール戦略」が入り9:16に188.82㌦を付け最安値更新となった後、巨大機関投資家の中で190㌦の節目を狙い空売りしていた者が188.82㌦迄しか下がらないため、巨大機関投資家が裁定買を誘う先物買を段階的に入れ売り仕掛の決済買で10:54に189.99㌦を付け、市場では「前日まで日経平均先物買いをいれていたCTAなど海外巨大機関投資家の売りが目立った」との指摘が聞かれた。また、トランプ米大統領が暫定予算に署名した一方、国家非常事態を宣言する方針が明らかになった。市場では「トランプ米大統領と米議会との関係が一段と悪化しかねず、来月に予定される米債務上限の引き上げ問題など、今後の財政運営で悪影響が懸念される」との指摘もあり、「カバードコール戦略」が入り、前場引では前日比1㌦06㌣安の189.35㌦を付後、11:35の前場引では前日比1㌦06㌣安の189.35㌦となった。後場では12:30には189.28㌦で寄付き後、中国・上海株式相場が底堅く推移したことで投資家心理が改善し、取引終了にかけてやや買いが優勢となり一時的に裁定買いが入り13:33に189.45㌦迄回復したが狭い値幅での揉合展開に加え、政策督促相場であることにより裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール戦略」が入り14:28に189.19㌦迄下落後、裁定買いが入り、15:00には前日比98㌣安の189.43㌦を付け大引けにかけて3月物は、プットが総じて上昇しコールは軒並み売られた事を受け15:15には前日比1㌦01㌣安の189.40㌦を付け続落した。ドル建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦63㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で44.8%と悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.05倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽5.60%、騰落レシオは103.58%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

214


214日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0214日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均及び日経平均は反落したが、日経平均先物、Topix及び、Topix先物は続伸した。新興株14日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとCDS指数が下落し、VixNBISOX指数が上昇したが、ドル高ではあるがクロス円では円高になり前日の米国株の大幅上昇を映して、ドル建て日経平均では900190.65㌦で寄付き後、裁定買を誘う先物買が入り914191.32㌦を付け最高値更新となり戻り売り等にも会い930190.31㌦を付後巨大機関投資家の中で190㌦の節目を狙い空売りしていた者が190.31㌦までしか下がらないため、巨大機関投資家が裁定買を誘う先物買を段階的に入れ売り仕掛の決済買で1046191.05㌦を付け為替も1ドル=111円まで円安方向に進んだため、買い安心感につながり年明け以降、何度も押し戻された190㌦水準を上抜けたことで目先の達成感もあり、次第に利益確定売りが増え押され「カバードコール戦略」も入り、前場引では前日比51㌣安の190.60㌦安を付後、1135の前場引では前日比53㌣安の190.58㌦となった。後場では1230には190.60㌦で寄付き後、米政府機関の再閉鎖回避や、米中貿易協議の進展への期待感が相場を牽引する構図は前日までと同じで、中国・上海株式相場が底堅く推移したことで投資家心理が改善。取引終了にかけてやや買いが優勢となり一時的に裁定買いが入り1251191.03㌦迄回復したが狭い値幅での揉合展開を越え1420190.73㌦を付後市場からは「買い材料としては新味に欠ける」との声も聞かれ、「カバードコール戦略」が入り1456190.27㌦を付後1500には前日比68㌣安の190.43㌦を付け大引けにかけて3月物は、コール、プットともに下げが目立った事を受け1515には前日比70㌣安の190.41㌦を付け反落した。ドル建て日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅105㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で42.6%と悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.17倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽2.10%、騰落レシオは109.45%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

213


2月13日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均及び日経平均先物、Topix及び、Topix先物は続伸した。新興株13日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとCDS指数が下落し、Vix・NBI・SOX指数が上昇したが、長期金利が上昇した事からドル高になり前日の米国株の大幅上昇を映して、ドル建て日経平均では9:00に190.29㌦で寄付き後、裁定買を誘う先物買が入り9:13に190.81㌦を付け戻り売り等にも会い9:30に最安値として189.98㌦を付後巨大機関投資家の中で190㌦の節目を狙い空売りしていた者が189.98㌦までしか下がらないため、米系ロングファンド等も含めた巨大機関投資家が裁定買を誘う先物買を段階的に入れ売り仕掛の決済買で11:12に191.76㌦を付けこれが最高値更新となり為替市場で1ドル=110円70銭程度と円安・ドル高基調が続いたことも買い安心感につながった。年明け以降、何度も押し戻された190㌦水準を上抜けたことで買い方の勢いがついたとみられる。米政府機関の再閉鎖が回避される見込みとなったほか、米中通商協議も期限延期の可能性が出るなど、「不透明要因が払拭されつつある」との声も聞かれ始め、前場引では前日比2㌦82㌣高の191.56㌦高迄回復後、11:35の前場引では前日比2㌦82㌣高の191.56㌦となりオプションSQを越えた事もあり買い戻しの動きが強まった。後場では12:30には191.65㌦で寄付き後、「米中協議は前進したり後退したりでどうなるか分からないが、出遅れていた日本株はひとまず買い戻しといったところだろう」と冷静に受け止めている投資家もあり、見方が分かれ裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入り14:56には191.09㌦を付け巻き戻され、15:00には前日比2㌦40㌣高の191.14㌦を付け大引けにかけて3月物は、「コール」が買われ、「プット」は売られた事を受け15:15には前日比2㌦37㌣高の191.11㌦を付け続伸した。ドル建て日経平均は大幅続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦78㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.4%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.14倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽2.10%、騰落レシオは109.45%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

212


2月12日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均及び日経平均先物、Topix及び、Topix先物は反発した。新興株12日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとCDS指数が下落し、Vix・NBI・SOX指数が上昇したが、長期金利が上昇した事からドル高になり「コンウェイ米大統領顧問が11日、トランプ大統領が中国の習近平国家主席と近い将来に会談する可能性はなお存在していると述べた」と海外メディアが報じたほか、「米議会与野党は政府閉鎖回避で
基本合意した」とのの報道もあり、先行き不安心理が後退し、日経平均ボラティリティー指数(VI)は17ポイント台以下になり、これらが支援材料となる中でドル建て日経平均は9:00に185.18㌦で寄付き後、9:01に185.07㌦で最安値を更新し裁定買を誘う先物買が入りトレンド系の巨大機関投資家であるCTAも先物買を行ったため11:21に前場引前高値188.02㌦を付後、前場引では前日比2㌦53㌣高の187.84㌦高迄回復後、11:35の前場引では前日比2㌦51㌣高の187.82㌦となりオプションSQを越えた事もあり買い戻しの動きが強まった。後場では12:30には188.59㌦で寄付き後、継続して入り、14:59に188.89㌦を付け最高値更新となり先週末に売った海外巨大機関投資家等の買戻しが中心で、米中協議も首脳会談が実現し成果を見極めるまでは本格的な買いにはつながらないとの指摘もあり下値不安感は完全には消えていない為戻り売りもあり、15:00には前日比3㌦38㌣高の188.69㌦を付け大引けにかけて2月物は、「コール」がおおむね上昇し、「プット」は下落が目立った事を受け15:15には前日比3㌦43㌣高の188.74㌦を付け反発した。ドル建て日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅3㌦82㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で43.0%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.94倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽5.94%、騰落レシオは114.63%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は
社長ブログで詳しくは特別会員入会
によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

28


 28日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0208日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均及び日経平均先物、Topix及び、Topix先物は続落した。新興株08日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとCDS指数が上昇し、VixNBISOX指数が下落したが、長期金利が低下した事からドル安になり3連休前でもあり、これらが支援材料となる中で日経平均ボラティリティー指数(VI)は17ポイント台以上に上昇し、欧州委員会が景気後退を容認した上に日経オプションプット・コールレシオが右肩上昇傾向を示し米中貿易交渉の目途不明事態から景気悪化に繋がるとみなされ、ドル建ても含め日経平均のチャートでは25日線を割れ、窓を開けての大陰線を出現させたことからダウンサイドリスクを覚悟せねばならず、NYダウも200日線を割った事から調整入りと見なされ巨大機関投資家によるアルゴリズム売買プログラムで株式現物を売却し日経Vi先物を買う事でプットが買われ上昇した処を決済売し日経平均先物で買うという一連の裁定取引を行う巨大機関投資家が多い為、大幅に続落してSQを低下させて終了した。事実経過としてはドル建て日経平均では900186.91㌦で寄付後、戻り売りに会い910186.40㌦迄下落したがドル安一服で927187.23㌦迄裁定買が入りトランプ米大統領が、中国との通商協議の期限である来月1日までに習近平国家主席と会談する予定がないと表明し、米中貿易協議進展への期待が後退したほか、欧州委員会がユーロ圏成長率見通しを下方修正したことも市場ムードを悪化させシクリカル系に裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール戦略」が入り1107185.62㌦を付け、サブスクリプション銘柄のソニーが自社株買いを発表し、裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り、前場引では前日比271㌣安の186.05㌦安迄回復後、1135の前場引では前日比273㌣安の186.03㌦となりオプションSQ算出を控えたポジション調整売り、リバランスも出て調整局面も注視されたが、後場では1230には186㌦で寄付き後、継続して入り、1406185.20㌦迄下げ幅拡大し最安値更新した処で、ドル安一服で裁定買が先物を通して入り1442185.67㌦に回復後、三連休を前にした持高調整売りが先物で入り、1500には前日比341㌣安の185.35㌦を付け大引けにかけて2月物は、コールに値下がりが目立ちプットが買われた事を受け1515には前日比345㌣安の185.31㌦を付け続落した。ドル建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅203㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で48.7%と悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.64倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽13.30%、騰落レシオは104.54%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

27


 27日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0207日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均及び日経平均先物は反落したが、TopixTopix先物は続落した。新興株07日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数が上昇し、CDSNBI指数が下落しSOX指数が上昇したが、長期金利が低下した事からドル安になりこれが支援材料となる中で日経平均ボラティリティー指数(VI)は17ポイント台以上に上昇し、中国に関係性が大きい日本市場を鑑みて決算も下方修正が目立つ処から景気後退への準備で日本を代表する値嵩銘柄を売り日経平均ボラティリティー指数・先物指数を買った後で日経平均および日経平均先物を売る裁定取引を行う事で調整局面入りとさせSQを下げさせる事を行うためドル建て日経平均、日経平均や日経平均先物に裁定解消売りが出て反落に繋がっていった。6日の米国市場では、主要株価指数が小幅安となる等、米経済統計の強さを背景にした前週末からの動きに一巡感が出て、ドル建て日経平均では900189.23㌦で寄付き後909189.58㌦と最高値を更新し心理的な節目の192㌦を前に上値の重い展開が続いており、節目回復の失敗で、巨大機関投資家の中の短期筋からの手仕舞い売り即ち裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール戦略」が出たとの見方が市場では出ており1012188.33㌦迄下げ幅拡大し最安値を付けた。その後6日に大幅増益決算と自社株買いを発表したソフトバンクグループがストップ高となり、裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り、前場引では前日比135㌣安の188.86㌦安迄回復後、1135の前場引では前日比135㌣安の188.86㌦となりオプションSQ算出を控えたポジション調整売り、リバランスも出て調整局面も注視されたが、後場では1230には188.48㌦に寄付き後、継続して入り、1326188.83㌦迄上げ幅拡大し、国内では主力企業の決算発表が続いているが、昨年12月迄の実績や通期の業績予想が投資家の期待に届かずAI等のアルゴニズムによる機械的判断で売られる銘柄がやや多い為、裁定解消を誘う先物売りに当る「カバードコール戦略」が入り1431188.36㌦と底値を付後、米中貿易交渉の一旦の合意期待による好感から日経VIと日経平均での裁定取引で裁定買いにより1459188.81㌦を付後、戻り売りや決済売りに会い1500には前日比146㌣安の188.75㌦を付け大引けにかけて2月物は、コールが売られプットが 買われた事を受け1515には前日比145㌣安の188.76㌦を付け反落した。ドル建て日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅125㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で45.7%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.85倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽7.53%、騰落レシオは109.70%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

26


 2月6日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均及び日経平均先物は反発したがTopix、Topix先物は反落した。新興株06日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix・CDS指数、NBI指数が下落しSOX指数が上昇し長期金利が継続して高い事からドル高になりこれが支援材料となる中で投資家の不安心理を示すとされる日経平均ボラティリティー指数(VI)は17ポイント台に低下し前日の米国市場で主要株価指数が軒並み上昇を受けドル建て日経平均では9:00に190.38㌦で寄付き後、戻り売り等に会い9:11に190.17㌦を付後、裁定買を誘う先物買が入り10:09に190.65㌦を付後決算の下方修正等を受け裁定解消の先物売りや「カバードコール戦略」が入り10:31に189.97㌦と最安値を更新後、ドル高に加え好決算銘柄等も多い為、裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り、前場引では前日比1㌦39㌣高の191.14㌦高迄回復後、11:35の前場引では前日比1㌦25㌣高の191.00㌦高となり後場ではトランプ大統領による一般教書演説の報道激化も手伝い裁定解消売りが入り12:30には190.88㌦に寄付き後、継続して入り、14:47に190.07㌦迄下げ幅拡大したにも関わらず前日比プラス圏維持となり裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り、14:57の大引け直前に190.27㌦をつけたものの、15:00には前日比44㌣高の190.19㌦を付け大引けにかけて2月物は、コール及びプットともに売られた事を受け15:15には前日比46㌣高の190.21㌦を付け反発した。ドル建て日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦17㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で45.0%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.04倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽5.80%、騰落レシオは124.23%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

25


 2月5日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は続落したが、日経平均及び日経平均先物は反落しTopix、Topix先物は続伸した。新興株05日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVix・CDS指数やNBI指数が下落し、SOX指数が上昇し長期金利が継続して高い事からドル高になりこれが支援材料となる中で投資家の不安心理を示すとされる日経平均ボラティリティー指数(VI)は17ポイント台に低下し前日の米国市場で主要株価指数が軒並み上昇を受けドル建て日経平均では9:00に190.61㌦で寄付き後9:02に190.82㌦を付最高値更新となるが節目の192㌦台乗せ目前に迫ると、2018年4-12月期決算発表が本格化する中、主力銘柄に通期業績予想の下方修正が目立っており、業績内容を見定めたいとのムードが広がったほか、ユニクロの1月の既存店売上高がさえなかったファーストリテが3%近く下落したことから、値嵩代表銘柄のファーストリテに裁定解消の先物売りや「カバードコール戦略」が入り9:56には189.49㌦迄ヘッジ目的の売りが入りその後ドル高傾向となり10:47には189.90㌦を付ける大幅な買戻しが先物で入りその後揉み合い、前場引では前日比49㌣安の169.81㌦安迄回復後、11:35の前場引では前日比49㌣安の189.81㌦となり後場12:30には189.77㌦に寄付き後、1日発表された米1月雇用統計は、非農業部門雇用者数が30万4,000人増加し、事前予想を大きく上回った。1月ISM製造業景気指数も予想を上回り、米経済の基調的な力強さを示した。これにより裁定買を誘う先物買で13:45には190.07㌦を付けたがただ、米国では現地時間の5日夜にトランプ大統領による一般教書演説を控えている。市場では「メキシコ国境の壁建設予算で民主党と合意できなければ、トランプ氏は非常事態宣言で議会承認を経ずに壁建設に踏み切るとも述べており、民主党との対立が深まればリスクオフにつながりかねないためにヘッジ目的で「カバードコール戦略」が入り14:36に189.61㌦迄下げ幅拡大し、15:00には前日比46㌣安の189.64㌦を付け大引けにかけて2月物は、コールは高安まちまちで買われ、プットが概ね下落した事を受け15:15には前日比55㌣安の189.75㌦を付け続落した。ドル建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦33㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で43.3%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.04倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽6.02%、騰落レシオは133.06%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

24


 24日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0204日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は続落したが、日経平均は続伸しTopixTopix先物及び日経平均先物は反発した。新興株04日の日経ジャスダック平均は反発したが、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとVixCDS指数が下落し、前週末発表の米1月雇用統計、NBI指数、SOX指数など米経済統計が予想以上に良好で、これを受け長期金利上昇後円安・ドル高が進み、投資家心理が上向き米景気の減速に対する懸念が後退した事が弾みとなり巨大機関投資家の中では裁定買を誘う先物買を先行して入れる者も多い為ドル建て日経平均では900190.36㌦で寄付き、902190.98㌦と最高値更新をしドル高一服から利確や戻り売りが入り923190.44㌦を付後、「リバーサル戦略」としての先行買や日経平均の25日移動平均線が上向き始め現在のように空売り比率が高水準の局面では買い戻しが入り、1002190.96㌦を付け前場引直前高値となった。決算発表後のソニー、ホンダなど主力株の一角が下落し、日経平均も伸び悩む場面はあった為、裁定解消を誘う先物売りが入り、1036190.20㌦を付け前場引け直前安値となり内需系や5Gなどのテーマ株主導で一段の株価上昇が見込める為、「リバーサル戦略」が行われ、前場引では前日比15㌣安190.79㌦迄回復後、1135の前場引では前日比15㌣安の190.79㌦となり後場1230には190.67㌦に寄付き後12:36190.79㌦迄買上げられ裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」が行われさらに買い難くなり一方、米国の利上げ観測が再び強まることへの警戒もあり1日発表された米1月雇用統計は、事前予想を大きく上回り1月ISM製造業景気指数も予想を上回り、米経済の基調的な力強さを示した。 巨大機関投資家の中では米国の年内利上げはなくなったという見方が株式市場の安心感を強めていたが、これだけ強い指標を見せられると、これまでの流れが逆回転してしまうという警戒も出る為少し様子を見たいという向きもいる事から裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール戦略」を行う者もいる事から1335190.07㌦と付けた値が最安値となった。その後1433190.30㌦を付け揉み合い迄に陽線が二本出現し利確及び戻り売りは有ったが1457190.08㌦を付けた事から二本の差込線即ち買印と捉え「リバーサル戦略」が入り、1500には前日比62㌣安の190.32㌦を付け大引けにかけて2月物は、コールが買われ、プットが売られた事を受け1515には前日比64㌣安の190.30㌦を付け続落した。ドル建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅91㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で42.7%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.04倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽5.25%、騰落レシオは119.80%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

21


 2月1日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。02月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり日経平均は続伸したが、ドル建日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は続落した。新興株01日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix・CDS指数が下落し、NBIやSOX指数が上昇し米中貿易摩擦の緩和期待や米国ハイテク及びIT関連の買入上昇という好材料を午前で織り込むため、ドル建て日経平均では9:00に191.07㌦を寄付後、寄付直後に109.02㌦を最安値として更新し裁定買を誘う先物買や「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家も増えた為10:17には192.23を最高値として更新し10:30に報道発表された財新中国PMIの悪化で景気減速が裏付けられ、買い進みにくくなり巨大機関投資家の中では裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」を行う者もいる事から下げ幅拡大し10:47には190.73㌦と前場安値を付け、前場引では前日比4㌣高191.01㌦迄回復後、11:35の前場引では前日比1㌣高の191.04㌦となり後場12:30には191.21㌦に寄付き後12:32の191.25㌦迄買上げられ裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」が行われさらに買い難くなり14:02に190.70㌦を最安値として付後、後場発表された決算が良好なものもあるため裁定買を誘う先物買が更に入り、米国市場と連動性の高い銘柄が上昇した他、海外巨大機関投資家とみられるドル建て日経平均に先物が断続的に売りとして入ったことも方向性に欠けた。この流れから、15:00には前日比11㌣安の190.92㌦を付け大引けにかけて2月物は、コール、プット共に下落した事を受け15:15には前日比9㌣安の190.94㌦を付け続落した。ドル建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦53㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で45.3%と悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.04倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽6.58%、騰落レシオは105.19%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

131


 0131日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0131日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、TopixTopix及び日経平均先物は反発した。新興株31日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると30日の米連邦公開市場委員会(FOMC)声明で、金融引き締めに慎重な方針が示され、米国株が400ドル超、NBI指数反発及び半導体指数反発と急伸した流れを引き継ぎ、ドル建日経平均は朝方191.18㌦で寄付から買いが先行して始まり906191.60㌦と最高値を付け、一時前日比346㌣高迄上伸した。その後持高調整の裁定解消売りが入り1032189.96㌦を付け最安値更新となった。その後、仕掛を閉じるための決済買即ち「リバーサル戦略」が入り前場引では前日比2.36㌣高190.52㌦迄回復後、1135の前場引では前日比238㌣高の190.52㌦となり後場1230には190.67㌦を付け後、裁定買を誘う先物買が更に入り電機や半導体、情報通信、銀行など米国市場と連動性の高い銘柄が上昇した他、海外巨大機関投資家とみられるドル建て日経平均に先物買が断続的に入ったこともプラスに働いた。この流れから1248に後場寄付高値191.45㌦を付後、持ち高整理の為「カバードコール 戦略」が入りただ、上値では戻り待ちの売りが待ち構えており、1430190.79㌦迄下げ幅拡大し折り返しの「リバーサル戦略」が入り、1500には前日比293㌣高の191.07㌦を付け大引けにかけて2月物は、コールが買われ、プットは売られた事を受け1515には前日比289㌣高の191.03㌦を付け反発した。両建て日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅164㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で42.7%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.06倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽6.88%、騰落レシオは99.27%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

130


 01月30日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月30日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物は反落であったが日経平均先物は続落した。新興株30日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は大幅反落した。某情報ベンダーによると日本時間の早朝に発表された米アップルの決算を映して、朝方は買いが先行してドル建て日経平均では9:00189.17㌦で寄付直後189.25㌦迄買上げられ最高値更新となり始まった。その後、新興市場でのバイオ関連銘柄の値崩れを背景に個人投資家心理が悪化したため、巨大機関投資家の中ではドル建て日経平均にもヘッジ売りにあたる「カバードコール戦略」を行うものが増加した。10:23には187.84㌦を付け最安値更新となった。前場引では前日比1㌦安188.09㌦迄下落後、11:35の前場引では前日比1㌦2㌣安の188.07㌦となり後場12:30には188.21㌦を付け後、米国の金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表のほか、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の記者会見、米中の閣僚級通商協議など重要な政治イベント控えているだけに、全般は模様眺めムードに包まれていた。FOMCについて、市場では「資産圧縮の早期終了について議論が行われる」との見方も出ており、「これが円高を招き、外需セクターにネガティブな影響が出る可能性があるだけに、結果などを見極めたいとの姿勢が強まり日銀による上場投資信託(ETF)買い観測が広がると戻り歩調に転じ、裁定買を誘う先物買が入り13:31に188.67㌦迄回復後下げ渋る展開となり裁定解消を誘う先物売りは入るが、15:00には前日比95㌣安の188.14㌦を付け大引けにかけて2月物は、「コール」は軒並み下落し「プット」は上昇が目立った事を受け15:15には前日比95㌣安の188.14㌦を付け反落した。両建て日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦41㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で47.0%と悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.94倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽10.17%、騰落レシオは94.18%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

129


 01月29日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物は反発であったが日経平均先物は続落した。新興株29日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると米重機大手キャタピラーの低調な決算や米半導体大手エヌビディアのさえない業績見通しが重しとなり、前日の米国株が下落。これを受けドル建て日経平均でも中国経済の減速や貿易摩擦による企業業績への影響が懸念され、建機株やハイテク・半導体株などに巨大機関投資家によるAIトレーディングによる裁定解消を誘う先物売に値する「カバードコール戦略」が実施され、持高調整が先行し下げ幅拡大した。これにより10:06の時に186.92㌦を付けるが最安値となり為替では109円から110円で持高調整感が勝り、実需のドル手当ても入ったが、FOMC後のパウエル米連邦準備理事会議長のバランスシートに関する発言が注目される。ドル/円が109円を割り込むとロスカットの円高、株安が加速する可能性もある事等を考慮して次のテーマ探しによる買い比率の低減となり、前場引では前日比1㌦57㌣安187.29㌦迄上昇後、11:35の前場引では前日比1㌦59㌣安の187.27㌦となり後場12:30には189.07㌦を付け後、中国政府による政策期待などで中国・上海総合指数が一時上昇に転じるなど下げ渋ったほか、外国為替市場での円高・ドル安の一服も相場全体の持ち直しを後押しし思ったほどリスクオフが進まず、巨大機関投資家が買い戻しを迫られ日銀による上場投資信託(ETF)買いの思惑を手掛かりにした株価指数先物への買い戻しなどが優勢になり裁定買を誘う先物買や「リバーサル戦略」が加速度的に入り決済買も入った為に14:52に189.11㌦と最高値をこの段階で更新し揉み合い後、15:00には前日比18㌣高の189.04㌦を付け大引けにかけて2月物は、「コール」と「プット」ともに値下がりが目立った事を受け15:15には前日比23㌣高の189.09㌦を付け反発した。両建て日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅2㌦19㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で47.4%と悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.98倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽8.98%、騰落レシオは92.48%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

128


 0128日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0128日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、日経平均先物、TopixTopix先物は反落であった。新興株28日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると米金融当局がバランスシート縮小プログラムを当初予定より早く終える可能性を検討していると、米紙ウォールストリート・ジャーナルが25日報道したのを受け米国長期金利が低下しドル安になった。しかしこれは米国株には支援材料の為、米国主要三指数は上昇したが日本株相場には逆作用と巨大機関投資家の中で捉えられ亜細亜株式上昇からドル建て日経平均では900189.63㌦で寄付後9:09まで上昇し最高値189.82㌦となり、今週は米アップルの決算発表や米連邦公開市場委員会(FOMC)、米中貿易協議などを控えているため様子見ムードが強く、揉合を経た後、円高により利益確定等が働き、前場引では前日比8㌣高の189.34㌦迄上昇後、1135の前場引では前日比6㌣高の189.32㌦となり後場1230には189.07㌦を付け後1314189.36㌦迄買戻されては見たが、ドル安から来る上海株安やアジア株安が確認されると中国景気の底入れ確認が取れない事に加え日本を代表する上場企業のガバナンス体制における警戒感や首相の施政方針演説で増税要請の構築が伺えたことを受け巨大機関投資家が狙っていた政策督促相場と相違した為、更なる裁定解消を誘う先物売を行う者も増え、更に「FRBによる保有資産の金利上昇感の終焉」と採られた為、「カバードコール戦略」が入り1457188.71㌦と最安値を更新し、1500には前日比34㌣安の188.92㌦を付け大引けにかけて2月物は、「コール」の売りが目立ち「プット」の買が概ね買われた事を受け1515には前日比40㌣安の188.86㌦を付け反落した。両建て日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅111㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で46.6%と悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.95倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽9.57%、騰落レシオは88.90%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

125


 01月25日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、日経平均先物は反発したがTopix、Topix先物は続伸であった。新興株25日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると政府機関閉鎖で景気動向がわからず、景気動向に左右されない、米国半導体大手アプライドマテリアルズ等が好決算を出したことで半導体指数が上昇しハイテク株が中心の米ナスダック総合指数やSOX指数の上昇、欧州中央銀行ドラギ総裁が下方修正を報道しユーロ売後ドル買になり、為替の円安推移が買い材料とみられドル建て日経平均は9:00に187.96㌦で寄付、その直後に最安値を同値で更新し、外部環境の落ち着きを背景にヘッジファンドなどの巨大機関投資家がドル建て日経平均への買戻しを強め裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」が入り9:16に189.45㌦迄買戻され一服後裁定解消を誘う先物売が入り「カバードコール戦略」を行う者が多い為、10:26に188.51㌦を付け後、この後発表された上海市場も堅調の流れを受け追い風となり裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」が入り、前場引では前日比1㌦74㌣高の189.37㌦迄上昇後、11:35の前場引では前日比1㌦74㌣高の189.37㌦となり後場12:30には189.42㌦を付けてから、継続して既述の手口が入り12:47に189.76㌦を最高値として更新した。その後、景気に左右されない指数インパクトの大きいバイオ関連や機械銘柄が上伸しただけに、ドル建て日経平均への買い戻しの動きが強まっただけで、「来週に行われる米中閣僚級通商協議など欧米の政治イベント次第では再び振れ幅が大きくなる可能性もある」との指摘もあり、先行き警戒感から「カバードコール戦略」が入り想定の範囲内の上昇に抑え込まれ、15:00には前日比1㌦58㌣高の189.21㌦を付け大引けにかけて2月物は、「コール」が上昇し「プット」が下落した事を受け15:15には前日比1㌦63㌣高の189.26㌦を付け反発した。両建て日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅2㌦1㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.2%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.05倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽8.19%、騰落レシオは86.74%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

124


 0124日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0124日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均は続落したが日経平均先物は横這いでTopixTopix先物は反発であった。新興株24日の日経ジャスダック平均は反発したが、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると米政府機関の一部閉鎖が長期化しているが、ハセット米大統領経済諮問委員会(CEA)委員長が「3月末まで政府機関閉鎖が続けば1-3月期の成長率はゼロになる」と発言するなど、米政治の先行き不透明感が懸念される中、市場では「景気に悪影響を及ぼしかねない」との見方から、ドル建て日経平均は900187.28㌦で寄付直後、908186.91㌦で最安値を更新し、心理的な節目である189㌦台を割り込む場面もあったがその後裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が行われ1009188.21㌦として最高値を更新し、その後、戻し売りを受け1032188.02㌦を記録後、様々な懸念から「カバードコール戦略」が行われ、前場引では前日比55㌣安の187.29㌦迄下落後、1135の前場引では前日比55㌣安の187.34㌦となり昼ごろ1230187.62㌦を付けてから、切返し1245187.67㌦を更新後、1259187.53㌦迄下落し米景気の先行き不透明感から売りが先行したが、2018年4~12月期の決算発表の本格化を控えて様子見姿勢が根強く、散発的な買い戻しも入り小幅な動きにとどまり、1500には前日比12㌣安の187.72㌦を付け大引けにかけて2月物は、「コール」と「プット」が総じて下落した事を受け1515には前日比21㌣安の187.63㌦を付け続落した。両建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅13㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で43.3%と改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.95倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽11.40%、騰落レシオは88.31%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

123


 01月23日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月23日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物は続落したが日経平均先物は横這いであった。新興株23日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとドル建て日経平均はシカゴ先物にサヤ寄せする格好で9:00に187.02㌦で寄付直後、9:01に186.88㌦で最安値を更新した。休場明けの米国市場ではNYダウが300ドル超の大幅安となったものの、東京市場では昨日の段階で既に織り込んでいたこともあり下げ幅は限定的だった。売り先行後は朝方から進んだ為替の円安推移もあり、裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家が多い事から10:57には188.52㌦を付け徐々に下げ幅を縮めると、前場引では前日比28㌣安の188.19㌦迄下落後回復し、11:35の前場引では前日比28㌣安の188.19㌦となり昼ごろ12:30の187.96㌦を付けてから、切返し12:47に188.58㌦と最高値を更新後IMFによる統計が示す景気後退報道や日銀方針に変化が無いことやトランプ政権による報道でドル売りが開始され空売り比率が高める事で200日線が下向き、決算警戒感で「閑散に売り無し」の状況に陥り「カバードコール戦略」が入り、14:49には187.78㌦迄下げ幅拡大し、15:00には前日比59㌣安の187.88㌦を付け大引けにかけて2月物は、「コール」と「プット」共に株式相場の方向感が明確になるような取引はみられなかった事を受け15:15には前日比63㌣安の187.84㌦を付け続落した。両建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦7㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で47.3%と横這いになり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.93倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽11.57%、騰落レシオは91.31%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

122


 01月22日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は反落した。新興株22日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると米国株市場がキング牧師生誕記念日で休場となり欧州市場では取引が行われたが、英国でメイ首相が欧州連合(EU)からの離脱案を修正する考えを示しても特に目立った反応はなく、手掛かり材料に乏しい状況だった。国際通貨基金(IMF)の世界経済成長率見通しの下方修正や米国と中国との根強い通商問題から、ドル建て日経平均では9:00に189.38㌦で寄付いたが9:01に189.69㌦と高値更新を迎え目先の利益を確保する動きが次第に強まると、裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」が入り9:55には前場引直前安値である188.55㌦迄下げ幅拡大しドル安一服から10:34に189.26㌦迄値が回復後利益確定が入り、前場引では前日比21㌣安の188.92㌦迄下落後回復し、11:35の前場引では前日比22㌣安の188.91㌦となり12:30の188.63㌦を付けてから、午後は景気減速懸念から上海株が下落し 景気後退懸念が台頭するがゆえに元が売られドルと円が買われ回避動向に勢いが増し「カバードコール戦略」が入り12:57に187.88㌦と最安値を更新し明日からのマクロ指標報道で日銀による追加緩和による金融緩和期待から裁定買を誘う先物買が入り13:52に188.52㌦を付後さらに先物売りが入り14:24に187.89㌦をつけた処で陽線が二本確認でき日本の差込線という考えから「リバーサル戦略」が入り、15:00には前日比64㌣安の189.49㌦を付け大引けにかけて2月物は、「コール」に売りが目立ち「プット」は総じて買われた事を受け15:15には前日比66㌣安の188.47㌦を付け反落した。両建て日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦81㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で47.3%と悪化し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.98倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽10.46%、騰落レシオは90.24%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

121


 0121日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0121日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、TopixTopix先物及び日経平均先物は続伸した。新興株21日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると米国株市場がキング牧師生誕記念日で休場となり今月末開催の米中閣僚級協議の進展に期待が高まり、原油と10年債利回り高が引起す「市場にリスク選好ムード」が拡大しドルショートの巻戻しが起こった。18日のNYダウが大幅高となったことから買いが先行してドル建て日経平均も900寄付き190.13㌦で始まった。一時1ドル=109円台後半まで円安・ドル高が進んだこともあって、ドル建て日経平均では940に一時前週末比149㌣高の190.53㌦円まで上伸し最高値を付け陽の極を迎えた。ただ、「米国と中国は知的財産(IP)権問題でほとんど進展がない」と190.44㌦を示した1000に海外メディアが報じたことで期待感が後退し、目先の利益を確保する動きが次第に強まると、裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」が入り1023には前場引直前安値である188.96㌦迄下げ幅拡大しドル安一服から1110189.62㌦迄値が回復後、前場引では前日比36㌣高の189.40㌦迄下落後回復し、1135の前場引では前日比29㌣高の189.33㌦となり1230189.19㌦を付けてから、午後は成長分野を巡る先行き不透明感に加え中国による経済指標が景気後退を滲ませた事から1401には189.41㌦を付けたが指数は上げ幅を縮め「カバードコール戦略」が入り1439188.77㌦と最安値を更新し明日からのマクロ指標報道で日銀による追加緩和による金融緩和期待から裁定買を誘う先物買が入り、1500には前日比12㌣高の189.16㌦を付け大引けにかけて2月物は、コールは概ね上昇しプットは売られた事を受け1515には前日比9㌣高の189.13㌦を付け続伸した。両建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅176㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で44%と悪化し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.04倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立▽10.46%、騰落レシオは87.14%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

 

118


 01月18日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は反発した。新興株18日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると米政府が中国に対する制裁関税撤廃などを検討との一部報道を受け、米中貿易協議の進展期待からNYダウは上伸、円相場も円安が進んだためドル建て日経平均も買いが先行して始まり、裁定買を誘う先物買である「リバーサル戦略」が入り9:00寄付時点で187.58㌦を付け午前に一時前日比1㌦61㌣高の189.14㌦と11:14に最高値を更新し、前場引では前日比1㌦75㌣高の189.08㌦迄回復し、11:35の前場引では前日比1㌦77㌣高の189.10㌦となり12:30の189.03㌦を付けてから、午後は前日に日本電産<6594>が2019年3月期の通期業績予想を大幅に下方修正し、他のハイテク関連銘柄への収益鈍化懸念がぬぐえないことにある。市場関係者からは「2008年のリーマン・ショックの時も同社が早い段階で変調に触れていただけに、今後6カ月から12カ月先に日本の製造業に起きることが先に表れていると考えた方がいいのではないか」との指摘が聞かれるなど強気になれない投資家が多い。大発会後から続いている「悲観相場の修正局面は終わりつつある」との声もあり、一段の上値追いには業績動向の確認が必要とみられ企業業績に対する懸念が背景にあるため、13:00に189.08㌦迄裁定買で買戻したが13:48には裁定解消により188.87㌦迄下げ幅拡大し業績動向を改善する施策による督促相場期待から裁定買いが入り、JQやマザーズに資金回避する巨大機関投資家もいる事から下げ幅拡大し14:49に186.84㌦迄下落したが陽線出現により罫線上で二本の差込線が確認できたため「リバーサル戦略」が入り、15:00には前日比1㌦66㌣高の188.99㌦を付け大引けにかけて2月物は、コールに値上がりが目立ちプットは下落した事を受け15:15には前日比1㌦71㌣安の189.04㌦を付け反発した。両建て日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦78㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で42.4%と改善し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.97倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安▽15.62%、騰落レシオは76.34%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

117


 0117日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0117日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、TopixTopix先物及び日経平均先物は続落した。新興株17日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると米大手金融機関の好決算を受けて米国株が上昇した流れを引き継いで買いが先行して始まったのを受けドル建て日経平均は9:00188.42㌦を付け後903188.66㌦と最高値を続伸したが英国の欧州連合(EU)離脱問題や米国の政府機関の閉鎖の行方など海外で不透明要因が多く、次第に様子見ムードが強まった。これを受け933187.87㌦迄一旦下落後、1009188.59㌦を回復し先に述べた要因から景気後退懸念が濃くなったため日本を代表する値嵩大型銘柄に裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール戦略」が次第に行われつつ増え、1112186.86㌦迄下げ幅拡大し前場最安値を付けたが次の瞬間に陽線が出現し二本の差込み線と捉えられ買戻され、前場引では前日比1㌦22㌣安の187.29㌦迄回復し、1135の前場引では前日比1㌦22㌣安の187.29㌦となり1230187.41㌦を付けてから、午後は米議会で通商政策を担当する上院財政委員会のグラスリー委員長が16日、国家安全保障を理由とする自動車・同部品への追加関税措置について「トランプ大統領は導入する方向に傾いている」と明らかにしたため、通商問題に対する警戒感から、円安が一服したことも買い見送り要因につながり1314187.54㌦迄回復したものの日本電産も含め米中貿易摩擦懸念が再燃した為、裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール戦略」が行われ、JQやマザーズに資金回避する巨大機関投資家もいる事から下げ幅拡大し1449186.84㌦迄下落したが陽線出現により罫線上で二本の差込線が確認できたため「リバーサル戦略」が入り、1500には前日比124㌣安の187.27㌦を付け大引けにかけて2月物は、コールとプット共に売られた事を受け1515には前日比118セント安の187.33㌦を付け続落した。両建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅182㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で46.3%と悪化し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.72倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安▽15.62%、騰落レシオは76.34%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

116


 01月16日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は反落した。新興株16日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとドル建て日経平均は小幅ながら3日ぶりに反落して終了した。15日の米国株高や海外市場での日経平均先物高を映して9:00に189.39㌦で寄付後最高値189.41㌦を付け、小幅に続伸して始まったものの、前日に心理的な節目の189㌦台を回復したことに加え、目先の目標達成感から利食い売りや裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール戦略」が次第に増え、一時10:42に前日比1㌦61㌣安の187.50㌦と最安値を記録し下落した。巨大機関投資家の中で特に国内機関投資家のリバランスの動きやEU否決でかなりヘッジをかけブレグジット向けで空売りしても下げ無い為原油の反動や経済指標の良好さから買戻し開始があったといわれ、これもドル建日経平均に対するヘッジ売りにつながったとみられ、11:28に188.17㌦を付け、前場引では前日比1ドル安の188.11㌦迄回復し、11:35の前場引では前日比95㌣高の188.16㌦となり12:30の188.46㌦を付けてから、午後は模様眺め気分が広がり、買い手控え機運が強まった。英議会での欧州連合(EU)離脱合意案否決は、特段サプライズはなく、前日の米国株が反発して取引を終えたこともあり、東京市場では材料視されなかった。しかし、英国野党党首が内閣不信任案の提出を表明したことには、「可決されれば意外感があるため、13:13の188.25㌦になる裁定解消が入るまで下落し13:36の188.54㌦まで買戻されたが相場にネガティブな影響が及ぶと警戒する声も聞かれ、あす午前4時すぎに行われる採決の動向を見極めたいとの雰囲気も様子見ムードが拍車をかけ裁定解消売りが入り14:34に188.15㌦迄下げたが思いのほか下がらないため買戻され、15:00には前日比62㌣高の188.49㌦を付け大引けにかけて2月物は、コールが下落した事を受け15:15には前日比60㌣安の188.51㌦を付け反落した。両建て日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦91㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で46.3%と悪化し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.72倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安▽15.55%、騰落レシオは71.79%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

115


  01月15日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は続伸した。新興株15日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると朝方は14日の米国株安などを嫌気して売りが先行して始まりドル建て日経平均では9:00に187.23㌦で寄付後9:03に最安値186.73㌦を記録後、ただ、市場関係者からは「その後は年末年始に持ち高を売りに傾けていた商品投資顧問(CTA)などの巨大機関投資家が買い戻しに動いた」との指摘が聞かれ、ドル建て日経平均はプラスに転じ、昨年12月19日以来約1カ月ぶりに心理的な節目の189㌦台を回復し、為替が朝方に比べ円安方向に傾いたほか、時間外取引で米国株価指数先物が上伸し、24000ドルの大台を回復していることもプラスに作用した。また、一部海外メディアが「中国の経済政策当局者が15日、景気を支援するため、より大規模に減税を実施すると表明した」と報じたことで、中国当局による政策期待から中国・上海総合株価指数が堅調に推移し、ファナック<6954>などの中国関連とみられる銘柄が後場一段高となったことも買い安心感につながり12:33に最高値189.56㌦を付け、前場引では前日比1㌦53㌣高の189.47㌦迄回復し、11:35の前場引では前日比1㌦54㌣高の189.52㌦となり12:30の189.41㌦を付けてから、ただ、英国では欧州連合(EU)離脱案の議会採決が行われる予定のほか、米国でも1月のNY連銀製造業景況指数、米連邦準備制度理事会(FRB)高官の講演などが控えているため、海外政治状況などを受けた欧米の金融市場の動きを見極めたいとのムードも強く、買い一巡後は上値の重さが窺え、裁定解消を誘う先物売りが入り、大引けにかけて伸び悩み15:00には前日比1㌦14㌣高の189.08㌦を付け大引けにかけて1月物は「コール」が上昇し、「プット」は下落した事を受け15:15には前日比1㌦17㌣高の189.11㌦を付け回復した。両建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅2㌦83㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で44.4%と改善し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.77倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安▽14.50%、騰落レシオは68.88%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

111


 0111日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0111日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、TopixTopix先物及び日経平均先物は反発した。新興株11日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると10日のNYダウの5連騰や為替の円高・ドル安一服で、ドル建て日経平均は朝方から買いが先行し900寄付187.40㌦を付後ショートの巻戻が起こり930188.10㌦迄値を戻しドル高一服から利益確定や戻り売りをこなし944187.57㌦を付け再度のドル高により1005188.15㌦と前場引直前高値を更新しSQ算出後10:30にはクラッシュアウトも入り1032187.31㌦と最安値を付けただ、米中の次官級による通商協議が終了し、無難に通過したことなどから、市場では「新規の手掛かり材料に欠けていた」との声が聞かれたが安心感から裁定買を誘う先物買が入り1046187.86㌦迄回復しその後1126187.43㌦迄持分整理が入り、前場引では前日比62㌣高の187.49㌦迄回復し、1135の前場引では前日比64㌣高の187.51㌦となり1230187.64㌦から、株式先物での持ち高を落とした分を戻す「復元の買」が先物にも入り1407188.25㌦と最高値を更新した後、裁定解消を誘う先物売りが入り1416188.13㌦を付後、再度裁定買を誘う先物買が入り、大引けにかけて伸び悩み1500には前日比114㌣高の188.01㌦を付け大引けにかけて1月物は「コール」が上昇し、「プット」は下落した事を受け1515には前日比107㌣高の187.94㌦を付け回復した。両建て日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅94㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で44.6%と改善し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.67倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安▽17.79%、騰落レシオは69.44%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

110


 0110日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0110日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、TopixTopix先物及び日経平均先物は反落した。新興株10日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると北京での米中次官級貿易協議が終了し、今回の交渉で米中摩擦が緩和に向かうとの期待感から日経平均は3連騰を演じたが、イベントの通過で目先の材料出尽くし感が広がった。また、ドル建て日経平均は前日迄で19ドル以上上昇しただけに短期急騰の反動から利食い売りが優勢となり900寄付で187.38㌦で開始後905188.05㌦と最高値を更新後裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール戦略」が入り1052186.29㌦と最安値を付後、武田株も含め買戻されているため1121186.74㌦迄回復後利確や戻り売りに会い、前場引では前日比109㌣安の186.60㌦迄回復し、1135の前場引では前日比109㌣安の186.60㌦となり1230186.92㌦から、ドル安一服を受け裁定買を誘う先物買が入り「リバーサル戦略」が行われることで1258187.38㌦迄回復したが中国CPIが予想を下回り円相場が1ドル=107円台後半へと円高進行したことも手仕舞う動きにつながり裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が見られ、SQ週でもあり積極的に上値を追う雰囲気にはなれずロールオーバーが進行しさらに業績が報道されていくため世界的に景気減速感が台頭した昨年終盤の業績が明らかになる事を受け、市場関係者は「日米ともに決算内容を見極めたいムードが広がった」との声が聞かれ、これも買い見送りムードにつながり1459には186.60㌦迄下落し「リバーサル戦略」が入った事で、大引けにかけて伸び悩み1500には前日比82㌣安の186.87㌦を付け大引けにかけて1月物は「コール」が下落し、「プット」は上昇した事を受け1515には前日比82㌣安の186.87㌦を付け回復した。両建て日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅176㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で48.0%と悪化し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.59倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安▽21.07%、騰落レシオは70.96%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

19


 01月09日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は続伸した。新興株09日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると3日目に突入した米中貿易協議の進展への期待で前日のNYダウが上昇した流れを引き継ぎ、ドル建て日経平均は9:00に187.31㌦で寄付後、9:10に187.03㌦を最安値として記録し朝方から買いが先行して裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」が入り始まった。また、中国株などアジア市場も総じて堅調だったことを受け10:59に188.19㌦と最高値を更新し、前場引では前日比2㌦13㌣高の187.89㌦迄回復し、11:35の前場引では前日比2㌦09㌣高の187.85㌦となり12:30の187.73㌦から、時間外取引での米国株価指数先物も3ケタの上昇を演じており、市場の注目を集めたトランプ米大統領の演説について、市場では「国家非常事態宣言に言及せず、極端に強硬な内容ではなかった」と受け止められ、相場への悪影響は見られ無かった為に13:15に188.13㌦迄上昇し戻り待ちの売りや目先の利益を確保する動きを含めた裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が見られ、積極的に上値を追う雰囲気にはなっていない。また、明日10日には2月期決算企業の安川電が決算を発表する予定のため、主要企業の業績動向を占う上でも決算内容を見極めたいとの雰囲気もあり、大引けにかけて伸び悩み15:00には前日比1㌦93㌣高の187.69㌦を付け大引けにかけて1月物は「コール」の値上がりが目立ち、「プット」は総じて下落を受け15:15には前日比1㌦93㌣高の187.69㌦を付け回復した。両建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦16㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で44.4%と改善し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.55倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安▽18.01%、騰落レシオは74.85%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

18


01月08日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月08日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は続伸した。新興株08日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると7日の米国株の上昇や1ドル=109円前後まで進んだ円安・ドル高を好感し、終日買いが優勢の展開となった。ドル建て日経平均では9:00に186.19㌦で寄付後9:11に186.40㌦を付けた後最安値を10:13に185.19㌦と更新後、「英国とEU、離脱延期の可能性を協議」というヘッドラインを受け市場関係者からは「短期売買を得意とする巨大機関投資家の中では売仕掛に対する巻戻買に迫られる処も出て来た」との指摘が多く聞かれた。この裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」が急激に入り、前場引では前日比82㌣高の186.07㌦迄回復し、11:35の前場引では前日比75㌣高の186.00㌦となり12:30の186.07㌦から、「中国の劉鶴副首相が出席し、中国側が交渉を重要視している米中通商協議への期待やOPEC減産で原油先物が堅調」というヘッドラインにAIやアルゴニズム取引が反応しさらに足元では国内投資家は積極的に動いておらず、ショートカバー主体の動きを見せ裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」が急激に進み13:59に186.73㌦と最高値更新をした後、TOPIXでは昨年12月19日以来、ドル建て日経平均では同12月20日以来の高値となり、年末年始にかけて乱高下を繰り返した株価は戻り歩調を強めつつあるが世界景気減速への催促相場でもあり未だに政策関連の不確実性が残るため裁定解消を誘う先物売となる「カバードコール戦略」を行う巨大機関投資家もいる事から15:00には前日比48㌣高の185.73㌦を付け大引けにかけて1月物は「プット」は大幅安になったが、「コール」は権利行使価格が現在の相場水準より低いものを中心に上昇したことを受け15:15には前日比51㌣高の185.76㌦迄回復した。両建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦54㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で47.4%と改善し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.42倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安▽21.57%、騰落レシオは76.21%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

 

17


0107日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0107日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、TopixTopix先物及び日経平均先物は反発した。新興株07日の日経ジャスダック平均は反発したが、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると景気減速懸念に加えて現在のグローバル株安の根底には米FRBのバランスシート縮小が影響し、FRBが資産縮小ペースを遅めるならリスク資産にとってポジティブとなり、米国株の急反発や為替のドル安一服など外部環境の改善を背景に戻りを速めると、ドル建て日経平均では900182.26㌦で寄付後903183.75㌦を付けた後最安値を902183.65㌦と更新後、前週末の海外では、米国の雇用統計で堅調な雇用環境が確認されたほか、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が利上げに慎重な「ハト派」的な姿勢を示し、米景気の先行きに対する警戒感が和らいだことが市場ムードを明るくした為、裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」が入り922に最高値186.72㌦を記録後、再び186㌦台を回復した。ただ、ドル相場が弱含みとなったことで裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」が入り、前場引では前日比491㌣高の185.75㌦を付け、1135の前場引では前日比494㌣高の185.73㌦となり1230185.93㌦から、米中貿易交渉の次官級協議再開で様子見ムードが強まったこともあり、1240に後場高値186㌦を更新後、裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」が入り、1430185.48㌦を付後、「中国人民銀、預金準備率を1p引き下げへ」を受け、これは中国の預金準備率の引き下げは半年後に融資額に影響する傾向があり、同融資額は中国株に連動していることから株式市場に好感されやすいため、1447185.84㌦迄介入が入りその後利確や戻り売りに会い1500には前日比448㌣高の185.27㌦を付け大引けにかけて1月物は「コール」が上昇し、「プット」は下落したことを受け1515には前日比446㌣高の185.25㌦迄回復した。両建て日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅37㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で47.7%と悪化となったが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.35倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安▽24.33%、騰落レシオは77.53%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

14


01月04日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。01月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は続落した。新興株04日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると3日のNYダウが660ドル安と急落した流れを引き継ぎ、ドル建て日経平均は9:00に182.26㌦で寄付後9:03に182.71㌦と最高値を叩き出し裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」が入り朝方から大幅安で始まり、ドル建て日経平均は一時13.94㌦安の179.77㌦まで売り込まれた。年末年始に発表された経済統計では12月の中国製造業PMIが節目の50を割り込んだ他、米サプライ管理協会(ISM)製造業景況指数が市場予想を大きく下回った。これを受けて円相場は一時1ドル=104円台に急騰後、裁定買を誘う先物買が増え10:53に180.22円迄上昇後戻り売りや投げ売りに会い、前場引では前日比1㌦80㌣安の179.66㌦を付け、11:35の前場引では前日比1㌦18㌣安の179.78㌦となり12:30の180.10㌦から、「カバードコール戦略」が入り13:49に179.34㌦と後場最安値を付けた後、為替動向が年末から2円程度の円高で株価の下押し圧力となった。市場では、電子部品や半導体関連株の下げがきつい。米アップルによる業績予想の下方修正が大きく響いた。しかし、4日の中国株が堅調に推移しているほか、時間外取引での米国株価指数先物も3ケタの上昇となっており、自律反発するのではないかとの期待感から次第に押し目買いが増加した。また、日銀によるETF買い観測も下値を支えていた。15:00には前日比25㌣安の180.71㌦を付け大引けにかけて1月物はコール、プットともに売られ15:15には前日比17㌣安の180.79㌦迄回復した。両建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅3㌦94㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で46.1%と悪化となったが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.09倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安▽31.37%、騰落レシオは72.71%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1225


12月25日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は続落した。新興株25日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると前日の米国株が急落した流れを引き継いでドル建て日経平均では9:00に179.37㌦で寄付後、売りが優勢の展開となった。現物市場でも全面安となり、下値の目途が見えなくなってきている。世界的な景気減速など変調の兆しが見られるなか、株安が一段と投資マインドを弱気にさせ、持ち高を減らす動きが加速している。「株価下落に苛立ちを示すトランプ米大統領は、ムニューシン財務長官の解任を検討しているもよう」と一部海外メディアが報じたことで、トランプ米政権に対する先行き不透明感がリスクオフムードに拍車をかけた側面もありそうだ。25日の欧米市場は年明けまで休暇シーズンに入り、様子見気分が強いものの、「新規の買いは入っていない」とされ、11:25には173.70㌦と前場引直前安値173.70㌦迄下げ幅拡大し、前場引では前日比7㌦29㌣安の173.71㌦を付け、11:35の前場引では前日比7㌦22㌣安の173.78㌦となり12:30の173.76㌦から、市場関係者は「休暇明けの海外勢の動向も気掛かり」との声も聞かれ、売りが出尽くしていない可能性があり12:49に173.66㌦を最安値として更新し、買戻しの「リバーサル戦略」が入り13:36に174.93㌦迄回復したものの当面は下値を探る動きに変化はなさそうで14:37に173.75㌦迄売られたが「リバーサル戦略」が入ったが一段安となったが15:00には前日比6㌦86㌣安の174.14㌦を付け大引けにかけて1月物はプットが買われ、コールは売られ15:15には前日比6㌦86㌣安の174.12㌦迄回復した。両建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅5㌦69㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で42.7%と悪化となったが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per10.71倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安▽38.91%、騰落レシオは65.64%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

明日12月26日水曜日はお休みです。ご容赦ください。

 

1220


12月20日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は続落した。新興株20日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると米国株安の流れを受けて、ドル建て日経平均は9:00に184.89㌦で寄付直後の9:01に最高値185.25㌦を記録し戻り売りや利確により9:14に184.33㌦迄下げ幅拡大後、ドル安一服から裁定買を誘う先物買戻しにより10:05に185.09㌦迄回復したが中国株を始めとしたアジア株の軟調推移により裁定解消を誘う先物売により下げ幅拡大し、前場引では前日比3㌦27㌣安の183.48㌦を付け、11:35の前場引では前日比3㌦27㌣安の183.48㌦と表れており12:30の182.49㌦から裁定解消を誘う先物売りが継続介入し12:32には182.37㌦を付けたが切返し12:51に182.57㌦迄回復し日銀による金融政策決定会合の通過で三尊天井形成に気付いた巨大機関投資家の中には「辰巳天井(前場)売後午尻下(後場)買常勝」目指して行う者もいた事から14:14に180.78㌦迄下げ幅拡大し最安値を付けた後、買戻しの「リバーサル戦略」が入り後場一段安となったが15:00には前日比4㌦79㌣安の181.95㌦を付け大引けにかけて1月物は「コール」が総じて売られ、「プット」は大幅に上昇し15:15には前日比4㌦56㌣安の182.19㌦迄回復した。両建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅4㌦47㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で41.1%と改善となったが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.45倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安▽23.19%、騰落レシオは74.23%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

明日12月21日金曜日はお休みです。ご容赦ください。

1219


12月19日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は続落した。新興株19日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると前日の欧州主要市場での株価下落や米国株の戻りの鈍さ、為替市場での円高傾向などが嫌気されまた本日、東証1部に新規上場したソフトバンク<9434>が公開価格を下回ったことも投資家心理の悪化に拍車をかけ、東証1部全体の株価下落要因とみられ海外市場の日経平均先物安に連動する形で本日の東京市場でもこうした流れを引き継ぎ、ドル建て日経平均は9:00に187.58㌦で寄付き米株安を受け裁定解消を誘う先物売りやWTI原油先物安から巨大機関投資家の持高調整が入り9:30に186.00㌦を記録し最安値となるが一方で、亜細亜時間19日の米S&P500種株価指数のEミニ先物はじりじりと上昇したのを背景に下げ渋る場面もあり裁定買を誘う先物買である「リバーサル戦略」が入り10:26に186.06㌦迄回復し最高値更新したが、前場引では前日比50㌣安の187.07㌦を付け、11:35の前場引では前日比45㌣安の187.12㌦と表れており前場後半から中国上海総合指数の下落などを受けて12:30の186.96㌦から裁定解消を誘う先物売りが入り12:45に186.46㌦迄回復し裁定買を誘う先物買である「リバーサル戦略」が入り13:32の187.16㌦迄回復したが世界景気減速懸念により商品も下落し「カバードコール戦略」が入る事で14:26に186.41㌦迄下げ幅拡大しシンジケートによるカバー取引にもなり「リバーサル戦略」が入る事で14:59に187.07㌦と後場大引け直前高値を付けた後、「カバードコール戦略」が入る事で15:00には前日比77㌣安の186.80㌦を付け大引けにかけて1月物は「コール」の下げが目立ち、「プット」がおおむね上昇し15:15には前日比82㌣安の186.75㌦迄回復した。両建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅2㌦6㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で46.4%と悪化となったが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.73倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安▽15.53%、騰落レシオは78.55%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1218


12月18日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は反落した。新興株18日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると低調な経済指標を受けて世界経済の減速懸念が広がり、本日から行われる連邦公開市場委員会(FOMC)を前に売りが出た。本日の東京市場でもこうした流れを引き継ぎ、ドル建て日経平均は9:00に188.56㌦で寄付き米株安を受け9:08に187.20㌦を記録し最安値となるが中国の 習近平国家主席による演説を控え、政策期待から下げ渋る場面もあり裁定買を誘う先物買である「リバーサル戦略」が入り10:59に189.23㌦迄回復し最高値更新したが、前場引では前日比1㌦0㌣安の188.57㌦を付け、11:35の前場引では前日比1㌦07㌣安の188.50㌦と表れており12:30の188.03㌦から利確や戻り売りが出て持高調整により12:45に187.52㌦となり裁定買を誘う先物買戻も入り14:24に188.31㌦迄回復したが中国株安につれて裁定解消を誘う先物売が入り、15:00には前日比2㌦02㌣安の187.55㌦を付け大引けにかけて1月物はプットが買われ、コールは売られ15:15には前日比2㌦00㌣安の187.57㌦迄回復した。両建て日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅2㌦03㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で46.4%と悪化となったが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.8倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▽14.06%、騰落レシオは74.53%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1217


12月17日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は反発した。新興株17日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとドル建て日経平均は9:00に188.65㌦で寄付き9:02に188.99㌦を記録し前場高値となるが下げに転じ9:20に最安値188.45㌦を記録後、日銀短観発表で9月調査時点比較で円安となり好感され裁定買を誘う先物買である「リバーサル戦略」が入り9:31に190.11㌦と最高値を付け買先行後上げ幅縮小を見せ戻り売りや利益確定が入り10:07に189.12㌦迄下落し「日産の企業統治体制を抜本的に改めるガバナンス委員会設置へ」という見出しを受け巨大機関投資家の中では勧化する者もいる事から裁定買を誘う先物買である「リバーサル戦略」が入り10:47に189.83㌦を付け買先行後上げ幅縮小を見せ戻り売りや利益確定が入り11:04に189.16㌦を付後、「中国人民元がリバースレポ再開」という見出しを確認後裁定買を誘う先物買である「リバーサル戦略」が入り、前場引では前日比1㌦45㌣高の189.80㌦を付け、11:35の前場引では前日比1㌦43㌣高の189.78㌦と表れており12:30の189.87㌦迄裁定買をすることで後場寄り直後高値となったが戻り売りや利益確定に押され12:44に189.50㌦迄下げ幅拡大したものの半導体関連や指数寄与度の高い銘柄が値を上げたことから「リバーサル戦略」が入り13:35には189.91㌦迄後場回復し、プラスで推移し堅調な展開だったが、世界景気の先行きは余談を許さない状況により「カバードコール戦略」即ちヘッジ売りも散見されており、15:00には前日比1㌦18㌣安の189.53㌦を付け大引けにかけて12月物は「コール」に値上がりが目立ち「プット」は下落し15:15には前日比1㌦22㌣高の188.57㌦迄回復した。両建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦66㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で43.7%と改善となったが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.02倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▽9.10%、騰落レシオは82.04%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1214


12月14日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は反落した。新興株14日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとドル建て日経平均は9:00に190.55㌦で寄付き9:11に191.47㌦を記録し最高値となり後場14:58に188.24㌦と最安値を付け3日ぶりに反落して終了した。大阪での夜間取引で軟調に推移した流れを引き継ぎ、裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が行われ続落して始まった。また、午前11時に発表された中国の経済指標がさえなかったことも米系ヘッジファンドとみられる仕掛け的な売りが先物に「カバードコール戦略」として断続的に出たことからじりじりと値を下げ、11:08には188.27㌦迄下押した。その後裁定買を誘う先物買戻に当る「リバーサル戦略」が入り3本移動平均線が12本移動平均とゴールデンクロスし、前場引では前日比3㌦42㌣安の188.91㌦を付け、11:35の前場引では前日比3㌦41㌣安の188.92㌦を付け、午後に入り12:30に188.98㌦で開始後、当社ドル建て日経平均テクニカル分析でも反落兆候が表れており13:15の189.50㌦迄裁定買をすることで後場最高値となり市場では「中国向けに生産機械を販売しているメーカーなど、日本企業のビジネスへ影響も懸念され始めている」との声も聞かれ、13:15以降「カバードコール戦略」即ちヘッジ売りも散見されており、14:58に最安値188.24㌦を付け、15:00には前日比3㌦94㌣安の188.39㌦を付け大引けにかけて12月物はプットが買われ、コールは売られ15:15には前日比3㌦98㌣安の188.35㌦迄回復した。両建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅3㌦23㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で47.0%と悪化となったが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.97倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▽11.11%、騰落レシオは82.04%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1213


1213日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1213日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、TopixTopix先物及び日経平均先物は続伸した。新興株13日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると12日の米国株高や円安基調などを背景にドル建て日経平均は900に寄付192.04㌦を付後905191.67㌦迄下げは、拡大し裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り9:31192.18㌦迄回復したが利確や戻り売りに会い10:40分に191.23㌦迄下げ幅拡大し下げ幅広い銘柄に買いが先行し、ドル建て日経平均にも買いが波及し巨大機関投資家の中では「リバーサル戦略」が入り1117に前場高値192.36㌦迄回復し、前場引では前日比184㌣高の192.27㌦を付け、1135の前場引では前日比182㌣高の192.25㌦を付け、午後に入り1230192.46㌦で開始後、当社ドル建て日経平均テクニカル分析でも反転兆候が表れており前日とは違い、米中貿易摩擦問題の休戦と見るや中国関連代表で裁定解消売を入れられていたファストりやファナック等が買戻され、さらに裁定取引で裁定解消売が入っていた代表例としての武田のように裁定買を含む「リバーサル戦略」が行われ1238192.80㌦へと最高値を更新し裁定解消を誘う先物売や既存空売りを止める決済買が入り1500には前日比186㌣高の192.29㌦を付け大引けにかけて12月物は「コール」に値上がりが目立ち、「プット」は下落し1515には前日比190㌣高の192.33㌦迄回復した。両建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅156㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で42.6%と改善となったが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.16倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▽5.44%、騰落レシオは92.22%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1212


12月12日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は反発した。新興株12日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると取引開始前に中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)副会長の保釈決定のニュースが伝わり、朝方から買いが先行し9:00に188.30㌦で寄付後9:02に最安値186.13㌦を付後、為替が1ドル=113円台半ばと円安方向に推移したことも支援材料となり裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入る事で前場最高値11:17には190.11㌦迄回復し戻り売りや利益確定が入り、前場引では前日比2㌦97㌣高の189.93㌦を付け、11:35の前場引では前日比2㌦97㌣高の189.93㌦を付け、午後に入り12:30に189.75㌦で開始後、当社ドル建て日経平均テクニカル分析でも反転兆候が表れており前日とは打って変わって、東証1部市場の9割の銘柄が値を上げる全面高の様相で武田を見ても分かるように裁定取引を決済買いしたものと思われたことで、ドル建て日経平均も心理的節目の190㌦超えた。前日のNYダウは米中通商協議の進展期待で一時368ドル高となったものの、予算案をめぐる協議難航を背景に小反落で引けた。時間外でダウ先物は反発を受け裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り、最高値が14:51の190.68㌦となりダウ先物が反発しているものの、「海外ヘッジファンドなどによるヘッドライントレードが主体で米国株も底打ちとみるのは時期尚早との印象が強く、日本株も再び波乱含みになる可能性から戻り売りが最良策」との声が聞かれ、不安感は完全に払拭されず15:00には前日比3㌦50㌣高の190.46㌦を付け大引けにかけて12月物は「コール」が買われ、プットが売られ15:15には前日比3㌦47㌣高の190.43㌦迄回復した。両建て日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅2㌦55㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で43.6%と改善となったが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.08倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▽8.41%、騰落レシオは87.79%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろうポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1211


12月11日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は続落した。新興株11日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると本日の東京市場ではドル建て日経平均は187.95㌦と寄付て始まり直後に187.99㌦と最高値を付けたが、その後失速し裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入り10:19に186.32㌦迄下げ幅拡大したが、中国副首相がUSTR代表らと電話協議をした事を受け、裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り10:42に188.03㌦迄回復したが、トップ同士でも話が纏まらなかったため戻売や裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入り、前場引では前日比2㌦11㌣安の186.69㌦を付け、11:35の前場引では前日比2㌦11㌣安の186.69㌦を付け、午後に入り12:30に186.98㌦で開始後、12:36に187.09㌦迄買戻され戻売や利確に会い12:50に186.78㌦を付後、日銀による上場投資信託(ETF)買い観測から裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り13:36に187.21㌦迄回復し、混迷する英国の欧州連合(EU)離脱問題や米中両国による通商交渉の行方など、不透明な海外情勢が投資家心理を圧迫し、買い手不在の状況から14:03に186.89㌦迄売られ、「露西亜が6万バレル減産」とヘッドラインに出るや否や裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り14:58に187.31㌦を付させて15:00には前日比1㌦79㌣安の187.01㌦を付け大引けにかけて12月物は「コール」に値下がりが目立ち、プットはまちまちで15:15には前日比1㌦84㌣安の186.96㌦迄回復した。両建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦71㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で48.5%と悪化となったが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.86倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽14.7%、騰落レシオは84.50%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1210


1210日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1210日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、TopixTopix先物及び日経平均先物は反落した。新興株10日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は前日比26㌣安の189.48㌦で寄付後、寄付直後903に最高値189.85㌦を付けたが、米国ではナバロ大統領補佐官が90日間の米中貿易協議について「合意できなければ関税を引き上げる可能性がある」と発言し、改めて貿易摩擦への懸念が強まり、米中通商交渉が長期化するとの見方が売りにつながった。7日の米NYダウが558.72ドル安と大幅安となった流れを引き継ぎ、リスク回避ムードが強まった。このため裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入り935に前日比3.93㌦以上下げ幅を広げ188.16㌦を最安値として更新した。ドル安が一服すると裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り1054189.71㌦迄回復したが中国をはじめとする亜細亜各国の株式市場が軒並み下落を背景に、中国関連銘柄を含むバリュー銘柄に裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入り、前場引では前日比337㌣安の188.71㌦を付け、1135の前場引では前日比338㌣安の188.70㌦を付け、午後に入り1230188.63㌦で開始後、1234に後場高値188.83㌦を付け、その後時間外取引での米株価指数先物の下落も加わり、株安連鎖への警戒感から買い見送りムードが広がり中国関連銘柄を含むバリュー銘柄に裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入り、1415188.33㌦と底値反転後、裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り1459189.06㌦迄上昇回復し戻売や利確に会い1500には前日比342㌣安の188.66㌦を付け大引けにかけて12月物は「コール」が総じて売られ、プットは買われ1515には前日比328㌣安の188.80㌦迄回復した。両建て日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦69㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で45.9%と改善となったが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per11.94倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽13.94%、騰落レシオは86.87%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1207


12月07日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は反発した。新興株07日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は 続落した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は9:00に192.04㌦で寄付後、9:04に寄付直後高値192.87㌦を付け4日ぶりに反発して引けた。中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)ショックで米株に先行して先物での売仕掛より下落し、昨日の米株が大幅に下落するのを前提にオーバーナイトで空売り持高を作るための裁定解消売りがあり前場10:58に190.88㌦迄下げ幅拡大し、前場引では前日比24㌣高の190.95㌦を付け、11:35の前場引では前日比25㌣高の190.96㌦を付け、午後に入り12:30に191.45㌦で開始後、日銀による上場投資信託(ETF)買い観測が流れたことも底堅く推移する要因になり、今夜11月の米雇用統計の発表を控えているほか、18日からは米連邦公開市場委員会(FOMC)の開催も予定されるだけに、「積極的な売買は手掛けづらい」、さらに「空売りも含む裁定解消売の持ち高を作成していた巨大機関投資家が買戻に迫られるようになり13:52の191.37㌦を境に裁定買による買戻が入り歪な買戻になった」との指摘も聞かれ、15:00には前日比1㌦28㌣高の191.99㌦を付け大引けにかけて12月物は「コール」に値上がりが目立った一方、プットは総じて売られ15:15には前日比1㌦37㌣高の192.08㌦迄回復した。両建て日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦99㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で46.2%と改善となったが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.15倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽8.01%、騰落レシオは96.70%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1206


1206日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1206日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、TopixTopix先物及び日経平均先物は続落した。新興株06日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は 続落した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は罫線表上の一目均衡表雲上限切返しが実行されボリンジャーバンド分析通り機能して続落して引けた。中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の幹部がカナダ当局に逮捕されたと伝わり、ドル建て日経平均は朝方から売り圧力が強まり9:00192.57㌦で寄付後、901に最高値192.87㌦を付後、裁定解消売を誘う先物売に見舞われ「カバードコール戦略」が敷かれ下げ幅拡大し1025190.63㌦迄下落後、ドル安一服で買戻しが入り1050191.71㌦迄回復後、米国の長短金利の逆転懸念から景気後退局面が懸念され、さらに逮捕はイランへの制裁違反を捜査していた米国の要請に基づくもので、在カナダ中国大使館は抗議を表明。米中通商摩擦懸念が再燃する格好で、リスク回避の流れが強まった。ファーウェイは国内外の電子部品メーカーや通信会社などとの関係が深く、不安が不安を呼びファーウェイ・ショックの様相となった。前場引では前日比257㌣安の191.32㌦を付け、1135の前場引では前日比321㌣安の190.63㌦を付け、午後に入り1230190.45㌦で開始後、裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入り1253189.25㌦迄下落しその後日銀ETF購入から裁定買を誘う「リバーサル戦略」が入ったが、時間外取引での米国株価指数先物や中国・上海市場も下落するなど再び株安連鎖への警戒感が強まり1500には前日比318㌣安の190.71㌦を付け大引けにかけて12月物は「コール」は売られ、プットは買われ1515には前日比318㌣安の190.71㌦を付けた。両建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅362㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で47.2%と悪化となったが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.09倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽10.44%、騰落レシオは96.10%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

1205


12月05日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は続落した。新興株05日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は罫線表上の一目均衡表雲上限切返しが実行されボリンジャーバンド分析通り機能して続落して引けた。前日の米国市場では長短金利の逆転現象が一部で生じたことで景気減速に対する警戒感が広がり、主要株価指数が大幅に下落。これを受けてドル建て日経平均も海外での日経平均先物安水準に鞘寄せする形で9:00に193.05㌦で寄付後9:03に最安値192.68㌦を付け9:18に194.07㌦が寄付き直後高値となり下落して始まった。9:50に192.74㌦を付後切返し裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」が入り朝の売りが一段落すると11:26に194.54㌦の最高値を付け徐々に下げ幅を縮小し前場引では前日比48㌣安の194.32㌦を付け、11:35の前場引では前日比45㌣安の194.35㌦を付け、午後に入り12:30に194.04㌦で開始後、裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入り12:40に後場安値193.24㌦迄下げ幅拡大し市場では「日本株は米国株に先行する形で前日に大きく下落しただけに、この日は押し目買いや値頃買いなどが入りやすかった」との指摘が聞かれ「リバーサル戦略」が入り13:37に194.40㌦迄上昇し更なるドル安が入ることで14:12に193.45㌦を付け値頃買いが入り14:21に194.37㌦迄回復し利益確定や決済売り等が行われ14:49に193.56㌦迄下がり、15:00には前日比91㌣安の193.89㌦を付け大引けにかけて12月物は「コール」の売りが目立つ一方で、プットは総じて上昇した。両建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦91㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で46.5%と改悪となったが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.28倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽4.95%、騰落レシオは107.29%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1204


12月04日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は反落した。新興株04日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は8日ぶりに罫線表上の一目均衡表雲上限切返しが実行されボリンジャーバンド分析通り機能して大幅反落して引けた。3日の米国株は上昇したものの、買い材料となった米国による中国への追加関税引き上げの一時凍結は前日の東京市場では織り込み済みで、本日は取引開始前から買い手掛かりに乏しく、直近7日間でドル建て日経平均は5%超も上昇しただけに目先の利益を確保する売りが先行して始まり9:00に寄付198.39㌦を付け後9:10に198.73㌦と最高値を付けたが、米長期金利が時間外取引で2.941%と通常取引の終値水準(2.97%)を下回ったことから、裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」を行う者が多い処から下げ幅拡大し前場引では前日比1㌦06㌣安の197.81㌦を付け、11:35の前場引では前日比1㌦4㌣安の197.83㌦を付け、午後に入り12:30に197.58㌦で開始後、米中摩擦をよく見ると米中発言が相違し米中緊張感が高まり90日間先送りした事で グローバルマクロによるリスクオンも重なり年金系も含む欧州系巨大機関投資家がヘッジ目的で米国10年債買を強化し10年債金利低下になり割高株式先物売りに会いその上で為替相場が円高方向に傾いた他、利鞘縮小懸念から金融株が軒並み下落したため、投資家心理が悪化しドル建て日経平均の売りも増え14:56に194.77㌦を最安値としてつけた。また、米株価指数先物が時間外取引で下げ幅を拡大させると、ドル建て日経平均は節目の194㌦台割れ目前に迫った。ブッシュ元米大統領の葬儀に伴い5日の米国株式市場などが休場となることもあって、「市場参加者が減少していることも売りを増幅させた側面がある」との指摘が聞かれ、15:00には前日比4㌦09㌣安の194.78㌦を付け大引けにかけて12月物は「コール」は総じて売られプットは概ね買われ前日比4㌦07㌣高の194.80㌦を記録し大幅安が確認できた。両建て日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅3㌦96㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で46.0%と改悪となったが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per1234倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽3.29%、騰落レシオは118.26%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1203


12月03日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。12月03日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は続伸した。新興株03日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると、週末開催の中国首脳会談で中国に対する新たな追加関税発動を猶予するという事を決定した事を背景に投資家心理改善で1.81ドル高い198.92㌦で寄付後9:14に199.38㌦迄下げ幅拡大し財新版中国PMI上昇や亜細亜株高より裁定買を誘う買戻に当る「リバーサル戦略」が入り10:14に199.64㌦迄上昇後円安一服し10:50に199.06㌦迄下幅拡大し引き続きの期待から裁定買を誘う買戻に当る「リバーサル戦略」が入り、前場引では前日比2㌦48㌣高の199.59㌦を付け、11:35の前場引では前日比2㌦50㌣高の199.61㌦を付け、午後に入り12:30に199.64㌦で開始後継続して入り12:36に199.88㌦迄上げ幅拡大し最高値となり戻り売りや利確により13:00に199.43㌦迄下落後、裁定買を誘う買戻に当る「リバーサル戦略」が入り13:41に199.71㌦迄上昇回復した後、「米中貿易摩擦での90日後の心配」や「英国労働党が英国EU離脱、法律上の助言公表要求」を英国首相へ圧力というヘッドライン受け裁定解消を誘う先物売りに値する「カバードコール戦略」により下げ幅拡大したが、15:00には前日比1㌦83㌣高の196.94㌦を付け大引けにかけて12月物は「コール」に値上がりが目立ちプットは下落し前日比1㌦76㌣高の198.87㌦を記録し昨日に続き新相場対策で買戻されたのが確認できた。両建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦5㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.7%と改悪となったが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.64倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の4.14%、騰落レシオは123.40%即ちゴールデンクロスもし本格的戻し相場入の買戻となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1130


11月30日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月30日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は続伸した。新興株30日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は6日続伸して引けた。9:00に196.41㌦で寄付後、9:04に安値196.25㌦を付後海外原油先物高から、裁定買を誘う買戻に当る「リバーサル戦略」が入り9:07に197.00㌦の前場高値を付けたが巨大機関投資家の中ではアナリスト等の推奨と逆を行う取引によるプレポジショニングのアンワインドを行う者がいる事で10:31に196.11㌦迄下げ幅拡大し一方でFRBが29日公表した米連邦公開市場委員会会合(11月7、8日)の議事要旨によると、当局者らは漸進的な利上げに関してより柔軟なアプローチを採用することを示唆した。トランプ米大統領は12月1日に行われる米中首脳会談について、中国と「何かする」ことで極めて近い状況にあると発言。中国の経済政策の変更を検討する新たな協議を設けるのと引き替えに、米国が追加の関税賦課を春まで保留するという内容の合意を米中が模索していると、米紙ウォールストリート・ジャーナルは報じた上でMSCI日本株指数リバランス買戻し上昇介入が確認されると裁定買を誘う買戻に当る「リバーサル戦略」が再び11:21に196.77㌦迄上昇し確認が入ると「プレポジショニングのアンワインド」に当るリバランス買戻しに対し先物売りをぶつけてきたりし、前場引では前日比25㌣安の196.36㌦を付け、11:35の前場引では前日比25㌣安の196.36㌦を付け、午後に入り12:30に196.80㌦で開始後継続してMSCIが入り「プレポジショニングのアンワインド」に当る裁定買も入りさらにこの動きに習って先物売りや買戻しをぶつけてきて14:14に196.70㌦迄下落しさらにMSCIのリバランスや二国間合意期待にかけた裁定買も入りこのため14:41に最高値197.23㌦を付け、15:00には前日比50㌣高の197.11㌦を付け大引けにかけて12月物は「コール」は買優勢で前日比50㌣高の197.11㌦を記録し昨日に続き新相場対策で買戻されたのが確認できた。両建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦12㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.1%と良好となったが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.48倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の1.43%、騰落レシオは113.78%即ち新相場対策の需給の買戻となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1129


1129日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1129日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、TopixTopix先物及び日経平均先物は続伸した。新興株29日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は5日続伸して引けた。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は29日の講演で、現在の金利が景気を過熱も冷やしもしない「中立金利」をわずかに下回っているとの認識を示した。これが利上げの最終局面にあることを示唆する内容と受け止められ、大幅高となった米国株式市場の流れが東京市場に波及し、ドル建て日経平均では900196.92㌦で寄付後、買いが優勢となり上げ幅拡大し99197.57㌦と最高値更新を行い先物を買戻し強烈コール買を行う新相場の低層を見せ一服後、裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入り1040196.67㌦迄下落後ドルの持ち直しで裁定買を誘う買戻に当る「リバーサル戦略」が入り前場引では前日比2㌦46㌣高の197.23㌦を付け、1135の前場引では前日比248㌣高の197.25㌦を付け、午後に入り1230197.01㌦で開始後12:41に後場寄付直後高値197.15㌦を付後、時間外取引で米長期金利が低下し、連動する形で円相場も1ドル=113円前半へと円高方向へ推移したため、目先の利益を確保する売りや持ち高調整の売りに値する裁定解消を誘う先物売りや「カバードコール戦略」が出て14:34に最安値196.37㌦を付け、大引けにかけて急速に伸び悩んだ。また、時間外での米国株価指数先物の下落も市場ムードを冷やした形だ。121日に米中首脳会談の開催が予定されていることから、市場関係者は「どのような会談内容が明らかになるか不透明で、ポジションを手仕舞う動きが出ている」との指摘も聞かれ、あすも一段と買い見送りムードが強まりそうでただ、「イベント前のポジション整理の買い戻し」といった印象が強いとの指摘も聞かれる。このため、1500には前日比184㌣高の196.61㌦を付け大引けにかけて12月物は「コール」は高安まちまち、プットは下落で15:15では前日比184㌣高の196.61㌦を記録し昨日に続き新相場対策で買戻されたのが確認できた。両建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅12㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で42.0%と悪化したが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.44倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽0.48%、騰落レシオは102.69%即ち新相場対策の需給の買戻となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1128


11月28日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は続伸した。新興株28日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は4日続伸して引けた。27日の米国株の続伸を受けて、ドル建て日経平均は9:00に193.67㌦で寄付後、9:04に最安値193.64㌦を付けその後、朝方から買いが先行し裁定買を誘う買戻に当る「リバーサル戦略」が入り前場では9:44に194.82㌦迄回復しドル買一服感から裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入り11:01㌦迄下げ幅拡大後、為替相場の円安・ドル高進行に加え、中国・上海総合指数も堅調に推移したことも追い風となり裁定買を誘う買戻に当る「リバーサル戦略」が入り前場引では前日比1㌦18㌣高の194.64㌦を付け、11:35の前場引では前日比1㌦18㌣高の194.64㌦を付け、午後に入り12:30に194.78㌦で開始後、週末に開催される予定の米中首脳会談について楽観的な見方を示したクドロー米国家経済会議(NEC)委員長の発言が材料視され、裁定買を誘う先物買も尾d氏に値する「リバーサル戦略」が入り米中貿易戦争への警戒感が後退し、「海外ヘッジファンドなどの買いが入った」との指摘が聞かれ12:51に最高値195.24㌦を付け裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入り、ドル建て日経平均は高値引けとなった。ただ、「イベント前のポジション整理の買い戻し」といった印象が強いとの指摘も聞かれる。このため、日経平均先物は前日比25日線を上回り、本日は200日線を上回った。「75日線を早晩上回ることが出来れば、戻りを強める可能性が高い」との声が聞かれ、この水準を奪回出来るのかが今後重要とされ15:00には前日比1㌦29㌣高の194.75㌦を付け大引けにかけて12月物は「コール」が買われ、プットは下落で15:15では前日比1㌦31㌣高の194.77㌦を記録し昨日に続き綾戻し的に買戻されたのが確認できた。両建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦6㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.3%と改善したが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.39倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽0.63%、騰落レシオは102.63%即ち需給の綾戻的売買となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1127


11月27日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は続伸した。新興株27日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は12日以来約2週間ぶりに193㌦台を回復して引けた。年末商戦への期待等を背景に前日の米国株式市場が急反発したことや原油相場の下げ止まり、為替の円安推移が追い風となった。ただ、「トランプ米大統領は対中国通商政策で依然、強気の姿勢だ」との米紙の報道を受け、伸び悩む場面もあり、ドル建て日経平均は9:00に193.57㌦で寄付後、裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入り10:15に192.29㌦という最安値を付け前場引では前日比6㌣安の192.60㌦を付け、11:35の前場引では前日比9㌣安の192.57㌦を付け、午後に入り12:30に193.10㌦で開始後、海外ヘッジファンドとみられる裁定買戻が入ると再び上げに転じ裁定買を誘う買戻に当る「リバーサル戦略」が入りただ、米中首脳会談などの重要イベントを控えた持高調整の買戻しとの見方も出ており、「相場の上昇に力強さは感じられない」といった指摘も聞かれ13:44に193.92㌦の最高値を付後15:00には前日比82㌣高の193.48㌦を付け大引けにかけて12月物は「コール」に値上がりが目立ち、プットは下落で15:15では前日比80㌣高の193.46㌦を記録し昨日に続き綾戻し的に買戻されたのが確認できた。両建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦63㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で45.1%と改善したが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.33倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽3.64%、騰落レシオは92.19%即ち需給の綾戻的売買となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1126


11月26日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は続伸した。新興株26日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は続伸して引けた。本日の東京市場では、2025年国際博覧会(万博)の開催地が大阪に決定したことを受けて、建設や倉庫、陸運株などに資金が流入し9:00に191.74㌦で寄付直後に最安値191.48㌦を付後、裁定買を誘う買戻に当る「リバーサル戦略」が入り10:20に192.92㌦迄高値回復後、円安一服となり裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入り
大阪臨海部の再開発やインバウンド需要の増大に対する期待感から個人投資家を中心に売買が活発化したことから、10:46に192.09㌦迄下げ幅拡大した一方で裁定買を誘う買戻に当る「リバーサル戦略」が入りドル建て日経平均も買いが優勢となり前場引では前日比1㌦13㌣高の192.64㌦を付け、11:35の前場引では前日比1㌦13㌣高の192.64㌦を付け午後に入ると、12:30に192.55㌦を記録後12:37に192.83㌦迄回復上昇し円高一服感から裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入り13:10に192.20㌦迄下げ幅拡大し、また、時間外取引の米株価指数先物の上昇や前場中盤から取引が始まった中国・上海市場の堅調な値動きを好感し、内需関連銘柄を中心に買戻や押目買いや「リバーサル戦略」が入り14:52に最高値192.92㌦を付たほか、1ドル=113円台前半へと円安が進んだこともドル建て日経平均高につながった。ただ、今週末の20カ国・地域(G20)首脳会談に合わせて開催される米中首脳会談の結果を見極めようとのムードが強く、自律反発の域を抜け出ていないようで15:00には前日比1㌦17㌣高の192.68㌦を付け大引けにかけて12月物は「コール」に値上がりが目立ち、プットは下落で15:15では前日比1㌦15㌣高の192.66㌦を記録し昨日に続き綾戻し的に買戻されたのが確認できた。両建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦44㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で45.6%と悪化したが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.23倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽5.70%、騰落レシオは90.19%即ち需給の綾戻的売買となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。
ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1122


1122日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1122日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、TopixTopix先物及び日経平均先物は反発した。新興株22日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は反発して引けた。週末の三連休や感謝祭による米国市場の休場を控えて、全般的に様子見ムードの強い展開となった。米ハイテク株高を受けてドル建て日経平均は900190.96㌦で寄付、裁定買を誘う買戻に当る「リバーサル戦略」が入り、買いが先行して始まり1001191.58㌦と前場高値をつけたが、中国株の軟調を嫌気し、米中貿易摩擦による世界経済減速懸念から、鉄鋼、機械など景気に業績が左右されやすい業種は買いが手控えられさらに裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入り前日終値を下回る場面も見られ1117190.19㌦と最安値を付け、前場引では前日比32㌣安の190.33㌦を付け、1135の前場引では前日比32㌣安の190.33㌦を付け午後に入ると、日銀による上場投資信託(ETF)買い観測に加え、「主要中銀、景気転換迫り遠のく0金利離脱の機会」というヘッドラインが流れたことをきっかけにアルゴニズムやAI等による「リバーサル戦略」や裁定買いの勢いが強まり14:46には最高値191.46㌦迄買上られ回復し決済売が入り、1500には前日比89㌣高の191.54㌦を付け大引けにかけて12月物はコールに値上がりが目立ち、プットは下落で15:15では前日比86㌣高の191.51㌦を記録し機会銘柄やハイテク銘柄が昨日に続き綾戻し的に買戻されたのが確認できた。両建て日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅17㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で44.6%と改善したが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.21倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽8.13%、騰落レシオは86.73%即ち需給の綾戻的売買となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1121


11月21日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は続落した。新興株21日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は続落して引けた。前日の原油安からNYダウの大幅安などを背景に、9:00に188.88㌦で寄付、「オセアニア短期筋がドル売・円買でドル売り一辺倒で仕掛け朝方から売りが先行して始まると、一時前日比1㌦42㌣安の188.49㌦と最安値まで下押した後、実需のドル買需要が勝りSOX指数上昇を受け米国に臣従するように半導体や電子部品株に裁定買を誘う買戻に当る「リバーサル戦略」が入ったことに加え、米原油相場が時間外で値を戻したことが背景に日米共に連休を控えていることから、売り方の持高調整のための買戻に値する「リバーサル戦略」や押し目買いが散見され11:13には190.29㌦迄回復上昇し、前場引では前日比1㌦83㌣安の190.00㌦を付け、11:35の前場引では前日比1㌦78㌣安の190.05㌦を付け午後に入ると、12:30に190.57㌦から始まり後場寄付直後の12:32に190.70㌦迄上昇後「東京地検、西川社長の任意聴取へ」というヘッドラインを受け金商法では法人も処罰規定があり日本企業の統治体制に対する不信感と景気後退懸念から来る日経代表値嵩銘柄売りが発動する異例の事態と再度受止められESG投資にも反する事から裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入り12:50に190.08㌣迄下げ幅拡大し時間外での原油価格下げ止まりや日銀の後場ETF買観測に加え「福岡開催の財務相会議で高齢化による潜在成長率低下への対応」等を受け裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り14:53に最高値190.95㌦迄回復上昇し決済売が入り、15:00には前日比1㌦18㌣安の190.65㌦を付け大引けにかけて12月物はプットが上昇が目立ち、コールは下落で15:15では前日比1㌦18㌣安の190.65㌦を記録し、機会銘柄やハイテク銘柄戻売に対し綾戻し的に買戻されたのが確認できた。両建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅2㌦46㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で45.2%と改善したが、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.13倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽10.26%、騰落レシオは81.83%即ち需給の綾戻的売買となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1120


11月20日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は反落した。新興株20日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は反落して引けた。米アップルの業績不安報道などによる米国株安を受け、売りが先行して9:00に191.93㌦で寄付開始した。日産自動車のカルロスゴーン会長逮捕を受け日本企業の統治体制に対する不信感と景気後退懸念から来る日経代表値嵩銘柄売りが発動する異例の事態となり、米中貿易摩擦や欧州ブレグジット問題により「オセアニア短期筋がドル売・円買で仕掛けたが中国株安重くドル売り一辺倒から下げ渋り 五十日事情で実需のドル買が勝りドル高になった。」とインターバンク市場から聞かれ、為替相場が1ドル=112円台後半と円安方向に振れたことを受けて、ドル建て日経平均は寄付から裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り9:42に192.42㌦に回復したが「ゴーンショック」の上に「アップルのアイフォーンを関連全ての商品作成を停止」との報道を受けアップルアイフォーンサプライヤー中心に半導体に至る迄、裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入り10:07に191.70㌦迄下げ幅拡大後、安倍総理より閣議で「2次補正予算案支持」というヘッドラインを受け裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り10:40に192.55㌦迄下げ幅回復しヘッジファンドの解約決算分の残りがある上に中国上海株安背景に再び裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入る為、前場引では前日比1㌦32㌣安の192.16㌦を付け、11:35の前場引では前日比1㌦32㌣安の192.16㌦を付け午後に入ると、12:30に191.80㌦から始まりグロース銘柄に裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り13:12に191.88㌦迄つけ中国上海株安や最近のESG投資を従事する傾向から巨大機関投資家にとって問題株は持ちづらい為裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」や解消売や決済買に加え決済売が入り、15:00には前日比1㌦69㌣安の191.79㌦を付け大引けにかけて12月物はプットが上昇、コールは下落で15:15では前日比1㌦65㌣安の191.83㌦を記録し、機会銘柄やハイテク銘柄戻売が綾戻し的に行われたのが確認できた。両建て日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦10㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で46.7%と 悪化し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.21倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽6.64%、騰落レシオは93.64%即ち需給の綾戻的売買となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1119


11月19日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は反発した。新興株19日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は反発して引けた。18日に閉幕したアジア太平洋経済協力会議(APEC)で首脳宣言の 採択を断念する異例の事態となり、「オセアニア短期筋がドル売・円買で仕掛けたがドル円が主として112円87銭から112円58銭と下押ししたが日経上昇で112円81銭で決済買で戻った」とインターバンク市場から聞かれ、為替相場が1ドル=112円台後半と円高方向に振れたことを受けて、週明けのドル建て日経平均は小幅安から94㌣高で開始となり最安値が192.20㌦になった。ただ、トランプ米大統領の発言を受けて裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り米中関係改善へ期待が高まり、ドル建て日経平均は朝方に一時193.74㌦迄上昇したが「来年の景気減速を懸念して利上げペースを規制」というFRB副議長発言を受け金利低下を招き、裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」がバリュー銘柄に入り10:00に192.75㌦迄下げ幅拡大後、グロース銘柄に裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り10:45に193.54㌦迄下げ幅回復しヘッジファンドの解約決算分の残りがあった為、前場引では前日比1㌦74㌣高の193.12㌦を付け、11:35の前場引では前日比1㌦74㌣高の193.12㌦を付け午後に入ると、12:30に193.17㌦から始まりグロース銘柄に裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り13:22に193.42㌦迄つけ「中国住宅価格、19年に一部長規模都市で下落の見通し」とのヘッドラインから巨大機関投資家の決算分解約売りや戻り売りに会い14:00に193.07㌦迄下げ幅拡大後「リバーサル戦略」が入り14:21に193.47㌦迄上昇後もプラス圏で推移し、15:00には前日比2㌦5㌣高の193.43㌦を付け大引けにかけて12月物はプットが売られ、コールの上昇も限定的で15:15では前日比2㌦10㌣高の193.48㌦を記録し、空売り分の機会銘柄やハイテク銘柄買戻が開始されたのが確認できた。両建て日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦54㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で45.0%と 改善し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.26倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽6.64%、騰落レシオは93.64%即ち需給の綾戻的売買となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1116


11月16日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は反落したが、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は続落した。新興株16日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は反落して引けた。前日の米国株式相場では、エヌビディアなど米半導体関連企業の決算が失望視され、関連銘柄を中心に電機が下げを主導した。エヌビディアのプロセッサーをゲーム機「スイッチ」に採用している任天堂も急落。朝方のドル建て日経平均は8㌣下落に加え日中貿易摩擦で9:00に192.02㌦で寄付後小動き開始となった。前場58㌣程上昇する場面もありましたがその後半導体関連銘柄等が下げ幅を拡大した為、裁定解消を誘う先物売である「カバードコール戦略」が入り11:15に191.23㌦を付け1㌦37㌣以上下落し前場を折り返し、前場引では前日比80㌣安の191.30㌦を付け、11:35の前場引では前日比72㌣安の191.38㌦を付け午後に入ると、12:30に191.72㌦から始まり13:54に後場高値192.14㌦迄下げ幅縮小し一時小幅ながら昨日の終値をこえることもありましたが、欧州経済減速で半導体関連銘柄安に加えFRBのバランスシート縮小や裁定解消を誘う先物売やファンドの解約売りによる「カバードコール戦略」が行われ下げ幅が再度拡大し14:54に最安値191.14㌦を記録後、15:00には前日比80㌣安の191.30㌦を付け大引けにかけて12月物は「コール」は総じて売られ、「プット」は買われ15:15では前日比72㌣安の191.38㌦を記録し、両建て日経平均は下落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦46㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で46.1%と悪化し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.21倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽8.70%、騰落レシオは86.03%即ち戻り売り転換となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1115


11月15日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は続伸したが、Topix、Topix先物、日経平均先物及び日経平均は反落した。新興株15日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は続伸して引けた。前日の米国株式相場では、携帯端末の需要後退が懸念されているアップル株の下落が目立ったほか、長期金利下落により金融株中心に売りが広がった。シカゴ日 経225先物清算値は大阪比155円安の21665円、円相場は1ドル113円50銭台と前日の日中比円高方向で推移するなか、朝方の日経平均は1㌦下落で9:00に190.82㌦で寄付となった。その後は中国・上海総合指数の戻り基調を受け「リバーサル戦略」が入り10:11に192.01㌦迄上昇回復し、世界景気不安から「カバードコール戦略」が入り下げ幅縮小し10:52に191.03㌦を付けたが切返し11:27に192.02㌦迄回復し、前場引では前日比9㌣高の191.91㌦を付け、11:35の前場引では前日比9㌣高の191.91㌦を付け午後に入ると、12:30に191.77㌦から始まり、下期減益予想の企業が増えている中で 積極的には買いにくく、国内勢は景気の先行きや大型IPOによる需給悪化なども懸念し13:11に191.15㌦迄下げ幅拡大したが好業績銘柄や内需・ディフェンシブ株の一角のほか、信用評価損益率が改善基調にある中でコンセンサスによるショートの買戻しが始まり14:59に最高値192.14㌦迄回復し、15:00には前日比24㌣高の192.06㌦を付け大引けにかけて12月物は「コール」が高安まちまち、「プット」は買われ15:15では前日比28㌣高の192.10㌦を記録し、ドル建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦72㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で45.1%と悪化し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.26倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽7.31%、騰落レシオは89.61%即ち戻り売り転換となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1114


11月14日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、Topix、Topix先物、日経平均先物及び日経平均は反発した。新興株14日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は反発して引けた。前日の米国市場でNYダウが続落した一方で、ナスダックが下げ止まりを見せたことから、9:00に192.04㌦で寄付後、朝方から裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」が先行し、9:18に一時193.01㌦迄最高値として上昇した。ただ、節目の194㌦を前に上値の重さが意識された他、Topix入替やMSCI入替に加え11:00の中国の小売売上高が市場予想を下振れる結果となったことを受けて中国経済の減速懸念が強まると裁定解消を誘う先物売り即ち「カバードコール戦略」が行われ、マイナスに転じる場面もみられ、前場引では前日比4㌣安の191.34㌦を付け、11:35の前場引では前日比3㌣安の191.35㌦を付け午後に入ると、12:30に191.83㌦から始まり、元の買戻しによるユーロ安による米国長期金利低下やポンドの買戻しによりドル高状況を作り12:45には後場寄付後高値192.21㌦迄買戻され後、中国小売売上高減少は米中貿易摩擦の影響が出始めており、景気減速の懸念が高まったために裁定解消を誘う先物売りが出現し「カバードコール戦略」が実行された為、13:56に最安値191.17㌦迄下げ幅拡大し「米国が輸入自動車への関税を見送るとの観測」が広がり陽線が二本出現したのを確認した巨大機関投資家は「二本の差込線」と捉え「リバーサル戦略」が行われ14:13に191.89㌦迄上昇し今後の警戒感から、15:00には前日比42㌣高の191.80㌦を付け大引けにかけて12月物はコールが買われ、プットは下落し15:15では前日比44㌣安の191.82㌦を記録し、両建て日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦84㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で45.4%と改善し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.31倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽6.97%、騰落レシオは82.24%即ち戻り売り転換となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1113


11月13日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は続落したが日経平均は反落した。新興株13日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は続落して引けた。米国株の急落を受け朝方から売りが先行し裁定解消を誘う先物売りに値する「カバードコール」戦略、「レシオコールスプレッド」、「レシオプットスプレッド」や「ショートコールストラングル形成」で始まり、193.00㌦の大台を割り込んで始まった。下げ幅は一時前日比2㌦73㌣を上回り、心理的な節目となる190㌦を割り込む場面もあり前場引では前日比5㌦66㌣高の189.60㌦を付け、11:35の前場引では前日比5㌦73㌣安の189.53㌦を付け午後に入ると、12:30に190.19㌦から始まり、米国では「iPhone」の売れ行きに対する不安感が高まり、アップルが急落。マレーシアでの巨額資金流用事件をめぐり、ゴールドマン・サックスも大幅安となり、NYダウが下押したほか、欧州ではイタリアの財政不安や英国の欧州連合(EU)離脱問題などが投資意欲を圧迫した。ただ、裁定解消を誘う先物売一巡後は、押し目買い「リバーサル戦略」が入ったほか、時間外取引での米国株価指数先物の値上がりや中国株の堅調展開もあって、下げ渋り14:59に大引け直前高値191.47㌦をつけ、15:00には前日比3㌦91㌣安の191.35㌦を付け大引けにかけて11月物は前場引では3㌦91㌣安の191.35㌦を付け、11:35の前場引では前日比3㌦88㌣安の191.28㌦を付け午後に入ると、12:30に195.46㌦から始まり、15:15では前日比3㌣安の191.38㌦を記録し、円建て日経平均は反落しドル建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅3㌦16㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で46.8%と悪化し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.32倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽7.83%、騰落レシオは84.79%即ち戻り売り転換となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1112


1112日 月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1112日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、TopixTopix先物及び日経平均先物は続落したが日経平均は反発した。新興株12日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は続落して引けた。前週末9日の米国市場で中国経済の減速懸念などを背景に主要指数が下落したため、本日の東京市場では主力株を中心に売りが先行。ドル建て日経平均にも900194.32㌦で寄付き後907に高値7194.44㌦を付後売りが波及すると193.64㌦まで下押した。ただ、売り一巡後は値ごろ感から一部大型株が買われたほか、中国株も堅調に推移したことから、ドル建て日経平均にも買い戻しの動きである「リバーサル戦略」が散見され、プラスに転じる場面があり前場引では前日比22㌣高の195.51㌦を付け、1135の前場引では前日比22㌣高の195.51㌦を付け午後に入ると、1230195.46㌦から始まり、1237に後場最高値195.80㌦を付後「カバードコール戦略」が入った。市場関係者からは「今日はほとんど材料がなく、様子見姿勢が強まっている」との声が聞かれ、狭い値幅でのもみ合いに終始し、1500には前日比1㌣安の195.28㌦を付け大引けにかけて11月物は「コール」と「プット」共に下げが目立ち15:15では前日比3㌣安の195.26㌦を記録し、円建て日経平均は反発しドル建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅216㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で44.7%と悪化し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.57倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽2.07%、騰落レシオは84.92%即ち戻り売り転換となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1109


11月09日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は反落した。新興株09日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は反落して引けた。朝方は新規の手掛かり材料に乏しく売り買いが交錯し、方向感の定まらない展開となっていたため9:00に197.20㌦で寄付後保合相場化し9:47に最高値197.37㌦を付後、中国・上海株の大幅下落を受けて東京市場も裁定解消を誘う先物売りに値する「カバードコール戦略」を用いる巨大機関投資家が多い事から売り優勢に傾くと、ドル建て日経平均にもAIやアルゴニズムによるヘッジ売りが膨らみ、中国市場初景気後退懸念から現物市場で時価総額の大きい銘柄を中心に「カバードコール戦略」が行われ売られたことも地合いを悪化させた。前場引では前日比1㌦91㌣安の196.10㌦を付け、11:35の前場引では前日比1㌦91㌣安の196.13㌦を付け午後に入ると、12:30に195.36㌦から始まり、最安値195.23㌦を付後、前日の米国市場では、連邦公開市場委員会(FOMC)の声明文で利上げ継続路線が確認され、短中期ゾーンを中心に金利は上昇した。ドル高加速より13:42には185.92㌦となり市場関係者からは「今後の米金利上昇を警戒し、機関投資家による株売りが出てくるのではいないかとの警戒感も買い見送り要因につながった」との声も聞かれた。ただ、週末とあって積極的に売り買いを手掛ける雰囲気はなく、全般は狭い値幅での動きにとどまり利益確定や戻り売りに会い14:00には196.65㌦となり、円安に振れると「リバーサル戦略」となり14:31に195.80㌦をつけ「カバードコール戦略」が打たれ下落幅が拡大し、15:00には前日比2㌦68㌣安の195.33㌦を付け大引けにかけて11月物は「コール」に値下がりが目立ち、「プット」は上昇し15:15では前日比2㌦72㌣安の195.29㌦を記録し、両建て日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅2㌦14㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で45.3%と悪化し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.56倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽2.66%、騰落レシオは82.57%即ち戻り売り転換となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1108


1108日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1108日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、TopixTopix先物及び日経平均先物は反発した。新興株08日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は反発して引けた。不透明感であった米中間選挙を受けた7日の米国市場では、NYダウ、ナスダック総合指数がともに急伸し、円相場も1ドル113円台後半へと円安・ドル高が進んだ他、恐怖指数と言われる「VIX指数」も危険水域の20.00ptを大幅に下回るなど、米国市場は材料出尽くしとなり、リスクオンムードに包まれた。この流れを受けて、本日の東京市場も900197.67㌦で寄付直後902に最安値197.42㌦を付後、共和党優位から投資マインドが改善し幅広い銘柄が「リバーサル戦略」で裁定買を誘う先物買で買い戻されると、ドル建て日経平均も一時前日比6.66㌦高の最高値199.71㌦迄上伸し前場引では前日比304㌣高の198.09㌦を付け、1135の前場引では前日比305㌣高の198.10㌦を付け午後に入ると、1230198.18㌦から始まり、1237に後場高値198.45㌦を付けた時に下院が民主党優位が伝わると裁定解消を誘う先物売りに値する「カバードコール戦略」が入り下げ幅拡大し1411に大引け直前安値197.91㌦を付後、不透明要因であった中間選挙が終了し透明になった事でヘッジ外しや空売りの買戻しが行われる事で織込まれ米議会は上院が共和党、下院が民主党の捩れ状態で牽制しあいながら財政の壁問題も解決するため、ただ、7日の米国株高については、上下両院ともに民主党が勝利する予想外の結果になった場合の「テールリスクを懸念していた投資家の巻き戻しにすぎない」といった冷静な指摘も聞かれ今後、法案が円滑に成立しなくなる可能性はあるものの、「ねじれ状態は予想されていたことで、株式市場には織り込み済みの材料だった」との声が大半。むしろ波乱無くイベントを通過したことで、「週末のSQを控えたポジション調整の売りが出た」とされ、1500には前日比2.82㌣高の197.87㌦を付け大引けにかけて11月物は「コール」は上昇したが「プット」も下落し15:15では前日比296㌣高の197.87㌦を記録し、両建て日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅129㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で43%と改善し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.63倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽5.52%、騰落レシオは74.99%即ち買い戻し転換となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1107


11月07日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は反落した。新興株07日の日経ジャスダック平均は反発したが、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は反落して引けた。6日の米NYダウやナスダック総合指数の上昇を受け、9:00に195.79㌦と小幅高で始まった。その後は、米中間選挙の開票速報で民主党優勢と伝わると「カバードコール戦略」がアルゴニズムやAIトレードにより軟化したが、その後、共和党が健闘との報道でアルゴニズムやAIトレードにより「リバーサル戦略」が入り急速に切り返すなど朝方は荒い値動きとなり前場引では前日比1㌦79㌣高の197.13㌦を付け、11:35の前場引では前日比2㌦19㌣高の197.53㌦を付け午後に入ると、12:30に196.93㌦から始まり、午後にかけて米上下院の勢力図が固まると日経平均先物、ドル建て日経平均及び日経平均ともに動きが鈍くなり、終盤は手仕舞売となる「カバードコール戦略」などに押され14:56に最安値194.40㌦を付けた。米議会は上院が共和党、下院が民主党のねじれ状態即ち行政府と立法府の捩れとなり財政の壁問題もある中、今後、法案が円滑に成立しなくなる可能性はあるものの、「ねじれ状態は予想されていたことで、株式市場には織り込み済みの材料だった」との声が大半。むしろ波乱無くイベントを通過したことで、「週末のSQを控えたポジション調整の売りが出た」とされ、大引けにかけては再び194㌦の大台を割り込む場面もあった。15:00には前日比10㌣安の195.24㌦を付け大引けにかけて11月物は「コール」も「プット」も下落し15:15では前日比29㌣安の195.05㌦を記録し、両建て日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅3㌦13㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で45.4%と悪化し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.46倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽5.52%、騰落レシオは74.99%即ち買い戻し転換となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1106


1106日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1106日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、TopixTopix先物及び日経平均先物は反発した。新興株06日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は反発して引けた。5日の米株式市場ではNYダウが190ドル高と反発する一方、ナスダック総合指数は続落するなど高安まちまちとなった。アップルを中心としたハイテク株が売られたものの、投開票を6日に控える中間選挙や、7日から始まる連邦公開市場委員会(FOMC)を見極めたいとの思惑から全般には小動きだった。ただ、ドル建て日経平均は前日に164㌣幅超下落して節目の194㌦を割り込んでおり、本日はNYダウの上昇を手掛かりとした反発期待の買いが先行して900194.42㌦で開始、その後、裁定買の先物買戻に値する「リバーサル戦略」が入り1001に前場高値195.43㌦迄上昇した。ドル建て日経平均は前日の下落分の3分の2ほど戻し、前場を折り返し前場引では前日比190㌣高の195.28㌦を付け、1135の前場引では前日比192㌣高の195.30㌦を付け午後に入ると、1230195.04㌦から始まり裁定買の先物買戻に値する「リバーサル戦略」が入り1340に後場寄付後最高値195.54㌦を記録後、「カバードコール戦略」が入り1500には前日比26㌣高の195.44㌦を付け大引けにかけて11月物は「コール」が総じて買われ、「プット」は下落し15:15では前日比196㌣高の195.34㌦を記録し、両建て日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅112㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で45.2%と改善し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.60倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽5.16%、騰落レシオは75.77%即ち買い戻し転換となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1105


1105日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1105日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、TopixTopix先物及び日経平均先物は反落した。新興株05日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は反落して引けた。日本時間2日午後に「トランプ米大統領が米中貿易協議の合意に向け、政権幹部に草案作成を指示した」と海外メディアで伝えられ、日経平均は大幅に上昇したが、その後にクドロー米国家経済会議委員長がこの報道内容を否定した。これにより前週末2日の米国株が反落した流れを引き継ぎ、朝方から売りが優勢となり裁定解消を誘う先物売が入り下幅拡大し1046193.31㌦迄下落した。習主席発言報道受け裁定買の先物買戻に値する「リバーサル戦略」が入り1117に最高値194.80㌦迄上昇した。市場関係者からは「米政権内での認識が一致しておらず、トランプ大統領が中間選挙対策でリップサービスをしただけ」との声もあり、朝方から主力株が売られ前場引では前日比270㌣安の194.21㌦を付け、1135の前場引では前日比267㌣安の194.24㌦を付け午後に入ると、1230193.82㌦から始まり1300に後場寄付後最高値194.23㌦を記録後、中国株が軟調に始まったことも上値を重くし、心理的節目となる194㌦の大台を再び割り込んだ。また、指数寄与度の高いファーストリテが1銘柄で押し下げ、ドル建て日経平均にもヘッジ売りが膨らんだほか、6日に米中間選挙が控えていることも買い見送りムードに繋がり1459に最安値193.16㌦を記録後再び買い気が盛り上がり、「リバーサル戦略」が入り1500には前日比353㌣安の198.38㌦を付け大引けにかけて11月物は「コール」が総じて安く、「プット」は軒並み上昇した。15:15では前日比353㌣安の198.38㌦を記録し、両建て日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅164㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で46.3%と失敗し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.55倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽8.91%、騰落レシオは73.36%即ち買い戻し転換となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1102


11月02日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は反発した。新興株02日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は反発して引けた。前日の米国では、トランプ米大統領が中国の習近平国家主席と電話で会談したことなどをツイッターで明らかにしたことが通商交渉進展への期待感に繋がり、投資家心理が改善。米主要株価指数はそろって上昇し、東京市場も朝から裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が先行した。また、前日大きく下落し、日経平均の重しになった通信株が本日はそろって上昇し9:31に195.08㌦迄買戻され裁定解消売りが入り11:06に194.25㌦を付けたことも市場ムードを改善させ前場引では前日比2㌦53㌣高の194.71㌦を付け、11:35の前場引では前日比2㌦53㌣高の194.71㌦を付け午後に入ると、12:30に194.61㌦から始まり13:25迄さげ193.69どるになりトランプ米大統領が中国との合意に向けた草案作りを指示したと伝わり、これから通商問題解決への期待感が発生し裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」で14:24に197.27㌦の最高値が出てから、再び買い気が盛り上がり、また、米中両国の株高基調も買い安心感につながり「リバーサル戦略」が入り15:00には前日比4㌦70㌣高の196.88㌦を付け大引けにかけて11月物は「コール」の値上がりが目立ち、「プット」は下落し、15:15では前日比4㌦73㌣高の190.91㌦を記録し、両建て日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅4㌦31㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で43.2%と改善し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.72倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽4.81%、騰落レシオは77.85%即ち買い戻し転換となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1101


11月01日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。11月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は反落した。新興株01日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は反落して引けた。前日の米国市場では、主要企業の決算や、10月ADP雇用統計等の経済指標の他、米連邦準備制度理事会(FRB)がメガバンクを除く金融機関の資本要件緩和を検討していることなどが好感されて強い動きとなった。一方で、1ドル=113円割れとなった為替相場などを受け、シカゴ日経平均先物清算値は大阪比110円安の21770円となり、 こちらに鞘寄せする格好で朝方からドル建て日経平均は9:00に194.15㌦で寄付いたが裁定解消を誘う先物売が先行し即ち「カバードコール戦略」が巨大機関投資家により行われ下げ幅拡大した。以前からの官房長官による携帯三社への談話報道やNTTドコモが携帯電話料金を19年4-6月に2-4割引き下げると発表したことで指数インパクトの大きい通信大手が含まれる通信銘柄に揃って裁定解消売が入り、決算が嫌気された東エレク等にも裁定解消売即ち「カバードコール戦略」が殺到したことで、 ドル建て日経平均は10:12に192.31㌦迄下がり一時1㌦84㌣近く下落した。中国株をはじめとするアジア株式市場の堅調なスター トを受け裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」が行われ、下げ幅を縮小する場面もみられたが、節目の193㌦を前に、前日までの2営業 日で凡そ2㌦近い急ピッチの上昇となったこともあり前場引では前日比87㌣安の192.73㌦を付け、11:35の前場引では前日比87㌣安の192.73㌦を付け下落した。後場は12:30に192.97㌦で開始したが買戻しで12:44に193.39㌦と後場寄付き高値をつけた処で中国・上海株相場が急速に上げ幅を縮めたことを受け、米国中間選挙で防御策の為ボラティリティ上昇で株を売却するリスクパリティ売り等の持ち高調整の売りが出る格好になり14:58に最安値191.62㌦を付後15:00には前日比1㌦49㌣安の192.11㌦を付け大引けにかけて11月物は「コール」が値下がりが目立ち、「プット」は上昇し、15:15では前日比1㌦42㌣安の192.18㌦を記録し、両建て日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅2㌦53㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で44.6%と改善し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.53倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽12.50%、騰落レシオは70.97%即ち買い戻し転換となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1031


10月31日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月31日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は続伸した。新興株31日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は続伸して引けた。前日の米株高や為替相場の円安・ドル高進行を背景に朝方から買いが先行し9:00に190.79㌦で寄付後、前日引後の決算発表で会社が19年3月期上方修正した好業績銘柄が牽引し9:18に191.69㌦迄買戻され戻り売りにあったが9:47に190.70㌦を付後ドル円が1米ドル=113円と円安が進行した事から巨大機関投資家では伝統的プレイヤーのリバランスで下落させた「リスクパリティ―戦略」に「大幅下げ過ぎ商品を買後大上昇商品を売る」という考えを入れた動向の揺り戻しや買戻しから来る歴史的下落幅の買戻しが入った。即ちバリュエーションバブル弾け、株が「リバーサル戦略」を行って買い戻され中国株・米国株価指数先物の上昇で投資家心理が改善し、リパトリ減税で初年度である10月、11月、12月に買戻し後FRBもバランスシート縮小し、ドルの流動性が少なくなり、中国政府版PMIが発表されたが市場予想よりは弱いが上海株式指数の相場上昇が相場の後押しとなっている事からドルの流動性が少なくなりドル高円安を迎えられ「リバーサル戦略」が入るものも多い事から11:15に192.70㌦迄買戻させ前場引では前日比2㌦19㌣高の192.59㌦を付け、11:35の前場引では前日比2㌦21㌣高の192.61㌦を付け大台目前まで上昇した。昼休みに入ってからは日銀政策発表で展望レポートの物価見通しは下方修正されたが金融政策決定会合は現状の政策維持となり影響は限定的となり「リバーサル戦略」が打たれ強い相場展開となり14:31の193.44㌦迄買戻され、15:00には前日比3㌦14㌣高の193.54㌦を付け大引けにかけて11月物は「コール」が総じて買われ、「プット」は売られ、15:15では前日比3㌦20㌣高の最高値193.60㌦を記録し、両建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅3㌦14㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で45%と改善し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.60倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽9.91%、騰落レシオは71.80%即ち買い戻し転換となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1030


10月30日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月30日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は続伸したが、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は反発した。新興株30日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると、「トランプ米大統領が対中貿易をめぐり前向きな発言をした」事で29日のNYダウが大幅続落となりこれらを背景として、ドル建て日経平均も9:00に前日比1㌦58㌣安の187.40㌦で開始し売りが先行、取引開始直後には前日比1㌦71㌣安の187.27㌦と節目187㌦目前に迫った。しかし、売り注文を消化した後は底堅さを示し、切り返す展開となり為替相場が1ドル=112円台後半へと円安方向に振れた他、このところの株価下落による割安感や下げ過ぎ警戒感から自律反発局面を迎えた形となり裁定買を誘う先物買戻に値する「リバーサル戦略」が入り10:29には189.94㌦迄回復し、前場引では前日比38㌣高の189.36㌦を付け、11:35の前場引では前日比29㌣高の189.27㌦を付け後、後場12:30に92㌣高の189.90㌦で開始し中国・上海総合株価指数や時間外取引での米国株価指数先物高やTopix浮動株比率の入替やこのほか、市場関係者からは、「鯨といわれる国内年金が買いを入れているとの観測が広がった」「巨大機関投資家の月末持高調整買戻」「ヘッジ売りのオプション対応」などとの声が聞かれ、ひとまず相場の陰の極としての底入れを覗わせる展開となり19.34に最高値191.36㌦迄急な買戻しが発生しその後戻り売りが入り14:40に190.18㌦となった。その後買い戻しも入ることで折り返し、15:00には前日比1㌦48㌣高の190.46㌦を付け大引けにかけて11月物はコールが買われ、プットは売られ、15:15では前日比1㌦42㌣高の190.40㌦を記録し、両建て日経平均は上昇した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅4㌦9㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で50%と悪化し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.48倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽16.42%、騰落レシオは72.52%即ち戻り売り転換となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1029


1029日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1029日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は反発したが、日経平均、TopixTopix先物及び日経平均先物は続落した。新興株29日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は900188㌣高の190.55㌦と反発して開始し前場上幅を15㌣高の191.60㌦迄広げる事となりましたがその後世界の信用収縮への閉塞感から裁定解消を誘う先物売に値する「カバードコール戦略」が入り小幅な下げを繰り返し下げ幅拡大し1128の前場安値189.18㌦迄下落した一方で折り返し前場引では前日比42㌣高の189.31㌦を付け、1135の前場引では前日比37㌣安の189.26㌦を付け後、日銀によるETF買観測を背景に実需の買観測が入り後場1230111㌣高の190.00㌦で開始し1234に後場寄付き直後高値190.26㌦を付後、一定水準迄下げる事によって自動売買が作用し下げ幅拡大し1247に後場寄付き直後安値189.64㌦迄下落したが一時的な円安が効果を奏し1324迄裁定買を誘う先物買戻や「リバーサル戦略」等も入り1324190.34㌦迄プラス回復したが鈍い戻りや中国・上海株安を嫌気して裁定解消や「カバードコール戦略」が入り再びマイナス圏に沈み1450188.62㌦と最安値を付けた後、折り返し1500には前日比3㌣高の188.92㌦を付け大引けにかけて11月物は「コール」がおおむね下落し「プット」は高安まちまちにより、15:15では前日比9㌣高の188.98㌦を記録し、円建て日経平均は下落したがドル建ては上昇した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅298㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で48%と改善し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.33倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽20.95%、騰落レシオは71.16%即ち戻り売り転換となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1026


10月26日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は続落した。新興株26日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は9:00に190.87㌦と反発して開始し前日の米国株が急反発したことで過度なリスクオフが後退し日本株は大幅安の反動もあり、裁定買を誘う先物買戻や自律反発狙いの買いが先行し9:03に最高値191.17㌦を付後保合相場化し9:30を経過後、25日引後の時間外取引で四半期決算が市場の予想に届かなかったとしてアマゾン・ドット・コムとグーグルの持ち株会社アルファベットが大幅安となったのを受け巨大機関投資家の中では業績下方修正を嫌い今晩の米株市場を見極めたいとのムードが広がり、持高調整の裁定解消売に値する「カバードコール戦略」を行う者も出現し、それに乗じて売り仕掛をする投資家も出ており「弱気相場入り」に仕掛けが入り「グロース売後ディフェンシブ買」となり節目190㌦を割った。前場引では前日比1㌦08㌣安の188.93㌦を付け、11:35の前場引では前日比98㌣安の188.98㌦を付け後、後場、12:30に186.17㌦で開始したが一定水準迄下げる事によって自動売買が作用し下げ幅拡大し12:40に最安値187.04㌦迄下落し日銀によるETF買観測を背景に実需の買観測が入りここで裁定買を誘う先物買戻や「リバーサル戦略」等も入り14:04に190㌦迄プラス回復したが鈍い戻りをにらんで裁定解消や「カバードコール戦略」が入り再びマイナス圏に沈み15:00には前日比1㌦5㌣安の188.91㌦を付け大引けにかけて11月物は「コール」、「プット」ともに売られ、15:15では前日比1㌦7㌣安の188.89㌦を記録し、両建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅4㌦13㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で48.4%と悪化し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.37倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽21.00%、騰落レシオは73.83%即ち買印転換となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1025


1025日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1025日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、TopixTopix先物及び日経平均先物は反落した。新興株25日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は大幅に反落して引けた。前日のNYダウが608ドル安と急落したことを映して、ドル建て日経平均も903に最高値193.76㌦を付後3.53㌦超の急落となったほか、中国株をはじめアジア株が軒並み下落するなど世界的な連鎖安への警戒感、貿易体形における変動の受け留め方、コストプッシュ型物価上昇懸念や保護主義化の費用対効果上昇懸念から売り優勢の展開となり裁定解消を誘う先物売り即ち「カバードコール戦略」を行う巨大機関投資家が多くなりオーバーナイトできた先物売り注文調整も入り下落加速に繋がった。また、1045190.62㌦を付後、時間外取引での米株価指数先物も反発こそしているため裁定買を誘う先物買である「リバーサル戦略」が入り、前場引では前日比482㌣安の191.51㌦を付け、1135の前場引では前日比477㌣安の191.56㌦を付け後、後場、日銀によるETF買観測を背景に昼のバスケット買い観測が入り1230191.62㌦を付け、後場寄付直後高値1232191.72㌦を付けたものの、上げ幅は小幅にとどまっており、市場では「連鎖安はしばらく続く可能性が高い」との指摘も聞かれ、投資マインドは一段と冷え込んでいる。東証1部の時価総額が596兆円と昨年912日以来約11カ月ぶりに節目の600兆円を割り込むなど、地合いの悪さが目立つ状況。市場では「相場下落の明確な材料が表面化しているわけではなく、不安が不安を増幅させ、売りが売りを呼ぶ展開となっているだけに、売りが尽きるまでは下落するところまで下げる」との声も聞かれ、底値を探る展開につながり一方でサウジアラビア情勢やイタリアの財政不安、英国の欧州連合(EU)離脱に伴う政局不安など海外政治の不透明感は払拭されていないだけに、戻りも鈍く上値の重い展開を強いられ再び戻り売りや裁定解消を誘う先物売りに値する「カバードコール戦略」を巨大機関投資家の中で行う者が増え1456に最安値189.44㌦を付後、決済買が入り1500には前日比630㌣安の190.03㌦を付け大引けにかけて11月物は「コール」が下げ、「プット」が軒並み高の下落が目立ち、15:15では前日比637㌣安の189.96㌦を記録し、両建て日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅4㌦32㌣幅になり、空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で47.7%と悪化し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.73倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽20.39%、騰落レシオは81.37%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1024


10月24日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は反発した。新興株24日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は反発して引けた。前日の米国市場では、NYダウが一時550㌦近く下落したが、取引終了時には下げ幅が125㌦まで縮小するなど底堅さをみせた。また、CMEの225先物が前日の大阪終値を上回ったこともあり、ドル建て日経平均には買いが先行して9:00寄付197.13㌦で始まった。しかし、その後は、国際情勢の不透明感や中国株の軟調推移などから再び戻り売りや裁定解消を誘う先物売りに値する「カバードコール戦略」を巨大機関投資家の中で行う者が増え、一時195㌦の大台を割り込み最安値となる11:12の194.82㌦の場面もあり、前場引では前日比39㌣安の195.41㌦を付け、11:35の前場引では前日比34㌣安の195.46㌦を付け後、後場、日銀によるETF買観測を背景に昼のバスケット買い観測が入り12:30に196.23㌦を付け、更に軟調展開だった中国株が上昇に転じ、為替も112円半ばとやや円安方向に傾いたことから、リバウンド狙いの買いとなる裁定買や「リバーサル戦略」が次第に増え14:02に大引け直前高値196.96㌦を付けた一方でサウジアラビア情勢やイタリアの財政不安、英国の欧州連合(EU)離脱に伴う政局不安など海外政治の不透明感は払拭されていないだけに、戻りも鈍く上値の重い展開を強いられ再び戻り売りや裁定解消を誘う先物売りに値する「カバードコール戦略」を巨大機関投資家の中で行う者が増え、15:00には前日比49㌣高の196.29㌦を付け大引けにかけて11月物は「コール」に値上がりが目立、「プット」の下落が目立ち、15:15では前日比53㌣高の196.33㌦を記録し、両建て日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅2㌦31㌣幅になり、空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で44.9%と改善し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.73倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽10.01%、騰落レシオは93.54%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1023


10月23日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月23日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物及び日経平均先物は反落した。新興株23日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は大幅反落した。前日の米株式市場のさえない地合いを引き継ぎ、朝方から売りが先行し9:00に198.70㌦から直後最高値198.76㌦を付後、裁定解消を示す「カバードコール戦略」を実施する巨大機関投資家も多い事から9:47に197.72㌦迄下がり買戻さされ裁定買いが入り10:13に1968.23㌦迄上昇し欧州連合(EU)離脱をめぐる英政局の混乱やイタリアの財政問題、サウジアラビアを巡る地政学リスクなど海外政治要因の先行き不透明感が拭えていないことも積極的な売買を手控えさせる要因になり、継続して「カバードコール戦略」が行われ、前場引では前日比4㌦23㌣安の196.50㌦を付け、11:35の前場引では前日比4㌦25㌣安の196.48㌦を付け後、後場12:30に196.51㌦を付けたが日銀によるETF買観測を背景に継続して裁定買を誘う先物買や「リバーサル戦略」が入り、13:00に196.50㌦迄上昇し、14:57には「カバードコール戦略」、利確や戻売に会い最安値195.51㌦迄下がるも日経平均も一時22000円台を割り込むなど、リスクオフの様相を呈している。主力企業の9月中間決算発表の本格化を前に、市場では「これまで好決算を映して年末高に向けた動きを想定していたが、外部環境の先行き懸念から再び下げ相場に入る可能性が高いのではないか」との声が聞かれるなど、下値不安感が増幅し、15:00には前日比5㌦05㌣安の195.68㌦を付け大引けにかけて11月物は「コール」が総じて下げ、「プット」が上昇し、15:15では前日比4㌦93㌣安の195.80㌦を記録し、両建て日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅3㌦25㌣幅になり、空売り比率は51.8%と悪化し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per12.72倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽3.41%、騰落レシオは107.14%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1022


1022日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1022日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりTopix先物、ドル建日経平均、日経平均、Topix、及び日経平均先物は反発した。新興株22日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は3日ぶりに反発して引けた。朝方は、サウジアラビアの記者死亡問題やトランプ米大統領の核廃棄条約からの離脱意向表明に加え米株価指数先物悪化など、地政学リスクの高まりから198.95㌦と寄付き直後に裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」が先行して始まり、ドル建て日経平均は一時前週末比207㌣安の937198.19㌦まで下落した。ただ、中国政府が相場下支え策を打ち出すと伝わり、上海総合指数が4%を超える上昇を見せたことで巨大機関投資家心理が好転し、買戻しに当る裁定買の動きにつながった。また、朝方軟調に推移していた米株価指数先物が切り返したことも買い安心感に繋がり「リバーサル戦略」が入り、前場引では前日比65㌣安の199.61㌦を付け、1135の前場引では前日比67㌣安の199.59㌦を付け後、後場1230200.38㌦を付けたが日銀によるETF買観測や時間外による米国先物市場の上昇を背景に継続して裁定買を誘う先物買や「リバーサル戦略」が入り、1301201.33㌦迄上昇し、1358には利確や戻売に会い200.70㌦迄下がるもEUに対する期待から裁定買を誘う先物買や「リバーサル戦略」が入り、1436201.20㌦迄上昇し、ただ、イタリアの財政不安など海外政治の先行き懸念は払拭されておらず、買戻しの域を抜け出すまでには至らず、英国の利上について話し合う欧州連合(EU)首脳会議など重要イベントを控えるため海外情勢次第では、再び株安に陥る懸念が拭えないだけに、ヘッジ売り、戻り売り、決済買や利益確定に加え「カバードコール戦略」が入り、1500には前日比47㌣高の200.73㌦を付け大引けにかけて11月物は「コール」がおおむね買われ、「プット」が売られた、15:15では前日比47㌣高の200.73㌦を記録し、両建て日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅314㌣幅になり、空売り比率は48.0%から47.6%と改善し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.04倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の3.41%、騰落レシオは107.14%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1012


10月12日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりTopix先物だけが続落したが、ドル建日経平均、日経平均、Topix、及び日経平均先物は反発した。新興株12日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると11日の米株式市場が大幅に3日続落した事を背景に24㌣安の199.15㌦で寄付き開始を迎え、9:05に寄付直後高値201.16㌦を付ける場面もありましたが、米国株に臣従して朝方は売優勢となり「カバードコール戦略」を仕掛ける巨大機関投資家もいる事から10:16に199.93㌦迄水準を切り下げた。その後アジア市場の堅調推移や米株価指数先物の大幅反発を受け、次第に投資家心理が上向きとなり「リバーサル戦略」が入り、前場引では前日比1㌦安の200.39㌦を付け、11:35の前場引では前日比96㌣安の201.41㌦を付け後、後場12:30に200.61㌦を付けたが止まらず13:31に200.26㌦を付け、上海株がプラスに転じると下げ幅を締め、日経平均もプラス圏に転じたことから、ドル建て日経平均にも押し目買いや買い戻しなどが続いた。また円相場が1ドル=112円台前半から112円台半ばに円安が進んだこともあり、市場では「株安連鎖の震源地である米国市場の下げ止まり、円高一服もあって、ひとまず買い戻しの動きが強まり裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が施行され最高値として14:41に202.07㌦を付後、ただ、来週は19日に中国の7-9月期実質GDPなどの経済指標の発表や18日には英国の離脱について話し合う欧州連合(EU)首脳会議など重要イベントを控えるため海外情勢次第では、再び株安に陥る懸念が拭えないだけに、ヘッジ売り、戻り売り、決済買や利益確定に加え「カバードコール戦略」が入り14:59に201.89㌦を付後、裁定買等が入り、15:00には前日比53㌣高の201.92㌦を付け大引けにかけて10月物は「コール」、「プット」共に下落が目立ち、15:15では前日比59㌣高の201.98㌦を記録し、両建て日経平均は反発した。SQ値は22,313.75円で確定しドル建日経平均変動幅は高安値幅2㌦92㌣幅になり、空売り比率は44.4%と改善し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.05倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽2.18%、騰落レシオは98.40%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1011


1011日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1011日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気気になりドル建日経平均、日経平均、TopixTopix先物、及び日経平均先物は反落した。新興株11日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると長期金利上昇、米中貿易摩擦、原油安などが重なり、欧州市場は仏、独が2%強の下げ、米国はダウとSP5003%強、ナスダックが4%強の急落となり、市場は金利の上昇が最終的に住宅ローンや自動車ローン、学生ローンの金利押上げという形で実体経済に浸透する可能性を消化しつつあり、現在見られるのは、市場が今後の成長が下振れする恐れに備えているとの見方から本日のドル建て日経平均では900248㌣安い205.59㌦と寄付後急落して開始を迎えた。寄付直後最高値205.60㌦を付ける場面もありましたが、為替が115円に到達できず一時1ドル=111円台後半へと円高が進んだことで、巨大機関投資家心理は急速に冷え込み、東京市場でも、主力銘柄中心に裁定解消を誘う先物売に押され「カバードコール戦略」が入りまた、中国市場が大幅に下落しているほか、時間外取引での米国株価指数先物も大幅に続落しており、世界的な株安連鎖への不安感も市場ムードが悪化させ、ドル建て日経平均が一時421㌣超急落、日経平均先物にもリスク回避の裁定解消売が波及し、前場引では前日比667㌣安の201.40㌦を付け、1135の前場引では前日比667㌣安の201.41㌦を付け後、後場1230200.76㌦を付けたが止まらず1326200.34㌦を付け、最安値更新となり、日銀のETF買で1340201.56㌦迄上昇したが、本日は株価指数オプション取引10月限の売買最終日に当たり、「ヘッジ売りや持ち高調整の売りが出たことも響いた」とされ1429200.40㌦迄下げ幅拡大し市場関係者は、ドル建て日経平均が下値の目途として意識される200日移動平均線を、本日は維持できたが、「ドル建て日経平均が明日、下落してもこの水準を死守できるかどうかで、今後の株安基調が続くのかどうかの判断が重要になる」との指摘が聞かれ売りに対する手仕舞に当る決済買が入り、1500には前日比668㌣安の201.39㌦を付け大引けにかけて10月物は「コールが売られ、プットは買われた。10月物の特別清算指数(SQ)算出をあすに控え、プットの買い戻しが急増し権利行使価格2万2000円のプットは前日比19円高の20円に上昇し、日中取引の売買高は1万3537枚と前日の12倍に膨らんだのを受け、15:15では前日比668㌣安の201.39㌦を記録し、両建て日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅526㌣幅になり、空売り比率は45.2%と悪化し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.08倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽3.58%、騰落レシオは96.35%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1010


10月10日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、Topix先物、及び日経平均先物は反発した。新興株10日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると本日のドル建て日経平均では5日振りに9:00に208.29㌦と寄付5日振りに反発して始まった後、寄付直後最高値208.78㌦を付ける場面もありましたが、上海株安やトランプ大統領利上げけん制発言で米中貿易問題再懸念を受け、ドル建て日経平均は裁定解消を誘う先物売である「カバードコール戦略」を巨大機関投資家の中でも行う者がいる事から前日にかけマイナスに沈みました。前場引では前日比45㌣安の207.09㌦を付け、11:35の前場引では前日比43㌣安の207.11㌦を付け後、後場12:30に207.07㌦を付けたが止まらず12:36に206.87㌦を付け、最安値更新となり、日銀のETF買で13:07に208㌦迄上昇したが、中国景気後退懸念の場合中国を支える代表企業でもあるソフトバンクグループが為替とセットで売られ13:24に207.54㌦迄下落し「カバードコール戦略」が入る一方で好材料が報道されているファストリやユニーファミリーマートが齎す経済効果が見直され「リバーサル戦略」が入り14:21に大引直前高値208.33㌦迄上昇後、裁定解消を誘う先物売りが入り、15:00には前日比53㌣高の208.07㌦を付け大引けにかけて10月物は「コール」と「プット」はともに売りが目立つのを受け、15:15では前日3㌣高の208.07㌦を記録し、両建て日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦91㌣幅になり、空売り比率は43.7%と改善し、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.55倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲8.46%、騰落レシオは99.33%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1009


1009日 火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1009日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、TopixTopix先物、及び日経平均先物は続落した。新興株09日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとリーマンショックから債券バブル化し米国が正常化した。そこに金利上昇が入ってきた。これにより出口戦略が難しくなったが株式を売却し債券を買う事で金利が安くなるのを狙って行われ始め新興国の中でも中国はこのやり方でドル債の持高が増え、ドル債券を購入しない事により金利上昇が更に出てハイテク株などPER(株価収益率)の高い銘柄を中心に売りが先行しこれに加え国慶節の連休明けでは中国株価指数が大幅安になりこれらを背景に、8日の米株式市場でNYダウは反落し不安定化し米長期金利が7年ぶりの高水準となり企業活動に悪影響が懸念され、グロース銘柄の売りに繋がりSOX指数が下落した事を受け半導体株迄売られナスダック指数の下落が強くなった。この流れからVix指数も上昇しSKEW指数も下がった事から巨大機関投資家の裁定解消を誘う先物売りが波及し、本日のドル建て日経平均では900208.20㌦と続落して開始し901に寄付き直後高値208.40㌦を付後、金利上昇は金融株高を通じて相場全体の下支えとなる反面、高バリュエーション銘柄の割高感を強め売り圧力に繋がり先週から上昇してきたグロース銘柄に裁定解消を誘う先物売りに値する「カバードコール戦略」が入りこの資金が日経Vi指数や債券先物に入り日経平均ボラティリティ指数は3か月ぶりの高値水準を付けました。これと同時に1054207.47㌦迄下げ幅拡大後、日本の20年債利回の上昇一服で裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が不動産銘柄に入ることで1127分に前場引間際最高値208.42㌦を付後、25日移動平均乖離率に5%を加えた乖離調整が入り、これらのチャートが逆三尊の198㌦から208㌦の揉合終了後調整入りで、さらに為替相場の円安が一服し円高方向に振れてきた為に輸出企業の上方修正期待も薄れ輸出関連にも裁定解消を誘う先物売が入り、前場引では前日比51㌣安の208.22㌦を付け、1135の前場引では前日比53㌣安の208.20㌦を付け、後場1230には208.00㌦を付後空売り比率が40%以上となり賃金上昇も見られず失業率も低下した事から更に「カバードコール戦略」が入り1455207.32㌦迄下がり最安値となり、手仕舞から「リバーサル戦略」即ち決済買が入ることで、1500には前日比122㌣安の207.51㌦を付け大引けにかけて10月物は「コール」がおおむね下げ「プット」は上げが目立ったのを受け、15:15では前日比119㌣安の207.54㌦を記録し、両建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅110㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.53倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲8.16%、騰落レシオは96.39%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1005


10月05日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、及びTopix先物、及び日経平均先物は続落した。新興株05日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとリーマンショックから債券バブル化し米国が正常化した。そこに金利上昇が入ってきた。これにより出口戦略が難しくなったが株式を売却し債券を買う事で金利が安くなるのを狙って行われ始め新興国の中でも中国はこのやり方でドル債の持高が増え、購入しない事により金利上昇が更に出ている。これらを背景に4日の米株式市場でNYダウは200ドル安と6日ぶりに反落した。米長期金利が7年ぶりの高水準となり、ハイテク株などPER(株価収益率)の高い銘柄を中心に売りが先行。ナスダック総合指数は1カ月半ぶりの安値となった。為替市場でも米株安を受けたリスク回避の動きから円相場が1ドル=113.60円台まで上昇する場面があり、本日のドル建て日経平均では9:00に208.83㌦と続落して開始し最安値を9:05に208.36㌦と付けたが日米金利の上昇でバリュー株である証券、銀行業、保険業に資金が集まり裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」から10:35には最高値209.86㌦迄上昇したが金利上昇は金融株高を通じて相場全体の下支えとなる反面、高バリュエーション銘柄の割高感を強め売り圧力に繋がり先週から上昇してきたグロース銘柄に裁定解消を誘う先物売りに値する「カバードコール戦略」が入りこの資金が日経Vi指数や債券先物に入り、前場引けでは前日比79㌣安の208.93㌦を付け、11:35の前場引では前日比87㌣安の208.85㌦を付け、雇用統計待ちで手控えられたが銀行株については、政府が5日に内閣改造後初の未来投資会議(議長:安倍晋三首相)を開き、地銀等の経営統合などへの独占禁止法の適用のあり方が検討項目に入ったことや日銀によるETF買い観測が流れたことも材料になり後場12:30には209.01㌦を付後13:15の209.58㌦迄上がり、揉み合い保合相場化し三村天井を付けた事から、手仕舞いに当る裁定解消に当る「カバードコール戦略」が午後にグロース銘柄に入ると、15:00には前日比86㌣安の208.86㌦を付け大引けにかけて10月物は「コール」がおおむね売られ「プット」はまちまちとなるのを受け、15:15では前日比99㌣安の208.73㌦を記録し、両建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦50㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.73倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲12.47%、騰落レシオは103.89%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1004


1004日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1004日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、及びTopix先物、及び日経平均先物は続落した。新興株04日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとドル建て日経平均では90018㌣安い211.72㌦と反落して開始したが前日の米主要株価指数上昇などから、朝方は買いが先行した。イタリアの財政不安懸念が薄らいだほか、米国で前日に発表されたISM非製造業の景況指数など良好な経済指標を受けて1ドル=114円台半ばまで円安が進み米国の長期金利が73か月ぶりの高水準を付けた事も追い風になりばゆー銘柄中心の金融セクターに裁定買が入り211.77㌦迄買われ最高値となり戻売が入り920211.09㌦を付後930211.71㌦迄買戻された後、香港株が大幅安となったのを背景に裁定解消を差王先物売に匹敵する「カバードコール戦略」がグロース銘柄に入り1109210.13㌦迄下落し仕掛けを手仕舞うために決済買が行われ、前場引けでは前日比147㌣安の210.43㌦を付け、1135の前場引では前日比151㌣安の210.39㌦を付け、FOMC後の調整時期でもある事から裁定解消が再度入り後場1230には188㌣安の210.02㌦を付後1252209.43㌦迄下がり、手仕舞いに当る裁定買に当る「リバーサル戦略」が午後にバリュー銘柄に入ると1340210.52㌦迄上げ幅を拡大し、時間外取引での米国株価指数先物が下げ幅を拡大させたことから、先行き警戒感が広がり裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」が入り1454209.30㌦と最安値を更新し手仕舞いの為決済買が入り、1500には前日比2161㌣安の209.74㌦を付け大引けにかけて10月物はプット」が総じて上昇し、「コール」の下落が目立、15:15では前日比218㌣安の209.72㌦を記録し、両建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅247㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.78倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲15.27%、騰落レシオは111.68%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1003


10月03日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月03日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、及びTopix先物は反落したが日経平均先物は続落した。新興株03日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとドル建て日経平均では米国ダウは過去最高値を叩き出したがドル円が113円と円高傾向になった事から9:00に213.27㌦と反落して開始したが9:12に213.46㌦と最高値を付けた後値嵩株が売られたり円安一服で自動車株の下落が目立ち裁定解消を誘う先物売りの「カバードコール戦略」が入り11:00に香港株式市場が一時プラスに転じた事を受け裁定買の「リバーサル戦略」が入り、前場引けでは前日比16㌣安の213.17㌦を付け、11:35の前場引では前日比14㌣安の213.19㌦を付け、213㌦を維持できない事から裁定解消が入り後場12:30には48㌣安の212.85㌦を付後13:27の211.46㌦迄下がり、対ドルでのみ悩んだのを受け安値圏の推移となり裁定買を誘う先物買が入ることで、15:00には前日比1㌦31㌣安の212.02㌦を付け大引けにかけて10月物は「コール」が総じて売られプットは権利行使価格が2万3500円以上のものに上昇が目立、15:15では前日比1㌦43㌣安の211.90㌦を記録し、両建て日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅2㌦幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.79倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲17.37%、騰落レシオは109.93%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1002


10月02日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、及びTopix先物は続伸したが日経平均先物は反落した。新興株02日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによるとドル建て日経平均では米国とカナダ、メキシコの新たな通商協定の合意を受けた米国株高を背景に9:00に213.91㌦と寄付から高く開始し1㌦114円から為替相場の円安・ドル高基調も追い風となりザラバベースでの年初来高値を連日で更新した。上方リスクで相場が上昇した時に損失を出さないためにアップサイドのコールを購入し、日経VI等で新規空売りをしていた仕掛を終了するのに決済買(買戻)して持高を0にし改めてアップサイドのコールを購入してVIと日本株を上昇させ上げ幅拡大し、中間期の決算発表を機に国内企業が業績予想を上方修正することへの期待も相場を下支えし9:52に214.53㌦迄最高値として上昇し、利益確定や戻売で下落し裁定解消を誘う先物売りに値する「カバードコール戦略」が入り指数圧迫要因となり下押され、10:45に212.69㌦と最安値を更新し10:53に213.20㌦迄戻し更に下げ幅拡大し、前場引けでは前日比0㌣の212.81㌦を付け、11:35の前場引では前日比02㌣安の212.79㌦を付け、後場12:30には23㌣高の213.04㌦を付後12:32の212.90㌦迄下がり、ノーベル生理学医学賞の報道から情報転換し裁定買を誘う先物買が入ることで13:58に213.85㌦迄買戻されたが中国国防省が南シナ海での米国の「航行の自由作戦」に断固として反対すると表明したことを受け、地政学リスクの高まりも警戒されこれを受け香港ハンセン指数が大幅安となったのを受け中国国慶節で中国本土市場は休みであるがクロス円でのリスクオンの円買戻によるリスクオンで為替相場で下落に拍車をかけ日経平均に飛火で下落しさらに、9月中旬以降の急速な相場の上昇を背景に短期的な傾向となる25日移動平均線からの上方乖離率が5%を突破するなどしたことで巨大機関投資家の慎重姿勢を強め裁定解消を誘う先物売りである「カバードコール戦略」を行う者もいる事から14:52に212.79㌦迄下げ幅拡大し相場を手仕舞う決済買が入り、本日は空売比率44.5%を出し信用残が低水準で仮需比率も1%以下を背景として空売りする力もない事を受け、15:00には前日比48㌣高の213.29㌦を付け大引けにかけて10月物は「コール」と、「プット」とともに高安まちまちとなり、15:15では前日比52㌣高の213.33㌦を記録し、両建て日経平均は続伸した。Topixが上昇したが日経平均はバブル崩壊後高値更新となった。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦84㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.95倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲19.81%、騰落レシオは123.25%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1001


1001日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1001日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、日経平均先物及びTopix先物は続伸した。新興株01日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると先週のFOMCに注視すると利上げを行うFOMC当日迄ドル円が上昇し、FOMCで利上見通しが変更無くFOMC後利食いされドル円が下落するという傾向を繰り返していたが利上見通が不変でドル円が円安方向で定まり即ち先週木曜からドル円上昇は反期末に絡んだドル買要因のためにドル高になった。これは1年間で上昇するように作成してきた「ドルショート円ドルポジションの損切りの買戻し」でドル円上昇に繋がった。台風24号で交通網が乱れ、業績に悪影響が及び朝方発表された9月日銀短観は大企業・製造業の景況感が3四半期連続で悪化すると見た巨大機関投資家による先物売即ち「カバードコール戦略」で、ドル高日経平均では2㌣安い212.43㌦で寄付き小幅反落して開始し905212.09㌦迄下げ幅拡大し最安値を記録後、米連邦公開市場委員会(FOMC)の利上げ後、円安が予想以上の進化を遂げNAFTA再交渉で米国とカナダが合意し時間外米国先物上昇に繋がりイタリアでの政局問題でユーロ安からドル高になりドル一極集中となった事から裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り前場引け直前の1115213.34㌦を付け最高値となった。しかし9月中国全体の製造業PMIが低水準であった事を受け中国関連株や大型機械株に資金が入らず裁定解消を誘う先物売となる「カバードコール戦略」が入り、前場引けでは前日比57㌣高の213.02㌦を付け、1135の前場引では前日比57㌣高の213.02㌦を付け、後場1230には74㌣高の213.19㌦を付後、短期利上げで中長期通商摩擦懸念が燻る事を背景とする動きに加えファンドの成功報酬を支払う源泉の抽出の必要性や分配金支払いの源泉に加えメガバンク等の証券自己勘定取引による引値執行売等から空売り調整が入り本日は空売比率41.5%を出し継続して売られ1336212.45㌦迄下げ幅拡大し国慶節で空売りする巨大機関投資家も少ない事や信用残が低水準で仮需比率も1%以下を背景として空売りする力もない事を受けFOMC後の円安基調の加速度上昇により輸出企業の業績への改善期待増大に繋がった事に加え1336以降、蝋燭足では陽線が出現し二本の差込線が確認できると補正予算や震災災害などの復旧督促相場化による経済政策期待から裁定買を誘う先物買戻に当る「リバーサル戦略」が入り1452213.15㌦の大引直前高値を付後戻り売りや利益確定が入り、1500には前日比41㌣高の212.86㌦を付け大引けにかけて10月物は「コール」はおおむね上昇し売る権利である「プット」は下落し、15:15では前日比36㌣高の212.81㌦を記録し、両建て日経平均は続伸した。NT倍率は4日連続上昇し日経平均は27年ぶりのバブル崩壊後高値更新となった。ドル建日経平均変動幅は高安値幅125㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per13.93倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲19.92%、騰落レシオは127.66%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

0928


09月28日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、日経平均先物及びTopix先物は反発した。新興株28日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると8月米耐久財受注が前月比4.5%増となり、市場予想平均の同2.0%を大幅に上回ったことを好感し、ドル手当でドル需要がプラスになり米国株高となった背景によりドル建て日経平均では1㌦2㌣高の212.38㌦と反発して開始となった。9:05に寄付直後高値212.72㌦を付け、戻り売りや利確に会い下げ幅は84㌣以下の211.88㌦と最安値を付けたが、株価チャートでは下値切上で三役好転となり上昇波動になり今年の高値抜けが観測され、さらに雇用統計やその他経済指標で物価の上昇に加え賃金上昇が確認でき巨大機関投資家であるグローバルマクロがインフレシナリオにシフトして今迄と変更し先物を通して「原油・日本株先物買戻」後「米株裁定解消売(ショート)」の形で持高調整を行ったり安倍首相再選を受けモルガン等メガバンク系巨大機関投資家が配当の再投資や政権安定を受け経済政策に期待がもたれ、日銀追加緩和等が以前行われた2012年以降と形が相似した為この時と同様に、Topix上昇率がハイテクセクターを中心に6回以上現出した事を受け上昇修正期待が織り込まれ空売り筋の踏上げ相場化し裁定買を誘う先物買戻が始まった。例えば上方リスクで相場が上昇した時に損失を出さないためにアップサイドのコールを購入し、日経VI等で新規空売りをしていた仕掛を終了するのに決済買(買戻)して持高を0にし改めてアップサイドのコールを購入してVIと日本株を上昇させ上げ幅拡大し、前場引けでは前日比1㌦92㌣高の213.10㌦を付け、11:35の前場引では前日比1㌦92㌣高の213.10㌦を付け、後場12:30には2㌦70㌣高の213.88㌦を付後、短期利上げで中長期通商摩擦懸念が燻る事を背景とする動きに加えファンドの成功報酬を支払う源泉の抽出の必要性や分配金支払いの源泉に加えメガバンク等の証券自己勘定取引による引値執行売等から空売り調整が入り本日は空売比率39%を出し13:18に212.03㌦を付け陽線出現となり継続して売られ13:50に211.90㌦を付け決済買で手仕舞しその後13:56に2回目の陽線出現となり、蝋燭足で二本の差込線がチャート上で確認できると補正予算や震災災害などの復旧に関する予算等による経済政策期待から裁定買を誘う先物買戻に当る「リバーサル戦略」が入り12:52に212.95㌦の大引直前高値を付け後戻り売りや利益確定が入り、15:00には前日比1㌦36㌣高の212.54㌦を付け大引けにかけて10月物は「コール」が総じて買われ、「プット」の売りが目立ち、15:15では前日比1㌦27㌣高の212.45㌦を記録し、両建て日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅2㌦幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.88倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲18.71%、騰落レシオは131.65%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0927


0927日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0927日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりTopixは続落したが、日経平均先物、ドル建日経平均、日経平均及びTopix先物は反落した。新興株27日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると米国債を裁定解消売にし買戻しによる債券価格上昇により米国金利大幅下落となり米国株価が下落したのを受けドル建て日経平均では42㌣安の212.51㌦と反落して開始となった。寄付き後下げ幅は34㌣以下となりましたが下げ渋り前場中頃には9月中間期の配当権利落ちに対する配当の再投資が裁定買を誘う先物買戻即ち「リバーサル戦略」で行われ1055213.43㌦迄上昇に転じる場面もありました。その後「米国の利上げと共に日本相場は上昇したがFOMCでの短期利上げの後9月末の権利配当分を含めた以上の下落が1か月以上短期停滞で起こることもあり上半期3月末比10%上昇なら下半期での状和尚確率が高くなる」という相場格言から株式市場が利上げに耐えられずFOMC通過後これらを嫌い、米国に臣従して裁定解消を誘う先物売に値する「カバードコール戦略」が入り、前場引けでは前日比19㌣安の212.74㌦を付け、1135の前場引では前日比13㌣安の212.80㌦を付け、後場1230には22㌣安の212.71㌦を付後、短期利上げで中長期通商摩擦懸念が燻る事を背景とする動きから利上げは絵に描いた餅と考えられ空売り調整が継続して入り本日は空売比率42%を叩き出し29㌣以上の下げ幅を拡大し1247には211.34㌦迄下落しややその後「リバーサル戦略」が入ることでやや下げ渋り1400212.37㌦を付けたが巨大機関投資家による秋相場への持高調整も再度入り下落圏を拡大し1444211.15㌦と最安値を付け、1500には前日比165㌣安の最安値211.28㌦を付け大引けにかけて10月物はプットが総じて買われ、コールはおおむね売られ、15:15では前日比175㌣安の211.18㌦を記録し、両建て日経平均は反落し円建てでは9日ぶりに反落となった。ドル建日経平均変動幅は高安値幅228㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.73倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲14.88%、騰落レシオは138.30%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0926


09月26日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりTopixは反落したが、日経平均先物は反発しドル建日経平均、日経平均及びTopix先物は続伸した。新興株26日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると9月中間期の配当権利落ち日に当り日経平均への影響は155円から160円と市場で推計されているが即日で権利落ち分を埋めきった。ドル建て日経平均では1㌦02㌣安い9:00に211.06㌦で寄付開始後、3月決算企業等の配当権利落ち日にも当たり配当落ちの影響が日経平均やドル建て日経平均を下押しし9:01に210.93㌦迄押下げその後は下げ渋り円安方向い即ち1ドル113円付近を固める動きが明確になれば、10月後半の決算発表に向けて上方修正期待が高まる事から裁定買を誘う先物買戻しに当る「リバーサル戦略」が入り小幅高に折り返しTopixの材料銘柄にも資金が入り、前場引けでは前日比10㌣高の212.18㌦を付け、11:35の前場引では前日比7㌣高の212.15㌦を付け、後場12:30には31㌣高212.05㌦を付後、上げ幅広げ中国株高が午後14時過ぎに確認できると更なる裁定買を誘う先物買戻しに当る「リバーサル戦略」が値嵩銘柄や機械っ株や中国銘柄にも入りグロース銘柄からバリュー銘柄に資金が移動し取引時間中としては1月24日以来8か月ぶりに心理的節目の円建てでは24,000円、ドル建てでは212㌦を上回って推移し、15:00には前日比79㌣高の212.87㌦の最高値を付け大引けにかけて10月物はコールがおおむね上げ、プットは総じて下げ、15:15では前日比85㌣高の212.93㌦を記録し、両建て日経平均は続伸し円建てでは8日続伸た。ドル建日経平均変動幅は高安値幅2㌦00㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.85倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲18.40%、騰落レシオは136.05%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0925


09月25日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均先物は反落したがドル建日経平均、Topix、日経平均及びTopix先物は続伸した。新興株25日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると前日のNYダウが下落したのに対し国際貿易摩擦から中国による米国債買上げが停止し米国金利が3.09%近辺迄上昇し米国株下落も小幅高なものもありドル建て日経平均では連動して9:00に211.77㌦で寄付開始後、朝方これらに加え米中の貿易摩擦激化への警戒感から中国の上海株価指数は反落も手伝い裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」を打つ巨大機関投資家もいるため9:23に最安値211.15㌦を記録し売り一巡後、9月決算銘柄の権利付き最終売買日にあたることから、配当取りの裁定買や巨大機関投資家による配当落ち分の手当てが入り円建日経平均では160円配当落分がありFOMC、日米首脳会談を控え、裁定解消を誘う先物売が入り10:19に前場引け直前安値211.55㌦迄下げ幅拡大し、貿易摩擦が一服しドル買要因で113円近辺迄等円安方向に変わった為、自動車や輸入 銘柄に対し円安先取りで裁定買を誘う先物買が行われ10:36に211.61㌦迄回復し往って来い相場化の上、裁定解消が入り、前場引けでは前日比20㌣高の21185㌦を付け、11:35の前場引では前日比16㌣高の211.81㌦を付け、後場12:30には31㌣高211.94㌦を付後、円安が継続し12:32に211.95㌦迄回復後戻り売りが入り12:36に211.70㌦迄下落後切替えし12:50に212㌦迄回復しOPEC総会で増産見送を背景に裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が適用され13:45の211.61㌦迄下げ幅拡大し本日は9月末の権利付き最終売買日とあって引けにかけて配当再投資に絡んだ思惑から裁定買いに当る「リバーサル戦略」が入り大幅買戻し状況により212㌦迄強含み回復し212㌦を挟んでの底堅い相場展開が続き、15:00には前日比51㌣高の212.16㌦の最高値を付け大引けにかけて10月物はコール、プットともに総じて下落し、15:15では前日比43㌣高の212.08㌦を記録し、両建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦10㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.89倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲17.60%、騰落レシオは129.58%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0921


09月21日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、Topix、日経平均は続伸したが、Topix先物、及び日経平均先物は反発した。新興株21日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると前日のダウ工業平均株価が過去8か月ぶりに過去最高値を更新した事を背景にドル建て日経平均は9:00に212.02㌦で寄付開始後1㌦1㌣高の212.14㌦と買が優勢となり高値を付け戻り売りをこなし9:10に211.51㌦迄下落後投資家心理好転で切返し9:30に211.91㌦を確認後25日移動平均線からの上方乖離率が4%を超えていることから、上昇ピッチの速さを修正する動きが出て裁定解消を誘う先物売に値する「カバードコール戦略」が入り10:20に211.17㌦迄下げ幅拡大しその後パッシブ型ファンドを含む巨大機関投資家による9月配当落ち分に対する先物買上による手当や安倍首相が自民党総裁選後の会見で補正予算の検討を表明したことから補正予算をにらんで「リバーサル戦略」が入り11:00に211.80㌦迄回復し上昇ピッチの速さを修正する「カバードコール戦略」が入り、前場引けでは前日比23㌣高の211.36㌦を付け、11:35の前場引では前日比15㌣高の211.28㌦を付け、後場12:30には211.95㌦を付後、212㌦を挟んでの底堅い相場展開が続き、その後、為替が1ドル=112円後半へと円安が進み裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」が入り13:00に212.25㌦と上げ幅拡大し一服後「カバードコール戦略」が入り13:29に212.00㌦迄下落し切返し後、中国株や時間外取引での米株価指数先物の堅調展開も追い風となり、裁定買を誘う先物買に値する「リバーサル戦略」が入り14:32に212.56㌦と最高値を更新し「カバードコール戦略」が入ったが高値圏での推移が続き、15:00には前日比57㌣高の211.70㌦を付け大引けにかけて10月物では「コール」が軒並み上昇し一方、「プット」は下落し、15:15では前日比52㌣高の211.65㌦を記録し、両建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦39㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.78倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▲17.08%、騰落レシオは126.97%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0920


0920日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0920日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、Topix、日経平均は続伸したが、Topix先物、及び日経平均先物は反落した。新興株20日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとドル建て日経平均は小幅ながら5営業日続伸。中国の李克強首相が輸出競争力を向上させるために人民元切り下げを行わないと発言し、貿易摩擦への懸念が後退し米10年債利回りは中国による購入が無い事から心理的節目の3%を上回って 金利高戦争に変わってきており、イールドカーブのフラット化も一服する中、米国市場では銀行株が上昇しており、日本株市場においてもメガバンクなどへの物色に向かわせた。寄付きでは900205.63㌦となり急ピッチの上昇に対する過熱感が警戒され戻り売りや利確により918205.03㌦迄下げ幅拡大し一服後裁定買を誘う先物買戻に当る「リバーサル戦略」が入り1015205.79㌦と高値鵜を付ドル安が観測されると戻り売りに会い1045205.25㌦を付後、引き続き配当落ち分を先物で買戻す海外勢の資金流入が観測される中、裁定買を誘う先物買が入り206㌦を挟んでの底堅い相場展開が続き、前場引けでは前日比117㌣高の206.01㌦を付け、1135の前場引では前日比112㌣高の205.96㌦を付け、後場1230には205.96㌦を付後、206㌦を挟んでの底堅い相場展開が続き、その後、安倍自民党総裁の3選が伝わる中、やや乱高下 の動きもみせ裁定買も入ったが1348に最高値211.93㌦を付後地方再生などで市場と選挙民との相違が影響し1416210.34㌦迄下落した処で反転攻勢となり大引けにかけて裁定買を誘う先物買戻が入り、小幅ながら上昇し、1500には前日比34㌣高の211.115㌦を付け大引けにかけて10月物ではコール、プットともに総じて下落し、15:15では前日比36㌣高の最安値211.13㌦を記録し、両建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅159㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.65倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▲14.89%、騰落レシオは115.19%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

0919


0919日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0919日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、Topix、日経平均、Topix先物、及び日経平均先物は続伸した。新興株19日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると昨日米国主要三指数が上昇しシカゴ日経平均先物400円高を背景にドル建て日経平均は寄付211.58㌦と高く続伸して開始を迎え戻り売りをこなし911211.15㌦と安値を付後中間期末のコーラブル貸し株買戻し、配当権利迄配当取りを手前に売り手控えとなり安倍総裁再選に渡る経済上昇期待による買戻、半導体や設備投資関連見直しやトランプ米政権が発表した中国からの輸入品への追加関税策が、税率の2段階引き上げや一部ハイテク製品の除外など柔軟な内容だったことから、安心感を誘い買いが継続し、買入を主軸とする裁定買を誘う先物買による「リバーサル戦略」が入り933212.41㌦高となり、その後は、連日の急騰に対する反動で上げ幅を縮めて裁定解消を誘う先物売が入り1105211.02㌦となりファナックや日立建機等中国関連の機械株に裁定買が先行し前場引けでは前日比263㌣高の211.64㌦を付け、1135の前場引では前日比267㌣高の211.68㌦を付け、後場1230には211.03㌦を付後、裁定買を誘う先物買による「リバーサル戦略」が入り堅調な値動きとなり1232に最高値212.19㌦迄上昇し一服後、巨大機関投資家が裁定解消を誘う先物売りで1355211.01㌦迄下げ幅拡大後、安倍首相再選で決まればアベグジットを3月に行わない事になるため、為替が1ドル=112円前後と円安傾向で推移しバリュー銘柄がグロース銘柄を上回り資金が供給され大幅な裁定買を誘う先物買による「リバーサル戦略」が入り1401211.37㌦迄回復上昇し付け後、戻り売りや利食いに会い、1500には前日比184㌣高の210.85㌦を付け大引けにかけて10月物ではコールが総じて上げ、プットはおおむね下落し、15:15では前日比176㌣高の最安値210.77㌦を記録し、両建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅142㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.64倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▲15.23%、騰落レシオは109.16%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0918


09月18日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、Topix、日経平均、Topix先物、及び日経平均先物は続伸した。新興株18日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると先週末で米国株価が下落したがこの米株を米中貿易摩擦で利食いたい巨大機関投資家が多くなり資金の逃避先で材料のある日本に以前空売りしていた投資家が買い戻しに来た。日本では先週の金曜日が空売り比率ではピークで来週巨大機関投資家が買い越せば年間高値を取りやすくなる見込みがある。売り圧力が弱まるかどうかで分かり5日線がピークからボトムまで行く過程で巨大機関投資家が買い始めれば上昇相場継続とみて良いのだろうが米中貿易戦争の谷間でどう動くのかが身をとしてはいけない点である。これを背景にドル建て日経平均は小幅に反落して9:00に206.32㌦で三連休明け寄付き始まり、米トランプ大統領が第三弾の中国への制裁を発動するという報道を受け主力株を中心に売りが先行し寄付き直後9:02の206.27㌦を最安値とし下げ幅限定的でスケジュール感がはっきりし売り一巡後投資家心理が改善し上げ幅を広げ裁定買を誘う先物買による「リバーサル戦略」が入り11:15に206.76㌦まで上昇する局面もみられた。前場引けでは前日比2㌦12㌣高の208.54㌦を付け、11:35の前場引では前日比2㌦16㌣高の208.58㌦を付け、後場12:30には209.12㌦を付後、裁定買を誘う先物買による「リバーサル戦略」が入り堅調な値動きとなり12:36に最高値209.66㌦迄上昇し一服後、13:29に209.07㌦迄下げ幅拡大後、安倍首相再選で決まればアベグジットを3月に行わない事になるため、為替が1ドル=112円前後と円安傾向で推移しバリュー銘柄がグロース銘柄を上回り資金が供給され大幅な裁定買を誘う先物買による「リバーサル戦略」が入り14:00に209.64㌦迄回復上昇し付け後、戻り売りや利食いに会い、15:00には前日比2㌦76㌣高の209.18㌦を付け大引けにかけて10月物ではコールは上昇し、プットは下落し、15:15では前日比2㌦59㌣高の209.01㌦を記録し、両建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅3㌦39㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.52倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▲12.22%、騰落レシオは109.31%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0914


09月14日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、Topix、日経平均、Topix先物、及び日経平均先物は続伸した。新興株14日の日経ジャスダック平均 は続伸したが、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると米国主要三指数がすさまじく上昇した。トルコ中央銀行等資源国通貨の脆弱性はどうしても否めないという事で利上げしたが資金が米国に流入しクロス円も含めドル高になった。これにより新興国通貨安への不安感がやや後退したほか、米国が中国に貿易摩擦回避に向けた閣僚協議の再開を打診したとの報道を受けて通商問題への警戒感が和らいだことで、投資家心理が上向きリスクを取る動きが強まったと見られ、これを背景にドル建て日経平均は大幅に反発して9:00に205.63㌦で寄付き始まり、寄付き直後9:18の205.03㌦を最安値とし上げ幅を広げ裁定買を誘う先物買による「リバーサル戦略」が入り11:29に206.03㌦まで上昇する局面もみられた。前場引けでは前日比1㌦17㌣高の206.01㌦を付け、11:35の前場引では前日比1㌦12㌣高の205.96㌦を付け、後場12:30には205.96㌦を付後、東京市場は三連休前でもあり、来週には日米通商協議の2回目の会合が予定されており、日米貿易摩擦に対する警戒感もくすぶっており、日経平均は約4カ月ぶりに12:55に206.08㌦を回復したものの、戻り売りや総理による「日銀も長期緩和継続はしない方が良い」という報道を受けドル売りが開始されドル安円高になり13:30にドル安一服後205.66㌦を付けたが時間外取引での米国株価指数先物の堅調推移や、為替が1ドル=112円前後と円安傾向で推移しシクリカルな半導体や機械セクター等に資金流入していることも支援材料に繋がった事を受け裁定買を誘う先物買戻に値する「リバーサル戦略」が入り14:57に206.55㌦と最高値を記録し、15:00には前日比1㌦62㌣高の206.46㌦を付け大引けにかけて10月物ではコールが軒並み上昇し、プットは総じて下落し、15:15では前日比1㌦58㌣高の206.42㌦を記録し昨日の下落分を埋め、両建て日経平均は続伸した。本日のオプションSQ確定値は日経平均型が23,057.94円でTopix型が1722.98pとなり底打ち感が発生し 週末調整感はあるが終値が円建日経平均でSQ値越えとなった。チャート的には移動平均線でのコストを収束して需給で費用を消費し収束している移動平均線を発散し易くなっており売買代金が復調すると現在保合放れになっている状況から移動平均線が発散に向かうので株価上昇が11月に向け期待できるようになった。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦52㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.28倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▲8.25%、騰落レシオは96.81%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0913


0913日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0913日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、Topix、日経平均、Topix先物、及び日経平均先物は反発した。新興株13日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると米国が中国に新たな通商交渉の実施を提案していることが報じられたことが安心感に繋がりこれを背景にドル建て日経平均は小幅に反発して900203.75㌦で寄付き始まり、寄付き直後の203.65㌦を最安値とし上げ幅を広げ裁定買を誘う先物買による「リバーサル戦略」が入り920205.32㌦まで上昇する局面もみられた。ただし、半導体株の弱さが上値の重石となっているほか、先物・オプション特別清算指数算出を控え裁定解消を誘う先物売りが入り、前場引けでは前日比2㌦01㌣高の204.70㌦を付け、1135の前場引では前日比199㌣高の204.68㌦を付け、後場1230には204.65㌦を付後、米中貿易摩擦の過度な警戒感が和らぎ中国・上海株の上昇等も材料視され1311204.91㌦迄裁定買を誘う先物買で「リバーサル戦略」で買戻され戻り売りや「カバードコール戦略」が入り1410204.53㌦迄下落したがすぐに買戻しに値する「リバーサル戦略」が入り1440204.86㌦を付け下げ渋り下値を切り上げ、1500には前日比211㌣高の204.80㌦を付け大引けにかけて9月物ではコールがおおむね上昇し、プットは総じて下落し、15:15では前日比215㌣高の204.84㌦を記録し昨日の下落分を埋め、両建て日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅167㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.15倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▲4.81%、騰落レシオは88.51%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0912


09月12日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、Topix、日経平均、Topix先物、及び日経平均先物は反落した。新興株12日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると昨夜の米国市場上昇や米ドルが円安であったことを背景にCME日経平均先物に鞘寄するようにドル建て日経平均では9:00に203.39㌦と高値寄付後、9:01に203.48㌦と最高値となりました。その後半導体指数下落を受けて半導体関連銘柄や機械株銘柄に裁定解消を誘う先物売りに値する「カバードコール戦略」が入り、11:09には202.05㌦と徐々に下げ幅拡大し最安値を更新し買戻され、前場引けでは前日比89㌣安の202.50㌦を付け、11:35の前場引では前日比89㌣安の202.50㌦を付け、後場12:30には202.28㌦を付後、早くとも米国とカナダの通商交渉は月末まで続く見通しでその行く末を確認したいほか、2回目の日米通商協議が21日を軸に開催される方向と報じられたこともあり裁定買が入った後裁定解消が入るという保合相場化し大引け直前では日銀のETF買期待や金曜日のMSQに向け裁定買戻に当る「リバーサル戦略」が入り下げ渋り下値を切り上げ、15:00には前日比70㌣安の202.69㌦を付け大引けにかけて9月物ではプット、コールとも下落が目立ち、15:15では前日比70㌣安の202.69㌦を記録し昨日の上昇分を埋め、両建て日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦43㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per12.99倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▲2.01%、騰落レシオは84.03%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0911


09月11日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、Topix、日経平均、Topix先物、及び日経平均先物は続伸した。新興株11日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると米半導体株高や円安を好感してドル建て日経平均では9:00に202.19㌦で寄付後、裁定買を誘う先物買である「リバーサル戦略」が入り10:35には202.35㌦迄早い段階で回復すると半導体関連や値嵩銘柄上昇が一服すると戻り売りに会い10:50に202.59㌦を付け買戻に転じ「リバーサル戦略」が入り、前場引けでは前日比1㌦16㌣高の202.81㌦を付け、11:35の前場引では前日比1㌦18㌣高の202.83㌦を付け、後場12:30には203.08㌦を付後、現物の後場寄り付き後に継続して「リバーサル戦略」が入り13:28に203.40㌦と高値が付き一服すると14:20迄裁定解消を誘う先物売りに値する「カバードコール戦略」で下げ幅拡大し14:20に203.00㌦迄下落後、為替が1ドル111円40銭台と円安方向に推移したことや相次ぐ災害の復旧が進んでいること、自民党総裁選を巡る政策期待の高まりが買い安心感に繋がり買戻である「リバーサル戦略」を誘い14:59に最高値203.42㌦を更新し、15:00には前日比1㌦73㌣高の203.38㌦を付け大引けにかけて9月物ではコールがおおむね上昇し、プットは総じて下落し15:15では前日比1㌦74㌣高の203.39㌦を記録し両建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦23㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.01倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▲2.84%、騰落レシオは87.44%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0910


0910日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0910日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、Topix、日経平均、Topix先物、及び日経平均先物は反発した。新興株10日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとトランプ米大統領が前週末、中国製品に対する制裁関税を追加する準備があると発言したことから、米中貿易摩擦激化への警戒感が広がり、今朝のドル建て日経平均株価は寄付で96㌣安い200.62㌦で開始し寄付き直後901に最安値200.60㌦を更新後、先週末の雇用統計が利上げを後押しする内容から若干円安が進むといった処から輸出関連株に裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り955201.64㌦迄上昇し、「カバードコール戦略」が入り1021201.12㌦と下げ幅拡大しその後さらに米金利上昇による金融株の裁定買を誘う先物買戻即ち「リバーサル戦略」が入り1040201.39㌦を付け「カバードコール戦略」が入り11034-6月のGDP改定値が市場予想を上回った事でプラスに転じ「リバーサル戦略」が入り1115201.28㌦迄下げ幅を値締め、前場引けでは前日比42㌣安の201.16㌦を付け、1135の前場引では前日比48㌣安の201.10㌦を付け、後場1230には201.31㌦を付後、1245201.48㌦迄下げ幅縮小し、その後戻り売りや「カバードコール戦略」が行われ1337201.20㌦迄下げ、時間外でNY先物上昇を受け裁定買を誘う「リバーサル戦略」が入り、1459に最高値201.84㌦を記録後、「カバードコール戦略」が入り、1500には前日比03㌣高の201.61㌦を付け大引けにかけて9月物では期近物から期先物へのロールオーバー(乗り換え)について、市場では「順調に進んでおりコール、プットともに下げが目立ち15:15では前日比7㌣高の201.65㌦を記録し両建て日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅124㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per12.88倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では割安の▽1.05%、騰落レシオは89.63%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

0907


09月07日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、Topix、日経平均、Topix先物、及び日経平均先物は続落した。新興株07日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると今朝のドル建て日経平均株価は寄付で32㌣高い202.31㌦で開始し寄付き直後9:03に最高値202.52㌦を更新後、台風や北海道地震が景気等に与える影響による警戒感が燻る中、前日米国市場で半導体大手を含む銘柄が大幅下落したことやトランプ大統領の報道により日米の貿易摩擦問題が改めて意識され自動車等の輸出関連銘柄や半導体関連銘柄に至る迄裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入り、売りが先行して10:18に201.01㌦迄下げ幅拡大後、上海株がプラス圏で推移したことを支えに裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り下げ幅を縮小し11:01に201.62㌦をつけその後一時中国上海株がマイナスに転じた事を背景に「カバードコール戦略」が入り、前場引けでは前日比64㌣安の201.35㌦を付け、11:35の前場引では前日比69㌣安の201.30㌦を付け、後場12:30には201.08㌦を付後、12:41に200.64㌦迄下げ幅拡大後切返し、結局後場は裁定買を誘う先物買に加え日銀ETF買が加わり14:59に大引直前高値201.96㌦迄回復し裁定解消を誘う先物売が入り、15:00には前日比27㌣安の201.72㌦を付け大引けにかけて9月物ではコールが総じて下落しプットはおおむね上昇し15:15では前日比41㌣安の201.58㌦を記録し心理的な節目である202㌦台は割込み両建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦88㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per12.84倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▽1.95%、騰落レシオは84.99%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0906


09月06日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、Topix、日経平均、Topix先物、及び日経平均先物は続落した。新興株06日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると台風21号による豪雨で関西国際空港が閉鎖に追い込まれる等インバウンド需要に陰りが出てくるのではないかとの警戒感が高上に加え5日の米国市場では、米中間選挙を前にSNS規制が厳しくなるとの思惑からフェイスブック等のSNS株が売られ、大手ハイテク株が軒並み下落したが、再開されたカナダとの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を見極めたいとの思惑から下値も限られ、これらに加え今朝方発生した北海道地震が投資マインドを一段と冷え込ませる一因になり、ドル建て日経平均では9:00に201.53㌦と寄付開始となり寄付直後9:03に201.28㌦と最安値を更新後、円相場が一時円安に推移し下値は限定的となり裁定買を誘う先物買に値する「リバーサル戦略」が入り9:30に202.43㌦迄回復後、ハイテク銘柄や度重なる災害の影響が巨大機関投資家心理全体の重しとなり裁定解消を誘う秋物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入り10:16に201.68㌦迄下げ幅拡大しドル安一服後、裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り10:37に202.45㌦迄上昇後、戻り売りに会い10:56に202.06㌦迄下げ幅拡大し日銀ETF買期待観測から「リバーサル戦略」が入り買戻され、前場引けでは前日比14㌣安の202.41㌦を付け、11:35の前場引では前日比07㌣安の前場引間際に最高値202.48㌦を付け、後場12:30には202.23㌦を付後、12:38に202.01㌦で、切返し、災害復興関連銘柄には個人投資家や巨大機関投資家による値幅取りの動きもみられ13:25に後場寄付後高値202.29㌦を付けたがリスク回避の動きや目先の利益を確保する動きが拡大しまた、半導体等のサプライチェーンへの影響も考えられ、米通商政策の動向も依然として気掛かり材料となる事から裁定解消を誘う先物売に値する「カバードコール戦略」が入り14:10に大引け直前安値201.96㌦を付け日銀ETF買が原動力となり「リバーサル戦略」が入り14:59に高値202.18㌦を付後「カバードコール戦略」が入り、15:00には前日比56㌣安の201.99㌦を付け大引けにかけて9月物ではコールがおおむね下落し、プットは総じて上昇し15:15では前日比56㌣安の201.99㌦を記録し心理的な節目である202㌦台は割込んだが両建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦20㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per12.89倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲0.42、騰落レシオは83.31%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

0905


0905日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0905日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、Topix、日経平均は続落したが、Topix先物、及び日経平均先物は反落した。新興株05日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均では小幅に続落して203.33㌦と寄付開始となった。寄付直後907203.49㌦と最高値を更新後本日からの米国NAFTA協議再開を控えまして米国の通商政策の先行き不透明感が高まった他、トルコやアルゼンチン等新興国通貨下落が重しとなりこれらを受けドル建て日経平均では寄付後裁定解消を誘う先物売に値する「カバードコール戦略」が入り下げ幅を拡大し1010202.70㌦迄下げましたがドル円相場が一時円安に推移し下値は限定的となり個別では8月国内既存店売上高を発表し前日比8.8%増と膠着だったファーストりテアリングが上昇し1銘柄で58円押上げたのを受け、裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」を受け1030202.35㌦迄回復し、また、場中に発表されました8月財新版製造業PMIが市場予想を下回りまして前月からも低下し裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入り、前場引けでは前日比101㌣安の202.86㌦を付け、1135の前場引では前日比101㌣安の202.86㌦を付け、東京市場の昼休みから亜細亜株式市場が下げ幅を拡大し後場1230では最安値202.36㌦を付後、1231202.87㌦で開始したが昨日からの台風21号の影響で訪日外国人客が減少するとの懸念が広がり関西空港が閉鎖となり復興期待需要等米中やNAFTAに関係ない特需期待や中国の合弁事業を解消すると発表したスズキの堅調から好感され裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り1400203.19㌦迄回復したが、引き続きのスルガ銀行やTAKERU問題等不動産証券化商品問題題や当局による不動産取引に関する調査等融資姿勢の厳格化による警戒感により問題視され「カバードコール戦略」が継続して入り、1500には前日比134㌣安の202.53㌦を付け大引けにかけて9月物ではコールがおおむね下落し、プットが総じて上昇し15:15では前日比132㌣安の202.55㌦を記録し両建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅113㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per12.96倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲1.65%、騰落レシオは88.42%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0904


09月04日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。09月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、Topix、日経平均は続落したが、Topix先物、及び日経平均先物は反発した。新興株04日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると、3日米国がレイバーデイの祝日で休場となり売買材料乏しい中、ドル建て日経平均では204.71㌦で寄付小動きし開始を迎えた。その直後高値204.73㌦を付後、下落に転じ裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入り9:18に寄付後最安値203.87㌦を付後ドル安一服からプラスに転じ裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略により買戻加速化し10:00に最高値204.42㌦を付後、戻売や利益確定に押され、10:30に203.91㌦を付後、安倍首相再選による安心感や中間決算上振れ期待から10:55に「リバーサル戦略」が入り204.76㌦を付け「カバードコール戦略」に変わり入り、前場引けでは前日比44㌣安の204.27㌦を付け、11:35の前場引では前日比88㌣安44㌣安の204.27㌦を付け、後場12:30では204.15㌦を付け米国ISM製造業景況感指数等の発表を控えて12:35に204.04㌦迄下落後12:36に警戒感から上値が重くなり下落に転じ「カバードコール戦略」が入り13:21に203.79㌦と最安値を記録後、13:30と14:20に陽線二本が出現し逆三尊底になった為、「リバーサル戦略」が入り14:35に大引け直前高値となり204.30㌦と復活しスルガ銀行やTAKERU問題等不動産証券化商品問題題や当局による不動産取引に関する調査等融資姿勢の厳格化による警戒感により問題視され「カバードコール戦略」が入り、15:00には前日比59㌣安の204.12㌦を付け大引けにかけて9月物ではコールが高安まちまちでプットはおおむね下落し15:15では前日比84㌣安の203.87㌦を記録しドル建て日経平均は続落した。本日はリバランスでの国内巨大機関投資家の買いが膨らまなかったため上昇できなかった。ドル建日経平均変動幅は高安値幅97㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.07倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲3.15%、騰落レシオは86.30%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0903


0903日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0903日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は反落したがTopix、日経平均、Topix先物、及び日経平均先物は続落した。新興株03日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均では本日5日線を上回ることなく推移し、陰線を引いて取引を終え一時的調整局面入りに注意すべきで、昨日は長・短期金利差逆転があり加えて米国とカナダの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉が予想に反して合意に至らず、貿易摩擦による警戒感が増し投資家心理悪化により900205.33㌦で寄付後、205.34㌦と寄付直後高値を形成後、裁定解消を誘う先物売に値する「カバードコール戦略」を仕掛ける巨大機関投資家が多い事から938に前場引前安値204.71㌦を付け、一方でシンガポールのIT企業への出資を発表した材料株や目標株価引き上げ観測の銘柄等材料銘柄に裁定買の先物買即ち「リバーサル戦略」が入り1056に最高値205.48㌦迄戻し戻り売りで1110205.04㌦迄下げ幅拡大し陽線形成から二本の差込線状況になった事から1126205.35㌦を付後、利益確定や「カバードコール戦略」等を熟し、前場引けでは前日比93㌣高の205.11㌦を付け、1135の前場引では前日比88㌣高の205.16㌦迄下げ、後場1230では205.10㌦を形成後から継続して入り、下げ幅拡大し1254に最安値204.64㌦を記録後、ドル高一服から、「リバーサル戦略」が入り1310204.95㌦を付後、中国株が軟調に推移し亜細亜株下落傾向であったことも重荷となり裁定解消を誘う先物売に匹敵する「コンバージョン戦略」が入り1352204.66㌦迄下げ幅拡大しドル高一服から「リバーサル戦略」が入りTopixリバランスで、ボラティリティの高い国の株を売却しボラティリティの低い国の株を買うリスクパリティ買が入り特に欧州系証券がこの手の巨大機関投資家から資金集めを行った為、1500には前日比131㌣安の204.73㌦を付け大引けにかけて9月物ではコールはおおむね下落し、プットは総じて上昇し15:15では前日比133㌣安の204.71㌦を記録しドル建て日経平均は反落した。本日はリバランスでの国内巨大機関投資家の買いが膨らまなかったため上昇できなかった。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦82㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.10倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲3.31%、騰落レシオは84.64%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

0831


08月31日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月31日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は反発したがTopixは続落し、日経平均、Topix先物、及び日経平均先物は反落した。新興株31日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均では昨日は長期金利差ピークアウトで景気後退懸念が国内巨大機関投資家である保険会社も含め発生し総売りとなり欧州株軟調で米国株反落となったのを受け、9:00に204.80㌦で寄付開始を迎え、昨日に継続してTopix有働株比率見直や米中貿易摩擦再懸念即ち対中関税報道に加え中国株がさえない値動きとなったため国内巨大機関投資家の中で戻り待ちの動きが出て「カバードコール戦略」を行う者が多い事から9:12に204.47㌦迄下げ幅拡大し易くなったのに対し、中国の8月製造業PMIが市場予想を上回ったことで世界景気に対する懸念が後退し輸入企業によるドル需給が高くなりドル安一服を受け値嵩銘柄等に資金が戻り裁定買を誘う先物買戻による「リバーサル戦略」が入り、10:54に205.92㌦迄戻し戻り待ち売りに会い、前場引けでは前日比92㌣高の205.73㌦を付け、11:35の前場引では前日比90㌣高の205.71㌦迄下げ、後場12:30では205.76㌦を形成後から、カナダ、米国とメキシコとのNAFTA再交渉と中国下げ幅縮小し反発上昇に転じ13:05に206.23㌦を付後「コンバージョン戦略」があり13:30には安値205.73㌦を付後、「リバーサル戦略」が入り14:42に最高値206.27㌦を付け、Topixリバランスでボラティリティの高い国の株を売却しボラティリティの低い国の株を買うリスクパリティ買が入り特に欧州系証券がこの手の巨大機関投資家から資金集めを行った為、15:00には前日比1㌦25㌣高の206.06㌦を付け大引けにかけて9月物ではコール、プットともに下落が目立ち15:15では前日比1㌦23㌣高の206.04㌦を記録しドル建て日経平均は反発し週間では2週上昇し月間でも3か月上昇し週間月足確りのため9月以降上昇兆しと考えられる。本日はリバランスでの国内巨大機関投資家の買いが膨らまなかったため上昇できなかった。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦80㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.20倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲5.43%、騰落レシオは88.08%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0830


08月30日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月30日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均とTopixは反落したが、日経平均、Topix先物、及び日経平均先物は続伸した。新興株30日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均では前日米国株高や円安ドル高進行を受けて続伸して9:00に206.10㌦で寄付開始を迎え寄付直後心理的節目である高値206.15㌦迄上昇し最高値更新後、中国株がさえない値動きとなったため国内巨大機関投資家の中で戻り待ちの動きが出て「カバードコール戦略」を行う者が多い事から9:30に205.44㌦迄下げ幅拡大したのに対し輸入企業によるドル需給が高くなりドル安一服を受け値嵩銘柄等に資金が戻り裁定買を誘う先物買戻による「リバーサル戦略」が入り10:10に205.99㌦迄戻したが、国内債券市場では入札に絡んだ売りを背景に10年債利回りが0.105%水準に迄上昇し金利上昇への警戒感が共通して持たれ国内金利の上昇に過剰な反応をみせシカゴの日経平均先物が強い動きを寄り付き前に見せていただけに、先物でロングを抱えた巨大機関投資家の投げが裁定解消を誘う先物売りにより「カバードコール戦略」が出て10:52に204.76㌦と前場引直前安値を叩き出し、前場引けでは前日比53㌣安の205.01㌦を付け、11:35の前場引では前日比53㌣安の205.01㌦を記録し、後場12:30では204.57㌦と最安値を形成後から開始し根本的には米中懸念が払拭できないことが重しであり、日本株は中国株安の影響から逃れにくくなり裁定買を誘う先物買である「リバーサル戦略」が入り13:50に205.21㌦は付けるが伸び悩み膠着感を強め裁定解消を誘う先物売りに値する「コンバージョン戦略」を行う者も多い事から、15:00には前日比69㌣安の204.85㌦を付け大引けにかけて9月物ではコールが総じて買われ、プットはおおむね下落し15:15では前日比73㌣安の204.81㌦を記録し円建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦58㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.25倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲5.52%、騰落レシオは92.70%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0829


08月29日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は反発したが、日経平均、Topix、Topix先物、及び日経平均先物は続伸した。新興株29日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均では前日米国主要三指数が揃って上昇したことを背景に好感して小幅続伸で9:00に205.33㌦で寄付ました。背景には米国8月消費者信頼感指数が市場予想を上回りまして2000年12月以来の高水準になった事や小売り大手の好決算を受けまして米国経済の力強さが確認された事を受けまして日本市場では景気敏感セクターに資金流入が起こりまた、米国ナスダック市場が過去最高を更新した事からハイテク銘柄にも上昇が見られ裁定買を誘う先物買戻に値する「リバーサル戦略」が入り、前場引けでは前日比1㌦33㌣高の206.41㌦を付け、11:35の前場引では前日比1㌦28㌣高の206.36㌦を記録し、後場12:30では206.21㌦から開始しドル建て日経平均の上げ幅は1㌦8㌣以上拡大も見荒れこれは自動社株買にも波及しました。一方でバルチック海運指数も上昇し、海運セクター上昇が見られたが二月三月決算の配当日落ちで小売りセクターで戻り売りや利確があり「カバードコール戦略」が入り14:06に205.34㌦迄下落幅が拡大し裁定買(「バーサル戦略」)が入ることで14:58に205.76㌦迄上昇し、15:00には前日比48㌣高の205.56㌦を付け大引けにかけて9月物ではコールは上昇が目立ち、プットは総じて下落し15:15では前日比46㌣高の205.54㌦を記録し両建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦08㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.28倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲5.29%、騰落レシオは96.82%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0828


08月28日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は反落したが日経平均、Topix、Topix先物、及び日経平均先物は続伸した。新興株28日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると、米国金利が上昇継続し北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を巡り、米国とメキシコが大筋合意したことを受けて貿易摩擦への懸念が後退し米国主要三指数高を背景にドル建て日経平均では9:00に206.65㌦と続伸して開始を迎え、9:05に206.93㌦を最高値となり達成感や戻待売圧力に加え中国上海相場の朝高後上値の重さに押され「カバードコール戦略」が入り11:23に前場引直前安値206.01㌦を付け、前場引けでは前日比81㌣高の206.11㌦を付け、11:35の前場引では前日比83㌣高の206.13㌦をつけ、後場12:30では205.80㌦から開始し中国上海相場の株安促進、人民元安を背景に先物でのショートカバーも13:27に205.79㌦で止まり一部欧州系の巨大機関投資家による買戻しが注目されたが続かず「カバードコール戦略」が入り、15:00には前日比3㌣高の205.33㌦を付け大引けにかけて9月物ではコールは高安まちまちでプットは軒並み下落し15:15では前日比22㌣安の最安値205.08㌦を記録し円建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦85㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.23倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲4.87%、騰落レシオは95.60%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0827


08月27日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均とTopix、日経平均、Topix先物、及び日経平均先物は、続伸した。新興株27日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると、ドル高傾向は継続しドル建て日経平均ではチャート上日足では投資家短期売買費用、需給線及び景気線を同時に抜け、週足では13週移動平均線と26週移動平均線が強気印(ゴールデンクロス)出現でドル建て日経平均に底入れ機運が発生し更にNYダウ反発、S&Pとナスダックが最高値更新し時間外NYダウが株高となった事を背景に9:00に203.93㌦と続伸して開始を迎え、9:01に203.83㌦を最安値として記録したが三指数過去最高を好感し原油が上昇し、FRB議長が穏当な利上げ見通しを示しトルコ情勢も安定の兆しが差した事から、リスク選好と捉えた巨大機関投資家の中では現物売却後割安先物買戻しによる裁定買を誘う「リバーサル戦略」を行う者が多く出た事から11:23に前場引直前高値205.18㌦を付け戻売や「コンバージョン戦略」が入り、前場引けでは前日比2㌦17㌣高の205.05㌦を付け、11:35の前場引では前日比2㌦12㌣高の205.00㌦をつけ、後場12:30では205.11㌦から開始し中国国家統計局発表による7月の工業利益が前年同月比16.2%増の5151億元(約8兆4000億円)と、大幅に増加したことも投資家心理面でプラスに働き、為替市場の円安や中国・上海株堅調で相場の先行き警戒が後退し、米コア資本財受注が予想以上に伸び、設備投資が拡大する可能性があると捉えられ日本市場には波及すると考えた巨大機関投資家の間で更なる裁定買を誘う「リバーサル戦略」を仕掛けるものが多かったため中国関連銘柄にも資金が入り198㌦から203㌦迄の保合相場化を脱し14:05に最高値205.56㌦を付け6月以来の陽線高値更新となり買戻加速による先高観が出現し株高期待も持たれ、15:00には前日比2㌦48㌣高の205.36㌦を付け大引けにかけて9月物はオプションより23,000円コール以上が積み上がる先高観の出現よりコールが総じて上昇し、プットは軒並み下落し15:15では前日比2㌦42㌣高の205.30㌦を記録し両建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦77㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.19倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲4.74%、騰落レシオは98.84%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0824


08月24日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均とTopixは反発したが、日経平均、Topix先物、日経平均先物は、続伸した。新興株24日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は米株は下落したがドル高を支えにする好業績繁栄の格好で買戻即ち「リバーサル戦略」が入り、これらを背景に9:00に201.92㌦と続伸して開始を迎えたが、9:01に202.14㌦を寄付直後高値として記録し買先行となったが米政権「バッドニュース」頻発を受け警戒感は根強く年金基金やアジアにおけるロングショート型ヘッジファンド(投資ファンド)の2社閉鎖による裁定解消を誘う「カバードコール戦略」が値嵩銘柄中心に入り9:24に201.63㌦と安値を付け中国株堅調を受け再度裁定買を誘う先物買戻が入り10:18に202.06㌦と高値を再度確認後上値が重くなり裁定解消を誘う「カバードコール戦略」が入り11:03に20172㌦と前場引前安値を付けドル高一服から裁定買いが入り11:15に201.96㌦と買戻を形成後裁定解消が入り、前場引けでは前日比29㌣安の201.90㌦を付け、11:35の前場引では前日比32㌣安の201.87㌦をつけ買い渋られ、後場12:30では202.00㌦から開始し為替市場の円安や中国株堅調で相場の先行き警戒がやや後退する中、2社の亜細亜閉鎖投資ファンドの閉鎖目的での決済買戻による「リバーサル戦略」や米金利上昇期待で為替市場ではドルが買われ、ドル・円相場は1ドル=111円30ー40銭台と、東京株式市場の昨日終値時点の110円88銭から円安に振れ円安による業績期待を反映する格好で、値嵩銘柄中心に裁定買が入り、主要輸出企業の今期想定為替は1ドル=105円が多く、現状では6円ほど計画に対しのりしろがあり1円の円安は経常利益を0.43%押し上げるため、上期決算発表時に通期計画が上方修正されるとの期待があることも含め指数主導の上昇で、為替と連動してプログラム的な指数買戻が先物で行われ内需グロース株や小型株を今月中に売らなければならないような売り圧力がピークを越えた為、ファンダメンタルズが変わらない中で需給要因から売られた割安な好業績銘柄に裁定買が入り、15:00には前日比75㌣高の202.94㌦と最高値を付け大引けにかけて9月物はコールが上昇し、プットは下落し15:15では前日比69㌣高の202.88㌦を記録し両建て日経平均は上昇した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦31㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.08倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲2.18%、騰落レシオは82.30%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0823


08月23日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月23日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均とTopixは反落したが、日経平均、Topix先物、日経平均先物は、続伸した。新興株23日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は米株高やドル高や米ナスダックの上昇を支えに電子部品、半導体関連株等に買戻即ち「リバーサル戦略」が入り、これらを背景に9:00に202.75㌦と続伸して開始を迎えたが、9:08に203.02㌦を最高値として記録し買先行となったが米中通商協議に対する警戒感は根強く裁定解消を誘う「カバードコール戦略」が入り9:53に202.14㌦と安値を付け上海株上昇を受け再度裁定買を誘う先物買戻が入り10:33に202.63㌦と高値を再度確認後上値が重くなり裁定解消を誘う「カバードコール戦略」が入り10:54に201.98㌦と前場最安値を付けドル高一服から裁定買いが入り11:15に202.34㌦と半値戻しを形成後、裁定解消が入り前場引けでは前日比43㌣安の202.18㌦を付け、11:35の前場引では前日比47㌣安の202.14㌦をつけ買い渋られ、後場12:30では202.09㌦から開始し12:31に新安値が7201.97㌦となり一方、日本時間の午後1時すぎに米国が中国製品に対し25%の追加関税を実施したほか、中国も同規模の対米報復関税を実施し、市場関係者からは「これまでに報じられており、関税第2弾の発動が株式市場に与える影響は限定的だ」との声が聞かれ織込まれ、材料視されず13:10に202.34㌦を付後14:10迄売られ11月の首脳会談に向けての貿易問題に関する米中次官級協議の2日目の行方や米カンザスシティー連銀主催のジャクソンホール会合を控えているだけに、積極的な売買を手掛ける向きは少なく、14:43に202.26㌦迄上昇後、裁定解消を誘う「カバードコール戦略」が入り14:58に201.99㌦迄下落し買戻され、15:00には前日比48㌣安の202.13㌦を付け大引けにかけて9月物はコールがおおむね上昇し、プットは総じて下落し15:15では前日比42㌣安の20219㌦を記録し円建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦05㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.00倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▽0.37%、騰落レシオは86.49%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0822


08月22日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、さらにTopix先物、日経平均先物は、続伸した。新興株22日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均は米株高やドル高を背景に9:00に202.25㌦と続伸して開始を迎えたが、朝方のトランプ大統領選挙資金に関する弁護士による司法取引でリスクと捉えられ裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール戦略」が巨大機関投資家の中でも意識され行われた事から9:15に201.31㌦と下落後最安値を更新し、米国市場では半導体が上昇したのを手掛かりに半田黄体を含め輸出関連に裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」が行われ10:03に前場高値として202.44㌦を付けた後、ドル安が一服したが米中通商協議の再開等次官級の協議により様子見姿勢やイベントトリブンが主流となり「カバードコール戦略」が行われ10:55には前場引直前安値201.92㌦迄下落し巨大機関投資家の中での懸念からドルが買い戻され11:25には202.35㌦迄買戻され前場引けでは前日比37㌣高の202.33㌦を付け、11:35の前場引では前日比40㌣高の202.36㌦をつけ買い渋られ、後場12:30では202.32㌦から開始しドル安一服で12:47に最高値202.66㌦を付後、上値を重くする要因としてのスルガ銀行問題や大統領の弁護士による司法取引で米株価指数先物の下落が日本株の重しとなり13:30に202.24㌦迄下落したがドル安一服後、米国の自動車関税の導入是非を判断する調査報告書について、当初予定してた8月中の提出が遅れる見通しだとする内容のロス米商務長官とのインタビューを米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報道により巨大機関投資家による裁定解消に歯止めをかける誘因となった事で自動車株を中心とする過剰売却気味銘柄に悉く買戻に当る「リバーサル戦略」が入り日経平均やTopixを押上げ、15:00には前日比58㌣高の202.54㌦を付け大引けにかけて9月物はコールが買われプットは売られ15:15では前日比65㌣高の202.61㌦を記録し両建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦35㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.35倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▽1.08%、騰落レシオは83.85%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0808


0808日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0808日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は続伸し、日経平均、Topix、さらにTopix先物、日経平均先物は、反落した。新興株08日の日経ジャスダック平均は反発したが、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると、日米新貿易協議(FFR)への警戒が重しとなる中、米通商代表部(USTR)が日本時間8日早朝、160億ドル相当の中国製品に25%の追加関税を23日から課すと発表したことで、朝方は米中貿易摩擦の激化が懸念されたが、影響は限定的だった事で安心感が出て連日の米国株高や為替の落ち着きが安心材料となり、ドル建て日経平均は203.57㌦で寄付、901に寄付直後安値203.41㌦を記録後前日比1.08㌦を超える上昇幅を930に付け寄付き後高値204.31㌦を記録後、戻り売り等による保合相場化し1030に前場引直前安値203.83㌦迄下げ、好決算銘柄による報道期待から裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」が入り1050204.40㌦迄上げ幅拡大し調整され前場引けでは前日比49㌣高の202.69㌦を付け、1135の前場引では前日比64㌣高の204.27㌦をつけ、後場1230では204.48㌦から開始はし1236に最高値204.71㌦を記録後、場中に一部決算銘柄で悪化発表がありさらにインバウンドの先行き不透明感から上海株下落も含め、これらにより失望売りに転じ更にSQ週で巨大機関投資家の中ではオプション取引での22750円以上になると空売する者から損失発生に繋がる事が困るという事で需給調整における先物調整入りで裁定解消に当る「カバードコール戦略」が行われ1349に最安値203.22㌦を付けた。その後好決算銘柄のダイキン工業など機械株、ニコンなど精密機器株に加え、「群戦略」への評価が続くソフトバンクグループは2000年以来の高値を付けるなど情報・通信株等には裁定買を誘う先物買戻に当る「リバーサル戦略」が入り、1500には前日比13㌣安の203.50㌦を付け大引けにかけて8月物はプットとコール共に売られ15:15では前日比4㌣高の203.67㌦を記録し円建日経平均は反落しドル建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦49㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.35倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲2.95%、騰落レシオは109.94%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0807


08月07日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月07日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は続伸し、日経平均、Topix、さらにTopix先物、日経平均先物は、反発した。新興株06日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると、6日の米国市場でNYダウは続伸したが、米中貿易摩擦への警戒感から上値 が重く、39ドル高にとどまった。円相場も下げ渋っており、ドル建て日経平均ではこれらを背景に9:00に3㌣高の202.95㌦と小幅続伸で開始を迎え9:02に最安値202.14㌦を付け、9:05迄裁定買を誘う先物買がソフトバンクに代表される値嵩グロース銘柄に入り202.95㌦を記録したが、米中貿易摩擦への懸念が燻り、雇用統計における雇用者数懸念や一巡後は持ち高調整売りにいったん下げに転じ低調な経済指標を材料に米国の長期金利が低下一服したことを受け、金融銘柄を中心とする値嵩関連グロース銘柄に裁定解消を誘う先物売に当る「カバードコール戦略」を行い、貿易戦争激化による景気先行き不透明感が出てきて米国は景気後退に近づいてきているとの認識を持つ巨大機関投資家がいる事から9:50に20246㌦迄下げ幅拡大しその後は、中国・上海総合指数が安定している事から、底堅く推移したこともあり、切り返しの動きを強め、裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り上げ幅拡大し10:35に前場高値203.01㌦を付け利益確定や戻り売りに会い前場引けでは前日比49㌣高の202.69㌦を付け、11:35の前場引では前日比49㌣高の202.69㌦をつけ、後場12:30では203.06㌦から開始はしたが中 国・上海株の持ち直しと共に一段高になった。さらに、裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り13:11に203.61㌦迄で上昇する場面があった。 米中通商問題懸念再燃を受け継続して裁定解消を誘う先物売りに当る「カバードコール戦略」が入った事が観測され、14:28に後場安値203.34㌦迄下落後、決算発表が相次ぐ中、中 国・上海株が上昇し日米通商交渉を控え週前半は様子見ムードが強いため裁定買を誘う先物買戻に匹敵する「リバーサル戦略」が入り、15:00には前日比1㌦38㌣高の最高値203.58㌦を付け大引けにかけて8月物はプットとコール上昇 が目立ち、共に下げが目立つ方向感が無い状況なので15:15では前日比1㌦43㌣高の203.63㌦を記録し円建日経平均は反発しドル建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦49㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.37倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲3.42%、騰落レシオは105.22%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0806


08月06日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は反発し、日経平均は反落したが、Topix、さらにTopix先物、日経平均先物は、続落した。新興株06日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均では3日米国株高を背景に9:00に91㌣高の202.60㌦と小幅続伸で開始を迎え9:15迄、裁定買を誘う先物買が入り203.08㌦を記録したが、米中貿易摩擦への懸念が燻り、雇用統計における雇用者数懸念や一巡後は持ち高調整売りにいったん下げに転じ低調な経済指標を材料に米国の長期金利が低下したことを受け、金融銘柄を中心とする値嵩関連グロース銘柄に裁定解消を誘う先物売に当る「カバードコール戦略」を行い、貿易戦争激化による景気先行き不透明感が出てきて米国は景気後退に近づいてきているとの認識を持つ巨大機関投資家がいる事から10:07に20233㌦迄下げ幅拡大しその後は、中国・上海総合指数が安く始まった後、底堅く推移したこともあり、切り返しの動きを強め、裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り上げ幅拡大し11:29に最高値203.33㌦を付け利益確定や戻り売りに会い前場引けでは前日比1㌦56㌣高の203.25㌦を付け、11:35の前場引では前日比1㌦53㌣高の203.22㌦をつけ、後場12:30では202.86㌦から開始はしたが米中通商問題懸念再燃、インドを除外し克强指数悪化による上海株の下落したのを受け継続して裁定解消を誘う先物売りに当る「カバードコール戦略」が入った事が観測され、14:45に最安値202.02㌦迄下落後、決算発表が相次ぐ中、日米通商交渉を控え週前半は様子見ムードが強いため裁定買を誘う先物買戻に匹敵する「リバーサル戦略」が入り14:59に202.32㌦迄回復したが建設銘柄の決算の悪さから裁定解消売を誘う先物売に当る「コンバージョン戦略」が入り、15:00には前日比51㌣高の202.20㌦を付け大引けにかけて8月物はプットとコールが共に下げが目立つ方向感が無い状況なので15:15では前日比51㌣高の202.20㌦を記録し円建日経平均は反落しドル建て日経平均は反発した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦31㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.46倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲1.56%、騰落レシオは95.18%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0803


08月03日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月03日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり日経平均は反発したが、ドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物、日経平均先物は、続落した。新興株03日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均ではハイテク株が上昇したのを受けハイテク関連銘柄やスズキ等好決算値嵩銘柄に裁定買を誘う先物買戻に当る「リバーサル戦略」が入ることで、9:00の202.19㌦で寄付後、9:17に最高値202.37㌦迄上昇の上株式を下支えしたが、米中貿易摩擦問題激化懸念から裁定解消を誘う先物売から来る「カバードコール戦略」が行われ巨大機関投資家による戻売を経て、10:41に201.52㌦迄下げ幅拡大後上海株が安定していた事を背景に裁定買を誘う先物買である「リバーサル戦略」が入り10:57に202.09㌦を記録後、利確や戻売による「コンバージョン戦略」が入り前場引けでは前日比8㌣高の201.85㌦を付け、11:35の前場引では前日比12㌣高の201.89㌦をつけ、後場12:30では201.62㌦から開始はしたが米中通商問題懸念再燃、インドを除外し克强指数悪化による中国経済減速を背景とする内需拡大策を取りその後日本の中国関連銘柄に利益が分配されるという懸念や後場の上海株の下落によるものに加え米国時間外先物も下落したのを受け継続して裁定解消を誘う先物売りに当る「カバードコール戦略」が入った事が観測され、12:59に201.54㌦迄下落後、場中のトヨタグループの支出低減等による集団的堅調さから来る安心感から裁定買を誘う先物買戻が入り13:27に201.90㌦迄株価回復後、今後の米国貿易収支発表における米中通商問題から来る対中貿易での赤字から来る懸念が再燃する事から「カバードコール戦略」が入り14:30に最安値201.37㌦迄下げ幅拡大したが来週からは実需中心の相場展開が期待されるために裁定買を誘う先物買戻である「リバーサル戦略」が入りこの処のレンジ相場内での上下波動を形成した為、15:00には前日比6㌣安の201.71㌦を付け大引けにかけて8月物はプットとコールが共に下げが目立つ方向感が無い状況なので15:15では前日比8㌣安の201.69㌦を記録し円建日経平均は反発しドル建て日経平均は続落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅1㌦幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.49倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲1.90%、騰落レシオは100.12%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0802


08月02日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり日経平均、ドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物、日経平均先物は、反落した。新興株02日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均では欧米株安を受け10㌣高く9:00に203.14㌦で寄付、寄付直後安値202.97㌦を9:03に付けた後、ボラタリティ指数先物は売られ14倍台になり好業績のグロース・バリュー銘柄に裁定買を誘う先物買戻に当る「リバーサル戦略」が入り9:34に最高値203.76㌦迄上昇の上株式を下支えし、米国時間から引継ぎトランプ大統領による「2000億ドル相当の中国製品に課す関税について、税率を当初発表の10%から25%に引き上げることを提案している」との牽制球を出すことで日本の長期金利上昇迄発生し金融株も一時高かったが落ち着くと米中貿易摩擦問題激化懸念から裁定解消を誘う先物売から来る「カバードコール戦略」が行われ巨大機関投資家による戻り売りを経て、前場引けでは前日比6㌣安の202.98㌦を付け、11:35の前場引では前日比06㌣安の202.98㌦をつけ、後場12:30では202.73㌦から開始はしたがインドを除外し中国経済減速による中国を含めアジア株が下落し米国時間外先物も下落しSOX指数も下落したのを受け継続して裁定解消を誘う先物売りに当る「カバードコール戦略」が入った事が観測され、14:20に最安値201.33㌦迄下げ幅拡大し「米国が中国との貿易交渉を本気で行えば、影響はしばらくして物価に出てくる。利上げが加速する環境をつくることになる」と考える巨大機関投資家がいる事から裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」が入り買戻され、15:00には前日比1㌦21㌣安の201.833㌦を付け大引けにかけて8月物はプットが総じて買われ、コールは売られたので15:15では前日比1㌦27㌣安の201.77㌦を記録し両建日経平均は反落した。ドル建日経平均変動幅は高安値幅2㌦43㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.55倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲1.85%、騰落レシオは102.56%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0801


08月01日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。08月01日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均は続伸したが、ドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物、日経平均先物は、反発した。新興株01日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均では米国と中国が全面的な貿易戦争の回避を目指して交渉再開を模索しているとのブルームバーグ報道を背景に、米中貿易摩擦が弱体化との楽感が広がり米株三指数上昇や主力ハイテク銘柄買戻による好調な企業決算を受け、9:00に202.50㌦で寄付、寄付直後最安値202.27㌦を付けた後、輸出関連銘柄等グロース銘柄に裁定買を誘う先物買戻に当る「リバーサル戦略」が入り9:20に203.09㌦迄上昇しボラタリティ指数は売られ14倍台になりその後債券売却して長期金利上昇させどこまで金利上昇が許容されるか債券ディーラーも見た為10:05に202.33㌦迄売却され改めて日銀が緩和維持と見るや円債券先物買から売りへ変更し円安になり株先物に「リバーサル戦略」が入り市場金利上昇で貸出の短期プライムレートは上昇しない事から地方銀行の儲けが少なくなることを見越して大型値嵩金融銘柄にCTCを含む巨大機関投資家が「債券先物売却後銀行を含む株式先物買戻」を行う者が多い事から10:33と11:03に202.88㌦迄保合相場化して上昇し戻り売りを経て、前場引けでは前日比10㌣高の202.77㌦を付け11:35の前場引では前日比06㌣高の20273㌦をつけ、長期金利上昇や政策金利上昇から大型好業績銘柄を筆頭として裁定買の先物買戻がバリュー銘柄にも入り世界経済動向においてはS&P500では84社好業績銘柄でS0X指数も上昇し米7月ISM製造業景況感指数が50以上のため13:58に最高値203.44㌦を記録後、米政権が、当初10%としていた2,000億ドル相当の中国製品への輸入関税を25%に引き上げる提案を計画していることが判明し貿易戦争激化への警戒感は、日本株の上値を抑える材料となり裁定解消を誘う先物売りに当る「カバードコール戦略」が入り14:44には203.00㌦を記録後裁定買が観測され14:28に203.19㌦迄買戻され戻り売りや利確が入り、15:00には前日比46㌣高の203.13㌦を付け大引けにかけて8月物はコールがおおむね上昇、プットは総じて下落したので15:15では前日比37㌣高の203.04㌦を記録し円建日経平均は続伸したがドル建て日経平均は反発となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦17㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.61倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲5.13%、騰落レシオは108.43%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0731


07月31日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月31日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり日経平均は続伸したが、ドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物、日経平均先物は、続落した。新興株31日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると、ドル建て日経平均では米株下落に加え米主力ハイテク銘柄売却を背景に日銀決定会合を控え寄付53㌣安の202.50㌦で続落開始から裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入り下げ幅広げ日経ボラテリティ指数先物が買われ9:37に最安値201.53㌦を付けその後円高一服で下げ幅値締めボラテリティが売られ裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」が入りに10:45に202.69㌦まで買戻されドル安に傾向したのを受け、ボラティ入りティ買に対し株式先物が売却され、前場引けでは前日比63㌣安の202.40㌦を付け11:35の前場引では前日比54㌣安の202.49㌦をつけ、日経Viが18倍台と買戻され、中国株安を受け企業業績に影響が出ると後場読めた巨大機関投資家の中では、後場12:30には202.35㌦で開始し日銀発表報道が13:00迄報道が規制された為、売優勢で開始するスライドスタート形式を取り、下げ幅縮小できず13:00に202.10㌦まで下押しして13:00の日銀政策決定会合を受け巨大機関投資家の中には見通しが違っていたのに気付きアルゴニズム式など訂正され「リバーサル戦略」が急遽入り13:14に最高値203.62㌦迄押し上げられた。報道の内容は既知のものに加え日銀もフォワードガイダンスを入れ、あるべき金利に誘導するという物なので先週から仕掛けられた分の巻戻しが発生し14:04に202.56㌦迄下落しボラテリティーも下落し、一方で政策の微修正が入った事に気付いた巨大機関投資家の中ではTopix リバランスによる裁定買が起こり「リバーサル戦略」を行う者もいる事から14:43に203.36㌦迄上昇し決算ピークでもありリターンリバーサルも発生し、15:00には前日比30㌣安の202.73㌦を付け大引けにかけて8月物はコール、プット共に売られたので15:15では前日比36㌣安の202.67㌦を記録し円建日経平均は続伸したがドル建て日経平均は反落となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦9㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.49倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲0.48%、騰落レシオは109.10%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0730


0730日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0730日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物、日経平均先物、日経平均は反落した。新興株30日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると、日銀決定会合を控え前週末の米株安背景にナスダック1か月ぶりの反落を受けドル建て日経平均では900203.85㌦と寄付開始したが905に最高値203.99㌦を付後、裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」が入り1002203.01㌦迄下落したが上海株の堅調な開始を受け裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家が多い事から1050203.65㌦迄値を戻し円高を受け浮動株比率見直におけるリバランス売りが値嵩株中心に「カバードコール戦略」が入り、前場引けでは前日比123㌣安の20327㌦を付け1135の前場引では前日比123㌣安の20330㌦をつけ、日経Vi18倍台と買戻され、アジア株安を受け企業業績に影響が出ると後場読めた巨大機関投資家の中では、後場12:30には最安値202.99㌦で開始し元安水準に設定されたが亜細亜株が総じて小幅安で市場心理に不安定差懸念が確認され中国懸念により日銀報道を受け、金利空高期待で金融に資金が戻り指値オペを日銀が実行した事で長期金利が若干上昇したが急激な円高にならなかった為「グロース売却後バリュー買戻」が裁定買を誘う先物買戻の形で「リバーサル戦略」が入りメガバンク堅調から14:00203.22㌦迄上昇し日銀政策決定会合発表明日に控え持高解消による戻売や利確などによる「コンバージョン戦略」が入り1441202.92㌦迄下げ幅拡大し裁定買が入り、1500には前日比147㌣安の203.03㌦を付け大引けにかけて8月物はコールが売られ、プットは上昇したので15:15では前日比147㌣安の203.03㌦を記録し両建日経平均は反落となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅116㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.59倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲2.73%、騰落レシオは106.47%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0727


0727日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0727日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物は続伸したが、日経平均先物、日経平均は反発した。新興株27日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると、前日のNYダウの反発に加えナスダック下落を受けドル建て日経平均では900203.74㌦と小幅反発開始を迎え裁定買を誘う先物買戻に当る「リバーサル戦略」が入り1030204.29㌦を付け、日銀会合控えナスダックの下落でFBやインテルが時間外で売りを受けダウにも時間外で継続売りが出るのではとの警戒感を背景に裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」が入ったが1100203.61㌦まで下落幅が広がるだけに留まり売り方も諦め買戻に当る「リバーサル戦略」が入ることで11:26までに204㌦まで上昇し戻売が入り、前場引けでは前日比5㌣安の203.94㌦を付け1135の前場引では前日比29㌣安の203.70㌦をつけ、日経Vi15倍台と下落し一目均衡表では25日前遅行線が6月高値付近に位置し同様な傾向を辿り短期調整終了を迎える形になると後場読めた巨大機関投資家の中では、後場12:30には204.19㌦で開始し日銀報道を受け裁定解消を誘う先物売即ち「カバードコール戦略」が入り下落幅が拡大し1400に日銀指値オペでTopixに買入り買戻印が出た事に巨大機関投資家が気づき1428に決算期待で買戻し「リバーサル戦略」が入りTopix先物商いが日経平均先物商いより多く、見直し効果出て、1500には前日比48㌣高の204.47㌦を付け大引けにかけて8月物はコールが売られプットは総じて小幅高だったので15:15では前日比51㌣高の最高値204.50㌦を記録し両建日経平均は反発となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅91㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.63倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲5.06%、騰落レシオは107.57%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0726


0726日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0726日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物は続伸したが、日経平均先物、日経平均は反落した。新興株26日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると、前日のNYダウの反発に対し、欧州主要市場の下落を背景に、トランプ大統領とEUユンケル委員長会談報道に加え日銀ETFの配分の調整報道によりドル建て日経平均では900204.88㌦で寄付、寄付後204.93㌦迄大幅上昇しこれが最高値となり、日銀報道等から巨大機関投資家の中では戦略配分変更を急遽行ったため日経平均先物売却後Topix先物買戻の傾向に変化した為値嵩銘柄に裁定解消を誘う先物売である「カバードコール戦略」を行う者が多い事から935203.48㌦迄下げ幅拡大し、この後円高一服で裁定買戻即ち1013204.42㌦迄上昇し日銀報道による緩和からの正常化と思われオーバーヘッジ分の買戻しも含め裁定解消が入り1106203.20㌦を付け円高一服を受け裁定買が入り1120203.90㌦迄上昇し戻り売りや裁定解消を経て、前場引けでは前日比42㌣高の203.82㌦を付け1135の前場引では前日比46㌣高の203.86㌦をつけ、日経Vi16倍台と下落し一目均衡表では25日前遅行線が6月高値付近に位置し同様な傾向を辿り短期調整終了を迎える形になると後場読めた巨大機関投資家の中では、後場12:30には203.70㌦で開始し上海に併せ小安くなり前場の範囲を追随する形となり決算発表が良好なものや材料銘柄に資金流入が多くなり即ち「リバーサル戦略」が入り1400204.01㌦を付後戻り売りが入り1420203.82㌦を付後円高一服から裁定買が入り1429204.15㌦を付家後、円高となり「コンバージョン戦略」が入り、15:00に前日比71㌣高の204.11㌦を付け、大引けにかけて8月物はコールが売られプットは総じて小幅高だったので15:15では前日比59㌣高の大引直前高値203.99㌦を記録しドル建日経平均だけは続伸となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅145㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.49倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲3.51%、騰落レシオは101.92%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0725


0725日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。0725日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均先物、日経平均、Topix、さらにTopix先物は続伸した。新興株25日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると、前日のNYダウの反発や、欧州主要市場の堅調さを背景に、ドル建て日経平均では900203.09㌦で寄付後、トランプ大統領とEUユンケル委員長会談に加え中国政策期待から裁定買を誘う先物買戻が先行し、916に寄付直後高値203.45㌦迄買いが波及後上値で自律反発の範囲内で米欧首脳会談で対立が深まり、自動車関税の話が蒸し返された場合はまた崩れかねなくSOX指数下落を受けた懸念から裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」を行う巨大機関投資家が多い事から1003202.81㌦迄下落し陸運業や水産・農林業等が米中貿易摩擦に関連していない事に着目し裁定買を誘う先物買戻に値する「リバーサル戦略」が入り1028203.44㌦迄回復したが今後の貿易摩擦の拡大を警戒して裁定解消を誘う先物売即ち「コンバージョン戦略」を行う者も出て、前場引けでは前日比105㌣高の203.20㌦を付け1135の前場引では前日比105㌣高の203.20㌦をつけ、日経Vi16倍台と下落し一目均衡表では25日前遅行線が6月高値付近に位置し同様な傾向を辿り短期調整終了を迎える形になると後場読めた巨大機関投資家の中では、後場12:30には203.34㌦で開始し1235に最高値203.46㌦を記録後、為替が前日とほぼ同水準で推移し国内企業の決算発表が本格化する前でもあり、手控えムードが拡大していたため時価総額の大きい銘柄を中心に国内機関投資家が当面の利益を確保する売りを出していたとの声が聞かれ事実裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」を行う巨大機関投資家が多い事から1350202.97㌦迄売られ、一方で商品市況の上昇を手掛かりに石油・石炭関連銘柄でもあるシクリカル銘柄に「リバーサル戦略」を入れる巨大機関投資家が多い事から買戻されローソク足は23日で上下ともに髭を出す十字線で引け、売買の拮抗状態を示し5日移動平均線が投資家短期売買費用を示す25日移動平均線越えをし、調整局面の終了を示唆し一目均衡表では、日々線が雲下限に沿って上昇し捩れを目指し転換線が上向きになり投資妙味向上からの買戻が入り、15:00に前日比121㌣高の203.36㌦を付け、大引けにかけて8月物はコールが総じて買われ、プットはおおむね売られたので15:15では前日比125㌣高の大引直前高値203.40㌦を記録し両建て日経平均は続伸となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅64㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.49倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲3.99%、騰落レシオは98.49%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0724


07月24日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月24日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均先物、日経平均、Topix、さらにTopix先物は反発した。新興株24日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると、前場は外国為替市場で円高一服や前日の米国長期金利が1カ月ぶりの高水準に達した事を背景にドル高日経平均では9:00に202.37㌦と反発して開始し、昨日からのトランプ米大統領によるドル高牽制を嫌気し日銀の金融政策を巡る市場の動揺から裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール」戦略が入り10:10201.70㌦と最安値まで下落し中国が内需拡大に向けた政策を発表、また中国国務院は23日に常務会議を開き、内需拡大に目標を絞った政策パッケージを発表し中国が貿易摩擦による景気減速に備え政策面でてこ入れしてきた。米国が2000億ドルの対中関税リストを公表しても、具体的な報復に動いていないことで巨大機関投資家の中では貿易摩擦への過度な懸念も後退しており、中国関連株の買い安心感につながった」と見られたことを受け更に、日銀が今後金融政策を見直すにしても、「物価低迷が続く中で出口戦略と捉えられることは避けるはずで為替の円高進行が抑制されることは日本株の支援材料になる」との認識も多くの仲間より持たれ、同国インフラ需要と関連性が深い建設機械など機械株、鉄鋼など素材株中心に裁定買を誘う先物買戻に匹敵する「リバーサル戦略」に拍車がかかり11:26に最高値202.60㌦を記録後、前場引けでは前日比60㌣高の202.57㌦を付け11:35の前場引では前日比61㌣高の202.58㌦をつけ、日経Viが16倍台と下落し一目均衡表では25日前遅行線が6月高値付近に位置し同様な傾向を辿り短期調整終了を迎える形になると後場読めた巨大機関投資家の中では、後場12:30には202.46㌦で開始したが今日の上海総合指数は一時1.8%高と3日続伸の展開で始めたのを受け、前日から市場をにぎわす日銀金融緩和策の修正観測についても、「物価が低迷する中、修正するのは非常に難しい。週明けの金融政策決定会合で具体的な政策変更が出ない時点で、いったん材料出尽くしとなる公算が大きい」と捉える巨大機関投資家が多いので202㌦から202.5㌦を保合相場として裁定解消を誘う先物売に値する「カバードコール戦略」が入り14:45に202.09㌦の後場大引け直前安値を付【買い戻され、15:00に前日比31㌣高の202.28㌦を付け、大引けにかけて8月物はけてコール(買う権利)が軒並み上昇し、プット(売る権利)は総じて下落したので15:15では前日比18㌣高の202.15㌦を記録し両建て日経平均は反発となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅90㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.44倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲2.77%、騰落レシオは90.48%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0723


07月23日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月23日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は反落したが、日経平均先物、日経平均、Topix、さらにTopix先物は続落した。新興株23日の日経ジャスダック平均は反発したが、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると、前場はトランプ大統領のドル高牽制発言によりドル円が売却後金買戻になり金底打後若干切上しているためドルの株高懸念が出て主要三指数は下落し、一部通信社から「日銀政策会合で金融緩和策を見直すとの思惑」という報道に加え指値オペレーションで買取するような動きにより東京外国為替市場での円相場が円高方向に一層進行し日経Vi上昇を受け日銀プレイが取引に影響しTopixでは金融(金利敏感)セクターに資金が入り円高誘導がマイナスに効く日経平均売却後日経平均先物買戻を行う裁定取引で値嵩株や輸出関連など金融を除くグロース銘柄売となり、さらにボラティリティ先物や円債券に裁定買が入りNT倍率も下落した為、ドル建て日経平均では9:00に202.41㌦と高値寄付を示し9:04に最高値202.73㌦を付後、上記の状況に加え、円高による企業業績悪化を嫌う事から来る代表的値嵩銘柄を売却する行為や円安から来る企業業績当てにした良好状況にかけた裁定買の者による巻戻から裁定解消を誘う先物売りに当る「カバードコール戦略」を行う巨大機関投資家が多い事から10:48に201.96㌦を付後、円高一服し裁定買が入り11:11に202.22㌦を付け更なる円高に対し「カバードコール戦略」が再度入り、前場引けでは前日比5㌣安の201.96㌦を付け11:35の前場引では前日比5㌣安の201.96㌦をつけ、日経Viが18.85倍と上昇し一目均衡表では25日前遅行線が6月高値付近に位置し同様な傾向を辿り短期調整を迎える形になると後場読めた巨大機関投資家の中では、後場12:30には201.80㌦で開始したがトランプ大統領による「CNBCインタビューで中国に全商品に関税をかける」、「米国石油:ガス業界対ロ制裁強化見直しで議員に働きかけ」、「G20米国関税への対策纏まらず」という見出報道で継続して「カバードコール戦略」が継続して入り13:20に最安値201.46㌦を付けた後、基準値元高設定や中国株が上昇し出したことを受け裁定買を誘う先物買戻に値する「リバーサル戦略」が入り14:57に201.88㌦迄戻し戻り売りや投資家のポジションチェンジも関わり「カバードコール戦略」が入り、15:00に前日比22㌣安の201.79㌦を付け、大引けにかけて8月物はコールが売られ、プットは総じて買われたので15:15では前日比4㌣安の201.97㌦を記録し円建て日経平均は続落となりドル建て日経平均は反落した。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦27㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.38倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲1.33%、騰落レシオは83.94%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0720


07月20日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は続伸したが、日経平均先物、日経平均、Topix、さらにTopix先物は続落した。新興株20日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると、前場は中国経済の先行きに対しては懸念要因が多く、ハイテク関連での米中間の対立構図の落着き処を読むのは難しい事からSKEW・日経Vi指数は昨日まで上昇しFRB利上げ方針に関し大統領からの意見が影響しドル建て日経平均では米国債券買われ金利低下しドル安になったが9:00に202.35㌦と高値寄付を示し9:01に前場安値202.16㌦を付後、値頃感から昨日と逆にグロース銘柄に裁定買を誘う先物買戻に当る「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家が多いことから10:05に203.21㌦迄上昇し団子天井形成を確認したが此処迄に人民元相場では上海相場も開始してはいたが人民元で利食拡大し人民元安に10時台でなりこれが当局のサポートライン付近まで下落した為、人民元安から来る中国国内からの資金流出に繋がり以前の様な世界的株安に繋がると捉えた者がチャイナショック期待で「元安・日経平均先物売」持高のアルゴニズムを働かせ裁定解消を誘う先物売状況の「カバードコール戦略」に打って出て10:55に200.75㌦迄下落幅拡大し手繰線を形成した為、裁定買の先物買戻に当る「リバーサル戦略」が入り、前場引けでは前日比25㌣安の201.49㌦を付け11:35の前場引では前日比28㌣安の201.46㌦をつけ、日経Viが15倍台から17倍台と上昇し一目均衡表では25日前遅行線が6月高値付近に位置し同様な傾向を辿り短期調整を迎える形になると後場読めた巨大機関投資家の中では、後場12:30には201.39㌦で開始したがただ上海総合指数は東京市場の取引時間中に1%を超す上昇となり、香港市場も堅調で人民元安も一服を受け過度な警戒感が後退すると、13:58に中国当局の介入の恐れから一転して買い戻しの流れとなり200.90㌦を底にして「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家もいる事より中国発ショックを諦めグロース・外需・値嵩銘柄に資金が入ったものの内需銘柄に多く入った為、「内需上過」に対し「外需下過」の訂正が入り外需少なく安値更新にいたり、15:00に前日比36㌣高の202.10㌦を付け、大引けにかけて8月物はコールが売られ、プットが総じて買われたので15:15では前日比27㌣高の202.01㌦を記録し円建て日経平均は続落となりドル建て日経平均は続伸した。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦46㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.44倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲5.41%、騰落レシオは83.09%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0719


07月19日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は反発したが、日経平均先物、日経平均、Topix、さらにTopix先物は反落した。新興株19日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると、前場はモルガン好決算による米国株高やドル高、オランダ半導体メーカーのASLMが売行き上昇報道を受け落ち着いた状況と認識した処でドル建て日経平均では9:00に202.78㌦と高値寄付を示し9:13に前場安値202.52㌦を付後、裁定買を誘う先物買戻に当る「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家が多いことから10:46に203.35㌦迄上昇しTopix現物にも現金が入り結果バリュー買になり一服感から戻り売りに会い、前場引けでは前日比1㌦17㌣高の202.79㌦を付け11:35の前場引では前日比1㌦19㌣高の202.81㌦をつけ、日経Viが15倍台から17倍台と上昇し一目均衡表では25日前遅行線が6月高値付近に位置し同様な傾向を辿ると短期調整を迎える形になると後場読めた巨大機関投資家の中では、後場12:30には202.61㌦で開始したが中国半導体製造装置指数下落や中国株安に加え資生堂を筆頭とするグロース銘柄決算悪化を受け巨大機関投資家の中ではロング賞―とポジションを持つものでは持高解消しリターンリバーサルを行う者もいる事からチャート上では陽の陽孕に加え三羽鳥が後場寄付直後発生し「カバードコール戦略」が打たれ13:41に201.91㌦迄下落し陰の陽孕出現で「リバーサル戦略」が行われ14:20に202.35㌦迄上昇し更に陽の陰孕が出現した処でグロース銘柄に追い打ちとなる「カバードコール戦略」が行われ、15:00に前日比23㌣高の201.85㌦を付け、大引けにかけて8月物はコールに売りが優勢、プットは高安まちまちで15:15では前日比12㌣高の最安値201.74㌦を記録し円建て日経平均は反落となりドル建て日経平均は反発した。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦61㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.48倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲6.44%、騰落レシオは82.67%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0718


07月18日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は反落したが、日経平均先物、日経平均、Topix、さらにTopix先物は続伸した。新興株18日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると、日経Viも7月2日の23倍から現在では15倍台と落着き巨大機関投資家の中では円売持高を30万枚から20万枚に減少させドル高に積上ドル建て日経平均では209㌦に回復しもう一段上に向かう趣旨の買が入る方向に賭けるためにオプションではオプション合成の「ロングアンドショート・ストラングル戦略」を行っているものが多く、そのことから権利行使価格を抜け210㌦目指して昨日同様に先物買に当る「リバーサル戦略」が入り続伸しているものと考えられると指摘している。さらにチャート上では7月12日からMACDでは買印が入り5日線と20日線がゴールデンクロスし25日と200日を超え陰の寄付き坊主ではあるが一目均衡表では抵抗帯の雲中ではあるが雲下限に臣従上昇する傾向が見られるため短期調整はあるにしても相場戻試状況は期待できるとの見方が大半のようである。17日パウエルFRB議長会談で「米労働市場は力強い、政策金利の漸進的な引き上げ継続」と報道されこれを受け堅調な米国経済が確認され113円台とドル高・円安になりドル建て日経平均では企業業績期待が高まり9:00に202.77㌦と高めで寄付、自動車など輸出関連の業績上振れ期待が上昇をけん引し、情報・通信や不動産など内需セクターにも資金が入りグロース売バリュー買になり「リバーサル戦略」が入ることで10:16に203.16㌦と最高値を更新し揉み合い後、11:06に202.64㌦と前場安値を付け、切返し前場引けでは前日比1㌦3㌣高の202.98㌦を付け11:35の前場引では前日比1㌦3㌣高の202.98㌦をつけ、後場12:30には202.69㌦で開始し心理的節目である203㌦に接近し、戻り待ちの売りが出やすい状況。来週から本格化する四半期決算の発表を控え様子見ムードも出て裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」を行う巨大機関投資家もいる事から13:28に201.87㌦迄下落し14:06に202.25㌦迄買戻されたが、継続して米中貿易摩擦懸念があり短期的な過熱感から利益確定や戻り待ちの売りも出やすく、「カバードコール戦略」が入り、15:00に前日比24㌣安の201.71㌦を付け、大引けにかけて8月物はコールが軒並み上昇し、プットは総じて下落し15:15では前日比33㌣安の201.62㌦を記録し円建て日経平均は続伸となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦54㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.48倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲6.93%、騰落レシオは85.09%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0717


07月17日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均先物、日経平均、ドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物は続伸した。新興株13日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると、米株まちまちでネットフリックスが時間外で下落したのを受けコールショートストラングル戦略やロングストラドル戦略を行なう巨大機関投資家もいる事からドル建て日経平均では43㌣高の201.17㌦で寄付後ブラックスワン指数が3日上昇したが09:07に最安値200.93㌦を付けただけで納まり米中貿易摩擦に対する楽観ムードも相場を後押し、中国の李克強首相は「16日、米国との貿易摩擦は中国と米国が解決すべき問題だとした上で、中国は貿易戦争を望んでおらず、貿易戦争に勝者はいないとあらためて述べた事」や自動車銘柄等材料銘柄の成長性を受け裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」が入り11:28に前場高値202.25㌦まで戻し戻り売りを一時的に熟し前場引けでは前日比1㌦45㌣高の202.19㌦を付け11:35の前場引では前日比1㌦43㌣高の202.17㌦をつけ、後場12:30には202.40㌦で開始し継続介入が入り中国上海市場が強かった流れから日経平均ボラティリティー指数を売却し日経平均先物を買う事で低水準となったが、その後日経Viの下げ幅(16bp)を縮小し株式需給面の短期的な不透明材料を通過したことも受けソニー等の材料株、景気敏感株とグロース銘柄に「リバーサル戦略」が入り巨大機関投資家の売り方が作成する相場ではあるが13:19に最高値203.16㌦を付けその後、米株価指数先物が時間外取引で下落し上海・香港市場で下落して推移したことで国内投資家のヘッジ売戻を含む裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール」戦略を行なう事で保合相場となりなだらかに下落し、15:00に前日比1㌦22㌣高の201.96㌦を付け、大引けにかけて8月物はコールが買われ、プットは売られ15:15では前日比1㌦21㌣高の201.95㌦を記録し両建て日経平均は続伸となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦23㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.31倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲5.76%、騰落レシオは83.08%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0713


07月13日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均先物、日経平均、ドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物は続伸した。新興株13日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると今週はMSQ週でもあり水曜日は予定通りの反落となった。SQ値は日経平均型で22452.35円、Topix型では1721.13pで両指数共にSQ超えを成功した。欧米株高ドル高を受け日経平均では三週連続下落後8割戻す形となり米中通商摩擦問題で先端技術分野の覇権争奪戦が重要視され開始されたが中国政府からの話合でZTEへの制裁緩和を切欠に米中貿易摩擦緩和と捉えられ「資源国通貨売後ドル買戻」が起こりこの処危機が起きると金購入代替として債券・ドル・仮想通貨に資金が入る流れが出来た御蔭でクロスドルにおいてもドル高になり112円台回復維持となりさらに、パウエルFRB議長発言で米国景気後退が延長されるとみて踏み上げ買戻が始まり投資家の安心感からドル建て日経平均ではこれを受け9:00に198.82㌦と反発して開始後最安値198.08㌦を記録後、裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」がファストりやソフトバンクの様なグロース銘柄に入り9:19に199.93㌦と高値を付け一服し、裁定解消を誘う先物売である「カバードコール戦略」をシクリカル 銘柄やユニファミマ及び安川電気に裁定取引として行い10:55に199.46㌦迄さげ、米国景気の好調や貿易問題の織り込みを踏まえても、足元の為替は予想外の円安水準で、今期業績への期待が持てるとの思想が巨大機関投資家の中で醸成された為ソフトバンクを筆頭に「リバーサル戦略」が入り前場引けでは前日比2㌦9㌣高の199.72㌦を付け11:35の前場引では前日比2㌦7㌣高の199.70㌦をつけ、後場12:30には199.83㌦で開始し継続介入が入り中国上海市場が強かった流れから日経平均ボラティリティー指数を売却し日経平均先物を買う事で低水準となったが、その後日経Viの下げ幅(16bp)を縮小し株式需給面の短期的な不透明材料を通過したことも受け材料株、景気敏感株とグロース銘柄に「リバーサル戦略」が入り巨大機関投資家の売り方が作成する相場ではあるが13:40に最高値201.46㌦を付けその後、シカゴ市場で米株価指数先物が時間外取引で前日の清算値を上回って推移したことで堅調な動きとなり国内投資家のヘッジ売戻を含む裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール」戦略を行なう事で保合相場となりなだらかに下落し、15:00に前日比3.12㌣高の200.75㌦を付け、大引けにかけて8月物はコールが軒並み上昇し、プットは総じて下落し15:15では前日比3㌦11㌣高の200.74㌦を記録し両建て日経平均は続伸となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅3㌦38㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.31倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▽0.85%、騰落レシオは76.26%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0712


07月12日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均先物、日経平均、ドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物は反発した。新興株12日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると今週はMSQ週でもあり水曜日は予定通りの反落となった。米中通商摩擦問題で米国がリリースして中国がこれに対し報復関税を発動したが需要が減りオイル等資源価格等が減りFOMCによる利上も3回想定され米国の生産者物価の上昇を材料に「資源国通貨売後ドル買戻」が起こりこの処危機が起きると金購入代替として債券・ドル・仮想通貨に資金が入る流れが出来た御蔭でクロスドルにおいてもドル高になり112円台回復に至った。ドル建て日経平均ではこれを受け9:00に196.65㌦と反発して開始し、裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」がグロース銘柄に入り9:40に197.50㌦と高値を付け一服し、裁定解消を誘う先物売である「カバードコール戦略」をシクリカル 銘柄に行い10:30に196.85㌦迄さげ、米国景気の好調や貿易問題の織り込みを踏まえても、足元の為替は予想外の円安水準で、今期業績への期待が持てるとの思想が巨大機関投資家の中で醸成された為ソフトバンクを筆頭に「リバーサル戦略」が入り10:51に前場引直後前高値197.75㌦を付け戻り売りをこなし「リバーサル戦略」が入り前場引けでは前日比4㌣安の197.49㌦を付け11:35の前場引では前日比1㌣高の197.54㌦をつけ、後場12:30には197.74㌦で開始し中国上海市場が強かった流れから日経平均ボラティリティー指数を売却し日経平均先物を買う事で低水準となったが、その後日経Viの下げ幅を縮小したのを受け材料株、景気敏感株とグロース銘柄に「リバーサル戦略」が入り巨大機関投資家の売り方が作成する相場ではあるが14:20に最高値198.12㌦を付けその後、巨大機関投資家の中では「米国の対中強硬姿勢が続くことで世界経済が減速するリスクもある。米長期金利が3%に向け上昇しないのは来年以降の米景気を不安視しており、不透明感が内需関連銘柄への資金シフトを促している」と見る向きもありETFの分配金絡みとみられるまとまった売りを含む裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール」戦略を行なう事で保合相場となり急落し、15:00に前日比6㌣高の197.59㌦を付け、大引けにかけて7月物はコールが軒並み上昇し、プットは総じて下落し15:15では前日比10㌣高の197.63㌦を記録し両建て日経平均は反発となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦47㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.08倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▽0.85%、騰落レシオは76.26%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0711


07月11日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月11日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり日経平均先物、日経平均、ドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物は反落した。新興株11日の日経ジャスダック平均は反落したが、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると今週はMSQ週でもあり水曜日は予定通りの反落となった。米国主要三指数は上昇したが米国相場終了後トランプ米政権が10日、追加で2000億ドル相当の中国製品に10%の関税を適用すると表明し、貿易戦争の激化への警戒感が強化されドル安になりドル建て日経平均では9:00に198.48㌦で寄付後、9:11に高値198.76㌦を付け日経平均ボラティリティー指数が高値を付け「日経Vi先物買後日経平均先物売」状況を示唆する裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール戦略」を巨大機関投資家の中で採用する者が多い為、10:15の最安値196.24㌦迄大幅下落となり、ドル/円や米株価指数先物の下げ止まりを支えに切返し裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」が入り11:27に前場引直前高値197.18㌦を付け、米国側の動きに対し、対抗措置を取らざるを得ないとする中国商務省の声明を受け「コンバージョン戦略」が入り前場引けでは前日比2㌦71㌣安の197.09㌦を付け11:35の前場引では前日比2㌦76㌣安の197.04㌦をつけ、後場12:30には197.32㌦で開始し中国商務省の対抗措置声明に対し市場の反応は限定的だった流れから日経平均ボラティリティー指数を売却し日経平均先物を買う事で低水準となったが、その後日経Viの下げ幅を縮小したのを受け材料株、景気敏感株と石油・石炭、鉱業関連株に「リバーサル戦略」が入り巨大機関投資家の売り方が作成する相場ではあるが7月5日迄に行われていた「バリュー売却後グロース購入」の形で「リバーサル戦略」が行われ13:35に198.25㌦を付け、報復合戦が激化すればリスクセンチメントを悪化させる余地があるとしながらも、0.3%程度であれば「世界景気への影響は限定的。日本への影響も冷静にみることができる範囲だ」との意見もあり上海株等の亜細亜株の下落を受け「カバードコール戦略」が入り、オプションの建玉を確認するとコールとプット幅が近いことから巨大機関投資家の中ではロングストラングルかストラドル戦略を用いるものもいた見え事実5月高値から7月5日安値の半値戻を達成していることも含め考えると5日がセリングクライマックスであったと言え結果として下げ渋り、15:00に前日比2㌦32㌣安の197.48㌦を付け、大引けにかけて7月物はプットが総じて買われ、コールは売られ15:15では前日比2㌦27㌣安の197.53㌦を記録し両建て日経平均は反落となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦52㌣幅になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.08倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▽4.28%、騰落レシオは78.54%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0710


07月10日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月10日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均先物、日経平均、ドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物は続伸した。新興株10日の日経ジャスダック平均は続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると今週はMSQ週でもあり欧米と日本の金融政策の方向性の違いを背景とした円売りの流れが続き、ドル・円相場はドル高・円安水準を更新しクロス円でも上昇に加え良好な雇用統計を受け、米国経済に対する悲観的な見方が後退、米テクノロジー株の上昇もあり、主要三指数上昇となった。それに対し日本時間のドル建て日経平均では9:00に200.24㌦と寄付高になり裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」が入り9:44に201.03㌦と最高値を記録後、中国株は軟調で西日本豪雨により物流網が寸断される中、企業活動への影響に対する懸念が内需セクターの重しと捉えられこれにより裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール」戦略が入り10:46に一服感から200.26㌦迄下げたが外国人投資家にとって日本株のドル建てリターン向上を示す節目の200ドルを突破した為、「リバーサル戦略」が入り、前場引けでは前日比1㌦11㌣高の200.67㌦を付け11:35の前場引では前日比1㌦12㌣高の200.68㌦をつけ、後場12:30には200.55㌦で開始し日経平均ボラティリティー指数は低水準を付ける場面があったが、その後16ポイント台前半まで下げ幅を縮小したのを受け材料株、景気敏感株と設備投資関連株に「リバーサル戦略」が入り巨大機関投資家の売り方が作成する相場ではあるが7月5日迄に行われていた「バリュー売却後グロース購入」から「バリュー購入後グロース売却」というポジションのアンワインドが行われ13:10と14:05に陽線が出現し挟まれたことから二本の差込線が確認でき「リバーサル戦略」が行われたことから14:30に後場大引直前高値200.72㌦を付後、オプションの建玉を確認するとコールとプット幅が近いことから巨大機関投資家の中ではロングストラングルかストラドル戦略を用いるものもいた見え事実5月高値から7月5日安値の半値戻を達成していることも含め考えると5日が セリングクライマックスであったと言え14:30の後場高値から大引迄の急落はETFの分配金絡みとみられるまとまった売りを「カバードコール戦略」で行ったために急落し、15:00に前日比14㌣高の最安値199.70㌦を付け、大引けにかけて7月物はコールが総じて上昇し、プットは軒並み下落し15:15では前日比24㌣高の199.80㌦を記録し両建て日経平均は続伸となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦38㌣高になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.20倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▽0.71%、騰落レシオは81.79%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0709


07月09日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月09日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均先物、日経平均、ドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物は続伸した。新興株09日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると米中貿易摩擦激化で先週木まで関係していた銘柄をショートにし無関係銘柄をロングにしロングショート戦略を採用する巨大機関投資家が多かったが、中国での一部製品販売差し止めの影響は軽微になったため米国主要三指数が続伸を受け朝方202.11㌦と小幅続伸で開始し、9:06に201.74㌦と最安値を付けた後、関税発動後影響が少ない事から金曜日に買控えられていた分を買戻され、裁定買を誘う先物買戻で203.58㌦と前場高値を付け売りポジションの一部巻戻が入り戻売も入ったが、前場引けでは前日比1㌦05㌣安の203.0б㌦を付け11:35の前場引では前日比1㌦03㌣安の203.08㌦をつけ、後場12:30には203.39㌦で開始し13:01の米国による対中追加関税の発動アク抜け感に加え空売比率が46.5%と上昇過でバイオテクノロジーが先週金曜日上昇しナスダックが続伸したことから日本のバイオテクノロジーが上昇し更に、セラミックコンデンサーが上昇した事より村田等にも買戻が入りこれを受け裁定買を誘う先物買戻即ち「リバーサル戦略」が入り悪材料出尽くしから中国や上海株も上昇し13:29に最高値204.27㌦を付け節目200㌦越えから強含み日経Viも下落し保合相場になり、15:00に前日比25㌣安の203.86㌦を付け、大引けにかけて7月物はコールが買われ、プットは売られ15:15では前日比28㌣安の203.83㌦を記録し両建て日経平均は続伸となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦53㌣高になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.14倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▽2.64%、騰落レシオは81.39%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。さらに資金を得たうえでリバーサル戦略やコンバージョン戦略を順に重ねたことで、債券バブル終焉で株式版債券型運用仕込時期が到来したことになった。上昇しすぎたため最悪時期はショートストラドル戦略であるボラティリティー即ち日経VI先物を買だということが某情報ベンダーとの見方で一致した。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0706


07月06日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月06日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になり日経平均先物、日経平均、ドル建日経平均、Topix、さらにTopix先物は反発した。新興株06日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると米中貿易摩擦に昨日まで関係していた銘柄をショートにし無関係銘柄をロングにしロングショート戦略を採用する巨大機関投資家が多かったが、中国での一部製品販売差し止めの影響は軽微になるとの見通しを示した半導体大手マイクロン・テクノロジーが2%を超す上昇となる等、ハイテク株が堅調に推移した米国株高を受け朝方195.81㌦と寄付高で開始し裁定買を誘う先物買戻で197.05㌦と前場高値を付け売りポジションの一部巻戻が入ったが、米国が対中関税を発動し、中国も同額相当の米国製品に報復関税を発動した場合、その後にツイッターを利用した新たなトランプ発言も予想されるため、最近は後場の動きが荒くなる傾向もあり、警戒感が強いことから裁定騎亜穂数理を示す「カバードコール戦略」が入り195.63㌦と11:10に最安値を付け後それ以上下がりにくい為買戻され、前場引けでは前日比1㌦19㌣高の195.00㌦を付け11:35の前場引では前日比1㌦21㌣高の195.02㌦をつけ、後場12:30には196.29㌦で開始し13:01の米国による対中追加関税の発動迄下がりこれを受け13:06の195.63㌦から裁定買を誘う先物買戻即ち「リバーサル戦略」が入り悪材料出尽くしから中国や上海株も上昇し14:34に最高値197.43㌦を付けアク抜け感から強含み日経Viも下落し、15:00に前日比1㌦95㌣高の196.76㌦を付け、大引けにかけて7月物はコールが買われ、プットは売られ15:15では前日比1㌦95㌣高の196.76㌦を記録し両建て日経平均は反発となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦8㌣高になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.01倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▽6.18%、騰落レシオは81.94%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0705


07月05日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月05日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり日経平均先物、さらに日経平均は続落したがドル建日経平均、Topix、Topix先物は反落した。新興株05日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると前日の米国株式市場が休場で手掛かり難の中、米中の貿易摩擦に対する警戒や、米雇用統計の発表を前に様子見姿勢の巨大機関投資家投資家が多くドル建て日経平均では朝方には196.37㌦で寄付後米中貿易発動後動向を見通して中国株が小幅上昇を受け「内需売後値嵩買戻」が発生し最高値196.71㌦迄上昇しロンドン市場で銅や金が下落したのを受け上海株安開始で香港ハンセン指数では節目割込み、日本相場も裁定解消を誘う先物売が入り10:20に195.85㌦迄下がり、下げ一服となったのを受け裁定買を誘う先物買戻となる「リバーサル戦略」が入り、前場引けでは前日比38㌣安196.36㌦を付け11:35の前場引では前日比35㌣安196.39㌦をつけ、後場12:30には195.84㌦で開始し米中貿易摩擦が更に高揚し、米金融環境引締まり継続によるドル高、経済成長の世界同時減速等から来る世界マクロ環境に不透明感が漂うリスクを織込んでいるように見受けられ、米中貿易摩擦自体が覇権争奪戦から来る国家安全保障に繋がり中国海軍装備近代化の懸念を含んでおりこの内容待ちでもある事から、ショートストラドル戦略を目標とする海外短期筋の仕掛け的な先物売に匹敵する「カバードコール戦略」の他、信用取引を手掛ける個人の整理・戻り売、明日ETF分配金支払を目指しての売等が出て下げ幅拡大した為、14:42に最安値194.48㌦迄下落し、為替の落ち着きなどを背景に大引けにかけて若干下げ渋り、15:00に前日比2㌦03㌣安の194.71㌦を付け、大引けにかけて7月物はプットが総じて上昇しコールは軒並み下落し15:15では前日比1㌦93㌣安の194.81㌦を記録し両建て日経平均は反落となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦51㌣安になり、仮需比率1%以下且つ日経平均pe12.91倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▽9.44%、騰落レシオは78.45%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0704


07月04日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月04日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になり日経平均先物、さらに日経平均は続落したがドル建日経平均、Topix、Topix先物は反発した。新興株04日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると米国独立記念日による調整感強く方向性なしという観測から中国人民銀行により人民元安ドル高で昨夜設定したが夜間から朝方にかけドルが主要通貨全面安で反落調整しドル売り人民元高が進み米国からの追加関税に対抗して元高ポジションを調整し元売却を促進後ドル高元安に換え安定させ日本時間に向かうのだがこの間に中国の裁判所が米半導体大手のマイクロン・テクノロジーにDRAMなど26の製品を対象に販売を差し止める仮命令を出し台湾の同業、聯華電子が発表しこれを受け3日の米国株市場ではラムリサーチやエヌビディアなど半導体関連株が下落。米10年債利回りが4bp、低下して2.83%となり、金融株も売られ替市場でドル・円相場は1ドル=110円50銭付近と、東京株市場の3日終値時点の110円99銭に比べて円高水準となり米国主要三指数も下落しドル建て日経平均ではこれらを受けドル安円高の為替状況を背景に日本時間では朝方9:00に196.36㌦で安寄付後買戻が入り、9:02に前場寄付直後高値196.41㌦を付け、中国株等下落を受け一時下げに転じ9:39に最安値195.76㌦近辺まで下落した後は下げ渋る動きとなり「日経Vi先物売却後日経平均先物買戻」を行うNY勢の巨大機関投資家がシンガポール経由による持高縮小で裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」を入れ週足でのレジスタンスラインでもある心理的節目の200㌦を下廻ることからドル円相場がさらに下落し、米中貿易戦争勃発期待にかける巨大機関投資家の買方にも理解できたために10:35に前場引直前高値196.93㌦をつけ「今回のマイクロンのケースの根本にあるのは知的財産権を巡る争いだが、最終製品を中国で作るテクノロジー企業が多いだけにサプライサイドが分断される懸念があり半導体や半導体製造装置、電子部品など関連業界の日本企業にもネガティブ」という懸念が巨大機関投資家の中で醸成され一致を見たため裁定解消を誘う先物売に当る「カバードコール戦略」を仕掛けるものが多い為、前場引けでは前日比40㌣安195.95㌦を付け11:35の前場引では前日比45㌣安195.90㌦をつけ、後場12:30には196.33㌦で開始し、中国・上海相場が午後にかけ落ち着いた値動きになり米国ダウ先物が時間外上昇を受け国内内需好況銘柄に裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」が入り一時は前日終値近辺まで下げ幅を縮小させたが、個人消費も鈍化し景気減速懸念から為替と寄与度高(景気敏感株)銘柄をセットで売却が行われ買い戻しの勢いは弱いがプラス圏に浮上出来、15:00に前日比39㌣高の196.74㌦を付け、大引けにかけて7月物はプット、コールともに売られ15:15では前日比39㌣高の196.74㌦を記録しドル建て日経平均は反発となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦51㌣高になり、仮需比率1%以下且つ日経平均pe13.00倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▽7.22%、騰落レシオは85.33%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0703


07月03日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月03日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均先物、Topix先物、日経平均さらにTopixは続落した。新興株03日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとドル建て日経平均では米国ISM製造業景況指数が予測比で強い結果が判明し米国株高とドル高基調を背景に日本時間では朝方9:00に197.42㌦で高寄付後買戻が入り、9:04に最高値197.59㌦を付け、一時下げに転じ196.06㌦近辺まで下落した後は下げ渋る動きとなり「日経Vi先物売却後日経平均先物買戻」を行うNY勢の巨大機関投資家がシンガポール経由による持高縮小で裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」を入れ週足でのレジスタンスラインでもある心理的節目の200㌦を下廻ることからドル円相場がさらに下落し、米中貿易戦争勃発期待にかける巨大機関投資家の買方にも理解できたために11:27に前場引け直前高値196.69㌦をつけ前場引けでは前日比43㌣安の196.62㌦を付け11:35の前場引では前日比45㌣安の196.60㌦をつけ、後場12:30には195.75㌦で開始し、昼休中に人民元下落による円高を迎え中国エコノミック調査で原則予測が出され中国株下落を受けこの下落連動に併せ裁定解消を誘う先物売に当る「カバードコール戦略」が入り揉み合い14:06に194.71㌦と最安値を記録後、今晩の米国市場が独立記念日前という事で株や債券取引が短縮売買になるためNY勢やCTA等巨大機関投資家が上海株3000p下がると当局が防衛ラインを引くことから上海株が買戻され上昇したのを受け日本株相場にもこれらのものが裁定買を誘う先物買戻に当る「リバーサル戦略」が入った事から13:50に195.09㌦を付けたものの揉合、14:27の194.81㌦の時点から「リバーサル戦略」が入り14:59に大引け直前高値196.38㌦を付け「リバーサル戦略」が入り、15:00に前日比72㌣安の196.33㌦を付け、大引けにかけて7月物はコール(買う権利)、プット(売る権利)ともに売られ15:15では前日比70㌣安の最安値196.35㌦を記録し両建て日経平均は続落となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦88㌣高になり、仮需比率1%以下且つ日経平均pe12.98倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▽6.31%、騰落レシオは80.82%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0702


07月02日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。07月02日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均先物、Topix先物は続落し、日経平均さらにTopixは反落した。新興株02日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとドル建て日経平均では日銀短観で大企業・全産業の2018年度の設備投資計画が市場予想を上回ったことで、朝方は9:00に200.81㌦で寄付、精密機器、機械セクターを物色する動きが広がり、9:25に最高値㌦を付後、中国の上海総合指数が2%を超す下げを受け相場の重しとなり日経VI指数がザラ場ベースでは4月3日以来の高水準を付けた一時23ポイント台まで上昇し「日経Vi先物売却後日経平均先物買戻」から「日経Vi先物買戻後日経平均先物売却」にNY勢の巨大機関投資家がシンガポール経由による持高縮小で裁定解消を誘う先物売に当る「コンバージョン戦略」が入り週足でのレジスタンスラインでもある心理的節目の200㌦を下廻ることからドル円相場が下落し、中貿易戦争勃発期待にかける巨大機関投資家の売り方にも理解できたために急遽戦略を変更し日経平均における先物と現物間での裁定取引を発生させ「日経ボラティリティ先物買後日経平均先物売」を行ったことから、持高調整を行い前場引けでは前日比98㌣安の200.56㌦を付け11:35の前場引では前日比94㌣安の200.60㌦をつけ、後場12:30には200.21㌦で開始し、昼休中にメキシコで対米強硬派候補の左派政権誕生というヘッドラインを受け米国の貿易政策と世界景気の先行きという不透明要因が横たわる中、市場の不安に乗じてシンガポール経由でNY勢の巨大機関投資家が景気減速を見込んだポジションを組んできている可能性即ちオプション動向を見て「ショートストラドル戦略」組成や裁定解消を誘う先物売りに匹敵する「カバードコール戦略」組成を起こした可能性があるとの報道観測により「リスクオフの動きがドル売り円買の動きに呼応しこれらと需給が対決して大幅下落を導くことになり、同様なことがTopixや東証マザーズのような指数先物で仕掛けられたために同様に下げ幅拡大に至り、ドル建て日経平均では、15:00に前日比4㌦47㌣安の197.07㌦を付け、大引けにかけて7月物はプットがおおむね上昇し、コールは軒並み下がり15:15では前日比4㌦49㌣安の最安値197.05㌦を記録し大幅安のため両建て日経平均は反落となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅4㌦13㌣高になり、仮需比率1%以下且つ日経平均pe12.99倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▽5.99%、騰落レシオは81.02%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0629


06月29日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均先物、Topix先物は続落し、日経平均さらにTopixは反発した。新興株29日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとドル建て日経平均では根深い覇権競争から派生する米中貿易摩擦激化による深刻な混乱、今週のEU首脳会議での移民問題や米国の金利上昇動向に加え週末という事から四半期クォーター整理が巨大機関投資家の中で共通に起こり「売却済銘柄を買戻し、裁定買による上昇過剰銘柄を裁定解消売」をする四半期の傾向が日本、上海と亜細亜圏中心で発生したこと等が響き、朝方9:00に201.97㌦で寄付も9:06に寄付直後高値201.12㌦を記録後、前記述の様な問題を受けドル安になりドル債を買戻して金利低下を招き日米金利差縮小となり円高になったのを受け日経ボラティリティ先物に対し裁定買を仕掛け日経平均先物に対し裁定解消を誘う先物売仕掛けを巨大機関投資家の中で多くのものが行う事から10:57に最安値200.45㌦を記録はしたが週足でのレジスタンスラインでもある心理的節目の200㌦を下廻らないでドル円相場が落ち着き底堅さが巨大機関投資家の売り方にも理解できたために急遽戦略を変更し「バリュー買・グロース売」から「バリュー売・グロース買」に変更し日経平均における先物と現物間での裁定取引を発生させ日経ボラティリティ先物売後日経平均先物買を行ったことから、持高調整を行い日経平均ボラティリティー指数.は一時20ポイント台まで上昇したが結果として19ポイント台まで戻し前場の高値では11:28に20101㌦迄「リバーサル戦略」が入り買戻され、ドル高一服感から裁定解消売が入り前場引けでは前日比1㌦17㌣安の200.88㌦を付け11:35の前場引では前日比1㌦18㌣安の200.87㌦をつけ、後場12:30には201.15㌦で開始し、昼休中にEU首脳会議において移民問題で対立があったがこれについて漸く合意と出て派遣戦争も一服という事からクロス円で為替が円安となり裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入り来週こそは全体として少しづつ貿易問題も織込まれていくだろうと思われ13:15に後場高値201.49㌦をつけ一時的な円高により14:04に201.15㌦を付け円高一服後裁定買の買戻に当る「リバーサル戦略」が入り、15:00に前日比55㌣安の201.50㌦を付け、大引けにかけて7月物はコールとプットが総じて下落となり15:15では前日比51㌣安として201.54㌦を記録し方向感が無いため円建て日経平均は反発となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦67㌣高になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.25倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲0.58%、騰落レシオは86.25%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0628


06月28日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月28日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、日経平均先物、Topix先物は続落し、さらにTopixは反落した。新興株28日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとドル建て日経平均では根深い覇権競争から派生する米中貿易摩擦激化による深刻な混乱が響き、朝方9:00に201.38㌦で寄付も9:01に寄付き直後高値201.48㌦を記録後、トランプ政権による中国に対しての関税を一先ず抑えドル高からクドロー国家経済委員長発言でドル安になりドル債を買戻して金利低下を招き日米金利差縮小となり円高になったのを受け日経ボラティリティ先物に対し裁定買を仕掛け日経平均先物に対し裁定解消を誘う先物売仕掛けを巨大機関投資家の中で多くのものが行う事から9:52に最安値200.38㌦を記録はしたが週足でのレジスタンスラインでもある心理的節目の200㌦を下廻らないでドル円相場が落ち着き底堅さが巨大機関投資家の売り方にも理解できたために急遽戦略を変更し「バリュー買・グロース売」から「バリュー売・グロース買」に変更し日経平均における先物と現物間での裁定取引を発生させ日経ボラティリティ先物売後日経平均先物買を行ったことから、持高調整を行い日経平均ボラティリティー指数.は一時21ポイント台まで上昇したが結果として19ポイント台まで戻し前場の高値では11:04に201.82㌦迄「リバーサル戦略」が入り買戻され、ドル高一服感から裁定解消売が入り前場引けでは前日比1㌦29㌣安の201.43㌦を付け11:35の前場引では前日比1㌦31㌣安の201.41㌦をつけ、後場12:30には201.47㌦で開始し、ドル安一服後中国株の復活がありハンセン指数は上昇し下げ渋る状況で日銀ETF買が昨日同様入る期待が高くなったために継続して再び巨大機関投資家の売り方の買戻が入り13:10に202.01㌦の陽線を付け更に14:04に最高値202.17㌦の2回目の陽線を付けた事から二本の差込線とチャート上で捉えられ14:04から14:20迄一時的に裁定解消売が入ったがここで更なる買戻に当る「リバーサル戦略」が入り、15:00に前日比71㌣安の202.01㌦を付け、大引けにかけて7月物はコールとプットはそれぞれ高安まちまちとなり15:15では前日比67㌣安として202.05㌦を記録し方向感が無く両建て日経平均は続落となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦79㌣高になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.22倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲0.19%、騰落レシオは82.43%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0627


06月27日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月27日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は続落したが、日経平均、日経平均先物、Topix先物は反落し、さらにTopixは反発した。新興株27日の日経ジャスダック平均は反発したが、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによるとドル建て日経平均では根深い覇権競争から派生する米中貿易摩擦激化による深刻な混乱に加え円建て日経平均における6月配当権利落ち分日経平均に対し30円押し下げ要因も響き、朝方9:00に202.69㌦で寄付も9:03に寄付き直後高値202.90㌦を記録後、世界経済や企業業績の影響が懸念され上値追い難しく裁定解消を誘う先物売りに当る「カバードコール戦略」が入り巨大機関投資家の中では「為替が1ドル109円台の円高に振れたタイミングで先物に仕掛け的な売りが出てプットオプションの買いなどで下げに備える動きもみられる」という観測の一致が見られ10:45に最安値202.19㌦を付後、原油市場も高値で帰ってきたことから石油関連銘柄に裁定買を誘う先物買に値する「リバーサル戦略」が入り切返され、前場引けでは前日比1㌦31㌣安の202.52㌦を付け11:35の前場引では前日比1㌦37㌣安の202.46㌦をつけ、後場12:30には202.46㌦で開始し、12:40に202.86㌦と後場寄付直後高値を付後、「コンバージョン戦略」が入り12:50に後場安値202.55㌦を付後、「昭和シェル石油との経営統合に創業家が一転同意と一部で伝えられた出光興産が急騰するなど石油・石炭製品株は高く、小売や建設株など内需セクターも堅調。相場全般の下方圧力は限られた。」という日経報道が入り巨大機関投資家の中ではこれらに加え彼らの中に「日本株のEPSが伸びる中、PERは13倍台と割安感が強く、為替が1ドル=110円前後で安定するなら、業績の上方修正期待も高まる」との考えも大方が支配された為前場売却分の買戻である「リバーサル戦略」が入りいったん戻し13:52に最高値203.11㌦を付けるも、日足は一目均衡表の雲の中を推移しており、方向感が出にくいが目先のレジスタンスは25日移動平均線で、これを上回り5月21日高値を捉えれば、6月12日高値が視野に入る一方、75日移動平均線、200日線が目先のサポートとなりこれらを割り込んでも、5月30日安値で下げ止まれば、底入れ機運が高まりそうだと考え裁定解消を誘う先物売である「カバードコール戦略」を行う者が多いことから下げ幅拡大し追い打ちをかけるが如く中国人民元安促進や中国上海相場下落を受け一層下げ幅拡大し14:59に202.63㌦まで下落後、売却分の買戻に値する裁定買である「リバーサル戦略」が入り15:00に前日比1㌦11㌣安の202.72㌦を付け、大引けにかけて7月物は「コール」が総じて売られ、「プット」は買が目立ち15:15では前日比1㌦11㌣安として202.72㌦を記録し両建て日経平均は反落となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅92㌣高になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.24倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲0.28%、騰落レシオは80.60%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0626


06月26日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月26日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は続落したが、日経平均、日経平均先物、Topix、さらにTopix先物は反発した。新興株26日の日経ジャスダック平均は続落したが、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとドル建て日経平均では朝方ムニューシン米財務長官は、中国による知的財産侵害問題へのトランプ政権の対応の一環として財務省が週内に報告書で発表する中国からの対米投資の制限について、「中国に限定したものではなく、われわれのテクノロジーを盗もうとする全諸国が対象になる」と指摘したという報道を受け根深い覇権競争から派生する米中貿易摩擦激化を下地に欧米株急落を受け今後の関税報復合戦次第で「世界経済への影響が避けられず、貿易縮小から輸出産業が多い日本にも影響が及ぶ恐れがある」と見る巨大機関投資家も多いことからこれらの者の間ではキャッシュ比率を高める動きが出てきており、フィデリティ・インターナショナル、トーマス・ミラー・インベストメンツは株式保有割合を下げこれらにより9:00に202.11㌦で寄付後、序盤は売りが優勢となり、下落幅が一時2㌦37㌣超安と続落開始を迎え9:06に201.74㌦と最安値を記録後、日経平均ボラティリティー指数は一時20ポイントを上回り、取引時間中としては4月12日以来、2カ月半ぶりの高水準を付けたがただ日本株への売りが一巡すると、徐々に上げ幅を縮小しドル安・円高の一服などを支えに裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」を行う者が多い事より」10:53に前場引直前高値203.58㌦を記録し修正としての「コンバージョン戦略」が入り11:10に202.78㌦と前場引直前安値を記録し円高一服から裁定買いが入り、前場引けでは前日比1㌦5㌣安の203.06㌦を付け11:35の前場引では前日比1㌦3㌣安の203.08㌦となり、後場12:30には前日比203.39㌦で開始し、一方で「ナバロ通商製造政策局長は CNBCとのインタビューで、投資規制はいずれも中国を視野に入れたもので、世界全体を対象としていないとの認識を示した」とのヘッドラインを受けグローベックスも後場過度の懸念が取れ中国としては意図的な限安誘導で貿易摩擦も対処可能でありOPEC総会で原油城主尾で助けられ6月権利付売買日での配当権利取が押上、下げ幅縮小で裁定買に当る「リバーサル戦略」も入った事から下幅縮小買を迎えドル建て日経平均の場合、投資家の中期売買コストを示す75日移動平均線が下値抵抗線として機能したほか、ボリンジャーバンドは下限に接近、東証1部の上昇・下落銘柄数の百分比を示す騰落レシオは目先売られ過ぎを示す70%に迫り、目先の相場反転を見込む買いが入り13:29に最高値204.27㌦を記録後「カバードコール戦略」が入り15:00に前日比25㌣安の203.86㌦を付け、大引けにかけて7月物は「コール」、「プット」ともに下げ15:15では前日比28㌣安として203.83㌦を記録し円建て日経平均は反発となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦53㌣高になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.28倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲1.28%、騰落レシオは78.06%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0625


06月25日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月25日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、日経平均先物、Topix、さらにTopix先物は続落した。新興株25日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると前週末の米国株がまちまちだった事に加えドル安で25日MA(投資家短期売買費用)割の攻防で割込み費用を回収不能状況で開始するのを受けて9:00に205.05㌦で寄付後、裁定買を誘う先物買が入り9:08に最高値205.30㌦を付後、貿易摩擦を巡る懸念が上値を抑える一方、3月期決算企業の配当金支払いに伴う再投資や6月海外巨大機関投資家による換金売による円買による資金流出の動き等需給要因は支えになり業種別では、石油・石炭、鉱業に資金が集中し、米主要株価指数先物も小安い動きとなり米国の対中強硬姿勢を映す一部報道も、相場の上値を抑え、場中でトランプ米大統領が「多くの中国企業による米ハイテク企業への投資を禁じる計画等で同報道によれば、中国への追加的なハイテク輸出も阻止する意向だ 」とウォール・ストリート・ジャーナルが報じた内容を受け技術面でも投資までできにくくなり米国の追加関税に対する世界の設備投資が引き込むのではないかとの懸念イベントに賭けたイベントトリブンの動きによる裁定解消を誘う先物売に値する「カバードコール戦略」が入りマイナス転落して10:21にボトム204.36㌦を付け前場引直前安値を付けた後、前場引けでは前日比10㌣高の204.87㌦を付け11:35の前場引では前日比5㌣高の204.82㌦となり、後場12:30には前日比同様204.77㌦で開始し、22日の石油輸出国機構(OPEC)定例総会での小幅増産の合意決定後に原油先物が上昇したことが追い風となり裁定買を誘う先物買から入り12:45に後場寄付直後高値205.01㌦を記録後、米国の対外強硬姿勢が鮮明となり、米国発世界貿易戦争 の激化懸念が投資家心理を悪化させドイツ実業家による下方修正報道に加え米株価指数先物が下落し、金利上昇難から来る円高も加わりその他に場中で、中国資本が25%以上を占める企業に対し、米財務省が「産業上重要な技術」を保有する米国企業の買収を禁じる規則を策定していることが判明し米国と欧州連合間での自動車関税を巡る対立も表面化する中、円高が進行し日本株の上値を圧迫し一方で、中国人民銀行は24日、市中銀行の預金準備率を50bp引き下げると発表したのを受け、上海総合指数は小高く始まったが、やがて下げに転じた。貿易摩擦を巡る懸念を背景に中国株が下げ幅を拡大すると、日本株にも売り圧力に匹敵する裁定解消を誘う先物売である「カバードコール戦略」が巨大機関投資家により加わり25日移動平均線を下廻る状況で大引けにかけ売られ14:46に203.96㌦を最安値として記録後、買戻しが入り14:59に204.25㌦を付け裁定解消売が入り15:00に前日比64㌣安として204.13㌦を付け、大引けにかけて7月物は「コール」に値下がりが目立ち、「プット」は上昇し15:15では前日比66㌣安として204.11㌦を記録し両建て日経平均は続落となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦34㌣高になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.24倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲1.24%、騰落レシオは75.13%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0622


06月22日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月22日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、日経平均先物は反落したが、Topix、さらにTopix先物は続落した。新興株22日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると米国主要三指数下落に加えドル安を受けて9:00に77㌣安の204.24㌦で寄付後、9:08に最安値203.93㌦を付後、19日から21日への短期ショートカバーと長期先物売でNT倍率を上昇させる仕組みを多く行っているものが見受けられることよりショートで売り過ぎ分に対する買戻しも前日までに入り買い方売り方双方が損益で拮抗し「グロース買バリュー売」の損切り動向で相場が動くことになり裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」が入り消去法的に内需系の小型・成長期待株が物色される展開でグロース銘柄が上昇し対米貿易摩擦の懸念から自動車株や金融等景気敏感株等を含むバリュー銘柄に集中して「カバードコール戦略」が入り揉合後11:15に前場高値201.79㌦を付け
前場引けでは前日比48㌣安の204.53㌦を付け11:35の前場引では前日比47㌣安の204.54㌦となり、後場12:30には204.65㌦で開始し、リーマン時の様なNT倍率の上昇や欧州家気指標の悪化による欧州相場での売りや前日の米国株安と円高が嫌気された他、巨大機関投資家による先物への仕掛け的な売りも出て、更にウィズダムツリー日本株売に加え配当の再投資分の売りも含め「カバードコール戦略」が行われ12:50に後場最安値203.96㌦迄下落幅が拡大し「日銀オペで長期対象オペで好需給を確認」や「シドニー株式市場小高い、金融株が高い」等というヘッドラインを確認後、裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」が入り14:59に最高値204.94㌦を付後、利益確定売りや益出し換金売り等を経て15:00に前日比24㌣安として204.77㌦を付け、大引けにかけて7月物は「コール」が下落し、「プット」は上昇し15:15では前日比24㌣安として204.77㌦を記録し両建て日経平均は反落となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦01㌣高になり、予想PERやPBRと日経平均が一致する翌日は上昇傾向にあるが翌日は一服する事も発生し、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.33倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲3.66%、騰落レシオは80.70%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は
社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0621


06月21日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月21日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、日経平均先物は続伸したが、Topix、さらにTopix先物は反落した。新興株21日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。某情報ベンダーによると9:00に204.03㌦で寄付後、9:02に最安値203.81㌦を付後、ドル高で9:15に204.65㌦を付後一服から戻り売りに押されたが日経平均をTOPIXで割ったNT倍率.は12.96倍まで上昇し、1999年3月以来の高水準を付けた。先物のショートが積み上がり、裁定買い残も低水準。需給主導で上がりやすい状況にあり海外投資家は今年1─3月に先物を約6.1兆円売り越したが、4月以降の買い越し額は6月第2週まで約3兆円にとどまっており、依然として買い戻しの余力があるとみられている。日経平均と比較的連動性のある米ナスダックが強く円安も進んだことで、巨大機関投資家による日経平均先物への買戻(リバーサル戦略)が入った」とする一方、「先物主導の相場は移ろい易く、持続性には疑問もある」と話す。 事実9:43に「ロス商務長官により20日、日本やスウェーデン、ベルギー、ドイツ、中国から鉄鋼製品を輸入する7社について、鉄鋼関税の適用除外を認めたことを明らかにした」事が報道で伝わりこれを歓迎して裁定買を誘う先物買を示す「リバーサル戦略」を行う者が多いことから11:29に前場引け直前高値205.73㌦を付後、利益確定や「コンバージョン戦略」に押され前場引けでは前日比91㌣高の205.66㌦を付け11:35の前場引では前日比84㌣高の205.59㌦となり、後場12:30には205.21㌦で開始し、円高進行一服を迎え、貿易戦争を巡る懸念は根強く、大引けにかけて保合相場化し急速に伸び悩む荒い動きとなり13:20に後場安値204.80㌦を付後香港・ハンセン指数や中国・上海総合指数などアジア株はさえない動きとなったが、日本株への影響は限られ値嵩銘柄や201㌦(22,000円)にプットが貯蓄されていたがナスダックも強くダウ先物も上昇に転じた事から19日から21日での短期ショートカバーと長期先物売でNT倍率を上昇させる仕組みを多く行っているものが見受けられることよりショートで売り過ぎ分に対する買戻しも入り買い方売り方双方が損益で拮抗し「グロース買バリュー売」の損切り動向で相場が動くことになり中国は人民元安歓迎故通商問題の損は人民元安で補うため「リバーサル戦略」が入り14:36に最高値205.76㌦を付後「カバードコール戦略」が入り15:00に前日比28㌣高として205.03㌦を付け、大引けにかけて7月物は「コール」が上昇し、「プット」は下落し15:15では前日比26㌣高として205.01㌦を記録し両建て日経平均は続伸となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦95㌣高になり、予想PERやPBRと日経平均が一致する翌日は上昇傾向にあり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.42倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲6.13%、騰落レシオは81.01%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0620


06月20日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月20日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均、日経平均、日経平均先物、Topix、さらにTopix先物は反発した。新興株20日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると9:00に202.92㌦で寄付後、9:01に高値203.13を付け欧米指数の貧弱性に加え米中貿易摩擦激化が尾を引きこの激化により昨日終値を挟んで推移し再度の激化より裁定解消を誘う先物売りである「カバードコール戦略」が継続投与となり下げ幅拡大火を迎え10:17に最安値201.75㌦を記録後、「香港市場がプラスになり小康状態を脱した」というヘッドラインを受け反転し11:03に202.86㌦を付けるも下落し通商リスクで換金売りが増え前場引けでは前日比93㌣安の202.37㌦を付け11:35の前場引では前日比91㌣安の202.39㌦となり、後場12:30には202.50㌦で開始し、円高進行一服を迎え、上海市場堅調で米国先物において時間外で下落済みの素材銘柄に打診買が入り時間外で値を戻したのを受け、巨大機関投資家の中では「前日大幅安の後で下値では買戻しが入る。中国株や米株先物の下げも限定的で売りは仕掛けにくく中国株や米株先物の下げも限定的で売りは仕掛けにくい」と考えるものが多くみられ中国株の下げ止まりや米株価指数先物の上昇を支えに前日売却分に対する相殺を目的に裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」が入った為に買戻幅拡大となり14:52に最高値204.91㌦を記録後利益確定や換金売り等の「コンバージョン戦略」が行われ15:00に前日比1㌦37㌣高として204.67㌦を付け、大引けにかけて7月物は「コール」が概ね上げ、「プット」は下落し15:15では前日比1㌦45㌣高として204.75㌦を記録し両建て日経平均は反発となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅3㌦16㌣高になり、NT倍率は17倍に迄なり予想PERやPBRと日経平均が一致する翌日は上昇傾向にあり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.42倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲4.41%、騰落レシオは83.98%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0619


06月19日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月19日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、日経平均先物、Topix、さらにTopix先物は続落した。新興株19日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。某情報ベンダーによると米国は先に知的財産権侵害を理由に500億ドルの対中制裁を表明しこれに中国が同規模の報復措置で応じる姿勢を見せたため、制裁をさらに強化しトランプ米大統領は18日、中国から輸入する2000億ドル(約22兆円)相当の製品に10%の関税を課す追加制裁を検討すると発表し米上院でも同様の議論が沸き起こり中国の通信機器大手、中興通訊(ZTE)が大幅安となり、市場全体が動揺し中国進出の米企業に技術提供を強いる知財権侵害行為を是正するよう迫り、米中貿易摩擦激化の余波効果も日本相場で出て来た。事実9:00に204.92㌦で寄付後、9:08に寄付後高値205.43㌦を付後「コンバージョン戦略」が惹かれ9:40に前場安値204.80㌦を付け「リバーサル戦略」が入り10:45に205.38㌦迄付後前日比11~16bpの差で下落しさらにダウ先物1%下落と連動して裁定解消を誘う先物売りで裁定解消を誘う先物売りに当る「カバードコール戦略」を巨大機関投資家の中で行う者が多いことから11:14に前場安値204.47㌦を付け、貿易摩擦関連では要人発言で(上下いずれにも)振れるリスクがあり、ポジションを傾けにくい」との巨大機関投資家の意見もあり、ドル安一服から持直しで裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」が入り、裁定買を誘う先物買に値する「リバーサル戦略」が入り買戻され前場引けでは前日比61㌣安の204.32㌦を付け11:35の前場引では前日比95㌣安の204.57㌦となり、後場12:30には204.66㌦で開始し、12:35に204.30㌦でいったん円安傾向が止まり12:52に後場高値204.54㌦を付後、週末OPEC総会や更なる関税にちゅいが必要なため「カバードコール戦略」が入り13:44に203.40㌦を付後「リバーサル戦略」にあたる買戻がされ14:12に後場高値203.77㌦を付け関税が2倍ゆえ株が重くなり原油は下がるが景気減速懸念が大きい為、裁定解消を誘う先物売りが出て「カバードコール戦略」が行われ15:00に前日比1㌦97㌣安として203.30㌦を付け、大引けにかけて7月物は「コール」が下げ、「プット」は軒並み上昇し15:15では前日比1㌦97㌣安として203.30㌦を記録し両建て日経平均は続落となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅2㌦19㌣高になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.34倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲0.77%、騰落レシオは81.35%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0618


06月18日月曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月18日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均は続落したが、日経平均、日経平均先物、Topix、さらにTopix先物は反落した。新興株18日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとドル建て日経平均や日経平均の先行指標としてダウ先物やCRB指数があり先週金曜日はダウ先物やCRB指数が、米中貿易戦争激化懸念により政策金利が上昇する事から来る世界的景気減速懸念を背景に下落した事を受け、米株式が下落しそれを受け9:00に寄付206.15㌦を付、寄付直後高値206.19㌦を記録後、米中貿易戦争激化懸念に関わるグロース・バリューの両銘柄に中国への対抗措置に当る産業育成分野への対抗措置として裁定解消を誘う先物売りに当る「カバードコール戦略」を巨大機関投資家の中で行う者が多いことから9:27に前場安値205.31㌦を付け、市場では「(貿易摩擦関連では)要人発言で(上下いずれにも)振れるリスクがあり、ポジションを傾けにくい」との巨大機関投資家の意見もあり、ドル安一服から持直しで裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」が入り10:30に前場高値205.72㌦迄回復後、一方、近畿地方で寄付前に発生した最大震度6弱の地震の内容について10:30迄に明確な内容が伝わりこれらを受け投資家心理をさらに悪化させ、景気敏感株にとどまらず、内需セクターにも売り圧力が加わり、裁定解消を誘う先物売を示す「カバードコール戦略」が入り11:05に前場引前安値205.06㌦を付後、裁定買を誘う先物買に値する「リバーサル戦略」が入り買戻され11:10に205.35㌦迄回復後、「コンバージョン戦略」が入り前場引けでは前日比90㌣安の205.25㌦を付け11:35の前場引では前日比90㌣安の205.25㌦となり、後場12:30には205.09㌦で開始し、中国が対抗措置として米国石油関連を想定しており最終的にはシェール関連商品を狙い撃ちにすることから日本相場でもイベントトリブン型巨大機関投資家の裁定解消を誘う先物売を示す「カバードコール戦略」が更に入り12:49に最安値204.73㌦迄下落しその後、建設銘柄や陸運やサービス業等一部内需にリバランスの裁定買を誘う先物買である「リバーサル戦略」が入り14:58に205.37㌦と大引け直前高値を記録後利益確定に押され15:00に前日比87㌣安として205.28㌦を付け、大引けにかけて7月物は「コール」が下げ、「プット」は上昇し15:15では前日比88㌣安の205.27㌦を記録し両建て日経平均は反落となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅1㌦46㌣高になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.54倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲6.18%、騰落レシオは86.73%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0615


06月15日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は続落したが、日経平均、日経平均先物、Topix、さらにTopix先物は反発した。新興株15日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによると欧州中央銀行理事会では量的緩和を年内に終了する一方、買える価値がある債券が無い為、少なくとも来年夏までの間、利上げを見送る方針が示され金融引き締めの影響に対する投資家の過度な懸念が後退しハト派色と捉えられた。これによりドル高円安となり為替に助けられ9:00に206.86㌦と高く寄付き9:01に最高値206.90㌦を付け日本株は買い戻しが優勢となったが、米中貿易摩擦に対する警戒感が上値を圧迫し、中国ビジネス比重が重くSOX指数も下げたため半導体銘柄を含むバリュー銘柄やイールドタイプ銘柄に裁定解消を誘う先物売りに当る「カバードコール戦略」を巨大機関投資家の中で行う者が多いことから9:55に前場安値206.01㌦を付け、設備投資は中国ビジネスとの関連が強いという事からバリュー銘柄が売却終了後、米中貿易摩擦の警戒感から関連性のないグロース銘柄に資金が入り裁定買を誘う先物買に値する「リバーサル戦略」が入り買戻され10:55に前場引間際高値206.61㌦を付け円安一服から利確や戻り売りが始まり。前場引けでは前日比28㌣安の207.52㌦を付け11:35の前場引では前日比32㌣安の206.39㌦となり、節目の208㌦前に臣従している。後場12:30には206.30㌦で開始し、日銀の金融政策決定会合は想定どおり現状維持となり、相場への反応は限定的だった。トランプ米大統領は関税の対象となる中国製品について、4月に公表した総額500億ドル相当の製品リストの修正版を今晩公表する予定でこの懸念から日本株は買い一巡後は伸び悩む展開で「カバードコール戦略」が入り13:03に205.92㌦と最安値を付後、ドル/円が110円台後半で円安に振れたことが、外需大型株の支援材料となりその他にECBがハト派で日銀も政策維持から材料銘柄見直しが入り「リバーサル戦略」が行われ14:50に206.39㌦と付けた後、韓国高官より「在韓米軍は米韓同盟の問題、米朝交渉の対象にならず」というヘッドラインを受け手控えられ裁定解消を誘う先物売を示す「カバードコール戦略」が入り15:00に前日比60㌣安として206.11㌦を付け、大引けにかけて7月物はコールが上昇し、プットは下落し15:15では前日比56㌣安の206.15㌦を記録し円建て日経平均は反発となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅98㌣高になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.68倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲8.56%、騰落レシオは91.72%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0614


06月14日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は弱気になりドル建日経平均、日経平均、日経平均先物、Topix、さらにTopix先物は反落した。新興株14日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによると日経平均は4日ぶりに反落しドル建て日経平均においても反落となり米朝会談が無難に終えドル高を迎えたがウォールストリートジャーナル報道により米連邦公開市場委員会で米連邦準備理事会のタカ派姿勢が確認され、FOMC利上加速により新興市場での資本流出の可能性での下落懸念と再度の米中貿易摩擦懸念でドル安となり9:00に寄付207.22㌦を付後これらの懸念を恐れ値嵩ハイテク等今迄先物で裁定買をした分を裁定解消にし「コンバージョン戦略」で先物売却にし09:26に寄付直後安値206.86㌦を記録後、円ショート分が無く急な円高要素が無くドル高円安に振れ米金利の上昇方向が明確になった為、大型バリュー銘柄に裁定解消を誘う先物売り即ち「コンバージョン戦略」を受け利益確定売りが優勢となり巨大機関投資家の中でバリューより中小型グロース株が優位との判断が大勢を占めたために内需銘柄に裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」を行う者も多いことから10:34に最高値207.56㌦に達成後揉み合い、ドル円上昇一服により「コンバージョン戦略」が入り前場引けでは前日比15㌣安の207.52㌦を付け11:35の前場引では前日比20㌣安の207.47㌦となり、節目の208㌦前に臣従している。後場12:30には207.33㌦で開始し、海外原油も高値堅調を維持していたため先物による空売りの買戻セクターである海運、水産・農林、石油・石炭製品に加え継続して中小型グロース株に裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」を行う者も多いことから14:00に前場引値間際に近い高値である207.49㌦を付後、ユーロドルはボトムアウトし中立金利を目指すユーロへ舵を切るとするとECBがタカ派内容と捉える可能性があるため、北東亜細亜地政学的リスクは後退したものの国際政治の不透明感が派生すると捉えられ利確と同時に一時的調整が発生する可能性も残され、米国での明日の中国関税品目の修正厳格化があれば米中貿易戦争の再発から円高になり自動車関税の引上げに繋がり米国のインフレとなり長期的には将来的ドル高インパクトに繋がるためこれらの懸念や日銀による金融政策変更懸念を考える向きもあることからECBや日銀前でもあり手控えられ裁定解消を誘う先物売を示す「カバードコール戦略」が入り15:00に前日比1㌦2㌣安として206.65㌦を付け、大引けにかけて7月物はコールが軒並み売らプットは総じて上昇し15:15では前日比96㌣安の206.71㌦を記録し両建て日経平均は反落となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅91㌣高になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.63倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲7.17%、騰落レシオは95.91%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0613


06月13日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は反発したが、日経平均、日経平均先物、Topix、さらにTopix先物は続伸した。新興株13日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均先物オプション7月物は続伸しドル建て日経平均では某情報ベンダーによるとチャート上では雲上三役好転で米朝首脳会談が無難に終え米国横這いで地政学的リスクが低下した為比較的堅調で、9:00に寄付207.31㌦を付後FOMCが今晩控え長短金利差逆転になるとリセッションに陥る可能性もあり身構え巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買即ち「リバーサル戦略」を実行する者も多い為、海運銘柄、材料銘柄や電鉄銘柄等出遅銘柄にこの先物買が入り10:09に最高値207.91㌦を付後、リセッションを恐れ値嵩ハイテク等今まで先物で裁定買をした分を裁定解消にし「カバードコール戦略」で先物売却にし11:02に最安値207.21㌦を記録後、経済指標の日米の強さから内需銘柄に裁定買を誘う先物買に当る「リバーサル戦略」を行う者も多いことから11:15に前場高値207.47㌦に達成後、米ロサンゼルスで12日開幕のゲーム見本市「E3」で家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」向けの新作ソフトの発売日などを発表したが、任天堂は発売日が下期以降に偏っているとして「スイッチ」の販売が伸び悩みかねないとの見方が聞かれ裁定解消を誘う先物売り即ち「コンバージョン戦略」を受け利益確定売りが優勢となり11:20に207.34㌦を記録後裁定買を誘う先物買に値する「リバーサル戦略」が入り、ドル円上昇により前場引けでは前日比2㌣高の207.38㌦を付け11:35の前場引では前日比4㌣高の207.40㌦となり、米連邦公開市場委員会の結果判明を前に買い上がる勢いは乏しく、節目の208㌦に接近すると上値を抑えられて足踏みとなった。後場12:30には207.39㌦で開始し、「為替の円安推移を受けて総じて堅調だったが、基本的に先物が中心の動きだった。FOMCがハト派寄りだったり欧州中央銀行(ECB)理事会がタカ派寄りとなるようなら、ドル安が意識され、短期的に相場が巻き戻されるリスクがあるため注意が必要で好業績銘柄を個別物色できる地合いの良さは感じられるが、ドル建て日経平均の208㌦は壁として意識されている。FOMC後の米国株次第で日本株の方向感が示されるもの。」との意見が巨大機関投資家の中ではコンセンサスになりつつあるため揉み合いながらも裁定買を誘う先物買に匹敵する「リバーサル戦略」を行う者が多い為14:50に大引け直前高値207.87㌦を付後ドル上昇一服からFOMCやECB前でもあり手控えられ裁定解消を誘う先物売りが入り15:00に前日比38㌣高として207.74㌦を付け、大引けにかけて7月物はプットが総じて下落しコールはおおむね上昇し15:15では前日比31㌣高の207.67㌦を記録し両建て日経平均は反発となった。ドル建日経平均上げ幅は高安値幅70㌣高になり、仮需比率1%以下且つ日経平均per13.75倍で底値近づき13倍割れで買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では中立の▲10.43%、騰落レシオは99.02%となった。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

0612


06月12日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。06月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理は強気になりドル建日経平均は反落したが、日経平均、日経平均先物、Topix、さらにTopix先物は続伸した。新興株12日の日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均先物オプション6月物は続伸しドル建て日経平均では某情報ベンダーによると欧米株高に加えドル上昇を歓迎で寄付72㌣高の208.14㌦で開始し高値・下値切上型で始まり陸運等ディフェンシブに資金が入り9:08に最高値208.35㌦を付後、節目208㌦を回復したことを受け上昇一服となりカドロー米国家経済会議委員長が心臓発作を起こし、首都ワシントン近郊の病院で治療を受けていることが明らかになると、先行き不透明感が意識され裁定解消を誘う先物売に匹敵する「カバードコール戦略」を取る巨大機関投資家が多い為月曜の利上げ後を見越した仕掛的な「先物買・円売り」の巻戻が発生し落として戻り売込もうとしたのが見え先物売りで重くなり10:00に最安値206.71㌦を付後、その後カドロー委員長の発作は非常に軽度であると伝わり売り込む動きも限定的と捉えられ裁定買を誘う先物買戻に当る「リバーサル戦略」が入り、10:45に揺り戻し高値208.10㌦を付け巨大機関投資家の中では208㌦から上は重いと確認された。ただ、仮に米朝首脳会談が大成功と評価されて欧米で株高となるなら日本株も上方向に持っていかれる可能性があり、警戒する者もいる事から「カバードコール戦略」が入り11:15に206.71㌦になり切返し、前場引けでは前日比3㌣安の207.39㌦を付け11:35の前場引では前日比8㌣高の207.50㌦となり、後場12:30には207.63㌦で開始し、後場ではワーキングランチ後の米朝首脳同士の融和ムードを材料に円安を受けて裁定買を誘う先物期に匹敵する「リバーサル戦略」が仕掛けられ14:03に2038.11㌦を付け、再び208㌦を試す動きとなったが、米朝首脳の合意文書の内容に対する警戒感が重しとなり大統領の会見や協議の内容を確認したい巨大機関投資家の見方が大半なため「カバードコール戦略」による裁定解消売が入り下げ幅若干拡大し、14:40に後場安値207.48㌦を付後、署名式典があったという報道から裁定買を誘う先物買戻即ち「リバーサル戦略」が入り14:49に大引直