中小型株専門銘柄レポート『相場のキューピッド』

相場のキューピッド  大当たり速報

最終更新:2012年12月21日18:45 PM

 

12/21長大+23.3%(11/15推奨)

12/21電算+20.8%(11/16推奨)

12/21きもと+13.9%(11/21推奨)

12/21日本輸送+13.4%(11/30推奨)

12/21ソフトブレーン+13.3%(11/6推奨)

12/21じもとHD+13.3%(11/30推奨)

11/30山田コンサル+38.3%(11/20推奨)

11/30ハナテン+36.4%(11/26推奨)

11/30インタースペース+15.2%(11/27推奨)

11/30シノケンG+8.8%(11/28推奨)

11/30C&R +5.3%(11/20推奨)

11/30ショーエイコーポ-1.8%(11/27推奨)

11/27陽光都市+67.1%(11/20推奨)

11/27サニーサイド+23.1%(11/22推奨)

11/27日本エスコン+15.2%(11/22推奨)

11/27ベルマーク+10.9%(11/12推奨)

11/27モブキャスト-9.6%(11/11推奨)11/27Topixベア-12.2%(6/4推奨)

11/20ランドビジネス+123.9%(11/12推奨)

11/20アーバネット+28.8%(11/8推奨)

11/20アイフル+27.3%(11/14推奨)

11/20MDNT+11.2%(11/15推奨)

11/20オムロン+6.9%(11/8推奨)

11/20きちり-58.5%(6/18推奨)

11/20ドーン-59.6%(6/5推奨)

10/11ポールトゥウ+13.9%(6/27推奨)

10/11コスモバイオ+12.8%(6/12推奨)

9/20ヒューリック+19.8%(6/26推奨)

9/20ベネワン+7.6%(6/20推奨)

8/24ウェザーニュ+25.5%(6/19推奨)

8/24タカキュー+22.4%(6/19推奨)

8/24スタートトゥ+9.9%(6/15推奨)

7/18アストマックス+68.3%(6/29推奨)

7/18A&T+27.4%(6/12推奨)

7/18ライトオン+9.1%(6/25推奨)

7/18ニトリHD+6.3%(6/27推奨)

6/26アビックス+59.5%(6/21推奨)

6/26ロジコム+16.0%(6/22推奨)

6/26サニックス+11.0%(6/20推奨)

6/25ワンダー+16.8%(6/21推奨)

6/21ぱど+24.69%(6/11推奨)

6/21グラウンド+20.44%(6/11推奨)

6/19プラット+34.79%(6/11推奨)

6/19アビックス+17.79%(6/15推奨)

6/19オービス+10.08%(6/13推奨)

6/19リブセンス+8.05%(6/13推奨)

6/13テンプHD+13.46%(6/5推奨)

6/13光通信+6.91%(6/7推奨)

2/8ジオスター+1.36%(1/30推奨)

2/8インタースペース+1.98%(1/30推奨)

2/8インターアクション+0.74%(1/29推奨)

2/8リブセンス-1.36%(1/29推奨)

2/8イーブックイニシアティブジャパン+0.10%(12/16推奨)

2/8テラプローブ-1.60%(1/26推奨)

2/8KLab+6.36%(1/23推奨)

2/8ドリコム+9.85%(1/23推奨)

2/8日本道路+16.18%(1/16推奨)

2/8鐘崎+3.75%(1/12推奨)

2/8テンポスバスターズ-22.12%(1/9推奨)

2/8夢真ホールディングス+8.65%(1/9推奨)

2/8日東ベスト+0.12%(12/21推奨)

2/8ホリプロ-0.19%(12/21推奨)

2/8日本アビオニクス+9.52%(12/19推奨)

2/8パーク24-1.99%(12/16推奨)

2/83Dマトリックス-11.66%(12/15推奨)

1/19日本橋梁51.1%(1/16推奨)

1/19ナノキャリア+18.1%(1/12推奨)

1/19東京計器+13.2%(12/19推奨)

1/19東京リスマチック-9.0%(12/20推奨)

1/19ルック-10.0%(12/20推奨)

1/11 ダイユーエイト28.1%(12/27推奨)

1/11 やまや12.1%(12/15推奨)

1/11 GCジョイコ5.9%(12/18推奨)

1/5 シスウェーブ32.5%(12/27推奨)

12/27 エイジア37.1%(12/22推奨)

12/27 ワオコーポ12.4%(12/21推奨)

12/22 エイジア21.8%(12/20推奨)

12/22 スリープロ+18.8%(12/20推奨)

12/22 C-ノア+17.0%(12/20推奨)

12/22 ヤマナカ+15.4%(12/20推奨)

12/16免疫生物+39.7%(12/12推奨)

12/16 山王+30.9%(12/14推奨)

12/16 ピクルス+24.3%(12/13推奨)

12/16 ネプロ+16.6%(12/8推奨)

12/16 日本管理+10.6%(12/14推奨)

12/16 コナカ+10.4%(12/12推奨)

12/16 薬王堂+9.7%(12/13推奨)

12/16 キッセイ薬品+5.0%(12/12推奨)

12/15 日本管理+38.9%(12/12推奨)

12/15 共立メンテ+9.6%(11/16推奨)

12/15 梅の花+8.2%(12/8推奨)

12/15 協和キリン+2.4%(11/15推奨)

12/15 プロミス+1.8%(10/2推奨)

12/14 ドワンゴ+27.7%(11/15推奨)

12/14 スリープロ+29.8%(12/11推奨)

12/14 ガイヤHD+20.2%(12/12推奨)

12/14 あさひ+4.9%(11/28推奨)

12/14 アルインコ+6.2%(10/23推奨)

12/14 ツガミ-0.7%(11/28推奨)

12/13 市進HD-0.8%(11/20推奨)

12/08 フジプレアム+48.3%(12/06推奨)

12/08 省電舎+43.5%(12/06推奨)

12/08 きちり+41.9%(12/06推奨)

12/08 NPC +26.1%(12/06推奨)

「相場のキューピッド」及び「レポート会員」に掲載の銘柄、並びに「プレミアム会員 」及び「特別会員」に推奨の銘柄から、抜粋しています。

相場のキューピッド

究極の売買プログラムハイパーキューピッド

ハイパーキューピッド1号の運用パフォーマンス

最終更新:2021年1月15日22:00PM

1月15日


1月15日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月15日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建日経平均とTopix先物、日経平均と日経平均先物、Topixは反落。新興株15日の日経ジャスダック平均は続落と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反発しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。バイデン次期米大統領による財政政策の規模が2兆ドルに及ぶと伝わったことを好感して、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付277.15㌦を付け開始し裁定解消売の買戻が入り9:01には277.57㌦を付け寄付き天井となり最高値更新となるも材料出尽くし感が巨大機関投資家の間で確認されると売仕掛の裁定解消売が入り11:20には275.20㌦迄下幅拡大したのが観測され、11:30には前日比0.10㌦高の276.01㌦を付け、11:35には前日比0.12㌦高の276.03㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に275.88㌦で寄付後、一時12:31に275.96㌦迄買戻されるが時間外の米株価指数先物の軟調推移に歩調を合わせ売仕掛の裁定解消売が入り、13:15には274.46㌦迄下幅拡大するが押し目狙いの裁定買も入り13:39には275.55㌦迄反発するが続かず調整の売仕掛の裁定解消売が入り14:19には274.45㌦迄下幅拡大し最安値更新を迎え持高解消が入り、15:00には前日比1.16㌦安の274.75㌦迄買戻され、大引けではオプション2月物はコールが総じて下落し、プットは上昇が目立った状況で15:15には前日比1.06㌦安の274.85㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は3.12㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.1%の小幅悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per26.11倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲40.05%、騰落レシオは103.88%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月14日


1月14日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月14日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建日経平均とTopix先物、日経平均と日経平均先物、Topixは続伸。新興株14日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米株が小動きまちまちで還ってきた中、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付273.96㌦を付け開始したが9:01に273.66㌦を付け最安値更新。米市場では米長期金利下落で景気敏感株が売却されハイテク株が買われた流れを引き継いでドル建て日経平均は売仕掛解消の裁定解消買が入りその後プラスに転じ11:01には277.70㌦を付け、11:30には前日比2.77㌦高の277.23㌦を付け、11:35には前日比2.45㌦高の276.91㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に277.67㌦で寄付後、ファーストリテイリングが上場来高値を更新し14:00の278.62㌦迄裁定解消買が入り最高値更新を迎え280㌦に迫る場面もありましたが、今晩、ウェブ会議にてパウエルFRB議長発言やバイデン次期大統領がバンカー出身ながら金融界に批判的なゲーリー・ゲンスラー氏を証券取引委員会(SEC)委員長に指名する見通しとの観測報道から巨大機関投資家の中では売仕掛の裁定解消売を入れる者もいる事から14:23には274.95㌦迄上げ幅縮小するも裁定売り残の買戻が入る事で14:49に276.69㌦迄持ち直し、15:00には前日比1.53㌦高の275.99㌦迄買戻され、大引けではオプション2月物は株式相場の上昇を受けて、コールは総じて買われ一方、プットは売りが目立った状況で15:15には前日比1.45㌦高の275.91㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は4.96㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.0%の小幅悪化となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per26.33倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲43.59%、騰落レシオは109.50%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月13日


1月13日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月13日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建日経平均とTopix先物は反発し、日経平均と日経平均先物、Topixは続伸。新興株13日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。今朝のドル建て日経平均は9:00寄付271.25㌦を付け開始したが9:00に271.24㌦を付け最安値更新。米長期金利一服でドル円が下落した事で重しになったものの、0.01㌦下げた後すぐ切返し共和党と民主党の協力で米国追加経済対策を背景とした米株の反発を受け、売仕掛解消の裁定解消買が入り、11:30には前日比3.23㌦高の273.49㌦を付け、11:35には前日比3.26㌦高の273.52㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に273.75㌦で寄付後、安川電機の上方修正を手掛かりに裁定売残の買戻や景気敏感やハイテク株に売仕掛解消の裁定解消買が入り、12:59に275.21㌦を付け外国巨大機関投資家に最注目されたが、為替動向が重しとなり持高調整も入る事で14:45に274.21㌦迄上げ幅縮小するも裁定売り残の買戻が入る事で、15:00には前日比4.20㌦高の274.46㌦迄買戻され、大引けではオプション2月物は株式相場の上昇を受けて、コールに値上がりが目立ち、プットは下落した状況で15:15には前日比4.20㌦高の274.46㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は3.97㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で36.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per26.17倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲41.69%、騰落レシオは104.47%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月12日


1月12日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月12日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建日経平均とTopix先物は反落したが、日経平均と日経平均先物、Topixは続伸。新興株12日の日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数とCDS指数は下降した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は下落したがSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。今朝のドル建て日経平均は9:00寄付268.96㌦を付け小幅安で開始したが9:02に267.95㌦を付け最安値更新。一旦268㌦を下回るが下げが限定的であることで1989年のドル建て日経平均での最高値に顔合わせ再注目され、巨大機関投資家による売仕掛解消の裁定解消買が入り切返し9:55には271.41㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、10:41には269.56㌦迄売が一巡した後は医薬品、値嵩株等の一角に売仕掛解消の裁定解消買が入り11:00には270.45㌦迄買戻され持高解消が入り、11:30には前日比0.56㌦安の270.29㌦を付け、11:35には前日比0.53㌦安の270.32㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に269.67㌦で寄付後、一旦は買戻され13:21には270.24㌦迄持ち直したが、菅首相から関西3府県にも緊急事態宣言の対象拡大をするとの表明から懸念材料と見られ売仕掛の裁定解消売が入り13:21には269.35㌦迄下落し先週末の終値付近で暫く膠着感を見せたが、大引け直前では日本の取引時間中に米株価指数先物が堅調に推移したことが追い風となり売仕掛解消の裁定解消買が入り切返し14:45には271.06㌦迄買戻され持高調整後、15:00には前日比0.64㌦安の270.21㌦迄買戻され、大引けではオプション2月物はコールが高安まちまち、プットは総じて下落した状況で15:15には前日比0.59㌦安の270.26㌦迄買戻される形で引けた。高安値幅は3.46㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で37.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per26.09倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲39.06%、騰落レシオは102.41%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月8日


1月8日金曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月8日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建日経平均、日経平均と日経平均先物、TopixとTopix先物は続伸。新興株8日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数が反落しCDS指数は下降した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数とSOX指数は上昇した。新元号が「令和」と制定。米株3指数揃って最高値を受け、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付267.07㌦を付け小幅高で開始したが同時刻に266.57㌦を付け最安値更新。しかし米次期政権下での大型景気対策への期待等から売仕掛解消の裁定解消買が入り11:29には269.41㌦迄買戻され、11:30には前日比2.98㌦高の269.33㌦を付け、11:35には前日比2.96㌦高の269.31㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に269.43㌦で寄付後、一旦は下落したが13:00には270.25㌦迄持ち直したが、7日のトランプ大統領ビデオメッセージでの敗北宣言を受け一時下がるも昨年末に新年相場の下げを見込んで売り方に回っていた巨大機関投資の買戻しなども巻き込みながら、売仕掛解消の裁定解消買が入り持高調整後、15:00には前日比4.47㌦高の270.82㌦迄買戻され、大引けではオプション21年1月物はコールが上昇し、プットは下落した状況で15:15には前日比4.50㌦高の270.85㌦迄買戻され最高値更新を迎え終える形で引けた。高安値幅は4.28㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で39.3%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per26.02倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入るが、総合乖離率では安値圏▲39.55%、騰落レシオは103.96%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月7日


17日木曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。17日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が強気になり、ドル建日経平均、日経平均と日経平均先物は反発したが、TopixTopix先物は続伸。新興株7日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数が反落しCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。NYダウが最高値を更新し、今朝のドル建て日経平均は9:00寄付265.41㌦を付け小幅高で開始。米ジョージア州の上院での決選投票での結果を受け、次期新政権による追加景気対策への観測から米長期金利が上昇。この流れから売仕掛解消の裁定解消買が金融関連、割安な景気敏感銘柄に入り10:51には267.94㌦に到達し上げ幅を4.6㌦以上迄記録し最高値更新を迎えたがナスダックの反落を受け、売仕掛の裁定解消売が入り、11:30には前日比3.64㌦高の266.98㌦を付け、11:35には前日比3.72㌦高の267.06㌦を付け終了した。午後に入ると12:30267.11㌦で寄付後、一旦は下落したが13:05には267.24㌦迄持ち直したが、また、ブルーウェーブシナリオの実現期待から米長期金利が1%を超えて上昇したのを受け、売仕掛の裁定解消売が入り1425265.87㌦迄下幅拡大し、売仕掛解消の裁定解消買が入り持高調整後、15:00には前日比3.06㌦高の266.40㌦迄買戻され、大引けではオプション21年1月物はコールは買われ、プットは売られた状況で15:15には前日比3.01㌦高の266.35㌦迄買戻され266㌦を継続して終える形で引けた。高安値幅は2.53㌦になり空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で37.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per25.59倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では安値圏▲32.49%、騰落レシオは95.49%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月6日


16日水曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。16日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建日経平均、日経平均と日経平均先物は続落したが、TopixTopix先物は反発。新興株6日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反発した。某情報ベンダーによるとVix指数が反発しCDS指数は下落した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。為替の円高ドル安を重しに今朝のドル建て日経平均は9:00寄付263.95㌦を付け小幅高で開始。その後、米株反発や商品価格の上昇等を支えに売仕掛解消の裁定解消買が入り9:51265.05㌦を付け最高値更新を迎え一時小幅にプラスに転じたが、米大統領および上下議会の過半数を民主党が占めるいわゆるブルーウェーブシナリオの実現の生末を決める米ジョージア州上院選の投開票結果が速報ベースで拮抗していると伝わると、民主党政権主導による増税や規制強化などを警戒した売仕掛の裁定解消売が値嵩ハイテク株等に入り10:47262.94㌦迄下落した処で、売り一巡後下げ渋りまして一時プラスに転じる場面もあり、11:30には前日比0.08㌦安の263.80㌦を付け、11:35には前日比0.05㌦安の263.83㌦を付け終了した。午後に入ると12:30263.20㌦で寄付後、昨日買われたハイテク株等にも同様に警戒した売仕掛の裁定解消売が入り13:03262.70㌦迄下幅拡大し最安値更新を迎え下幅1.18㌦安を記録すると、売仕掛解消の裁定解消買が入り14:19には263.83㌦迄買戻されたが前日の日銀による上場投資信託〔ETF〕の1日当たりの買い入れ額が減額されていたことから、巨大機関投資家間では、「27000円台では積極的に買わないという姿勢だろう」との見方も聞かれ、こうした需給面での下支え役の存在が薄れたことも嫌気された可能性がある事から売仕掛の裁定解消売が入り持高調整後、15:00には前日比0.62㌦安の263.26㌦迄買戻され、大引けではオプション21年1月物はコール、プットともに売られた状況で15:15には前日比0.54㌦安の263.34㌦迄買戻され260㌦を継続して終える形で引けた。高安値幅は2.35㌦になり空売り比率は3353%のレンジ相場間売買で40.4%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per25.14倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では安値圏▲27.84%、騰落レシオは98.60%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1月5日


1月5日火曜日、第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1月5日の相場観で重要なことは、Put-callレシオで投資家心理が弱気になり、ドル建日経平均、日経平均と日経平均先物、TopixとTopix先物は続落した。新興株5日の日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反落した。某情報ベンダーによるとVix指数が反発しCDS指数は上昇した。さらに仮需比率が1%以下であり、EPSが反落しNBI指数は上昇したがSOX指数は下落した。新元号が「令和」と制定。上院の決選投票と年始の米株が3日振りに大幅安となった事を嫌気し今朝のドル建て日経平均は9:00寄付263.27㌦を付け小幅安で開始。その後一段下がり9:03に262.85㌦を付け後売仕掛解消の裁定解消買がハイテク株や半導体に入り9:51に254.57㌦を付け売り一巡後下げ渋りまして一時プラスに転じる場面もあり、11:30には前日比0.48㌦安の264.08㌦を付け、11:35には前日比0.48㌦安の264.08㌦を付け終了した。午後に入ると12:30に264.42㌦で寄付後、12:31に264.67㌦迄買戻され最高値更新を迎えたが、コロナ拡大で緊急事態宣言による業績懸念や為替の円高基調に加え上院決選投票でトリプルブルーが成立すると債券大量発行に寄る財政出動が起き利回り金利が上昇する悪い金利上昇が発生し債券損失による株売り対策としての売仕掛の裁定解消売が入り13:17には252.59㌦迄下落し下げ幅を1.73㌦程度に拡げ此処で最安値更新を迎える場面もあったのですが今日も昨日に引き続き260㌦を割れること無く終え持高調整後、15:00には前日比0.76㌦安の263.80㌦迄買戻され、大引けではオプション21年1月物はコールは売られ、プットは買われた状況で15:15には前日比0.68㌦安の263.88㌦迄買戻し260㌦を継続して終える形で引けた。高安値幅は1.84㌦になり空売り比率は33~53%のレンジ相場間売買で40.8%の改善となり、仮需比率1%以下且つ日経平均予想per25.02倍で、13倍割れで底値近づき買戻機会発生し調整に入り総合乖離率では安値圏▲48.27%、騰落レシオは90.60%と銘柄絞り込み開始を迎え持高解消と見受けられた。引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

究極の売買プログラム

昨年のマーケットダイジェストはこちら

 

ニュース

2020-12-17 年末年始の営業日のお知らせ

                  年内は12月29日(水)まで営業致します。新年は1月5日(火)より通常営業致します。

2020.10.26 臨時休業のお知らせ

                  10月26日(月)から10月30日(金)まで休業致します。11月2日(月)より通常営業致します。

2019-04-02 GW期間休業のお知らせ

                  4月26日(金)から5月7日(火)まで休業致します。5月8日(水)より通常営業致します。

2018-11-20 年末年始の営業日のお知らせ

                  年内は12月27日(木)まで営業致します。新年は1月4日(金)より通常営業致します。

契約について

投資情報できる株、初心者向けサラリーマン投資及び円高強銘柄発掘   矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社 矢野新興産株式会社 矢野新ホールディングス

SBI証券 投資顧問業協会 証券アナリスト協会 金融庁第二種金融商品取引業協会

アクセスカウンタ

アクセスカウンタ(トップページ)

ページトップへ戻る