中小型株専門銘柄レポート『相場のキューピッド』

相場のキューピッド  大当たり速報

最終更新:2012年12月21日18:45 PM

 

12/21長大+23.3%(11/15推奨)

12/21電算+20.8%(11/16推奨)

12/21きもと+13.9%(11/21推奨)

12/21日本輸送+13.4%(11/30推奨)

12/21ソフトブレーン+13.3%(11/6推奨)

12/21じもとHD+13.3%(11/30推奨)

11/30山田コンサル+38.3%(11/20推奨)

11/30ハナテン+36.4%(11/26推奨)

11/30インタースペース+15.2%(11/27推奨)

11/30シノケンG+8.8%(11/28推奨)

11/30C&R +5.3%(11/20推奨)

11/30ショーエイコーポ-1.8%(11/27推奨)

11/27陽光都市+67.1%(11/20推奨)

11/27サニーサイド+23.1%(11/22推奨)

11/27日本エスコン+15.2%(11/22推奨)

11/27ベルマーク+10.9%(11/12推奨)

11/27モブキャスト-9.6%(11/11推奨)11/27Topixベア-12.2%(6/4推奨)

11/20ランドビジネス+123.9%(11/12推奨)

11/20アーバネット+28.8%(11/8推奨)

11/20アイフル+27.3%(11/14推奨)

11/20MDNT+11.2%(11/15推奨)

11/20オムロン+6.9%(11/8推奨)

11/20きちり-58.5%(6/18推奨)

11/20ドーン-59.6%(6/5推奨)

10/11ポールトゥウ+13.9%(6/27推奨)

10/11コスモバイオ+12.8%(6/12推奨)

9/20ヒューリック+19.8%(6/26推奨)

9/20ベネワン+7.6%(6/20推奨)

8/24ウェザーニュ+25.5%(6/19推奨)

8/24タカキュー+22.4%(6/19推奨)

8/24スタートトゥ+9.9%(6/15推奨)

7/18アストマックス+68.3%(6/29推奨)

7/18A&T+27.4%(6/12推奨)

7/18ライトオン+9.1%(6/25推奨)

7/18ニトリHD+6.3%(6/27推奨)

6/26アビックス+59.5%(6/21推奨)

6/26ロジコム+16.0%(6/22推奨)

6/26サニックス+11.0%(6/20推奨)

6/25ワンダー+16.8%(6/21推奨)

6/21ぱど+24.69%(6/11推奨)

6/21グラウンド+20.44%(6/11推奨)

6/19プラット+34.79%(6/11推奨)

6/19アビックス+17.79%(6/15推奨)

6/19オービス+10.08%(6/13推奨)

6/19リブセンス+8.05%(6/13推奨)

6/13テンプHD+13.46%(6/5推奨)

6/13光通信+6.91%(6/7推奨)

2/8ジオスター+1.36%(1/30推奨)

2/8インタースペース+1.98%(1/30推奨)

2/8インターアクション+0.74%(1/29推奨)

2/8リブセンス-1.36%(1/29推奨)

2/8イーブックイニシアティブジャパン+0.10%(12/16推奨)

2/8テラプローブ-1.60%(1/26推奨)

2/8KLab+6.36%(1/23推奨)

2/8ドリコム+9.85%(1/23推奨)

2/8日本道路+16.18%(1/16推奨)

2/8鐘崎+3.75%(1/12推奨)

2/8テンポスバスターズ-22.12%(1/9推奨)

2/8夢真ホールディングス+8.65%(1/9推奨)

2/8日東ベスト+0.12%(12/21推奨)

2/8ホリプロ-0.19%(12/21推奨)

2/8日本アビオニクス+9.52%(12/19推奨)

2/8パーク24-1.99%(12/16推奨)

2/83Dマトリックス-11.66%(12/15推奨)

1/19日本橋梁51.1%(1/16推奨)

1/19ナノキャリア+18.1%(1/12推奨)

1/19東京計器+13.2%(12/19推奨)

1/19東京リスマチック-9.0%(12/20推奨)

1/19ルック-10.0%(12/20推奨)

1/11 ダイユーエイト28.1%(12/27推奨)

1/11 やまや12.1%(12/15推奨)

1/11 GCジョイコ5.9%(12/18推奨)

1/5 シスウェーブ32.5%(12/27推奨)

12/27 エイジア37.1%(12/22推奨)

12/27 ワオコーポ12.4%(12/21推奨)

12/22 エイジア21.8%(12/20推奨)

12/22 スリープロ+18.8%(12/20推奨)

12/22 C-ノア+17.0%(12/20推奨)

12/22 ヤマナカ+15.4%(12/20推奨)

12/16免疫生物+39.7%(12/12推奨)

12/16 山王+30.9%(12/14推奨)

12/16 ピクルス+24.3%(12/13推奨)

12/16 ネプロ+16.6%(12/8推奨)

12/16 日本管理+10.6%(12/14推奨)

12/16 コナカ+10.4%(12/12推奨)

12/16 薬王堂+9.7%(12/13推奨)

12/16 キッセイ薬品+5.0%(12/12推奨)

12/15 日本管理+38.9%(12/12推奨)

12/15 共立メンテ+9.6%(11/16推奨)

12/15 梅の花+8.2%(12/8推奨)

12/15 協和キリン+2.4%(11/15推奨)

12/15 プロミス+1.8%(10/2推奨)

12/14 ドワンゴ+27.7%(11/15推奨)

12/14 スリープロ+29.8%(12/11推奨)

12/14 ガイヤHD+20.2%(12/12推奨)

12/14 あさひ+4.9%(11/28推奨)

12/14 アルインコ+6.2%(10/23推奨)

12/14 ツガミ-0.7%(11/28推奨)

12/13 市進HD-0.8%(11/20推奨)

12/08 フジプレアム+48.3%(12/06推奨)

12/08 省電舎+43.5%(12/06推奨)

12/08 きちり+41.9%(12/06推奨)

12/08 NPC +26.1%(12/06推奨)

「相場のキューピッド」及び「レポート会員」に掲載の銘柄、並びに「プレミアム会員 」及び「特別会員」に推奨の銘柄から、抜粋しています。

相場のキューピッド

究極の売買プログラムハイパーキューピッド

ハイパーキューピッド1号の運用パフォーマンス

最終更新:2017年3月24日17:40PM

324


さあ皆様こんにちは、324日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。324日の相場観で重要なことは、Put-callレシオが投資家心理で強気になり、ドル建て日経平均、日経平均、Topixと日経平均先物 が続伸したがTopix先物は反発した。新興株24日、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション4月物では、オバマ前政権の医療保険制度改革法を改廃する法案の採決を延期しヘルスケア法案については採決を行う方針に米下院共和党の指導部が決めた。これに加え、サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁は米紙ウォールストリート・ジャーナルとのビデオインタビューで、金融当局の取り組み次第では年内に3回か、もしかしたらそれ以上の利上げが理にかなうと述べ日本時間で24日の時間外取引でも、米10年債利回りは上昇しドル高になった。これらから「カバードコール戦略」の巻戻しが発生し寄付171.79㌦と36㌣高の高値上昇で「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り、買戻し中心の強い展開になり「コンバージョン戦略」が打たれ前引直前の11時に「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り、前場引けを迎えた。後場では「コンバージョン戦略」が打たれ後場最安値をつけた処で黒田日銀総裁の政策継続買介入を受けイベント通過後の材料出尽くし安心感や外貨を円に換えて本国送金するリパトリの激化や3月期決算企業の配当権利付き最終売買日に向けての買戻を迎え「リバーサル戦略」が打たれ後場最高値となり金融庁の特別検査を睨んだ地方銀行等のデュレーション調整と益出による一部投資家からの超長期ゾーンへの益出しの債券先物売等が手伝い「コンバージョン戦略」を駆使して前場後場共に巨大機関投資家の中ではオプションを使って取引を行い大引けを迎えたものも多くなかった。ドル建て日経平均で確認すると、巨大機関投資家により「カバードコール戦略」の巻戻が打たれ900寄付で171.79㌦となり、「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り、1030に高値173.18㌦を記録し「コンバージョン戦略」が打たれ前引直前の1100172.78㌦をつけ「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り、前場引1135に前日比163㌣高の173.06㌦で引けた。後場では1230173.06㌦をつけ、前場の流れに逆行して「コンバージョン戦略」が打たれ1235172.43㌦をつけ「リバーサル戦略」が打たれ1415173.06㌦をつけ「リバーサル戦略」が巨大機関投資家によりこれらの戦略が打たれコールが軒並み上昇し、プットは軒並み下落したため1500172.82㌦をつけ、大引1515では前日比142㌣高の172.85㌦をつけ続伸した。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了し、ドル安の割には日経平均が強く、企業業績が良く強いので、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。 東証マザーズ指数先物6月物は続伸した。清算値は6.5ポイント(0.62%)高の1048.0だった。72枚の売買が成立した。総合乖離率は8.68%と割安で、騰落レシオは106.37%であった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

323


さあ皆様こんにちは、323日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。323日の相場観で重要なことは、Put-callレシオが投資家心理で強気になり、ドル建て日経平均、日経平均、Topix、日経平均先物は反発したがTopix先物は続落した。新興株23日、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。
日経平均オプション4月物では、通商政策やヘルスケア法案通過等が厳しいとの観測報道から、トランプ大統領政策遂行能力に疑問符が付き求心力への失望感に繋がったため、米国長期債券先物売却に繋がり、為替債券ではプット需要が高まったことからドル先物投げが生じドル安になった。これに加え、米国原油在庫増から原油先物は低下し金先物が上昇したのを受け、株式先物が下落し、日本時間では巨大機関投資家により「カバードコール戦略」が打たれ、寄付き高値を付けた後、9:40には国内も政治リスクである召喚問題が焦点となり「コンバージョン戦略」が打たれ、前場引け直前の10:22に最安値を記録した。時間外で原油先物が戻し、米国下院採決期待から「リバーサル戦略」が打たれ一時節目171㌦を下回る場面もあったが、ここを「日足での気崩れ」すなわち割安買場と見なして裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り前場引けを迎えた。後場では継続して「リバーサル戦略」が打たれレパトリの円需要からのドル売に対する先物買戻等も入り大引けを迎え、下げ分をほぼ埋めた。
ドル建て日経平均で確認すると、巨大機関投資家により「カバードコール戦略」が打たれ900寄付で171.11㌦となり、912に高値171.43㌦を記録し「コンバージョン戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、935170.65㌦をつけ「リバーサル戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、940171.05㌦を記録後、国内政治リスク報道から「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1022に最安値170.39㌦をつけ、時間外で原油先物が戻し米国下院採決期待から「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り、1130171.07㌦をつけ、前場引値は1135に前日比41㌣高の171.12㌦となった。後場では1230171.06㌦をつけ、前場の流れに加え継続して「リバーサル戦略」が打たれレパトリの円需要からのドル売に対する先物買戻等も入り、1500171.35㌦をつけ、大引1515では前日比72㌣高の171.43㌦をつけた。コール、プットとも下げが目立ち前日よりも高く引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了し、ドル安の割には日経平均が強く、企業業績が良く強いので、引続き円高時(日足での気崩時)に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する「鯨幕相場」も警戒すべきだろう。
東証マザーズ指数先物6月物は反発した。清算値は11.0ポイント(1.07%)高の1041.5だった。132枚の売買が成立した。総合乖離率は5.94%と割安で、騰落レシオは99.82%であった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

322


さあ皆様こんにちは、322日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。322日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になりドル建て日経平均は反落し、日経平均やTopix、日経平均先物が続落し、Topix先物は反落であった。新興株22日日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション4月物は、巨大機関投資家が次の方法で前場と後場で先物によりオプション市場での先物売りを絡ませ「コールが総じて下落し、プットは軒並み上昇」を行い大引けを迎えた。具体的には、アベノミクス・トランプ政権政策期待からインフレと観測され裁定買を誘う 「リバーサル戦略」を含む先物買が入っていたがアベノミクス・トランプ政権政策後退から長期金利が下がり価格が上昇したことを受けドル円ロング先物買持高に対する調整が入りドル安に繋がった。昨日から本日にかけ「リバーサル戦略」で上昇し寄付から高値を付け欧米時間を受け「コンバージョン戦略」が入り先物による裁定解消が入り安値をつけた後、「リバーサル戦略」が入り最高値更新後、海外と同様に商業担保不動産証券化商品であるCMBSの空売りに併せ日本でも行われたのを受け「カバードコール戦略」が打たれ前場最安値をつけ前場引を迎えた。後場では前場の流れに加え北朝鮮によるミサイル発射即ち地政学的リスクを受け下落し13時頃「リバーサル戦略」が打たれ1340分と146分で三尊天井形成後さらに「コンバージョン戦略」が打たれ14:44分に「リバーサル戦略」が入り前日よりも安く大引けを迎えた。ドル建て日経平均で確認すると900寄付で171.62㌦となり高値903171.76㌦を記録し「コンバージョン戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り915171.30㌦をつけ「リバーサル戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り最高値171.78㌦を記録後、「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1112170.82㌦をつけ、「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り、1130170.95㌦をつけ「カバードコール戦略」が打たれ前場引値は1135に前日比171㌣安の170.92㌦となった。後場では前場の流れに加え北朝鮮によるミサイル発射即ち地政学的リスクを受け下落し1301170.75㌦をつけ「リバーサル戦略」が打たれ1340171.02㌦と1406171.05㌦で三尊天井形成後さらに「コンバージョン戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り14:44170.55㌦をつけ「リバーサル戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り「コールが総じて下落し、プットは軒並み上昇」を行い大引けを迎えた。前日よりも安く大引けを迎えた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了しドル安の割には日経平均が強いため、企業業績が良く強いので引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物6月物は反落した。清算値は21ポイント(2.00%)安の1030.5だった。371枚の売買が成立した。総合乖離率は5.26%と割安で騰落レシオは104.65%であった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください

321


さあ皆様こんにちは、321日 火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。321日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になりドル建て日経平均は反発し、日経平均やTopix、日経平均先物が続落したが、Topix先物は反発であった。新興株21日日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション4月物は、前場では雇用統計が最良でなくトランプ大統領の予算教書も中身が不明で利上速度加速失敗で行過期待を政策事実で訂正調整入りに加え欧州不安でドル売り調整を受けドル売り円高でドル建ても含め日本相場が始まった。これらより「カバードコール戦略」が行われ9:40頃に米国最高裁判事で保守系が選出されたり日本企業の格付改善や欧州安定報道等良好報道を受け「リバーサル戦略」が打たれ「カバードコール戦略」をし「リバーサル戦略」を打たれ前場引けを迎え、後場では供給過剰懸念による原油売りで原油先物が低下し、国債大量償還・利払日で好需給環境が意識され買増により価格上昇し金利低下することが報道され裁定取引による「コンバージョン戦略」を行った後で「リバーサル戦略」を行い巨大機関投資家によって行われ、コールが売られ、プットは総じて買われドル建てでは0.22%上昇したものの日経平均やTopixでは前日終値付近で抑えられた。ドル建て日経平均で確認すると「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、寄付で172.49㌦を記録し940に上記の報道がなされ同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1045173.07㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1128172.75㌦をつけ「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り、三角保合上抜けを形成し前場引値は1135に前日比50㌣高の172.75㌦となった。後場では12:30には172.68㌦をつけ「コンバージョン戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1245172.54㌦を記録し「リバーサル戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1300172.75㌦をつけ、同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り、1451172.49㌦をつけ1500172.49㌦をつけ「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り、大引け直前1515には38㌣高の172.63㌦で大引を迎えた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了しドル安の割には日経平均が強いため、企業業績が良く強いので引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物6月物は反発した。清算値は19.5ポイント(1.89%)高の1051.5だった。業績の拡大が期待できる中小型の現物株に買いが向かい、先物も上昇した。382枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

317


さあ皆様こんにちは、317日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。317日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均 Topixは反落した。日経平均先物が続落したがTopix先物 は反落であった。新興株17日日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。
日経平均オプション4月物は、FOMC利上速度加速を想定した裁定買を誘う先物買を仕掛けていたが、想定外が発生し債券利回りが反落し、日本政局では「森友学園」による国内政局不安や原発事故等に代表される東芝東電等継続問題から日本でも政局危機への疑義が生じ、更にFTSEの銘柄入替に関する持高調整に加えG20声明問題、そしてFRBバランスシート縮小時期問題等への回避から、1日の取引で「カバードコール戦略」後「コンバージョン戦略」を行い、大引け直前で日本工作機械受注が増加したという報道を受け、逆三尊底をドル建て日経平均チャートで確認されて「リバーサル戦略」も入り昨日大引値付近まで切り替えすことで、巨大機関投資家によりコールがおおむね下げ、プットはおおむね上昇したため、小幅下落で大引けを迎えた。ドル建て日経平均で確認すると、寄付で172.11㌦を記録し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り917172.24㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り957172.27㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1109171.09㌦をつけ「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り、三角保合上抜けを形成し前場引値は1135に前日比91㌣安の172.10㌦となった。後場では12:30には172.07㌦をつけ「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1335172.32㌦を記録し同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」が入り、1335172.32㌦をつけ「カバードコール戦略」が入り、1405172.02㌦をつけ「リバーサル戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1500172.19㌦をつけ「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り、大引け直前1515には76㌣安の172.25㌦で大引を迎えた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了したため、引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。
 東証マザーズ指数先物6月物は反落した。清算値は17ポイント(1.62%)安の1032.00ポイントで、850枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

316


 さあ皆様こんにちは、316日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。316日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり、ドル建て日経平均、日経平均 、Topixは反発した。日経平均先物が続落したがTopix先物 は横這いであった。新興株16日日経ジャスダック平均が反発し、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション4月物は国内決算対策売、証券自己勘定売買減損処理が終了、米国債務上限問題警戒に加えて、FOMCを受け連邦準備制度理事会(FRB)による目先の利上げ加速への期待が後退し、金が続落し原油積上げ元から原油上昇となりドル安になった。株価は欧米共に上昇した。これらを受け「カバードコール戦略」が行われ10時頃オランダ下院選への警戒感が後退との報道を受け市場に安心感が復活し、同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」が取られ前場引け三角保合状況で前場引けた。後場高く開始し、日銀政策決定会合で現状維持報道を受け円債券が企業業績悪化懸念段階まで買戻されず、G20での通商政策強気で日銀買戻期待から先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」をさらに採用する巨大機関投資家が多いためコールとプットがともに売り優勢となり、日足では2月末から3月前半における窓を埋めての上昇を迎え陽の丸坊主で大引けを迎えた。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、寄付で171.59㌦を記録し1002にオランダ下院選への警戒感が後退との報道を受け市場に安心感が復活し、「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1016172.77㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、三角保合を形成し前場引値は1135に前日比179㌣高の172.44㌦となり、後場では12:30には172.55㌦をつけ日銀政策決定会合で現状維持報道を受け円債券が企業業績悪化懸念段階まで買戻されずG20での通商政策強気で日銀買戻期待から先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」をさらに採用され1415173.02㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1433172.72㌦をつけ「リバーサル戦略」をさらに採用され、1500170.92㌦をつけ「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け直前1515には236㌣高の173.01㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了したため、引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。
東証マザーズ指数先物6月物は反発した。清算値は
16.0ポイント(1.55%)高の1049.0で、405枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

315


 さあ皆様こんにちは、315日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。315日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物、Topix、及びTopix先物は続落した。新興株15日日経ジャスダック平均が反落し、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション4月物はサウジによるシェール油増産で原油在庫積上に繋がれば需給増・需要減となり原油価格下落に繋がった。これから米株安になり金融緩和継続と見なされドル円上値抑え「カバードコール戦略」が行われ56㌣安程度の下げで始まり逆三尊底形成後人民元弱含み報道から同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」が取られ前場引け三角保合状況で前場引けた。後場高く開始し「カバードコール戦略」が行われ3か月物国庫短期証券入札で前回対比落ち着いた結果という報道受け「リバーサル戦略」が施され、イベント通過後の通商政策懸念や原油下落による金融緩和継続懸念やFRBバランスシート縮小時期懸念から同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」を行った後、大引け直前「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り、巨大機関投資家がこれら戦略を採用することからコールがおおむね売られ、プットは上昇が目立ち本日の高値圏で終了した。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、高値寄付で170.33㌦から170.49㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1046170.12㌦をつけ「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り前場引値は1135に前日比34㌣安の170.29㌦となり、後場では12:30には170.38㌦をつけ高値1236170.44㌦を記録し「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1320170.24㌦となり「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1440170.59㌦をつけ「コンバージョン戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1500170.54㌦をつけ「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け直前1515には2㌣高の170.65㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物6月物の清算値は36.5ポイント(3.41%)安の1033.0だった。売買高は765枚だった。総合乖離率は14.60%で騰落レシオは118.13%であった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

314


 さあ皆様こんにちは、314日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。314日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物、Topix、及びTopix先物は反落した。新興株14日日経ジャスダック平均が反発し、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション6月ものは米国長期金利が3か月ぶりの上昇となりドルが高くなり商品相場の反発はあったがFOMC開催中でもあり売買交錯中の保合相場に変遷している。FOMC金利見通問題による利上げ回数問題やFRBバランスシート縮小時期懸念、OPEC月報、欧州問題、イールドカーブ形状問題や通商問題懸念からユーロ買からドル売りに繋がり米国長期債下落に繋がり小幅ドル高になった。これを受け高値寄付きをつけ「カバードコール戦略」が入り、同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」が取られたが中国工業生産が改善した為、裁定買に代表される「リバーサル戦略」が組まれ前場引前日付近で終了できた。後場では連邦公開市場委員会(FOMC)での発表内容を見極めたいとの思惑から手控えムードでG20では「世界的不均衡税策」が取られドルにとって上値抑えのドル安懸念となり同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」を巨大機関投資家が採用することからコールが下落し、プットは上昇が目立ち下げに転じ信用引締めリスクや米国保護主義的貿易政策懸念に反し中国経済が安定成長軌道上に存在するとの観測から「リバーサル戦略」がうたれその後様子見となり「コンバージョン戦略」が取られ大引けを迎えた。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、高値寄付で170.86㌦から170.91㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、923170.67㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1010170.91㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、中国鉱工業指数報道を受け「リバーサル戦略」でもある裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1127170.96㌦をつけ、前場引値は1135に前日比25㌣安の170.92㌦となり、後場では12:30には170.81㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1420170.75㌦となり好調な中国経済指標報道を受け「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1435170.92㌦をつけ「コンバージョン戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等を継続して行われ1500170.75㌦をつけ「コンバージョン戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1515には54㌣安の170.63㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物6月物は続落した。清算値は2.5ポイント(0.23%)安の1069.5だった。397枚の売買が成立した。 総合乖離率は15.43%で騰落レシオは127.43%であった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

313


 さあ皆様こんにちは、313日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。313日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり、ドル建て日経平均、日経平均、日経平均先物、Topix、及びTopix先物は続伸した。新興株13日日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション174月では好調な雇用統計を織込済のために米国株式市場は上昇したが今週のG20で「世界的均衡を是正へ見直との観測」報道からECBQE終了前利上主張と報道され現行の緩和方針の転換が図られドルにとってトランプ通商政策懸念から上値抑制になり、ユーロ買からドル売りに繋がり米国長期債下落に繋がり小幅ドル高になった。これを受け「カバードコール戦略」が入り安値寄付きをつけ、同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」が取られ前場引高く終了できた。日銀の企業物価指数なども好調なためドル建ても含め寄り一巡後、後場では切り替えし保合相場の中で、1238分、1330分と1350分と逆三尊底形成でリバーサル戦略を巨大機関投資家が打った為、プットとコールともに下落が目立ち小幅切替し上昇で大引けを迎えた。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、ECB報道で小幅ドル高となり「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、寄付安値で168.19㌦をつけ、「リバーサル戦略」でもある裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1020171.12㌦となり「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1059170.87㌦をつけ「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1120170.99㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、前場引値は1135に前日比112㌣高の171.03㌦となり、後場では12:30には171.09㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1238171.02㌦となり「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1244171.19㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等を継続して行われ1330171.02㌦をつけ「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1340171.09㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1350171.02㌦をつけ逆三尊底を形成し「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1432171.20㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1432171.12㌦をつけ「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1500171.18㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1515には126㌣高の171.17㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物6月物の清算値は12.0ポイント(1.10%)安の1072.0だった。売買高は682枚だった。 総合乖離率は16.16%で騰落レシオは123.69%であった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

310


  さあ皆様こんにちは、310日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。310日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり、ドル建て日経平均は反発し日経平均、日経平均先物、Topix、及びTopix先物は続伸した。新興株10日日経ジャスダック平均は続伸し、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション173月では米国長期金利が2.6%に達し上昇を迎えドル高になり米株上昇し昨年来高値を迎えている。陰の極から動きだし寄ってから高い処を見ると東京時間で買戻す巨大機関投資家の存在が確認できる。SQ確定値は日経平均型で19,434.30円、Topix型では1588.62pとなった。但し原油に関しては協調減産不可であるためファンドの玉整理で投げられ昨日からの「リバーサル戦略」から上昇し寄付高で開始後、「カバードコール戦略」が入り安値をつけロールオーバーや3月期末決算の持ち高調整後、「リバーサル戦略」が取られ前場引高く終了できた。利上げ歓迎強いADP雇用統計から「カバードコール戦略から下落し、後場引け間際で「リバーサル戦略」が行われ大引けを迎えた。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で168.90㌦をつけ、「リバーサル戦略」でもある裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り938169.78㌦となり「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1004169.48㌦をつけ「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り前場引値は1135に前日比166㌣高の169.89㌦となり、後場では12:30には170.04㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1410169.84㌦となり「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1435170.04㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等を継続して行われ1500169.86㌦をつけ裁定取引による裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1515には118㌣高の169.91㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物6月物は清算値が前日比6.0ポイント(0.55%)高の1084.0だった。売買高は395枚だった。 総合乖離率は16.04%で騰落レシオは125.06%であった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

309


  さあ皆様こんにちは、309日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。309日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり続落したドル建て日経平均を除き、日経平均、日経平均先物、Topix、及びTopix先物は反発した。新興株09日日経ジャスダック平均は続伸し、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション173月では原油安を受けて欧州まちまちで良好なADP雇用統計を受けて米株は弱いが 長期金利が上昇反発し為替が強くなり日本株相場も強くなった。雇用統計も良いものが多いのではとの考えから小幅高に落ち着いた。ECB理事会ではユーロの見直期待からユーロ高・円安が期待されたのも一因とみられる。為替要因を除くと日本株も地政学的リスクや原油安及び為替でのモーゲージ 債のコンベクシティーヘッジ問題での円高等があるためドル建てでは薄商いで「カバードコール戦略」を打ち、後場では様々な世界的リスクにより同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」を採用する巨大機関投資家が多いためコールは高安まちまちで、プットは下落しドル建て日経平均では続落した。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で169.08㌦をつけ、「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1019168.52㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1040168.80㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1130には168.54㌦をつけ前場引値は1135に前日比82㌣安の168.52㌦となり、後場では12:30には168.48㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1425168.79㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等を継続して行われ1435168.57㌦をつけ「リバーサル戦略」でもある裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1500168.70㌦をつけ裁定取引による裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1515には61㌣安の168.73㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は反落した。清算値は1ポイント(0.09%)安の1080.5だった。957枚の売買が成立した。 総合乖離率は11.78%で騰落レシオは119.36%であった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

308


  さあ皆様こんにちは、308日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。308日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、日経平均先物、及びドル建て日経平均は続落し、Topix、及びTopix先物は続落した。新興株08日日経ジャスダック平均は続伸し、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション173月では市場で3月利上折込済でSQ週でもあり対円で車問題で買辛い対日リスクから、通商政策リスク即ちドル安政策に注目されたことから金利上昇期待を勝り雇用統計の賃金上昇が重要となったがこれらの不安から全ての停滞リスクが伺えデフレ化不安の再燃から欧米株安で小安く日本も開始した。これらを受けて「カバードコール戦略」を打ち、後場では日本GDPが弱く材料視されず2月雇用統計・FOMC不安による米国長期金利一服から同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」を巨大機関投資家が行った事から期末に向けての保合解消売りも発生し総じて裁定解消を通して続落となった。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で169.53㌦をつけ、904169.64㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1028168.75㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1100169.10㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1120には168.95㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り前場引値は1135に前日比72㌣安の169.12㌦となり、後場では12:30には169.24㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1248169.38㌦をつけ「コンバージョン戦略」でもある裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等を継続して行われ1445169.01㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1500169.28㌦をつけ裁定取引による裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1515には50㌣安の169.34㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。総合乖離率は11.01%と割安で騰落レシオは109.79%とテクニカル的には危機回避であった。東証マザーズ指数先物3月物は反発した。清算値は10.0ポイント(0.93%)高の1081.0だった。1241枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

307


  さあ皆様こんにちは、307日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。307日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、日経平均先物、及びドル建て日経平均は続落し、Topix、及びTopix先物は続落した。新興株07日日経ジャスダック平均が続伸し、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション173月では利上回数が不明でFOMCやドットチャート発表日迄動き辛くボックスを上抜途中で押留られ保合相場の状況で需給中心からの逆回転発生時での買手不在相場状況に陥りトランプ大統領議会演説後FRB高官発言で利上気運が高揚したが6月利上が高くなく3FOMC声明文であるイエレンFRBイエレン議長発言で利上実現性を見る段階に差し掛かった。3月利上げ強行で心配が無くなりオプションが広さ深さを持たずドットチャートで利上ペース問題即ち金利見通しに加え北朝鮮ミサイルで円買のリパトリになり欧米株安受けて「カバードコール戦略」を打ち、後場トランプ大統領予算教科書演説での予算配分で心配となり「材料の谷間で売り」で更なる「リバーサル戦略」を巨大機関投資家が行うため、コール、プットともに下落し他のを受けドル建てを含む日経平均や日経平均先物が続落しTopixTopix先物が反発した。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で169.77㌦をつけ、902169.66㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り0945169.93㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、前場引値は1135に前日比46㌣安の169.74㌦となり、後場では12:30には169.83㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1250169.93㌦をつけ「コンバージョン戦略」でもある裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等を継続して行われ1459169.58㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1500169.83㌦をつけ裁定取引による裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1515には36㌣安の169.84㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。総合乖離率は12.66%と割安で騰落レシオは113.48%とテクニカル的には危機回避であった。東証マザーズ指数先物3月物は5営業日ぶりに反落した。清算値は9.5ポイント(0.9%)安の1071.0だった。650枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

306


  さあ皆様こんにちは、306日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。306日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、Topix、日経平均先物、ドル建て日経平均、及びTopix先物は続落した。新興株06日日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション173月では3月利上げにイエレンFRB議長が言及するも日本時間において米韓軍事演習への抗議として地政学的リスクが発生しドル安を迎え巨大機関投資家により前場カバードコール戦略が行われ後場、財政政策実行における不透明さ及び新興国への悪影響も加わりオプションSQ週でもあるため19,500円ポジションとオプション建玉で確認すると建玉19,500円持高と19,750GS持高が処分され手仕舞売となり、即ち同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」を打たれ、割高株式先物売後、割安株式現物買が行われ手仕舞いとなり1日を通して売買代金が低調となり続落で大引けとなった。よって、コールが総じて売られ、プットも権利行使価格1万9125円以下は下落した。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で170.54㌦をつけ、「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、920169.99㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1035170.41㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、前場引値は1135に前日比30㌣安の170.24㌦となり、後場では12:30には170.17㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1325170.36㌦をつけ「コンバージョン戦略」でもある裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等を継続して行われ1350170.01㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1414170.29㌦をつけ「コンバージョン戦略」でもある裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1500170.18㌦をつけ裁定取引による裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1515には34㌣安の170.20㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。総合乖離率は13.51%と割安で騰落レシオは108.79%とテクニカル的には危機回避であった。東証マザーズ指数先物3月物は清算値が6.5ポイント(0.60%)高の1080.5だった。売買高は742枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

303


  さあ皆様こんにちは、303日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。303日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、Topix、日経平均先物、ドル建て日経平均、及びTopix先物は反落した。新興株03日日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション173月ではトランプリスク後退で3月利上が発生し米国前日大幅高から利確中心で反落しトランプ指先介入リスク有で上値重く日本のCPI指標がデフレ脱却に至れずNY原油安で資源関連銘柄が米国相場から日本相場でも売られたことを受けて長期金利下落を受けドル安となり日米株が共通して利上引締リスク懸念拡大から3月期末決算対策売出始め利確に結び付いた。これにより朝方プラス圏に浮上するが、コールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」を前場で行った上で、後場では後場寄りまで下落し、14時以降リビジョンインデックスでは上方修正銘柄が多いため、同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」を行った上で、割高株式現物売後、割安株式先物売を行う裁定取引も同時に行われる巨大機関投資家が多いため、コールが軒並み下落し、プットは総じて上昇して日本株相場反落となり大引となった。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で170.97㌦をつけ、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り0907に高値171.22㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、前場引値は1135に前日比56㌣安の170.97㌦となり、後場では12:30には171.00㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等を継続して行われ1339170.19㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1414170.37㌦をつけ「コンバージョン戦略」でもある裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1437169.94㌦をつけ裁定取引による裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1515には99㌣安の170.54㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。総合乖離率は15.17%と割安で騰落レシオは108.13%とテクニカル的には危機回避であった。東証マザーズ指数先物3月物は続伸した。清算値は3.0ポイント(0.28%)高の1074.0だった。488枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

302


  さあ皆様こんにちは、302日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。302日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、Topix、日経平均先物、ドル建て日経平均、及びTopix先物は続伸した。新興株02日日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション173月ではFRB高官による3月利上発言により金利利上機会歓迎やVix指数下落を織込みつつあり大統領選後最高値の米株になり欧州株も上昇し中国経済指標も良好で強いサポートとして見られたことから長期金利上昇でドル高を迎え米国は債券先物売後、割安株式先物買戻しになっている。一部FRBBS不安から振興市場にも資金が入りデジタル教材即ちテクノロジー相場化した。夜相場で同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」を行った後、前場寄付後高値を付け、コールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」を行った上で、同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」を行い、前場引け直前から後場引迄、同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」を行った上で、更に「コンバージョン戦略」を行なった上で、割高株式現物売後、割安株式先物売を行う裁定取引も同時に行われる巨大機関投資家が多いため、コールが軒並み上昇、プットは全面安の状況下で日本株相場上昇となり大引となった。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で171.81㌦をつけ、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り0916に高値172.42㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1005171.97㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1040172.25㌦をつけ「コンバージョン戦略」でもある裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1125171.96㌦をつけ「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1130170.25㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値は1135に前日比117㌣高の172.20㌦となり、後場では12:30には172.02㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1331171.68㌦をつけ「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1340171.90㌦をつけ「コンバージョン戦略」でもある裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1500171.59㌦をつけ「コンバージョン戦略」でもある裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1515には50㌣高の171.53㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。総合乖離率は16.97%と割安で騰落レシオは111.84%とテクニカル的には危機回避であった。東証マザーズ指数先物3月物は小幅に続伸した。清算値は1ポイント(0.09%)高の1071.0だった。387枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

301


  さあ皆様こんにちは、301日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。301日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、Topixが続伸し、日経平均先物、ドル建て日経平均、及びTopix先物は反発した。新興株01日日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション173月では欧州上昇し米国市場反落し日本12月期法人企業統計が良好でFRB高官による利上発言により長期金利上昇が発生しドル高になった。前場は市場リスクオフによるコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」を行った上で、同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」を行い、後場の大統領発言で市場意識の好転が発生し米国雇用貢献企業としてソフトバンクにも言及したことからソフトバンクに代表されるロボテックスを含むテクノロジー関連銘柄に資金が集まりリスクイベント重視から景気指標重視に移動し中国景気指標も改善皿田と確認され、同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」を行う巨大機関投資家が多いため、コールが軒並み上昇、プットは総じて下落し日本株相場上昇となり大引となった。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で169.99㌦をつけ、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り0916171.04㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、0935170.96㌦をつけ「コンバージョン戦略」でもある裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1104169.71㌦をつけ逆三尊底となり、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1130170.30㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値は1135に前日比12㌣高170.14㌦となり、後場では12:30には170.60㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1240170.64㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1246170.37㌦をつけ「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り12本移動平均線を下値支持線にして1500170.97㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1515には101㌣高の171.03㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。高安幅は136㌣で総合乖離率は14.48%と割安で騰落レシオは113.06%とテクニカル的には危機回避であった。 東証マザーズ指数先物3月物は反発した。清算値は10.5ポイント(0.99%)高の1070.0だった。698枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください 。

228


  さあ皆様こんにちは、228日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。228日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、Topixが続伸し、日経平均先物、ドル建て日経平均、及びTopix先物は続落した。新興株27日日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション173月ではトランプ米大統領は27日、ホワイトハウスで州知事らに対し「大規模なインフラ支出を開始する」と述べた。これを受け3月利上説の思惑から米国の長期金利上昇をうけドル高好感となりMSCI株価指数のリバランスに伴う売買需要も影響し同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」が打たれ一時は前日比77㌣高をつけ米株高共に日本株も上昇し「割高先物売後割安現物買」の裁定取引で裁定買が増え急騰し、後場ではトランプ効果が後ずれするとの見方が広がると、米金利の上昇鈍化による円高であす以降の日本株が売られるリスクも意識し2月相場の終了や持ち高調整売り傾向からコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が行われ、マクロ政策に関係ない値幅流動性を保持する材料銘柄や業績関連銘柄等バリュー株に資金が集中し買戻す巨大機関投資家が多いためコールに買いが入り、プットは売られ両先物及びドル建て日経平均が反落し一方で日経平均及びTopixは上昇した。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で170.27㌦をつけ、「リバーサル戦略」が打たれ925170.95㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り955170.54㌦をつけ「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1047171.06㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1125170.90㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り前場引値は1135に前日比64㌣高170.93㌦となり、後場では12:30170.90㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1305171.00㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1500169.97㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1515には27㌣安の170.02㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。総合乖離率は10.41%と割安で騰落レシオは113.90%であった。 東証マザーズ指数先物3月物は横ばいだった。清算値は1059.5だった。523枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

227


  さあ皆様こんにちは、227日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。227日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、及びTopix先物は続落した。新興株27日日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション173月は28日のトランプ大統領の施政方針演説待でこれを中心に動き制作能力不安のため米国金利下落に繋がりドル安になった。さらに演説前の持高整理(買戻)も入り 欧州政治不安から来るユーロ解体不安から超長期債の日独国債が買われ他の先進国債が売られ長期債券下落が様々な国で起きた。欧米の強さにも不安があり日独の通貨なら強いだろうから返済時に、持てるように購入している模様である。為替では行過楽観訂正が入り本日もドル安になった。有事の金も上昇している。これらにより前場ではコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が行われた一方で後場では同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」による裁定解消が発生しマクロ政策に関係ない値幅流動性を保持する材料銘柄や業績関連銘柄等バリュー株に資金が集中し買戻す巨大機関投資家が多いためコールが下落した。プットはおおむね買われ、日経平均、日経平均先物及びドル建て日経平均が続落になった。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で170.53㌦をつけ、0916に高値170.85㌦をつけカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1016169.59㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1050171.10㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1104169.97㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1130170.05㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値は1135に前日比39㌣安170.01㌦となり、後場では12:30170.56㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1245170.35㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1345170.93㌦をつけ「コンバージョン戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1309170.90㌦をつけ「コンバージョン戦略」による裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1434170.18㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1445170.49㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1500170.41㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1515には61㌣安の170.29㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。総合乖離率は10.53%と割安で騰落レシオは109.83%であった。 東証マザーズ指数先物3月物は清算値が3.0ポイント(0.28%)高の1059.5だった。売買高は536枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 224


  さあ皆様こんにちは、224日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。224日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均だけが続落し、Topix、日経平均先物、Topix先物は続落し、ドル建て日経平均は反落した。新興株24日日経ジャスダック平均は続伸し、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション173月は週足日経平均でドル建て共に小幅続伸ではあるが欧州政治情勢不安による株下落に加えNYダウが上昇他まちまちでインフラ法案が米国で来週持越しからインフラ投資で危機となり28日のトランプ大統領の施政方針演説待でこれを中心に動くため米国金利下落に繋がりドル安になった。これにより短期資金筋の餌食となり前場ではコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が行われた一方で同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」による裁定買が発生しマクロ政策に関係ない値幅流動性を保持する材料銘柄や業績関連銘柄等バリュー株に資金が集中し買戻され、後場は材料無のエアポケット状態でトランプ政権の経済刺激策への不安や28日のトランプ米大統領の議会演説後は米国株が材料出尽売から「カバードコール戦略」を打ちその後、同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」を採用する巨大機関投資家が多いためコールがおおむね下落した一方、プットは上昇し、日経平均が続落し日経平均先物及びドル建て日経平均が反落になった。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、カバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り寄付で170.63㌦をつけ、0925170.62㌦をつけ「リバーサル戦略」による裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1030171.62㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1121171.36㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1130171.42㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値は1135に前日比18㌣安170.52㌦となり、後場では12:30171.36㌦をつけ「カバードコール戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1326170.65㌦をつけ「リバーサル戦略」による裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1345170.93㌦をつけ「コンバージョン戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1434170.63㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1500170.93㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1515には13㌣安の170.90㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。総合乖離率は13.67%と割安で騰落レシオは109.11%であった。 東証マザーズ指数先物3月物は上昇した。清算値は10.0ポイント(0.95%)高の1056.5だった。1448枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

223


  さあ皆様こんにちは、223日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。223日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均だけが続落し、Topix、日経平均先物、Topix先物は反落し、ドル建て日経平均は続伸した。新興株23日日経ジャスダック平均は続伸し、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション173月は木内日銀審議員とムニューチン米財務長官発言で物価上昇が2%割れ、税制改革遅れで重いとの事からドル円米国10年債利回が2.40%台に低下し連邦公開市場委員会議事録によると多くの参加者がかなり早期の利上げが適切になる可能性を指摘した半面、インフレ圧力が顕著に高まるというシナリオが現実化するリスクは低いものにとどまったのを受けドル安を迎えた。これにより短期資金筋の餌食となり前場ではコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が行われた一方で値幅流動性を保持する材料銘柄や業績関連銘柄等バリュー株に資金が集中し材料出尽くしで下げ向かい、後場は材料無のエアポケット状態でトランプ政権の経済刺激策への不安や28日のトランプ米大統領の議会演説後は米国株が材料出尽売から「コンバージョン戦略」を採用する巨大機関投資家が多いためコールが総じて売られプットは上昇が目立ち、日経平均が続落し日経平均先物が反落しドル建て日経平均が 続伸になった。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で170.88㌦をつけカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1008に最安値170.19㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1105170.64㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1115170.40㌦をつけ「コンバージョン戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値は1135に前日比18㌣安の170.52㌦となり、後場では12:30170.60㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1347170.99㌦をつけ「コンバージョン戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1405170.65㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1451171.08㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1500170.05㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1515には33㌣高の171.03㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。総合乖離率は15.41%と割安で騰落レシオは113.29%であった。 東証マザーズ指数先物3月物の清算値は13.0ポイント(1.25%)高の1046.5で、売買高は216枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

222


  さあ皆様こんにちは、222日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。222日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均だけが反落し、Topix、日経平均先物、Topix先物は続伸し、ドル建て日経平均は続伸した。新興株22日日経ジャスダック平均は続伸し、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション173月は米国3指数及び原油は高値を維持し寄付き高値開始となった。しかし金利上昇せず弱くドル安で決算対策売が散見され米金利下落故、株が上昇しにくいスタグレーションシナリオの可能性でより低下した。これらより前場ではコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が行われた一方で材料銘柄や業績関連銘柄等バリュー株に資金が集中し材料出尽くしで下げ向かい、後場は製造業PMIや中古住宅販売等経済統計資料が回復の兆しが見えることから裁定解消を踏まされた分の買戻が入り14時頃から欧州政治情勢・トランプ大統領政策不安やNT倍率が年初来安値到達不安から「コンバージョン戦略」を採用する巨大機関投資家が多いため日経平均が反落し日経平均先物及びドル建て日経平均が小幅反発になった。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で170.88㌦をつけカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1100に最安値170.37㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1130170.66㌦をつけ前場引値は1135に前日比02㌣安の170.66㌦となり、後場では12:30170.55㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1415170.87㌦をつけ「コンバージョン戦略」である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1451170.64㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1500170.83㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1515には02㌣高の170.70㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。総合乖離率は15.85%と割安で騰落レシオは118.33%であった。 東証マザーズ指数先物3月物は続伸した。清算値は1.0ポイント(0.09%)高の1033.5だった。111枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

221


  さあ皆様こんにちは、221日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。221日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、Topix、日経平均先物、Topix先物は続伸し、ドル建て日経平均は続伸した。新興株21日日経ジャスダック平均は続伸し、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション173月は欧州まちまちでポンド強く円が弱いため円安好感され海外勢売無で続伸になり、日本のみの実力を示すドル建てでは170㌦を維持しかなり強いがFED高官から3月早期利上げ観測が出るものの金融引き締めに当り大統領による財政政策規模が不明確で欧州政治リスクが観測されるため前場ではコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」が行われ日本半導体市場良好なため前場引け間際から後場にかけ同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」でもある裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等を行う巨大機関投資家が多いためコールが総じて上昇し、プットは全面安となりさらに半導体市場が良好という報道を受け半導体銘柄に巨大機関投資家によって資金が流入して5日と25日移動平均を上回ってドル建て共に取り戻し上昇した。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で170.15㌦をつけカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、925に最安値170.07㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1036170.57㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1119170.34㌦をつけ「リバーサル戦略」である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1130170.39㌦をつけ前場引値は1135に前日比32㌣高の170.39㌦となり、後場では12:30170.63㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1246170.50㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1335170.57㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1410170.46㌦をつけリバーサル戦略である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1449170.76㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1500170.65㌦をつけリバーサル戦略である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1515には61㌣高の170.68㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。総合乖離率は16.19%と中立で騰落レシオは118.39%であった。 東証マザーズ指数先物3月物は8日続伸した。清算値は4.5ポイント(0.44%)高の1032.5だった。88枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

220


  さあ皆様こんにちは、220日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。220日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、Topix、日経平均先物、Topix先物は反発し、ドル建て日経平均は反発した。新興株20日日経ジャスダック平均は続伸し、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション173月は米国プレジデントデーによる休場、フランス大統領危機、東芝問題や貿易収支赤字から米金利上昇が無く円高が重しとなりドル建てで、0.01㌦寄付きで高く開始したが3月末の巨大機関機関投資家のリバランス調整売りによる「カバードコール戦略」で下落し、後場は日銀によるTopix系インデックスリバランス買が入り112円から113円が相互補完的金融政策で120円が上限目標と見なされ上海総合指数プラスに加え巨大M&A、高速鉄道整備関連及びシェールガス等LNG輸入も米国からとする貿易赤字回復等好材料銘柄に「リバーサル戦略」であるオプションによる先物を使用した裁定買戻等から前場マイナススタートから引けにかけてプラスで終了した。前場コールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」を、先物を使用し裁定解消が入り前場を下げさせ、後場では同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」を採用する裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入る巨大機関投資家が多いためプットがおおむね売られ、コールはまちまちとなりプラスで引けた。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で169.68㌦をつけ905に最安値169.34㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り945169.97㌦をつけカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1100169.59㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1130169.78㌦をつけ前場引値は1135に前日比11㌣高の169.78㌦となり、後場では12:30170.17㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1234170.42㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1330170.16㌦をつけリバーサル戦略である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1435170.35㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1500170.24㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1515には40㌣高の170.07㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。総合乖離率は14.39%と割安で騰落レシオは107.51%であった。東証マザーズ指数先物3月物は終値が7日続伸した。清算値は3.5ポイント(0.34%)高の1028.0で、売買高は210枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

217


  さあ皆様こんにちは、217日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。217日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、Topix、日経平均先物、Topix先物は続落し、ドル建て日経平均は続落した。新興株17日日経ジャスダック平均は続伸し、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション173月は米国市場が最高値をつけたがトランプ大統領税制改正の判断難、国境税が出し難く利益出にくい事からドル上値が重く輸入業者のリパトリエーションによるドル売りで円を回収しドル買一服感が発生している。さらに東芝問題によりインデックス売りが継続し前場コールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」を先物を使用し裁定解消が入り前場を下げさせ売買高増となり、後場では同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」を採用する裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入る巨大機関投資家が多いためコールが軒並み下げ、プットは総じて堅調となり下落した。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で169.67㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り902169.87㌦をつけカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、936169.14㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1030169.86㌦をつけカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1130169.61㌦をつけ前場引値は1135に前日比31㌣安の169.59㌦となり、後場では12:30169.49㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1410169.81㌦をつけコンバージョン戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1450169.43㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1500169.64㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1515には23㌣安の169.67㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了しオプションSQ値が19,276.09円でこれを上抜き終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。総合乖離率は14.35%と割安で騰落レシオは100.64%であった。東証マザーズ指数先物3月物は5日ぶりに反落した。清算値は1.0ポイント(0.09%)安の1024.5だった。445枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

216


  さあ皆様こんにちは、216日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。216日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、Topix、日経平均先物、Topix先物は反落し、ドル建て日経平均は反落した。新興株16日日経ジャスダック平均は続伸し、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション173月は米英株価は上昇し米株が最高値をつけ長期金利が上昇しないためドル安を迎え、日本では東芝が半導体子会社売却見送りで債務超過懸念があることから3月末東証規程通りの2部指定替えでシャープと同様に日経平均の除外分の売り外しでインデックス売買が入り前場コールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」を先物を使用し裁定解消が入り前場を下げさせ売買高増となり、後場では同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」を採用する裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入る巨大機関投資家が多いためコールが軒並み下落し、プットは総じて上昇する膠着感のある下渋相場となり新興市場や東証2部に資金シフトがされているのが確認できた。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で170.24㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り926169.98㌦を記録した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り956に最高値170.37㌦をつけカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1058169.20㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1125170.01㌦をつけ前場引値は1135に前日比26㌣安の169.75㌦となり、後場では12:30169.68㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1250169.76㌦をつけコンバージョン戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1350169.68㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1405169.94㌦コンバージョン戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1430169.54㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1500169.91㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1500169.96㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1515には11㌣安の169.90㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了しオプションSQ値が19,276.09円でこれを上抜き終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。総合乖離率は16.37%と割安で騰落レシオは103.56%であった。東証マザーズ指数先物3月物は小幅続伸した。清算値は0.5ポイント(0.05%)高の1025.5だった。370枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

215


  さあ皆様こんにちは、215日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。215日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、Topix、日経平均先物、Topix先物は反発し、ドル建て日経平均は反発した。新興株15日日経ジャスダック平均は続伸し、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション173月はイエレン議長発言を受け米長期金利上昇で超長期債も上昇傾向になりドル高に変わった。SQが下支えとなり急反発し水曜日毎7連勝を迎え寄付後高値を迎えコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」を行いその後、同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」を採用し前場上昇させ、後場では材料出尽くしから伸び悩み「カバードコール戦略」でもある裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り「リバーサル戦略」を採用する巨大機関投資家が多いためコールが軒並み上昇し、プットは総じて下落を受け日本相場は伸び悩みながらも上昇となった。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で170.09㌦をつけ924に高値170.33㌦を記録した後、カバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、935170.09㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1123170.39㌦をつけ前場引値は1135に前日比54㌣高の170.25㌦となり、後場では12:30170.28㌦をつけ後場1245に高値170.31㌦を記録し「カバードコール戦略」でもある裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1410169.94㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り14:30170.10㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1500169.91㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1500169.91㌦をつけリバーサル戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1515には30㌣高の170.01㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了しオプションSQ値が19,276.09円でこれを上抜き終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。コールが軒並み上昇し、プットは総じて下落した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

214


  さあ皆様こんにちは、214日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。214日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、Topix、日経平均先物、Topix先物は反 落し、ドル建て日経平均は反落した。新興株10日日経ジャスダック平均は続伸し、東証マザーズ指数は 続伸した。日経平均オプション173月はトランプ大統領減税発言を受け上昇し日米首脳会談後押しで日経平均先物もドル建てに追いつき25日移動平均線、100日移動平均線や雲突破が一目均衡表で達成でき、SQでショートカバーが作らされ踏まされ買戻した形で高くなったが、本日は継続している地政学的リスクに加え東芝の決算発表延期やフリン米大統領補佐官の辞任の報道により米長期金利が低下しドル安になり寄付段階では高値を記録しコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」を行い寄付高値から下落したが、後場ではSQが下支えとなるも東証で決算発表延期申請という報道受けさらにイエレンFRB議長発言を控え内容見極めによる様子見が示され、同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」を採用する巨大機関投資家が多いためコールは総じて売られた。一方、プットは上昇が目立った。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で171.34㌦をつけ903に高値171.54㌦を記録した後、カバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1116170.26㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り前場引値は1135に前日比29㌣安の170.83㌦となり、後場では12:30170.94㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1310170.02㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1420170.50㌦をつけコンバージョン戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1459169.70㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1500169.76㌦をつけコンバージョン戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1515には141㌣安の169.71㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了しオプションSQ値が19,276.09円でこれを上抜き終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は続伸した。清算値は11.5ポイント(1.14%)高の1020.0だった。251枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

213


  さあ皆様こんにちは、213日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。213日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、Topix、日経平均先物、Topix先物は続伸し、ドル建て日経平均が続伸した。新興株10日日経ジャスダック平均 は続伸し、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション173月はトランプ大統領減税発言を受け上昇し日米首脳会談後押しで日経平均先物もドル建てに追いつき25日移動平均線、100日移動平均線や雲突破が一目均衡表で達成でき、SQでショートカバーが作らされ踏まされ買戻した形で高くなり、寄付段階では高値を記録しコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」を行い寄付高値から下落したが、日米首脳会談成功を受け北朝鮮の存在感を示すために北朝鮮による地政学的リスクが発生し後場ではSQが下支えとなり好調な企業業績から業績相場として見直買戻が入り、同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」を採用する巨大機関投資家が多いためプットが売られ、コールも権利行使価格1万9000円以上がおおむね下落し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り後半失速し持直した。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で171.29㌦をつけ900に高値171.30㌦を記録した後、カバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1004170.48㌦をつけリバーサル戦略を含む裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大幅に買戻され1120171.17㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1130170.08㌦を記録し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値は1135に前日比77㌣高の171.14㌦となり、後場では12:30171.14㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1250170.92㌦をつけリバーサル戦略である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1330171.16㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1439170.88㌦をつけリバーサル戦略である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1500171.11㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1515には75㌣高の171.12㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了しオプションSQ値が19,276.09円でこれを上抜き終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物の清算値は続伸した。清算値は5.0ポイント(0.49%)高の1008.5で、売買高は455枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 210


  さあ皆様こんにちは、210日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。210日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、Topix、日経平均先物、Topix先物は反発し、ドル建て日経平均が反発した。新興株10日日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション173月は米国雇用関連指標、卸売売上高が市場予想を上回り米景気拡大を確認しトランプ大統領が大手航空機製造業者との会談で税制改革案をだし長期金利が上昇しドル高が進みこれらを受けコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」を行い下落したが、10時台に明朝3時に日日首脳会談を予定を受け警戒感が薄れ外交成果が出るとみて様々な事が好転するとみられ、同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」を採用する巨大機関投資家が多いためプットが売られコールは総じて上昇しヘッジ売りしていた人の買戻主体となり裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り急騰した。後場はオプションSQ値が上回れ与党による法人税改革と法人税減税が酷似しリパトリ減税や設備投資の即時償却などが評価され、リバーサル戦略を含む裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大幅に買戻された。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、カバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り寄付で169.38㌦をつけ901に高値169.17㌦を記録した後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1000169.50㌦をつけリバーサル戦略を含む裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大幅に買戻され1041170.48㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1128170.10㌦を記録し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1130170.24㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値は1135に前日比155㌣高の170.17㌦となり、後場では12:30170.25㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1305170.02㌦をつけリバーサル戦略である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1459170.62㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1500170.45㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1515には175㌣高の170.37㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了しオプションSQ値が19,276.09円でこれを上抜き終了したため引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は終値が反発だった。清算値は2.0ポイント(0.20%)安の1003.5で、売買高は633枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 209


  さあ皆様こんにちは、29日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。29日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、Topix、日経平均先物、Topix先物は反落し、ドル建て日経平均が反落した。新興株9日日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション173月は週末首脳会談から値が持たず、NYダウ等も下落しドル安からこれらを受けコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」を行い下落した一方で、後場はオプションSQ値が上回れるかの疑義や為替警戒、欧州問題や米政策不透明等に加え、国内企業決算は比較的良かったものが多く、為替の円安や電子部品出荷が悪くなかったこと、資源価格上昇などの要因から日米首脳会談を通過すれば、企業業績に沿った株価形成になると予想している。これらを受け同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによってシクリカル銘柄等を売り先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」を採用する巨大機関投資家が多いためコールが軒並み下落した。一方、権利行使価格1万9000円以上のプットは総じて上昇し相場は反落した。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、カバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り寄付で169.21㌦をつけ901に高値169.27㌦を記録した後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り930169.03㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り0950168.76㌦を記録し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1005168.97㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1020168.77㌦をつけ1106169.10㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値は1135に前日比22㌣安の169.08㌦となり、後場では12:30169.10㌦をつけ後場高値1235169.15㌦をつけた後カバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1415168.58㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1438168.81㌦をつけコンバージョン戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1457に最安値168.28㌦となり裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には68㌣安の168.62㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了し総合乖離率10.36%で騰落レシオが87.97%と首脳会談やオプションSQ まで調整が伺えるゆえ引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は反落した。清算値は5.0ポイント(0.5%)安の1005.5だった。726枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

208


  さあ皆様こんにちは、28日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。28日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、Topix、日経平均先物、Topix先物は反発し、ドル建て日経平均が続伸した。新興株8日日経ジャスダック平均は続伸し、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション172月は週末首脳会談から底固く日本株や米金利が上昇しドル高となり米株高を迎えNYダウ等が反発し米国改善傾向が見られ日本株が前日比小幅高となりこれらを受けコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」を行い下落した一方で、後場は日銀による30年債入札を控えた調整から金利がマイナスとなりEU離脱最終合意案を英国議会で採決という報道で問題解決と受け取られ日銀による昨日同様のゾーンオペ買入期待が入り国債先物に裁定解消が入り、さらに同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」を採用する巨大機関投資家が多いためコールが高安まちまちで、プットは全面安に仕掛けられ更に、10SQ控え自社株買発表または半導体指標の改善発表する銘柄に裁定買を行った後反発して終えた。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、これらを受け、カバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り寄付で168.64㌦をつけ920に安値168.30㌦を記録した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り938168.80㌦つけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1028168.29㌦を記録し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1120168.66㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値は1135に前日比79㌣安の168.41㌦となり、後場では12:30168.73㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1346168.94㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1436168.80㌦となりリバーサル戦略である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1500169.25㌦をつけリバーサル戦略である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には10㌣高の169.30㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了し首脳会談やオプションSQ まで調整が伺えるゆえ引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は反発した。清算値は13.5ポイント(1.35%)高の1010.5だった。390枚の売買が成立した。
この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

207


  さあ皆様こんにちは、27日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。27日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、Topix、日経平均先物、Topix先物は反落し、ドル建て日経平均が続伸した。新興株7日日経ジャスダック平均は続伸し、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション172月は米国債利回りの低下やドラギ総裁鳩派発言による欧州政治リスクに対する警戒感を背景に、円相場が1111円台後半まで強含んだことで輸出株中心に売りが先行している。前日に市場予想を下回る業績見通しを発表したトヨタの下落、前週末6日に発表された1月雇用統計で、非農業分野の雇用者数が季節調整済みで市場予想平均を上回るなど、好調な雇用情勢が支えとなり、売込む動きは限られ、これらを受けコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」を前場で行い下落した一方で、後場はオプション米国SKEW指標で買集まりVix指数が極端に低下したことから安全で内閣府から「12月景気動向一致指数は小幅上昇、143月以来の高水準」と報道を受け日銀による昨日同様のゾーンオペ買入期待が入り国債先物に裁定解消が入り、さらに同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」を採用する巨大機関投資家が多いためコールが軒並み下落しプットも1万9000円以下の権利行使価格では売りが優勢から今の処プット買いが有利で下げたい巨大機関投資家が多くなっている。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、米国債利回りの低下やドラギ総裁鳩派発言による欧州政治リスクに対する警戒感を背景に好調な雇用情勢が支えとなり、売込む動きは限られ、これらを受け、カバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り寄付で168.56㌦をつけ901に最安値168.36㌦を記録した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り930168.75㌦つけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り0946168.42㌦を記録し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1104169.08㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1130168.93㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り前場引値は1135に前日比37㌣高の169.03㌦となり、後場では12:30168.82㌦をつけリバーサル戦略である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1357169.54㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1451169.11㌦となりリバーサル戦略である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1500169.14㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り大引け1515には54㌣高の169.20㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了し首脳会談やオプションSQ まで調整が伺えるゆえ引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は反落した。清算値は2.5ポイント(0.25%)安の997.0だった。136枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

206


  さあ皆様こんにちは、26日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。26日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、Topix、日経平均先物、Topix先物は続伸し、ドル建て日経平均が反発した。新興株6日日経ジャスダック平均は反発し、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション172月は米国雇用統計を受け米国10年債券が上昇したのを受けドル買強く寄付は続伸で開始した。賃金上昇率鈍化で3月利上見送となり「カバードコール戦略」を前場で行い下落した一方で、これらを受けコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」を前場で行い下落した一方で、後場はオプション米国SKEW指標で買集まりVix指数が極端に低下したことから安全なため日米首脳会談までドットフランク法(ボルカールール)の見直・廃止にも注目が入り日銀による昨日同様のゾーンオペ買入が入り一時米国債が上昇しドル高となり、同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」を採用する巨大機関投資家が多いためコールとプットはコール・プットともに売りが目立ち、金融株に裁定買を誘う先物買が入ったが持続性が無く円高にはなったがFRBのテーパリングに向けての準備ともとらえられ、コールとプットが総じて下げた結果続伸で終了した。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、雇用統計良好から寄付で169.32㌦をつけ901に高値169.35㌦を記録した後、カバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り0954168.45㌦を記録し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1020168.82㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1046168.49㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1105168.72㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1118168.81㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1129168.86㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値は1135に前日比142㌣高の168.79㌦となり、後場では12:30168.79㌦をつけカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1253168.22㌦となりリバーサル戦略である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1449168.60㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り大引け1515には129㌣高の168.66㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めが終了し首脳会談やオプションSQ まで調整が伺えるゆえ引続き円高時に押目買場を提供し円安時に利確場を提供する鯨幕相場も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は続伸した。清算値は9.0ポイント(0.91%)高の999.5だった。153枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 203


  さあ皆様こんにちは、23日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。23日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、Topix、日経平均先物、Topix先物は反発し、ドル建て日経平均が続落した。新興株3日日経ジャスダック平均は続落し、東証マザーズ指数は 反発した。日経平均オプション172月はFOMC前でもあったため買抑制され米国株価横這いを受け本日本債券上昇し日本債券が売られ円高であった。決算が良く上昇したものの前場財新中国製造業PMIがネガティブで日銀国債買入オペレーションが期待不足によりこれらを受けコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」を前場で行い下落した一方で、後場中国短期金利引上げによる企業債務拡大抑制でプラスが好感され日本景気の下支えから来る減収増益と捉えられ日銀テーパリング観測見送りでドル高となり日銀指値オペレーションを行い113円で固定し、同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」を採用する巨大機関投資家が多いためコールとプットはともに売りが優勢となり小反発で終了した。日経平均では日足で三尊天井受け雲入りを行いドル建日経平均では基準線が下支えで雲上限上にいるため一時的調整はするものの底堅いといえよう。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、決算良好から寄付で168.44㌦をつけ917に高値168.82㌦を記録した後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1030168.13㌦を記録し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1050168.70㌦をつけカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1126167.29㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1130167.38㌦をつけ前場引値は1135に前日比54㌣安の167.39㌦となり、後場では12:30167.56㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1240168.20㌦をつけカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1355167.26㌦となりリバーサル戦略である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1426167.54㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1450167.24㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には56㌣安の167.37㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めに入り首脳会談まで調整が伺えるゆえ引続き下落を中心とする鯨幕相場も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は上昇した。清算値は2.5ポイント(0.25%)高の990.5だった。266枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 202


  さあ皆様こんにちは、22日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。22日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、Topix、日経平均先物、Topix先物及び、ドル建て日経平均が反落した。新興株2日日経ジャスダック平均 は反落し、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション172月は3月利上げに関しFOMCでは指摘されずトランプ大統領による通商政策強硬姿勢、通貨政策警戒感や保護主義が前面に出て財政による期待に繋がる談話が発表されないため米国債券が下げた一方で日本債券金利が微妙に上昇しドル安円高になった。これらを受けコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」を前場で行い下落した一方で、同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られる「コンバージョン戦略」を採用する巨大機関投資家が多いためコールが軒並み売られた。プットは総じて上昇して下落した。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り寄付で167.07㌦をつけ906に高値169.41㌦を記録した後、カバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1057に前場最安値168.57㌦を記録し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り前場引値は1135に前日比16㌣安の168.96㌦となり、後場では12:30168.78㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1233168.98㌦をつけコンバージョン戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1315168.78㌦となり更にコンバージョン戦略である裁定取引に当る裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1331168.02㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1402168.30㌦をつけ三尊天井を確認後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1456167.61㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には119㌣安の167.93㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場固めに入り首脳会談まで調整が伺えるゆえ引続き下落を中心とする鯨幕相場も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は続落した。清算値は2.5ポイント(0.25%)安の988.0だった。350枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 201


  さあ皆様こんにちは、201日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。201日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、Topix、日経平均先物、Topix先物及び、ドル建て日経平均が反発した。新興株01日日経ジャスダック平均 は反発し、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション172月物ではトランプ大統領による通商政策強硬姿勢、通貨政策警戒感や失業率の悪化から米国ファンダメンタルズ疑義でドル売となった。これらを受けコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法である「カバードコール戦略」を前場で行い下落した一方で、後場は10年入札を控えていることが重しで日本銀行による国債買入オペの運営に対する不透明感が根強く安倍晋三首相は日本が円安誘導しているとの発言に反論する一方で、米国の雇用創出やインフラ整備に協力する姿勢を国会で表明し良好な中国経済指標に加え鉱工業生産の良い報道があったのを受け同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られる「リバーサル戦略」を巨大機関投資家が多いためコールがおおむね上昇し、プットは総じて下落した。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、カバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り寄付で167.85㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り919に前場最安値167.69㌦を記録し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り0952に前場高値168.60㌦をつけカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値は1135に前日比50㌣安の168.47㌦となり、後場では12:30168.76㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1245168.51㌦となりコンバージョン戦略である裁定取引に当る裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1459169.31㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1500169.24㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り大引け1515には115㌣高の169.12㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場抜け達成により、先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入が確認することができた。15日には170ドル台に1回到達した為右肩上昇傾向に回復した。本日は売買代金2兆円以上超えする限りで強かった。さらに総合乖離率も15.27%で騰落率が98.25%ゆえ引続き鯨幕相場も警戒すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は続落した。清算値は3.0ポイント(0.3%)安の990.5だった。370枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

131


  さあ皆様こんにちは、131日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。131日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、Topix、日経平均先物、Topix先物及び、ドル建て日経平均が続落した。新興株27日日経ジャスダック平均及び、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション172月物は米国大統領令の人の移動等に関するものが訴訟問題に繋がりリスクと捉えられ裁定解消を誘う先物売により、ドル安となった。FOMCや日銀政策決定会合での金融引締であるテーパリング問題から午前中はコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法であるカバードコール戦略を前場で行い更に「割高株式先物売却後、割安株式現物買」による裁定取引の循環を行った後、後場にかけて同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られるコンバージョン戦略を採用する巨大機関投資家が多いためコールが軒並下落し、プットは総じて上昇し前場下げ幅を拡大したが後場下げ幅を大きく戻した。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で168.48㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り906168.13㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1012に前場高値168.77㌦を記録しカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値は1135に前日比77㌣安の168.21㌦となり後場では12:30168.00㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1245167.76㌦となり裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1356168.51㌦をつけコンバージョン戦略である裁定取引に当る裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1500167.77㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には101㌣安の167.97㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場抜け達成が先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入が確認することができた。15日には170ドル台に1回到達した為右肩上昇傾向に回復した。本日は売買代金1兆円以上超えする限りで強かった。さらに鯨幕相場も覚悟すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は反落した。清算値は8.0ポイント(0.80%)安の993.5だった。193枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

130


  さあ皆様こんにちは、130日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。130日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、Topixは反落し、日経平均先物、Topix先物及び、ドル建て日経平均が続落した。新興株27日日経ジャスダック平均及び、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション172月物は米国昨年1012月期の国内総生産伸長率が予想以下でトランプリスク等懸念から米長期金利の低下を嫌気し、ドル安となった。FOMCや日銀政策決定会合での金融引締であるテーパリング問題から午前中はコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法であるカバードコール戦略を前場で行い更に「割高株式先物売却後、割安株式現物買」による裁定取引の循環を行った後、後場にかけて同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られるコンバージョン戦略を採用する巨大機関投資家が多いためコールが軒並下落し、プットは総じて上昇し前場下げ幅を拡大したが後場下げ幅を大きく戻した。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で168.93㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り914に前場高値169.00㌦を記録しカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1006168.53㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1048168.92㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1100168.74㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1115168.92㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値は1135に前日比25㌣安の168.84㌦となり後場では12:30168.92㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1404169.20㌦をつけコンバージョン戦略である裁定取引に当る裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1500169.04㌦をつけコンバージョン戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り大引け1515には11㌣安の168.98㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場抜け達成が先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入が確認することができた。15日には170ドル台に1回到達した為右肩上昇傾向に回復した。本日は売買代金1兆円以上超えする限りで強かった。総合乖離率は19.31%と割安で騰落レシオは96.57%と割安域から、鯨幕相場も覚悟すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は反発した。清算値は10.5ポイント(1.05%)高の1001.5だった。132枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 127


  さあ皆様こんにちは、127日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。127日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、Topixは続伸し、日経平均先物、Topix先物及び、ドル建て日経平均が反落した。新興株27日日経ジャスダック平均及び、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション172月物は企業業績良好で米長期金利上昇から海外ではダウが最高値をつけドル高好感し原油が上昇していることから堅調さに焦点が行き好業績銘柄に資金が集中した。世界景気動向も改善してはいるものの週末を控えて利益に対する手仕舞売が主で日銀政策決定会合での金融引締であるテーパリング問題から午前中はコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法であるカバードコール戦略を前場で行い更に割高株式先物売却後、割安株式現物買による裁定取引を行った後、後場にかけて同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を採用する巨大機関投資家が多いためコール、プットともおおむね売られ日経平均が後場大引けにかけ上昇し日経平均先物は下落した。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で169.95㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り918に前場高値170.18㌦を記録しカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1057169.15㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1112169.54㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値は1135に前日比142㌣安の169.45㌦となり後場では12:30169.36㌦をつけ裁定取引に当る裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1424168.80㌦をつけリバーサル戦略である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1500169.25㌦をつけリバーサル戦略である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には1㌦78㌣安の169.09㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場抜け達成が先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入が確認することができた。15日には170ドル台に1回到達した為右肩上昇傾向に回復した。本日は売買代金2兆円以上超えする限りで強かった。総合乖離率は21.21%と割安で騰落レシオは99.73%と割安域から、鯨幕相場も覚悟すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は反落した。清算値は6.5ポイント(0.7%)安の991.0だった。140枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 126


  さあ皆様こんにちは、126日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。126日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、日経平均先物、TopixTopix先物及び、ドル建て日経平均も続伸した。新興株26日日経ジャスダック平均及び、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション172月物は財政出動による米国良好金利上昇で利鞘改善期待より利上げ期待継続となり米株が上昇し日本株についても午前中はコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法であるカバードコール戦略を前場で行った後、同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を実行し、後場にかけても上記の期待継続によりリバーサル戦略を採用する巨大機関投資家が多いためプットが総じて売られコールは上昇大幅買戻加速で相場が終了した。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で170.04㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り944に前場高値170.76㌦を記録しカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1020170.39㌦をつけリバーサル戦略である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1110170.70㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値は1135に前日比290㌣高の170.57㌦となり後場では12:30170.66㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1232170.80㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1320170.76㌦をつけリバーサル戦略である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1340171.05㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1424170.70㌦をつけリバーサル戦略である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1500171.26㌦をつけリバーサル戦略である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には320㌣高の170.87㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場抜け達成が先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入が確認することができた。15日には170ドル台に1回到達した為右肩上昇傾向に回復した。本日は売買代金2兆円以上超えする限りで強かった。総合乖離率は20.47%と割安で騰落レシオは98.42%と割安域から、鯨幕相場も覚悟すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は5日続伸した。清算値は5.0ポイント(0.50%)高の997.5で、売買高は205枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 125


  さあ皆様こんにちは、125日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。125日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、日経平均先物、TopixTopix先物及び、ドル建て日経平均も反発した。新興株25日日経ジャスダック平均及び、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション172月物は各国製造業の明るさ指標が報道され規制緩和論者が米国高官に任命され大統領選挙公約であるパイプライン調印で公約達成による安心感からインフラ投資実効性が高く米国財政出動を好感するとみられ米国長期金利が上昇しドル高に繋がった。これを受け午前中は高く始まりカバードコール戦略が入り後場は金利上昇にヘッジファンドマネージャー達が多く金利上昇にかけ金属市況や原油価格も下支となり外需企業の業績上昇や半導体レシオ改善でディスインフレからリフレに移行とみられリバーサル戦略が行われ窓を開けての上昇となった。これを受けコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法であるカバードコール戦略を前場で行い、後場では押目買や買戻が入ったが同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を実行することを採用する巨大機関投資家が多いためコールが軒並み買われ、プットは総じて下落し買加速で相場が終了した。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で167.64㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り928に最高値167.96㌦を記録しカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1026167.46㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1115167.83㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値は1135に前日比108㌣高の167.36㌦となり後場では12:30167.51㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1301167.28㌦をつけリバーサル戦略である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1330167.84㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1424167.30㌦をつけリバーサル戦略である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1500167.75㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り大引け1515には139㌣高の167.67㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。15日には170ドル台に1回到達した為右肩上昇傾向であろう。本日は売買代金2兆円以上超えする限りで強かった。総合乖離率は15.06%と安く騰落レシオは95.38%と低水域から、鯨幕相場も覚悟すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は続伸した。清算値は14ポイント(1.43%)高の992.5だった。204枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

124


  さあ皆様こんにちは、124日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。124日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、日経平均先物、Topix及び、Topix先物が続落し、ドル建て日経平均も続落した。新興株24日日経ジャスダック平均及び、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション172月物は政策督促相場入を認識され保護主義的政策が主流で発表され時間外米国長期金利下落を受け仕掛的ドル売を巨大機関投資家が行ったためにドル安円高米株安となった。これを受けコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法であるカバードコール戦略を前場で行い本日の安値圏をドル円で形成し押目買や買戻が入ったがその後、後場では同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を後場実行することを採用する巨大機関投資家が多いためコールが全面安で、プットも売られ売加速で相場が終了した。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で166.83㌦をつけカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り920166.71㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1035167.31㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1045167.01㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1130には62㌣高167.32㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値は1135に前日比53㌣高の167.23㌦となり後場では12:30167.09㌦をつけリバーサル戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1415166.51㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1445166.91㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1500166.45㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り大引け1515には42㌣安の166.28㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。15日には170ドル台に1回到達した為右肩上昇傾向であろう。本日は売買代金2兆円以上超えする限りで強かった。総合乖離率は10.82%と安く騰落レシオは92.29%と低水域から、鯨幕相場も覚悟すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は続伸した。清算値は6.5ポイント(0.67%)高の978.5だった。70枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

123


  さあ皆様こんにちは、123日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。123日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、日経平均先物、Topix及び、Topix先物が反落し、ドル建て日経平均も反落した。新興株23日日経ジャスダック平均及び、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション172月物は米国ドナルドトランプ大統領発言で具体的な政策発表が無く保護主義色が鮮明となる事から政策督促相場入を認識され仕掛的ドル売を巨大機関投資家が行ったためにドル安円高となった。これを受け長期金利下落を受けコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法であるカバードコール戦略を前場で行い本日の安値圏をドル円で形成しその後、後場では押目買や買戻が入ったが日経平均入替によるインデックス売買が入り同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売ポジションと同じ効果が得られるコンバージョン戦略を後場実行することを採用する巨大機関投資家が多いためコールが軒並み売られ、プットは総じて買われ更なる売加速で相場が終了した。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で166.41㌦をつけカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り921165.82㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1010166.66㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1020166.32㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1047166.62㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1105166.41㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1127166.73㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値は1135に前日比15㌣安の166.67㌦となり後場では12:30166.71㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1233166.74㌦をつけコンバージョン戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1242166.54㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1401167.29㌦をつけコンバージョン戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1500166.69㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には12㌣安の166.70㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。15日には170ドル台に1回到達した為右肩上昇傾向であろう。本日は売買代金2兆円以上超えする限りで強かった。総合乖離率は12.67%と安く騰落レシオは91.57%と低水域から、鯨幕相場も覚悟すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は小幅に続伸した。清算値は2.0ポイント(0.21%)高の972.0だった。85枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

120


  さあ皆様こんにちは、120日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。120日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、日経平均先物、Topix及び、Topix先物が続伸し、ドル建て日経平均も続伸した。新興株20日日経ジャスダック平均が続伸し、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション171月物は米国住宅指標等改善し次期米国財務長官スティーブムニューチンのドル高容認発言受けドル高になり長期金利上昇で原油価格上昇を受けコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法であるカバードコール戦略を前場で行いその後、後場では中国GDPが堅調推移し工業生産高も安定し中国経済先行き警戒感減少及び中小企業を脅かすオバマケア廃止等から同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を後場実行することを採用する巨大機関投資家が多いためコールがおおむね上昇し、プットは下落し上昇相場になった。ドル高金利上昇でTS倍率3度目の上昇で日本株が米株より乗数効果が効き日本株を持たざるを得ない恐怖が増大のため買戻しが強化された。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で165.81㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り912166.48㌦をつけカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値は1135に前日比05㌣安の166.40㌦となり後場では12:30166.57㌦をつけ中国GDPが堅調推移し工業生産高も安定し中国経済先行き警戒感減少及び中小企業を脅かすオバマケア廃止等からリバーサル戦略である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1416に後場高値167.08㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1500166.67㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には37㌣高の166.82㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。15日には170ドル台に1回到達した為右肩上昇傾向であろう。本日は売買代金2兆円以上超えする限りで強かった。総合乖離率は16.91%と安く騰落レシオは100.02%と低水域から、鯨幕相場も覚悟すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は反発し、清算値は5.0ポイント(0.52%)高の970だった。30枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

119


  さあ皆様こんにちは、119日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。119日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、日経平均先物、Topix及び、Topix先物が続伸し、ドル建て日経平均も続伸した。新興株19日日経ジャスダック平均が続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション171月物はCPI分析等から利上必須と受止められイエレンFRB議長発言受け米利上継続発言でドル高になり金利差(為替)主導のボラタイルな動向でコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法であるカバードコール戦略を前場で高値付後行いその後、後場では「12月工作機械受注額17か月ぶりプラス」や「金利先高観政策不明より世界的に社債発行増」等から同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を後場実行することを採用する巨大機関投資家が多いためコールが軒並み上昇した一方で、プットは総じて下落し上昇相場になった。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で166.37㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り906166.65㌦をつけカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1120166.14㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り前場引値は1135に前日比44㌣安の166.38㌦となり後場では12:30166.45㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1242に最安値165.81㌦をつけリバーサル戦略である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1408に最高値166.84㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1440166.41㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には37㌣安の166.45㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。15日には170ドル台に1回到達した為右肩上昇傾向であろう。本日は売買代金2兆円以上超えする限りで強かった。総合乖離率は16.08%と安く騰落レシオは99.61%と低水域から、鯨幕相場も覚悟すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は反落した。清算値は6.5ポイント(0.67%)安の965.0だった。896枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

118


  さあ皆様こんにちは、118日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。118日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、日経平均先物、Topix及び、Topix先物が反発し、ドル建て日経平均も反発した。新興株18日日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション171月物はコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法であるカバードコール戦略を前場で行いその後、トランプ大統領によるドル高牽制発言による長期金利下落や英国ハードブレグジットを終え大統領就任で材料出尽くしに向かう事や景況感回復による業績回復期待が大きいことから同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を後場実行することを採用する巨大機関投資家が多いためコールは総じて買われ、プットに売りが目立ち上昇相場に返咲いた。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で166.11㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入りカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1022165.39㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り前場引値は1135に前日比07㌣高の165.98㌦となり後場では12:30165.95㌦をつけリバーサル戦略である裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1436167.12㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り大引け1515には91㌣高の166.82㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。15日には170ドル台に1回到達した為右肩上昇傾向であろう。本日は売買代金2兆円以上超えする限りで強かった。総合乖離率は高く騰落レシオは上昇水域から、鯨幕相場も覚悟すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は3営業日ぶりに反発した。清算値は6.5ポイント(0.67%)高の971.5で、売買高は809枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

117


  さあ皆様こんにちは、117日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。117日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、日経平均先物、Topix及び、Topix先物が続落し、ドル建て日経平均も続落した。新興株17日日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション171月物はコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法であるカバードコール戦略を前場で行いその後、同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られるコンバージョン戦略を後場実行することを採用する巨大機関投資家が多いためコールが軒並み下げ、プットは総じて上昇をうけ下落相場に堕ちいった。下げの背景には英国メイ首相が単一市場アクセスよりも移民問題重視の姿勢からハードブレグジット懸念が再発したのをうけ、カバードコール戦略を行なった上でコンバージョン戦略を行なったため続落となった。
これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で166.79㌦をつけカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り937165.34㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1030166.65㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1125166.31㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り前場引値は1135に前日比101㌣安の166.46㌦となり後場では12:30166.40㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1240166.21㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1330166.47㌦をつけコンバージョン戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1458166.07㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には156㌣安の165.91㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。15日には170ドル台に1回到達した為右肩上昇傾向であろう。本日は売買代金1兆円以上超えする限りで弱かった。ただし総合乖離率は低く騰落レシオは上昇水域の123.30%から、鯨幕相場も覚悟すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は続落した。清算値は7.0ポイント(0.72%)安の965.0だった。268枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 113


  さあ皆様こんにちは、113日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。次回1月16日号のみ休刊とさせて頂きます。113日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、日経平均先物、Topix及び、Topix先物が 反発し、ドル建て日経平均は続伸した。新興株12日日経ジャスダック平均が反発し、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション171月物はコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法であるカバードコール戦略を前場で行いその後、同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を後場実行することを採用する巨大機関投資家が多いためプットが売られコールは総じて上昇しSQを下値支持にする右肩成長相場に戻った。トランプ次期大統領が会見し世界一周して穏やかな開始を迎え小売企業業績等良好の報道でファストリやセブン&IHDが牽引して裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等によるリバーサル戦略が後場実行され逆三尊底を確認後急騰した。その他に後場では中国貿易統計で中国景気動向が良好であることから良好であることから買材料となり全面高になった。さらに金融規制へのトランプ次期大統領が表明する金融規制緩和に向けて金融株に注目され金融で欧州も改善気味ゆえ製造業の上振れ期待もあり押上圧力になると捉えられABCDEリスクが無いため一層買戻された。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で167.21㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り915167.51㌦をつけカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り957166.95㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1014に高値167.34㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1028167.16㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1055167.34㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1130167.30㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値は1135に前日比18㌣高の167.22㌦となり後場では12:30167.54㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1319167.71㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1350167.34㌦をつけ中国貿易統計受けリバーサル戦略が実行され、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には92㌣高の167.96㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。15日には170ドル台に1回到達した為右肩上昇傾向であろう。本日は売買代金を2兆円以上超えする限りで強かった。ただし総合乖離率は20.90%と高く騰落レシオは上昇水域の123.30%から、鯨幕相場も覚悟すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は3営業日ぶりに反発した。清算値は15.5ポイント(1.61%)高の978.0で、売買高は162枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

112


  さあ皆様こんにちは、112日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。112日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、日経平均先物、Topix及び、Topix先物が 反落し、ドル建て日経平均は反発した。新興株12日日経ジャスダック平均が反落し、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション171月物はコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法であるカバードコール戦略を前場で行いその後、同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られるコンバージョン戦略を後場実行することを採用する巨大機関投資家が多いためコールが総じて売られ、プットは高安まちまちの下落相場に繋がった。トランプラリー会見を受けトランプ政策期待外れとなり貿易不均衡で円買圧力上昇し時間外米国金利調整では低下圧力で下落しドル安になる。インフラ投資なしで貿易不均衡相手国に日本が名指しされ具体策なしと見られ絶好の持高調整場(利食いの切欠)と見なされ前場でカバードコール戦略を行ない、後場では街角景気ウォッチャー調査が先行き悪化で相場展望悪化と見なされ行過ドル高調整に会い量的引締をイエレン議長がタウンミーティングで発表されると金利下落要因に繋がるためコンバージョン戦略を行ない日経平均、Topixの現物及び先物双方が低下した。トランプ無関係銘柄に力点を入れた方が良いだろう。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付高値で167.74㌦をつけカバードコール戦略である裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り942166.01㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1130に高値167.16㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り前場引値は1135に前日比31㌣高の167.34㌦となり後場では12:30167.27㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1315166.66㌦をつけコンバージョン戦略が実行され、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1443167.31㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り150015㌣高の167.20㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には1㌣高の167.04㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。本日は売買代金を2兆円以上超えする限りで強かった。ただし総合乖離率は18.88%と低く騰落レシオは安全水域の116.16%故、FRB高官のタウンミーティングでの発言から、鯨幕相場も覚悟すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は続落した。清算値は13ポイント(1.33%)安の962.5だった。484枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

111


  さあ皆様こんにちは、111日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。111日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、日経平均先物、Topix及び、Topix先物が反発し、ドル建て日経平均は続落した。新興株11日日経ジャスダック平均が続伸し一方で、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション171月物はコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法であるカバードコール戦略を前場で行いその後、同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を後場実行することを採用する巨大機関投資家が多いためコールが買いが目立ち、プットが概ね売られ上昇相場に繋がった。これらは製造業PMや米国景気基調指数が堅調であることから英国でもハードブレグジット懸念も和らいだのが確認できたことで欧米がより循環的回復が確認され、日本においては景気一致指数も上昇改善したことから素材株を中心とする主力外需銘柄に先物でリバーサル戦略を通して買戻が発生した。但しインフレ期待先行買に代表される不動産株には買が少なかった。米国11日にトランプ新大統領公式会見があるため様子見が米国市場で考えられそれを踏まえるため買が仕掛けられた模様が伺える。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で167.08㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り923に高値167.46㌦をつけカバードコール戦略を行ない即ち、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1006166.91㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1050167.10㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1113166.67㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1115167.05㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値は1135に前日比31㌣安の166.84㌦となり後場では12:30166.90㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1330166.71㌦をつけリバーサル戦略が実行され、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1443167.13㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り150016㌣安の166.99㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には10㌣安の167.05㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。本日は売買代金を2兆円以上超えする限りで強かった。ただし総合乖離率は22.57%と高く騰落レシオは危険水域の121.64%故、雇用統計発表後循環的景気回復と見た相場展開を迎え鯨幕相場も覚悟すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は清算値が前日比11.0ポイント(1.12%)安の975.5だった。売買高は265枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 110


  さあ皆様こんにちは、110日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。110日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、日経平均先物、Topix及び、Topix先物が続落し、ドル建て日経平均は反落した。新興株10日日経ジャスダック平均が続伸し一方で、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション171月物はコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法であるカバードコール戦略を行なったうえで同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られるコンバージョン戦略を採用する巨大機関投資家が多いためコールが総じて売られ、プットが買われ下落相場に繋がった。カバードコール戦略は株なのに利子が取れ債券型運用と同じ効果の為、人気に拍車が掛った。11日、12日トランプ大統領公式会見でツイッターで貿易に絡む物等本当にできるのか行過是正と共にハードブレグジットショックや原油安が入り原油安が引金となり持ち高調整で国債先物売を戻しておきたく金利上昇にかけ株買う時の巻戻開始となり円買持高調整入で外国為替市場では「低リスク通貨」円買が進行し円高となりトランプ会見様子見によりカバードコール戦略が組まれ前場から後場にかけコンバージョン戦略を行われ、日経平均採用銘柄で大塚HDが組入れからミツミを売るだけでは不足のためほかの銘柄も売られ相場が調整した。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で167.41㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り915167.30㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り921167.47㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り959167.05㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り前場引け値は1135には前場高値前日比7㌣高の168.02㌦となり後場では12:30167.39㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1230167.60㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1324166.95㌦をつけ逆三尊底を形成確認後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1350167.40㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1326166.96㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1440167.35㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り150093㌣安の167.02㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には80㌣安の167.95㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。本日は売買代金を2兆円以上超えする限りで強かった。ただし総合乖離率は22.57%と高く騰落レシオは危険水域の121.64%故、雇用統計発表後循環的景気回復と見た相場展開を迎え鯨幕相場も覚悟すべきだろう。マザーズ先物3月物は上昇し、清算値は5.5ポイント(0.56%)高の982.5だった。売買高は237枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

106


  さあ皆様こんにちは、16日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。16日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、日経平均先物、Topix及び、Topix先物が続落し、ドル建て日経平均は続伸した。新興株6日日経ジャスダック平均が続伸し一方で、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション171月物はコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法であるカバードコール戦略を行なったうえで同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られるコンバージョン戦略を採用する巨大機関投資家が多いためコールが総じて売られ、プットが買われ下落相場に繋がった。カバードコール戦略は株なのに利子が取れ債券型運用と同じ効果の為、人気に拍車が掛った。上昇一服のきっかけは、ADP雇用統計予測比悪化を受け米経済弱体化と見て前日5日の債券市場で長期金利が約一か月ぶりの水準に低下し価格は上昇し国内債券にも買いが波及した。外国為替市場では「低リスク通貨」円買が進行しサウジの減産指示で原油価格が上昇したが金が下がったため米株が下落しこれらの流れからカバードコール戦略で下落したが後場では時間外で米金利が一時上昇したのを受け雇用統計を控え様子見からコンバージョン戦略がとられ前日比下落相場と化した。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で168.17㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り901に前場高値168.34㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1045167.45㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1125167.90㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り前場引け値は1135には前日比178㌣高の167.67㌦となり後場では12:30167.90㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1315168.05㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1412167.57㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1435167.94㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1445167.80㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1500167.83㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には11㌣高の167.95㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。本日は売買代金を2兆円以上超えする限りで強かった。ただし総合乖離率は25.64%と高く騰落レシオは危険水域の125.09%故、雇用統計発表後循環的景気回復と見た相場展開を迎え鯨幕相場も覚悟すべきだろう。マザーズ先物3月物は横ばいで、清算値は前日と同じ981.0だった。売買高は218枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

 

105


  さあ皆様こんにちは、15日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。15日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、日経平均先物、及びTopix先物が反落し、Topix、ドル建て日経平均は続伸した。一方で。新興株5日日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション171月物はコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法であるカバードコール戦略を行なったうえでコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られるコンバージョン戦略を採用する巨大機関投資家が多いためコールの下落が目立った一方、プットは高安まちまちで売られ上昇一服に繋がった。カバードコール戦略は株なのに利子が取れ債券型運用と同じ効果の為、人気に拍車が掛った。上昇一服のきっかけは、FOMC議事録でドル高による経済下振れ懸念から巨大機関投資家による円売持高が維持できず解消に陥り来週のSQ迄ドル高を維持するのが難しくABCDEリスクでの中国危機やトランプ大統領暴走や金利上昇加速時での米国経済の強さが懸念されるためドル買戻が始まりカバードコール戦略及びコンバージョン戦略で利益を確保した為割安買日となった。特に円高調整で使われるファストリ等値嵩株に著しい動きがみられる。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で167.46㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り930には168.16㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り945167.90㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り956168.20㌦をつけ1030167.64㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1120167.95㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引け値は1135には前日比178㌣高の167.67㌦となり後場では12:30167.69㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1345167.81㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1415167.46㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1445167.96㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1500167.61㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には195㌣高の167.84㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。本日は売買代金を2兆円以上超えする限りで強かった。ただし総合乖離率は27.30%と高く騰落レシオは危険水域の123.29%故、大発会からFOMC受け循環的景気回復と見た相場展開を迎え鯨幕相場も覚悟すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物は続伸した。清算値は26.00ポイント(2.7%)高の981.00で、売買高は280枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

104


  さあ皆様こんにちは、14日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。14日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均 、Topixが上昇し、日経平均先物、及びTopix先物が続新した。一方でドル建て日経平均は続伸した。新興株4日日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション17年1月物はコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法であるカバードコール戦略を行なったうえで同じ満期日の同じ行使価格のコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を採用する巨大機関投資家が多いためコールが総じて買われ、プットが総じて売られ大幅上昇に繋がった。カバードコール戦略は株なのに利子が取れ債券型運用と同じ効果の為、人気に拍車が掛った。大幅上昇のきっかけは3日に米サプライマネジメント協会(ISM)が発表した1612月の製造業景況感指数が市場予想を上回ったうえ、中国国家統計局などが1日公表した1612月の製造業購買担当者景気指数(PMI)が5カ月続けて景気判断の節目となる50を上回り2点がポイントで裁定買を誘う先物買が増え大幅上昇した。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で163.99㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り前場引け値は1135には前日比139㌣高の165.39㌦となり後場では12:30165.43㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1405に高値165.89㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1430165.75㌦をつけ中米指標良好を受け裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には189㌣高の165.89㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。本日は売買代金を2兆円以上超えする限りで強かった。ただし総合乖離率は29.01%と高く騰落レシオは危険水域の127.01%故、大発会からFOMC受け循環的景気回復と見た相場展開を迎え鯨幕相場も覚悟すべきだろう。東証マザーズ指数先物3月物も続伸した。清算値は12.5ポイント(1.33%)高の955で、売買高は172枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1226


  さあ皆様こんにちは、1226日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1226日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均 、日経平均先物、Topix、及びTopix先物が続落した。一方でドル建て日経平均は反発した。新興株26日日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション17年1月物はコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法であるカバードコール戦略と共に下落ヘッジのためプットを買、これにより先物を売りポジションと同じ効果が得られるコンバージョン戦略と共にストラドルの売を採用する巨大機関投資家が多いためプットとコールともに総じて売られた。これは株なのに利子が取れ債券型運用と同じ効果の為、人気に拍車が掛った。これらにより債券バブル終焉で株式版債券型運用仕込時期が到来したことになった。前場はNY3連休に届かず2万ドル未達でドル円も一服し受け渡しベースの年内最終売買日を明日に控え、節税対策の損切り売りなども出た。海外勢はクリスマス休暇を迎え国内勢も正月前ポジション調整売りが入り利益確定している巨大機関投資家が多かった。後場は日銀ETF買期待で上昇するも今晩の欧米市場が休場となるため見送りムードが優勢だった。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で165.34㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1035165.81㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1040165.43㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り前場引け値は1135には前日比59㌣高の165.73㌦となり後場では12:30165.82㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1305165.69㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1315165.96㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1350165.65㌦をつけ日銀ETF買期待により裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1446166.00㌦をつけ日銀ETF買期待剥落からカバードコール戦略と共に裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り大引け1515には58㌣高の165.72㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられるが利確が目立っている。本日は売買代金を1兆円以上超えする限りで弱かったため長期短期移動平均線が強気印に変化した処から見てFOMC迄本格反騰とみて正解だった。ただし総合乖離率は31.03%と高く騰落レシオは危険水域の157.27%故、今週から大発会までは割安買時期到来とみて良いだろう。東証マザーズ指数先物17年3月物は、清算値が前営業日比15.0ポイント(1.66%)高の920.0だった。売買高は305枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 1222


  さあ皆様こんにちは、1222日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1222日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均 、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、及びTopix先物が続落した。新興株22日日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション17年1月物はコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法であるカバードコール戦略と共に下落ヘッジのためプットを買、これにより先物を売りポジションと同じ効果が得られるコンバージョン戦略を採用する巨大機関投資家が多いためコールは売られ、プットは買われた。これは株なのに利子が取れ債券型運用と同じ効果の為、人気に拍車が掛った。これらにより債券バブル終焉で株式版債券型運用仕込時期が到来したことになった。前場は欧州金融問題再燃から日本の銀行株も景気敏感株と共に連鎖作用で売られ裁定解消となった。3連休前ポジション調整売りが入り利益確定している巨大機関投資家が多かった。後場は日銀ETF買が入り急激な買戻しとなった。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で164.92㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り921164.47㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1050165.05㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1100164.83㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り前場引け値は1135には前日比19㌣安の165.09㌦となり後場では12:30164.88㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1239164.6㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1310164.93㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1415164.57㌦をつけ日銀ETF買により裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には14㌣安の165.14㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられるが利確が目立っている。売買代金を2兆円以上超えする限りにおいて長期短期移動平均線が強気印に変化した処から見てFOMC迄本格反騰とみて正解だった。ただし総合乖離率は31.03%と高く騰落レシオは危険水域の157.27%故、今週から大発会までは割安買時期到来とみて良いだろう。東証マザーズ指数先物17年3月物は続落した。清算値は13.0ポイント(1.41%)安の905.0で、売買高は284枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1221


  さあ皆様こんにちは、1221日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1221日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均 、日経平均先物、ドル建て日経平均、Topix、及びTopix先物が反落した。新興株21日日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション17年1月物はコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法であるカバードコール戦略を採用する巨大機関投資家が多いためコールはおおむね売られ、プットは高安まちまちだった。これは株なのに利子が取れ債券型運用と同じ効果の為、人気に拍車が掛った。これらにより債券バブル終焉で株式版債券型運用仕込時期が到来したことになった。前場は欧州債務問題のリスク後退からの米国株上昇はあり10年国債を低くし日米金利差がでて日本株に追い風となったが長期金利上昇でドル高は継続しなかった。後場では「期待から現実」に注目するとカタールの出資問題でイタリア銀行問題も再発し中国のスモッグ問題で中国経済危機問題も懸念が生じカバードコール戦略が多く打たれ、ドル建ても含め日経平均や日経平均先物で起こり急落した。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で165.92㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り920166.26㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1037165.74㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1115166.10㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引け値は1135には前日比53㌣高の166.03㌦となり後場では12:30166.03㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1239165.99㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1300166.21㌦をつけカバードコール戦略や裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1349164.97㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には22㌣安の165.28㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられるが利確が目立っている。売買代金を2兆円以上超えする限りにおいて長期短期移動平均線が強気印に変化した処から見てFOMC迄本格反騰とみて正解だった。ただし総合乖離率は31.03%と高く騰落レシオは危険水域の157.27%故、今週から大発会までは割安買時期到来とみて良いだろう。東証マザーズ指数先物17年3月物も反落した。清算値は10ポイント(1.08%)安の918.0で売買高は219枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1220


  さあ皆様こんにちは、1220日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1220日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均 、日経平均先物、Topix、及びTopix先物が反発し、ドル建て日経平均が続伸した。新興株20日日経ジャスダック平均が続伸し、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション17年1月物はアウトオブザマネーのコールオプションを、プレミアムを支払い損切ライン設定で買上った為上昇しその結果日経平均の上昇を受けてプットが安く、コールはしっかりだった。「期待から現実」に注目すると本日は日銀決定会合があり商い細る中欧州では銀行株が下がり時間外で上昇し一方で米国は上昇ドル高の影響で中国のトリプル安となり前場は日経が安く寄り付き軟調で後場では日銀発表で金利為替見合い長期金利0%で据え置きで開きやすくなりイールドカーブコントロール維持で会合後継続として後場買戻上昇しメイン指数は堅調であった。循環物色でグレートローテーションで債券から株への流れができた。これで年末まで金利上昇しないことになった。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で165.53㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り949165.72㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1040165.10㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り前場引け値は1135には前日比22㌣高の165.53㌦となり後場では12:30165.46㌦をつけ開始し逆三尊底を形成確認後、巨大機関投資家による裁定買を誘う裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が行われ1359166.01㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1420165.61㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1445には165.86㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り大引け1515には19㌣高の165.50㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられるが利確が目立っている。売買代金を2兆円以上超えする限りにおいて長期短期移動平均線が強気印に変化した処から見てFOMC迄本格反騰とみて正解だった。ただし総合乖離率は31.03%と高く騰落レシオは危険水域の157.27%故、今週から大発会までは割安買時期到来とみて良いだろう。マザーズ指数先物17年3月物は5営業日ぶりに反発し、清算値は8.5ポイント(0.92%)高の928.0だった。売買高は229枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1219


  さあ皆様こんにちは、1219日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1219日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均 、日経平均先物、Topix、及びTopix先物が反落し、ドル建て日経平均が続伸した。新興株19日日経ジャスダック平均が 続伸し、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション12月物は先週金曜迄はアウトオブザマネーのコールオプションを、プレミアムを支払い損切ライン設定で買上っ た為上昇した。これらに対し月曜日からはコールオプションを売却しプレミアム分を貰いそのプレミアム分で投信担当者なら毎月分配原資にして配当し、一方で銀行及び信託系担当者はプレミアムと株の配当で業務純益を出す方法であるカバードコール戦略を採用する巨大機関投資家が多いためコールが売られ、プットが軟調だった。これは株なのに利子が取れ債券型運用と同じ効果の為、人気に拍車が掛った。これらにより債券バブル終焉で株式版債券型運用仕込時期が到来したことになった。「期待から現実」に注目すると先週末小幅続伸が欧州で、小幅反落が米国であった。過熱感重い指数となり信用期日到来の利確後買戻があり「グロース銘柄売後のバリュー銘柄買」から「グロース銘柄買後のバリュー銘柄売」で先物が動き省エネ相場化してマザーズ小形に買集中が発生した為スプーン型になった。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付で164.19㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り910164.70㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1035164.34㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1127164.78㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1120164.60㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り前場引け値は1135には前日比23㌣高の164.56㌦となり後場では12:30164.54㌦をつけ開始し前場底値90010:35と後場底値1230と併せて逆三尊底を形成確認後、巨大機関投資家による裁定買を誘う裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が行われ1402165.35㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1447165.24㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1500には165.42㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り大引け1515には98㌣高の165.31㌦で引けた。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられるが利確が目立っている。売買代金を2兆円以上超えする限りにおいて長期短期移動平均線が強気印に変化した処から見てFOMC迄本格反騰とみて正解だった。ただし総合乖離率は31.03%と高く騰落レシオは危険水域の157.27%故、今週から大発会までは割安買時期到来とみて良いだろう。マザーズ指数先物17年3月物は4日続落し、清算値は7ポイント安の919.5で、売買高は43枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

 

1216


   さあ皆様こんにちは、1216日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1216日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均 、日経平均先物、Topix、及びTopix先物が続伸し、ドル建て日経平均が反発した。新興株16日日経ジャスダック平均が 反発し、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション12月物はコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略をとる巨大機関投資家が多いため9連騰した。これらにより債券バブル終焉で株式バブル仕込み時期が到来したことになった。「期待から現実」に注目するとニューヨーク及びフィラデルフィア連銀が其々発表した12月製造業景気指数が予想を上振れたほか、12NAHB住宅市場指数が堅調な内容となり、昨日のFOMCによる発表を受けて長期金利が上昇したことで金融株が選好された一方で、為替相場でドル高が進行したほか、来年の金利引き上げ見通しが上方修正されたことへの警戒感も確認できた。これらを受け、ドル建て日経平均で確認すると、寄付直後に164.39㌦迄上昇し前場引け値は1135には前日比10㌣安の164.03㌦となり後場では12:30164.06㌦をつけ開始し前場底値1013163.85㌦と後場底値1232163.94㌦と併せて逆三尊底を形成確認後、巨大機関投資家による裁定買を誘うリバーサル戦略を含む裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が行われ1459164.46㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1500には164.27㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には20㌣高の164.33㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円以上超えする限りにおいて長期短期移動平均線が強気印に変化した処から見てFOMC迄本格反騰とみて正解だった。ただし総合乖離率は32.09%と高く騰落レシオは危険水域の156.07%故、来週から大発会までは割安買時期到来とみて良いだろう。マザーズ先物17年3月物は3日続落し、清算値は4.0ポイント(0.43%)高の926.5だった。売買高は59枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

 

1215


  さあ皆様こんにちは、1215日 木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1215日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均 、日経平均先物が続伸し、ドル建て日経平均が反落し、Topix、及びTopix先物が反発でした。新興株15日日経ジャスダック平均が反発し、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション12月物はコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略をとる巨大機関投資家が多いため8連騰した。これらにより債券バブル終焉で株式バブル仕込み時期が到来したことになった。FOMCの3回利上発表を受け円安ドル高となりトランプ次期大統領政策は極僅かに入り利上げ引上げを考え将来金融引き締めを行っている。FOMC声明文は前向き内容でドル高・株安・長期金利上昇・ドルインデックス上昇のため急激なドル高で原油反落となった。漸く時代が動きテーパリングから3年後ゴルディロックス相場終焉で2度目の利上げが起こりこの状態が終焉した。期待で上昇し期待インフレ率で上昇した。期待から現実で動きそのリミッドが大統領就任迄だろう。実態では米工業生産がよくなくドル高原油低迷で上昇していないため注意である。3日連続の日銀ETF・年金買となったが材料出尽くしで利確が見られ輸出メリットが多く内需優位のJQ平均に資金が移動した。ドル建日経平均で確認すると、前場では164.88㌦で開始し909に最高値167.41㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り0955163.73㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1053164.27㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1120163.64㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り前場引1135では前日比3㌦17㌣安の167.03㌦をつけ終了した。後場では、1230には163.82㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1239163.92㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1301には163.56㌦をつけ逆三尊底を形成した為買戻しが入り裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1407には164.87㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1500には164.01㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には3㌦03㌣安の164.13㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円以上超えする限りにおいて長期短期移動平均線が強気印に変化した処から見てFOMC迄本格反騰とみて正解だった。来週から大発会までは割安買時期到来とみて良いだろう。東証マザーズ指数先物17年3月物は続落した。清算値は1.5ポイント(0.16%)安の930.5で売買高は106枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1214


  さあ皆様こんにちは、1214日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1214日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均 、日経平均先物、ドル建て日経平均が続伸し、Topix、及びTopix先物が反落でした。新興株14日日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション12月物は方向感に乏しい相場を映して、コール、プットともに高安まちまちだった。債券バブル終焉で株式バブル仕込み時期が到来したことになった。FOMC発表前で手控えられイタリア銀行不安後退で小高く始まるも欧州株上昇を受け米株が上昇しこれを受け日本株も上昇しての寄付7日続伸し米長期金利上昇期待及び昨日同様日銀ETF買期待により短期過熱調整や日銀短観先行不安はあるがスプリントによる強気レポートが買戻条件となりソフトバンクが牽引してドル建と共に日経平均において先物による買戻が多く入り首都圏マンション動向が下落による不動産銘柄売りが発生しても上昇のまま終えることできた。ドル建日経平均で確認すると、前場では167.25㌦で開始し907に最高値167.42㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1010に最安値166.60㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1113166.94㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1122166.86㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り逆三尊底を形成した為買戻しが入り前場引1135では前日比12㌣高の167.03㌦をつけ終了した。後場では、1230には167.03㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1243167.26㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1300には167.16㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1320には167.38㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1326には167.17㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り14:15には167.35㌦をつけ三尊天井を確認した為裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1444167.12㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には25㌣高の167.16㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円以上超えする限りにおいて長期短期移動平均線が強気印に変化した処から見てFOMC迄本格反騰とみて良いだろう。東証マザーズ指数先物17年3月物の清算値は932.00で、売買高は228枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1213


  さあ皆様こんにちは、1213日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1213日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均 、日経平均先物、Topix、及びTopix先物が続伸、ドル建て日経平均は反発でした。新興株12日日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物は相場安定でプレミアム料を得られるショートストラドル戦略を採用する巨大機関投資家が多いためコールが売られ、プットが売られた。債券バブル終焉で後場株式バブル仕込み時期が到来したことになった。過熱感で前場売られ後場上昇相場で買遅巨大機関投資家の日銀買支安心材料、個人のMMF残高による買戻、国内金融機関の買支で上昇で大引けを迎えた。FOMC後毎回一旦買場が派生するため、13,14日のFOMCでポジション落としたときのみ買場発生でその後インフレーションに向けて買戻しに勢いが出るとみる向きが多くなった。だがオプションで来年7月から3月にシェールオイルを増産する計画があることから原油売持高が多くドルインデックスが反落し金が上昇しているので要注意である。本日はこれらより「シクリカル売りディフェンシブ買」に転じた者もいればリバランス買入が内需ディフェンシブに入った。これで債券バブルの終焉と見て良くインフレによる株式バブルの時代到来となりSQ超えをし下値支持に変え建玉19,500円コール1万枚以上のため強気継続でいいだろう。4+1空で5空とかなり強い展開になっている。ドル建日経平均で確認すると、前場では166.29㌦で開始し907に最安値165.93㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り953166.60㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1014166.12㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1030166.63㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、前場引1135では前日比42㌣高の166.07㌦をつけ終了した。後場では、1230には166.26㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1448167.06㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り大引け1515には126㌣高の166.91㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円以上超えする限りにおいて長期短期移動平均線が強気印に変化した処から見てFOMC迄本格反騰とみて良いだろう。東証マザーズ指数先物17年3月物の清算値は19.5ポイント(2.12%)高の941.0だった。売買高は232枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1212


  さあ皆様こんにちは、1212日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1212日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均 、日経平均先物、Topix、及びTopix先物が続伸、ドル建て日経平均は反落でした。新興株12日日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物はコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を採用する巨大機関投資家が多くなったことで相場が急上昇となり債券バブル終焉で株式バブル仕込み時期が到来したことになった。欧米株・金利高、外資系買戻しECB理事会を受けた金利カーブの減少で買戻され原油も時間外相場で上昇を受け続伸しECB理事会うけ金利安定へ行き安心感から買戻される。ECBが満額回答となったが付利が-0.4%以下の債券も買える。その他にテーパリングを否定しユーロ安、欧州の金利上の歯止に成功しこれらの効果で終値では大納会を上回った。シクリカル売りディフェンシブ買に転じた者もいればリバランス買入が内需ディフェンシブに入った。これで債券バブルの終焉と見て良くインフレによる株式バブルの時代到来となりSQ超えをし下値支持に変え建玉19,500円コール1万枚以上のため強気継続でいいだろう。4+1空で5空とかなり強い展開になっている。ドル建日経平均で確認すると、前場では166.16㌦で開始し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り945166.83㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1002166.4㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1029166.89㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1120165.24㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り、前場引1135では前日比06㌣高の166.02㌦をつけ終了した。後場では、1230には165.85㌦で開始した後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1238165.36㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1300165.90㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1340165.15㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1415166.18㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、大引け1515には43㌣安の165.65㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円以上超えする限りにおいて長期短期移動平均線が強気印に変化した処から見てFOMC迄本格反騰とみて良いだろう。マザーズ先物17年3月物は続伸し、清算値は17.0ポイント(1.88%)高の921.5だった。売買高は180枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1209


  さあ皆様こんにちは、1209日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1209日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均 、日経平均先物、Topix、及びTopix先物が続伸、ドル建て日経平均は続伸でした。新興株9日日経ジャスダック平均は続落したが東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション12月物はコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を採用する巨大機関投資家が多くなったことで相場が急上昇となり債券バブル終焉で株式バブル仕込み時期が到来したことになった。欧米株・金利高、卸物価指数上昇し外資系買戻しECB理事会を受けた金利カーブの減少で買戻され原油も上昇を受け続伸しECB理事会うけ金利安定へ行き安心感から買戻される。ECBが満額回答となったが付利が-0.4%以下の債券も買える。その他にテーパリングを否定しユーロ安、欧州の金利上の歯止に成功しこれらの効果で終値では大納会を上回った。さらに中国経済指標も改善のためさらに強含む展開になった。最終段階で売買作るため売りのインデックスが入り多少下分が発生した。これで債券バブルの終焉と見て良くインフレによる株式バブルの時代到来となりSQ超えをし下値支持に変えた。ドル建日経平均で確認すると、前場では165.19㌦で開始し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り921164.85㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り、910165.45㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り0999164.99㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り、1050165.8㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1110165.40㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り、前場引1135では前日比50㌣高の165.37㌦をつけ終了した。後場では、1230には165.8㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1340166.15㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1405165.79㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1500165.99㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、大引け1515には71㌣高の166.08㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円以上超えする限りにおいて長期短期移動平均線が強気印に変化した処から見てFOMC迄本格反騰とみて良いだろう。東証マザーズ指数先物17年3月物は清算値が16.5ポイント(1.80%)高の904.5だった。売買高は218枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1208


  さあ皆様こんにちは、1208日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1208日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均 、日経平均先物、Topix、及びTopix先物が続伸、ドル建て日経平均は続伸でした。新興株8日日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション12月物はコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を採用する巨大機関投資家が多くなったことで相場が急上昇となり債券バブル終焉で株式バブル仕込み時期が到来したことになった。欧米株・金利高、これらを受けた日本も同様期待が観測され悪材料出尽くしとなる。ドル建て日経平均が割安状況放置のため買戻余地を狙う巨大機関投資家によりリバーサル戦略が打たれた。それらにより欧州ヘッジポジションを持つ空売派がポジションを閉鎖しテーパリング無でECBがドイツ債券購入し無事通過と捉えリバーサル戦略で先物オプションを使い購入している。材料はトランプ次期大統領と孫社長会談(スプリント・ティーモバイル問題解決と5兆円ファンド主動)で先物により買戻され「ディフェンシブ銘柄売後、バリューでシクリカル銘柄買」が発生した。本日は日本企業の稼力も確認され最少分散投資の債券代替から本格買戻で世界的ポートフォリオ戦略練り直しとなった。東芝・シャープ・三菱自動車等組み入れられていないショート保有の銘柄の踏み上げが前場後半から後場大引けにかけ連続してTopix型先物インデックス売買で株ポジションを戻すために入り低PBR銘柄である高成長はいバリュウー投資に資金が先物で入った。これで債券バブルの終焉と見て良くインフレによる株式バブルの時代到来と繋がった。明日SQを控える本日迄空売りしていたファンドマネージャーが踏まされたため165㌦(18,500円)越えをし19,000円近く迄上昇した。ドル建日経平均で確認すると、前場では前日比2㌦17㌣高の寄付164.12㌦で開始し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り921164.85㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1023163.87㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1120164.35㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、前場引1135では前日比230㌣高の164.25㌦をつけ終了した。後場では、1230には164.35㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1256164.70㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1315164.35㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1346164.86㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1405164.67㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1500165.24㌦をつけ、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には342㌣高の165.37㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円以上超えする限りにおいて長期短期移動平均線が強気印に変化した処から見てFOMC迄本格反騰とみて良いだろう。東証マザーズ指数先物12月物は続落した。清算値は9.5ポイント(1.06%)安の888.5で、売買高は562枚だった。
この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

 

1207


  さあ皆様こんにちは、1207日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1207日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均 、日経平均先物、Topix、及びTopix先物がっ続伸、ドル建て日経平均は反発でした。新興株7日日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション12月物はコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を採用する巨大機関投資家が多くなったことで相場が回復し地政学的リスクを織り込んだ。欧米株・金利高、景気指数良好をうけ日本も同様期待が観測され悪材料出尽くしとなる。イベント通過後、戻待ち注意でドル建て日経平均が割安状況放置のため買戻余地を狙う巨大機関投資家によりリバーサル戦略が打たれた。それらにより欧州ヘッジポジションを持つ空売派がポジションを閉鎖しテーパリング無でECBがドイツ債券購入し無事通過と捉えリバーサル戦略で先物オプションを使い購入している。材料はトランプ次期大統領と孫社長会談(スプリント・ティーモバイル問題解決と5兆円ファンド主動)で先物により買戻され「ディフェンシブ銘柄売後、バリューでシクリカル銘柄買」が発生した。日経VIVixも下落し強気相場入と捉えているようだ。後場ではデフレからインフレになっていくことが理解され景気拡大時インフレと考えられ昨日のカジノ関連法案通過と共に10月景気一致指数が1.4%上昇と好材料が確認出たため、前場高値抜く162㌦迄買戻され新規の裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入りドル建て日経平均も日経平均や日経平均先物と同様急上昇した。ドル建日経平均で確認すると、前場では寄付161.62㌦で開始し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り913161.37㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1045162.01㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1110161.38㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1115161.69㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、前場引1135では前日比36㌣高の161.51㌦をつけ終了した。後場では、1230には161.66㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1252161.98㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1428161.59㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1500161.99㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り大引け1515には80㌣高の161.95㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円以上超えする限りにおいて長期短期移動平均線が強気印に変化した処から見てFOMC迄本格反騰とみて良いだろう。東証マザーズ指数先物12月物の清算値は1.0ポイント安の898.0で、日中売買高は405枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1206


  さあ皆様こんにちは、1206日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1206日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均 、日経平均先物、Topix、及びTopix先物が反発、ドル建て日経平均は続落でした。新興株6日日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション12月物はコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を採用する巨大機関投資家が多くなったことで相場が回復し地政学的リスクを織り込んだ。イタリア国民投票等欧米株高や原油高受け安心感から材料出尽くしで先物で買戻されリスクマネーのリスクオフになった。高値波瀾で材料待ちで時間外で米長期金利が下落し先物に買戻しがSQで入り易い。小幅反発でもあり米経済旅行分が乗ってきて円安も追い風となり徐々に押されてきて米金利が実現性懸念が出てきたことから上昇幅が知事待って行った。12月利上げ後17年の金利がどのくらいできるかで米金利の上昇に上乗せさせられる。トランプノミクスによる公共事業と減税が行われインフラ圧力が出てくると17年利上が2回に届いていない観測から引き上がり日米金利差から日本株上昇期待とつながり本日は前場で安定した為、昼には1,000億のリバランス売買が入り売り圧力が高まり昨日割安買機会が到来し右肩下がりになった。年末近くのポートフォリオの入替で大引け付近でもリバランス売買が発生し三日ぶり反発となった。但し今後の円高による割安買時期到来準備のためECB理事会でのテーパリング動向から来るユーロ・ドル安円高には注意すべきである。日米景気信頼感が少ないため5日連続陰線発生がされるのだろう。166㌦即ち18,500円が節目であろう。ドル建日経平均で確認すると、前場では寄付162.06㌦で開始し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1109161.42㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り前場引1135では前日比47㌣高の161.68㌦をつけ終了した。後場では、1230には161.31㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1312161.51㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1434161.11㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1445161.43㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1456161.08㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には6㌣安の161.15㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円以上超えする限りにおいて日経平均先物SQ値を金曜前場で超え本日終値でも超え、Topix節目1400p以上回帰し調整後から見てFOMC迄本格反騰とみて良いだろう。マザーズ先物12月物は4日続落し、清算値は4.0ポイント(0.44%)安の899.0だった。売買高は508枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1205


  さあ皆様こんにちは、1205日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1205日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均 、日経平均先物、Topix、及びTopix先物が続落、ドル建て日経平均は続落でした。新興株5日日経ジャスダック平均は反発したが東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション12月物はコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られるコンバージョン戦略を採用する巨大機関投資家が多くなったことでコールが売られ、プットは高安まちまちだった。OPEC合意を受け原油高、イタリア国民投票で否決され現職高官が辞任しユーロ/ドルの重要サポートである1.05㌦を維持し欧米株安に陥った。これは行過ドル高基調の調整に加えドルインデックスでボックスになっている。雇用統計から今月の利上げは想定内だが労働力低下、悪意の失業率低下を示す企業が賃金抑制に働いていると来年の利上げが問題であるため金やVIX指数が上昇した。ECB理事会との関連では緩和縮小を示すテーパリングをドラギ総裁が意識して、欧州債券債が買われていた。ここから欧州金利上昇で欧州債売後、米債買われ米欧金利差縮小でリスク回避を迎えユーロ買戻でドル売りになる。つまり欧州株安が震源地となり米株安となり日本株安に繋がった。米国FOMCとの関連では12月利上げする。期待先行買から事実売る米債券ショート調整からドル利回り低下となりドル売りが発生しダブル効果で今年最後の円高と読め割安買い場発生となるだろう。
ドル建日経平均で確認すると、前場では寄付161.63㌦で開始し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1018160.89㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1030161.09㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1043160.86㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1124161.08㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引1135では前日比38㌣安の161.19㌦をつけ終了した。後場では、1230には161.22㌦で開始した後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1342160.60㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り、大引け1515には36㌣安の161.21㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円以上超えする限りにおいて日経平均先物SQ値を金曜前場で超え本日終値でも超え、Topix節目1400p以上回帰し調整後から見てFOMC迄本格反騰とみて良いだろう。東証マザーズ指数先物は続落した。清算値は4ポイント(0.44%)安の903で売買高は707枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1202


  さあ皆様こんにちは、1202日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1202日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均 、日経平均先物、Topix、及びTopix先物が反落、ドル建て日経平均は続落でした。新興株30日日経ジャスダック平均は反落したが東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション12月物はコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られるコンバージョン戦略を採用する巨大機関投資家が多くなった。欧州市場原油高、インフレ懸念で下落し米国はエネルギーや金融銘柄にとってプラスとなったためにダウが上昇しナスダックが下がり日本相場ではハイテク銘柄がスピード調整入りとなった。日曜日にイタリア国民投票や金曜日のSQも踏まえ各国政府が不安定なために、世界的業績回復で日米金利差から来る上昇とインフレ期待に乗った次期大統領が政策面で一致した為日本相場は上昇したが、スピード調整入りを余儀なくされた。ドル建日経平均で確認すると、前場では寄付161.84㌦で開始し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り918162.30㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1045161.58㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1101161.82㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1148161.65㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り前場引1135では前日比50㌣安の161.82㌦をつけ終了した。後場では、1230には161.38㌦で開始した後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1335160.87㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り、1337160.98㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1415161.10㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り、大引け1515には75㌣安の161.57㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円以上超えする限りにおいて日経平均先物SQ値を金曜前場で超え本日終値でも超え、Topix節目1400p以上回帰し調整後から見てFOMC迄本格反騰とみて良いだろう。東証マザーズ指数先物は続落した。清算値は13ポイント(1.41%)安の907で売買高は253枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1201


  さあ皆様こんにちは、1201日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1201日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均 、日経平均先物、Topix、及びTopix先物が続伸、ドル建て日経平均は反落でした。新興株30日日経ジャスダック平均は続伸したが東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション12月物はコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を採用する巨大機関投資家が多いためコールオプションのショートカバーとなりショートスクィーズによる踏み上げ相場になった。来年サウジアラムコの上場による株高にするためOPEC原油減産合意から原油価格が上昇トレンド入化し米国地区連銀見通しで明るい方向であるのに対し次期財務長官発言で債券では円債券売・ドル債買でドル全面高となり長期金利が上昇し配当利回りが上昇故、ポジションチェンジが起こり大引けにかけてインデックス買入りとなり先物が買われ過ぎて前場で買損ねた方が後場先物買需要で壊れた状況にいるため現物より先物が多くなった。これらを受け最終的にコールオプションのショートカバーとなりショートスクィーズによる踏み上げ相場になった。チャート上ではヘッドアンドショルダー超えをし転換点である三空の最初を抜いたことから小天井となり大相場への転換点となった。ドル建日経平均で確認すると、前場では寄付161.62㌦で開始し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り1112163.71㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引1135では前日比126㌣高の163.59㌦をつけ終了した。後場では、1230には163.77㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り、1248163.92㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1430162.00㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り、1436162.18㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1449162.17㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクィーズ等が入り大引け1515には01㌣安の162.32㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円以上超えする限りにおいて日経平均先物SQ値を金曜前場で超え本日終値でも超え、Topix節目1400p以上回帰し調整後から見てFOMC迄本格反騰とみて良いだろう。東証マザーズ指数先物12月物は続伸した。清算値は2.5ポイント(0.27%)安の916.5で、売買高は111枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 
 

1130


  さあ皆様こんにちは、1130日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1130日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均 、日経平均先物が反発し、Topix、及びTopix先物が反発、ドル建て日経平均は続落した。新興株30日日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物はコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を採用する巨大機関投資家が多いためコールはまちまち、プットが売られた。原油先物相場が下がり金利下落したが買向かう人がいてポジションがぶつかった。時間外取引で金利が戻り月末MSCIインデックスの組換えがあり米国株高受けてイベントリスクはあるものの相場がマイナスに下がった処MSCIの先物買で持直した。ドル建日経平均で確認すると、前場では寄付163.16㌦で開始し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り907163.54㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り950163.16㌦をつけ、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1125163.27㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引1135では前日比39㌣安の163.13㌦をつけ終了した。後場では、1230には162.81㌦で開始した後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1240162.58㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、1305162.69㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1314162.42㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1415162.68㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1459162.21㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1500114㌣安の162.38㌦となり大引け1515には119㌣安の162.33㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円以上超えする限りにおいて日経平均先物SQ値を金曜前場で超え本日終値でも超え、Topix節目1400p以上回帰し調整後から見てFOMC迄本格反騰とみて良いだろう。東証マザーズ指数先物12月物は続伸した。清算値は1.0ポイント(0.11%)高の922.5で、売買高は97枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

 1129


  さあ皆様こんにちは、1129日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1129日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均 、日経平均先物が続落し、Topix、及びTopix先物が反落、ドル建て日経平均は反落した。新興株29日日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物は相場安定でプレミアム料を得られるショートストラドル戦略を採用する巨大機関投資家が多いためコールが売られ、プットが売られた。「米国ではトランプノミクスはレガノミクスと酷似し財政拡張即ちインフレを目指し通貨高で金融引締の情勢から来る株・ドル高ゆえ良好な金利上昇」に対し「日本ではアベノミクスが行われ財政緊縮・金融緩和・通貨安から来る株高ドル安」で世界的なデフレからインフレに向かっている流れが一致し、トランプ相場は上昇してきた。さらに日銀で長期金利を0にすると発表し世界的に金利が上昇し、際限なき国債買で0を維持し円安推移となった。それによりTopix12連騰日経平均も連続して上昇した。Vix指数上昇要因であるOPEC総会リスクや中国PMIリスクの2要因でNYダウ、日経平均がともに利食が出易い時期でOPEC総会でのイランやイラクがごねる事からリスクオフに資金を振る巨大機関投資家が現れた。しかし、最後にはサウジが承諾する見込みが大勢のため多少反落した。中国側ではトランプトレード開始から元安に振り始め本日、元高にしたが輸出が増えていないことからリスクオフとなり、これらからも多少反落した。その後米国経済指標が改善を示せばグレートローテーションの再開で株高だろう。ドル建日経平均で確認すると、前場では寄付163.50㌦で開始しは裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り901163.64㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り935163.26㌦をつけ、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り940163.56㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1012163.18㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1042163.49㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1050163.46㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り11:27163.59㌦をつけ前場引1135では前日比15㌣安の163.57㌦をつけ終了した。後場では、1230には163.32㌦で開始した後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1255163.16㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、1348163.39㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1356163.29㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1459163.54㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り150028㌣安の163.44㌦となり大引け1515には20㌣安の163.52㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円以上超えする限りにおいて日経平均先物SQ値を金曜前場で超え本日終値でも超え、Topix節目1400p以上回帰し調整後から見てFOMC迄本格反騰とみて良いだろう。東証マザーズ指数先物12月物は続伸した。清算値は0.5ポイント(0.05%)高の921.5で売買高は149枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1128


  さあ皆様こんにちは、1128日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1128日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均 、日経平均先物が反落し、Topix、及びTopix先物がが続伸、ドル建て日経平均は反発した。新興株28日日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション12月物はコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得らるコンバージョン戦略を採用する巨大機関投資家が多いためコールが売られ、プットはまちまちだった。米株上昇したがNYダウ先物は下落しエネルギー開発懸念からオペック総会前で先物安を受け大幅原油安でドル高一服となった。さらに世界的デフレから世界的インフレ支持の巨大機関投資家報告書が発行され行過上昇の一服入りとなりドル高効果波及値嵩株売りが出た。Vix指数上昇で超長期債券先物売り円高進行で先週ドル建て日経平均が弱いことから日経平均の行過上昇に一服感が出た。内需ディフェンシブやカジノ関連など材料銘柄に資金が集中した。後場から日銀のETF買期待発生まで下落し此処までの下げでETF買が期待され買戻されました。今後も鯨幕相場には要注意です。ドル建日経平均で確認すると、前場では寄付162.47㌦で開始し903には大幅原油安でドル安112円まで下がると最安値162.16㌦を記録し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1053163.44㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1120163.30㌦をつけ、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り前場引1135では前日比158㌣高の163.62㌦をつけ終了した。後場では、1230には163.38㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、1453には最高値163.72㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1500168㌣高の163.72㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円以上超えする限りにおいて日経平均先物SQ値を金曜前場で超え本日終値でも超え、Topix節目1400p以上回帰したことから見てFOMC迄本格反騰とみて良いだろう。東証マザーズ指数先物12月物の清算値は9.5p(1.04%)高の921.0だった。売買高は251枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1125


  さあ皆様こんにちは、1125日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1125日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均 、日経平均先物、Topix、及びTopix先物がが続伸、ドル建て日経平均は続落した。新興株25日日経ジャスダック平均が反落し、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション12月物はコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を採用する巨大機関投資家が多いためコールが概ね買われ、プットは高安まちまちだった。時間外米国長期金利上昇で円売・ドル買でレパトリエーションが発生し「割高先物売後、割安現物大量買」で先物と現物の裁定で前場上昇した。1330分に債券売が蓄積しているのに対し40年国債先物が無事買われ株先物が売られ一時的に下げた。米金利上昇でドル高進み日米金利差で再度株式先物が買われた。この時に発生した事象が「入口に殺到して上げ方向のフラッシュクラッシュ」でありこれは米投信組合発表資料によると、米投信資金が買に中・小型株に先物を通してETF買に集中した。約2兆円分が日米国内債券先物売りとなり日米株先物買に繋がった。この時点で枯渇したのがドルであり日本では金利を管理していることから円安であるため一揆にドルが上昇した。この時点で指数切上が行われた。さらにドルとユーロに対する円安メリット銘柄に資金が集中した。日機装、トヨタ、アイロム等が上昇した。この急上昇を受け債券先物ショートも積上がり保護貿易や伊選挙等懸念から日経VIも買戻された。この円安で株価上昇によるリバランスから信託銀が売りに出ている。GPIFも利益が出てきて大型値嵩株を中心に運用しているため債券運用を減少させ株運用増やしたためアベノミクス即ち自民党バブル景気催促相場入が成功とみて良いだろう。ドル建日経平均で確認すると、前場では寄付162.31㌦で開始し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り904162.51㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1006162.03㌦をつけ、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1038162.35㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1057162.28㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1102162.30㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1115162.17㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り前場引では前日比24㌣安の162.43㌦をつけ終了した。後場では1230162.39㌦で開始した後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1412161.26㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、1500に51㌣安の162.16㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、大引け15:15には63㌣安の162.04㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円以上超えする限りにおいて日経平均先物SQ値を金曜前場で超え本日終値でも超え、Topix節目1400p以上回帰したことから見てFOMC迄本格反騰とみて良いだろう。東証マザーズ指数先物は続落した。清算値は12.5ポイント(1.35%)安の911.5で売買高は218枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。 

1124


  さあ皆様こんにちは、1124日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1124日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均 、日経平均先物、Topix、及びTopix先物がが続伸、ドル建て日経平均は反落した。新興株24日日経ジャスダック平均が続伸し、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション12月物はコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を採用する巨大機関投資家が多いためコールが優勢になった。米国長期金利は上昇しNYダウ1万9千㌦の最高値をつけ、米国原油高を受けドル高になりドル建て日経平均では一時51㌣上昇したが反落し一方で米国401Kプランを預かる巨大機関投資家がETFを通して日本株に先物介入した成果も含め日経平均が6日続伸しTOPIXが10日続伸した。ドル建日経平均で確認すると、前場では寄付162.93㌦で開始し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り909163.14㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り955163.94㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り0929162.63㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1000163.13㌦を記録し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1123162.85㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引では前日比1㌦14㌣安の162.78㌦をつけ終了した。後場では1230162.75㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1300163.99㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1350163.70㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、1241162.86㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1310162.64をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、1350162.85㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1420162.76㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1440に162.85㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル物売崩等が入り、大引け15:00には1㌦15㌣安の162.77㌦、15:15に1㌦25㌣安の162.67㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円超えする限りにおいて日経平均先物SQ値を金曜前場で超え本日終値でも超え、Topix節目1400p回帰したことから見てFOMC迄本格反騰とみて良いだろう。東証マザーズ指数先物12月物の清算値は5.5ポイント(0.59%)安の924.0だった。売買高は124枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1122


  さあ皆様こんにちは、1122日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1122日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均 、日経平均先物、Topix、及びTopix先物がが続伸で、ドル建て日経平均は続伸した。新興株22日日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物はコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を採用する巨大機関投資家が多いためコールが優勢になった。米国長期金利は上昇し米国原油高を受けドル高になりTOPIXが1年3カ月ぶりに9日続伸した。トランプ次期米政権への期待から中期的に米長期金利が2.5%、ドル円相場が115円を目指すとの想定を踏まえると、日本株の押し目は拾われやすいことから早朝に地震が起き注文が減り一部のトランプ銘柄に先物買戻が集中した。地震の影響が限定的となると空売の手仕舞買戻が大量に入り値を戻した。逆日歩がつく銘柄が目立ち上値が重いことから為替において明日祝日向けで円買発生した。ドル建日経平均で確認すると、前場では寄付163.48㌦で開始し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り955163.94㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1005163.57㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1050163.97㌦を記録し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1121163.64㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り前場引では前日比59㌣高の163.64㌦をつけ終了した。後場では1230163.75㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1300163.99㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1350163.70㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、1440164.01㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、1450163.75㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、大引け15:15には97㌣高の163.92㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円超えする限りにおいて日経平均先物SQ値を金曜前場で超え本日終値でも超え、Topix節目1400p回帰したことから見てFOMC迄本格反騰とみて良いだろう。マザーズ先物12月物は続伸し、清算値は5.0ポイント(0.54%)高の929.5だった。売買高は157枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 1121


  さあ皆様こんにちは、1121日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1121日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均 、日経平均先物、Topix、及びTopix先物がが続伸で、ドル建て日経平均は反発した。新興株21日日経ジャスダック平均続伸、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション12月物はコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を採用する巨大機関投資家が多いため権利行使価格1万9,000円のコールオプションの商いが膨らんだ。先週末米国株は小幅下落である一方で日経平均では4日続伸し163㌦(18,000円台)回復しFRB高官による利上容認好調報道で米国長期金利は上昇しトランプ次期大統領政策が「株高金利減少」から「株高金利上昇」に変化し財政政策を打つやり方に変化し「米株式1人勝主導型連帯上昇相場」開始となり評価され引け間際にもインデックス先物売買も入り、巨大機関投資家による裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、これらにオペック総会での減産期待が高まり原油相場が高くなった。これらから減税・財政拡大による原油高と米国長期金利上昇が考えられドル高からドル安になりバブルが発生したレーガンスタイルを評価され「世界規模企業の国外利益還流政策」が評価され日本でのドル高による企業業績上方修正期待で「グロースからバリュウー投資体制」からトランプ次期大統領出馬以降「グロースから金融中心のバリュー株」に裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等巻戻が入った。これらは 日銀決定会合までは継続するのも致し方ないだろう。19日が日銀政策決定会合故25日移動平均線から10%乖離迄、先物を通して鯨幕相場形式で買戻されるだろう。ドル建日経平均で確認すると、前場では寄付162.62㌦で開始し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り917162.46㌦をつけ、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り932162.98㌦を記録し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1015162.60㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1101163.10㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1115162.80㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1129162.94㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引では前日比50㌣高の162.92㌦をつけ終了した。後場では1230162.72㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1429163.16㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1446162.96㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、1500162.98㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、大引け15:15には63㌣高の163.05㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円超えする限りにおいて日経平均先物SQ値を金曜前場で超え本日終値でも超え、Topix節目1400p回帰したことから見てFOMC迄本格反騰とみて良いだろう。東証マザーズ指数先物12月物は上昇した。清算値は6ポイント(0.7%)高の924.5で売買高は191枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1118


  さあ皆様こんにちは、1118日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1118日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均 が続伸したが、日経平均先物が反発で、ドル建て日経平均は続落した。一方でTopix、及びTopix先物が続伸した。新興株18日日経ジャスダック平均続伸、しかし東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション12月物はコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を採用する巨大機関投資家が多いため日経平均及び日経平均先物が上昇した。安倍トランプ会談も成功した。トランプ次期大統領で「金利上昇せず成長期待できないことを前提として利回高・高β・シクリカル銘柄」に裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入った。子の巻戻しが現在発生している。トランプ次期大統領経済効果期待から投資マネーに変化が生じ「債券代替商品で業績良好且つ高配当銘柄」であるグロースでPBRが高い銘柄が好まれて買われていた。選挙後「割安低βディフェンシブ」にも資金シフトが入ってきた。トランプ効果で米国金利が正常になりだし「低成長低金利」から「正常化」に是正されだした。即ち景気実態に比較し低過ぎる長期金利の是正により引き締め効果がでた。米国が新興国のものも買えるようになり結果円安に行き着いたため日本企業業績の上振れ期待から先物での買戻しが目立った。11032円を抜けたため自動売買が先物買戻入りで起こった。ドル建日経平均で確認すると、前場では寄付163.51㌦で開始し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り99163.97㌦を記録し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1126162.70㌦をつけ前場引では前日比82㌣安の162.86㌦をつけ終了した。後場では1230162.83㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1312162.82㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1330163.65㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、1413162.88㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、大引け15:15には126㌣高の162.42㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円超えする限りにおいて日経平均先物SQ値を金曜前場で超え本日終値でも超え、Topix節目1400p回帰したことから見てFOMC迄本格反騰とみて良いだろう。東証マザーズ指数先物は反落した。清算値は2ポイント(0.22%)安の918.5で売買高は158枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1117


  さあ皆様こんにちは、1117日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1117日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均 が小幅続伸したが、日経平均先物が不変で、ドル建て日経平均は若干下落した。一方でTopix、及びTopix先物が続伸した。新興株17日日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物はコールとプットを両方売ることによって日経平均の動きのない事に対する期待と同じ効果が得られるショートストラドル戦略を採用する巨大機関投資家が多いため日経平均及び日経平均先物及びドル建て日経平均が上昇した。10月米国生産者物価の悪化により米国利上見送りでドル安になりインフレ懸念から債券売りドル安から日本株売りに繋がった。銀行は海外建貸出増ゆえ円安に反応し「低β売りの次にシクリカル銘柄や高βに買集中」から米10年債上昇日本10年債下落から株が上昇したが米国石油在庫増での原油下落で米10年債が下がり「低β買に資金シフトしシクリカル・高β銘柄売」に変わった。日銀が足元金利上昇を抑えるため指値OPを実行した。これらをうけ金融から資金シフトが発生しTopix買戻入りが入った。金利が低いニューノーマルからオールドノーマルにトランプ大統領が変えた。今回は金利復活となって金利考えアセットアロケーションを行う時代になった。債券に魅力が出て割安債券先物買になった。債券買い値頃感が出て金利低下でトレンド転換し信託が売越上昇して日銀が買う状況になった。ドル建日経平均で確認すると、前場では寄付163.34㌦で開始し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1015163.86㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1027163.22㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1103163.88㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1115163.60㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り前場引では前日比11㌣高の163.95㌦をつけ終了した。後場では1230163.76㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1237163.71㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1350163.55㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、1415163.77㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1436163.60㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り大引け15:15には16㌣安の163.68㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円超えする限りにおいて日経平均先物SQ値を金曜前場で超え本日終値でも超え、Topix節目1400p回帰したことから見てFOMC迄本格反騰とみて良いだろう。東証マザーズ指数先物は続伸した。清算値は13.5ポイント(1.49%)高の920.5で売買高は162枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1116


  さあ皆様こんにちは、1116日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。当社社長副社長分析通り無事トランプ大統領誕生となった。1116日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、日経平均先物、ドル建て日経平均は反発した。Topix、及びTopix先物が続伸した。新興株16日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物はコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を採用する巨大機関投資家が多いため日経平均及び日経平均先物及びドル建て日経平均が上昇した。オペック総会無事通過模様で原油・欧米株高を受け米国債利回り曲線で長短金利利鞘が立ち、利益が出始めている。さらにドットフランク法・ボルカールールを含む自己勘定規制の緩和により日本株が買い戻され低β売りでこの状態からの資金シフトが発生しシクリカル及び高β銘柄に裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入りトランプリフレーションとなり日本株も2月高値付近まで上昇した。ドル建日経平均で確認すると、前場では寄付163.60㌦で開始し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り0956163.90㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1025163.60㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1120164.09㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1125163.88㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り前場引では前日比72㌣高の164.05㌦をつけ終了した。後場では1230163.75㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1234163.89㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1250163.74㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、1342163.81㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1335163.69㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1425163.91㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1435163.65㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1450163.90㌦をつけ大引け15:15には51㌣高の163.84㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円超えする限りにおいて日経平均先物SQ値を金曜前場で超え本日終値でも超え、Topix節目1400p回帰したことから見てFOMC迄本格反騰とみて良いだろう。東証マザーズ指数先物は続伸した。清算値は21.0ポイント(2.37%)高の907.0で売買高は498枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

1115


  さあ皆様こんにちは、1115日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。当社社長副社長分析通り無事トランプ大統領誕生となった。1115日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、日経平均先物が反落し、Topix、及びTopix先物が続伸した。一方でドル建て日経平均は反落した。新興株15日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション12月物はコールとプットを売ることによって相場が小動きの場合には利益が得られるのと同じ効果が得られるショートストラドル戦略を採用する巨大機関投資家が多いため日経平均及び日経平均先物は小反落した。本日反落した動きでMSCIリバランスの日でもあるため、相場が小動きと考えショートストラドル戦略を採用する巨大機関投資家が多かったと推察できる。さらに、時間外米国長期金利下落になり、日本相場一服し業績発表が一巡し、原油も下げ海外勢が金融株や倉庫など空売過多下落による踏み上げ銘柄に先物買戻が入った。これは銀行株などが金利に連動し易く長期金利が上昇し易すい政策が多いためダウが強く反落ながらも先物買戻が入った。世界製造業PMI50越え資金多くはいるため円安にはなった。108円が節目でもあるため一服要因になったのだろう。ドル建日経平均で確認すると、前場では寄付163.46㌦で開始し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り0906163.84㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り0931163.21㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1035163.79㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1101163.20㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り前場引では前日比123㌣安の163.09㌦をつけ終了した。後場では1230163.28㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1235163.66㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1415163.14㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、1450163.41㌦をつ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1440164.23㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り大引け15:15には0.09㌦安の163.33㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円超えする限りにおいて日経平均先物SQ値を金曜前場で超え本日終値でも超え、Topix節目1400p回帰したことから見てFOMC迄本格反騰とみて良いだろう。東証マザーズ指数先物12月物は続伸した。清算値は15.5ポイント(1.8%)高の886.0で売買高は373枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1114


  さあ皆様こんにちは、1114日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。当社社長副社長分析通り無事トランプ大統領誕生となった。1114日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、日経平均先物、Topix、及びTopix先物が続伸した。一方でドル建て日経平均は反発した。新興株14日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション11月物はトランプ大統領政策期待をうけコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を採用する巨大機関投資家が多いため「割高債券先物売後、割安株式先物買」となり「割高先物売後、割安現物買」が始まり日経平均及び日経平均先物は上昇した。トランプ大統領の公約である海外留保課税を含む本国投資法第二弾に加え所得・法人・相続減税の効果から米国利上に加え米国10年債と2年債比で13.7%上昇との経済政策の期待から裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が継続介入して上昇した。選挙以前と比較し新興国・コモディティ・ユーロ運用低迷により米国回帰と捉えられドル高になっている。ドル建日経平均で確認すると、前場では寄付163.47㌦で開始し安値901163.33㌦をつけた。裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1005164.71㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1115164.21㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1129164.27㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引では前日比108㌣高の164.23㌦をつけ終了した。後場では1230164.40㌦で開始した後裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1235164.69㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1320164.30㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、1350164.69㌦をつ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1440164.23㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1450164.44㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り大引け15:15には1.17㌦高の164.32㌦で引けた。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。売買代金を2兆円超えする限りにおいて日経平均先物SQ値を金曜前場で超え本日終値でも超え、Topix節目1400p回帰したことから見てFOMC迄本格反騰とみて良いだろう。東証マザーズ指数先物は反落した。清算値は12.5ポイント(1.43%)安の860.5で売買高は242枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1111


  さあ皆様こんにちは、1111日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1111日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、日経平均先物、Topix、及びTopix先物が続伸した。一方でドル建て日経平均は反落した。新興株11日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション11月物はトランプ大統領政策期待をうけコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を採用する巨大機関投資家が多いため「割高債券先物売後、割安株式先物買」となり「割高先物売後、割安現物買」が始まり日経平均及び日経平均先物は上昇した。大幅減税、企業の海外資産を米国に還流することへの減税、キャリートレードインタレスト課税撤廃、相続税の廃止等を掲げビジネス感覚での政治主導の開始への期待が景気敏感割安銘柄に先物資金が手当てされ内需ディフェンシブ 銘柄売りに繋がった。金融業界を悩ませたドットフランク法廃止で金融目詰まりを除き過剰な金融規制撤廃や規制緩和で事業活動促進する政策から期待がさらに増して本日SQ確定値は日経平均では17,596.78円、Topixでは1332.28pと決まり前場が上昇できた。この1週間ではV字戻相場で過去数か月高値を急ブレークで打ち抜けた。年末相場開始で経済効果上昇及び政策期待でリスク回避の景気刺激策と見られプット買やコール買で買戻された。売買代金が3兆円を超え下半期で出来高薄いものを取り返せた。ボラティリティが高く債券が下がり金利上昇故金融証券銘柄買に加え内 需銘柄売が先物で行われた。上下院ともに与党となり今後大胆な経済政策期待感が高まるため先物現物ともに大幅に買戻され高安値幅2.19㌦の高値が付いた。ドル建日経平均で確認すると、前場では寄付164.10㌦で開始し安値907163.45㌦をつけた。裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り939164.96㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1129163.41㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り前場引では前日比104㌣安の163.58㌦をつけ終了した。後場では1230163.66㌦で開始した後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、1307162.97㌦をつけ、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1330163.60㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1451162.77㌦をつけ大引け15:15には1.47㌦安の163.15㌦にとどまった。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。東証マザーズ指数先物は反落した。清算値は12.5ポイント(1.43%)安の860.5で売買高は242枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

 

1110


  さあ皆様こんにちは、1110日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1110日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix、及びTopix先物が反発した。新興株10日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション11月物はトランプ候補当確をうけコールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を採用する巨大機関投資家が多いため「割高債券先物売後、割安株式先物買」となり「割高先物売後、割安現物買」が始まり大幅上昇した。大幅減税、財政による需要創造、歳出増やす景気雇用を掲げビジネス感覚での政治主導の開始がトランプ大統領下で始まった。金融業界を悩ませたドットフランク法廃止で金融目詰まりを除き過剰な金融規制撤廃や規制緩和で事業活動促進するレガノミクスや田沼政治に似た政策から大幅反発になった。昨日下落分を取り戻し欧米市場堅調で日本も取り戻せた。財政出動から米国債売却し米国10年債利回りが急騰し日米金利差で株が買戻になった。裁定買が入り明日のSQに備え現物も買戻された。米国がトランプ大統領を受け入れ崩れなかった。売買代金が3兆円を超え下半期で出来高薄いものを取り返せた。ボラティリティが高く債券が下がり金利上昇故食品から資金が流出した。上下院ともに与党となり今後大胆な経済政策期待感が高まるため先物現物ともに大幅に買戻され高安値幅8.35㌦の最高値が付いた。ドル建日経平均で確認すると、前場では寄付前日比253㌣高の156.51㌦で開始した。裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り前場引では前日比439㌣高の163.43㌦をつけ終了した。後場では1230163.60㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、1454164.76㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り大引け15:15には5.58㌦高の164.62㌦にとどまった。日経平均では週足の中期投資家コストの13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。東証マザーズ指数先物12月物の清算値は43.5ポイント(5.2%)高の873で、日中売買高は301枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

119


  さあ皆様こんにちは、119日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。119日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物が続落し、Topix、及びTopix先物が反落した。新興株9日、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション11月物は、同じ満期日の同じ行使価格のコールを売り、プットを買うことによって先物の売りポジションと同じ効果が得られるコンバージョン戦略を採用する巨大機関投資家が多いため割高株式先物売後割安債券先物買となりトランプ候補優勢で大統領当確がついた。相場終了後政府・日銀、米大統領選めぐり対応協議となったため先物買戻期待が発生している。米国では大統領選直前で欧米株高に加えドル高で、寄付きこじっかりとなりクリントン優勢で上昇しオハイオ州で拮抗し下げ、オハイオでトランプ優勢でドル安円高になり大幅下落で値幅6.51㌦であった。トランプ施策から12月利上先送り有で保護貿易主義が中心のため、防衛関連に裁定買を誘う先物買が始まった。今後トランプ政策から富裕層優遇に加え海外進出企業の資金回収が税金支払いで国内回帰することで減税されるためドルが戻りドル高期待から金利上昇ドル高となることが期待され易く仕入れる買い場が提供された。ドル建日経平均で確認すると、前場では寄付前日比4㌣高の164.62㌦で開始した。裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り165㌦を回復し高値918165.53㌦をつけたが、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、0946163.59㌦をつけ、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1013165.55㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1123162.96㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り前場引では前日比31㌣安の164.27㌦をつけ終了した。後場では1230162.10㌦で開始した後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1233160.76㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、1315164.40㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1240164.25㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、1448164.54㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1424162.10㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1409159.18㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1428160.61㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、大引け15:15には5.54㌦安の159.04㌦にとどまった。日経平均では中期投資家コストの75日と200日移動平均線がゴールデンクロスし週足では13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。東証マザーズ指数先物は続落した。清算値は46.5ポイント(5.31%)安の829.5で売買高は539枚だった。14時過ぎ、制限値幅の下限となる73.5ポイント(8.4%)安の802.5まで下落し、株価の急激な変動を受けて売買を停止する措置「サーキットブレーカー」が発動する場面があった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

118


  さあ皆様こんにちは、118日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。118日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物が反落し、Topix、及びTopix先物が続伸した。新興株8日、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション11月物は、コール、プットを共に売ることによって先物売ポジションと同じ効果が得られるショートストラドル戦略を採用する巨大機関投資家が多いため株価は下落した。米国では大統領選直前でドル建日経平均で確認すると、前場では米株高原油高でも円買ドル売による戻売で寄付前日比110㌣高の165.09㌦で開始した。大幅反発になり165㌦を回復し高値908165.14㌦をつけたが、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1044164.15㌦をつけ、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1100164.31㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引では前日比21㌣安の164.27㌦をつけ終了した。後場では1230164.20㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、1300164.40㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1240164.25㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、1448164.54㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1424164.43㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、大引け15:15には10㌣高の164.58㌦と様子見中心で大統領選直前99㌣幅にとどまった。昨日受けクリントン勝ちの先取りでポジション調整と先回り買が発生した。また、ヘッジファンドのCTAが利益を回復するため流動性相場で、日本市場で為替と先物で操作入ると予測するのと同時にトランプ氏の大型減税期待対策も加わり海外にある資金を母国市場に還流させるとドル高期待が持てるためこれにかけシクリカル銘柄に先回り先物買も見られた。日経平均では中期投資家コストの75日と200日移動平均線がゴールデンクロスし週足では13週と26週がゴールデンクロスしている。結果160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。マザーズ先物12月物は反落し、清算値は4.5ポイント(0.51%)安の876.0だった。売買高は104枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

117


  さあ皆様こんにちは、117日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。117日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix、及びTopix先物が反発した。新興株7日、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション11月物は、コールを買い、プットを売ることによって先物の買いポジションと同じ効果が得られるリバーサル戦略を採用する巨大機関投資家が多いため株価は上昇した。米国では雇用統計良好で12月利上公算高くFBI長官が「クリントン候補訴追無し」という報道で不透明感払拭できたことから「政治危機に対するポジション調整」の巻戻から大幅元安設定はあるものの円売りドル買による買戻しで寄付前日比24㌣高の164.40㌦で開始した。大幅反発になり165㌦を回復し結局164.59㌦となった。テクニカルは安定し米利上準備完了で原油底止まりで40ドル台迄で調整していることからドルが下げ止まり来年2回以上利上げ観測の巨大機関投資家の見通等から大幅買戻が発生した。ドル建日経平均で確認すると、前場ではFBI長官報道を切欠に900に寄付前日比24㌣高の164.40㌦後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り911に高値165.09㌦を更新し、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、0942164.09㌦をつけ、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1015に前場高値164.65㌦を記録した後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値1052をつけ、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1120には164.64㌦をつけ前場引では前日比59㌣高の164.43㌦をつけ終了した。後場では1230164.64㌦で開始した後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1359164.29㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、1500164.59㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り大引け15:15には64㌣高の164.48㌦で引けた。日経平均では中期投資家コストの75日と200日移動平均線がゴールデンクロスし週足では13週と26週がゴールデンクロスしている。結果上昇し160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。東証マザーズ指数先物12月物は反発した。清算値は8ポイント(0.9%)高の880.5で、売買高は618枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

114


  さあ皆様こんにちは、114日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。114日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、ドル建て日経平均、日経平均先物、Topix、及びTopix先物が続落した。新興株4日、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション11月物は、リスクマネーのリスクオンからコンバージョン戦略を採用する巨大機関投資家が多いためコールが売られプットが買われた。ここからすると下げさせたい意向があると推察できる。米国では大統領選控え、トランプリスクの復活より欧米株安が発生し原油では全種での駆込み増産により需給が悪化し原油価格が下落しオペック崩壊危機観測に加え、英国高等法院からの議会承認が必要でEU離脱遅れ懸念との指摘からハードからソフトブレグジットになり、リグレジットが再開と解釈されVix指数が上昇しドル安になった。東京相場ではドル建日経平均で確認すると前場では900164.63㌦と続落で寄付後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り909164.81㌦をつけ米国政治懸念や英国為替高による政治危機及び需給悪化による原油駆込増産による需給悪化での原油価格下落を受け、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1051163.25㌦をつけ、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1113に前場高値164.13㌦を記録した後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値1135では前日比129㌣安の163.84㌦をつけ終了した。後場では1230163.67㌦で開始した後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1234163.50㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、1252163.69㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1338163.42㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り大引け15:15には129㌣安の163.84㌦で引けた。日経平均では中期投資家コストの75日と200日移動平均線がゴールデンクロスし週足では13週と26週がゴールデンクロスしている。結果上昇し160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。東証マザーズ指数先物12月物は続落した。清算値は20ポイント(2.2%)安の872.5で、売買高は738枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

112


  さあ皆様こんにちは、112日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。112日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均及びドル建て日経平均、日経平均先物、Topixが反落し、Topix先物が続落した。新興株2日、日経ジャスダック平均が反落し東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション11月物は、コンバージョン戦略を採用する巨大機関投資家が多いためコールが売られプットが買われた。来週ここからすると下げさせたい意向があると推察できる。米国ではトランプリスクの復活より欧米株安が発生し原油減産合意難からコンバージョン戦略をオプションでの先物を使用して実践した為、円高になり前場では安く始まった。三尊天井をドル建てチャート上で発生し裁定買を誘う先物買を含むショートスクイーズが大量に入り後場では高値開始を迎えた。13時頃中国で大幅元高ドル安円高設定がなされ、コンバージョン戦略を行なう巨大機関投資家が発生しリスク回避の大幅下落となりなぎの状態からテクニカル調整となりその後裁定買を誘う先物買が入り大引けを迎えた。ドル建日経平均で確認すると前場では900165.62㌦で開始後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、921165.46㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り945165.97㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1115には165.50㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り前場引値1130では前日比66㌣安の165.74㌦をつけ三尊天井を形成し終了した。後場では1230165.25㌦で開始した後、 三尊天井を受け裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1304164.73㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、大引け15:15には127㌣安の165.13㌦で引けた。日経平均では中期投資家コストの75日と200日移動平均線がゴールデンクロスし週足では13週と26週がゴールデンクロスしている。結果上昇し160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。東証マザーズ指数先物12月物は清算値が前日比31.5ポイント(3.41%)安の892.5だった。売買高は997枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

 

111


  さあ皆様こんにちは、111日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。111日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均及びドル建て日経平均及びTopixが反発、Topix先物が反落した。新興株1日、日経ジャスダック平均が続伸したが東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション11月物は、コールとプッともにまちまちであった。米国では米国大統領選が不透明化し海外原油市況が下落しドル安円高になり先物を通して売られ、前場引け間際で中国経済指標が良好であると分かり裁定買を誘う先物買が入った。逆三尊底を形成し前場では下落した。一方で強烈な裁定買を誘う先物買から後場では値を回復し昨日と同じ値になって終了した。ドル建日経平均で確認すると前場では900165.81㌦で開始後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1010165.49㌦をつけ10月中国製造業PMIが予想以上に改善したと報道があり裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1054166.13㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1110には165.94㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り前場引値1130では166.03㌦をつけ前場終値1135前日比26㌣安の166.07㌦で 逆三底を形成し終了した。後場では1230166.22㌦で開始した後高値166.03㌦をつけ、 三尊天井を受け裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1425165.58㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、大引け15:15には7㌣高の166.40㌦で引けた。日経平均では中期投資家コストの75日と200日移動平均線がゴールデンクロスし週足では13週と26週がゴールデンクロスしている。結果上昇し160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。東証マザーズ指数先物12月物は反落した。清算値は12ポイント(1.3%)安の924.0で、売買高は101枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

1031


  さあ皆様こんにちは、1031日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1031日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均及び日経平均先物が反落、Topix及びTopix先物が続伸し一方で、ドル建て日経平均は反発した。新興株31日、日経ジャスダック平均が続伸したが東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション11月物は、コールの売りとプットの買いを組み合わせたベアシンセティックポジション戦略が目立った。米国ではクリントン大統領候補のメール問題捜査等でトランプリスクが復活し海外原油市況が下落しドル安円高になり、ベアシンセティックポジション戦略を組んだ巨大機関投資家が多く発生し「割高株式先物売り後割安債券先物買」が発生し下落した。ドル建日経平均で確認すると前場では900166.03㌦で開始後高値921166.41㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1022165.45㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1040165.50㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1110には165.69㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り前場引値1125では165.91㌦をつけ前場終値前日比9㌣高の165.64㌦で 逆三底を形成し終了した。後場では1230165.93㌦で開始した後、 逆三底を受け裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1435に高値166.44㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1445166.22㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、大引け15:15には78㌣高の166.36㌦で引けた。日経平均では中期投資家コストの75日と200日移動平均線がゴールデンクロスし週足では13週と26週がゴールデンクロスしている。結果上昇し160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。東証マザーズ指数先物は反発した。清算値は0.5ポイント(0.05%)高の936.0で売買高は66枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1028


  さあ皆様こんにちは、1028日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1028日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、Topix及び日経平均先物が反発したが、ドル建て日経平均は続落し一方でTopix先物が続伸した。新興株28日、日経ジャスダック平均が続伸したが東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション11月物は、コールが買われプットが売られた。ドイツ銀行決算良好、速報値含む欧米経済指標良好で世界的に長期金利上昇となり原油減産期待復活で原油高ドル高になった。前場は円安傾向で上昇し後場はTopix浮動株によるリバランス買(Topixコア30大型に先物での資金入り)から大幅上昇した。ドル建日経平均で確認すると前場では900165.79㌦で開始後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、925165.62㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り936165.84㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1027には165.60㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り前場引値1135では前日比1㌣安の165.85㌦で 逆三底を形成し終了した。後場では1230165.72㌦で開始した後、 逆三底を受け裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1407高値166.01㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、大引け15:15には31㌣安の165.55㌦で引けた。日経平均では中期投資家コストの75日と200日移動平均線がゴールデンクロスし週足では13週と26週がゴールデンクロスしている。結果上昇し160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。東証マザーズ指数先物12月物は続落した。清算値は1ポイント(0.1%)安の935.5で、売買高は161枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1027


  さあ皆様こんにちは、1027日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1027日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、Topix、ドル建て日経平均 が反落し及び日経平均先物が続落したが、Topix先物が続伸した。新興株27日、日経ジャスダック平均が続伸したが東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション11月物は、コールの売りとプットの買いを組み合わせたベアシンセティックポジション戦略が目立った。31日に向けての限月交替で需給緩和により時間外原油下落でドル安となり米国株安をむかえ、ドル安方向への想定レートの見直しによる国内企業の業績への悪影響が相次ぐとはいえ、基本的には悪材料出尽の方向にいる。指数階多く空売り多く裁定売残多いため月末だけで下げることが予見され業績良好に加え自社株買を行う銘柄に資金が入る。日銀政策決定会合で追加緩和期待無と国会で説明時海のため円高になっている。政権維持かどうかを雇用統計で確認し良好で無い場合円高になるため様子見で動きが少ない。クリントン氏における財務長官候補がドル安重視なので緩やかな円安となる可能性が残されている。ドル建日経平均で確認すると前場では900165.88㌦で開始後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り933に高値166.62㌦を記録し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、954166.08㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1034166.57㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り前場引値1130では前日比67㌣安の166.15㌦で終了した。後場では1230165.76㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1235165.82㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1408165.40㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1425166.98㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1448165.60㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り大引け15:15には96㌣安の165.86㌦で引けた。日経平均では中期投資家コストの75日と200日移動平均線がゴールデンクロスし週足では13週と26週がゴールデンクロスしている。結果上昇し160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。東証マザーズ指数先物12月物の清算値は2.5ポイント(0.3%)安の936.5だった。売買高は34枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1026


  さあ皆様こんにちは、1026日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1026日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、Topix、及び、ドル建て日経平均が続伸し、Topix先物が続伸した一方で、日経平均先物は反落した。新興株26日、日経ジャスダック平均及び東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション11月物は、コール及びプットが高安まちまちだった。31日に向けての限月交替で需給緩和により時間外原油下落でドル安となり米国株安をむかえ、日本では米国アップル・キャタピラー決算が振るわなかったことからアップル・キャタピラー関連銘柄に利益確定売や裁定解消を誘う先物売りやショートストラドル戦略が入り前場で振るわなかったが、後場では人民元安ドル高円安で持直し買が入り易く上昇した。資金が向かったのは本業の力強さに加え円安力点におかれ通期業績相場改善期待が発生し、米国の年内利上げ期待や大統領によるTPP促進を受けバスケット買が巨大機関投資家により実行されているので上昇した。ドル建日経平均で確認すると前場では900166.40㌦で開始後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り933に高値166.62㌦を記録し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、954166.08㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1110166.36㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1120166.17㌦をつけ、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り前場引値1130では前日比10㌣安の166.24㌦で終了した。後場では1230166.44㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1250166.67㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1411166.49㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り大引け15:15には48㌣高の166.82㌦で引けた。日経平均では中期投資家コストの75日と200日移動平均線がゴールデンクロスし週足では13週と26週がゴールデンクロスしている。結果上昇し160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。東証マザーズ指数先物12月物の清算値は2.5ポイント(0.27%)高の939.0で、日中の売買高は174枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

1025


  さあ皆様こんにちは、10月25日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。10月25日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、Topix、及び、ドル建て日経平均が続伸し、Topix先物、日経平均先物は続伸した。一方で新興株24日、日経ジャスダック平均が反落し東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション11月物は、コールは総じて買いでプットが総じて売られた。米株高や円安進行を好感し大幅続伸した。想定為替レートが円高に設定企業が多く、ここにドル高が来た為下方修正少ない印象の開始となった。騰落レシオも140%越え空売り比率が低下し5日移動平均線と20日移動平均線もゴールデンクロスし中国懸念リスクなどの低減や米国大統領選においても波乱なしという形で織り込みだしたためオイルマネーによる巨大機関投資家を通しての買戻し注文やJR九州等新規公開でも公開価格より高いところで取引を終え、裁定買による大幅買戻しが目立った。ドル建日経平均で確認すると前場では9:00に165.85㌦で開始後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り9:31に高値166.45㌦を記録し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、10:45に165.97㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り11:10に166.18㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り11:15に165.96㌦をつけ、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り前場引値11:35では前日比19㌣高の166.11㌦で終了した。後場では12:30に166.07㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り13:00に166.39㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、13:25に166.19㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り14:00に166.35㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り14:15に166.15㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り14:57に後場高値166.40㌦を記録し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、大引け15:15には42㌣高の166.34㌦で引けた。日経平均(先物)では中期投資家コストの75日と200日移動平均線がゴールデンクロスし週足では13週と26週がゴールデンクロスしている。結果上昇し160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。東証マザーズ指数先物12月物の清算値は13ポイント(1.36%)安の936.5で、日中売買高は302枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1024


  さあ皆様こんにちは、1024日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1024日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、Topix、及び、ドル建て日経平均が反発したがTopix先物、日経平均先物は続伸した。さらに新興株24日、日経ジャスダック平均が反発し東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション11月物は、コールは買がまちまちでプットが売られた。二度目の逆オイルショックが発生ユーロ売・ドル買円買でユーロが下げているため原油価格が下がった。欧米市場まちまち上値重いが9月貿易が改善し欧米より伸びオイルマネーが不動産や建設業種に再度職種を及ぼし資金が入り小高く開始して昨日比上げ幅0.4㌦をだした。ドル建日経平均で確認すると前場では900165.68㌦で開始後902に高値165.78㌦を記録し、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1055165.14㌦をつけ追加緩和見送り、日銀債券先物買見送りで巨大機関投資家が先物売りを行い債券先物売りとなった。その資金で裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1109165.28㌦を達成し、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、前場引値1135では前日比26㌣安の165.26㌦で終了した。後場では上海市場上昇に加え業績相場入りし市場コンセンサスを上回る決算銘柄に裁定買を誘う先物買が入った。1230165.45㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1317165.81㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1350165.61㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1455165.98㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、大引け15:15には40㌣高の165.92㌦で引けた。日経平均(先物)では注記投資家コストの75日と200日移動平均線がゴールデンクロスし週足では13週と26週がゴールデンクロスしている。結果上昇し160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。東証マザーズ指数先物12月物は続落した。清算値は4ポイント(0.42%)安の949.5で、売買高は57枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1021


  さあ皆様こんにちは、1021日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1021日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、Topix、及び、ドル建て日経平均が反落したがTopix先物、日経平均先物は続伸した。さらに新興株21日、日経ジャスダック平均が反落し東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション11月物は、プットが売られた。ヘッジファンドによるアルゴニズム化が上伸している。ブレグジット前の高値に接近しマクロ的にはインフレ期待となりデフレ銘柄に資金が入っている。大和証券が集計するアナリストベースの週次リビジョンインデックス(上方修正―下方修正)は、今週(10月20日まで)分がプラス10.9%となり、今年初めてプラスに転じ中国経済指標も安定している。た。ECB理事会でドルに対しユーロ安でテーパリングについて話していなかった。ユーロ売りドルが少々買われだした。大統領選も含めすべて織り込まれだしている。時間外で年内利上げ報道から原油相場で利確が発生し持ち高調整で下落した。14時の中国地方における地震まではヘッジ買戻やオプション売ヘッジ買戻しで持高調整即ち閉鎖などが入るり14時以降売られた。週間では380円上昇、半年ぶり高値になり6日ぶり反落になった。ドル建日経平均で確認すると前場では900165.98㌦で開始後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、930165.60㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1120166.04㌦を達成し、前場引値1135では前日比25㌣安の165.95㌦で終了した。後場では1230165.76㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1234165.81㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1302165.44㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1405165.62㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1452165.24㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り大引け15:15には85㌣安の165.52㌦で引けた。日経平均(先物)では注記投資家コストの75日と200日移動平均線がゴールデンクロスし週足では13週と26週がゴールデンクロスしている。結果上昇し160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。 東証マザーズ指数先物12月物は続落し、清算値は2.5ポイント(0.26%)安の953.5だった。売買高は107枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1020


  さあ皆様こんにちは、1020日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1020日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物及び、ドル建て日経平均が続伸した。さらに新興株20日、日経ジャスダック平均 及び東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション11月物は、デルタヘッジ戦略でコールが買われプットが売られ裁定買を誘う先物買及び信用期日切れで出来高が発生し新資金が入りTopix新規組換による先物ショートカバーが大量に入り続伸した。サウジアラビア石油担当相が減産報道を行い原油と金反発で米国主要三指数がプラスになりNY市場の建設が悪化した為ドル安円高になり踏み越えた強さで寄付いた。日本貿易黒字維持となるがTpp等課題は残るものの、ノルウェーも日本株投資増で昨日発表を受けさらにソブリン系ファンドも売却し証券会社の自己勘定振替による売りをこなした資金で復活したオイルマネー国が再び巨大機関投資家に国債発行して資金調達した分を株式などに資金を預け、後場第三回テレビ討論会でクリントン氏有利となり新規の踏買入りが先物で仕掛けられたため100日移動平均線と200日移動平均線に実態が接近した処に先物で裁定買とショートスクイーズを其々買わせたため株価が上昇し、値幅出たら変化幅が取れる低位株にも資金が循環し、先物によりショートが貯まっていた銘柄も含めて大幅に買戻され、ドル建てでは166.20㌦、先物では17,180円を回復した。ドル建日経平均で確認すると前場では900164.37㌦で開始後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り941165.69㌦を達成し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1029165.52㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り前場引値1135では前日比193㌣高の165.85㌦で終了した。後場では1230165.83㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1500166.20㌦をつけ、大引け15:15には228㌣高の166.20㌦で引けた。日経平均(先物)では注記投資家コストの75日と200日移動平均線がゴールデンクロスし週足では13週と26週がゴールデンクロスしている。結果上昇し160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び新傾向で選手交代の新規資金流入も見受けられる。 東証マザーズ指数先物12月物は清算値が4.0ポイント(0.42%)安の956.0だった。売買高は145枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1019


  さあ皆様こんにちは、1019日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1019日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物及び、ドル建て日経平均が続伸した。さらに新興株19日、日経ジャスダック平均 及び東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション11月物は、デルタヘッジ戦略でコールが買われプットが売られ裁定買を誘う先物買から続伸した。原油と金反発で欧米株高になり米国CPI鈍化で為替が円高気味であったが朝方小安く開始した。ドル建日経平均で確認すると前場では900163.22㌦で開始後、920に「ゴールドマンの好決算」を受け金融不安が改善され裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り「ノルウェー政府系ファンドに株式投資拡大要請」を受け1018163.75㌦を達成し、「日銀が中長期国債買入通告」で裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1035163.54㌦をつけ「中国GDP等経済指標等」報道を受け裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1125163.57㌦が記録され前場引値1135では前日比53㌣高の163.62㌦で終了した。後場では1230162.95㌦で開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1244163.67㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1337163.46㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1452163.95㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1500163.78㌦をつけ、大引け15:15には83㌣高の163.92㌦で引けた。ETF買が行われる場合は三井住友信託から全体に買指令が出る模様で要注意である。日経平均(先物)では注記投資家コストの75日と200日移動平均線がゴールデンクロスし週足では13週と26週がゴールデンクロスしている。結果上昇し160㌦から168㌦のレンジ相場のため先物による買戻及び持高手仕舞も見受けられる。 東証マザーズ指数先物12月物も続伸した。清算値は11ポイント(1.2%)高の960.0で、売買高は96枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

1018


  さあ皆様こんにちは、1018日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1018日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物及び、ドル建て日経平均が続伸した。さらに新興株18日、日経ジャスダック平均 及び東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション11月物は、ショートストラドル戦略で売られコールヘッジ買いが入りコールが買われプットが売られ裁定買を誘う先物買から続伸した。欧米株安で為替が円高気味であったが底堅くドル建日経平均で確認すると前場では900162.37㌦で開始後、10時台に中国は元高方向に設定し中国の影響が受け辛いことから円安になり裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1106に高値163.21㌦を記録し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、前場引値1135では前日比79㌣高の163.01㌦で終了した。後場では1230162.95㌦で開始した後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1245162.76㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1316162.94㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1330162.79㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1410162.93㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1415162.87㌦をつけ逆三尊底を形成し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1430163.22㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り、大引け15:15には87㌣高の163.09㌦で引けた。ETF買が行われる場合は三井住友信託から全体に買指令が出る模様で要注意である。今回は中国通貨安警戒感が減少になったため先物買が入り底堅く閑散相場即ち幅広上昇であった様相である。結果上昇し160㌦から168㌦のレンジ相場のため持高手仕舞も見受けられる。 マザーズ先物12月物は続伸し、清算値は7.0ポイント(0.74%)高の949.0だった。売買高は103枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

1017


  さあ皆様こんにちは、1017日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1017日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物及び、ドル建て日経平均が続伸した。さらに新興株17日、日経ジャスダック平均 及び東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション10月物は、コールは買われプットは売られた。先週末NYダウが小幅高、先週末日本を為替操作監視国に米国が発布したものの、ドル建日経平均で確認すると前場では900162.13㌦で開始後、朝方本日安値に対し93㌣近く上げ幅上げるが裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り934に高値162.72㌦を記録し10:15に中国人民元基準値が元安円高に設定され裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1055161.79㌦をつけ上海総合株価指数寄付高との観測を受け裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り前場引値1130では前日比2㌣高の162.02㌦で終了した。後場では1230162.23㌦で開始した後裁裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1250162.03㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1430162.45㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、大引け15:15には22㌣高の162.22㌦で引けた。結果上昇し160㌦から168㌦のレンジ相場のため持高手仕舞も見受けられる。 東証マザーズ指数先物12月物は反発した。清算値は4.5ポイント(0.4%)高の942.0で、売買高は100枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1014


  さあ皆様こんにちは、1014日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1014日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物及び、ドル建て日経平均が反発した。さらに新興株14日、日経ジャスダック平均 が続伸したが、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション10月物は、コールはまちまちでプットは売られた。グローバルマクロの機関投資家から昨日10:30に中国貿易統計で中国経済指標が引金となりオフショアマーケットで人民元切り下げと同じ効果が表れ通貨安戦争で日本が敗者としての円高を迎えた。即ち円独歩高のメカニズムがドルを巡って見えてきた。通貨切下と同効果を発揮しユーロはマイナス金利深堀期待でユーロ安になった。原油に関してはオペックとロシアが減産で非協力的なことから時間外で50ドル割り込み日経ボラティリティが上昇し、後場巨大機関投資家が先物を使って裁定解消売さらなる円高を迎えたが本日は50ドル以上になり上昇した。世界的にシクリカル大型銘柄に巨大機関投資家がデフレ型ビジネス復活、英国 強硬離脱、中国経済懸念からくる人民元安政策、原油問題や引き締め効果を示すドル高政策から売仕掛が先物で入りその日に持高調整手仕舞売を行って相場が下落しこれをうけ昨日米は株安であった。これに対し午前10:32に中国経済指標で予想よりプラスになりアルゴニズムが働き上昇したが ソフトバンク自社株償却によりパッシブ運用している先も同様株調整が始まりSQへの発射台を低くした。それでソフトバンクテクノロジー等に資金が集まった。ドル建日経平均で確認すると前場では900161.50㌦で開始後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り907に高値162.15㌦をSQ値として記録し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、952161.13㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1030162.00㌦を記録し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1113161.54㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイーズ等が入り前場引値1135では前日比6㌣高の161.70㌦で終了した。後場では1230161.53㌦と開始した後裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイーズ等が入り1250に高値162.05㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1315161.60㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1400161.82㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1408161.97㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイーズ等が入り1444162.16㌦をつけ裁定解消を誘う先物売が入り大引け15:15には36㌣高の162.00㌦で引けた。結果下落したが160㌦から168㌦のレンジ相場のため持高手仕舞も見受けられる。 東証マザーズ指数先物12月物は下落した。清算値は1.0ポイント安の937.5で、売買高は47枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1013


  さあ皆様こんにちは、1013日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1013日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物及び、ドル建て日経平均が、続落した。さらに新興株13日、日経ジャスダック平均 が反発したが、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション10月物は、コールは売られプットは買われた。欧米株は高安まちまちであった。FOMC議事録で、緩和的利上で円安となったが英国がメイ首相の移民排除による欧州からの強硬離脱により自由に金融ができる権利であるEUパスポートが強硬離脱になると、この権利が無くなりドル実効レートではドル長期金利が上昇する引き締め効果と同じ金利上昇が発生した。マイナス金利政策継続不可能と見た筋からポンド売・円高になった。グローバルマクロの機関投資家からその後10:30に中国貿易統計で中国経済指標が引金となりオフショアマーケットで人民元切り下げと同じ効果が表れ通貨安戦争で日本が敗者としての円高を迎えた。即ち円独歩高のメカニズムがドルを巡って見えてきた。通貨切下と同効果を発揮しユーロはマイナス金利深堀期待でユーロ安になった。原油に関してはオペックとロシアが減産で非協力的なことから時間外で50ドル割り込み日経ボラティリティが上昇し、後場巨大機関投資家が先物を使って裁定解消売さらなる円高を迎えた。世界的にシクリカル大型銘柄に巨大機関投資家がデフレ型ビジネス復活、英国 強硬離脱、中国経済懸念からくる人民元安政策、原油問題や引き締め効果を示すドル高政策から売仕掛が先物で入りその日に持高調整手仕舞売を行って相場が下落した。ドル建日経平均で確認すると前場では900162.26㌦で開始後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り939に高値162.51㌦を記録し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1113161.18㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイーズ等が入り前場引値1135では前日比75㌣安の161.71㌦で終了した。後場では1230163.43㌦と開始した後裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイーズ等が入り1244に高値161.51㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1250161.79㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1325161.59㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイーズ等が入り1432161.61㌦をつけ裁定解消を誘う先物売が入り大引け15:15には82㌣安の161.64㌦で引けた。結果下落したが160㌦から168㌦のレンジ相場のため持高手仕舞も見受けられる。 東証マザーズ指数先物12月物は4日続落した。清算値は1.0ポイント(0.11%)安の938.5で売買高は364枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

1012


  さあ皆様こんにちは、1012日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1012日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物及び、ドル建て日経平均が、反落した。さらに新興株12日、日経ジャスダック平均 が反落したが、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション10月物は、コールは売られプットは買われた。米株が反落し原油相場が上昇しなかったのが引き金となった。長期日本10年債券が上昇によりドル安円高になる。これらから日本相場に買が入り辛くSQ週を控え買が少なかった。ドル建日経平均で確認すると前場では900163.07㌦で開始後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1044に高値163.81㌦を記録し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、前場引1135では前日比26㌣の163.53㌦で終了した。後場では1230163.43㌦と開始した後裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイーズ等が入り1244に高値163.55㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1341163.00㌦をつけ先物におけるショートスクイーズを仕掛けられショートストラドル戦略をしていた巨大機関投資家が持高調整完成後裁定買を誘う先物買を行い14O5163.3㌦をつけ裁定解消を誘う先物売が入り大引け15:15には133㌣安の162.46㌦で引けた。結果上昇したが160㌦から168㌦のレンジ相場のため持高手仕舞も見受けられる。 東証マザーズ指数先物12月物の清算値は9.5ポイント(1.00%)安の939.5だった。売買高は162枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

1011


  さあ皆様こんにちは、1011日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。1011日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物及び、ドル建て日経平均が、反発した。さらに新興株11日、日経ジャスダック平均 が反発したが、東証マザーズ指数は続落した。日経平均オプション10月物は、連休明けのためショートストラドル戦略後、コールはヘッジで買われプットは売られた。金曜雇用統計が下回ったが米株が3日ぶり反発し大統領テレビ討論会も第2回もトランプリスク消え原油相場が50ドル超上昇し長期金利米10年時間外大幅上昇により日米金利差拡大でもう一段上昇し年内利上正当化によりドル高円安になる。これらから日本相場が高く始まる。ドル建日経平均で確認すると前場では900163.28㌦で開始後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1042に高値164.36㌦を記録し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、11:20163.80㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り前場引1135では前日比185㌣高の16402㌦で終了した。後場では1230163.99㌦と高く開始した後裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1235163.94㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイーズ等が入り1348に高値163.88㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1417163.68㌦をつけ先行DI指数改善から先物におけるショートスクイーズを仕掛けられショートストラドル戦略をしていた巨大機関投資家が返済買して持高調整完成後裁定買を誘う先物買を行い1445163.77㌦をつけ裁定解消を誘う先物売が入り1458163.63㌦をつけ大引け15:15には162㌣高の163.79㌦で引けた。結果上昇したが160㌦から168㌦のレンジ相場のため持高手仕舞も見受けられる。 東証マザーズ指数先物12月物の清算値は2.5ポイント(0.26%)安の949.0だった。売買高は155枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

107


  さあ皆様こんにちは、107日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。107日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物が、反落し、ドル建て日経平均は続落した。さらに新興株7日、日経ジャスダック平均及び、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション10月物は、連休のためショートストラドル戦略を返済し持高調整後、コールは売られプットは高安まちまちだった。連休前の手仕舞売及び円安進行一服による利確に加え雇用統計後のFED高官発言を受けて動きたい向きが多く世界的長期金利上昇で反落となった。原油は1バレル50ドル突破で下支えが入りドル全面高で円全面安に加え米国景気が安定し新興国に資金流入されつつ改善したことから準備ができ米国12月利上シナリオが高まり商いは低調で欧州問題からアルゴニズムにより裁定解消を誘う先物売りが入り利確が目立った。ドル建日経平均で確認すると前場では900162.72㌦で開始後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、9:34162.48㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイズ等が入り1006162.89㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1045162.59㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイーズ等が入り1050162.86㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1115162.59㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイーズ等が入り前場引1135では前日比32㌣安の16273㌦で終了した。後場では1230162.47㌦と安く開始した後、1245162.09㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイーズ等が入り1340に高値162.36㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1349162.04㌦をつけ先物におけるショートスクイーズを仕掛けられショートストラドル戦略をしていた巨大機関投資家が返済買して持高調整完成後裁定買を誘う先物買を行い1445162.37㌦をつけ裁定解消を誘う先物売が入り1458162.19㌦をつけ大引け15:15には88㌣安の162.17㌦で引けた。 東証マザーズ指数先物も反落した。清算値は10.0ポイント(1.04%)安の951.5で売買高は169枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

106


  さあ皆様こんにちは、106日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。106日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物が続伸した。一方でドル建て日経平均は続落した。さらに新興株6日、日経ジャスダック平均及び、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション10月物は、ショートストラドル戦略に対するコールのヘッジ買やコール先物デルタヘッジ買によるコールが買われプットが売られた。ISM製造業景況感指数も製造業景況感指数も良好なことから米利上げ観測が12月可能性において高くなり巨大機関投資家がドル買円売の巻戻しが発生し1か月前比較で大幅上昇で雇用統計向けてドル高になっている。長期金利上昇から利鞘獲得が容易であるため金融部門利鞘期待に加え原油高でシクリカル銘柄に裁定買を誘う先物買等に資金が集中していた。先物に関してはプレミアム分がマイナス金利で喪失し割高現物を売後、割安先物買を行うことで上昇相場が発生するが裁定売残が急増している。即ちロングポジションで買う主体が無く、ISMで戻ったが上を買いに来る人がいない状況にいる。そこでショート貯蓄していた人が良好な米国経済指標の御蔭でショートカバー即ち買戻しが大量に入った。マイナス金利が終了後、先物買戻で裁定買増になり持ち高を閉じるだろう。巨大機関投資家の短期資金はマザーズのベンチャーキャピタルの売無銘柄かベンチャーキャピタルのしこり量のない銘柄に資金が集中している。内訳雇用インデックスが良好で、本邦企業が本邦外企業を買収する事や構造改革等の報道により将来性を見直されドル高円安に弾みがつき三角保合上値解消で巨大機関投資家による円買仕掛の巻戻が発生し103円付近まで到達した。後場は米国10年債券が急激上昇している即ちドル高になり円安になるためリビジョンインデックスがマイナス傾向ではあるが改善傾向を示すため雇用統計前で利確が出るものの長期金利上昇も手伝い利鞘稼げると分析し継続して保険株に資金が入った。ドル建日経平均で確認すると前場では900163.51㌦で開始後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイーズ等が入り1033164.03㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1125163.41㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイーズ等が入り前場引1135では前日比32㌣高の16364㌦で終了した。後場では1230163.67㌦と高く開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイーズ等が入り1443に高値163.73㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1454163.19㌦をつけ先物におけるショートスクイーズを仕掛けられショートストラドル戦略をしていた巨大機関投資家が先物コールヘッジ買戻が入り相場上昇が発生後1259163.29㌦をつけ裁定解消売りが入り大引け15:15には27㌣安の163.05㌦で引けた。 東証マザーズ指数先物は4日続伸した。清算値は1.0ポイント(0.10%)高い961.5だった。売買高は150枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

105


  さあ皆様こんにちは、105日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。105日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物が続伸した。一方でドル建て日経平均は続落した。さらに新興株5日、日経ジャスダック平均及び、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション10月物は、ショートストラドル戦略に対するコールのヘッジ買やコール先物デルタヘッジ買によるコールが概ね買われプットが売られた。昨夜米株が下落したもののFRB高官(連銀総裁)発言より12月利上観測が高まりECBが量的緩和縮小が必要と捉えられテーパリングと解釈され日本では債券購入の減額が行われ割高債券先物売りとなり円安になり相場が上昇した。金利面では欧米金利の上昇によりユーロ上昇で米ドル高になり円が売られた。後場では本邦企業が本邦外企業を買収する事や構造改革等の報道により将来性を見直されドル高円安に弾みがつき三角保合上値解消で巨大機関投資家による円買仕掛の巻戻が発生し103円付近まで到達した。ドル建日経平均で確認すると前場では900163.27㌦で開始後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、911162.82㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイーズ等が入り0940163.30㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、10:10163.20㌦をつけ裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略の返済買戻、裁定買を誘う先物買等が入り10:17163.66㌦を記録し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1040163.30㌦をつけ三尊底形成確認後裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略の返済買戻、裁定買を誘う先物買等が入り1118に前場高値163.75㌦をつけ前場引1135では前日比11㌣安の16357㌦で終了した。後場では1230163.61㌦と高く開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイーズ等が入り1405に高値163.96㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1457163.68㌦をつけ先物におけるショートスクイーズを仕掛けられショートストラドル戦略をしていた巨大機関投資家が先物コールヘッジ買戻が入り相場上昇が発生後1250163.80㌦をつけ裁定解消売りが入り1315163.45㌦をつけ裁定買を誘う先物買が入り1343163.84㌦をつけた後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1457163.35㌦をつけ裁定買を誘う先物買が入り大引け15:15には36㌣安の163.32㌦で引けた。 東証マザーズ指数先物も3日続伸した。清算値は4.5ポイント(0.47%)高の960.5で売買高は126枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

104


  さあ皆様こんにちは、104日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。104日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物が続伸した。一方でドル建て日経平均は反落した。さらに新興株4日、日経ジャスダック平均及び、東証マザーズ指数は 続伸した。日経平均オプション10月物は、コールが概ね買われプットが売られた。米国ISM市場予想を上回り利上げ可能観測が発生し中国CPIも上昇しドル円も75日移動平均線を維持した為為替による業績下方リスクが無くなりショ-トカバーも入り、ドル高円安になりノーベル賞も手伝い金融緩和が一部新興国に行き利上準備になっている。これらの条件が整いドル建日経平均で確認すると前場では900163.60㌦で開始後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイーズ等が入り1000163.91㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、11:29163.55㌦をつけ裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略の返済買戻、裁定買を誘う先物買等が入り前場引1135では前日比24㌣安の16360㌦で終了した。後場では輸出筋のドル売りオーダーも入りドル円底割懸念の原油安が解消した為102円から103円を目指すアンワインドで円売りになった。1230163.61㌦と高く開始した後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイーズ等が入り1405に高値163.96㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1457163.32㌦をつけ先物におけるショートスクイーズを仕掛けられショートストラドル戦略をしていた巨大機関投資家大量ヘッジ買戻が入り相場上昇が発生後1500163.95㌦をつけ大引け15:15には16㌣安の163.68㌦で引けた。 東証マザーズ指数先物12月物は続伸した。清算値は前日比4.5ポイント(0.47%)高の956で、売買高は274枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

103


  さあ皆様こんにちは、103日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。103日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物さらにドル建日経平均が反発した。さらに新興株3日、日経ジャスダック平均及び、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション10月物は、コールが軒並み上昇した。産油国の決算対策から5月から産油国巨大機関投資家によるショートストラドル戦略で下げたが決算対策も終了し自国の体力もつけるためにファンドマネージャーの評価期日である中間期であるため配当も取得する目的もあるため海外で先物通して売却していたものを証券自己勘定を通して、配当落分を埋めることで配当も確保し9月月中平均と3月月中平均での評価は終わり10月相場入りした。さらにTopix配当権利落分買戻もあり木曜は上昇し金曜日は持高調整で10月相場は週足では日経平均では陽線後の陰線との関連からも今秋から来週にかけて週末鯨幕上昇相場が期待できる。ドイツ銀行罰金が減額という報道を受け金融システム不安が和らぎOPEC非公式会議から原油価格上昇、ハンガリー選挙が正常判断となり欧州システム危機懸念が和らいだ。そこで先物売りが出にくくVix指数下げで買戻があった。長期金利が下落メリット銘柄として保険・不動産・カジノ関連株が長期金利下落メリットから買いが集中した。ドル建日経平均で確認すると前場では900163.16㌦で開始後、欧州金融システム懸念が和らいだことから、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイーズ等が入り1019164.38㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、10:40163.90㌦をつけ裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略の返済買戻、裁定買を誘う先物買等が入り1025に16423㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、前場引1135では前日比106㌣高の16392㌦の三尊天井で終了した。後場では1230164.01㌦と高く開始した後、前場の三尊天井から下落を迎え裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1245163.83㌦をつけ先物におけるショートスクイーズを仕掛けられショートストラドル戦略をしていた巨大機関投資家大量ヘッジ買戻が入り相場上昇が発生後1350163.95㌦をつけ裁定解消の先物売りが入って裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、140016350㌦をつけ裁定買を誘う先物買等が入り1425163.79㌦をつけ裁定解消の先物売りが入って裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り1440163.39㌦をつけ三尊底買戻が発生し大引け15:15には98㌣高の163.84㌦で引けた。 東証マザーズ指数先物9月物は反発し、3.46ポイント(0.36%)高の951.5だった。売買高は63枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

930


  さあ皆様こんにちは、930日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。930日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物さらにドル建日経平均が反落した。さらに新興株30日、日経ジャスダック平均及び、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション10月物は、ショートストラドル戦略後ヘッジでプット買いや投売が行われプットが買われコールが売却された。前場では前日巨大機関投資家による欧州金融システム懸念から先物仕掛けのショートストラドル戦略で売却された処、ショートスクイーズを大量に仕掛けられヘッジ買やTopix配当権利落分買戻が大量に入り上昇した。しかし、本日はドイツ銀行経営不安再燃やウエルズファーゴ等米国巨大機関投資家による金融システム不安が欧米で再燃しグローバルリズムのマイナス金利政策限界を露呈した。ECBが株を取得する選択も出て日米ともに長短期債券が下落しドイツ銀行の与信総額が減りCDSが上昇でNY株が米国景気不安から下落した。9月28日に日銀が長期金利を0に貼付けると発言したが実際はマイナスになり中銀政策の限界が伺えた。3末でもあり巨大機関投資家が動けないため投売も発生した。後場では原油先物相場が上昇し日本の消費者物価が弱いため円売りは一時的にはあった。さらに中国PMIや製造業は日本中国共に改善した為、買戻され14:34に国債買入額が増減ありうるという黒田総裁発言で世界景気先行き不安から先物仕掛売りがあり大引け直前で「金融システム不安に加えた円高デメリット銘柄」が売却され「材料含でテーマにあったシクリカル銘柄」が買戻された。ドル建日経平均で確認すると前場では900162.85㌦で開始後、高値162.86㌦をつけ、裁定解消売を誘う先物売りが入り905に162.31㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイーズ等が入り0930162.85㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、09:40162.3㌦をつけ裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略の返済買戻、裁定買を誘う先物買等が入り1035に162.76㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1050162.47㌦をつけ逆三尊底形成を受け裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイーズ等が入り1117に162.91㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、前場引1135では前日比132㌣安の16282㌦で終了した。後場では1230162.14㌦と安く開始した後、良好指標のため裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略の大量ヘッジ買、裁定買を誘う先物買等が入った後、1255162.70㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1325162.37㌦をつけ先物におけるショートスクイーズを仕掛けられショートストラドル戦略をしていた巨大機関投資家大量ヘッジ買戻が入り相場上昇が発生後1424162.90㌦をつけ黒田総裁発言を受け裁定解消の先物売りが入って裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1440に162.5㌦をつけ裁定買を誘う先物買等が入り大引け15:15には1㌦28㌣安の162.18㌦で引けた。 東証マザーズ指数先物12月物は反落した。清算値は前日比10ポイント(1.04%)安の948で、売買高は133枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

929


  さあ皆様こんにちは、929日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。929日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物さらにドル建日経平均が反発した。さらに新興株29日、日経ジャスダック平均が反発し、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション10月物は、プットが売られコールが買戻された。前場ではドイツ銀行株が下げ止まったことやオペック非公式会議で原油減産合意がなされ8年ぶりの減産により価格が上昇し日銀の物価目標達成が視野入りし緩和政策後退に繋がる可能性で相場にプラスと受け取られ28日の米債券安や2年債入札を控えヘッジ売りやショートカバーで割高債券先物下がり巨大機関投資家による「原油安からの株式先物ショート」政策変更を直ちに行い「原油高のショートスクイーズ」政策に切り替え金曜日持ち高調整できないため急遽方向転換した。需給薄くボラティリティの高所には裁定買の仕掛けが入りイベント関連シクリカル銘柄にショートスクイーズや裁定買を誘う先物買が大量に入った。後場では国会でのカジノ法案審議のテロップに反応し先物におけるショートスクイーズを仕掛けられショートストラドル戦略をしていた巨大機関投資家 大量ヘッジ買戻が入り相場上昇が発生し165㌦に達成してから黒田総裁発言を受け裁定解消の先物売りが入って大引けを迎えた。」ドル建日経平均で確認すると前場では900164.51㌦で開始後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイーズ等が入り0943165.30㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、10:16164.59㌦をつけ裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略の返済買戻、裁定買を誘う先物買等が入り1046165.00㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1126164.61㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買、ショートスクイーズ等が入り前場引1135では前日比105㌣高の16478㌦で終了した。後場では1230164.81㌦と高く開始した後、国会でのカジノ法案審議のテロップに反応し裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略、裁定買を誘う先物買等が入った後、1300105.10㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1350164.71㌦をつけ先物におけるショートスクイーズを仕掛けられショートストラドル戦略をしていた巨大機関投資家大領ヘッジ買戻が入り相場上昇が発生後1435165.30㌦をつけ黒田総裁発言を受け裁定解消の先物売りが入って裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、大引け15:15には41㌣高の164.14㌦で引けた。東証マザーズ指数先物12月物は3日続伸し、清算値は1.5ポイント(0.16%)高の958.0だった。売買高は210枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

928


  さあ皆様こんにちは、928日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。928日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物さらにドル建日経平均が反落した。さらに新興株28日、日経ジャスダック平均が反落し、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション10月物は、相場下落局面でコールがおおむね下落した一方、プットはおおむね上昇した。権利行使価格1万5500円のプットの商いが膨らんだ。100円程度の配当権利落ちで終了しドイツ銀行経営懸念問題が再発しCDS上昇で他の金融機関に波及する恐怖やEU離脱問題再燃、日本の輸出企業のドル売り 注文開始からドル安となり前場後場共に9月末配当権利落ち分を上回る下落となって大引けを迎えた。ドル建日経平均で確認すると前場では900164.27㌦と開始後、高値164.32㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩や割高株式先物仕掛売等が入り、1051に安値162.94㌦を記録しその後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1125163.55㌦をつけ前場引1135では前日比191㌣安の16331㌦で終了した。後場では1230163.16㌦と低く開始した後、裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略の返済買戻、裁定買を誘う先物買等が入った後、大引け15:15には149㌣安の163.73㌦で引けた。東証マザーズ指数先物12月物は続伸した。清算値は12.5ポイント(1.32%)高の956.5で、売買高は262枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

927


  さあ皆様こんにちは、927日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。927日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物さらにドル建日経平均が反発した。さらに新興株27日、日経ジャスダック平均が続伸し、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション10月物はコール・プットともに手仕舞うショートストラドル戦略で双方売られヘッジ買等によりコールが買われプットが売られた。先週の日銀総裁発言によりドル安円高を引起す「短期金利をいじって長期金利を固定するもの」=「長期国債上昇0」なので事実上のテーパリングと見られた。日本金融政策は後退と見られ業績相場も100円以上で作成しているためリビジョンインデックスも弱く、ドイツ銀行経営不安からくる欧米株安・原油安から資源関連株にも売りが入り業績円高下方修正大半と見てプログラム売買を通してショートストラドル戦略で売り集中となった。ヘッジ買いも入るが裁定解消を誘う先物売りが中心であった。Vix指数は上昇したが後場本日のテレビ討論会でのクリントン優勢で、裁定買いを誘う先物大量買戻やショートストラドル戦略のヘッジ大量買に加えTopix配当落権利に対する機械的先物買戻を迎え急騰した。日経平均先物では13週移動平均線が26週移動平均線を越えGCとなり漸くドル建て日経平均に追いついた。ドル建日経平均で確認すると前場では900163.28㌦と開始後、高値163.39㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩や割高株式先物仕掛売等が入り、923に安値162.38㌦を記録しその後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り前場引1135では前日比21㌣安の16383㌦で終了した。後場では1230163.97㌦と高く開始した後、裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略の返済買戻、裁定買を誘う先物買等が入った後、大引け15:15には117㌣高の165.22㌦で引けた。東証マザーズ指数先物12月物は反発した。清算値は7.5ポイント(0.81%)高の931.5で売買高は319枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

926


  さあ皆様こんにちは、926日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。926日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物が続落し 、またドル建日経平均が反落した。さらに新興株26日、日経ジャスダック平均が続伸したが、東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション10月物はコール が売られコール、プットともに手仕舞うショートストラドル戦略で双方売られヘッジ買等によりプットが買われた。先週の日銀総裁発言によりドル安円高を引起す「短期金利をいじって長期金利を固定するもの」=「長期国債上昇0」なので事実上のテーパリングと見られた。日本金融政策は後退と見られ業績相場も100円以上で作成しているためリビジョンインデックスも弱く、欧米株安・原油安から資源関連株にも売りが入り業績円高下方修正大半と見てアップルのアイホーン7が売れにくいからプログラム売買を通してショートストラドル戦略で売り集中となった。ヘッジ買いも入るが裁定解消を誘う先物売りが中心であった。Vix指数も下落し本日のテレビ討論会でのトランプショック懸念を受け、後場日銀総裁発言やアップル商品売行懸念報道を受け一段安を迎え最後に買戻された。日経平均先物では13週移動平均線が26週移動平均線を越えGCとなり漸くドル建て日経平均に追いついた。一方で上昇したのは業績関連且つテーマ性銘柄でありこれにショートストラドル戦略のヘッジ買や裁定買を誘う先物買等が入り上昇した銘柄もあった。ドル建日経平均で確認すると前場では900165.56㌦と開始後、高値165.59㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩や割高株式先物仕掛売等が入り、1116に安値164.69㌦を記録しその後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り前場引1135では前日比139㌣安の16472㌦で終了した。後場では1230164.72㌦と高く開始した後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩や利確を経て1339164.33㌦をつけ裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略の返済買戻、裁定買を誘う先物買等が入り1414164.55㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩や利確を経て1455163.77㌦をつけた後、大引け15:15には206㌣安の164.05㌦で引けた。東証マザーズ指数先物12月物は反落し、清算値は4.5ポイント(0.43%)安の924.0pだった。売買高は392枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

923


  さあ皆様こんにちは、923日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。923日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、TopixTopix先物、日経平均先物 が反落し、ドル建日経平均が続伸し、さらに新興株23日、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均オプション10月物はコールの売りが目立ちコール、プットともに手仕舞うショートストラドル戦略で双方売られた。水曜日大幅上昇の反動で利益確定が多かった。売買高2兆円を超えの材料消化中であった。金融政策の手段は変えたが日本は緩和はせずで米国は引締していない。市場センチメントは悪化せず原油安から円高にはなったがドル劇的上昇はない。財政に金融を加えた形と見て景気敏感セクターに集中した。ドル建日経平均で確認すると前場では900166.23㌦と開始後、高値166.46をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩や割高株式先物仕掛売等が入り、1039に安値161.79㌦を記録しその後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1115161.11㌦をつけ前場引1130では前日比218㌣高の16594㌦で終了した。後場では1230165.93㌦と低く開始した後1245165.95㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩や利確を経て1307165.75㌦をつけ裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略の返済買戻、裁定買を誘う先物買等が大量に入り1445166.14㌦をつけ大引け15:15には2㌦35㌣高の166.11㌦で引けた。東証マザーズ指数先物12月物は続伸し、清算値は26.5ポイント(2.89%)高の943.5だった。売買高は434枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

921


  さあ皆様こんにちは、921日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。921日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気なり日経平均、日経平均先物 が反発し、TopixTOPIX先物、ドル建日経平均が続伸し、さらに新興株21日、日経ジャスダック平均が 続伸し、東証マザーズ指数は反発した。日経平均オプション12月物は、ショートストラドル戦略での出口戦略として国債先物仕掛け的売りを入れ午前中に解消しプットを売却後、日銀政策発表を受け「日銀枠組変更、長期国債買増即ち長期金利操作付量的質的金融緩和の導入を決定」という報道を受け、返済買戻を含むヘッジ買だけでなくデルタヘッジ買や先物買戻等も大幅に入りコール全面高となった。オプション市場では1万70008000円の価格帯のコールに買いが集中した。ドル建日経平均で確認すると前場では900162.15㌦と開始後、高値162.2㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩や国債先物仕掛け売り等が入り、1054に安値161.27㌦を記録しその後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り前場引1130では前日比48㌣安の16155㌦で終了した。後場では1230162.18㌦と高く開始した後日銀金融政策決定会合発表報道により裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略の返済買戻、裁定買を誘う先物買等が大量に入り1459164.08㌦をつけ大引け15:15には1㌦73㌣高の163.76㌦で引けた。SQについては幻のSQでは無くなり米国利上げがあるか為替が落ち付けば上昇波動に戻り値幅は281㌣で全面高で先週下落分の2空を埋めた。東証マザーズ指数先物も反発した。清算値は10ポイント(1.11%)高の908.0で売買高は305枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

920


  さあ皆様こんにちは、920日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。920日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気なり日経平均、日経平均先物は反落し一方でTopixTOPIX先物、ドル建日経平均が続伸し、さらに新興株20日、ジャスダックが続伸し東証マザーズ指数は反落した。日経平均オプション10月物は、ショートストラドル戦略でコールとプットを両方売られ相場が下落した。前場では先週日経平均で3%下落し空売り比率40%超え日が継続し買戻が発生したため円安となり上昇したが、月曜日に原油上昇を受け、米国株が下落し本日後場には長期債券先物に海外勢の需要が入り日銀により市場が期待していた長いゾーンを対象にオファーされた事等を受け日銀高官発言を受け債券先物に買が入り長期金利価格が上昇となった。日米で金融政策イベントを控え超長期債上昇からショートストラドル戦略等を返済買し持高調整して配当取りの買戻の奏功により14:53に切返しプラス圏で大引けを迎えた。ドル建日経平均で確認すると前場では900160.97㌦と開始後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り0935162.2㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1000に安値161.91㌦を記録しその後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1039162.74㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、前場引1135では前日比37㌣高の16224㌦で終了した。後場では1230162.42㌦と高く開始した後1240162.57㌦をつけ、長期国債買で価格上昇し国債買見直しになるのではと考え裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略や先物戻売等が入り、1315161.94㌦をつけた後、裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略の買戻等が入り1340162.30㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略や先物戻売等が入り、1453161.71㌦をつけ裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略や配当取の買戻等が入り大引け15:15には16㌣高の162.03㌦で引けた。結果として「割高株式先物売後、割安債券先物買戻」に加え長期債券先物価格上昇による解消売に対する配当取を含む買戻が主体の1日であった。SQについては幻のSQになっているので要注意で、マザーズ先物12月物は反落し、清算値は6.5ポイント(0.71%)安の904.0だった。売買高は187枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

 

916


  さあ皆様こんにちは、916日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。916日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になりドル建日経平均、日経平均、Topix、日経平均・TOPIX先物が反発し、さらに新興株16日、ジャスダックと東証マザーズ指数はラッセル指数買戻を受け反発した。日経平均オプション10月物は、コールが買われプットが売られた。NY上昇、原油上昇、長期金利上昇と同時にマイナス金利政策難で出口戦略と読まれ割高債券売からの起債ラッシュで低金利下の内に急激上昇、日米で金融政策イベントを控え超長期債上昇ならショートストラドル戦略等を返済買し持高調整してFTESEのリバランス対策買戻、インデックス系銘柄買戻、Topx先物を使用したETF買の奏功により終日プラス圏で終えた。即ちリスクマネーのリスクオフが発動された。ドル建日経平均で確認すると前場では900161.37㌦と開始後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、920に最安値161.10㌦を記録しその後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り0943161.66㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1105161.29㌦をつけ裁定買を誘う先物買、ショートストラドル戦略のヘッジ買やデルタヘッジ買等が入り1120161.48㌦をつけ裁定解消を誘う先物売りなどが入り前場引1135では前日比95㌣高の16137㌦で終了した。後場では1230161.48㌦と高く開始した後、長期国債売で価格上昇し国債買見直しになるのではと考え金利上昇となり裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略や先物戻売等が入り、1315161.28㌦をつけた後、裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略の買戻等が入り1403162.00㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略や先物戻売等が入り、1415161.54㌦をつけ裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略の買戻等が入り大引け15:15には145㌣高の161.87㌦で引けた。結果として幻のSQになっているので要注意で、東証マザーズ指数先物12月物は3営業日ぶりに反発し、清算値は4ポイント(0.44%)高の910.5、売買高は92枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

  

915


  さあ皆様こんにちは、915日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。915日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、Topix、日経平均・TOPIX先物が続落し、さらに新興株15日、ジャスダックと東証マザーズ指数はラッセル指数利確を受け続落した。日経平均オプション10月物は、コールが売られプットが買われた。マイナス金利深堀で仕掛的裁定解消売で売り仕掛し易く米国売上高良好でも利上困難と見た巨大機関投資家が先物売りを仕掛けた。来週20日、21日金融政策決定会合前で憶測から長期金利が上昇し裁定解消を誘う先物売が発生し日本金融緩和で売国利上から外債投資の期待はあった。米国原油・金先物が売却後ドル安円高となり激しく為替変動ができないため凪の状態に陥った。欧州も金融政策の限界から世界的に低金利政策による長期金利上昇が起こり全ての割高株先物が売却後、割安債券先物買が発生し長期国債先物が上昇した。リスクマネーのリスクオンと化した。それを受けドル建日経平均では前場では900161.03㌦と開始後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り0909に前場寄付高値161.12㌦を記録し利上効果に加え米国経済弱体化懸念から裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、0951160.39㌦をつけ裁定買を誘う先物買、ショートストラドル戦略のヘッジ買やデルタヘッジ買等が入り1038160.81㌦をつけ裁定解消を誘う先物売りなどが入り1058160.39㌦をつけ裁定買を誘う先物買が入り前場引けでは前日比50㌣安の16077㌦で終了した。後場では1230160.30㌦と高く開始した後、長期国債売で価格上昇し国債買見直しになるのではと考え金利上昇となり裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略や先物戻売等が入り、1255160.08㌦をつけた後、裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略の買戻等が入り1300160.66㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略や先物戻売等が入り、1428160.00㌦をつけ裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略の買戻等が入り1450160.35㌦をつけ大引け15:15には85㌣安の160.42㌦で引けた。結果として幻のSQになっているので要注意で、東証マザーズ指数先物12月物も続落し、清算値は11.5ポイント(1.25%)安の906.5、売買高は292枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

914


  さあ皆様こんにちは、914日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。914日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、Topix、日経平均・TOPIX先物が反落し、さらに新興株14日、ジャスダックと東証マザーズ指数はラッセル指数利確を受け反落した。日経平均オプション10月物は、コールが売られプットが買われた。日銀がマイナス金利の深掘りを検討するとの観測拡大で円債売りが膨らんだため、損失覚悟の円債売・ドル債買が発生し前日の米国株が大幅安となったことで序盤は売りが優勢となったが、一時1ドル103円台までドル高/円安方向に振れた為替が支援材料となった。債券市場ではイールドカーブがスティープ化し、2年債利回りなどが低下。一方、20年債をはじめとした超長期の利回りが急上昇となったことで、生保各社には業績へのプラスの影響を期待した買いが入った。マイナス金利の深掘りを避けてほしいとの意識が優勢となっていたなかで、これが金融政策の軸に据えられるとの報道に市場が条件反射した形となった。ドル建日経平均では前場では900162.26㌦と開始後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り0900に前場寄付高値162.36㌦を記録し利上効果によるドル高から米国経済弱体化懸念から裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、0954161.63㌦をつけ裁定買を誘う先物買、ショートストラドル戦略のヘッジ買やデルタヘッジ買等が入り1015162.11㌦をつけ裁定解消を誘う先物売りなどが入り1030161.79㌦をつけ裁定買を誘う先物買が入り前場引けでは前日比211㌣安の16207㌦で終了した。後場では1230162.21㌦と高く開始した後、長期国債売で価格上昇し国債買見直しになるのではと考え金利上昇となり裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略や先物戻売等が入り、1451161.21㌦をつけた後、裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略の買戻等が入り大引け15:15には291㌣安の161.27㌦で引けた。結果として幻のSQになっているので要注意で、東証マザーズ指数先物12月物も反落した。清算値は前日比24.5ポイント(2.6%)安の918で売買高は403枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

913


  さあ皆様こんにちは、913日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。913日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、日経平均・TOPIX先物が反発しTopixが反落した。さらに新興株13日、ジャスダックと東証マザーズ指数はラッセル指数上昇を受け反発した。日経平均オプション10月物は、コールがまちまちでプットが売られた。ブレイナ-FRB理事ハト派の発言で利上げ後退で米国株上昇し序盤は買いが優勢だが20年債入札ヘッジ懸念に加え利上観測後退でドル売り加速しドル建日経平均では前場では900164.77㌦と開始後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り0915に前場寄付高値164.99㌦を記録し利上効果によるドル高から米国経済弱体化懸念から裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1110164.12㌦をつけ20年債入札が無難に通過するとの報道から裁定買を誘う先物買、ショートストラドル戦略のヘッジ買やデルタヘッジ買等が入り前場引けでは前日比151㌣高の16417㌦で終了した。後場では足元国内統計に底打ち感が出て1230164.33㌦と高く開始した後、長期国債売で価格上昇し国債買見直しになるのではと考え金利上昇となり裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略や先物戻売等が入り、1303163.70㌦をつけた後、中国8月粗鋼生産増・中国鉱工業生産拡大や20年債無事通過を受け裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略の買戻等が入り1417164.29㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略や先物戻売等が入り、大引け15:15には1㌦52㌣高の164.18㌦で引けた。結果として幻のSQになっているので要注意で、東証マザーズ指数先物12月物も反発し、清算値は5.0ポイント(0.53%)高の942.5だった。売買高は125枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

 

912


  さあ皆様こんにちは、912日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。912日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、日経平均・TOPIX先物及びTOPIXが反落した。さらに新興株12日、ジャスダックが反落したが東証マザーズ指数はラッセル指数下落を受け反落した。日経平均オプション10月物は、コールが売られプットが買われた。ボストン連銀総裁発言で緩やかな利上容認で米国長期金利上昇、原油先物下落を受け米国株安ドル安が引金となりリスク回避のヘッジ売りが入りFRBの利上強硬論からVixJCDSも上昇し今期想定レートよりも円高ゆえ日銀ETF買督促相場入りとなった。債券では一部通信社によると日銀がマイナス金利の拡大と、平坦化したイールドカーブ(利回り曲線)の修正を検討していると報じた。マイナス金利の拡大観測が中期債買い、日銀が買い入れを減らすとの観測が超長期債売りにつながった。超長期債が売られた背景にはあす13日の20年債入札への警戒感や、40年債の増発が決まったことも影響しているとの見方もあった。これらを受けドル建日経平均では前場では900163.39㌦と開始後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り0943に前場寄付高値166.79㌦を記録し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1057162.50㌦をつけ裁定買を誘う先物買、ショートストラドル戦略のヘッジ買やデルタヘッジ買等が入り前場引けでは前日比3㌦23㌣安の16293㌦で終了した。後場では1230162.84㌦と安く開始した後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略や先物戻売等が入り、1311162.12㌦をつけた後、原油先物が下落し年金の資金が投入され裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略の買戻等が入り1350162.80㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略や先物戻売等が入り、1436162.07どるをつけ大引け15:15には3㌦50㌣安の162.66㌦で引けた。幻のSQになっているので要注意で、東証マザーズ指数先物は3日続落した。清算値は30ポイント(3.1%)安の937.5で売買高は366枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

909


  さあ皆様こんにちは、99日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。99日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、日経平均・TOPIX先物及びTOPIXが反発した。さらに新興株09日、ジャスダックが続伸したが東証マザーズ指数はラッセル指数上昇を受け反発した。日経平均オプション10月物は、コールとプットを売るショートストラドル戦略をとる傾向が強かった。欧州株が金融政策現状維持で欧米株売りで一方で為替市場では金利上昇で原油先物相場上昇を受け、ドル建日経平均では前場では900166.10㌦と開始後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り0906に前場寄付高値166.39㌦を記録し9月切のSQ17,01155円と推計された後、北朝鮮の地政学的リスクから裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、957165.35㌦をつけ安倍黒会談開催報道により裁定買を誘う先物買、ショートストラドル戦略のヘッジ買やデルタヘッジ買等が入り前場引けでは前日比4㌣安の16550㌦で終了した。後場では新年度に向けた仕掛けと安倍黒会談開催報道の続報などを受け1230166.54㌦と高く開始した後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略や先物戻売等が入り、1250166.22㌦をつけた後、原油先物が上昇し年金の資金が投入され裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略の買戻等が入り1334166.40㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略や先物戻売等が入り、大引け15:15には62㌣安166.16㌦で引けた。幻のSQになっているので上昇相場ではあるだろうが要注意で、東証マザーズ指数先物12月物は反発した。清算値は前日比16ポイント(1.68%)高の967.5で、売買高は548枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

908


  さあ皆様こんにちは、98日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。98日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、日経平均・TOPIX先物及びTOPIXが続落した。さらに新興株08日、ジャスダックが続伸したが東証マザーズ指数はラッセル指数下落を受け 反落した。日経平均オプション9月物は、コールは売られた一方でプットはまちまちだった。米国ベージュブック7月維持で方向感がなかったため先週来ようと同じ終値付近で落ち着いた中国景気減速がある処にブレグジット問題で高い生産在庫が貯蓄されていた。在庫調整が始まっていたが火曜日為替が大変化を発生し弱い経済指数が引金で米国金利引上延期と捉えられ前日の円高局面で膨らんだ円買い・ドル売りの持ち高を調整する目的の円売りが先行した。朝方に発表になった4~6月期の実質国内総生産(GDP)改定値が速報値から上方修正され、一部の投資家のリスク選好意欲を刺激すると「低リスク」の円を売りドルを買う動きが出た。ドル安米株安となったドル建日経平均では前場では900166.78㌦と開始後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1052に前場寄付高値167.02㌦を記録し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1045166.74㌦をつけ裁定買を誘う先物買が入り前場引けでは前日比109㌣安の16685㌦で終了した。後場ではISM非製造業景況感指数で早期利上げ期待が剥落し9月切のSQに向けての売り物続出し買われたのは任天堂がアップル発表会に来たことからテーマ性のものだけ買われその後日経平均先物に仕掛け的な裁定解消先物売が膨らみ、円債券買いにつながった。日銀の中曽宏副総裁が8日の講演で語った内容について「早期の追加金融緩和に前向きとは受け取れない」との声が出て、裁定解消売に加速がされた。1230166.57㌦と高く開始した後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略や先物戻売等が入り、1335165.96㌦をつけた後、原油先物が在庫減で上昇し年金の資金が投入され裁定買を誘う先物買やデルタヘッジ戦略、ショートストラドル戦略の買戻等が入り1450166.90㌦をつけ大引け15:15には116㌣安166.78㌦で引けた。マザーズ先物9月物は反落し、清算値は4.0ポイント(0.42%)安の953.0だった。売買高は564枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

907


  さあ皆様こんにちは、97日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。97日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均、日経平均・TOPIX先物及びTOPIXが反落した。さらに新興株07日、ジャスダック及び東証マザーズ指数はラッセル指数上昇を受け続伸した。日経平均オプション9月物は、コールは概ね下落しプットは高安まちまちだった。米国レイバーデイ祝日明けで8月米ISM非製造業景況感指数が6年振りに低下したことを受け原油先物が上昇し金先物が買われたことから再利上観測延期でドル安となり8:30から投機的円債先物買入で円高になった。これらにより楽天の日経平均銘柄採用によるロールオーバー中心で、インデックス先物売買で持高買増シクリカル銘柄を売、その後内需ディフェンシブ銘柄に買戻が入ったが、亜細亜で円高となりデフレ輸出になる恐怖の下、日銀ETF買が見当たらなかったため年初来高値更新済みのドル建て日経平均が続伸した一方で日経平均・Topix(先物含む)は反落し底堅く推移し売買代金も2兆円を突破した。SQ算出を控え、期近物である9月物から期先物の12月物に乗り換えるための限月間取引も活発で為替感応度分だけ下落する経験則通りの荒れる水曜日だった。ドル建日経平均では前場では900166.77㌦と開始後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1044に前場寄付高値167.41㌦を記録し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、前日比248㌣高の16726㌦で終了した。後場では楽天の日経平均銘柄採用におけるロールオーバーが中心となり1230167.04㌦と高く開始した後、裁定買を誘う先物買、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略のヘッジ買や先物買戻等が入り、大引け1515では316㌣高の167.94㌦で引けた。これによりボラティリィティインデックスは下落し裁定買残高が上昇した。東証マザーズ指数先物は続伸した。清算値は17.5ポイント(1.86%)高の957.0だった。売買高は1006枚。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

906


  さあ皆様こんにちは、96日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。96日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均、日経平均・TOPIX先物及びTOPIXが続伸した。さらに新興株06日、ジャスダック及び東証マザーズ指数はラッセル指数上昇を受け続伸した。日経平均オプション9月物は、コールとプットが高安まちまちであった。米国レイバーデイ祝日で材料なしの処雇用統計後一時的にドル高になり前日終値近辺で取引開始後国債30年債が無事に終了したことで長期金利上昇即ち金融関連シクリ株先物買戻と捉えられ前場終了後後場高値開始となった。13:15に浜田内閣官房参与発言報道を受け裁定解消を誘う先物売やショートストラドル戦略が入り13:47分まで下落し日経平均採用銘柄入替発表によりロールオーバー中心の強気相場となり裁定買を誘う先物買、ショートスクィーズやショートストラドル戦略のヘッジ大量買等により前日比高値で引けた。ドル建日経平均では前場では900164.55㌦と開始後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り912に前場寄付高値165.05㌦を記録し30年債無事通過後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、0930164.57㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1015164.91㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略、持ち高調整売や先物売崩等が入り、1050164.47㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り前日比23㌣高の16492㌦で終了した。後場では浜田内閣官房参与発言報道を受け裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略、持ち高調整売や先物売崩等が入り、1230165.04㌦と高く開始した後、13:15165㌦を記録し裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略、持ち高調整売や先物売崩等が入り134716472㌦をつけ裁定買を誘う先物買、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略のヘッジ買や先物買戻等が入り、大引け1515では09㌣高の164.78㌦で引けた。これによりボラティリィティインデックスは上昇した。東証マザーズ指数先物9月物は続伸した。清算値は9.5ポイント(1.02%)高の939.5で、売買高は814枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

905


  さあ皆様こんにちは、95日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。95日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均が反発し日経平均・Topix先物及びTOPIXが続伸した。さらに新興株05日、ジャスダック及び東証マザーズ指数はラッセル指数上昇を受け続伸した。日経平均オプション9月物は、コールが164㌦(17千円)以下はヘッジで買戻され174㌦(18千円)コールに売りでプットが売られ全面安であったショートストラドル戦略が目立った。米国雇用統計で早期利上延期を容認でドル高を受けて雇用の基調の強さを示し12月利上濃厚となり事前予想を覆すものとなったことから「ドル安・原油・米株売・金買」仕掛が巻戻開始し前場高く始まった。ドル建日経平均では前場では900164.55㌦と開始後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り912に前場寄付高値165.05㌦を記録しその後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、0930164.57㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1055165.04㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略、持ち高調整売や先物売崩等が入り、1108164.79㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り前日比147㌣高の16505㌦で終了した。後場では黒田日銀総裁発言報道で裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略、持ち高調整売や先物売崩等が入り、1230164.94㌦と安く開始した後、裁定買を誘う先物買、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略のヘッジ買や先物買戻等が入り、1306165.09㌦となり、この時点で踏み込んだ黒田総裁発言が無かったことで裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略、持ち高調整売や先物売崩等が入り145016457㌦をつけ裁定買を誘う先物買、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略のヘッジ買や先物買戻等が入り、大引け1515では1㌦11㌣高の164.57㌦で引けた。これによりボラティリィティインデックスは減少した。東証マザーズ指数先物は反発した。清算値は19円高の930円で売買高は276枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

902


  さあ皆様こんにちは、9月2日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。9月2日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均が反落しと日経平均先物が不変及びTOPIXが続伸した。一方で新興株01日、ジャスダックは小幅続伸、東証マザーズ指数はラッセル指数上昇を受け続伸した。日経平均オプション9月物は、コールとプットがともに概ね買われた。米国製造業景況指数が予想を下回り原油がオペック増産凍結問題で下落したことからドル売り株売後日本政府高官の発言報道から円安基調に戻り様子見に繋がった。後場はユニクロの国内販売指数が芳しくないことが切欠で円高調整(投機筋による円買過重解消巻戻戦略)が始まり雇用統計待ちのために「割高値嵩先物株売後、割安内需先物買」で裁定解消売が始まり正午には増産凍結支持観測や自社株買いや償却や日銀ETF買期待観測から裁定買を誘う先物買等で内需銘柄の返済買やヘッジ買等が入り雇用統計で円高方向が出ても対処出来る様に持高調整が入って日経平均ではドル建ても含め小幅反落となった。雇用統計待ちで93㌣と値幅が小さく持ち高調整の様子見でコール及びプットを売るショートストラドル戦略をとる巨大機関投資家が多く見受けられた。ドル建日経平均では前場では上記の背景から9:00に163.73㌦と開始後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り10:24に前場寄付高値164.05㌦を記録しその後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、10:50に高官発言から163.55㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り11:35に前日比10㌣高の163.85㌦で終了した。後場では12:30に163.53㌦と安く開始した後、ユニクロ国内販売報道により裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略、持ち高調整売や先物売崩等が入り、12:54に163.12㌦となり増産凍結支持観測や自社株買いや償却や日銀ETF買期待観測から裁定買を誘う先物買、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略のヘッジ買や先物買戻等が入り、14:42に163.63㌦となり裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略、持ち高調整売や先物売崩等が入り、14:53に163.57㌦をつけ裁定買を誘う先物買、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略のヘッジ買や先物買戻等が入り、15:00に163.72㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略、持ち高調整売や先物売崩等が入り、大引け15:15では17㌣安の163.58で引けた。これによりボラティリィティインデックスは上昇した。東証マザーズ指数先物9月物は続伸した。清算値は前日比0.5ポイント(0.05%)高の911で、売買高は230枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

901


  さあ皆様こんにちは、91日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。91日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均と先物及びTOPIXは続伸した。一方で新興株01日、ジャスダックは小幅続伸、東証マザーズ指数はラッセル指数上昇を受け続伸した。日経平均オプション9月物に関して、前場は米国原油在庫増を受け巨大機関投資家裁定解消売が先行しドル売が発生したが米国ADP雇用統計が堅調であったため米国利上げ織込み済みで安く始まり仮需比率が低いため売圧力が極小であるのを受けてショートストラドル戦略のヘッジ先物買が大量に入りコールが上昇した一方で前場高値を付けた後裁定解消売り調整が入りプットが売られ、後場中国製造業PMI等やソフトバンクのポケショップ参入報道を受け高値開始となりコール先物が買われ上昇しプットが先物を介して売られ下落し雇用統計待ちで70㌣と値幅が小さいが、高値で大引けを迎えた。ドル建日経平均では前場では原油下落からドル安となり900163.44㌦と開始後、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1014に前場寄付高値164.03㌦を記録しその後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1020163.66㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1130に163.87㌦で終了した。1230163.75㌦と安く開始した後、裁定買を誘う先物買、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略のヘッジ買や先物買戻等が入り、1245163.96㌦となり裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略、持ち高調整売や先物売崩等が入り、135616359㌦をつけ裁定買を誘う先物買、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略のヘッジ買や先物買戻等が入り、1358163.70㌦をつけ裁定買を誘う先物買、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略のヘッジ買や先物買戻等が入り、1400163.75㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略、持ち高調整売や先物売崩等が入り、1450163.67㌦をつけ裁定買を誘う先物買、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略のヘッジ買や先物買戻等が入り、大引け1500では14㌣高の163.87㌦で引けた。これによりボラティリィティインデックスは下落した。東証マザーズ指数先物9月物は4日続伸した。清算値は5.0ポイント(0.55%)高の906.5だった。303枚の売買が成立した。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

831


  さあ皆様こんにちは、831日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。831日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均と先物及びTOPIXは反発した。一方で新興株30日、ジャスダックは続伸、東証マザーズ指数はラッセル指数上昇を受け続伸した。日経平均オプション9月物は、消費者信頼感指数が高水準だったものを切欠に為替がドル高となり米国景気に対する強気の見方が広がっていることや、米利上げ接近でも新興国懸念が高まらないことなどから投資家心理は改善傾向にあることからコールが買われ上昇しプットが売優勢であった。ドル建日経平均では前場ではドル高となり900163.92㌦と開始後裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り924に前場寄付高値163.98㌦を記録しその後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1040163.50㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1130に163.75㌦で終了した。1230163.75㌦と安く開始した後、裁定買を誘う先物買、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略のヘッジ買や先物買戻等が入り、1308164.09㌦となり裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略、持ち高調整売や先物売崩等が入り、1430に163.83㌦をつけ裁定買を誘う先物買、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略のヘッジ買や先物買戻等が入り、1442に16415㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略、持ち高調整売や先物売崩等が入り、大引け1515では11㌣高の163.73㌦で引けた。これによりボラティリィティインデックスは下落した。東証マザーズ指数先物9月物は3日続伸した。清算値は前日比4.5ポイント(0.50%)高の904.0だった。売買高は139枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

830


  さあ皆様こんにちは、830日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。830日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均と先物及びTOPIXは反落した。一方で新興株30日、ジャスダックは続伸、東証マザーズ指数はラッセル指数上昇を受け続伸した。日経平均オプション9月物は、昨日大幅高の反応もありドル高進行が一服を切欠に利確等がショートストラドル戦略を通して発生し米株高や持ち高調整は行われたが時間外原油取引が上昇したことから最低の値幅48㌣安と下げ渋り成長機会銘柄に買戻しは入ったものの、JPX400におけるリバランス売買でショートスクイーズや裁定解消を誘う先物売等が後場発生し日経VIが低い相場を形成した。ドル建日経平均では前場では前日FED高官発言を受け高値をつけ原油上昇よりドル高となり900163.92㌦と開始後裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り924に前場寄付高値164.18㌦を記録しその後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、10:50163.80㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1130に163.94㌦で終了した。JPX400におけるリバランス売買でショートスクイーズや裁定解消を誘う先物売等が後場発生し日経VIが低い相場を形成し昨日のヘッジ買に対する利確が始まった。1万7千円コール売が多いため上値が重く146㌦から166㌦(15千円から17千円)での戦略がみられるので1230163.82㌦と安く開始した後、裁定買を誘う先物買、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略のヘッジ買や先物買戻等が入り、1235164.48㌦となり裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略、持ち高調整売や先物売崩等が入り、1251に163.72㌦をつけ裁定買を誘う先物買、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略のヘッジ買や先物買戻等が入り、1415に163.94㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略、持ち高調整売や先物売崩等が入り、1442に163.70㌦をつけた後、裁定買を誘う先物買、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略のヘッジ買や先物買戻等が入り、1450に163.85㌦をつけ裁定解消売りが入り大引け1515では3㌣高の163.62㌦で引けた。これによりボラティリィティインデックスは下落した。東証マザーズ指数先物9月物は小幅に続伸した。清算値は2.5ポイント(0.28%)高の899.5、売買高は177枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

829


  さあ皆様こんにちは、829日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。829日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均と先物及びTOPIXは反発した。一方で新興株29日、ジャスダックは反発、東証マザーズ指数はラッセル指数上昇を受け反発した。日経平均オプション9月物は、米連邦準備理事会(FRB)当局者の利上げに前向きな発言を材料に巨大機関投資家で円先物を裁定解消売後ドル買と同時にプット売仕掛が目立ちショートストラドル戦略でのヘッジ大幅株先物買戻に繋がり金利・ドル・株先物上昇後、輸出企業の採算悪化懸念後退となり、景気敏感素材株等に日経平均先物買戻仕掛が入りプットは15千円売後ヘッジ買がでた。ドル建日経平均では前場ではFRB高官発言を受けたことよりドル高となり900163.14㌦と開始後裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1015に前場寄付高値164.19㌦を記録しその後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、11:30163.63㌦で終了した。後場では日経VIは下落でドル高歓迎され27日に後場日銀ETF買があったため、米国7月コアPCデフレーターへの期待もあり買支えられている。1万7千円コール売が多いため上値が重く146㌦から166㌦(15千円から17千円)での戦略がみられるので1230163.92㌦と安く開始した後、裁定買を誘う先物買、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略のヘッジ買や先物買戻等が入り、1244164.04㌦㌦となり裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略、持ち高調整売や先物売崩等が入り、大引けでは69㌣高の163.59㌦で引けた。これによりボラティリィティインデックスは下落した。東証マザーズ指数先物9月物は反発し、清算値は3p(0.3%)高の897.0だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

826


  さあ皆様こんにちは、826日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。826日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均と先物及びTOPIXは続落した。一方で新興株26日、ジャスダックは反落、東証マザーズ指数はラッセル指数下落を受け続落した。日経平均オプション9月物は、巨大機関投資家で原油増産凍結思惑買から上昇したが金先物を裁定解消売後ドル売と同時にコール売仕掛が目立ちプットは買われたため株先物売に繋がり巨大会館投資家の中では先物で「ファミリーマート売に対し日経平均先物買」の巻戻である「ファミリーマート買に対し日経平均先物売仕掛」で下落に掛けていたものもでた。ドル建日経平均では前場では前日の欧米国株安が嫌気されたことや金など商品市況の下げを受けたことよりドル安となり900163.98㌦と開始後裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り900に前場寄付高値164.05㌦を記録しその後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、10:01163.05㌦をつけ裁定買いを誘う先物買等から前日比115㌣安の163.71㌦で終了した。後場では不適切会計問題でコーポレートガバナンスコード関連問題、GPIF運用村問題、投信のファンド系組換に問題や米国が利上げ出来る程の強い数字でない等の懸念から1230162.42㌦と安く開始した後、裁定買を誘う先物買、バイボラ戦略・ショートストラドル戦略のヘッジ買や先物買戻等が入り、1400164.00㌦となり全世帯消費支出5か月連続マイナスより裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略、持ち高調整売や先物売崩等が入り、1437163.13㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り大引けでは196㌣安の162.90㌦で引けた。ドル建て日経平均では高値164.00㌦、安値162.42㌦で高安上下幅は158㌣と過熱感が無くなってきた。これによりボラティリィティインデックスは上昇した。東証マザーズ指数先物9月物は続落した。清算値は前日比15.5ポイント(1.70%)安の894.0で、売買高は186枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

825


  さあ皆様こんにちは、825日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。825日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均と先物及びTOPIXは反落した。一方で新興株25日、ジャスダックは続伸、東証マザーズ指数はラッセル指数下落を受け反落した。日経平均オプション9月物は、巨大機関投資家で原油及び金先物を裁定解消売後ドル売と同時にコールの下げが目立ちプットは高安まちまちで買われたため株先物売に繋がった。ドル建日経平均では前場では前日の米国株安が嫌気されたことや原油や金など商品市況の下げを受けたことよりドル安となり900164.87㌦と開始後裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り900に前場寄付高値164.96㌦を記録しその後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、9:25164.37㌦をつけ裁定買いを誘う先物買等から1017165.00㌦をつけ裁定解消売が入り1030164.77㌦をつけ裁定買を誘う先物買から前日比67㌣安の164.72㌦での逆三尊底を形成し終了した。後場では前場で逆三尊底のため1230165.54㌦で開始した後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、裁定買を誘う先物買戻が入り1235165.52㌦となり裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1415164.97㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り大引けでは53㌣安の164.96㌦で引けた。ドル建て日経平均では高値165.54㌦、安値164.37㌦で高安上下幅は17㌦と株を取巻く膠着状況になった。これによりボラティリィティインデックスは上昇した。東証マザーズ指数先物9月物は反落し、5.0ポイント(0.55%)安の909.5だった。売買高は132枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

824


  さあ皆様こんにちは、824日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。824日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均と先物及びTOPIXは反発した。一方で新興株24日、ジャスダックは続伸、東証マザーズ指数はラッセル指数上昇を受け続伸した。日経平均オプション9月物は、巨大機関投資家で原油及び金先物を裁定買戻後ドル買と同時にコールが概ね買われ株先物買に繋がったがプットが売られた。ドル建日経平均では前場では前日の北米BBレシオが上昇したことや住宅着工件数が良好で原油価格の上昇によりドル高となり900165.0㌦と開始後裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り915に前場高値165.99㌦を記録しその後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、10:30165.34㌦をつけ裁定買いを誘う先物買等から1135には前日比45㌣高の165.22㌦での三尊底を形成し終了した。後場では1230165.25㌦で開始した後、経済産業省「IT・AIサービスの減税を要望」という報道からAIIOTの後押しと捉えられアベノミクス当時もこれで上昇しているため裁定買を誘う先物買戻が入り1235165.52㌦となり裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1441165.15㌦をつけ逆三尊底となり裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り大引けでは62㌣高の165.39㌦で引けた。ドル建て日経平均では高値165.99㌦、安値164.94㌦で高安上下幅は105㌣と前日より低インフレで堅調状況になった。これによりボラティリィティインデックスは下落した。東証マザーズ指数先物9月物は続伸した。清算値は前日比4.5ポイント(0.49%)高の914.5で、売買高は128枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

823


  さあ皆様こんにちは、823日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。823日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均と先物及びTOPIXは反落した。一方で新興株23日、ジャスダックは続伸、東証マザーズ指数はラッセル指数上昇を受け反発した。日経平均オプション9月物は、一部巨大機関投資家で原油及び金先物を裁定解消売後ドル売と同時に株先物売りと持高調整によりプットが買われた。日銀ETF買督促相場仕掛けで後場安にし、後場日銀ETF買観測剥落との観測から、持ち高調整が進行した模様である。ドル建日経平均では前場では前日の米株安や原油価格の調整下落によりドルが売られリスク回避の円買となり900165.03㌦と高く始まったが裁定解消を入れた後9:06164.94㌦をつけ、裁定買いを誘う先物買等から1046に前場高値の165.43㌦をつけ裁定解消売が入り、1135には前日比48㌣高の165.11㌦を形成し終了した。後場では1230164.96㌦で開始した後、日銀ETF買期待観測から裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1314166.06㌦後場高値を記録したもののこの直前に「ブラックスワン指数」上昇に伴い年後半円高暗示や一部巨大機関投資家ポートフォリオの変更という報道を受け、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1412164.27㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り大引けでは14㌣高の164.77㌦で引けた。ドル建て日経平均では高値166.06㌦、安値164.37㌦で高安上下幅は169㌣と前日より広いレンジになった。これによりボラティリィティインデックスは上昇した。東証マザーズ指数先物9月物は反発し、清算値は前日比7.5ポイント(0.83%)高の910.0だった。売買高は573枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

822


  さあ皆様こんにちは、822日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。822日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均と先物及びTOPIXは続伸した。一方で新興株22日、ジャスダックは反発、東証マザーズ指数はラッセル指数下落を受け反落した。日経平均オプション9月物はコール、プットがともに売られるバイボラ戦略を行なった巨大機関投資家が多かった。指数が大きく動かないとの見方から、ポジションの調整が進んだようだ。巨大機関投資家の仕掛けで先物オプションでドルショート&円買を仕掛け1か月以上経過したが連銀総裁発言等により巻戻しが発生した。NY時間外で金先物下落しOPEC非公式会議の増産凍結見通で原油・ドル先物が上昇しジョージソロス等巨大機関投資家が先物やオプション等を駆使し株価ヘッジ買で金先物売を行って巻き戻させ利食いしていると某情報ベンダーで指摘する向きも出てきている。ドル建日経平均では前場では前日の米株高や原油価格の上昇よりドルが買われ900165.10㌦と高く始まったが裁定解消を入れた後9:23164.35㌦をつけ、日銀ETF買注文期待から先物仕掛が入り踏上げられコール持ちが増え1055に高値である164.92㌦を記録し日銀ETF買注文の剥落、円高織り込み済みで日銀動かずという観測や世界経済先行き不安から商品デフレを心配し、踏上げられたコール持ち分を裁定解消売りを誘うショートストラドル戦略やバイボラ戦略を含む先物売を行った。1135には前日比50㌣安の164.66㌦を形成し終了した。後場では1230164.60㌦で開始した後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1315164.40㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1430164.80㌦をつけ、大引けでは53㌣安の164.63㌦で引けた。ドル建て日経平均では高値165.29㌦、安値164.40㌦で高安上下幅は89㌣と狭いレンジになった。確かに一方方向で動くと利益が出るバイボラ戦略が行われているようである。これによりボラティリィティインデックスは下落した。東証マザーズ指数先物9月物は反落し、清算値は11.0ポイント(1.20%)安の902.5だった。売買高は330枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

819


  さあ皆様こんにちは、819日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。819日の相場観で重要なことはPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均と先物及びTOPIXは反発した。一方で新興株19日、ジャスダックは続落、東証マザーズ指数はラッセル指数上昇を受け反発した。日経平均オプション9月物は「売る権利」であるプットで売りが優勢だった。26日に米国で開かれる米カンザスシティー連銀主催の経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)に向け、株価が大きく動かないとの見方からポジションの調整が進んだようだ。ドル建日経平均では前場では前日の米株高や原油価格の上昇よりドルが買われ900165.35㌦と高く始まったが裁定解消を入れた後9:55165.00㌦をつけ、日銀ETF買注文期待から先物仕掛が入り踏上げられコール持ちが増え1017に前場高値である165.62㌦を記録し日銀ETF買注文の剥落、円高織り込み済みで日銀動かずという観測や世界経済先行き不安から商品デフレを心配し、踏上げられたコール持ち分を裁定解消売りを誘うショートストラドル戦略やバイボラ戦略を含む先物売を行った。これによりプットが上昇した。即ち日銀ETF買督促相場による日経平均及びTopix先物を売ることで得た資金で、原油先物を買うことでボラティリィティインデックスを上昇させ1130には前場安値167.43㌦を記録し1135には前日比54㌣安の164.51㌦を形成し終了した。後場では1230164.59㌦で開始した後国債買入オペ結果はしっかりで中長期債利回り低下基調という観測から裁定買を誘う先物買、オプションによるヘッジ買やショートスクイーズ等を行い買戻しが発生した。1242164.99㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1320164.60㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1450166.30㌦をつけ、大引けでは11㌣高の165.16㌦で引けた。ドル建て日経平均では高値165.62㌦、安値164.31㌦で高安上下幅は131㌣になった。東証マザーズ指数先物9月物は4営業日ぶりの反発で、清算値は4.0ポイント(0.44%)高の913.5だった。売買高は174枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

818


  さあ皆様こんにちは、818日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。818日の相場観で重要なことは前場ではFOMC議事録要旨の内容がハト派であったことやSQ値と3月月中平均が心理的障壁になっていることからドルが売られたが前内閣官房参与の本田悦朗駐スイス大使が米紙のインタビューで、日本銀行は来月、「大胆な」行動をとる可能性が高いとの認識を示したと伝わったことが材料視され日銀ETF買期待から先物仕掛が入り高値を維持していたが、後場米国利上無で日銀ETF買注文が無いとの観測が流れ、後場裁定解消を誘う日銀買期待の仕掛け売り不発で先物売等が主流となり下落し財務省の浅川雅嗣財務官が為替市場について「投機的な動きがないか、絶えず注視」と発言したことから一時的に買戻されたが日銀政策失敗と見られPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均と先物及びTOPIXは反落した。一方で新興株18日、ジャスダックは続落、東証マザーズ指数はラッセル指数下落を受け続落した。米国同様で値嵩且つシクリカル・リニカル銘柄売戻即ち概ねコールは概ね売りで内需ディフェンシブ銘柄買戻が中心で裁定解消を誘うショートストラドル戦略やバイボラ戦略を含む先物売を指すプットが上昇した日であった。これらを受け前場ではドル建日経平均では900166.69㌦で開始し裁定解消売が入り9:21166.09㌦をつけ、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1046に前場高値である166.29㌦を記録しこれに裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や手仕舞先物売等が入り、1130には前場高値167.43㌦を記録し1135には前日比1㌦46㌣高の167.29㌦を形成し終了した。 後場では1230166.74㌦で開始した後日銀ETF買期待且つ仕掛売剥落から裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や先物売崩等が入り、1428165.47㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1450166.20㌦をつけ、大引けでは27㌣高の165.83㌦で引けた。ドル建て日経平均では高値166.29㌦、安値165.47㌦で高安上下幅は82㌣になった。東証マザーズ指数先物9月物は続落した。清算値は20.0ポイント(2.15%)安の909.5だった。売買高は451枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

817


  さあ皆様こんにちは、817日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。817日の相場観で重要なことは米国低金利で好景気であるが世界株高に一服が入り欧米株反落後米国住宅着工指数良好でFRB高官タカ派報道からPut-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均と先物及びTOPIXは反発した。一方で新興株17日、ジャスダックは続落、東証マザーズ指数はラッセル指数下落を受け反落した。日経平均オプション9月物は、相場上昇を受けて裁定買を誘うデルタヘッジ買やショートストラドル戦略のヘッジ買戻やバイボラ戦略のヘッジ買等を含む先物買を指すコールがおおむね上昇した一方、プットは下落した。米国同様で値嵩且つシクリカル・リニカル銘柄買戻で内需ディフェンシブ銘柄売が中心で裁定買を誘うデルタヘッジ買やショートストラドル戦略のヘッジ買戻やバイボラ戦略のヘッジ買等を含む先物買を指すコールが大幅に買戻された日であった。これらを受け前場ではドル建日経平均では900165.64㌦で開始し裁定買戻が入り9:40分に166.25㌦をつけ、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や手仕舞先物売等が入り、1000165.97㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1046に前場高値である166.29㌦を記録しこれに裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や手仕舞先物売等が入り、1135には前日比47㌣高の166.03㌦を形成し終了した。 後場では1230166.06㌦で開始し1235に後場高値166.15㌦を付けた後日銀ETF買期待剥落から裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や手仕舞先物売等が入り、1428165.47㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1450166.10㌦をつけ下落分を取り戻し、大引けでは27㌣高の165.83㌦で引けた。ドル建て日経平均では高値166.29㌦、安値165.47㌦で高安上下幅は82㌣になった。ドル建て日経平均では年初来高値をつけ「日経指標再起」と読め世界株高より日本株の持たざるリスクが顕在化し主力大型銘柄に買戻が発生したと思われる。東証マザーズ指数先物9月物は反落。清算値は17.50ポイント(1.85%)安の929.50で、売買高は350枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

816


  さあ皆様こんにちは、8月16日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。8月16日の相場観で重要なことは、米国株弱気から来るドル安下での輸出減に加え閑散小動からPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均とTOPIXは続落した。一方で新興株15日、ジャスダックは反落、東証マザーズ指数はラッセル指数上昇受け続伸した。日経平均オプション9月物は株安を受けてコールが売られ、プットが買われた。米国株高や原油最高値を受け前場では寄付高値開始となった。ドル建日経平均では9:00に166.71㌦で開始し裁定買戻が入り9:22分に前場高値166.87㌦を記録した後、裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や手仕舞先物売等が入り、10:16に166.44㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り11:01に166.75㌦の再び高値をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や手仕舞先物売等が入り、11:35には前日比同値の166.67㌦を形成し終了した。 後場では著名ヘッジファンド投資家が米国株を弱気(米国景気懸念)と分析し金を先行し新興国社債のバブル化が問題視されているとの報道を受け更に首都圏マンション販売戸数の悪化が追打ちとして伝わると12:30に前日比50㌣安の166.17㌦で開始し日銀ETF買期待剥落から裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や手仕舞先物売等が入り、12:50に165.89㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り13:51に166.67㌦をつけ、上海総合マイナス推移が伝わるとリニカル・シクリカル・値嵩銘柄に売りやトレンドフォロワー売が入り即ち裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や手仕舞先物売等が入り、日銀買下支無の報道から需給改善期待後退と見られ売り継続加速となり、大引けでは1㌦11㌣安の165.56㌦で引けた。ドル建て日経平均では高値166.87㌦、安値165.56㌦で高安上下幅は1㌦31㌣になった。東証マザーズ指数先物9月物は小幅に上昇した。清算値は前日比0.5ポイント(0.05%)高の947.0で、売買高は1057枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

815


  さあ皆様こんにちは、815日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。815日の相場観で重要なことは、尖閣諸島沖地政学的リスクや欧米諸問題から来るドル下値試よりPut-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均とTOPIXは反落した。一方で新興株15日、ジャスダックは小幅続伸、東証マザーズ指数はラッセル指数上昇受け小幅続伸した。日経平均オプション9月物はコールが総じて売られプットはまちまちだった。先週末を挟んで小動きで割高先物売後の割安現物買中心で行われる裁定取引が中心であった。12日米国小売売上高が悪化し日経平均先物で200日移動平均線に接近し25日と下向75日移動平均線がゴールデンクロスしドル建日経平均の25日移動平均乖離率が第二象限売印に到達しドル下値試に到達したため自社株買に加えETF買が入っていない銘柄が中心に利確が行われ新興市場に資金流入した。10月からのドル不足観測から超短期債が買われベーシススワップレートでドル保有の機関投資家は利回悪化を嫌気しドル安にしている。ドルとの逆相関の金は上昇している。200日移動平均線回復の原油は増産凍結の思惑からショートカバーが進行した。為替が関連しないドル建日経平均では前場で900166.57㌦で開始し裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1057167.09㌦になり裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や手仕舞先物売等が入り、1135には123㌣高の166.88㌦で三尊天井を形成し終了した。 後場では1230166.65㌦で開始し日銀ETF買期待剥落から前場三尊天井を受け裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や手仕舞先物売等が入り、1344166.58㌦をつけ裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1425166.85㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や手仕舞先物売等が入り、大引けでは102㌣高の166.07㌦で引けた。ドル建て日経平均では高値167.09㌦、安値166.38㌦で高安上下幅は71㌣になった。結果として2番目の低水準となった。東証マザーズ指数先物9月物は4日続伸し、清算値は6.5ポイント(0.69%)高の946.5だった。売買高は410枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

810


  さあ皆様こんにちは、810日水曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。810日の相場観で重要なことは、Put-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均とTOPIXは反落した。さらに新興株10日、ジャスダックは反落、東証マザーズ指数はラッセル指数上昇受け続伸した。日経平均オプション8月物は、12日に特別清算指数(SQ)算出を控えるため、コール、プットがともに総じて売られた。前日の米株が堅調だったが英国株が安くなり金は上昇し原油先物時間外が軟調であったことからドル安になりドル円チャートでも陰線の高値を為替が抜け切れていない為ドルが買われず、NT倍率が非常に高く買い向かう状況が前場では無く211日と同じく811日は休日のためパターンが重なり8月コールオプション残高が多く17,500円インザマネーになっている。引け迄見て即ち割高現物売却後、踏む即ち先物買戻を行う裁定取引が行われオプションサイドからの買戻しニーズで日経指数が下がり辛い状況下にいる。8月限コール積上ゆえSQ後9月限期先インプライドボラティリティーが膠着相場となる可能性がある。つまりコール売でVIが伸びず株先物が売られ株が下がりショートストラドル戦略で内需ディフェンシブ買に対しシクリカル・リニカル銘柄が売られ前場はドル建て日経平均では900163.84㌦で開始し裁定買戻が入り935164.6㌦になり裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や手仕舞先物売等が入り、1025164.50㌦をつけ、裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1135には30㌣高の164.95㌦で三尊底を形成し終了した。 後場では日銀ETF買期待からグロース銘柄売後バリュー銘柄買の組換えが始まり211日以降の同傾向観測からプットも売ショートストラドル戦略で為替対策をし、株式相場では裁定取引を行うことで1230165.35㌦で開始しバリュー・シクリカル銘柄に裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1308166.05㌦をつけ裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や手仕舞先物売等が入り、1440165.30㌦をつけ買戻され大引けでは148㌣高の165.13㌦で引けた。ドル建て日経平均では高値166.05㌦、安値163.71㌦で高安上下幅は294㌣になった。結果として当社予測通りの展開内容となった。マザーズ先物9月物は続伸し、清算値は12.0ポイント(1.33%)高の912.5だった。売買高は342枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

809


  さあ皆様こんにちは、809日火曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。809日の相場観で重要なことは、Put-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均とTOPIXは続伸した。一方で新興株9日、ジャスダックは小幅続伸、東証マザーズ指数はラッセル指数上昇受け反発した。日経平均オプション8月物はコールに上昇が目立ち、プットが下落した。前日のNYダウが利益確定から小幅安となりこれを受けて利益確定売をこなす安値開始となった。これらから前場はドル建て日経平均では90056㌣安の162.61㌦で開始し朝方債券相場に動きがあり国債順調という報道から買いが入った。しかも金利が上昇し円安となる。即ちバリュー・シクリカル銘柄に裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り0939163.12㌦を付けた後、内需ディフェンシブ銘柄に裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や手仕舞先物売等が入り、1007162.48㌦をつけ、昨日12億ETF買が日銀により行われたことからNT倍率が上昇しミニゴールデンクロスを発生させオペック非公式会議でロシアも加わりWTI43ドル高をつけたことからドル高になり日経VIが下がり程なくしてプラスに転じた。7月中国CPIが上昇し小売買過巻戻による市場内要因からバリュー・シクリカル銘柄に裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1044162.90㌦を付けた後、内需ディフェンシブ銘柄に裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や手仕舞先物売等が入り、1121162.65㌦をつけバリュー・シクリカル銘柄に裁定買を誘う先物買戻等が入り1135に前場引け1135には37㌣安の162.80㌦で三尊底を形成し終了した。後場では前場引間近に発表された良好な中国統計指標や原油上昇から来るドル高や日銀によるETF買から安心感をもたらし1230162.96㌦で開始しバリュー・シクリカル銘柄に裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1400163.88㌦をつけ揉み合い大引けでは48㌣高の163.65㌦で引けた。ドル建て日経平均では高値163.88㌦、安値162.48㌦で高安上下幅は14㌣になった。結果として当社予測通りの展開内容となったので、多少円安が進行し、週明けの日本株が期待され買戻しが拡大した。東証マザーズ指数先物9月物は5営業日ぶりに反発した。清算値は11.5ポイント(1.29%)高の900.5で、売買高は280枚だった。この動向が改善定着すれば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。ポイント確認は社長ブログで詳しくは特別会員入会によりご説明いたしますので奮ってご応募ください。

 

808


  さあ皆様こんにちは、808日月曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供するブログでございます。担当Y氏です。808日の相場観で重要なことは、Put-callレシオが投資家心理で強気になり日経平均とTOPIXは反発した。一方で新興株8日、ジャスダックは反発 マザーズは続落した。日経平均オプション8月物はプットが総じて売られコールは上昇した。前週末に発表された7月米雇用統計が非常に強い展開で、米国景気に対する警戒感が後退したことを受け金利上昇でドル高になっていることも追い風となり、日本株は終日堅調だった。朝方から上昇開始で始まった。利益ベースでは下方修正の下振れが無くさらに、日銀による上場投資信託(ETF)買入策が地合いの底堅さにつながった。これらより前場はドル建て日経平均では900161.30㌦で開始しバリュー・シクリカル銘柄に裁定買を誘う先物買戻やデルタヘッジ買等が入り1010162.80㌦を付けた後、内需ディフェンシブ銘柄に裁定解消を誘う先物売、バイボラ戦略、ショートストラドル戦略や手仕舞先物売等が入り、1038162.27㌦をつけバリュー・シクリカル銘柄に裁定買を誘う先物買戻等が入り1135に前場引け1135には152㌣高の162.39㌦で終了した。後場では前場引間近に発表された良好な中国統計指標や後場発表の景気ウォッチャー等国内統計